検索結果 15 件中 1 件 〜 15 件 "中国貴州省"
  1. 2019092501161

    「新華社」 廃材再利用でお茶の町をシックに貴州省都匀市  23日、貴州省都匀市の螺螄殻茶山で紅茶の茶葉を摘み取るプイ族の村民。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州都匀(といん)市に位置する螺螄殻茶山は緑茶「都匀毛尖」の中心的産地。秋を迎え、十数万ムー(1ムー=約667平方メートル)の茶園はススキや野花、青々とした草木に包まれている。貧困扶助のための移住に伴い解体された古い家屋の廃材は、デザイナーと職人の手によって、新しく家具やインテリアに生まれ変わり、お茶で発展し、人々に恩恵をもたらしてきた町にシックな彩りを添えている。(都匀=新華社記者/斉健)=2019(令和元)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019092501106

    「新華社」 廃材再利用でお茶の町をシックに貴州省都匀市  23日、貴州省都匀市の螺螄殻茶山で紅茶の茶葉を摘み取るプイ族の村民。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州都匀(といん)市に位置する螺螄殻茶山は緑茶「都匀毛尖」の中心的産地。秋を迎え、十数万ムー(1ムー=約667平方メートル)の茶園はススキや野花、青々とした草木に包まれている。貧困扶助のための移住に伴い解体された古い家屋の廃材は、デザイナーと職人の手によって、新しく家具やインテリアに生まれ変わり、お茶で発展し、人々に恩恵をもたらしてきた町にシックな彩りを添えている。(都匀=新華社記者/斉健)=2019(令和元)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019013113060

    「新華社」 独特な「竹酒」で豊かさ目指す貴州省榕江県  27日、榕江県にあるミャオ族の集落で竹をたたいて酒がある節を確認する姜洪波さん。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江(ようこう)県平陽郷領培村にあるミャオ族の集落に住む80年代生まれの青年、姜洪波(きょう・こうは)さんは、地元の豊かな竹林資源を活用して、「竹酒」の産業化を推進して、村の人々が豊かな生活を送るようけん引してきた。竹酒は、独特の香りを持つ醤香型コーリャン酒を、竹林に生えている孟宗竹に高圧技術を利用し竹を傷つけずに中に注ぎ、1~2年後に竹を切って回収する。この竹酒は金色を帯びていて色つやが良く、さわやかな味で、市場から好評を博している。(榕江=新華社配信/王炳真)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019013113127

    「新華社」 独特な「竹酒」で豊かさ目指す貴州省榕江県  27日、榕江県にあるミャオ族の集落で竹を切り、酒の入った節を取り出す村人。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江(ようこう)県平陽郷領培村にあるミャオ族の集落に住む80年代生まれの青年、姜洪波(きょう・こうは)さんは、地元の豊かな竹林資源を活用して、「竹酒」の産業化を推進して、村の人々が豊かな生活を送るようけん引してきた。竹酒は、独特の香りを持つ醤香型コーリャン酒を、竹林に生えている孟宗竹に高圧技術を利用し竹を傷つけずに中に注ぎ、1~2年後に竹を切って回収する。この竹酒は金色を帯びていて色つやが良く、さわやかな味で、市場から好評を博している。(榕江=新華社配信/王炳真)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019013113154

    「新華社」 独特な「竹酒」で豊かさ目指す貴州省榕江県  27日、榕江県にあるミャオ族の集落で酒の入った竹を切り出す村人。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江(ようこう)県平陽郷領培村にあるミャオ族の集落に住む80年代生まれの青年、姜洪波(きょう・こうは)さんは、地元の豊かな竹林資源を活用して、「竹酒」の産業化を推進して、村の人々が豊かな生活を送るようけん引してきた。竹酒は、独特の香りを持つ醤香型コーリャン酒を、竹林に生えている孟宗竹に高圧技術を利用し竹を傷つけずに中に注ぎ、1~2年後に竹を切って回収する。この竹酒は金色を帯びていて色つやが良く、さわやかな味で、市場から好評を博している。(榕江=新華社配信/王炳真)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2018111430062

    「新華社」 酒造りの繁忙期迎えた茅台鎮貴州省仁懐市  10月28日、貴州省仁懐市茅台鎮の茅台酒工場で、蒸し終わった糯高粱を冷やし休ませる「攤涼」という工程に励む職人。中国貴州省の赤水河沿いにある仁懐市茅台(マオタイ)鎮では、重陽節(旧暦の9月9日)が過ぎたこの時期、中国の伝統的蒸留酒「白酒(パイチュウ)」を製造する多くの工場が繁忙期を迎えている。職人は、糯高粱と呼ばれる粘り気のある高粱を蒸し煮にし、足で踏み発酵を促す「踩麹」(さいきく)、原料を撹拌する「拌料」(はんりょう)、原料を冷やし休ませる「攤涼」(たんりょう)、積み重ねて発酵させる「堆積」(たいせき)などの伝統的な工程で酒を醸造する。酒造りの作業場はこの時期、多忙を極める。茅台鎮の伝統的な工程で作られる白酒は醤香型と呼ばれ、蒸し煮を9回、発酵を8回、蒸留を7回必要とする。茅台の酒造りは次の年の旧暦8月末まで続けられる。(仁懐=新華社配信/陳勇)=2018(平成30)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2018111430258

    「新華社」 酒造りの繁忙期迎えた茅台鎮貴州省仁懐市  10月28日、貴州省仁懐市茅台鎮のある酒造工場で、貯蔵している白酒の熟成状況を確認する作業員。中国貴州省の赤水河沿いにある仁懐市茅台(マオタイ)鎮では、重陽節(旧暦の9月9日)が過ぎたこの時期、中国の伝統的蒸留酒「白酒(パイチュウ)」を製造する多くの工場が繁忙期を迎えている。職人は、糯高粱と呼ばれる粘り気のある高粱を蒸し煮にし、足で踏み発酵を促す「踩麹」(さいきく)、原料を撹拌する「拌料」(はんりょう)、原料を冷やし休ませる「攤涼」(たんりょう)、積み重ねて発酵させる「堆積」(たいせき)などの伝統的な工程で酒を醸造する。酒造りの作業場はこの時期、多忙を極める。茅台鎮の伝統的な工程で作られる白酒は醤香型と呼ばれ、蒸し煮を9回、発酵を8回、蒸留を7回必要とする。茅台の酒造りは次の年の旧暦8月末まで続けられる。(仁懐=新華社配信/陳勇)=2018(平成30)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2018111430270

    「新華社」 酒造りの繁忙期迎えた茅台鎮貴州省仁懐市  10月23日、貴州省仁懐市茅台鎮にある茅台酒工場の包装作業場の様子。中国貴州省の赤水河沿いにある仁懐市茅台(マオタイ)鎮では、重陽節(旧暦の9月9日)が過ぎたこの時期、中国の伝統的蒸留酒「白酒(パイチュウ)」を製造する多くの工場が繁忙期を迎えている。職人は、糯高粱と呼ばれる粘り気のある高粱を蒸し煮にし、足で踏み発酵を促す「踩麹」(さいきく)、原料を撹拌する「拌料」(はんりょう)、原料を冷やし休ませる「攤涼」(たんりょう)、積み重ねて発酵させる「堆積」(たいせき)などの伝統的な工程で酒を醸造する。酒造りの作業場はこの時期、多忙を極める。茅台鎮の伝統的な工程で作られる白酒は醤香型と呼ばれ、蒸し煮を9回、発酵を8回、蒸留を7回必要とする。茅台の酒造りは次の年の旧暦8月末まで続けられる。(仁懐=新華社記者/林立平)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2018111430280

    「新華社」 酒造りの繁忙期迎えた茅台鎮貴州省仁懐市  10月23日、貴州省仁懐市茅台鎮の茅台酒工場で、ビッグデータ作業場収集システムと生産管理アプリを見せる生産管理部の技術者。中国貴州省の赤水河沿いにある仁懐市茅台(マオタイ)鎮では、重陽節(旧暦の9月9日)が過ぎたこの時期、中国の伝統的蒸留酒「白酒(パイチュウ)」を製造する多くの工場が繁忙期を迎えている。職人は、糯高粱と呼ばれる粘り気のある高粱を蒸し煮にし、足で踏み発酵を促す「踩麹」(さいきく)、原料を撹拌する「拌料」(はんりょう)、原料を冷やし休ませる「攤涼」(たんりょう)、積み重ねて発酵させる「堆積」(たいせき)などの伝統的な工程で酒を醸造する。酒造りの作業場はこの時期、多忙を極める。茅台鎮の伝統的な工程で作られる白酒は醤香型と呼ばれ、蒸し煮を9回、発酵を8回、蒸留を7回必要とする。茅台の酒造りは次の年の旧暦8月末まで続けられる。(仁懐=新華社記者/黄暁勇)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2018111430287

    「新華社」 酒造りの繁忙期迎えた茅台鎮貴州省仁懐市  10月23日、貴州省仁懐市茅台鎮の茅台酒工場で、醸造された白酒の品質を検査する技術センターの職員。中国貴州省の赤水河沿いにある仁懐市茅台(マオタイ)鎮では、重陽節(旧暦の9月9日)が過ぎたこの時期、中国の伝統的蒸留酒「白酒(パイチュウ)」を製造する多くの工場が繁忙期を迎えている。職人は、糯高粱と呼ばれる粘り気のある高粱を蒸し煮にし、足で踏み発酵を促す「踩麹」(さいきく)、原料を撹拌する「拌料」(はんりょう)、原料を冷やし休ませる「攤涼」(たんりょう)、積み重ねて発酵させる「堆積」(たいせき)などの伝統的な工程で酒を醸造する。酒造りの作業場はこの時期、多忙を極める。茅台鎮の伝統的な工程で作られる白酒は醤香型と呼ばれ、蒸し煮を9回、発酵を8回、蒸留を7回必要とする。茅台の酒造りは次の年の旧暦8月末まで続けられる。(仁懐=新華社記者/黄暁勇)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2018111429662

    「新華社」 酒造りの繁忙期迎えた茅台鎮貴州省仁懐市  10月23日、貴州省仁懐市茅台鎮の茅台酒工場で、蒸し終わった糯高粱を冷やし休ませる「攤涼」という工程に励む職人。中国貴州省の赤水河沿いにある仁懐市茅台(マオタイ)鎮では、重陽節(旧暦の9月9日)が過ぎたこの時期、中国の伝統的蒸留酒「白酒(パイチュウ)」を製造する多くの工場が繁忙期を迎えている。職人は、糯高粱と呼ばれる粘り気のある高粱を蒸し煮にし、足で踏み発酵を促す「踩麹」(さいきく)、原料を撹拌する「拌料」(はんりょう)、原料を冷やし休ませる「攤涼」(たんりょう)、積み重ねて発酵させる「堆積」(たいせき)などの伝統的な工程で酒を醸造する。酒造りの作業場はこの時期、多忙を極める。茅台鎮の伝統的な工程で作られる白酒は醤香型と呼ばれ、蒸し煮を9回、発酵を8回、蒸留を7回必要とする。茅台の酒造りは次の年の旧暦8月末まで続けられる。(仁懐=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2018111430292

    「新華社」 酒造りの繁忙期迎えた茅台鎮貴州省仁懐市  10月23日、貴州省仁懐市茅台鎮の茅台酒工場で、酒の味見をし、半製品の等級を決める利き酒師。中国貴州省の赤水河沿いにある仁懐市茅台(マオタイ)鎮では、重陽節(旧暦の9月9日)が過ぎたこの時期、中国の伝統的蒸留酒「白酒(パイチュウ)」を製造する多くの工場が繁忙期を迎えている。職人は、糯高粱と呼ばれる粘り気のある高粱を蒸し煮にし、足で踏み発酵を促す「踩麹」(さいきく)、原料を撹拌する「拌料」(はんりょう)、原料を冷やし休ませる「攤涼」(たんりょう)、積み重ねて発酵させる「堆積」(たいせき)などの伝統的な工程で酒を醸造する。酒造りの作業場はこの時期、多忙を極める。茅台鎮の伝統的な工程で作られる白酒は醤香型と呼ばれ、蒸し煮を9回、発酵を8回、蒸留を7回必要とする。茅台の酒造りは次の年の旧暦8月末まで続けられる。(仁懐=新華社記者/黄暁勇)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2018111430305

    「新華社」 酒造りの繁忙期迎えた茅台鎮貴州省仁懐市  10月23日、貴州省仁懐市茅台鎮の茅台酒工場で、酒の原料となる糯高粱をかき混ぜる職人。中国貴州省の赤水河沿いにある仁懐市茅台(マオタイ)鎮では、重陽節(旧暦の9月9日)が過ぎたこの時期、中国の伝統的蒸留酒「白酒(パイチュウ)」を製造する多くの工場が繁忙期を迎えている。職人は、糯高粱と呼ばれる粘り気のある高粱を蒸し煮にし、足で踏み発酵を促す「踩麹」(さいきく)、原料を撹拌する「拌料」(はんりょう)、原料を冷やし休ませる「攤涼」(たんりょう)、積み重ねて発酵させる「堆積」(たいせき)などの伝統的な工程で酒を醸造する。酒造りの作業場はこの時期、多忙を極める。茅台鎮の伝統的な工程で作られる白酒は醤香型と呼ばれ、蒸し煮を9回、発酵を8回、蒸留を7回必要とする。茅台の酒造りは次の年の旧暦8月末まで続けられる。(仁懐=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2018111430369

    「新華社」 酒造りの繁忙期迎えた茅台鎮貴州省仁懐市  10月23日、貴州省仁懐市茅台鎮のある茅台酒工場で、蒸し終わった糯高粱を冷やし休ませる「攤涼」という工程に励む職人。中国貴州省の赤水河沿いにある仁懐市茅台(マオタイ)鎮では、重陽節(旧暦の9月9日)が過ぎたこの時期、中国の伝統的蒸留酒「白酒(パイチュウ)」を製造する多くの工場が繁忙期を迎えている。職人は、糯高粱と呼ばれる粘り気のある高粱を蒸し煮にし、足で踏み発酵を促す「踩麹」(さいきく)、原料を撹拌する「拌料」(はんりょう)、原料を冷やし休ませる「攤涼」(たんりょう)、積み重ねて発酵させる「堆積」(たいせき)などの伝統的な工程で酒を醸造する。酒造りの作業場はこの時期、多忙を極める。茅台鎮の伝統的な工程で作られる白酒は醤香型と呼ばれ、蒸し煮を9回、発酵を8回、蒸留を7回必要とする。茅台の酒造りは次の年の旧暦8月末まで続けられる。(仁懐=新華社記者/林立平)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2018111430127

    「新華社」 酒造りの繁忙期迎えた茅台鎮貴州省仁懐市  10月23日、貴州省仁懐市茅台鎮の茅台酒工場で、酒の原料となる糯高粱をかき混ぜる職人。中国貴州省の赤水河沿いにある仁懐市茅台(マオタイ)鎮では、重陽節(旧暦の9月9日)が過ぎたこの時期、中国の伝統的蒸留酒「白酒(パイチュウ)」を製造する多くの工場が繁忙期を迎えている。職人は、糯高粱と呼ばれる粘り気のある高粱を蒸し煮にし、足で踏み発酵を促す「踩麹」(さいきく)、原料を撹拌する「拌料」(はんりょう)、原料を冷やし休ませる「攤涼」(たんりょう)、積み重ねて発酵させる「堆積」(たいせき)などの伝統的な工程で酒を醸造する。酒造りの作業場はこの時期、多忙を極める。茅台鎮の伝統的な工程で作られる白酒は醤香型と呼ばれ、蒸し煮を9回、発酵を8回、蒸留を7回必要とする。茅台の酒造りは次の年の旧暦8月末まで続けられる。(仁懐=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像