検索結果 245 件中 1 件 〜 50 件 "Actor"
  1. 2019101101775

    「新華社」 京劇「大唐貴妃」18年ぶり上演へ、楊貴妃の生涯を演じる  8日に撮影した京劇「大唐貴妃」の舞台写真。中国の著名な京劇俳優、梅蘭芳(メイ・ランファン、1894~1961年)の息子、梅葆玖(ばい・ほうきゅう)を中心に制作された京劇「大唐貴妃」が、来月上海で上演され、唐の玄宗皇帝と楊貴妃の愛情物語が18年ぶりに再び繰り広げられる。中国上海国際芸術祭組織委員会は8日、記者会見を開き、演目の概要を説明した。同作品は第21回中国上海国際芸術祭のプログラムの一環として11月6〜10日、上海大劇院で上演される。(上海=新華社配信)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019101101786

    「新華社」 京劇「大唐貴妃」18年ぶり上演へ、楊貴妃の生涯を演じる  8日に撮影した京劇「大唐貴妃」の舞台写真。中国の著名な京劇俳優、梅蘭芳(メイ・ランファン、1894~1961年)の息子、梅葆玖(ばい・ほうきゅう)を中心に制作された京劇「大唐貴妃」が、来月上海で上演され、唐の玄宗皇帝と楊貴妃の愛情物語が18年ぶりに再び繰り広げられる。中国上海国際芸術祭組織委員会は8日、記者会見を開き、演目の概要を説明した。同作品は第21回中国上海国際芸術祭のプログラムの一環として11月6〜10日、上海大劇院で上演される。(上海=新華社配信)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019101101795

    「新華社」 京劇「大唐貴妃」18年ぶり上演へ、楊貴妃の生涯を演じる  8日、記者会見に登場した京劇の名優、史依弘(し・いこう)。「大唐貴妃」では梅蘭芳がかつて演じた「翠盤舞」に挑戦し、楊貴妃の絶世の美しさを表現する。中国の著名な京劇俳優、梅蘭芳(メイ・ランファン、1894~1961年)の息子、梅葆玖(ばい・ほうきゅう)を中心に制作された京劇「大唐貴妃」が、来月上海で上演され、唐の玄宗皇帝と楊貴妃の愛情物語が18年ぶりに再び繰り広げられる。中国上海国際芸術祭組織委員会は8日、記者会見を開き、演目の概要を説明した。同作品は第21回中国上海国際芸術祭のプログラムの一環として11月6〜10日、上海大劇院で上演される。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019100300595

    「新華社」 東京で梅蘭芳訪日100周年記念シンポジウム開催  2日、梅蘭芳訪日100周年記念シンポジウムに出席した(左から)上海戯曲芸術センター総裁で上海崑劇団団長の谷好好さん、京劇俳優の尚長栄さん、崑劇俳優の張洵澎さん。中国の有名な京劇俳優、梅蘭芳(メイ・ランファン、1894~1961年)が初めて訪日してから100年を迎えたことを記念したシンポジウムが2日午後、東京国立劇場で開かれた。上海戯曲芸術センターと早稲田大学演劇博物館が共催したシンポジウムには、著名な京劇俳優の尚長栄(しょう・ちょうえい)さんや崑劇俳優の張洵澎(ちょう・しゅんほう)さん、同センター総裁で上海崑劇団団長の谷好好(こく・こうこう)さんら中国演劇界の代表者と、同博物館館長の岡室美奈子さん、副館長の児玉竜一さん、梅蘭芳と交流のあった日本の有名な舞踊家で中国戯曲研究の専門家の花柳寿美さんが登壇した。登壇者は梅蘭芳との絆や中国戯曲の研究成果などを述べ、梅蘭芳の芸術と中国戯曲の伝承や発展について話し合った。(東京=新華社記者/彭純)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019100401980

    「新華社」 梅蘭芳訪日100周年記念公演、東京で開催  2日、京劇「武松打店」を演じる俳優。中国の有名な京劇俳優、梅蘭芳(メイ・ランファン、1894~1961年)が初めて訪日してから100年を迎えたことを記念した公演が2日夜、東京の国立劇場で開かれた。公演の総監督で上海戯曲芸術センター総裁・上海崑劇団団長の谷好好(こく・こうこう)さんは公演前の取材で、梅蘭芳の芸術精神を継承した現代の京劇と崑劇の姿を披露し、日本の観客を本場中国の伝統芸術で魅了したいと意気込みを語った。同日の演目は京劇の「覇王別姫」「貴妃酔酒」「天女散花」や崑劇の「游園驚夢」など。3日も同劇場で昼夜計2回の公演が予定されている。梅蘭芳は、海外に京劇を初めて紹介したことで知られ、中日の文化交流にも貢献した。1919年、初の海外公演として日本を訪問した。1924年と1956年にも訪日公演を行い、京劇を日本に広く伝えた。(東京=新華社記者/馬曹冉)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019100300580

    「新華社」 東京で梅蘭芳訪日100周年記念シンポジウム開催  2日、梅蘭芳訪日100周年記念シンポジウムで、早稲田大学演劇博物館館長の岡室美奈子さん(左)に中国戯曲に関する書籍などの記念品を贈呈する上海戯曲芸術センター総裁で上海崑劇団団長の谷好好さん。中国の有名な京劇俳優、梅蘭芳(メイ・ランファン、1894~1961年)が初めて訪日してから100年を迎えたことを記念したシンポジウムが2日午後、東京国立劇場で開かれた。上海戯曲芸術センターと早稲田大学演劇博物館が共催したシンポジウムには、著名な京劇俳優の尚長栄(しょう・ちょうえい)さんや崑劇俳優の張洵澎(ちょう・しゅんほう)さん、同センター総裁で上海崑劇団団長の谷好好(こく・こうこう)さんら中国演劇界の代表者と、同博物館館長の岡室美奈子さん、副館長の児玉竜一さん、梅蘭芳と交流のあった日本の有名な舞踊家で中国戯曲研究の専門家の花柳寿美さんが登壇した。登壇者は梅蘭芳との絆や中国戯曲の研究成果などを述べ、梅蘭芳の芸術と中国戯曲の伝承や発展について話し合った。(東京=新華社記者/彭純)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019100401965

    「新華社」 梅蘭芳訪日100周年記念公演、東京で開催  2日、崑劇「游園驚夢」を演じる俳優。中国の有名な京劇俳優、梅蘭芳(メイ・ランファン、1894~1961年)が初めて訪日してから100年を迎えたことを記念した公演が2日夜、東京の国立劇場で開かれた。公演の総監督で上海戯曲芸術センター総裁・上海崑劇団団長の谷好好(こく・こうこう)さんは公演前の取材で、梅蘭芳の芸術精神を継承した現代の京劇と崑劇の姿を披露し、日本の観客を本場中国の伝統芸術で魅了したいと意気込みを語った。同日の演目は京劇の「覇王別姫」「貴妃酔酒」「天女散花」や崑劇の「游園驚夢」など。3日も同劇場で昼夜計2回の公演が予定されている。梅蘭芳は、海外に京劇を初めて紹介したことで知られ、中日の文化交流にも貢献した。1919年、初の海外公演として日本を訪問した。1924年と1956年にも訪日公演を行い、京劇を日本に広く伝えた。(東京=新華社記者/馬曹冉)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019100402065

    「新華社」 梅蘭芳訪日100周年記念公演、東京で開催  2日、京劇「覇王別姫」を演じる俳優。中国の有名な京劇俳優、梅蘭芳(メイ・ランファン、1894~1961年)が初めて訪日してから100年を迎えたことを記念した公演が2日夜、東京の国立劇場で開かれた。公演の総監督で上海戯曲芸術センター総裁・上海崑劇団団長の谷好好(こく・こうこう)さんは公演前の取材で、梅蘭芳の芸術精神を継承した現代の京劇と崑劇の姿を披露し、日本の観客を本場中国の伝統芸術で魅了したいと意気込みを語った。同日の演目は京劇の「覇王別姫」「貴妃酔酒」「天女散花」や崑劇の「游園驚夢」など。3日も同劇場で昼夜計2回の公演が予定されている。梅蘭芳は、海外に京劇を初めて紹介したことで知られ、中日の文化交流にも貢献した。1919年、初の海外公演として日本を訪問した。1924年と1956年にも訪日公演を行い、京劇を日本に広く伝えた。(東京=新華社記者/馬曹冉)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019100402031

    「新華社」 梅蘭芳訪日100周年記念公演、東京で開催  2日、崑劇「游園驚夢」を演じる俳優。中国の有名な京劇俳優、梅蘭芳(メイ・ランファン、1894~1961年)が初めて訪日してから100年を迎えたことを記念した公演が2日夜、東京の国立劇場で開かれた。公演の総監督で上海戯曲芸術センター総裁・上海崑劇団団長の谷好好(こく・こうこう)さんは公演前の取材で、梅蘭芳の芸術精神を継承した現代の京劇と崑劇の姿を披露し、日本の観客を本場中国の伝統芸術で魅了したいと意気込みを語った。同日の演目は京劇の「覇王別姫」「貴妃酔酒」「天女散花」や崑劇の「游園驚夢」など。3日も同劇場で昼夜計2回の公演が予定されている。梅蘭芳は、海外に京劇を初めて紹介したことで知られ、中日の文化交流にも貢献した。1919年、初の海外公演として日本を訪問した。1924年と1956年にも訪日公演を行い、京劇を日本に広く伝えた。(東京=新華社記者/馬曹冉)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019100401982

    「新華社」 梅蘭芳訪日100周年記念公演、東京で開催  2日、京劇「武松打店」を演じる俳優。中国の有名な京劇俳優、梅蘭芳(メイ・ランファン、1894~1961年)が初めて訪日してから100年を迎えたことを記念した公演が2日夜、東京の国立劇場で開かれた。公演の総監督で上海戯曲芸術センター総裁・上海崑劇団団長の谷好好(こく・こうこう)さんは公演前の取材で、梅蘭芳の芸術精神を継承した現代の京劇と崑劇の姿を披露し、日本の観客を本場中国の伝統芸術で魅了したいと意気込みを語った。同日の演目は京劇の「覇王別姫」「貴妃酔酒」「天女散花」や崑劇の「游園驚夢」など。3日も同劇場で昼夜計2回の公演が予定されている。梅蘭芳は、海外に京劇を初めて紹介したことで知られ、中日の文化交流にも貢献した。1919年、初の海外公演として日本を訪問した。1924年と1956年にも訪日公演を行い、京劇を日本に広く伝えた。(東京=新華社記者/馬曹冉)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019100300560

    「新華社」 東京で梅蘭芳訪日100周年記念シンポジウム開催  2日、梅蘭芳訪日100周年記念シンポジウムであいさつする上海戯曲芸術センター総裁で上海崑劇団団長の谷好好さん。中国の有名な京劇俳優、梅蘭芳(メイ・ランファン、1894~1961年)が初めて訪日してから100年を迎えたことを記念したシンポジウムが2日午後、東京国立劇場で開かれた。上海戯曲芸術センターと早稲田大学演劇博物館が共催したシンポジウムには、著名な京劇俳優の尚長栄(しょう・ちょうえい)さんや崑劇俳優の張洵澎(ちょう・しゅんほう)さん、同センター総裁で上海崑劇団団長の谷好好(こく・こうこう)さんら中国演劇界の代表者と、同博物館館長の岡室美奈子さん、副館長の児玉竜一さん、梅蘭芳と交流のあった日本の有名な舞踊家で中国戯曲研究の専門家の花柳寿美さんが登壇した。登壇者は梅蘭芳との絆や中国戯曲の研究成果などを述べ、梅蘭芳の芸術と中国戯曲の伝承や発展について話し合った。(東京=新華社記者/彭純)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019100300557

    「新華社」 東京で梅蘭芳訪日100周年記念シンポジウム開催  2日、梅蘭芳訪日100周年記念シンポジウムであいさつする早稲田大学演劇博物館館長の岡室美奈子さん。中国の有名な京劇俳優、梅蘭芳(メイ・ランファン、1894~1961年)が初めて訪日してから100年を迎えたことを記念したシンポジウムが2日午後、東京国立劇場で開かれた。上海戯曲芸術センターと早稲田大学演劇博物館が共催したシンポジウムには、著名な京劇俳優の尚長栄(しょう・ちょうえい)さんや崑劇俳優の張洵澎(ちょう・しゅんほう)さん、同センター総裁で上海崑劇団団長の谷好好(こく・こうこう)さんら中国演劇界の代表者と、同博物館館長の岡室美奈子さん、副館長の児玉竜一さん、梅蘭芳と交流のあった日本の有名な舞踊家で中国戯曲研究の専門家の花柳寿美さんが登壇した。登壇者は梅蘭芳との絆や中国戯曲の研究成果などを述べ、梅蘭芳の芸術と中国戯曲の伝承や発展について話し合った。(東京=新華社記者/彭純)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019100401961

    「新華社」 梅蘭芳訪日100周年記念公演、東京で開催  2日、京劇「覇王別姫」を演じる俳優。中国の有名な京劇俳優、梅蘭芳(メイ・ランファン、1894~1961年)が初めて訪日してから100年を迎えたことを記念した公演が2日夜、東京の国立劇場で開かれた。公演の総監督で上海戯曲芸術センター総裁・上海崑劇団団長の谷好好(こく・こうこう)さんは公演前の取材で、梅蘭芳の芸術精神を継承した現代の京劇と崑劇の姿を披露し、日本の観客を本場中国の伝統芸術で魅了したいと意気込みを語った。同日の演目は京劇の「覇王別姫」「貴妃酔酒」「天女散花」や崑劇の「游園驚夢」など。3日も同劇場で昼夜計2回の公演が予定されている。梅蘭芳は、海外に京劇を初めて紹介したことで知られ、中日の文化交流にも貢献した。1919年、初の海外公演として日本を訪問した。1924年と1956年にも訪日公演を行い、京劇を日本に広く伝えた。(東京=新華社記者/馬曹冉)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019100401962

    「新華社」 梅蘭芳訪日100周年記念公演、東京で開催  2日、京劇「覇王別姫」を演じる俳優。中国の有名な京劇俳優、梅蘭芳(メイ・ランファン、1894~1961年)が初めて訪日してから100年を迎えたことを記念した公演が2日夜、東京の国立劇場で開かれた。公演の総監督で上海戯曲芸術センター総裁・上海崑劇団団長の谷好好(こく・こうこう)さんは公演前の取材で、梅蘭芳の芸術精神を継承した現代の京劇と崑劇の姿を披露し、日本の観客を本場中国の伝統芸術で魅了したいと意気込みを語った。同日の演目は京劇の「覇王別姫」「貴妃酔酒」「天女散花」や崑劇の「游園驚夢」など。3日も同劇場で昼夜計2回の公演が予定されている。梅蘭芳は、海外に京劇を初めて紹介したことで知られ、中日の文化交流にも貢献した。1919年、初の海外公演として日本を訪問した。1924年と1956年にも訪日公演を行い、京劇を日本に広く伝えた。(東京=新華社記者/馬曹冉)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019100401991

    「新華社」 梅蘭芳訪日100周年記念公演、東京で開催  2日、京劇「貴妃酔酒」を演じる俳優。中国の有名な京劇俳優、梅蘭芳(メイ・ランファン、1894~1961年)が初めて訪日してから100年を迎えたことを記念した公演が2日夜、東京の国立劇場で開かれた。公演の総監督で上海戯曲芸術センター総裁・上海崑劇団団長の谷好好(こく・こうこう)さんは公演前の取材で、梅蘭芳の芸術精神を継承した現代の京劇と崑劇の姿を披露し、日本の観客を本場中国の伝統芸術で魅了したいと意気込みを語った。同日の演目は京劇の「覇王別姫」「貴妃酔酒」「天女散花」や崑劇の「游園驚夢」など。3日も同劇場で昼夜計2回の公演が予定されている。梅蘭芳は、海外に京劇を初めて紹介したことで知られ、中日の文化交流にも貢献した。1919年、初の海外公演として日本を訪問した。1924年と1956年にも訪日公演を行い、京劇を日本に広く伝えた。(東京=新華社記者/馬曹冉)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019100402051

    「新華社」 梅蘭芳訪日100周年記念公演、東京で開催  2日、京劇「貴妃酔酒」を演じる俳優。中国の有名な京劇俳優、梅蘭芳(メイ・ランファン、1894~1961年)が初めて訪日してから100年を迎えたことを記念した公演が2日夜、東京の国立劇場で開かれた。公演の総監督で上海戯曲芸術センター総裁・上海崑劇団団長の谷好好(こく・こうこう)さんは公演前の取材で、梅蘭芳の芸術精神を継承した現代の京劇と崑劇の姿を披露し、日本の観客を本場中国の伝統芸術で魅了したいと意気込みを語った。同日の演目は京劇の「覇王別姫」「貴妃酔酒」「天女散花」や崑劇の「游園驚夢」など。3日も同劇場で昼夜計2回の公演が予定されている。梅蘭芳は、海外に京劇を初めて紹介したことで知られ、中日の文化交流にも貢献した。1919年、初の海外公演として日本を訪問した。1924年と1956年にも訪日公演を行い、京劇を日本に広く伝えた。(東京=新華社記者/馬曹冉)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019100402052

    「新華社」 梅蘭芳訪日100周年記念公演、東京で開催  2日、京劇「貴妃酔酒」を演じる俳優。中国の有名な京劇俳優、梅蘭芳(メイ・ランファン、1894~1961年)が初めて訪日してから100年を迎えたことを記念した公演が2日夜、東京の国立劇場で開かれた。公演の総監督で上海戯曲芸術センター総裁・上海崑劇団団長の谷好好(こく・こうこう)さんは公演前の取材で、梅蘭芳の芸術精神を継承した現代の京劇と崑劇の姿を披露し、日本の観客を本場中国の伝統芸術で魅了したいと意気込みを語った。同日の演目は京劇の「覇王別姫」「貴妃酔酒」「天女散花」や崑劇の「游園驚夢」など。3日も同劇場で昼夜計2回の公演が予定されている。梅蘭芳は、海外に京劇を初めて紹介したことで知られ、中日の文化交流にも貢献した。1919年、初の海外公演として日本を訪問した。1924年と1956年にも訪日公演を行い、京劇を日本に広く伝えた。(東京=新華社記者/馬曹冉)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019100102067

    「新華社」 300年の歴史誇る古戯楼がオープン上海市  28日、瑜音閣古戯楼のオープンセレモニーで京劇を上演する役者。上海市宝山区の竜現代芸術館で28日、約300年の歴史を持つ古舞台、瑜音閣(ゆおんかく)古戯楼の移築が完了し、正式にオープンした。京劇や昆曲、評弾(中国の講談)などを定期的に上演するほか、学校向けの見学展示やサマーキャンプ、小劇場なども実施し、青少年が伝統演劇文化に親しむ接点としていく。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019100102077

    「新華社」 300年の歴史誇る古戯楼がオープン上海市  28日、瑜音閣古戯楼のオープンセレモニーで京劇を上演する役者。上海市宝山区の竜現代芸術館で28日、約300年の歴史を持つ古舞台、瑜音閣(ゆおんかく)古戯楼の移築が完了し、正式にオープンした。京劇や昆曲、評弾(中国の講談)などを定期的に上演するほか、学校向けの見学展示やサマーキャンプ、小劇場なども実施し、青少年が伝統演劇文化に親しむ接点としていく。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019100102059

    「新華社」 300年の歴史誇る古戯楼がオープン上海市  28日、瑜音閣古戯楼のオープンセレモニーに登場した著名京劇役者の王珮瑜(おう・はいゆ)氏。上海市宝山区の竜現代芸術館で28日、約300年の歴史を持つ古舞台、瑜音閣(ゆおんかく)古戯楼の移築が完了し、正式にオープンした。京劇や昆曲、評弾(中国の講談)などを定期的に上演するほか、学校向けの見学展示やサマーキャンプ、小劇場なども実施し、青少年が伝統演劇文化に親しむ接点としていく。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019100102089

    「新華社」 300年の歴史誇る古戯楼がオープン上海市  28日、瑜音閣古戯楼のオープンセレモニーで京劇を上演する役者。上海市宝山区の竜現代芸術館で28日、約300年の歴史を持つ古舞台、瑜音閣(ゆおんかく)古戯楼の移築が完了し、正式にオープンした。京劇や昆曲、評弾(中国の講談)などを定期的に上演するほか、学校向けの見学展示やサマーキャンプ、小劇場なども実施し、青少年が伝統演劇文化に親しむ接点としていく。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019100101906

    「新華社」「海外セレブ」 中国の山岳映画「登攀者」、上海でワールドプレミア上映  27日、映画「登攀者」のワールドプレミアで観客の前に登場した李仁港(ダニエル・リー)監督(中央)、出演俳優の呉京(ウー・ジン)(左から2人目)、張譯(チャン・イー)(左端)、王景春(ワン・ジンチュン)(右から2人目)、何琳(か・りん)。中国登山隊による人類初の北稜ルートからのチョモランマ登頂成功を描いた映画「登攀者」(英語名:TheClimbers)のワールドプレミアが27日夜、上海で行われた。同作品は30日から中国各地の映画館で公開される他、北米と英国でも同時公開される。(上海=新華社記者/任瓏)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019072202085

    「新華社」 国粋芸術・京劇公演、本渓で開催遼寧省  14日、京劇を披露する役者。中国遼寧省本渓市の人民文化宮で14日夜、「国粋芸術、名曲を歌おう」をテーマとした京劇公演が行われた。プロの京劇役者のほか、子どもの京劇愛好者も演技を披露し、来場者に一味違った国粋文化を伝えた。(本渓=新華社配信/林林)=2019(令和元)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019072202113

    「新華社」 国粋芸術・京劇公演、本渓で開催遼寧省  14日、京劇を披露する役者。中国遼寧省本渓市の人民文化宮で14日夜、「国粋芸術、名曲を歌おう」をテーマとした京劇公演が行われた。プロの京劇役者のほか、子どもの京劇愛好者も演技を披露し、来場者に一味違った国粋文化を伝えた。(本渓=新華社配信/林林)=2019(令和元)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019072202165

    「新華社」 国粋芸術・京劇公演、本渓で開催遼寧省  14日、演技を披露する子どもの京劇愛好者。中国遼寧省本渓市の人民文化宮で14日夜、「国粋芸術、名曲を歌おう」をテーマとした京劇公演が行われた。プロの京劇役者のほか、子どもの京劇愛好者も演技を披露し、来場者に一味違った国粋文化を伝えた。(本渓=新華社配信/林林)=2019(令和元)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019072202106

    「新華社」 国粋芸術・京劇公演、本渓で開催遼寧省  14日、京劇を披露する役者。中国遼寧省本渓市の人民文化宮で14日夜、「国粋芸術、名曲を歌おう」をテーマとした京劇公演が行われた。プロの京劇役者のほか、子どもの京劇愛好者も演技を披露し、来場者に一味違った国粋文化を伝えた。(本渓=新華社配信/林林)=2019(令和元)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019072202126

    「新華社」 国粋芸術・京劇公演、本渓で開催遼寧省  14日、演技を披露する役者。中国遼寧省本渓市の人民文化宮で14日夜、「国粋芸術、名曲を歌おう」をテーマとした京劇公演が行われた。プロの京劇役者のほか、子どもの京劇愛好者も演技を披露し、来場者に一味違った国粋文化を伝えた。(本渓=新華社配信/林林)=2019(令和元)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019072202035

    「新華社」 国粋芸術・京劇公演、本渓で開催遼寧省  14日、京劇を披露する役者。中国遼寧省本渓市の人民文化宮で14日夜、「国粋芸術、名曲を歌おう」をテーマとした京劇公演が行われた。プロの京劇役者のほか、子どもの京劇愛好者も演技を披露し、来場者に一味違った国粋文化を伝えた。(本渓=新華社配信/林林)=2019(令和元)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019072202127

    「新華社」 国粋芸術・京劇公演、本渓で開催遼寧省  14日、演技を披露する子どもの京劇愛好者。中国遼寧省本渓市の人民文化宮で14日夜、「国粋芸術、名曲を歌おう」をテーマとした京劇公演が行われた。プロの京劇役者のほか、子どもの京劇愛好者も演技を披露し、来場者に一味違った国粋文化を伝えた。(本渓=新華社配信/林林)=2019(令和元)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019072202102

    「新華社」 国粋芸術・京劇公演、本渓で開催遼寧省  14日、京劇を披露する役者。中国遼寧省本渓市の人民文化宮で14日夜、「国粋芸術、名曲を歌おう」をテーマとした京劇公演が行われた。プロの京劇役者のほか、子どもの京劇愛好者も演技を披露し、来場者に一味違った国粋文化を伝えた。(本渓=新華社配信/林林)=2019(令和元)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019070405430

    「新華社」 現代舞踏劇「清平楽・大都吟」、北京で上演  6月30日、作品の一場面「歩揺彩穂舞」を演じる役者。中国北京市にある二七劇場で6月30日、北京演芸集団がプロデュースし、北京歌劇舞劇院が制作した現代舞踏劇「清平楽・大都吟」が上演された。元代を主な時代背景とした同作品は、舞踊やせりふなどさまざまな表現手法を融合させることで、元代および当時の首都・大都(現在の北京)に見られた小令(短編の小曲)や元雑劇(古典的な戯曲形式の一つ)などの多くの芸術形式に創作的な表現を盛り込んだ。同作品はまた、観客に北京の文化伝承と芸術の革新を感じさせると同時に、中国文化が元代の民族大融合の下に解き放つ風格と魅力を表現した。(北京=新華社配信/雒圓)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019070405366

    「新華社」 現代舞踏劇「清平楽・大都吟」、北京で上演  6月30日、作品の一場面「你儂我儂」を演じる役者。中国北京市にある二七劇場で6月30日、北京演芸集団がプロデュースし、北京歌劇舞劇院が制作した現代舞踏劇「清平楽・大都吟」が上演された。元代を主な時代背景とした同作品は、舞踊やせりふなどさまざまな表現手法を融合させることで、元代および当時の首都・大都(現在の北京)に見られた小令(短編の小曲)や元雑劇(古典的な戯曲形式の一つ)などの多くの芸術形式に創作的な表現を盛り込んだ。同作品はまた、観客に北京の文化伝承と芸術の革新を感じさせると同時に、中国文化が元代の民族大融合の下に解き放つ風格と魅力を表現した。(北京=新華社配信/雒圓)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019070405301

    「新華社」 現代舞踏劇「清平楽・大都吟」、北京で上演  6月30日、作品の一場面「歩揺彩穂舞」を演じる役者。中国北京市にある二七劇場で6月30日、北京演芸集団がプロデュースし、北京歌劇舞劇院が制作した現代舞踏劇「清平楽・大都吟」が上演された。元代を主な時代背景とした同作品は、舞踊やせりふなどさまざまな表現手法を融合させることで、元代および当時の首都・大都(現在の北京)に見られた小令(短編の小曲)や元雑劇(古典的な戯曲形式の一つ)などの多くの芸術形式に創作的な表現を盛り込んだ。同作品はまた、観客に北京の文化伝承と芸術の革新を感じさせると同時に、中国文化が元代の民族大融合の下に解き放つ風格と魅力を表現した。(北京=新華社配信/雒圓)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019070405435

    「新華社」 現代舞踏劇「清平楽・大都吟」、北京で上演  6月30日、作品の一場面「単刀会」の「刀会」の場を演じる役者。中国北京市にある二七劇場で6月30日、北京演芸集団がプロデュースし、北京歌劇舞劇院が制作した現代舞踏劇「清平楽・大都吟」が上演された。元代を主な時代背景とした同作品は、舞踊やせりふなどさまざまな表現手法を融合させることで、元代および当時の首都・大都(現在の北京)に見られた小令(短編の小曲)や元雑劇(古典的な戯曲形式の一つ)などの多くの芸術形式に創作的な表現を盛り込んだ。同作品はまた、観客に北京の文化伝承と芸術の革新を感じさせると同時に、中国文化が元代の民族大融合の下に解き放つ風格と魅力を表現した。(北京=新華社配信/雒圓)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019070405365

    「新華社」 現代舞踏劇「清平楽・大都吟」、北京で上演  6月30日、作品の一場面「大都宮廷舞」を演じる役者。中国北京市にある二七劇場で6月30日、北京演芸集団がプロデュースし、北京歌劇舞劇院が制作した現代舞踏劇「清平楽・大都吟」が上演された。元代を主な時代背景とした同作品は、舞踊やせりふなどさまざまな表現手法を融合させることで、元代および当時の首都・大都(現在の北京)に見られた小令(短編の小曲)や元雑劇(古典的な戯曲形式の一つ)などの多くの芸術形式に創作的な表現を盛り込んだ。同作品はまた、観客に北京の文化伝承と芸術の革新を感じさせると同時に、中国文化が元代の民族大融合の下に解き放つ風格と魅力を表現した。(北京=新華社配信/雒圓)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019070405368

    「新華社」 現代舞踏劇「清平楽・大都吟」、北京で上演  6月30日、作品の一場面「西廂記(せいそうき)」の「長亭送別」の場を演じる役者。中国北京市にある二七劇場で6月30日、北京演芸集団がプロデュースし、北京歌劇舞劇院が制作した現代舞踏劇「清平楽・大都吟」が上演された。元代を主な時代背景とした同作品は、舞踊やせりふなどさまざまな表現手法を融合させることで、元代および当時の首都・大都(現在の北京)に見られた小令(短編の小曲)や元雑劇(古典的な戯曲形式の一つ)などの多くの芸術形式に創作的な表現を盛り込んだ。同作品はまた、観客に北京の文化伝承と芸術の革新を感じさせると同時に、中国文化が元代の民族大融合の下に解き放つ風格と魅力を表現した。(北京=新華社配信/雒圓)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019070304790

    「新華社」 歴史ある劇場で京劇の「モダンパフォーマンス」に触れる  6月22日、モダン京劇「貴妃酔酒(きひすいしゅ)」を演じる役者。中国の国粋京劇芸術体験館がこのほど、北京市の天楽園戯楼で開業した。体験館には、現代的な音響設備や照明を備えたデジタル化の進んだ舞台だけでなく、京劇の化粧、衣装、撮影を一体化した文化体験エリアもあり、総面積は約5千平方メートルに達している。前門大街に位置する天楽園は、1785年に建設され、200年以上にわたり京劇の発展の歩みを見守ってきた。(北京=新華社記者/謝建雯)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019070304762

    「新華社」 歴史ある劇場で京劇の「モダンパフォーマンス」に触れる  6月22日、舞台に上がる前に化粧を施す役者。中国の国粋京劇芸術体験館がこのほど、北京市の天楽園戯楼で開業した。体験館には、現代的な音響設備や照明を備えたデジタル化の進んだ舞台だけでなく、京劇の化粧、衣装、撮影を一体化した文化体験エリアもあり、総面積は約5千平方メートルに達している。前門大街に位置する天楽園は、1785年に建設され、200年以上にわたり京劇の発展の歩みを見守ってきた。(北京=新華社記者/宋美黎)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019062401861

    「新華社」 瀋陽故宮、好きな文化財3点の投票結果発表  20日、瀋陽故宮で行われた発表会で、乾隆帝が「紫気東来」の題字を書く場面を再現する役者。中国遼寧省の瀋陽故宮(瀋陽故宮博物館)で行われていた同館所蔵品から好きな文化財を3点選ぶ投票イベントの結果が20日公表され、清の皇帝ホンタイジが使用した鹿の角で作られた椅子と乾隆帝御筆の「紫気東来」の扁額、乾隆年間に宮廷で用いられた有線七宝甪端(ろくたん)が選ばれた。(瀋陽=新華社記者/趙洪南)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019060301771

    「新華社」 世界遺産の庭園で昆曲上演江蘇省蘇州市  5月29日、蘇州市の滄浪亭で昆曲「浮生六記」庭園版を鑑賞する観客。中国江蘇省蘇州市の庭園、滄浪亭(そうろうてい)でこのほど、昆曲「浮生六記」庭園版が上演された。原作の「浮生六記」は清代の文人、沈復(しん・ふく)の随筆風自叙伝で、同庭園が舞台になっている。今回上演された「庭園版」では、観客は役者の演技に合わせて庭園内を移動し、昆曲を楽しみながら蘇州庭園の歴史を感じ取っていた。(蘇州=新華社記者/楊磊)=2019(令和元)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019021900968

    「新華社」 花灯劇で元宵節を祝う甘粛省隴南市  16日、甘粛省隴南(ろうなん)市文県玉塁郷玉塁坪村で玉塁花灯劇を鑑賞する人々。玉塁(ぎょくるい)花灯劇は中国甘粛省に伝わる無形文化遺産の伝統劇の一つ。元宵節(旧暦1月15日)を間近に控えた16日、文県玉塁郷各村の花灯劇の役者が玉塁坪(ぎょくるいへい)村を訪れて公演を行い、村内を巡って元宵節を祝った。(隴南=新華社配信/冉創昌)=2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019022003093

    「新華社」 人形役者の絶技書道や京胡演奏も福建省連城県  13日、福建省竜岩市連城県の天一温泉リゾートホテルで糸操り人形の書道を披露する李明卿さん。中国の客家人形劇の役者、李明卿(り・めいけい)さん(66)は、40年以上の努力により書道の造詣と人形劇を融合させた「人形書道」芸術を作り上げた。近年では再び大胆な革新に挑み、人形に京劇楽器の「京胡」を弾かせる「人形京胡」の絶技を生み出した。(福州=新華社記者/彭張青)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019022003121

    「新華社」 人形役者の絶技書道や京胡演奏も福建省連城県  13日、福建省竜岩市連城県の天一温泉リゾートホテルで糸操り人形の京胡演奏を披露する李明卿さん。中国の客家人形劇の役者、李明卿(り・めいけい)さん(66)は、40年以上の努力により書道の造詣と人形劇を融合させた「人形書道」芸術を作り上げた。近年では再び大胆な革新に挑み、人形に京劇楽器の「京胡」を弾かせる「人形京胡」の絶技を生み出した。(福州=新華社記者/彭張青)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019022003129

    「新華社」 人形役者の絶技書道や京胡演奏も福建省連城県  13日、福建省竜岩市連城県の天一温泉リゾートホテルで糸操り人形の「揮ごう」を見つめる人々。中国の客家人形劇の役者、李明卿(り・めいけい)さん(66)は、40年以上の努力により書道の造詣と人形劇を融合させた「人形書道」芸術を作り上げた。近年では再び大胆な革新に挑み、人形に京劇楽器の「京胡」を弾かせる「人形京胡」の絶技を生み出した。(福州=新華社記者/彭張青)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019022003135

    「新華社」 人形役者の絶技書道や京胡演奏も福建省連城県  13日、福建省竜岩市連城県の天一温泉リゾートホテルで糸操り人形の京胡演奏を披露する李明卿さん(左から4人目)。中国の客家人形劇の役者、李明卿(り・めいけい)さん(66)は、40年以上の努力により書道の造詣と人形劇を融合させた「人形書道」芸術を作り上げた。近年では再び大胆な革新に挑み、人形に京劇楽器の「京胡」を弾かせる「人形京胡」の絶技を生み出した。(福州=新華社記者/彭張青)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019022003140

    「新華社」 人形役者の絶技書道や京胡演奏も福建省連城県  13日、福建省竜岩市連城県の天一温泉リゾートホテルで糸操り人形の京胡演奏を鑑賞する人々。中国の客家人形劇の役者、李明卿(り・めいけい)さん(66)は、40年以上の努力により書道の造詣と人形劇を融合させた「人形書道」芸術を作り上げた。近年では再び大胆な革新に挑み、人形に京劇楽器の「京胡」を弾かせる「人形京胡」の絶技を生み出した。(福州=新華社記者/彭張青)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019022003118

    「新華社」 人形役者の絶技書道や京胡演奏も福建省連城県  13日、福建省竜岩市連城県の天一温泉リゾートホテルで糸操り人形の「揮ごう」を見つめる女の子。中国の客家人形劇の役者、李明卿(り・めいけい)さん(66)は、40年以上の努力により書道の造詣と人形劇を融合させた「人形書道」芸術を作り上げた。近年では再び大胆な革新に挑み、人形に京劇楽器の「京胡」を弾かせる「人形京胡」の絶技を生み出した。(福州=新華社記者/彭張青)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019022003112

    「新華社」 人形役者の絶技書道や京胡演奏も福建省連城県  13日、福建省竜岩市連城県の天一温泉リゾートホテルで観光客と記念撮影する李明卿さん(中央)。中国の客家人形劇の役者、李明卿(り・めいけい)さん(66)は、40年以上の努力により書道の造詣と人形劇を融合させた「人形書道」芸術を作り上げた。近年では再び大胆な革新に挑み、人形に京劇楽器の「京胡」を弾かせる「人形京胡」の絶技を生み出した。(福州=新華社記者/彭張青)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019022003138

    「新華社」 人形役者の絶技書道や京胡演奏も福建省連城県  13日、福建省竜岩市連城県の天一温泉リゾートホテルで糸操り人形の「揮ごう」に拍手を送る人々。中国の客家人形劇の役者、李明卿(り・めいけい)さん(66)は、40年以上の努力により書道の造詣と人形劇を融合させた「人形書道」芸術を作り上げた。近年では再び大胆な革新に挑み、人形に京劇楽器の「京胡」を弾かせる「人形京胡」の絶技を生み出した。(福州=新華社記者/彭張青)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019022003142

    「新華社」 人形役者の絶技書道や京胡演奏も福建省連城県  13日、福建省竜岩市連城県の天一温泉リゾートホテルでで糸操り人形の「揮ごう」を見つめる人々。中国の客家人形劇の役者、李明卿(り・めいけい)さん(66)は、40年以上の努力により書道の造詣と人形劇を融合させた「人形書道」芸術を作り上げた。近年では再び大胆な革新に挑み、人形に京劇楽器の「京胡」を弾かせる「人形京胡」の絶技を生み出した。(福州=新華社記者/彭張青)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像