検索結果 458 件中 1 件 〜 50
  1. 2019101101741

    「新華社」 南京市の中心部に黄金色の水田が出現  9月30日、江蘇省南京市の徳基広場に出現した黄金色の水田を歩いて楽しむ市民。(小型無人機から)中国江蘇省南京市の中心部にこのほど、黄金色に輝く800平方メートルの水田が出現し、多くの市民を引き付けている。これは同市の商業施設、徳基広場が新中国成立70周年を祝うために行ったユニークな展示だという。(南京=新華社記者/李雨沢)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019100101544

    「新華社」 第6回全国画院美術作品展、湖南省長沙市で開幕  28日、開館初日を迎えた湖南美術館。(小型無人機から)中国国家画院、湖南省文学芸術界連合会が主催する第6回全国画院美術作品展の開幕式が28日、湖南省長沙市の湖南美術館で行われた。同展は当日、湖南美術館で開催する初日を迎えた。展示会は「美しい中国」をテーマに、中国絵画や油絵、版画、彫刻、書法篆刻などの作品計587点が展示される。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019091909223

    「新華社」 中国北方最大の民窯、磁州窯で守り抜かれる伝統の技河北省  16日、河北省邯鄲市峰峰鉱区の磁州窯塩店遺跡博物館にある古窯遺跡の前を通り過ぎてゆく劉立忠さん。(小型無人機から)今年75歳になる劉立忠(りゅう・りつちゅう)さんは、第1陣の国家級無形文化遺産プロジェクトに指定された「磁州窯焼成技法」の代表的伝承者であり、「中国工芸美術大師」と「中国陶磁器芸術大師」として知られ、磁州窯塩店遺跡博物館の館長も務めている。陶芸の道に入ってから、ひたすら伝統技法の保存と研究に力を尽くしてきた。劉さんの整理と発掘により、伝統的な磁州窯焼成技法の72の工程が完全に保存・継承されたほか、失われていた20余りの装飾技法も復元された。磁州窯は中国北方最大の民窯体系で、古代民間の窯における代表的な存在でもある。同窯は中国の伝統的な絵画や書道の技法と製磁の技法を創造的に結びつけ、素朴でシンプルな芸術的スタイルを生み出した。今から7500年前の「磁山文化」の時代には、早くも先住民による陶器の生産が始まっており、それが現在に至るまで続いているという。劉さんは磁州窯の文化と技法をより確実に伝えるために、百名以上の弟子を受け入れ、若い世代に磁州窯の伝統的焼成技法の工程を教えている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019081407063

    「新華社」 高速のサービスエリアがネットで人気に江蘇省蘇州市  8日、滬寧高速の陽澄湖サービスエリアの全景。(小型無人機から)中国長江デルタの「黄金ルート」と呼ばれる滬寧(こねい)高速(上海市~江蘇省南京市)の陽澄湖(ようちょうこ)サービスエリアは、江蘇省蘇州工業パークの唯亭鎮に位置する。西は蘇州から13キロ、東は上海から65キロ離れており、北は美しい陽澄湖に面している。5月にアップグレードを終えた同サービスエリアは、施設の設計に中国の現代画家、呉冠中(ご・かんちゅう、1919~2010年)の水郷水墨画の要素を取り入れた。大規模な水辺の景観や白い壁と青みを帯びた瓦、アーチ型の門などで「水墨画の中の江南」を再現している。同サービスエリアで休憩をしたりくつろいだりする利用客は、小さな橋と流れる水に囲まれた商業区画、詩や絵のような趣のある蘇州庭園、精巧で独特な無形文化遺産の展示、未来感あふれる科学技術体験などを通じて、施設の快適性と体験への満足度を大幅に向上させている。同サービスエリアは最近では、SNSで情報を共有する人々の人気スポットとして一躍注目を集めている。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019081407187

    「新華社」 高速のサービスエリアがネットで人気に江蘇省蘇州市  8日、滬寧高速の陽澄湖サービスエリア。(小型無人機から)中国長江デルタの「黄金ルート」と呼ばれる滬寧(こねい)高速(上海市~江蘇省南京市)の陽澄湖(ようちょうこ)サービスエリアは、江蘇省蘇州工業パークの唯亭鎮に位置する。西は蘇州から13キロ、東は上海から65キロ離れており、北は美しい陽澄湖に面している。5月にアップグレードを終えた同サービスエリアは、施設の設計に中国の現代画家、呉冠中(ご・かんちゅう、1919~2010年)の水郷水墨画の要素を取り入れた。大規模な水辺の景観や白い壁と青みを帯びた瓦、アーチ型の門などで「水墨画の中の江南」を再現している。同サービスエリアで休憩をしたりくつろいだりする利用客は、小さな橋と流れる水に囲まれた商業区画、詩や絵のような趣のある蘇州庭園、精巧で独特な無形文化遺産の展示、未来感あふれる科学技術体験などを通じて、施設の快適性と体験への満足度を大幅に向上させている。同サービスエリアは最近では、SNSで情報を共有する人々の人気スポットとして一躍注目を集めている。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019081407154

    「新華社」 高速のサービスエリアがネットで人気に江蘇省蘇州市  8日、滬寧高速の陽澄湖サービスエリアの庭園。(小型無人機から)中国長江デルタの「黄金ルート」と呼ばれる滬寧(こねい)高速(上海市~江蘇省南京市)の陽澄湖(ようちょうこ)サービスエリアは、江蘇省蘇州工業パークの唯亭鎮に位置する。西は蘇州から13キロ、東は上海から65キロ離れており、北は美しい陽澄湖に面している。5月にアップグレードを終えた同サービスエリアは、施設の設計に中国の現代画家、呉冠中(ご・かんちゅう、1919~2010年)の水郷水墨画の要素を取り入れた。大規模な水辺の景観や白い壁と青みを帯びた瓦、アーチ型の門などで「水墨画の中の江南」を再現している。同サービスエリアで休憩をしたりくつろいだりする利用客は、小さな橋と流れる水に囲まれた商業区画、詩や絵のような趣のある蘇州庭園、精巧で独特な無形文化遺産の展示、未来感あふれる科学技術体験などを通じて、施設の快適性と体験への満足度を大幅に向上させている。同サービスエリアは最近では、SNSで情報を共有する人々の人気スポットとして一躍注目を集めている。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019081407186

    「新華社」 高速のサービスエリアがネットで人気に江蘇省蘇州市  8日、滬寧高速の陽澄湖サービスエリアの庭園。(小型無人機から)中国長江デルタの「黄金ルート」と呼ばれる滬寧(こねい)高速(上海市~江蘇省南京市)の陽澄湖(ようちょうこ)サービスエリアは、江蘇省蘇州工業パークの唯亭鎮に位置する。西は蘇州から13キロ、東は上海から65キロ離れており、北は美しい陽澄湖に面している。5月にアップグレードを終えた同サービスエリアは、施設の設計に中国の現代画家、呉冠中(ご・かんちゅう、1919~2010年)の水郷水墨画の要素を取り入れた。大規模な水辺の景観や白い壁と青みを帯びた瓦、アーチ型の門などで「水墨画の中の江南」を再現している。同サービスエリアで休憩をしたりくつろいだりする利用客は、小さな橋と流れる水に囲まれた商業区画、詩や絵のような趣のある蘇州庭園、精巧で独特な無形文化遺産の展示、未来感あふれる科学技術体験などを通じて、施設の快適性と体験への満足度を大幅に向上させている。同サービスエリアは最近では、SNSで情報を共有する人々の人気スポットとして一躍注目を集めている。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019081407108

    「新華社」 高速のサービスエリアがネットで人気に江蘇省蘇州市  8日、滬寧高速の陽澄湖サービスエリア。(小型無人機から)中国長江デルタの「黄金ルート」と呼ばれる滬寧(こねい)高速(上海市~江蘇省南京市)の陽澄湖(ようちょうこ)サービスエリアは、江蘇省蘇州工業パークの唯亭鎮に位置する。西は蘇州から13キロ、東は上海から65キロ離れており、北は美しい陽澄湖に面している。5月にアップグレードを終えた同サービスエリアは、施設の設計に中国の現代画家、呉冠中(ご・かんちゅう、1919~2010年)の水郷水墨画の要素を取り入れた。大規模な水辺の景観や白い壁と青みを帯びた瓦、アーチ型の門などで「水墨画の中の江南」を再現している。同サービスエリアで休憩をしたりくつろいだりする利用客は、小さな橋と流れる水に囲まれた商業区画、詩や絵のような趣のある蘇州庭園、精巧で独特な無形文化遺産の展示、未来感あふれる科学技術体験などを通じて、施設の快適性と体験への満足度を大幅に向上させている。同サービスエリアは最近では、SNSで情報を共有する人々の人気スポットとして一躍注目を集めている。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019081407111

    「新華社」 高速のサービスエリアがネットで人気に江蘇省蘇州市  8日、滬寧高速の陽澄湖サービスエリア。(小型無人機から)中国長江デルタの「黄金ルート」と呼ばれる滬寧(こねい)高速(上海市~江蘇省南京市)の陽澄湖(ようちょうこ)サービスエリアは、江蘇省蘇州工業パークの唯亭鎮に位置する。西は蘇州から13キロ、東は上海から65キロ離れており、北は美しい陽澄湖に面している。5月にアップグレードを終えた同サービスエリアは、施設の設計に中国の現代画家、呉冠中(ご・かんちゅう、1919~2010年)の水郷水墨画の要素を取り入れた。大規模な水辺の景観や白い壁と青みを帯びた瓦、アーチ型の門などで「水墨画の中の江南」を再現している。同サービスエリアで休憩をしたりくつろいだりする利用客は、小さな橋と流れる水に囲まれた商業区画、詩や絵のような趣のある蘇州庭園、精巧で独特な無形文化遺産の展示、未来感あふれる科学技術体験などを通じて、施設の快適性と体験への満足度を大幅に向上させている。同サービスエリアは最近では、SNSで情報を共有する人々の人気スポットとして一躍注目を集めている。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019081407232

    「新華社」 高速のサービスエリアがネットで人気に江蘇省蘇州市  8日、滬寧高速の陽澄湖サービスエリア。(小型無人機から)中国長江デルタの「黄金ルート」と呼ばれる滬寧(こねい)高速(上海市~江蘇省南京市)の陽澄湖(ようちょうこ)サービスエリアは、江蘇省蘇州工業パークの唯亭鎮に位置する。西は蘇州から13キロ、東は上海から65キロ離れており、北は美しい陽澄湖に面している。5月にアップグレードを終えた同サービスエリアは、施設の設計に中国の現代画家、呉冠中(ご・かんちゅう、1919~2010年)の水郷水墨画の要素を取り入れた。大規模な水辺の景観や白い壁と青みを帯びた瓦、アーチ型の門などで「水墨画の中の江南」を再現している。同サービスエリアで休憩をしたりくつろいだりする利用客は、小さな橋と流れる水に囲まれた商業区画、詩や絵のような趣のある蘇州庭園、精巧で独特な無形文化遺産の展示、未来感あふれる科学技術体験などを通じて、施設の快適性と体験への満足度を大幅に向上させている。同サービスエリアは最近では、SNSで情報を共有する人々の人気スポットとして一躍注目を集めている。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019073103422

    「新華社」 オリジナル国際サーカス劇「竜秀」、広東省珠海市で初上演  26日、「竜秀」が上演された珠海長隆劇院。同劇場は珠海市の横琴島に建設され、総建築面積7万1千平方メートル、6700席を備えている。(小型無人機から)中国広東省珠海市に伝わる漁女の神話を改編したオリジナル国際サーカス「竜秀」が26日、同市の珠海長隆劇院で初上演された。「竜秀」は、国際的なサーカス芸術と中国の伝統的な演目を融合し、物語を中心に、雑技やマジック、エクストリームスポーツ、喜劇、ダンス、歌のほか、アーティスティックスイミングなどさまざまな表現形式を巧みに取り入れた作品で、アジアや欧米、アフリカの22カ国のサーカスパフォーマー300人以上が共同で演技を繰り広げた。公演は国際サーカス芸術の革新的な発展の有益な試みとなったほか、粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)の文化観光の新たな目玉ともなっている。(珠海=新華社記者/劉大偉)=2019(令和元)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019071706698

    「新華社」 南湖で光の噴水ショー開幕河北省唐山市  10日、河北省唐山市の南湖風景区で光の噴水ショーを鑑賞する人々。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖風景区で10日、光の噴水ショーが始まった。ショーは同風景区の丹鳳朝陽広場南側に位置する湖「竜泉湾」の長さ220メートル、幅81メートルの水面で繰り広げられた。竜泉湾は南湖風景区中心部の景観の質を向上させるとともに、都市の公共空間として機能し、市民や観光客が文化的な生活を楽しむ場となっている。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019052002184

    「新華社」 媽祖関連の展示物が豊富莆田市博物館を訪ねて福建省  15日、空から見た莆田市博物館の全景。(小型無人機から)中国福建省莆田(ほでん)市の綬渓公園の東側にある莆田博物館は、敷地面積23・3ムー(約1万5500平方メートル)、建築面積2万8800平方メートル、展示ホール面積1万3千平方メートル。同館には文化財1万点余りが所蔵され、その内容は陶磁器や青銅器、石器、書画など、さまざまな分野におよぶ。うち3級以上の貴重な文化財は1378点。同館が所蔵する媽祖(まそ、航海と漁業の女神)文化にまつわる文化財200点余りは、莆田市が世界規模の媽祖文化の中心地を建設するための資料となっている。(莆田=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019051702324

    「新華社」 カラフルな「童話の町」浙江省温嶺市小箬村  4日に撮影したカラフルな浙江省温嶺市小箬村。(小型無人機から)中国浙江省温嶺市石塘鎮の小箬村は石塘半島の南西部に位置し、丘の斜面に沿って建てられた家屋は全て石造りとなっている。地元政府は芸術家に依頼し、家屋の状態を保った上で外壁塗装を行ってもらい、村はカラフルな「童話の町」となった。(温嶺=新華社配信/王華斌)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019051702495

    「新華社」 カラフルな「童話の町」浙江省温嶺市小箬村  4日に撮影したカラフルな浙江省温嶺市小箬村。(小型無人機から)中国浙江省温嶺市石塘鎮の小箬村は石塘半島の南西部に位置し、丘の斜面に沿って建てられた家屋は全て石造りとなっている。地元政府は芸術家に依頼し、家屋の状態を保った上で外壁塗装を行ってもらい、村はカラフルな「童話の町」となった。(温嶺=新華社配信/王華斌)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019051702401

    「新華社」 カラフルな「童話の町」浙江省温嶺市小箬村  4日に撮影したカラフルな浙江省温嶺市小箬村。(小型無人機から)中国浙江省温嶺市石塘鎮の小箬村は石塘半島の南西部に位置し、丘の斜面に沿って建てられた家屋は全て石造りとなっている。地元政府は芸術家に依頼し、家屋の状態を保った上で外壁塗装を行ってもらい、村はカラフルな「童話の町」となった。(温嶺=新華社配信/王華斌)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019041701116

    「新華社」 生態茶園の茶摘み式「祭茶喊山」福建省武夷山市  14日、福建省武夷山市星村鎮朝陽村の生態茶園で茶摘みをする茶娘。(小型無人機から)中国福建省武夷山市星村(せいそん)鎮朝陽村で14日、第4回「祭茶喊山(さいちゃかんさん)」民族文化祭が開催された。地元の茶農家は「祭茶喊山」と呼ばれる伝統的な茶摘みの儀式を行い、山に入り茶摘みを始めた。儀式は現在、茶農家の豊作祈願としてだけでなく、鑑賞性の高いイベントにもなっている。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019040200266

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日、ライトアップされた中国館。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/馬暁冬)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019040200294

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日、ライトアップされた中国館。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/馬暁冬)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019031400022

    「新華社」 伝統手工芸「連史紙」の生産技術が蘇る福建省連城県  6日、建設中の連城県姑田鎮にある「連史紙文化博覧園」。(小型無人機から)中国福建省竜岩市連城県姑田鎮上保村にある千平方メートル余り木造土壁造の古びた工房では、男女10名余りの職員が地元に明清時代から伝わる伝統的な手すき紙の「連史紙(れんしし)」を毎日生産している。同鎮の伝統技法による紙すき工房「美玉堂」のショールームで、連史紙製紙技術伝承者の鄧金坤(とう・きんこん)氏によると、連史紙は72種類の製造工程によって作られ、竹繊維の漂白技術と連城県に伝わる紙すきの技術を融合させたもので、主な製造工程は材料の準備と手すきに分かれ、出来上がるまでに8カ月もかかる。連史紙は「紙のシルク」と称えられている。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2019(平成31)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019030107024

    「新華社」 屋根付き橋「廊橋」千年続く郷土文化の伝承  19日、福建省寧徳市屏南県棠口(とうこう)鎮の国家重点文物保護単位に指定されている千乗橋。(小型無人機から)中国福建省や浙江省などの現地政府は近年、「廊橋」と呼ばれる伝統建築の屋根付き橋を含む土地の風景を保存するため、古い廊橋の発見や保存修理に力を入れ、廊橋を郷愁と郷土文化再建の象徴にしようとしている。「木造アーチ廊橋伝統建造技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録され、翌2009年には「中国の木造アーチ橋建造の伝統的な意匠と技術」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「緊急に保護する必要がある無形文化遺産の一覧表」に記載された。国家文物局は2012年、福建省東北部と浙江省西南部の条件を備えた22の木造アーチ廊橋を、正式に中国世界文化遺産暫定リストに登録した。廊橋は虹橋、蜈蚣(ごこう)橋などとも呼ばれ、木造や石造のものが中心。屋根と欄干があり、渓流の両岸を結ぶ交通手段としてだけでなく、人々の日よけや雨よけとして、また娯楽や祭事などを行う場所としても利用できる構造と機能を備え、極めて高い芸術的魅力と実用的価値を持っている。中国における廊橋は千年の歴史を誇り、そのうち木造アーチ廊橋は主に福建・浙江両省の境界の山岳地帯に分布している。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019030106990

    「新華社」 屋根付き橋「廊橋」千年続く郷土文化の伝承  19日、福建省屏南県棠口(とうこう)鎮の国家重点文物保護単位に指定されている千乗橋。(小型無人機から)中国福建省や浙江省などの現地政府は近年、「廊橋」と呼ばれる伝統建築の屋根付き橋を含む土地の風景を保存するため、古い廊橋の発見や保存修理に力を入れ、廊橋を郷愁と郷土文化再建の象徴にしようとしている。「木造アーチ廊橋伝統建造技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録され、翌2009年には「中国の木造アーチ橋建造の伝統的な意匠と技術」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「緊急に保護する必要がある無形文化遺産の一覧表」に記載された。国家文物局は2012年、福建省東北部と浙江省西南部の条件を備えた22の木造アーチ廊橋を、正式に中国世界文化遺産暫定リストに登録した。廊橋は虹橋、蜈蚣(ごこう)橋などとも呼ばれ、木造や石造のものが中心となっている。屋根と欄干があり、渓流の両岸を結ぶ交通手段としてだけでなく、人々の日よけや雨よけとして、また娯楽や祭事などを行う場としても利用できる構造と機能を備え、極めて高い芸術的魅力と実用的価値を有している。中国における廊橋は千年の歴史を誇り、そのうち木造アーチ廊橋は主に福建・浙江両省の境界の山岳地帯に分布している。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019030107055

    「新華社」 屋根付き橋「廊橋」千年続く郷土文化の伝承  19日、福建省寧徳市屏南県棠口(とうこう)鎮の国家重点文物保護単位に指定されている千乗橋。(小型無人機から)中国福建省や浙江省などの現地政府は近年、「廊橋」と呼ばれる伝統建築の屋根付き橋を含む土地の風景を保存するため、古い廊橋の発見や保存修理に力を入れ、廊橋を郷愁と郷土文化再建の象徴にしようとしている。「木造アーチ廊橋伝統建造技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録され、翌2009年には「中国の木造アーチ橋建造の伝統的な意匠と技術」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「緊急に保護する必要がある無形文化遺産の一覧表」に記載された。国家文物局は2012年、福建省東北部と浙江省西南部の条件を備えた22の木造アーチ廊橋を、正式に中国世界文化遺産暫定リストに登録した。廊橋は虹橋、蜈蚣(ごこう)橋などとも呼ばれ、木造や石造のものが中心。屋根と欄干があり、渓流の両岸を結ぶ交通手段としてだけでなく、人々の日よけや雨よけとして、また娯楽や祭事などを行う場所としても利用できる構造と機能を備え、極めて高い芸術的魅力と実用的価値を持っている。中国における廊橋は千年の歴史を誇り、そのうち木造アーチ廊橋は主に福建・浙江両省の境界の山岳地帯に分布している。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019022003064

    「新華社」 元宵節を祝う無形文化遺産のイベント開催河北省隆尭県  18日、イベントで披露された招子鼓。(小型無人機から)中国河北省邢台市隆尭(りゅうぎょう)県で18日、旧正月明けの元宵節(今年は2月19日)を祝う無形文化遺産の展示・公演イベントがあり、舞踏劇「秧歌戯」や太鼓を腰に着けて踊る「招子鼓」、みこしを担いで練り歩く「沢畔抬閣(たくはんたいかく)」などの無形文化遺産が披露された。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019022003056

    「新華社」 元宵節を祝う無形文化遺産のイベント開催河北省隆尭県  18日、イベントで披露された澤畔抬閣。(小型無人機から)中国河北省邢台市隆尭(りゅうぎょう)県で18日、旧正月明けの元宵節(今年は2月19日)を祝う無形文化遺産の展示・公演イベントがあり、舞踏劇「秧歌戯」や太鼓を腰に着けて踊る「招子鼓」、みこしを担いで練り歩く「沢畔抬閣(たくはんたいかく)」などの無形文化遺産が披露された。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019022003027

    「新華社」 元宵節を祝う無形文化遺産のイベント開催河北省隆尭県  18日、イベントで披露された澤畔抬閣。(小型無人機から)中国河北省邢台市隆尭(りゅうぎょう)県で18日、旧正月明けの元宵節(今年は2月19日)を祝う無形文化遺産の展示・公演イベントがあり、舞踏劇「秧歌戯」や太鼓を腰に着けて踊る「招子鼓」、みこしを担いで練り歩く「沢畔抬閣(たくはんたいかく)」などの無形文化遺産が披露された。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019012500754

    「新華社」 ユニークな恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省自貢市  21日、国際恐竜灯会が行われている自貢市の彩灯公園の一角。(小型無人機から)「第25回四川自貢国際恐竜灯会(ランタンフェスティバル)」が21日夜、大山鋪恐竜化石群遺跡で知られる中国四川省自貢(じこう)市の彩灯公園で開幕した。「美しい中華、多彩な自貢」をテーマとした今回の灯会では、空間の配置を調整し、新たなアイデアと新たな工芸手法を取り入れ、130組余りのランタンを製作、来場した市民や観光客にランタン芸術の競演を送り届けている。同灯会は3月末まで行われる。(自貢=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019012301132

    「新華社」 第25回自貢国際恐竜ランタンフェスが開幕四川省自貢市  古代中国の打楽器「編鐘」をモチーフとして、20万点以上の大皿やさじ、カップ、酒杯などの磁器を結び合わせて制作したランタン。(小型無人機から)春節(旧正月)を前に、中国四川省自貢市の彩灯公園で21日夜、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルが始まり、来場者をきらびやかなランタン芸術の宴にいざなっている。同フェスの来場者はここ20年間、毎回約200万人を数える。また、同市のランタンは中国の500以上の都市や世界の60以上の国や地域で展示されてきた。(自貢=新華社配信/自貢ランタンフェスティバル提供)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:自貢ランタンフェスティバル/新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019022107441

    「新華社」 中国各地から梅の開花の便り  16日、江蘇省南京市の梅花山で梅の花を鑑賞する観光客。(小型無人機から)中国各地で梅の花が次々と開き、辺りにほのかな香りを漂わせて一足早い春の訪れを告げている。(南京=新華社配信/楊素平)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019022107302

    「新華社」 中国各地から梅の開花の便り  16日、江蘇省南京市の梅花山で梅の花を鑑賞する観光客。(小型無人機から)中国各地で梅の花が次々と開き、辺りにほのかな香りを漂わせて一足早い春の訪れを告げている。(南京=新華社配信/蘇陽)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019012500738

    「新華社」 山奥に宿る漆職人魂浙江省竜泉市  15日、竜泉市牛頭嶺(ぎゅうとうれい)村の山中にある「七分酔」工房。(小型無人機から)「青磁の故郷」とされる中国浙江省竜泉(りゅうせん)市で1974年に生まれた呉栄強(ご・えいきょう)さんは、2012年に「高古瓷」と呼ばれる明清時代よりも前の陶磁器の修復に携わって以降、伝統的な漆工芸に興味を持ち始めた。呉さんは中国や日本、韓国の幅広い資料を調べ、漆で陶磁器を修繕する「漆繕い」や漆器の製造、生漆(きうるし)の精製の技術を探求してきた。呉さんは2017年末、活動の場を広げるために工房を杭州市内から故郷竜泉市の山中に移し、漆繕いと竜泉青磁を密接に結びつけた。呉さんは「地元に戻りすべてが順調になった」と語る。呉さんは現在、年間600~700件の器物を修繕しており、約500キロの生漆を精製している。また数人の弟子をとり、技術を若い世代に伝承している。呉さんは「山奥で漆と静かに対話することに幸せを感じる」と述べ、古い漆文化が徐々に復活するなか、その先頭に立つ探求者となれたことはとても幸運だったと語った。(竜泉=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019012201879

    「新華社」 湖南省長沙市の雪景色一面の銀世界にうっとり  2018年12月31日、湖南烈士公園で記念写真を撮る観光客。(小型無人機から)中国湖南省長沙市にある湖南烈士公園は2018年12月31日、雪に覆われ、雪鑑賞や写真撮影しようとする市民や観光客を引きつけた。(長沙=新華社配信/陳沢国)=2018(平成30)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019012201859

    「新華社」 湖南省長沙市の雪景色一面の銀世界にうっとり  2018年12月31日、湖南烈士公園で雪だるま作りを楽しむ観光客。(小型無人機から)中国湖南省長沙市にある湖南烈士公園は2018年12月31日、雪に覆われ、雪鑑賞や写真撮影しようとする市民や観光客を引きつけた。(長沙=新華社配信/陳沢国)=2018(平成30)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019012201860

    「新華社」 湖南省長沙市の雪景色一面の銀世界にうっとり  2018年12月31日、空から見た湖南烈士公園にある年嘉湖湖畔の風景。(小型無人機から)中国湖南省長沙市にある湖南烈士公園は2018年12月31日、雪に覆われ、雪鑑賞や写真撮影しようとする市民や観光客を引きつけた。(長沙=新華社配信/陳沢国)=2018(平成30)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019012201856

    「新華社」 湖南省長沙市の雪景色一面の銀世界にうっとり  2018年12月31日、空から見た湖南烈士公園にある年嘉湖湖畔の風景。(小型無人機から)中国湖南省長沙市にある湖南烈士公園は2018年12月31日、雪に覆われ、雪鑑賞や写真撮影しようとする市民や観光客を引きつけた。(長沙=新華社配信/陳沢国)=2018(平成30)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019012201889

    「新華社」 湖南省長沙市の雪景色一面の銀世界にうっとり  2018年12月31日、空から見た湖南烈士公園にある年嘉湖湖畔の風景。(小型無人機から)中国湖南省長沙市にある湖南烈士公園は2018年12月31日、雪に覆われ、雪鑑賞や写真撮影しようとする市民や観光客を引きつけた。(長沙=新華社配信/陳沢国)=2018(平成30)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019012201875

    「新華社」 湖南省長沙市の雪景色一面の銀世界にうっとり  2018年12月31日に撮影した湖南烈士公園の記念碑。(小型無人機から)中国湖南省長沙市にある湖南烈士公園は2018年12月31日、雪に覆われ、雪鑑賞や写真撮影しようとする市民や観光客を引きつけた。(長沙=新華社配信/陳沢国)=2018(平成30)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019013112301

    「新華社」 雪像芸術博覧会開幕、メイン雪像が来場者迎える黒竜江省ハルビン市  28日、雪像「銀河の旅」。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市で29日、第31回太陽島国際雪像芸術博覧会が開幕し、メイン雪像「銀河の旅」が来場者を迎えた。28日に完成した「銀河の旅」は、全長106メートル、高さ32メートル、幅20メートルで、使用した雪の量は4万立方メートルに達した。(ハルビン=新華社記者/王松)=2018(平成30)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019010400334

    「新華社」 雪像芸術博覧会開幕、メイン雪像が来場者迎える黒竜江省ハルビン市  28日、雪像「銀河の旅」。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市で29日、第31回太陽島国際雪像芸術博覧会が開幕し、メイン雪像「銀河の旅」が来場者を迎えた。28日に完成した「銀河の旅」は、全長106メートル、高さ32メートル、幅20メートルで、使用した雪の量は4万立方メートルに達した。(ハルビン=新華社記者/王松)=2018(平成30)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2018122521061

    「新華社」 太行山の氷瀑河北省平山県  20日、氷瀑に覆われた石家荘市平山県の沕沕水の夜景。(小型無人機から)中国太行山脈の奥地に位置する河北省石家荘市平山県の観光地「沕沕水」(フーフースイ)では、このところ続いた寒気の影響で滝が凍り付き「氷瀑」が出現した。一目見ようと多くの観光客が訪れ、自然が作り出す壮大な景色を楽しんだ。同地では22日から「昼は氷瀑を鑑賞し、夜は氷灯籠を楽しむ」をテーマとする「沕沕水氷瀑観光文化フェスティバル」が行われる。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2018(平成30)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2018122521082

    「新華社」 太行山の氷瀑河北省平山県  20日、石家荘市平山県の沕沕水で撮影した氷瀑。(小型無人機から)中国太行山脈の奥地に位置する河北省石家荘市平山県の観光地「沕沕水」(フーフースイ)では、このところ続いた寒気の影響で滝が凍り付き「氷瀑」が出現した。一目見ようと多くの観光客が訪れ、自然が作り出す壮大な景色を楽しんだ。同地では22日から「昼は氷瀑を鑑賞し、夜は氷灯籠を楽しむ」をテーマとする「沕沕水氷瀑観光文化フェスティバル」が行われる。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2018(平成30)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2018121811192

    「新華社」 福州海峡文化芸術センター、市民開放日のイベント開催  16日、空から見た福州海峡文化芸術センター。(小型無人機から)中国福建省の福州市にある福州海峡文化芸術センターは16日、市民開放日のイベントを開催した。数百人の市民がオペラハウスやコンサートホール、多目的劇場などを見学した。また現場ではパイプオルガンの演奏も行われ、来場者は芸術的な雰囲気を堪能した。(福州=新華社記者/姜克紅)=2018(平成30)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2018121223537

    「新華社」 青島で第一次世界大戦遺跡博物館がオープン  11日、青島第一次世界大戦遺跡博物館の外観。(小型無人機から)中国山東省青島市で11日、青島第一次世界大戦遺跡博物館がオープンした。青島山第一次世界大戦公園内にあり、建築面積は1万平方メートル近くに達する。建物の外観は平和の象徴ハトを彷彿させる。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2018120310320

    「新華社」 トウモロコシのわらで作った迷路が人気河北省昌黎県  28日、昌黎県劉台荘鎮白棗林村で空から撮影したトウモロコシのわらで作った迷路。(小型無人機から)中国河北省秦皇島(しんのうとう)市昌黎(しょうれい)県劉台荘(りゅうたいそう)鎮白棗林(はくそうりん)村にある収穫後の畑でこのほど、トウモロコシのわらで作った10ムー(約0・67ヘクタール)に広がる迷路が公開され、大勢の観光客が訪れている。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2018120310455

    「新華社」 トウモロコシのわらで作った迷路が人気河北省昌黎県  28日、昌黎県劉台荘鎮白棗林村で、トウモロコシのわらで作った迷路を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国河北省秦皇島(しんのうとう)市昌黎(しょうれい)県劉台荘(りゅうたいそう)鎮白棗林(はくそうりん)村にある収穫後の畑でこのほど、トウモロコシのわらで作った10ムー(約0・67ヘクタール)に広がる迷路が公開され、大勢の観光客が訪れている。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2018112901134

    「新華社」 孔子博物館が試験開館第1期2千点余りの孔府文化財を搬入  16日、新しく建てられた孔子博物館。(小型無人機から)孔子の故郷、中国山東省曲阜(きょくふ)市で26日午前、5年をかけて建設された孔子博物館の試験開館が始まった。第1期として2千点余りの文化財が孔府文化財档案館(保存施設)から同博物館に移され、今後、孔府にある文化財69万点以上が続々と同博物館に移される予定。(曲阜=新華社記者/朱崢)=2018(平成30)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2018112614837

    「新華社」 グリーン発展で中国の大地に描く美しい物語  福建省武夷山(ぶいざん)市五夫(ごふ)鎮の芸術家小鎮プロジェクト。(10月30日撮影、小型無人機から)改革開放の40年間、特に中国共産党第18回全国代表大会(第18回党大会)以降、人民の素晴らしい生活への憧れを乗せて、中国は果断に行動する勇気と、苦難を経て生まれ変わる決意で、中華民族の永続的発展に関わるグリーン変革を大規模に推進してきた。新しい歴史のスタート地点に立ち、「緑水・青山こそが金山・銀山(宝の山)」の発展理念を指針とするグリーン発展の意識がますます人々の心に浸透し、グリーン発展の道がますます広がっている。人民は今、美しい中国の力強く美しい物語を描き出すため奮闘している。(北京=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2018102407091

    「新華社」 「メディア·アーツ都市」湖南省長沙市のクリエイティブセンター  11日、空から見た「P8星球」。(小型無人機から)中国湖南省長沙市は2017年、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)に中国初の世界「メディア・アーツ都市」として認定された。長沙経済技術開発区には「P8星球」というクリエイティブ芸術センターがある。「P8星球」では2015年の設立からこれまでに30を超える企業や個人が事業を開始しており、その分野は教育、インターネット、芸術・イノベーションなどに及んでいる。(長沙=新華社記者/張笑宇)=2018(平成30)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2018101517758

    「新華社」 総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン  10日、空から見た福建省福州市の海峡文化芸術センター。中国福建省福州市の新たな文化拠点、海峡文化芸術センターは同市福州新区三江口にあり、敷地面積は約237ムー(約15万8千平方メートル)、延べ床面積は約15万平方メートルで、このうち、地下室の延べ床面積は約5万平方メートルとなっている。総投資額は約32億元(1元=約16円)で、2015年5月に着工し、今年8月に竣工した。同センターは、フィンランドの世界的建築家、ペッカ・サルミネン氏がメインデザイナーとなってデザインしたもので、福州の市花であるジャスミンのイメージを強調。1600席のオペラ劇場、1千席の音楽ホール、700席の多目的劇場、6つのスクリーンを持つ映画センター、芸術博物館の5つの建物が花びらの形にデザインされている。芸術博物館の建物には中央文化ホールやサービスセンターも設けられている。現在、オペラ劇場や音楽ホール、多目的劇場など、一部の専門性が高い建物は保利文化集団によって運営管理されている。7年間の上演契約が締結されており、上演回数は1年目が80回以上で、年々増やすことが求められている。運営管理企業は今後、オペラや舞踊劇、バレエ、児童劇、現代劇など各種上演プログラムの手配や、さまざまな公益活動を行っていく。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2018101818495

    「新華社」 橋に見る中国の不屈の精神貴州省の高原で  6日、蘭海高速(甘粛省蘭州市~海南省海口市)の貴遵(貴州省貴陽市~遵義市)複線拡張工事中の楠木渡烏江特大橋。(小型無人機から)同橋は2つの塔と二重斜張面を備えたプレストレストコンクリート構造のケーブルつり橋で、主橋部は長さ620メートル、主橋梁は幅37・6メートル。中国の橋を見れば世界の橋が分かり、貴州の橋を見れば中国の橋が分かる。中国で唯一平原のない省、貴州省のカルスト台地には2万本以上の橋が架けられ、数十もの「世界一」を生み出してきた。世界の高い橋100本のうち46本は貴州省にある。改革開放から40年、数世代にわたる建設者たちが「橋の精神」を形成、数が多く種類が豊富、また技術が複雑で高難度の「橋の博物館」を作り上げてきた。奇跡の背後には中国の人々の不屈の精神が映し出されている。(貴陽=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像