検索結果 16 件中 1 件 〜 16 件 "open"
  1. 2019012301132

    「新華社」 第25回自貢国際恐竜ランタンフェスが開幕四川省自貢市  古代中国の打楽器「編鐘」をモチーフとして、20万点以上の大皿やさじ、カップ、酒杯などの磁器を結び合わせて制作したランタン。(小型無人機から)春節(旧正月)を前に、中国四川省自貢市の彩灯公園で21日夜、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルが始まり、来場者をきらびやかなランタン芸術の宴にいざなっている。同フェスの来場者はここ20年間、毎回約200万人を数える。また、同市のランタンは中国の500以上の都市や世界の60以上の国や地域で展示されてきた。(自貢=新華社配信/自貢ランタンフェスティバル提供)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:自貢ランタンフェスティバル/新華社/共同通信イメージズ

  2. 2018121811192

    「新華社」 福州海峡文化芸術センター、市民開放日のイベント開催  16日、空から見た福州海峡文化芸術センター。(小型無人機から)中国福建省の福州市にある福州海峡文化芸術センターは16日、市民開放日のイベントを開催した。数百人の市民がオペラハウスやコンサートホール、多目的劇場などを見学した。また現場ではパイプオルガンの演奏も行われ、来場者は芸術的な雰囲気を堪能した。(福州=新華社記者/姜克紅)=2018(平成30)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2018121223537

    「新華社」 青島で第一次世界大戦遺跡博物館がオープン  11日、青島第一次世界大戦遺跡博物館の外観。(小型無人機から)中国山東省青島市で11日、青島第一次世界大戦遺跡博物館がオープンした。青島山第一次世界大戦公園内にあり、建築面積は1万平方メートル近くに達する。建物の外観は平和の象徴ハトを彷彿させる。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2018112614837

    「新華社」 グリーン発展で中国の大地に描く美しい物語  福建省武夷山(ぶいざん)市五夫(ごふ)鎮の芸術家小鎮プロジェクト。(10月30日撮影、小型無人機から)改革開放の40年間、特に中国共産党第18回全国代表大会(第18回党大会)以降、人民の素晴らしい生活への憧れを乗せて、中国は果断に行動する勇気と、苦難を経て生まれ変わる決意で、中華民族の永続的発展に関わるグリーン変革を大規模に推進してきた。新しい歴史のスタート地点に立ち、「緑水・青山こそが金山・銀山(宝の山)」の発展理念を指針とするグリーン発展の意識がますます人々の心に浸透し、グリーン発展の道がますます広がっている。人民は今、美しい中国の力強く美しい物語を描き出すため奮闘している。(北京=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2018101517758

    「新華社」 総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン  10日、空から見た福建省福州市の海峡文化芸術センター。中国福建省福州市の新たな文化拠点、海峡文化芸術センターは同市福州新区三江口にあり、敷地面積は約237ムー(約15万8千平方メートル)、延べ床面積は約15万平方メートルで、このうち、地下室の延べ床面積は約5万平方メートルとなっている。総投資額は約32億元(1元=約16円)で、2015年5月に着工し、今年8月に竣工した。同センターは、フィンランドの世界的建築家、ペッカ・サルミネン氏がメインデザイナーとなってデザインしたもので、福州の市花であるジャスミンのイメージを強調。1600席のオペラ劇場、1千席の音楽ホール、700席の多目的劇場、6つのスクリーンを持つ映画センター、芸術博物館の5つの建物が花びらの形にデザインされている。芸術博物館の建物には中央文化ホールやサービスセンターも設けられている。現在、オペラ劇場や音楽ホール、多目的劇場など、一部の専門性が高い建物は保利文化集団によって運営管理されている。7年間の上演契約が締結されており、上演回数は1年目が80回以上で、年々増やすことが求められている。運営管理企業は今後、オペラや舞踊劇、バレエ、児童劇、現代劇など各種上演プログラムの手配や、さまざまな公益活動を行っていく。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2018101818495

    「新華社」 橋に見る中国の不屈の精神貴州省の高原で  6日、蘭海高速(甘粛省蘭州市~海南省海口市)の貴遵(貴州省貴陽市~遵義市)複線拡張工事中の楠木渡烏江特大橋。(小型無人機から)同橋は2つの塔と二重斜張面を備えたプレストレストコンクリート構造のケーブルつり橋で、主橋部は長さ620メートル、主橋梁は幅37・6メートル。中国の橋を見れば世界の橋が分かり、貴州の橋を見れば中国の橋が分かる。中国で唯一平原のない省、貴州省のカルスト台地には2万本以上の橋が架けられ、数十もの「世界一」を生み出してきた。世界の高い橋100本のうち46本は貴州省にある。改革開放から40年、数世代にわたる建設者たちが「橋の精神」を形成、数が多く種類が豊富、また技術が複雑で高難度の「橋の博物館」を作り上げてきた。奇跡の背後には中国の人々の不屈の精神が映し出されている。(貴陽=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2018101818308

    「新華社」 橋に見る中国の不屈の精神貴州省の高原で  貴州省の平塘県から羅甸県へ続く高速道路の工事現場で、急ピッチで進む平塘特大橋の建設。(9月25日、小型無人機から)同橋には高さ328メートルの橋塔があり、コンクリート構造の橋塔では「世界一」の高さとなる。現在、橋塔の高さはすでに300メートルを超え、11月には最上部まで完成する見通し。中国の橋を見れば世界の橋が分かり、貴州の橋を見れば中国の橋が分かる。中国で唯一平原のない省、貴州省のカルスト台地には2万本以上の橋が架けられ、数十もの「世界一」を生み出してきた。世界の高い橋100本のうち46本は貴州省にある。改革開放から40年、数世代にわたる建設者たちが「橋の精神」を形成、数が多く種類が豊富、また技術が複雑で高難度の「橋の博物館」を作り上げてきた。奇跡の背後には中国の人々の不屈の精神が映し出されている。(貴陽=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2018101818579

    「新華社」 橋に見る中国の不屈の精神貴州省の高原で  貴州省の貴陽市と甕安(おうあん)県を結ぶ高速道路に架かる清水河大橋。(8月27日、小型無人機から)同橋の主径間は1130メートルで、世界最大のプレートガーダー構造の補剛桁つり橋。中国の橋を見れば世界の橋が分かり、貴州の橋を見れば中国の橋が分かる。中国で唯一平原のない省、貴州省のカルスト台地には2万本以上の橋が架けられ、数十もの「世界一」を生み出してきた。世界の高い橋100本のうち46本は貴州省にある。改革開放から40年、数世代にわたる建設者たちが「橋の精神」を形成、数が多く種類が豊富、また技術が複雑で高難度の「橋の博物館」を作り上げてきた。奇跡の背後には中国の人々の不屈の精神が映し出されている。(貴陽=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2018101818437

    「新華社」 橋に見る中国の不屈の精神貴州省の高原で  明の時代(1368~1644年)に建築され、橋梁の専門家茅以昇(ぼう・いしょう)氏に「西南地域第一橋」とたたえられた貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州福泉市にある葛鏡橋。(8月21日、小型無人機から)中国の橋を見れば世界の橋が分かり、貴州の橋を見れば中国の橋が分かる。中国で唯一平原のない省、貴州省のカルスト台地には2万本以上の橋が架けられ、数十もの「世界一」を生み出してきた。世界の高い橋100本のうち46本は貴州省にある。改革開放から40年、数世代にわたる建設者たちが「橋の精神」を形成、数が多く種類が豊富、また技術が複雑で高難度の「橋の博物館」を作り上げてきた。奇跡の背後には中国の人々の不屈の精神が映し出されている。(貴陽=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2018101818690

    「新華社」 橋に見る中国の不屈の精神貴州省の高原で  清の光緒年間に建設が始まった、貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州福泉市にある和善橋。(8月21日、小型無人機から)明や清の時代に建設された石橋が同市だけで130本現存する。中国の橋を見れば世界の橋が分かり、貴州の橋を見れば中国の橋が分かる。中国で唯一平原のない省、貴州省のカルスト台地には2万本以上の橋が架けられ、数十もの「世界一」を生み出してきた。世界の高い橋100本のうち46本は貴州省にある。改革開放から40年、数世代にわたる建設者たちが「橋の精神」を形成、数が多く種類が豊富、また技術が複雑で高難度の「橋の博物館」を作り上げてきた。奇跡の背後には中国の人々の不屈の精神が映し出されている。(貴陽=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2018101818717

    「新華社」 橋に見る中国の不屈の精神貴州省の高原で  杭瑞高速道路(浙江省杭州市~雲南省瑞麗市)の貴州省と雲南省の境に架かる北盤江大橋。(8月10日、小型無人機から)同橋の橋面から水面までの垂直距離は565・4メートルで、「世界で最も高い橋」としてギネス認定を受けている。中国の橋を見れば世界の橋が分かり、貴州の橋を見れば中国の橋が分かる。中国で唯一平原のない省、貴州省のカルスト台地には2万本以上の橋が架けられ、数十もの「世界一」を生み出してきた。世界の高い橋100本のうち46本は貴州省にある。改革開放から40年、数世代にわたる建設者たちが「橋の精神」を形成、数が多く種類が豊富、また技術が複雑で高難度の「橋の博物館」を作り上げてきた。奇跡の背後には中国の人々の不屈の精神が映し出されている。(貴陽=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2018101818424

    「新華社」 橋に見る中国の不屈の精神貴州省の高原で  貴州省遵義市にある烏江大橋を通過する渝貴鉄道の貴陽北駅発重慶西駅行きの列車。(1月25日、小型無人機から)中国の橋を見れば世界の橋が分かり、貴州の橋を見れば中国の橋が分かる。中国で唯一平原のない省、貴州省のカルスト台地には2万本以上の橋が架けられ、数十もの「世界一」を生み出してきた。世界の高い橋100本のうち46本は貴州省にある。改革開放から40年、数世代にわたる建設者たちが「橋の精神」を形成、数が多く種類が豊富、また技術が複雑で高難度の「橋の博物館」を作り上げてきた。奇跡の背後には中国の人々の不屈の精神が映し出されている。(貴陽=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2018062900457

    「新華社」 空から望む上海市浦東新区  2017年4月14日に撮影した中華芸術宮の夜景。(小型無人機から)中国上海市浦東新区の開発は、中国の改革開放40年の過程で特筆すべき出来事だ。1990年からの28年間で、田んぼと畑だった場所は、ビルが林立する陸家嘴国際金融センターに発展した。中国初の保税区「外高橋保税区」、初の自由貿易試験区「中国(上海)自由貿易試験区」、初の保税港区「洋山保税港区」など、中国の数十の「初」は浦東新区で誕生した。浦東新区の域内総生産(GDP)は現在、開発開放時の60億元(1元=約17円)からすでに約1兆元までになり、経済規模は160倍に増加した。(上海=新華社記者/丁汀)=2017(平成29)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2005070100045

    【】  イサム・ノグチの遺作完成 公園全体が一つの彫刻とされる、故イサム・ノグチ設計のモエレ沼公園=1日午前、札幌市東区で共同通信社ヘリから

  15. 2005070100043

    【】  イサム・ノグチの遺作完成 全面オープンした、故イサム・ノグチ設計のモエレ沼公園=1日午前、札幌市東区で共同通信社ヘリから

  16. 1999041600022

    「カラー」◎昭和館、戦中戦後の国民生活を伝える資料展示施設、99年3月オープン、地上7階、地下2階、東京・九段南、空撮、共同通信ヘリから、99(平成11)年3月28日撮影

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像