検索結果 19,222 件中 1 件 〜 50
  1. 2019102104165

    「新華社」 間もなく迎えるミャオ族の正月「苗年」貴州省雷山県  貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州雷山県で行われる「苗年」祝賀の様子。(資料写真、組み合わせ写真)「中国ミャオ族文化展示中心地」とも呼ばれる貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州雷山県では、地元に住む約13万人のミャオ族の人たちが旧暦の11月1日に伝統の祝日「苗年」(ミャオ族の正月)を迎える。同県人民政府はこのほど、同日から15日間にわたってさまざまな苗年の各種行事や文化展示を行うと発表した。(雷山=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019102000256

    京アニの歩み振り返る  京都ヒストリカ国際映画祭会場の京都文化博物館で特別企画に携わった森脇清隆映像・情報室長=11日、京都市

  3. 2019102305043

    「新華社」 多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催  20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された鮑志強(ほう・しきょう)氏の作品、「雪浪橋梁」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019102304997

    「新華社」 多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催  20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された李細妹(り・さいまい)氏の作品、「茶葉末」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019102304841

    「新華社」 産業のけん引で村民の収入を高める江蘇省徐州市  20日、徐州市睢寧県姚集鎮高党村で出し物の練習をする農民芸術団のメンバー。中国江蘇省徐州市睢寧(すいねい)県姚集(ようしゅう)鎮高党村は、黄河の旧河道沿いにある経済基盤の弱い村だった。同村ではここ数年、集中居住と産業のけん引により、集団経済が発展し続けている。2018年の村の集団経済収入は377万元(1元=約15円)で、1人当たりの実収入は1万9670元に達した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019102304921

    「新華社」 多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催  20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された蔡志強(さい・しきょう)氏の作品、「金盞」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019102304896

    「新華社」 多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催  20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された季益順(き・えきじゅん)氏の作品、「九九同興」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019102304981

    「新華社」 多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催  20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に訪れた市民。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019102304872

    「新華社」 上海で国際陶磁柴焼芸術祭開催  20日、宝庫芸術センターに展示された海外の陶芸家の柴焼作品。中国上海市で20日、第3回上海国際陶磁柴焼芸術祭が開幕した。併せて発表された関連の国際コンクール受賞者リストには、日本人陶芸家2人の名前も含まれていた。受賞作品を含む国内外の陶芸家の作品展も、上海タワー(上海中心大厦)の37階にある宝庫芸術センターで同時開催されている。第21回中国上海国際芸術祭の関連イベントの一つ、上海国際陶磁柴焼芸術祭は、上海視覚芸術学院と上海中国陶磁芸術家協会などが主催している。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019102304767

    「新華社」 多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催  20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された李細妹(り・さいまい)氏の作品、「兎毫(とごう)盞」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019102305034

    「新華社」 上海で国際陶磁柴焼芸術祭開催  20日、国内外の陶芸家の柴焼作品を撮影する来場者。中国上海市で20日、第3回上海国際陶磁柴焼芸術祭が開幕した。併せて発表された関連の国際コンクール受賞者リストには、日本人陶芸家2人の名前も含まれていた。受賞作品を含む国内外の陶芸家の作品展も、上海タワー(上海中心大厦)の37階にある宝庫芸術センターで同時開催されている。第21回中国上海国際芸術祭の関連イベントの一つ、上海国際陶磁柴焼芸術祭は、上海視覚芸術学院と上海中国陶磁芸術家協会などが主催している。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019102305052

    「新華社」 多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催  20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された廖成義(りょう・せいぎ)氏の作品、「竜窯柴焼(りゅうようさいしょう)銀毫盞」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019102305054

    「新華社」 多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催  20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された作品の数々。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019102305055

    「新華社」 多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催  20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された蔡志強(さい・しきょう)氏の作品、「金盞」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019102304992

    「新華社」 多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催  20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された李細妹(り・さいまい)氏の作品、「鉄銹斑」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019102305027

    「新華社」 多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催  20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された作品。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019102304818

    「新華社」 上海で国際陶磁柴焼芸術祭開催  20日、宝庫芸術センターに展示されたユニークな作品。中国上海市で20日、第3回上海国際陶磁柴焼芸術祭が開幕した。併せて発表された関連の国際コンクール受賞者リストには、日本人陶芸家2人の名前も含まれていた。受賞作品を含む国内外の陶芸家の作品展も、上海タワー(上海中心大厦)の37階にある宝庫芸術センターで同時開催されている。第21回中国上海国際芸術祭の関連イベントの一つ、上海国際陶磁柴焼芸術祭は、上海視覚芸術学院と上海中国陶磁芸術家協会などが主催している。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019102304847

    「新華社」 上海で国際陶磁柴焼芸術祭開催  20日、宝庫芸術センターに展示された国内外の陶芸家の柴焼作品。「柴焼」は薪焼き窯を用いて高温で焼き上げる技法を指す。中国上海市で20日、第3回上海国際陶磁柴焼芸術祭が開幕した。併せて発表された関連の国際コンクール受賞者リストには、日本人陶芸家2人の名前も含まれていた。受賞作品を含む国内外の陶芸家の作品展も、上海タワー(上海中心大厦)の37階にある宝庫芸術センターで同時開催されている。第21回中国上海国際芸術祭の関連イベントの一つ、上海国際陶磁柴焼芸術祭は、上海視覚芸術学院と上海中国陶磁芸術家協会などが主催している。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019102304864

    「新華社」 多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催  20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された李細妹(り・さいまい)氏の作品、「浴火蓮衣」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019102304875

    「新華社」 多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催  20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された李細妹(り・さいまい)氏の作品、「伝統銀油滴盞(ぎんゆてきさん)」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019102304877

    「新華社」 多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催  20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された李細妹(り・さいまい)氏の作品、「伝統銀油滴盞(ぎんゆてきさん)」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019102304897

    「新華社」 多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催  20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された李細妹(り・さいまい)氏の作品、「茶葉末鷓鴣斑」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019102305003

    「新華社」 多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催  20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された作品。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019102304974

    「新華社」 多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催  20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された李細妹(り・さいまい)氏の作品、「鷓鴣斑盞(しゃこはんさん)」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019102304980

    「新華社」 多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催  20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された李細妹(り・さいまい)氏の作品、「兎毫(とごう)盞」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019102304999

    「新華社」 多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催  20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された李細妹(り・さいまい)氏の作品、「茶葉末」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019102305011

    「新華社」 上海で国際陶磁柴焼芸術祭開催  20日、上海の陶芸家、林明傑(りん・めいけつ)氏の魚をモチーフにした柴焼作品。中国上海市で20日、第3回上海国際陶磁柴焼芸術祭が開幕した。併せて発表された関連の国際コンクール受賞者リストには、日本人陶芸家2人の名前も含まれていた。受賞作品を含む国内外の陶芸家の作品展も、上海タワー(上海中心大厦)の37階にある宝庫芸術センターで同時開催されている。第21回中国上海国際芸術祭の関連イベントの一つ、上海国際陶磁柴焼芸術祭は、上海視覚芸術学院と上海中国陶磁芸術家協会などが主催している。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019102305012

    「新華社」 多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催  20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された李細妹(り・さいまい)氏の作品、「鷓鴣斑盞(しゃこはんさん)」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019101901028

    連載企画「表現の自由を求めて」3回続きの(中)政治性作品どう見せる 政治絡む作品、説明足らず  「表現の不自由展・その後」の展示再開に対し、会場の建物前で座り込み抗議する「あいちトリエンナーレ2019」実行委会長代行の河村たかし名古屋市長=8日、名古屋市

  30. 2019101900975

    連載企画「表現の自由を求めて」3回続きの(中)政治性作品どう見せる 政治絡む作品、説明足らず  「表現の不自由展・その後」で展示されていた、憲法9条や靖国神社などを取り上げた造形。左奥は「平和の少女像」=14日、名古屋市

  31. 2019101900869

    連載企画「表現の自由を求めて」3回続きの(中)政治性作品どう見せる 政治絡む作品、説明足らず  「表現の不自由展・その後」で、展示再開前に美術家大浦信行さんの映像作品が流れていたスクリーン(左)=11日、名古屋市

  32. 2019101900822

    連載企画「表現の自由を求めて」3回続きの(中)政治性作品どう見せる 政治絡む作品、説明足らず  「表現の不自由展・その後」の展示が再開され、美術家大浦信行さんの映像作品を見る来場者=11日、名古屋市

  33. 2019101900803

    連載企画「表現の自由を求めて」3回続きの(中)政治性作品どう見せる 政治絡む作品、説明足らず  ガイド付きのツアーを導入し展示が再開された「表現の不自由展・その後」の「平和の少女像」=11日、名古屋市

  34. 2019102304750

    「新華社」 文豪の足跡たどる1キロの「魯迅小道」一般公開上海市虹口  19日、上海市虹口区多倫路歩行街の入り口近くの路上に新たにはめ込まれた「魯迅小道」のプレート(右下)。中国上海市虹口(こうこう)区の四川北路と多倫路の一帯は、中国の偉大な文学者、魯迅(ろ・じん)が晩年に創作と生活の場としていた場所。同区はこのほど、文学と観光を融合させた「魯迅小道」を正式に一般公開した。中国国内外の見学者は案内板に従って全長約1キロの関連街道住宅エリアをゆっくりと歩き、晩年の魯迅の上海での足跡を深くたどることができる。専門家によると、魯迅は1927年から亡くなる1936年まで上海に住み、著作・創作の絶頂期を過ごした。この間、魯迅の活動場所の多くは虹口区にあった。(上海=新華社配信/張暁華)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019102304763

    「新華社」 文豪の足跡たどる1キロの「魯迅小道」一般公開上海市虹口  19日、魯迅がかつて住んだ景雲里に展示された魯迅関連の文献や写真パネル。中国上海市虹口(こうこう)区の四川北路と多倫路の一帯は、中国の偉大な文学者、魯迅(ろ・じん)が晩年に創作と生活の場としていた場所。同区はこのほど、文学と観光を融合させた「魯迅小道」を正式に一般公開した。中国国内外の見学者は案内板に従って全長約1キロの関連街道住宅エリアをゆっくりと歩き、晩年の魯迅の上海での足跡を深くたどることができる。専門家によると、魯迅は1927年から亡くなる1936年まで上海に住み、著作・創作の絶頂期を過ごした。この間、魯迅の活動場所の多くは虹口区にあった。(上海=新華社配信/張暁華)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019102304890

    「新華社」 清代景徳鎮の名陶工、唐英の記念館が開館江西省  19日、唐英記念館で唐英の紹介を見る来館者。中国江西省景徳鎮市で19日、清代景徳鎮の名陶工、唐英(とうえい)の記念館が開館した。唐英は景徳鎮窯の歴史に欠かすことのできない重要人物で、清代に皇帝の「御用磁器」を制作した「監陶官」として知られる。在職中には、精巧で美しい陶磁器を大量に制作しただけでなく、景徳鎮陶磁器の製法を記した「陶冶図説(とうやずせつ)」を編さんした。記念館には唐英の代表作の複製品が展示されている。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019102304694

    「新華社」 清代景徳鎮の名陶工、唐英の記念館が開館江西省  19日、唐英記念館の中庭。中国江西省景徳鎮市で19日、清代景徳鎮の名陶工、唐英(とうえい)の記念館が開館した。唐英は景徳鎮窯の歴史に欠かすことのできない重要人物で、清代に皇帝の「御用磁器」を制作した「監陶官」として知られる。在職中には、精巧で美しい陶磁器を大量に制作しただけでなく、景徳鎮陶磁器の製法を記した「陶冶図説(とうやずせつ)」を編さんした。記念館には唐英の代表作の複製品が展示されている。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019102304701

    「新華社」 清代景徳鎮の名陶工、唐英の記念館が開館江西省  19日、唐英記念館で唐英の紹介を見る来館者。中国江西省景徳鎮市で19日、清代景徳鎮の名陶工、唐英(とうえい)の記念館が開館した。唐英は景徳鎮窯の歴史に欠かすことのできない重要人物で、清代に皇帝の「御用磁器」を制作した「監陶官」として知られる。在職中には、精巧で美しい陶磁器を大量に制作しただけでなく、景徳鎮陶磁器の製法を記した「陶冶図説(とうやずせつ)」を編さんした。記念館には唐英の代表作の複製品が展示されている。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019102304898

    「新華社」 文豪の足跡たどる1キロの「魯迅小道」一般公開上海市虹口  19日、魯迅がかつて住んだ景雲里で展示された魯迅関連の文献や写真パネル。中国上海市虹口(こうこう)区の四川北路と多倫路の一帯は、中国の偉大な文学者、魯迅(ろ・じん)が晩年に創作と生活の場としていた場所。同区はこのほど、文学と観光を融合させた「魯迅小道」を正式に一般公開した。中国国内外の見学者は案内板に従って全長約1キロの関連街道住宅エリアをゆっくりと歩き、晩年の魯迅の上海での足跡を深くたどることができる。専門家によると、魯迅は1927年から亡くなる1936年まで上海に住み、著作・創作の絶頂期を過ごした。この間、魯迅の活動場所の多くは虹口区にあった。(上海=新華社配信/張暁華)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019102304729

    「新華社」 文豪の足跡たどる1キロの「魯迅小道」一般公開上海市虹口  19日、「魯迅小道」に設置された中国語、英語、日本語の3言語の案内板。中国上海市虹口(こうこう)区の四川北路と多倫路の一帯は、中国の偉大な文学者、魯迅(ろ・じん)が晩年に創作と生活の場としていた場所。同区はこのほど、文学と観光を融合させた「魯迅小道」を正式に一般公開した。中国国内外の見学者は案内板に従って全長約1キロの関連街道住宅エリアをゆっくりと歩き、晩年の魯迅の上海での足跡を深くたどることができる。専門家によると、魯迅は1927年から亡くなる1936年まで上海に住み、著作・創作の絶頂期を過ごした。この間、魯迅の活動場所の多くは虹口区にあった。(上海=新華社配信/張暁華)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019102304744

    「新華社」 文豪の足跡たどる1キロの「魯迅小道」一般公開上海市虹口  19日、魯迅がかつて住んだ景雲里の入り口。中国上海市虹口(こうこう)区の四川北路と多倫路の一帯は、中国の偉大な文学者、魯迅(ろ・じん)が晩年に創作と生活の場としていた場所。同区はこのほど、文学と観光を融合させた「魯迅小道」を正式に一般公開した。中国国内外の見学者は案内板に従って全長約1キロの関連街道住宅エリアをゆっくりと歩き、晩年の魯迅の上海での足跡を深くたどることができる。専門家によると、魯迅は1927年から亡くなる1936年まで上海に住み、著作・創作の絶頂期を過ごした。この間、魯迅の活動場所の多くは虹口区にあった。(上海=新華社配信/張暁華)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019102304737

    「新華社」 文豪の足跡たどる1キロの「魯迅小道」一般公開上海市虹口  19日、魯迅がかつて住んだ景雲里に設けられた「魯迅小道」の概略を示す表示。中国上海市虹口(こうこう)区の四川北路と多倫路の一帯は、中国の偉大な文学者、魯迅(ろ・じん)が晩年に創作と生活の場としていた場所。同区はこのほど、文学と観光を融合させた「魯迅小道」を正式に一般公開した。中国国内外の見学者は案内板に従って全長約1キロの関連街道住宅エリアをゆっくりと歩き、晩年の魯迅の上海での足跡を深くたどることができる。専門家によると、魯迅は1927年から亡くなる1936年まで上海に住み、著作・創作の絶頂期を過ごした。この間、魯迅の活動場所の多くは虹口区にあった。(上海=新華社配信/張暁華)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019102304584

    「新華社」 清代景徳鎮の名陶工、唐英の記念館が開館江西省  19日、唐英記念館に展示された「清乾隆淡緑釉暗花六聯瓶(複製)」。中国江西省景徳鎮市で19日、清代景徳鎮の名陶工、唐英(とうえい)の記念館が開館した。唐英は景徳鎮窯の歴史に欠かすことのできない重要人物で、清代に皇帝の「御用磁器」を制作した「監陶官」として知られる。在職中には、精巧で美しい陶磁器を大量に制作しただけでなく、景徳鎮陶磁器の製法を記した「陶冶図説(とうやずせつ)」を編さんした。記念館には唐英の代表作の複製品が展示されている。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019102304690

    「新華社」 清代景徳鎮の名陶工、唐英の記念館が開館江西省  19日、唐英記念館に展示された「清乾隆各種釉彩大瓶(複製)」。中国江西省景徳鎮市で19日、清代景徳鎮の名陶工、唐英(とうえい)の記念館が開館した。唐英は景徳鎮窯の歴史に欠かすことのできない重要人物で、清代に皇帝の「御用磁器」を制作した「監陶官」として知られる。在職中には、精巧で美しい陶磁器を大量に制作しただけでなく、景徳鎮陶磁器の製法を記した「陶冶図説(とうやずせつ)」を編さんした。記念館には唐英の代表作の複製品が展示されている。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019102304885

    「新華社」 清代景徳鎮の名陶工、唐英の記念館が開館江西省  19日、唐英記念館の外観。中国江西省景徳鎮市で19日、清代景徳鎮の名陶工、唐英(とうえい)の記念館が開館した。唐英は景徳鎮窯の歴史に欠かすことのできない重要人物で、清代に皇帝の「御用磁器」を制作した「監陶官」として知られる。在職中には、精巧で美しい陶磁器を大量に制作しただけでなく、景徳鎮陶磁器の製法を記した「陶冶図説(とうやずせつ)」を編さんした。記念館には唐英の代表作の複製品が展示されている。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019102103974

    「新華社」 景徳鎮国際陶磁博覧会始まる内外の陶磁器メーカー約千社が出展  18日、中国景徳鎮国際陶磁博覧会で展示されたイタリア製の陶磁器。中国江西省景徳鎮市で18日、2019中国景徳鎮国際陶磁博覧会が開幕した。国内とイタリア、オランダなどの国から集まった陶磁器メーカー約千社が出展し、3500人以上のバイヤーが買い付けに訪れた。会期は22日まで。同博覧会は商務部と中国国際貿易促進委員会、中国軽工業連合会、江西省人民政府が共催。計1900のブースには、地元をはじめ、世界各地の芸術品や日用品などさまざまな陶磁器が並ぶ。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019102103988

    「新華社」 景徳鎮国際陶磁博覧会始まる内外の陶磁器メーカー約千社が出展  18日、中国景徳鎮国際陶磁博覧会で展示された陶磁器。中国江西省景徳鎮市で18日、2019中国景徳鎮国際陶磁博覧会が開幕した。国内とイタリア、オランダなどの国から集まった陶磁器メーカー約千社が出展し、3500人以上のバイヤーが買い付けに訪れた。会期は22日まで。同博覧会は商務部と中国国際貿易促進委員会、中国軽工業連合会、江西省人民政府が共催。計1900のブースには、地元をはじめ、世界各地の芸術品や日用品などさまざまな陶磁器が並ぶ。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019102304749

    「新華社」 上海豫園のアニメグラフィティ、観光客に人気  18日、アニメグラフィティと豫園商業地域の伝統的建築の対照的な様子。中国上海市の豫園商業地域の旧校場路にこのほど、長さ約200メートルのアニメグラフィティが描かれ、観光客の人気を集めている。上海美術映画製作所の代表的なアニメのキャラクターの斉天大聖(孫悟空)、黒猫警長(黒猫警察)、哪吒(ナーザ)、九色鹿などが題材になっていて、市民や観光客が足を止めて記念撮影をする姿が見られた。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019102104069

    「新華社」 景徳鎮国際陶磁博覧会始まる内外の陶磁器メーカー約千社が出展  18日、中国景徳鎮国際陶磁博覧会で展示された陶磁器。中国江西省景徳鎮市で18日、2019中国景徳鎮国際陶磁博覧会が開幕した。国内とイタリア、オランダなどの国から集まった陶磁器メーカー約千社が出展し、3500人以上のバイヤーが買い付けに訪れた。会期は22日まで。同博覧会は商務部と中国国際貿易促進委員会、中国軽工業連合会、江西省人民政府が共催。計1900のブースには、地元をはじめ、世界各地の芸術品や日用品などさまざまな陶磁器が並ぶ。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019102304614

    「新華社」 上海豫園のアニメグラフィティ、観光客に人気  18日、旧校場路の神筆馬良(マーリャンと魔法の筆)のアニメグラフィティ。中国上海市の豫園商業地域の旧校場路にこのほど、長さ約200メートルのアニメグラフィティが描かれ、観光客の人気を集めている。上海美術映画製作所の代表的なアニメのキャラクターの斉天大聖(孫悟空)、黒猫警長(黒猫警察)、哪吒(ナーザ)、九色鹿などが題材になっていて、市民や観光客が足を止めて記念撮影をする姿が見られた。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像