検索結果 2 件中 1 件 〜 2 件 "バイデン"
  1. 2019032902214

    「新華社」 福鼎白茶の文化を広めたい無形文化遺産の継承者梅相靖さん  21日、白茶の工房で息子の梅伝鑾(ばい・でんらん)さんに炭火を用いた焙煎技術について説明する梅相靖さん(右)。「中国白茶第一村」と称される中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮の柏柳(はくりゅう)村は、白茶の栽培において悠久な歴史を持つ。梅相靖(ばい・そうせい)さん(79)の祖父で同市の有名な茶商、梅篠渓(ばい・しょうけい)さんは1915年に海を越え、同地の福鼎白茶を遠方の東南アジア各地まで運んで販売した。梅さんの祖父が自らの生い立ちや茶の製造に関する経験を記した自伝的エッセー「篠渓陳情書」が、今では福鼎の茶産業の状況を示す重要な文献資料となっている。幼い頃から祖父のもとで白茶の製造を学んできた梅さんは、梅家に代々伝わる昔ながらの方法を受け継ぎ、白茶の伝統的な製法を頑なに守り、茶製造における萎凋(いちょう、生葉に含まれている水分の約半分を平均的に取り除く作業)、乾燥などの技術的プロセスを発展させ続けてきた。梅さんは祖父が福鼎白茶を通して築き上げた輝かしい歴史を引き継ぎ、福鼎白茶の文化を大いに広め続け、その製造技術を後世の人々に伝えることで、これらを師から弟子へと受け継がせていくという。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019032902279

    「新華社」 福鼎白茶の文化を広めたい無形文化遺産の継承者梅相靖さん  21日、白茶工房で息子の梅伝鑾(ばい・でんらん)さんに炭火を用いた焙煎技術について説明する梅相靖さん(右)。「中国白茶第一村」と称される中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮の柏柳(はくりゅう)村は、白茶の栽培において悠久な歴史を持つ。梅相靖(ばい・そうせい)さん(79)の祖父で同市の有名な茶商、梅篠渓(ばい・しょうけい)さんは1915年に海を越え、同地の福鼎白茶を遠方の東南アジア各地まで運んで販売した。梅さんの祖父が自らの生い立ちや茶の製造に関する経験を記した自伝的エッセー「篠渓陳情書」が、今では福鼎の茶産業の状況を示す重要な文献資料となっている。幼い頃から祖父のもとで白茶の製造を学んできた梅さんは、梅家に代々伝わる昔ながらの方法を受け継ぎ、白茶の伝統的な製法を頑なに守り、茶製造における萎凋(いちょう、生葉に含まれている水分の約半分を平均的に取り除く作業)、乾燥などの技術的プロセスを発展させ続けてきた。梅さんは祖父が福鼎白茶を通して築き上げた輝かしい歴史を引き継ぎ、福鼎白茶の文化を大いに広め続け、その製造技術を後世の人々に伝えることで、これらを師から弟子へと受け継がせていくという。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像