検索結果 4 件中 1 件 〜 4 件 "陝西省漢中市"
  1. 2018120310685

    後漢の「揺銭樹」、本来の姿を現す陝西省漢中市  11月29日、勉県博物館に展示された後漢緑釉紅陶扶桑を見る来場者。中国陝西省漢中市にある勉県博物館が今秋、1972年に同県で出土した国家一級文化財、後漢(25年~220年)緑釉紅陶扶桑を正式に一般公開し注目を集めている。扶桑は後漢時代の特別な副葬品で、財運や死者の子孫の安全を願う意味を持ち、「揺銭樹(ようせんじゅ)」とも呼ばれる。「揺銭樹」は出土時、欠損していたが、陝西省歴史博物館の専門家による修復を経て、本来の姿を取り戻した。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2018120310781

    後漢の「揺銭樹」、本来の姿を現す陝西省漢中市  11月29日、勉県博物館に展示された後漢緑釉紅陶扶桑を見る来場者。中国陝西省漢中市にある勉県博物館が今秋、1972年に同県で出土した国家一級文化財、後漢(25年~220年)緑釉紅陶扶桑を正式に一般公開し注目を集めている。扶桑は後漢時代の特別な副葬品で、財運や死者の子孫の安全を願う意味を持ち、「揺銭樹(ようせんじゅ)」とも呼ばれる。「揺銭樹」は出土時、欠損していたが、陝西省歴史博物館の専門家による修復を経て、本来の姿を取り戻した。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2018120310673

    後漢の「揺銭樹」、本来の姿を現す陝西省漢中市  11月29日、勉県博物館に展示された後漢緑釉紅陶扶桑の一部。(組み合わせ写真)中国陝西省漢中市にある勉県博物館が今秋、1972年に同県で出土した国家一級文化財、後漢(25年~220年)緑釉紅陶扶桑を正式に一般公開し注目を集めている。扶桑は後漢時代の特別な副葬品で、財運や死者の子孫の安全を願う意味を持ち、「揺銭樹(ようせんじゅ)」とも呼ばれる。「揺銭樹」は出土時、欠損していたが、陝西省歴史博物館の専門家による修復を経て、本来の姿を取り戻した。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2019071005916

    トキ保護が中日交流協力の懸け橋に  陝西省漢中市洋県で昨年5月の「第1回トキ国際フォーラム」で開かれた中日韓トキ保有地地方政府対話会。(資料写真)中日韓3カ国から集められたトキに関する資料を展示した「友好の輪和と美の世界」トキ文化展が26日、大阪市立自然史博物館で開幕した。実物の資料や貴重な映像、芸術作品、文化クリエーティブ作品などを通し、トキの保護成果とその充実した文化的要素を展示した。日本でトキに関する中日韓3カ国の共同展示が行われるのは今回が初めて。トキは地球上にいる最も古い鳥類の一つで、かつてはロシア、韓国、日本、中国に生息していた。ロシア、韓国、日本が野生のトキ絶滅を相次いで発表する中、1981年5月23日、中国科学院動物研究所鳥類専門家の劉蔭増(りゅう・いんぞう)氏が率いるトキ調査チームが、陝西省の秦嶺(しんれい)地区深くに位置する洋県姚家溝(ようかこう)で野生のトキ7羽を発見した。中国は1980年代から、日本に対して何度もトキの貸出と贈呈を行い、日本がトキの個体数の回復を進められるよう支援してきた。また日本も官民双方の保護プロジェクトを通し中国のトキ生息地保護活動を後押ししており、中日トキ保護協力はすでに世界の野生動物保護における美談となっている。現在、日本に生息するトキは全て中国のトキの子孫で、野生および人工飼育されたトキの個体数は500羽余りまで増加している。(西安=新華社配信/トキ文化展組織委員会提供)=2018(平成30)年5月23日、クレジット:トキ文化展組織委員会/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像