検索結果 21,712 件中 1 件 〜 50
  1. 2019101502907

    「大型サイド」表現の不自由展閉幕 根強い批判、不交付も焦点  「あいちトリエンナーレ2019」が閉幕となり、来場者を見送る実行委会長の大村秀章愛知県知事(中央右)と芸術監督の津田大介氏(同左)ら=14日、名古屋市

  2. 2019101502905

    「大型サイド」表現の不自由展閉幕 根強い批判、不交付も焦点  「あいちトリエンナーレ2019」が閉幕となり、来場者を見送る(右手前から)実行委会長の大村秀章愛知県知事、芸術監督の津田大介氏=14日、名古屋市

  3. 2019101502901

    「大型サイド」表現の不自由展閉幕 根強い批判、不交付も焦点  「あいちトリエンナーレ2019」の閉幕後、作品の前で取材に応じる芸術監督の津田大介氏=14日、名古屋市

  4. 2019101400468

    希望者行列「自分の目で」  「あいちトリエンナーレ2019」の閉幕後、取材に応じる芸術監督の津田大介氏=14日夜、名古屋市

  5. 2019101400467

    希望者行列「自分の目で」  「あいちトリエンナーレ2019」の閉幕後、取材に応じる芸術監督の津田大介氏=14日夜、名古屋市

  6. 2019101400458

    希望者行列「自分の目で」  「表現の不自由展・その後」の最終日となり、実行委と出展作家が開いたイベントで写真に納まる「平和の少女像」制作者の彫刻家キム・ソギョンさん(左端)ら=14日、名古屋市

  7. 2019101400456

    希望者行列「自分の目で」  「表現の不自由展・その後」の最終日となり、実行委と出展作家が開いたイベントで発言する「平和の少女像」制作者の彫刻家キム・ソギョンさん=14日、名古屋市

  8. 2019101400429

    表現の不自由展が終了  「表現の不自由展・その後」の展示終了後、報道関係者に公開された「平和の少女像」=14日夜、名古屋市

  9. 2019101400408

    表現の不自由展が終了  展示終了後、報道関係者に公開された「表現の不自由展・その後」の作品。右奥は「平和の少女像」=14日夜、名古屋市

  10. 2019101400406

    表現の不自由展が終了  「表現の不自由展・その後」の展示終了後、報道関係者に公開された「平和の少女像」=14日夜、名古屋市

  11. 2019101400381

    表現の不自由展が終了  「あいちトリエンナーレ2019」が閉幕となり、来場者を見送る愛知県の大村秀章知事(右から2人目)、芸術監督の津田大介氏(同3人目)ら=14日夜、名古屋市

  12. 2019101400378

    表現の不自由展が終了  「あいちトリエンナーレ2019」が閉幕となり、来場者を見送る(右から)愛知県の大村秀章知事、芸術監督の津田大介氏=14日夜、名古屋市

  13. 2019101400377

    表現の不自由展が終了  「あいちトリエンナーレ2019」が閉幕となり、来場者を見送る愛知県の大村秀章知事(中央右)と芸術監督の津田大介氏(同左)ら=14日夜、名古屋市

  14. 2019101400300

    表現の不自由展が終了  「表現の不自由展・その後」の入場者を選ぶ最後の抽選の当選番号発表に集まった大勢の鑑賞希望者=14日午後、名古屋市

  15. 2019101400299

    表現の不自由展が終了  「表現の不自由展・その後」の入場者を選ぶ最後の抽選の当選番号発表に集まった大勢の鑑賞希望者=14日午後、名古屋市

  16. 2019101400298

    表現の不自由展が終了  「表現の不自由展・その後」の入場者を選ぶ最後の抽選の当選番号発表に集まった大勢の鑑賞希望者=14日午後、名古屋市

  17. 2019101605397

    「新華社」 【新中国成立70周年】農業実績が示す新中国の発展 70周年祝賀大型成果展  14日、成果展で生産責任制に関する模型を見学する来場者。「偉大な歩み輝かしい成果-中華人民共和国成立70周年祝賀大型成果展」がこのほど、北京展覧館で開幕した。同展では中国初の履帯式トラクター「東方紅」の製造や、人工の天の川と称される「紅旗渠」の幹線水路建設、生産責任制の導入など、新中国成立以降に農業分野において収めた成果を紹介。労働者の知恵と汗が凝縮され、70年の発展の道のりが示された展示に、多くの市民が足を止めて見入っていた。(北京=新華社記者/常博深)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019101605575

    「新華社」 次世代に伝える「湖筆」制作技術浙江省湖州市  14日、無形文化財保護伝承館で湖筆制作の「水盆」(毛を水に浸して整える)工程を紹介する善璉湖筆工房の職人、王暁華(おう・ぎょうか)さん(右から3人目)中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区善璉(ぜんれん)鎮で14日、善璉湖筆廠無形文化財保護伝承館が正式に開館した。同鎮特産の筆「湖筆」の工場を改装した館内には、筆の制作過程紹介や実物展示の他、湖筆文化の体験コーナーなども備えている。善璉鎮は湖筆発祥の地で、主要生産地でもある。湖筆の制作技術は2006年に第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。同鎮はここ数年、湖筆産業の特色を生かした産業に力を入れており、湖筆の里研究学習拠点や国学文化交流センターの設立など、地元の文化と観光を組み合わせた企画を次々と打ち出している。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019101605535

    「新華社」 次世代に伝える「湖筆」制作技術浙江省湖州市  14日、無形文化財保護伝承館で湖筆を使って書道の練習をする小学生。中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区善璉(ぜんれん)鎮で14日、善璉湖筆廠無形文化財保護伝承館が正式に開館した。同鎮特産の筆「湖筆」の工場を改装した館内には、筆の制作過程紹介や実物展示の他、湖筆文化の体験コーナーなども備えている。善璉鎮は湖筆発祥の地で、主要生産地でもある。湖筆の制作技術は2006年に第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。同鎮はここ数年、湖筆産業の特色を生かした産業に力を入れており、湖筆の里研究学習拠点や国学文化交流センターの設立など、地元の文化と観光を組み合わせた企画を次々と打ち出している。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019101605541

    「新華社」 次世代に伝える「湖筆」制作技術浙江省湖州市  14日、無形文化財保護伝承館で湖筆を使って書道の練習をする小学生。中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区善璉(ぜんれん)鎮で14日、善璉湖筆廠無形文化財保護伝承館が正式に開館した。同鎮特産の筆「湖筆」の工場を改装した館内には、筆の制作過程紹介や実物展示の他、湖筆文化の体験コーナーなども備えている。善璉鎮は湖筆発祥の地で、主要生産地でもある。湖筆の制作技術は2006年に第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。同鎮はここ数年、湖筆産業の特色を生かした産業に力を入れており、湖筆の里研究学習拠点や国学文化交流センターの設立など、地元の文化と観光を組み合わせた企画を次々と打ち出している。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019101605565

    「新華社」 次世代に伝える「湖筆」制作技術浙江省湖州市  14日、無形文化財保護伝承館で展示された実物の湖筆を鑑賞する小学生。中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区善璉(ぜんれん)鎮で14日、善璉湖筆廠無形文化財保護伝承館が正式に開館した。同鎮特産の筆「湖筆」の工場を改装した館内には、筆の制作過程紹介や実物展示の他、湖筆文化の体験コーナーなども備えている。善璉鎮は湖筆発祥の地で、主要生産地でもある。湖筆の制作技術は2006年に第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。同鎮はここ数年、湖筆産業の特色を生かした産業に力を入れており、湖筆の里研究学習拠点や国学文化交流センターの設立など、地元の文化と観光を組み合わせた企画を次々と打ち出している。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019101605586

    「新華社」 次世代に伝える「湖筆」制作技術浙江省湖州市  14日、無形文化財保護伝承館で湖筆を使って書道の練習をする小学生。中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区善璉(ぜんれん)鎮で14日、善璉湖筆廠無形文化財保護伝承館が正式に開館した。同鎮特産の筆「湖筆」の工場を改装した館内には、筆の制作過程紹介や実物展示の他、湖筆文化の体験コーナーなども備えている。善璉鎮は湖筆発祥の地で、主要生産地でもある。湖筆の制作技術は2006年に第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。同鎮はここ数年、湖筆産業の特色を生かした産業に力を入れており、湖筆の里研究学習拠点や国学文化交流センターの設立など、地元の文化と観光を組み合わせた企画を次々と打ち出している。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019101605485

    「新華社」 【新中国成立70周年】農業実績が示す新中国の発展 70周年祝賀大型成果展  14日、成果展で新疆生産建設兵団に関する模型を見学する来場者。「偉大な歩み輝かしい成果-中華人民共和国成立70周年祝賀大型成果展」がこのほど、北京展覧館で開幕した。同展では中国初の履帯式トラクター「東方紅」の製造や、人工の天の川と称される「紅旗渠」の幹線水路建設、生産責任制の導入など、新中国成立以降に農業分野において収めた成果を紹介。労働者の知恵と汗が凝縮され、70年の発展の道のりが示された展示に、多くの市民が足を止めて見入っていた。(北京=新華社記者/常博深)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019101300827

    不自由展、鑑賞希望が最多  「表現の不自由展・その後」のツアーの抽選で、当選番号発表に集まった大勢の鑑賞希望者=13日午後、名古屋市

  25. 2019101300826

    不自由展、鑑賞希望が最多  「表現の不自由展・その後」のツアーの抽選で、当選番号発表に集まった大勢の鑑賞希望者=13日午後、名古屋市

  26. 2019101300823

    不自由展、鑑賞希望が最多  「表現の不自由展・その後」のツアーの抽選で、当選番号発表に集まった大勢の鑑賞希望者=13日午後、名古屋市

  27. 2019101605441

    「新華社」 中国国際輸入博覧会を彩る中国文化上海で書画展開催  13日、書道家を取り囲み、制作を見学する子どもたち。中国上海市で11月に開幕する第2回中国国際輸入博覧会(輸入博)を記念する中国書画イベントが13日、博覧会の会場となる上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)内の国家会議センターで開かれた。イベントには著名な書画家や書画を得意とする子ども代表100人が参加し、会場で作品を制作した。イベントで制作された作品は、輸入博終了後も「中国国際輸入博覧会芸術長廊」として展示され、さらに多くの人々に中国文化の趣を伝えていく。(上海=新華社記者/方喆)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019101605446

    「新華社」 若き才能が競い合う湖南省青年文化芸術祭決勝が開幕  13日、湖南省青少年活動センターで開かれた書道コンクールの会場で、試合に臨む選手。優れた才能を持つ若者たちが競い合う「第6回湖南省青年文化芸術節(祭)」の決勝戦が13日、中国湖南省長沙市の湖南省青少年活動センターで開かれた。「私と私の祖国ー青春・力・夢」をテーマに、書道、声楽、舞踊、器楽、朗読などのコンクールが行われる同芸術祭は、全省の青少年に芸術的才能を披露する場を与えている。(長沙=新華社配信/張斯晧)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019101605421

    「新華社」 若き才能が競い合う湖南省青年文化芸術祭決勝が開幕  13日、湖南省青少年活動センターで開かれた書道コンクールの様子。優れた才能を持つ若者たちが競い合う「第6回湖南省青年文化芸術節(祭)」の決勝戦が13日、中国湖南省長沙市の湖南省青少年活動センターで開かれた。「私と私の祖国ー青春・力・夢」をテーマに、書道、声楽、舞踊、器楽、朗読などのコンクールが行われる同芸術祭は、全省の青少年に芸術的才能を披露する場を与えている。(長沙=新華社配信/張斯晧)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019101605439

    「新華社」 中国国際輸入博覧会を彩る中国文化上海で書画展開催  13日、書画会会場で書道に取り組む子ども。中国上海市で11月に開幕する第2回中国国際輸入博覧会(輸入博)を記念する中国書画イベントが13日、博覧会の会場となる上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)内の国家会議センターで開かれた。イベントには著名な書画家や書画を得意とする子ども代表100人が参加し、会場で作品を制作した。イベントで制作された作品は、輸入博終了後も「中国国際輸入博覧会芸術長廊」として展示され、さらに多くの人々に中国文化の趣を伝えていく。(上海=新華社記者/方喆)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019101605459

    「新華社」 若き才能が競い合う湖南省青年文化芸術祭決勝が開幕  13日、湖南省青少年活動センターで開かれた舞踊コンクールで、民間舞踊を披露する選手。優れた才能を持つ若者たちが競い合う「第6回湖南省青年文化芸術節(祭)」の決勝戦が13日、中国湖南省長沙市の湖南省青少年活動センターで開かれた。「私と私の祖国ー青春・力・夢」をテーマに、書道、声楽、舞踊、器楽、朗読などのコンクールが行われる同芸術祭は、全省の青少年に芸術的才能を披露する場を与えている。(長沙=新華社配信/周軼豪)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019101605487

    「新華社」 中国国際輸入博覧会を彩る中国文化上海で書画展開催  13日、書画会会場で書道に取り組む子ども。中国上海市で11月に開幕する第2回中国国際輸入博覧会(輸入博)を記念する中国書画イベントが13日、博覧会の会場となる上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)内の国家会議センターで開かれた。イベントには著名な書画家や書画を得意とする子ども代表100人が参加し、会場で作品を制作した。イベントで制作された作品は、輸入博終了後も「中国国際輸入博覧会芸術長廊」として展示され、さらに多くの人々に中国文化の趣を伝えていく。(上海=新華社記者/方喆)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019101605542

    「新華社」 若き才能が競い合う湖南省青年文化芸術祭決勝が開幕  13日、湖南省青少年活動センターで開かれた舞踊コンクールで、「双人舞(2人で踊るダンス)」を披露する選手。優れた才能を持つ若者たちが競い合う「第6回湖南省青年文化芸術節(祭)」の決勝戦が13日、中国湖南省長沙市の湖南省青少年活動センターで開かれた。「私と私の祖国ー青春・力・夢」をテーマに、書道、声楽、舞踊、器楽、朗読などのコンクールが行われる同芸術祭は、全省の青少年に芸術的才能を披露する場を与えている。(長沙=新華社配信/張斯晧)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019101605458

    「新華社」 若き才能が競い合う湖南省青年文化芸術祭決勝が開幕  13日、湖南省青少年活動センターで開かれた舞踊コンクールで、ソロダンスを披露する選手。優れた才能を持つ若者たちが競い合う「第6回湖南省青年文化芸術節(祭)」の決勝戦が13日、中国湖南省長沙市の湖南省青少年活動センターで開かれた。「私と私の祖国ー青春・力・夢」をテーマに、書道、声楽、舞踊、器楽、朗読などのコンクールが行われる同芸術祭は、全省の青少年に芸術的才能を披露する場を与えている。(長沙=新華社配信/張斯晧)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019101605464

    「新華社」 中国国際輸入博覧会を彩る中国文化上海で書画展開催  13日、書画会で真剣に書道に取り組む子ども。中国上海市で11月に開幕する第2回中国国際輸入博覧会(輸入博)を記念する中国書画イベントが13日、博覧会の会場となる上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)内の国家会議センターで開かれた。イベントには著名な書画家や書画を得意とする子ども代表100人が参加し、会場で作品を制作した。イベントで制作された作品は、輸入博終了後も「中国国際輸入博覧会芸術長廊」として展示され、さらに多くの人々に中国文化の趣を伝えていく。(上海=新華社記者/方喆)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019101605469

    「新華社」 中国国際輸入博覧会を彩る中国文化上海で書画展開催  13日、自らの書道作品に落款印を押す子ども。中国上海市で11月に開幕する第2回中国国際輸入博覧会(輸入博)を記念する中国書画イベントが13日、博覧会の会場となる上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)内の国家会議センターで開かれた。イベントには著名な書画家や書画を得意とする子ども代表100人が参加し、会場で作品を制作した。イベントで制作された作品は、輸入博終了後も「中国国際輸入博覧会芸術長廊」として展示され、さらに多くの人々に中国文化の趣を伝えていく。(上海=新華社記者/方喆)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019101605490

    「新華社」 中国国際輸入博覧会を彩る中国文化上海で書画展開催  13日、書画イベントの会場で作品を制作する書画家。中国上海市で11月に開幕する第2回中国国際輸入博覧会(輸入博)を記念する中国書画イベントが13日、博覧会の会場となる上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)内の国家会議センターで開かれた。イベントには著名な書画家や書画を得意とする子ども代表100人が参加し、会場で作品を制作した。イベントで制作された作品は、輸入博終了後も「中国国際輸入博覧会芸術長廊」として展示され、さらに多くの人々に中国文化の趣を伝えていく。(上海=新華社記者/方喆)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019101605502

    「新華社」 若き才能が競い合う湖南省青年文化芸術祭決勝が開幕  13日、湖南省青少年活動センターで開かれた書道コンクールの会場で、試合に臨む選手たち。優れた才能を持つ若者たちが競い合う「第6回湖南省青年文化芸術節(祭)」の決勝戦が13日、中国湖南省長沙市の湖南省青少年活動センターで開かれた。「私と私の祖国ー青春・力・夢」をテーマに、書道、声楽、舞踊、器楽、朗読などのコンクールが行われる同芸術祭は、全省の青少年に芸術的才能を披露する場を与えている。(長沙=新華社配信/張斯晧)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019101605517

    「新華社」 若き才能が競い合う湖南省青年文化芸術祭決勝が開幕  13日、湖南省青少年活動センターで開かれた舞踊コンクールで、ソロダンスを披露する選手。優れた才能を持つ若者たちが競い合う「第6回湖南省青年文化芸術節(祭)」の決勝戦が13日、中国湖南省長沙市の湖南省青少年活動センターで開かれた。「私と私の祖国ー青春・力・夢」をテーマに、書道、声楽、舞踊、器楽、朗読などのコンクールが行われる同芸術祭は、全省の青少年に芸術的才能を披露する場を与えている。(長沙=新華社配信/張斯晧)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019101605481

    「新華社」 若き才能が競い合う湖南省青年文化芸術祭決勝が開幕  13日、湖南省青少年活動センターで開かれた舞踊コンクールで、「三人舞(3人で踊るダンス)」を披露する選手たち。優れた才能を持つ若者たちが競い合う「第6回湖南省青年文化芸術節(祭)」の決勝戦が13日、中国湖南省長沙市の湖南省青少年活動センターで開かれた。「私と私の祖国ー青春・力・夢」をテーマに、書道、声楽、舞踊、器楽、朗読などのコンクールが行われる同芸術祭は、全省の青少年に芸術的才能を披露する場を与えている。(長沙=新華社配信/周軼豪)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019101605483

    「新華社」 中国国際輸入博覧会を彩る中国文化上海で書画展開催  13日、書き上げた書道作品を床に並べて乾かす子ども。中国上海市で11月に開幕する第2回中国国際輸入博覧会(輸入博)を記念する中国書画イベントが13日、博覧会の会場となる上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)内の国家会議センターで開かれた。イベントには著名な書画家や書画を得意とする子ども代表100人が参加し、会場で作品を制作した。イベントで制作された作品は、輸入博終了後も「中国国際輸入博覧会芸術長廊」として展示され、さらに多くの人々に中国文化の趣を伝えていく。(上海=新華社記者/方喆)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019101605494

    「新華社」 中国国際輸入博覧会を彩る中国文化上海で書画展開催  13日、書画会会場で作品を制作する書画家(左端)。中国上海市で11月に開幕する第2回中国国際輸入博覧会(輸入博)を記念する中国書画イベントが13日、博覧会の会場となる上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)内の国家会議センターで開かれた。イベントには著名な書画家や書画を得意とする子ども代表100人が参加し、会場で作品を制作した。イベントで制作された作品は、輸入博終了後も「中国国際輸入博覧会芸術長廊」として展示され、さらに多くの人々に中国文化の趣を伝えていく。(上海=新華社記者/方喆)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019101604971

    「新華社」 世界唯一の女性文字「女書」の作品展湖南省長沙市  12日、湖南省長沙市の銅官窯古鎮で女書作品展を見学する来場者。中国湖南省長沙市の銅官窯古鎮で12日、世界で唯一の女性だけが用いる文字「女書」をテーマにした文化観光ウィークが始まり、女書作品約300点が並ぶ展覧会も開かれた。女書は同省江永県で1980年代に発見され、国内外を驚かせた。女書の習俗は2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。女書は非常に独特で、江永県の方言の発音に合わせて作られており、女性の間でのみ伝わった。全て右から左、上から下へ書き、文字は全て右が高く左が低い特徴を持ち、菱形になっている。筆画は非常に簡単で、点、縦、払い、反りの四つのみでできている。国の関係部門と地元政府による重視と宣伝、大学の学者と民間の研究者による研究がここ数年進むにつれ、女書は徐々に広く知られるようになった。米ニューヨークの国連本部とスイス・ジュネーブの国連欧州本部でも展示され、女書の伝承者が招待を受け、解説や広める活動をするなど、古い文字が新たな輝きを放ち始めている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019101605581

    「新華社」 悠久の時を経て輝きを増す「脱胎漆器」江西省上饒市  12日、自宅で金属の絵柄を漆器に貼り付ける丁国坤さん。「鄱陽脱胎漆器髹漆(きゅうしつ、漆塗を主とする漆芸技法)技術」の国家級無形文化遺産の継承者、中国江西省上饒(じょうじょう)市鄱陽県鄱陽鎮の丁国坤(てい・こくこん)さん(76)は、脱胎漆器(芯材を持たない漆器)の制作で、これまで「中国工芸美術百花賞」などの賞を数多く受賞してきた。丁さんは1973年に2人の漆芸師と協力し、伝統技術をもとに初めて開発した「鋳型凝固離型法」で従来の古いやり方を改良し、脱胎漆器の成形技術を新たなレベルに引き上げることに成功した。景徳鎮の陶磁器、北京の景泰藍(七宝焼)とともに「中華三宝」と称される脱胎漆器の制作は漢代に始まり、明清代以降には長江以南の地域で盛んになった。天然漆、綿麻の布を用いて伝統的な技法で作られる漆器は、防湿、電気絶縁性、耐酸性、防腐性、無毒などの特徴を備え、しっかりした素地や上品な装飾、調和のとれた色彩で国内外に知られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019101604800

    「新華社」 世界唯一の女性文字「女書」の作品展湖南省長沙市  12日、湖南省長沙市の銅官窯古鎮で女書作品展を見学する来場者。中国湖南省長沙市の銅官窯古鎮で12日、世界で唯一の女性だけが用いる文字「女書」をテーマにした文化観光ウィークが始まり、女書作品約300点が並ぶ展覧会も開かれた。女書は同省江永県で1980年代に発見され、国内外を驚かせた。女書の習俗は2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。女書は非常に独特で、江永県の方言の発音に合わせて作られており、女性の間でのみ伝わった。全て右から左、上から下へ書き、文字は全て右が高く左が低い特徴を持ち、菱形になっている。筆画は非常に簡単で、点、縦、払い、反りの四つのみでできている。国の関係部門と地元政府による重視と宣伝、大学の学者と民間の研究者による研究がここ数年進むにつれ、女書は徐々に広く知られるようになった。米ニューヨークの国連本部とスイス・ジュネーブの国連欧州本部でも展示され、女書の伝承者が招待を受け、解説や広める活動をするなど、古い文字が新たな輝きを放ち始めている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019101605496

    「新華社」 悠久の時を経て輝きを増す「脱胎漆器」江西省上饒市  12日、自宅で丁国坤さんが漆特有の光沢と深みを出すため、漆器の表面を磨き上げている。「鄱陽脱胎漆器髹漆(きゅうしつ、漆塗を主とする漆芸技法)技術」の国家級無形文化遺産の継承者、中国江西省上饒(じょうじょう)市鄱陽県鄱陽鎮の丁国坤(てい・こくこん)さん(76)は、脱胎漆器(芯材を持たない漆器)の制作で、これまで「中国工芸美術百花賞」などの賞を数多く受賞してきた。丁さんは1973年に2人の漆芸師と協力し、伝統技術をもとに初めて開発した「鋳型凝固離型法」で従来の古いやり方を改良し、脱胎漆器の成形技術を新たなレベルに引き上げることに成功した。景徳鎮の陶磁器、北京の景泰藍(七宝焼)とともに「中華三宝」と称される脱胎漆器の制作は漢代に始まり、明清代以降には長江以南の地域で盛んになった。天然漆、綿麻の布を用いて伝統的な技法で作られる漆器は、防湿、電気絶縁性、耐酸性、防腐性、無毒などの特徴を備え、しっかりした素地や上品な装飾、調和のとれた色彩で国内外に知られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019101605264

    「新華社」 世界唯一の女性文字「女書」の作品展湖南省長沙市  12日、湖南省長沙市の銅官窯古鎮で女書作品展を見学する来場者。中国湖南省長沙市の銅官窯古鎮で12日、世界で唯一の女性だけが用いる文字「女書」をテーマにした文化観光ウィークが始まり、女書作品約300点が並ぶ展覧会も開かれた。女書は同省江永県で1980年代に発見され、国内外を驚かせた。女書の習俗は2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。女書は非常に独特で、江永県の方言の発音に合わせて作られており、女性の間でのみ伝わった。全て右から左、上から下へ書き、文字は全て右が高く左が低い特徴を持ち、菱形になっている。筆画は非常に簡単で、点、縦、払い、反りの四つのみでできている。国の関係部門と地元政府による重視と宣伝、大学の学者と民間の研究者による研究がここ数年進むにつれ、女書は徐々に広く知られるようになった。米ニューヨークの国連本部とスイス・ジュネーブの国連欧州本部でも展示され、女書の伝承者が招待を受け、解説や広める活動をするなど、古い文字が新たな輝きを放ち始めている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019101605185

    「新華社」 高原雪山画派の作品展が開幕チベット自治区ラサ市  12日、作品を鑑賞するラサ市師範高等専門学校の学生たち。中国チベット自治区ラサ市で12日、高原雪山画派の作品展が開幕し、約40人の画家が丹念に制作した100点余りの絵画が展示された。多角的で広い視野を持ち、深みのある多様な手法で創作された絵画は、高原雪山の文化や自然の風貌を表現している。(ラサ=新華社記者/李鑫)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019101605574

    「新華社」 悠久の時を経て輝きを増す「脱胎漆器」江西省上饒市  12日、自宅で水をつけながら漆器の素地(きじ)を磨く丁国坤さん。「鄱陽脱胎漆器髹漆(きゅうしつ、漆塗を主とする漆芸技法)技術」の国家級無形文化遺産の継承者、中国江西省上饒(じょうじょう)市鄱陽県鄱陽鎮の丁国坤(てい・こくこん)さん(76)は、脱胎漆器(芯材を持たない漆器)の制作で、これまで「中国工芸美術百花賞」などの賞を数多く受賞してきた。丁さんは1973年に2人の漆芸師と協力し、伝統技術をもとに初めて開発した「鋳型凝固離型法」で従来の古いやり方を改良し、脱胎漆器の成形技術を新たなレベルに引き上げることに成功した。景徳鎮の陶磁器、北京の景泰藍(七宝焼)とともに「中華三宝」と称される脱胎漆器の制作は漢代に始まり、明清代以降には長江以南の地域で盛んになった。天然漆、綿麻の布を用いて伝統的な技法で作られる漆器は、防湿、電気絶縁性、耐酸性、防腐性、無毒などの特徴を備え、しっかりした素地や上品な装飾、調和のとれた色彩で国内外に知られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019101605511

    「新華社」 悠久の時を経て輝きを増す「脱胎漆器」江西省上饒市  12日、自宅で漆器の素地(きじ)に麻布を貼りつける丁国坤さん。「鄱陽脱胎漆器髹漆(きゅうしつ、漆塗を主とする漆芸技法)技術」の国家級無形文化遺産の継承者、中国江西省上饒(じょうじょう)市鄱陽県鄱陽鎮の丁国坤(てい・こくこん)さん(76)は、脱胎漆器(芯材を持たない漆器)の制作で、これまで「中国工芸美術百花賞」などの賞を数多く受賞してきた。丁さんは1973年に2人の漆芸師と協力し、伝統技術をもとに初めて開発した「鋳型凝固離型法」で従来の古いやり方を改良し、脱胎漆器の成形技術を新たなレベルに引き上げることに成功した。景徳鎮の陶磁器、北京の景泰藍(七宝焼)とともに「中華三宝」と称される脱胎漆器の制作は漢代に始まり、明清代以降には長江以南の地域で盛んになった。天然漆、綿麻の布を用いて伝統的な技法で作られる漆器は、防湿、電気絶縁性、耐酸性、防腐性、無毒などの特徴を備え、しっかりした素地や上品な装飾、調和のとれた色彩で国内外に知られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像