検索結果 22,220 件中 1 件 〜 50
  1. 2019111600388

    栃木と京都の四季を絵に  大饗の儀に臨む日本画家の土屋礼一さん=16日、宮殿・北車寄

  2. 2019111600387

    栃木と京都の四季を絵に  大饗の儀に臨む日本画家の土屋礼一さん=16日、宮殿・北車寄

  3. 2019111600386

    栃木と京都の四季を絵に  大饗の儀に臨む日本画家の田渕俊夫さん=16日、宮殿・北車寄

  4. 2019111803481

    「新華社」 武夷山で茶業博覧会開幕人気を集める日本式茶器福建省  16日、茶博会の台湾ブースで展示された日本式茶器。中国福建省武夷山市で16日、第13回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会(茶博会)が開幕した。今回は「茶民宿」「茶文化」「茶と養生」「茶器」「茶の加工食品」「茶道具」などのテーマに展示ブース1360カ所が設置され、多くのバイヤーが交流や商談に訪れた。今回の茶博会では、多くの出展企業が流行に合わせ、さまざまな日本式茶器を展示し、消費者の人気を集めている。(武夷山=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019111803429

    「新華社」 武夷山で茶業博覧会開幕人気を集める日本式茶器福建省  16日、茶博会の台湾ブースで展示された日本式茶器を撮影する来場者。中国福建省武夷山市で16日、第13回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会(茶博会)が開幕した。今回は「茶民宿」「茶文化」「茶と養生」「茶器」「茶の加工食品」「茶道具」などのテーマに展示ブース1360カ所が設置され、多くのバイヤーが交流や商談に訪れた。今回の茶博会では、多くの出展企業が流行に合わせ、さまざまな日本式茶器を展示し、消費者の人気を集めている。(武夷山=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019111803346

    「新華社」 武夷山で茶業博覧会開幕人気を集める日本式茶器福建省  16日、茶博会の台湾ブースで展示された日本の鉄瓶。中国福建省武夷山市で16日、第13回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会(茶博会)が開幕した。今回は「茶民宿」「茶文化」「茶と養生」「茶器」「茶の加工食品」「茶道具」などのテーマに展示ブース1360カ所が設置され、多くのバイヤーが交流や商談に訪れた。今回の茶博会では、多くの出展企業が流行に合わせ、さまざまな日本式茶器を展示し、消費者の人気を集めている。(武夷山=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019111803452

    「新華社」 武夷山で茶業博覧会開幕人気を集める日本式茶器福建省  16日、茶博会の台湾ブースで日本式茶器を選ぶ来場者。中国福建省武夷山市で16日、第13回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会(茶博会)が開幕した。今回は「茶民宿」「茶文化」「茶と養生」「茶器」「茶の加工食品」「茶道具」などのテーマに展示ブース1360カ所が設置され、多くのバイヤーが交流や商談に訪れた。今回の茶博会では、多くの出展企業が流行に合わせ、さまざまな日本式茶器を展示し、消費者の人気を集めている。(武夷山=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019111803457

    「新華社」 武夷山で茶業博覧会開幕人気を集める日本式茶器福建省  16日、茶博会の台湾ブースで展示された日本式茶器。中国福建省武夷山市で16日、第13回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会(茶博会)が開幕した。今回は「茶民宿」「茶文化」「茶と養生」「茶器」「茶の加工食品」「茶道具」などのテーマに展示ブース1360カ所が設置され、多くのバイヤーが交流や商談に訪れた。今回の茶博会では、多くの出展企業が流行に合わせ、さまざまな日本式茶器を展示し、消費者の人気を集めている。(武夷山=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019111803695

    「新華社」 武夷山で茶業博覧会開幕人気を集める日本式茶器福建省  16日、茶博会の台湾ブースで展示された日本式茶器。中国福建省武夷山市で16日、第13回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会(茶博会)が開幕した。今回は「茶民宿」「茶文化」「茶と養生」「茶器」「茶の加工食品」「茶道具」などのテーマに展示ブース1360カ所が設置され、多くのバイヤーが交流や商談に訪れた。今回の茶博会では、多くの出展企業が流行に合わせ、さまざまな日本式茶器を展示し、消費者の人気を集めている。(武夷山=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019111803732

    「新華社」 浙江省で竜泉青磁の特別展始まる日本の重要文化財「馬蝗絆」も展示  15日、浙江省博物館で展示されている竜泉窯の作品。中国浙江省杭州市の浙江省博物館で15日、特別展「天下竜泉竜泉青磁とグローバル化」が始まった。同展は故宮博物院と浙江省博物館、麗水市人民政府の共催で開かれ、日本の重要文化財で東京国立博物館が所蔵する「馬蝗絆」を含む、42の文化財所蔵機関から集められた文化財513点(組)が展示されている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019111803449

    「新華社」 浙江省で竜泉青磁の特別展始まる日本の重要文化財「馬蝗絆」も展示  15日、浙江省博物館で展示されている、元代に竜泉窯で制作された「青磁舟形硯滴」を撮影する来場者。中国浙江省杭州市の浙江省博物館で15日、特別展「天下竜泉竜泉青磁とグローバル化」が始まった。同展は故宮博物院と浙江省博物館、麗水市人民政府の共催で開かれ、日本の重要文化財で東京国立博物館が所蔵する「馬蝗絆」を含む、42の文化財所蔵機関から集められた文化財513点(組)が展示されている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019111803462

    「新華社」 浙江省で竜泉青磁の特別展始まる日本の重要文化財「馬蝗絆」も展示  15日、浙江省博物館で展示品を撮影する来場者。中国浙江省杭州市の浙江省博物館で15日、特別展「天下竜泉竜泉青磁とグローバル化」が始まった。同展は故宮博物院と浙江省博物館、麗水市人民政府の共催で開かれ、日本の重要文化財で東京国立博物館が所蔵する「馬蝗絆」を含む、42の文化財所蔵機関から集められた文化財513点(組)が展示されている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019111803716

    「新華社」 浙江省で竜泉青磁の特別展始まる日本の重要文化財「馬蝗絆」も展示  15日、浙江省博物館で展示品を鑑賞する来場者。中国浙江省杭州市の浙江省博物館で15日、特別展「天下竜泉竜泉青磁とグローバル化」が始まった。同展は故宮博物院と浙江省博物館、麗水市人民政府の共催で開かれ、日本の重要文化財で東京国立博物館が所蔵する「馬蝗絆」を含む、42の文化財所蔵機関から集められた文化財513点(組)が展示されている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019111803604

    「新華社」 浙江省で竜泉青磁の特別展始まる日本の重要文化財「馬蝗絆」も展示  15日、浙江省博物館で展示されている、元代に竜泉窯で制作された「青磁舟形硯滴」。中国浙江省杭州市の浙江省博物館で15日、特別展「天下竜泉竜泉青磁とグローバル化」が始まった。同展は故宮博物院と浙江省博物館、麗水市人民政府の共催で開かれ、日本の重要文化財で東京国立博物館が所蔵する「馬蝗絆」を含む、42の文化財所蔵機関から集められた文化財513点(組)が展示されている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019111803484

    「新華社」 浙江省で竜泉青磁の特別展始まる日本の重要文化財「馬蝗絆」も展示  15日、浙江省博物館で開かれている特別展「天下竜泉竜泉青磁とグローバル化」の様子。中国浙江省杭州市の浙江省博物館で15日、特別展「天下竜泉竜泉青磁とグローバル化」が始まった。同展は故宮博物院と浙江省博物館、麗水市人民政府の共催で開かれ、日本の重要文化財で東京国立博物館が所蔵する「馬蝗絆」を含む、42の文化財所蔵機関から集められた文化財513点(組)が展示されている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019111803453

    「新華社」 浙江省で竜泉青磁の特別展始まる日本の重要文化財「馬蝗絆」も展示  15日、浙江省博物館で展示品を撮影する来場者。中国浙江省杭州市の浙江省博物館で15日、特別展「天下竜泉竜泉青磁とグローバル化」が始まった。同展は故宮博物院と浙江省博物館、麗水市人民政府の共催で開かれ、日本の重要文化財で東京国立博物館が所蔵する「馬蝗絆」を含む、42の文化財所蔵機関から集められた文化財513点(組)が展示されている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019111803697

    「新華社」 浙江省で竜泉青磁の特別展始まる日本の重要文化財「馬蝗絆」も展示  15日、南宋時代に竜泉窯で制作された青磁茶碗「馬蝗絆」(東京国立博物館蔵)。中国浙江省杭州市の浙江省博物館で15日、特別展「天下竜泉竜泉青磁とグローバル化」が始まった。同展は故宮博物院と浙江省博物館、麗水市人民政府の共催で開かれ、日本の重要文化財で東京国立博物館が所蔵する「馬蝗絆」を含む、42の文化財所蔵機関から集められた文化財513点(組)が展示されている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019111400901

    「新華社」 中国の著名画家、張大千がブラジルに残した「立体画」  当時、八徳園で張大千と共に生活した孫凱氏(後列中央)。(資料写真)張大千(ちょう・だいせん)は世界的に有名な中国画の大家だが、彼が中国から遥かに遠いブラジルに「立体画」を残していることはあまり知られていない。張大千とブラジルで4年間共に生活したことのある孫凱(そん・がい)氏がこのほど取材に応じ、長年明らかにされてこなかった当時のことについて語った。孫氏は張大千に47年師事した愛弟子、孫雲生(そん・うんせい)氏の息子。1953年、張大千は米国から当時住んでいたアルゼンチンへ帰る途中、ブラジル・サンパウロ郊外のモジ・ダス・クルーゼス市で広く平らな荒れ地を目にした。それが故郷の成都に似ていると感じた張大千はその土地を購入し、庭園を築き「八徳園」と名付けた。八徳園は張大千自らが設計し、建築を開始してから住み始めるまでに3年かかったという。「先生は八徳園は自分の心の中の『立体画』だとおっしゃっていた」と孫氏。張大千は家族や弟子たち総勢十数人と八徳園で17年余り暮らし、世に知られる「長江万里図」「黄山図」「思郷図」などの傑作を描いた。孫氏は、父親から譲り受けた600点以上の張大千の絵画やその他の品物を成都市政府に寄贈した。双方は今後、「八徳園」をモチーフとして、博物館、美術館、庭園芸術館の3館が一体となった張大千芸術博物館を成都に建設する予定になっている。(成都=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  19. 2019111400920

    「新華社」 中国の著名画家、張大千がブラジルに残した「立体画」  八徳園の「月橋」に立ち、ブラジル人の作業員に芙蓉(フヨウ)と梅の植え方を指導する張大千氏。(資料写真)張大千(ちょう・だいせん)は世界的に有名な中国画の大家だが、彼が中国から遥かに遠いブラジルに「立体画」を残していることはあまり知られていない。張大千とブラジルで4年間共に生活したことのある孫凱(そん・がい)氏がこのほど取材に応じ、長年明らかにされてこなかった当時のことについて語った。孫氏は張大千に47年師事した愛弟子、孫雲生(そん・うんせい)氏の息子。1953年、張大千は米国から当時住んでいたアルゼンチンへ帰る途中、ブラジル・サンパウロ郊外のモジ・ダス・クルーゼス市で広く平らな荒れ地を目にした。それが故郷の成都に似ていると感じた張大千はその土地を購入し、庭園を築き「八徳園」と名付けた。八徳園は張大千自らが設計し、建築を開始してから住み始めるまでに3年かかったという。「先生は八徳園は自分の心の中の『立体画』だとおっしゃっていた」と孫氏。張大千は家族や弟子たち総勢十数人と八徳園で17年余り暮らし、世に知られる「長江万里図」「黄山図」「思郷図」などの傑作を描いた。孫氏は、父親から譲り受けた600点以上の張大千の絵画やその他の品物を成都市政府に寄贈した。双方は今後、「八徳園」をモチーフとして、博物館、美術館、庭園芸術館の3館が一体となった張大千芸術博物館を成都に建設する予定になっている。(成都=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  20. 2019111400875

    「新華社」 中国の著名画家、張大千がブラジルに残した「立体画」  八徳園を散策する張大千氏(前列中央)、第四夫人の徐雯波(じょ・ぶんは)氏、孫雲生氏、孫凱氏。(資料写真)張大千(ちょう・だいせん)は世界的に有名な中国画の大家だが、彼が中国から遥かに遠いブラジルに「立体画」を残していることはあまり知られていない。張大千とブラジルで4年間共に生活したことのある孫凱(そん・がい)氏がこのほど取材に応じ、長年明らかにされてこなかった当時のことについて語った。孫氏は張大千に47年師事した愛弟子、孫雲生(そん・うんせい)氏の息子。1953年、張大千は米国から当時住んでいたアルゼンチンへ帰る途中、ブラジル・サンパウロ郊外のモジ・ダス・クルーゼス市で広く平らな荒れ地を目にした。それが故郷の成都に似ていると感じた張大千はその土地を購入し、庭園を築き「八徳園」と名付けた。八徳園は張大千自らが設計し、建築を開始してから住み始めるまでに3年かかったという。「先生は八徳園は自分の心の中の『立体画』だとおっしゃっていた」と孫氏。張大千は家族や弟子たち総勢十数人と八徳園で17年余り暮らし、世に知られる「長江万里図」「黄山図」「思郷図」などの傑作を描いた。孫氏は、父親から譲り受けた600点以上の張大千の絵画やその他の品物を成都市政府に寄贈した。双方は今後、「八徳園」をモチーフとして、博物館、美術館、庭園芸術館の3館が一体となった張大千芸術博物館を成都に建設する予定になっている。(成都=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  21. 2019111400924

    「新華社」 中国の著名画家、張大千がブラジルに残した「立体画」  ブラジルの郊外の市、モジ・ダス・クルーゼスにあるダムの下に隠れる、張大千が自ら設計した中国風庭園「八徳園」。(資料写真)張大千(ちょう・だいせん)は世界的に有名な中国画の大家だが、彼が中国から遥かに遠いブラジルに「立体画」を残していることはあまり知られていない。張大千とブラジルで4年間共に生活したことのある孫凱(そん・がい)氏がこのほど取材に応じ、長年明らかにされてこなかった当時のことについて語った。孫氏は張大千に47年師事した愛弟子、孫雲生(そん・うんせい)氏の息子。1953年、張大千は米国から当時住んでいたアルゼンチンへ帰る途中、ブラジル・サンパウロ郊外のモジ・ダス・クルーゼス市で広く平らな荒れ地を目にした。それが故郷の成都に似ていると感じた張大千はその土地を購入し、庭園を築き「八徳園」と名付けた。八徳園は張大千自らが設計し、建築を開始してから住み始めるまでに3年かかったという。「先生は八徳園は自分の心の中の『立体画』だとおっしゃっていた」と孫氏。張大千は家族や弟子たち総勢十数人と八徳園で17年余り暮らし、世に知られる「長江万里図」「黄山図」「思郷図」などの傑作を描いた。孫氏は、父親から譲り受けた600点以上の張大千の絵画やその他の品物を成都市政府に寄贈した。双方は今後、「八徳園」をモチーフとして、博物館、美術館、庭園芸術館の3館が一体となった張大千芸術博物館を成都に建設する予定になっている。(成都=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  22. 2019111400925

    「新華社」 中国の著名画家、張大千がブラジルに残した「立体画」  八徳園で石の上に腰を下ろす張大千氏。(資料写真)張大千(ちょう・だいせん)は世界的に有名な中国画の大家だが、彼が中国から遥かに遠いブラジルに「立体画」を残していることはあまり知られていない。張大千とブラジルで4年間共に生活したことのある孫凱(そん・がい)氏がこのほど取材に応じ、長年明らかにされてこなかった当時のことについて語った。孫氏は張大千に47年師事した愛弟子、孫雲生(そん・うんせい)氏の息子。1953年、張大千は米国から当時住んでいたアルゼンチンへ帰る途中、ブラジル・サンパウロ郊外のモジ・ダス・クルーゼス市で広く平らな荒れ地を目にした。それが故郷の成都に似ていると感じた張大千はその土地を購入し、庭園を築き「八徳園」と名付けた。八徳園は張大千自らが設計し、建築を開始してから住み始めるまでに3年かかったという。「先生は八徳園は自分の心の中の『立体画』だとおっしゃっていた」と孫氏。張大千は家族や弟子たち総勢十数人と八徳園で17年余り暮らし、世に知られる「長江万里図」「黄山図」「思郷図」などの傑作を描いた。孫氏は、父親から譲り受けた600点以上の張大千の絵画やその他の品物を成都市政府に寄贈した。双方は今後、「八徳園」をモチーフとして、博物館、美術館、庭園芸術館の3館が一体となった張大千芸術博物館を成都に建設する予定になっている。(成都=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  23. 2019111304056

    「@山陰山陽」  日本初の石炭記念館50周年  石炭記念館の展示を説明する学芸員の広畑公紀さん=山口県宇部市

  24. 2019111302390

    007作者の恋文競売  英スパイ小説「007」シリーズの作者イアン・フレミングと妻のアン=1962年、米ニューヨーク(ゲッティ=共同)

  25. 2019111301850

    空き家活用、体験型芸術祭  「鹿野芸術祭」の会場の森で料理を楽しむ藤田美希子さん(左)ら=10月、鳥取市

  26. 2019111301846

    空き家活用、体験型芸術祭  「鹿野芸術祭」で森にちりばめられた、さまざまな絵柄が描かれた布=10月、鳥取市

  27. 2019111301831

    空き家活用、体験型芸術祭  「鹿野芸術祭」で森にちりばめられた、さまざまな絵柄が描かれた布=10月、鳥取市

  28. 2019111301826

    空き家活用、体験型芸術祭  城跡のお堀に浮かべた座敷の上で「鹿野芸術祭」を楽しむ藤田美希子さん(左端)ら=10月、鳥取市

  29. 2019111205464

    首相、自閉症画家と面会  自閉症の画家徳原望さん(左)から絵画を寄贈される安倍首相=12日午後、首相官邸

  30. 2019111202155

    「海外フォト」 真っ青  米ワシントンの美術館に置かれた巨大な青いニワトリの彫刻。色使いで印象も変わります。(ロイター=共同)

  31. 2019111501422

    「新華社」 台北にあるミニチュア博物館を訪ねて  12日、台北にある袖珍博物館に展示されたミニチュアアート作品。中国台湾台北市にある袖珍博物館は、世界各地から集められた現代ミニチュアアート約300点を収蔵しており、訪れた人々はまるで夢のようなミニチュアの世界に入り込んだような感覚が味わえる。(台北=新華社記者/陳斌)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019111803568

    「新華社」 在米中国人画家の写実絵画合同展が開催、湖南省長沙市  12日、作品「ピアノ教師」を見つめる来場者。中国湖南省長沙市の李自健美術館でこのほど、司徒綿(しと・めん)氏、塗志偉(と・しい)氏および張文新(ちょう・ぶんしん)氏ら在米中国人画家16人の油絵作品132点を展示する展覧会「西から東へ―在米中国人画家の写実絵画合同展」が開かれた。同展は17日まで無料で一般公開される。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019111803372

    「新華社」 在米中国人画家の写実絵画合同展が開催、湖南省長沙市  12日、展示作品を見つめる来場者。中国湖南省長沙市の李自健美術館でこのほど、司徒綿(しと・めん)氏、塗志偉(と・しい)氏および張文新(ちょう・ぶんしん)氏ら在米中国人画家16人の油絵作品132点を展示する展覧会「西から東へ―在米中国人画家の写実絵画合同展」が開かれた。同展は17日まで無料で一般公開される。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019111803405

    「新華社」 在米中国人画家の写実絵画合同展が開催、湖南省長沙市  12日、作品「モンゴルの女」「カザフスタンの娘古麗加娜」を見つめる来場者。中国湖南省長沙市の李自健美術館でこのほど、司徒綿(しと・めん)氏、塗志偉(と・しい)氏および張文新(ちょう・ぶんしん)氏ら在米中国人画家16人の油絵作品132点を展示する展覧会「西から東へ―在米中国人画家の写実絵画合同展」が開かれた。同展は17日まで無料で一般公開される。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019111803492

    「新華社」 在米中国人画家の写実絵画合同展が開催、湖南省長沙市  12日、作品「林間小景」を撮影する来場者。中国湖南省長沙市の李自健美術館でこのほど、司徒綿(しと・めん)氏、塗志偉(と・しい)氏および張文新(ちょう・ぶんしん)氏ら在米中国人画家16人の油絵作品132点を展示する展覧会「西から東へ―在米中国人画家の写実絵画合同展」が開かれた。同展は17日まで無料で一般公開される。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019111803650

    「新華社」 在米中国人画家の写実絵画合同展が開催、湖南省長沙市  12日、館内に展示された油絵作品の数々。中国湖南省長沙市の李自健美術館でこのほど、司徒綿(しと・めん)氏、塗志偉(と・しい)氏および張文新(ちょう・ぶんしん)氏ら在米中国人画家16人の油絵作品132点を展示する展覧会「西から東へ―在米中国人画家の写実絵画合同展」が開かれた。同展は17日まで無料で一般公開される。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019111501415

    「新華社」 台北にあるミニチュア博物館を訪ねて  12日、台北にある袖珍博物館でミニチュアアート作品を見学する来場者。中国台湾台北市にある袖珍博物館は、世界各地から集められた現代ミニチュアアート約300点を収蔵しており、訪れた人々はまるで夢のようなミニチュアの世界に入り込んだような感覚が味わえる。(台北=新華社記者/陳斌)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019111501383

    「新華社」 台北にあるミニチュア博物館を訪ねて  12日、台北にある袖珍博物館でミニチュアアート作品を見学する来場者。中国台湾台北市にある袖珍博物館は、世界各地から集められた現代ミニチュアアート約300点を収蔵しており、訪れた人々はまるで夢のようなミニチュアの世界に入り込んだような感覚が味わえる。(台北=新華社記者/陳斌)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019111501367

    「新華社」 台北にあるミニチュア博物館を訪ねて  12日、台北にある袖珍博物館に展示されたミニチュアアート作品。中国台湾台北市にある袖珍博物館は、世界各地から集められた現代ミニチュアアート約300点を収蔵しており、訪れた人々はまるで夢のようなミニチュアの世界に入り込んだような感覚が味わえる。(台北=新華社記者/陳斌)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019111501366

    「新華社」 台北にあるミニチュア博物館を訪ねて  12日、台北にある袖珍博物館でミニチュアアート作品を見学する来場者。中国台湾台北市にある袖珍博物館は、世界各地から集められた現代ミニチュアアート約300点を収蔵しており、訪れた人々はまるで夢のようなミニチュアの世界に入り込んだような感覚が味わえる。(台北=新華社記者/陳斌)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019111501323

    「新華社」 台北にあるミニチュア博物館を訪ねて  12日、台北にある袖珍博物館でミニチュアアート作品を見学する来場者。中国台湾台北市にある袖珍博物館は、世界各地から集められた現代ミニチュアアート約300点を収蔵しており、訪れた人々はまるで夢のようなミニチュアの世界に入り込んだような感覚が味わえる。(台北=新華社記者/陳斌)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019111501326

    「新華社」 台北にあるミニチュア博物館を訪ねて  12日、台北にある袖珍博物館でミニチュアアート作品を見学する来場者。中国台湾台北市にある袖珍博物館は、世界各地から集められた現代ミニチュアアート約300点を収蔵しており、訪れた人々はまるで夢のようなミニチュアの世界に入り込んだような感覚が味わえる。(台北=新華社記者/陳斌)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019111803664

    「新華社」 在米中国人画家の写実絵画合同展が開催、湖南省長沙市  12日、作品「晩霞」を見つめる来場者。中国湖南省長沙市の李自健美術館でこのほど、司徒綿(しと・めん)氏、塗志偉(と・しい)氏および張文新(ちょう・ぶんしん)氏ら在米中国人画家16人の油絵作品132点を展示する展覧会「西から東へ―在米中国人画家の写実絵画合同展」が開かれた。同展は17日まで無料で一般公開される。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019111400154

    「新華社」 アルバニアの首相官邸で中国をテーマにした展覧会開催  11日、アルバニアの首都ティラナで開かれた中国をテーマにした記念切手と南京市の伝統的な芸術作品の展覧会の開幕式で、あいさつする中国の周鼎(しゅう・てい)駐アルバニア大使。アルバニアの首都ティラナの首相官邸で11日夜、中国とアルバニアの国交樹立70周年を祝う中国をテーマにした記念切手と中国江蘇省南京市の伝統的な芸術作品の展覧会が開幕した。(ティラナ=新華社記者/張立雲)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019111400192

    「新華社」 アルバニアの首相官邸で中国をテーマにした展覧会開催  11日、アルバニアの首都ティラナの首相官邸で開かれた芸術作品の展覧会で、作品を見つめる来場者。アルバニアの首都ティラナの首相官邸で11日夜、中国とアルバニアの国交樹立70周年を祝う中国をテーマにした記念切手と中国江蘇省南京市の伝統的な芸術作品の展覧会が開幕した。(ティラナ=新華社記者/張立雲)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019111400159

    「新華社」 アルバニアの首相官邸で中国をテーマにした展覧会開催  11日、アルバニアの首都ティラナの首相官邸で開かれた芸術作品の展覧会で、作品を見つめる来場者。アルバニアの首都ティラナの首相官邸で11日夜、中国とアルバニアの国交樹立70周年を祝う中国をテーマにした記念切手と中国江蘇省南京市の伝統的な芸術作品の展覧会が開幕した。(ティラナ=新華社記者/張立雲)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019111000428

    「パロディー問題でない」  イベントで、ウィーンでの芸術展について語る会田誠さん=10日午後、東京都新宿区

  48. 2019111000207

    芸術がつなぐ理解の懸け橋  桜島を背に記念撮影するスケッチ会の参加者=10日、鹿児島市の長島美術館

  49. 2019111000206

    芸術がつなぐ理解の懸け橋  障害者芸術支援団体が開いた、桜島を描くスケッチ会=10日、鹿児島市の長島美術館

  50. 2019111000205

    芸術がつなぐ理解の懸け橋  障害者芸術支援団体が開いたスケッチ会で桜島を描く参加者=10日、鹿児島市の長島美術館

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像