検索結果 21,818 件中 1 件 〜 50
  1. 2020120100155

    園児に塗り絵用イラスト 区役所で展示される塗り絵  名古屋市北区役所で展示される、スタジオジブリの鈴木敏夫さんが直筆のイラストを提供し、園児が塗り絵をした作品=1日午前

  2. 2020120100154

    園児に塗り絵用イラスト 区役所に展示された塗り絵  名古屋市北区役所で展示される、スタジオジブリの鈴木敏夫さんが直筆のイラストを提供し、園児が塗り絵をした作品=1日午前

  3. 2020120200695

    夫婦で描く焼き絵、芸術が彩る人生重慶市  28日、重慶市北碚区のアトリエ「烙芸不絶」で、ひょうたんに焼き絵を描く劉光紅さん。中国重慶市北碚(ほくばい)区には、焼き絵(烙画)芸術を愛する夫婦がいる。同区の無形文化遺産「北碚烙画」の伝承者である妻、劉光紅(りゅう・こうこう)さんの影響を受け、夫の余樹元(よ・じゅげん)さんは妻に弟子入りして焼き絵を学び始めた。さまざまな素材を用いた焼き絵に取り組み、作品作りの幅を広げている2人は、アトリエ「烙(らく)芸不絶」を設立。焼き絵愛好家に技術を伝え、焼き絵の技法の伝承と発揚に努めている。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020120200651

    夫婦で描く焼き絵、芸術が彩る人生重慶市  28日、重慶市北碚区のアトリエ「烙芸不絶」で、焼き絵の制作技法について話し合う劉光紅さん(右)と夫の余樹元さん。中国重慶市北碚(ほくばい)区には、焼き絵(烙画)芸術を愛する夫婦がいる。同区の無形文化遺産「北碚烙画」の伝承者である妻、劉光紅(りゅう・こうこう)さんの影響を受け、夫の余樹元(よ・じゅげん)さんは妻に弟子入りして焼き絵を学び始めた。さまざまな素材を用いた焼き絵に取り組み、作品作りの幅を広げている2人は、アトリエ「烙(らく)芸不絶」を設立。焼き絵愛好家に技術を伝え、焼き絵の技法の伝承と発揚に努めている。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020120200654

    夫婦で描く焼き絵、芸術が彩る人生重慶市  28日、重慶市北碚区のアトリエ「烙芸不絶」で、ひょうたんに焼き絵を描く劉光紅さん。中国重慶市北碚(ほくばい)区には、焼き絵(烙画)芸術を愛する夫婦がいる。同区の無形文化遺産「北碚烙画」の伝承者である妻、劉光紅(りゅう・こうこう)さんの影響を受け、夫の余樹元(よ・じゅげん)さんは妻に弟子入りして焼き絵を学び始めた。さまざまな素材を用いた焼き絵に取り組み、作品作りの幅を広げている2人は、アトリエ「烙(らく)芸不絶」を設立。焼き絵愛好家に技術を伝え、焼き絵の技法の伝承と発揚に努めている。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020120200673

    夫婦で描く焼き絵、芸術が彩る人生重慶市  28日、重慶市北碚区のアトリエ「烙芸不絶」で、焼き絵の制作に励む劉光紅さん。中国重慶市北碚(ほくばい)区には、焼き絵(烙画)芸術を愛する夫婦がいる。同区の無形文化遺産「北碚烙画」の伝承者である妻、劉光紅(りゅう・こうこう)さんの影響を受け、夫の余樹元(よ・じゅげん)さんは妻に弟子入りして焼き絵を学び始めた。さまざまな素材を用いた焼き絵に取り組み、作品作りの幅を広げている2人は、アトリエ「烙(らく)芸不絶」を設立。焼き絵愛好家に技術を伝え、焼き絵の技法の伝承と発揚に努めている。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020120200671

    夫婦で描く焼き絵、芸術が彩る人生重慶市  28日、重慶市北碚区のアトリエ「烙芸不絶」で、焼き絵の制作技法について話し合う劉光紅さん(右)と夫の余樹元さん。中国重慶市北碚(ほくばい)区には、焼き絵(烙画)芸術を愛する夫婦がいる。同区の無形文化遺産「北碚烙画」の伝承者である妻、劉光紅(りゅう・こうこう)さんの影響を受け、夫の余樹元(よ・じゅげん)さんは妻に弟子入りして焼き絵を学び始めた。さまざまな素材を用いた焼き絵に取り組み、作品作りの幅を広げている2人は、アトリエ「烙(らく)芸不絶」を設立。焼き絵愛好家に技術を伝え、焼き絵の技法の伝承と発揚に努めている。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020120200681

    夫婦で描く焼き絵、芸術が彩る人生重慶市  28日、重慶市北碚区のアトリエ「烙芸不絶」で、焼き絵の制作に使う焼きごてを整理する劉光紅さん。中国重慶市北碚(ほくばい)区には、焼き絵(烙画)芸術を愛する夫婦がいる。同区の無形文化遺産「北碚烙画」の伝承者である妻、劉光紅(りゅう・こうこう)さんの影響を受け、夫の余樹元(よ・じゅげん)さんは妻に弟子入りして焼き絵を学び始めた。さまざまな素材を用いた焼き絵に取り組み、作品作りの幅を広げている2人は、アトリエ「烙(らく)芸不絶」を設立。焼き絵愛好家に技術を伝え、焼き絵の技法の伝承と発揚に努めている。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020120200694

    夫婦で描く焼き絵、芸術が彩る人生重慶市  28日、重慶市北碚区のアトリエ「烙芸不絶」で、焼き絵の制作技法について話し合う劉光紅さん(右)と夫の余樹元さん。中国重慶市北碚(ほくばい)区には、焼き絵(烙画)芸術を愛する夫婦がいる。同区の無形文化遺産「北碚烙画」の伝承者である妻、劉光紅(りゅう・こうこう)さんの影響を受け、夫の余樹元(よ・じゅげん)さんは妻に弟子入りして焼き絵を学び始めた。さまざまな素材を用いた焼き絵に取り組み、作品作りの幅を広げている2人は、アトリエ「烙(らく)芸不絶」を設立。焼き絵愛好家に技術を伝え、焼き絵の技法の伝承と発揚に努めている。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020113000792

    上海で「手作り博覧会」開幕伝統の手工芸品などが一堂に  27日、会場に展示された手まりを撮影する来場者。手作りの伝統工芸品などを集めた第6回上海国際手造博覧会が27日、中国上海市の上海世博展覧館で開幕した。展示や実演、体験レッスン、販売などを通じて、無形文化財の魅力を伝えるとともに、創意工夫が詰まった手作り作品の良さを紹介する。会期は29日までの3日間。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020113000780

    上海で「手作り博覧会」開幕伝統の手工芸品などが一堂に  27日、伝統工芸技法「掐絲唐卡(こうしタンカ)」を実演する出展者。手作りの伝統工芸品などを集めた第6回上海国際手造博覧会が27日、中国上海市の上海世博展覧館で開幕した。展示や実演、体験レッスン、販売などを通じて、無形文化財の魅力を伝えるとともに、創意工夫が詰まった手作り作品の良さを紹介する。会期は29日までの3日間。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020113000908

    上海で「手作り博覧会」開幕伝統の手工芸品などが一堂に  27日、展示品のうちわを手にする出展者。手作りの伝統工芸品などを集めた第6回上海国際手造博覧会が27日、中国上海市の上海世博展覧館で開幕した。展示や実演、体験レッスン、販売などを通じて、無形文化財の魅力を伝えるとともに、創意工夫が詰まった手作り作品の良さを紹介する。会期は29日までの3日間。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020113000888

    上海で「手作り博覧会」開幕伝統の手工芸品などが一堂に  27日、竹編みで装飾された茶具を手にする出展者。手作りの伝統工芸品などを集めた第6回上海国際手造博覧会が27日、中国上海市の上海世博展覧館で開幕した。展示や実演、体験レッスン、販売などを通じて、無形文化財の魅力を伝えるとともに、創意工夫が詰まった手作り作品の良さを紹介する。会期は29日までの3日間。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020120200595

    馮家3代の「寿山石彫」作品展開幕福建省福州市  27日、馮久和(ひょう・きゅうわ)さんの作品「歳寒三友」。日本の人間国宝に当たる中国工芸美術大師の馮久和(ひょう・きゅうわ)さん率いる馮家3代による彫刻作品を集めた「匠の心・伝承者-馮家三代寿山石彫芸術展」が27日、福建省福州市の福建博物院で開幕した。寿山石(じゅざんせき)を用いた「寿山石彫」の作品約300点を展示し、親子3代にわたる伝承と発展の歴史を紹介する。(福建=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020120200579

    馮家3代の「寿山石彫」作品展開幕福建省福州市  27日、馮久和(ひょう・きゅうわ)さんの作品「幽居自鳴」。日本の人間国宝に当たる中国工芸美術大師の馮久和(ひょう・きゅうわ)さん率いる馮家3代による彫刻作品を集めた「匠の心・伝承者-馮家三代寿山石彫芸術展」が27日、福建省福州市の福建博物院で開幕した。寿山石(じゅざんせき)を用いた「寿山石彫」の作品約300点を展示し、親子3代にわたる伝承と発展の歴史を紹介する。(福建=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020120200697

    「文房四宝」の逸品が一堂に福建省アモイ市で博覧会開幕  27日、浙江省の企業、杭州西泠(せいれい)文化創意の展示ブース。第46回全国文房四宝芸術博覧会と第6回海峡書画芸術産業博覧会が27日、中国福建省アモイ市で開幕した。「文房四宝」と呼ばれる筆、墨、硯(すずり)、紙などのメーカー200社余りが出展。国内で最も歴史のある文房四宝の博覧会で、展示面積も1万2千平方メートルと国内最大規模となる。中国文房四宝協会、「中国文房四宝」雑誌社、アモイ市文化改革発展工作領導小組弁公室、アモイ日報社の共催で、4日間行われる。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020120200698

    「文房四宝」の逸品が一堂に福建省アモイ市で博覧会開幕  27日、白檀(びゃくだん)の彫刻作品を鑑賞する来場者。第46回全国文房四宝芸術博覧会と第6回海峡書画芸術産業博覧会が27日、中国福建省アモイ市で開幕した。「文房四宝」と呼ばれる筆、墨、硯(すずり)、紙などのメーカー200社余りが出展。国内で最も歴史のある文房四宝の博覧会で、展示面積も1万2千平方メートルと国内最大規模となる。中国文房四宝協会、「中国文房四宝」雑誌社、アモイ市文化改革発展工作領導小組弁公室、アモイ日報社の共催で、4日間行われる。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020120200700

    「文房四宝」の逸品が一堂に福建省アモイ市で博覧会開幕  27日、会場内を見て回る来場者。第46回全国文房四宝芸術博覧会と第6回海峡書画芸術産業博覧会が27日、中国福建省アモイ市で開幕した。「文房四宝」と呼ばれる筆、墨、硯(すずり)、紙などのメーカー200社余りが出展。国内で最も歴史のある文房四宝の博覧会で、展示面積も1万2千平方メートルと国内最大規模となる。中国文房四宝協会、「中国文房四宝」雑誌社、アモイ市文化改革発展工作領導小組弁公室、アモイ日報社の共催で、4日間行われる。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020120200623

    「文房四宝」の逸品が一堂に福建省アモイ市で博覧会開幕  27日、作品を鑑賞する来場者。第46回全国文房四宝芸術博覧会と第6回海峡書画芸術産業博覧会が27日、中国福建省アモイ市で開幕した。「文房四宝」と呼ばれる筆、墨、硯(すずり)、紙などのメーカー200社余りが出展。国内で最も歴史のある文房四宝の博覧会で、展示面積も1万2千平方メートルと国内最大規模となる。中国文房四宝協会、「中国文房四宝」雑誌社、アモイ市文化改革発展工作領導小組弁公室、アモイ日報社の共催で、4日間行われる。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020120200683

    「文房四宝」の逸品が一堂に福建省アモイ市で博覧会開幕  27日、漆絵を鑑賞する来場者。第46回全国文房四宝芸術博覧会と第6回海峡書画芸術産業博覧会が27日、中国福建省アモイ市で開幕した。「文房四宝」と呼ばれる筆、墨、硯(すずり)、紙などのメーカー200社余りが出展。国内で最も歴史のある文房四宝の博覧会で、展示面積も1万2千平方メートルと国内最大規模となる。中国文房四宝協会、「中国文房四宝」雑誌社、アモイ市文化改革発展工作領導小組弁公室、アモイ日報社の共催で、4日間行われる。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020120200677

    「文房四宝」の逸品が一堂に福建省アモイ市で博覧会開幕  27日、中国の伝統的な木版画印刷技術「木版水印」の作品を来場者に見せる杭州十竹斎(じっちくさい)芸術館の魏立中(ぎ・りつちゅう)館長(右)。魏氏は国家級無形文化遺産伝承者に認定されている。第46回全国文房四宝芸術博覧会と第6回海峡書画芸術産業博覧会が27日、中国福建省アモイ市で開幕した。「文房四宝」と呼ばれる筆、墨、硯(すずり)、紙などのメーカー200社余りが出展。国内で最も歴史のある文房四宝の博覧会で、展示面積も1万2千平方メートルと国内最大規模となる。中国文房四宝協会、「中国文房四宝」雑誌社、アモイ市文化改革発展工作領導小組弁公室、アモイ日報社の共催で、4日間行われる。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020113000771

    安藤忠雄さん設計の「和美術館」を訪ねて広東省仏山市  安藤忠雄さんの手書きの設計図。(資料写真)日本の建築家、安藤忠雄さんが設計した中国広東省仏山市順徳区北滘鎮にある「和美術館」(HEArtMuseum)は非営利の民営美術館で、家電メーカー美的集団の創業者、何享健(か・きょうけん)氏の一族が設立した。延床面積は1万6340平方メートル。名前の「和」には「調和」と「混ぜる」の二つの意味がある。安藤さんは設計にあたり広東省など中国南部でみられる嶺南建築を深く研究し、その独特の「空間の融合」を表現した。「中国南部に千年続く多様な文化を融合させるとともに、嶺南地区ならではの建築様式を探求したかった」と話している。(仏山=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020113000817

    上海で「手作り博覧会」開幕伝統の手工芸品などが一堂に  27日、貴州省のシュイ族に伝わる「馬尾繍」の技法を用いた手作りの婦人靴。手作りの伝統工芸品などを集めた第6回上海国際手造博覧会が27日、中国上海市の上海世博展覧館で開幕した。展示や実演、体験レッスン、販売などを通じて、無形文化財の魅力を伝えるとともに、創意工夫が詰まった手作り作品の良さを紹介する。会期は29日までの3日間。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020113000887

    安藤忠雄さん設計の「和美術館」を訪ねて広東省仏山市  完成した和美術館を視察した安藤忠雄さん。(資料写真)日本の建築家、安藤忠雄さんが設計した中国広東省仏山市順徳区北滘鎮にある「和美術館」(HEArtMuseum)は非営利の民営美術館で、家電メーカー美的集団の創業者、何享健(か・きょうけん)氏の一族が設立した。延床面積は1万6340平方メートル。名前の「和」には「調和」と「混ぜる」の二つの意味がある。安藤さんは設計にあたり広東省など中国南部でみられる嶺南建築を深く研究し、その独特の「空間の融合」を表現した。「中国南部に千年続く多様な文化を融合させるとともに、嶺南地区ならではの建築様式を探求したかった」と話している。(仏山=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020120200587

    馮家3代の「寿山石彫」作品展開幕福建省福州市  27日、馮久和(ひょう・きゅうわ)さんの作品「巽羽眷塒」。日本の人間国宝に当たる中国工芸美術大師の馮久和(ひょう・きゅうわ)さん率いる馮家3代による彫刻作品を集めた「匠の心・伝承者-馮家三代寿山石彫芸術展」が27日、福建省福州市の福建博物院で開幕した。寿山石(じゅざんせき)を用いた「寿山石彫」の作品約300点を展示し、親子3代にわたる伝承と発展の歴史を紹介する。(福建=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020120200580

    馮家3代の「寿山石彫」作品展開幕福建省福州市  27日、馮久和(ひょう・きゅうわ)さんと孫の馮偉(ひょう・い)さんの共同作品「恵風和暢」。日本の人間国宝に当たる中国工芸美術大師の馮久和(ひょう・きゅうわ)さん率いる馮家3代による彫刻作品を集めた「匠の心・伝承者-馮家三代寿山石彫芸術展」が27日、福建省福州市の福建博物院で開幕した。寿山石(じゅざんせき)を用いた「寿山石彫」の作品約300点を展示し、親子3代にわたる伝承と発展の歴史を紹介する。(福建=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020120200685

    「文房四宝」の逸品が一堂に福建省アモイ市で博覧会開幕  27日、中国の伝統的な木版画印刷技術「木版水印」の作品を来場者に紹介する杭州十竹斎(じっちくさい)芸術館の魏立中(ぎ・りつちゅう)館長(左)。魏氏は国家級無形文化遺産伝承者に認定されている。第46回全国文房四宝芸術博覧会と第6回海峡書画芸術産業博覧会が27日、中国福建省アモイ市で開幕した。「文房四宝」と呼ばれる筆、墨、硯(すずり)、紙などのメーカー200社余りが出展。国内で最も歴史のある文房四宝の博覧会で、展示面積も1万2千平方メートルと国内最大規模となる。中国文房四宝協会、「中国文房四宝」雑誌社、アモイ市文化改革発展工作領導小組弁公室、アモイ日報社の共催で、4日間行われる。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020120200686

    「文房四宝」の逸品が一堂に福建省アモイ市で博覧会開幕  27日、安徽省宣城産の画仙紙「宣紙」の展示ブース。第46回全国文房四宝芸術博覧会と第6回海峡書画芸術産業博覧会が27日、中国福建省アモイ市で開幕した。「文房四宝」と呼ばれる筆、墨、硯(すずり)、紙などのメーカー200社余りが出展。国内で最も歴史のある文房四宝の博覧会で、展示面積も1万2千平方メートルと国内最大規模となる。中国文房四宝協会、「中国文房四宝」雑誌社、アモイ市文化改革発展工作領導小組弁公室、アモイ日報社の共催で、4日間行われる。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020120200687

    「文房四宝」の逸品が一堂に福建省アモイ市で博覧会開幕  27日、各種の紙が展示されたブース。第46回全国文房四宝芸術博覧会と第6回海峡書画芸術産業博覧会が27日、中国福建省アモイ市で開幕した。「文房四宝」と呼ばれる筆、墨、硯(すずり)、紙などのメーカー200社余りが出展。国内で最も歴史のある文房四宝の博覧会で、展示面積も1万2千平方メートルと国内最大規模となる。中国文房四宝協会、「中国文房四宝」雑誌社、アモイ市文化改革発展工作領導小組弁公室、アモイ日報社の共催で、4日間行われる。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020120200642

    馮家3代の「寿山石彫」作品展開幕福建省福州市  27日、馮久和(ひょう・きゅうわ)さんの作品「鵲鳴百魁」。日本の人間国宝に当たる中国工芸美術大師の馮久和(ひょう・きゅうわ)さん率いる馮家3代による彫刻作品を集めた「匠の心・伝承者-馮家三代寿山石彫芸術展」が27日、福建省福州市の福建博物院で開幕した。寿山石(じゅざんせき)を用いた「寿山石彫」の作品約300点を展示し、親子3代にわたる伝承と発展の歴史を紹介する。(福建=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020120200669

    「文房四宝」の逸品が一堂に福建省アモイ市で博覧会開幕  27日、会場内を見て回る来場者。第46回全国文房四宝芸術博覧会と第6回海峡書画芸術産業博覧会が27日、中国福建省アモイ市で開幕した。「文房四宝」と呼ばれる筆、墨、硯(すずり)、紙などのメーカー200社余りが出展。国内で最も歴史のある文房四宝の博覧会で、展示面積も1万2千平方メートルと国内最大規模となる。中国文房四宝協会、「中国文房四宝」雑誌社、アモイ市文化改革発展工作領導小組弁公室、アモイ日報社の共催で、4日間行われる。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020120200620

    馮家3代の「寿山石彫」作品展開幕福建省福州市  27日、ブタをモチーフにした作品。日本の人間国宝に当たる中国工芸美術大師の馮久和(ひょう・きゅうわ)さん率いる馮家3代による彫刻作品を集めた「匠の心・伝承者-馮家三代寿山石彫芸術展」が27日、福建省福州市の福建博物院で開幕した。寿山石(じゅざんせき)を用いた「寿山石彫」の作品約300点を展示し、親子3代にわたる伝承と発展の歴史を紹介する。(福建=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020113000688

    上海で「手作り博覧会」開幕伝統の手工芸品などが一堂に  27日、葉染めの手工芸作品を紹介するブース。手作りの伝統工芸品などを集めた第6回上海国際手造博覧会が27日、中国上海市の上海世博展覧館で開幕した。展示や実演、体験レッスン、販売などを通じて、無形文化財の魅力を伝えるとともに、創意工夫が詰まった手作り作品の良さを紹介する。会期は29日までの3日間。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020120200630

    「文房四宝」の逸品が一堂に福建省アモイ市で博覧会開幕  27日、会場内に展示された筆。第46回全国文房四宝芸術博覧会と第6回海峡書画芸術産業博覧会が27日、中国福建省アモイ市で開幕した。「文房四宝」と呼ばれる筆、墨、硯(すずり)、紙などのメーカー200社余りが出展。国内で最も歴史のある文房四宝の博覧会で、展示面積も1万2千平方メートルと国内最大規模となる。中国文房四宝協会、「中国文房四宝」雑誌社、アモイ市文化改革発展工作領導小組弁公室、アモイ日報社の共催で、4日間行われる。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020120200701

    「文房四宝」の逸品が一堂に福建省アモイ市で博覧会開幕  27日、印鑑の展示ブース。第46回全国文房四宝芸術博覧会と第6回海峡書画芸術産業博覧会が27日、中国福建省アモイ市で開幕した。「文房四宝」と呼ばれる筆、墨、硯(すずり)、紙などのメーカー200社余りが出展。国内で最も歴史のある文房四宝の博覧会で、展示面積も1万2千平方メートルと国内最大規模となる。中国文房四宝協会、「中国文房四宝」雑誌社、アモイ市文化改革発展工作領導小組弁公室、アモイ日報社の共催で、4日間行われる。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020120200581

    馮家3代の「寿山石彫」作品展開幕福建省福州市  27日、馮久和(ひょう・きゅうわ)さんの作品「怡然得楽」。日本の人間国宝に当たる中国工芸美術大師の馮久和(ひょう・きゅうわ)さん率いる馮家3代による彫刻作品を集めた「匠の心・伝承者-馮家三代寿山石彫芸術展」が27日、福建省福州市の福建博物院で開幕した。寿山石(じゅざんせき)を用いた「寿山石彫」の作品約300点を展示し、親子3代にわたる伝承と発展の歴史を紹介する。(福建=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020120200617

    馮家3代の「寿山石彫」作品展開幕福建省福州市  27日、馮久和(ひょう・きゅうわ)氏さんの作品「時和年豊」。日本の人間国宝に当たる中国工芸美術大師の馮久和(ひょう・きゅうわ)さん率いる馮家3代による彫刻作品を集めた「匠の心・伝承者-馮家三代寿山石彫芸術展」が27日、福建省福州市の福建博物院で開幕した。寿山石(じゅざんせき)を用いた「寿山石彫」の作品約300点を展示し、親子3代にわたる伝承と発展の歴史を紹介する。(福建=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020112709732

    若手芸術家らの石彫作品展、福建省美術館で開催  26日、福建省美術館で展示された中国工芸美術の大家・鄭幼林(てい・ようりん)氏による寿山石彫刻作品「金色童年」。中国福建省福州市の福建省美術館で26日、若手中堅芸術家らによる石彫作品展「耕石載心-中青年寿山石彫刻芸術招待展」が開かれた。篆刻(てんこく)用印材として知られる同省産の「寿山石(じゅざんせき)」を用いた彫刻作品74点を展示する。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020113000829

    中国・フィジー国交樹立45周年記念切手、フィジーで発行  26日、中国・フィジー国交樹立45周年の記念切手に認印するフィジー郵政の最高執行責任者(CEO)。南太平洋の島国フィジーは26日、中国・フィジー国交樹立45周年を記念して切手4種を発行した。在フィジー中国大使館とフィジー中国文化センターが同国の郵政当局と協力し、地元の芸術家を招いてデザインを作成。図案には両国の伝統衣装とスポーツの要素が鮮明に盛り込まれている。(スバ=新華社記者/張永興)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020120200592

    四川博物院で中国の食文化を紹介する展覧会開催  26日、「食味人間-飲食文化展」に展示された鎏金鏨鳥獣花葉文銀注子。中国四川省成都市の四川博物院で26日、中国の食文化を紹介する展覧会「食味人間-飲食文化展」が開幕した。会場には、中国の悠久の歴史が育んだ食文化にまつわる文化財118点(セット)が展示されている。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020120200601

    四川博物院で中国の食文化を紹介する展覧会開催  26日、「食味人間-飲食文化展」に展示された青玉獣面文三足蓋碗。中国四川省成都市の四川博物院で26日、中国の食文化を紹介する展覧会「食味人間-飲食文化展」が開幕した。会場には、中国の悠久の歴史が育んだ食文化にまつわる文化財118点(セット)が展示されている。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020120200611

    四川博物院で中国の食文化を紹介する展覧会開催  26日、四川博物院の「焼尾余味(しょうびよみ)」展示ホール。中国四川省成都市の四川博物院で26日、中国の食文化を紹介する展覧会「食味人間-飲食文化展」が開幕した。会場には、中国の悠久の歴史が育んだ食文化にまつわる文化財118点(セット)が展示されている。(成都=新華社配信/張艶)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020120200612

    四川博物院で中国の食文化を紹介する展覧会開催  26日、「食味人間-飲食文化展」に展示された宋代の芙蓉花金盞。中国四川省成都市の四川博物院で26日、中国の食文化を紹介する展覧会「食味人間-飲食文化展」が開幕した。会場には、中国の悠久の歴史が育んだ食文化にまつわる文化財118点(セット)が展示されている。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020120200615

    四川博物院で中国の食文化を紹介する展覧会開催  26日、四川博物院の「調羹弄膳(ちょうこうろうぜん)」展示ホール。中国四川省成都市の四川博物院で26日、中国の食文化を紹介する展覧会「食味人間-飲食文化展」が開幕した。会場には、中国の悠久の歴史が育んだ食文化にまつわる文化財118点(セット)が展示されている。(成都=新華社配信/張艶)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020120200625

    四川博物院で中国の食文化を紹介する展覧会開催  26日、「食味人間-飲食文化展」に展示された銀絲橢円盤。中国四川省成都市の四川博物院で26日、中国の食文化を紹介する展覧会「食味人間-飲食文化展」が開幕した。会場には、中国の悠久の歴史が育んだ食文化にまつわる文化財118点(セット)が展示されている。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020120200629

    四川博物院で中国の食文化を紹介する展覧会開催  26日、「食味人間-飲食文化展」に展示された「楚高」銅缶。中国四川省成都市の四川博物院で26日、中国の食文化を紹介する展覧会「食味人間-飲食文化展」が開幕した。会場には、中国の悠久の歴史が育んだ食文化にまつわる文化財118点(セット)が展示されている。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020120200657

    四川博物院で中国の食文化を紹介する展覧会開催  26日、「食味人間-飲食文化展」に展示された纏枝文長頸金瓶。中国四川省成都市の四川博物院で26日、中国の食文化を紹介する展覧会「食味人間-飲食文化展」が開幕した。会場には、中国の悠久の歴史が育んだ食文化にまつわる文化財118点(セット)が展示されている。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020112709499

    若手芸術家らの石彫作品展、福建省美術館で開催  26日、福建省美術館で石彫作品を見て回る愛好家。中国福建省福州市の福建省美術館で26日、若手中堅芸術家らによる石彫作品展「耕石載心-中青年寿山石彫刻芸術招待展」が開かれた。篆刻(てんこく)用印材として知られる同省産の「寿山石(じゅざんせき)」を用いた彫刻作品74点を展示する。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020112709593

    若手芸術家らの石彫作品展、福建省美術館で開催  26日、福建省美術館で展示された寿山石彫刻作品「格桑花(コスモス)」を撮影する愛好家。中国福建省福州市の福建省美術館で26日、若手中堅芸術家らによる石彫作品展「耕石載心-中青年寿山石彫刻芸術招待展」が開かれた。篆刻(てんこく)用印材として知られる同省産の「寿山石(じゅざんせき)」を用いた彫刻作品74点を展示する。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020113000736

    中国・フィジー国交樹立45周年記念切手、フィジーで発行  26日、記念切手を解説するフィジー教育・文化遺産・芸術部部長のアクバール氏(左から3人目)。南太平洋の島国フィジーは26日、中国・フィジー国交樹立45周年を記念して切手4種を発行した。在フィジー中国大使館とフィジー中国文化センターが同国の郵政当局と協力し、地元の芸術家を招いてデザインを作成。図案には両国の伝統衣装とスポーツの要素が鮮明に盛り込まれている。(スバ=新華社記者/張永興)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像