検索結果 1,619 件中 1 件 〜 50 件 "Hall"
  1. 2020021903444

    「大分合同新聞」 杵築市で「ひいなめぐり」  城下町に伝わるひな人形を32会場で展示する杵築市の「ひいなめぐり」。杵築市の大原邸に伝わるひな人形=2020(令和2)年02月14日、杵築市の大原邸、クレジット:大分合同新聞社/共同通信イメージズ

  2. 2020021700669

    「新華社」 鳩山氏、武漢に物資寄贈直筆の「山川異域風月同天」添える  14日、鳩山由紀夫元首相に代わり物資を届けた華中科技大学出身で武漢美聯集団(ミッドランドホールディングス)董事長の呉文剛(ご・ぶんごう)氏(中央左)と、大学と付属医院を代表して受け取る同校党委員会の邵新宇(しょう・しんう)書記(中央右)。日本の鳩山由紀夫元首相が寄贈したマスクや手袋、防護服など第1陣の防疫物資が14日、中国湖北省武漢市にある華中科技大学同済医学院附属協和医院に到着した。物資には最前線で働く人々やウイルスとの闘いの最中にある中国の友人たちに宛てて鳩山氏が記した「山川異域風月同天(住む場所は異なるが風や月などの自然は繋がっている)」の書も添えられた。鳩山氏は中国の人々のウイルスとの闘いでの勝利を願う応援メッセージの動画も発信し、引き続き物資を集めて中国に寄贈する意向を示した。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020021700672

    「新華社」 鳩山氏、武漢に物資寄贈直筆の「山川異域風月同天」添える  14日、鳩山由紀夫元首相に代わり物資を届けた華中科技大学出身で武漢美聯集団(ミッドランドホールディングス)董事長の呉文剛(ご・ぶんごう)氏(左)と、大学と付属医院を代表して受け取る同校党委員会の邵新宇(しょう・しんう)書記。日本の鳩山由紀夫元首相が寄贈したマスクや手袋、防護服など第1陣の防疫物資が14日、中国湖北省武漢市にある華中科技大学同済医学院附属協和医院に到着した。物資には最前線で働く人々やウイルスとの闘いの最中にある中国の友人たちに宛てて鳩山氏が記した「山川異域風月同天(住む場所は異なるが風や月などの自然は繋がっている)」の書も添えられた。鳩山氏は中国の人々のウイルスとの闘いでの勝利を願う応援メッセージの動画も発信し、引き続き物資を集めて中国に寄贈する意向を示した。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020020403559

    芸術ホール巡り県市対立  徳島市の新ホールの建設予定地=4日

  5. 2020020403557

    芸術ホール巡り県市対立  徳島県の飯泉嘉門知事

  6. 2020020403380

    芸術ホール巡り県市対立  徳島市の遠藤彰良市長

  7. 2020020300476

    「新華社」 第71回さっぽろ雪まつり、開幕  1月31日、札幌市で開幕した第71回さっぽろ雪まつりで、雪や氷をテーマとしたアトラクションを体験する観光客。第71回さっぽろ雪まつりが先月31日、北海道札幌市東区の札幌コミュニティドーム「つどーむ」で開幕した。例年、大通会場、すすきの会場、つどーむ会場の3会場で行われており、雪をテーマとした親子参加型のアトラクションを中心とするつどーむ会場が一足早くオープンした。雪像や氷像の展示を中心とする大通会場とすすきの会場は2月4日にオープンする。3会場ともに会期は2月11日まで。(札幌=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020020300631

    「新華社」 第71回さっぽろ雪まつり、開幕  1月31日、札幌市で開幕した第71回さっぽろ雪まつりで、会場に設置された雪像を撮影する観光客。第71回さっぽろ雪まつりが先月31日、北海道札幌市東区の札幌コミュニティドーム「つどーむ」で開幕した。例年、大通会場、すすきの会場、つどーむ会場の3会場で行われており、雪をテーマとした親子参加型のアトラクションを中心とするつどーむ会場が一足早くオープンした。雪像や氷像の展示を中心とする大通会場とすすきの会場は2月4日にオープンする。3会場ともに会期は2月11日まで。(札幌=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020020300589

    「新華社」 第71回さっぽろ雪まつり、開幕  1月31日、札幌市で開幕した第71回さっぽろ雪まつりで、雪や氷をテーマとしたアトラクションを体験する子ども。第71回さっぽろ雪まつりが先月31日、北海道札幌市東区の札幌コミュニティドーム「つどーむ」で開幕した。例年、大通会場、すすきの会場、つどーむ会場の3会場で行われており、雪をテーマとした親子参加型のアトラクションを中心とするつどーむ会場が一足早くオープンした。雪像や氷像の展示を中心とする大通会場とすすきの会場は2月4日にオープンする。3会場ともに会期は2月11日まで。(札幌=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020020300602

    「新華社」 第71回さっぽろ雪まつり、開幕  1月31日、札幌市で開幕した第71回さっぽろ雪まつりに展示された市民が制作した雪像。第71回さっぽろ雪まつりが先月31日、北海道札幌市東区の札幌コミュニティドーム「つどーむ」で開幕した。例年、大通会場、すすきの会場、つどーむ会場の3会場で行われており、雪をテーマとした親子参加型のアトラクションを中心とするつどーむ会場が一足早くオープンした。雪像や氷像の展示を中心とする大通会場とすすきの会場は2月4日にオープンする。3会場ともに会期は2月11日まで。(札幌=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020020300634

    「新華社」 第71回さっぽろ雪まつり、開幕  1月31日、札幌市で開幕した第71回さっぽろ雪まつりで、雪や氷をテーマとしたアトラクションを体験する観光客。第71回さっぽろ雪まつりが先月31日、北海道札幌市東区の札幌コミュニティドーム「つどーむ」で開幕した。例年、大通会場、すすきの会場、つどーむ会場の3会場で行われており、雪をテーマとした親子参加型のアトラクションを中心とするつどーむ会場が一足早くオープンした。雪像や氷像の展示を中心とする大通会場とすすきの会場は2月4日にオープンする。3会場ともに会期は2月11日まで。(札幌=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020020300661

    「新華社」 第71回さっぽろ雪まつり、開幕  1月31日、札幌市で開幕した第71回さっぽろ雪まつりで、「氷のすべり台」を体験する観光客。第71回さっぽろ雪まつりが先月31日、北海道札幌市東区の札幌コミュニティドーム「つどーむ」で開幕した。例年、大通会場、すすきの会場、つどーむ会場の3会場で行われており、雪をテーマとした親子参加型のアトラクションを中心とするつどーむ会場が一足早くオープンした。雪像や氷像の展示を中心とする大通会場とすすきの会場は2月4日にオープンする。3会場ともに会期は2月11日まで。(札幌=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020020300658

    「新華社」 第71回さっぽろ雪まつり、開幕  1月31日、札幌市で開幕した第71回さっぽろ雪まつりで、雪や氷をテーマとしたアトラクションを体験する外国人観光客(右)。第71回さっぽろ雪まつりが先月31日、北海道札幌市東区の札幌コミュニティドーム「つどーむ」で開幕した。例年、大通会場、すすきの会場、つどーむ会場の3会場で行われており、雪をテーマとした親子参加型のアトラクションを中心とするつどーむ会場が一足早くオープンした。雪像や氷像の展示を中心とする大通会場とすすきの会場は2月4日にオープンする。3会場ともに会期は2月11日まで。(札幌=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020020300636

    「新華社」 第71回さっぽろ雪まつり、開幕  1月31日、札幌市で開幕した第71回さっぽろ雪まつりで、雪や氷をテーマとしたアトラクションを体験する子ども。第71回さっぽろ雪まつりが先月31日、北海道札幌市東区の札幌コミュニティドーム「つどーむ」で開幕した。例年、大通会場、すすきの会場、つどーむ会場の3会場で行われており、雪をテーマとした親子参加型のアトラクションを中心とするつどーむ会場が一足早くオープンした。雪像や氷像の展示を中心とする大通会場とすすきの会場は2月4日にオープンする。3会場ともに会期は2月11日まで。(札幌=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020020300553

    「新華社」 第71回さっぽろ雪まつり、開幕  1月31日、札幌市で開幕した第71回さっぽろ雪まつりの雪像コンクール会場で出品する雪像を制作する地元市民。第71回さっぽろ雪まつりが先月31日、北海道札幌市東区の札幌コミュニティドーム「つどーむ」で開幕した。例年、大通会場、すすきの会場、つどーむ会場の3会場で行われており、雪をテーマとした親子参加型のアトラクションを中心とするつどーむ会場が一足早くオープンした。雪像や氷像の展示を中心とする大通会場とすすきの会場は2月4日にオープンする。3会場ともに会期は2月11日まで。(札幌=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020020300588

    「新華社」 第71回さっぽろ雪まつり、開幕  1月31日、札幌市で開催されている第71回さっぽろ雪まつりで、クマの着ぐるみを着て雪や氷をテーマとしたアトラクションを体験する観光客。第71回さっぽろ雪まつりが先月31日、北海道札幌市東区の札幌コミュニティドーム「つどーむ」で開幕した。例年、大通会場、すすきの会場、つどーむ会場の3会場で行われており、雪をテーマとした親子参加型のアトラクションを中心とするつどーむ会場が一足早くオープンした。雪像や氷像の展示を中心とする大通会場とすすきの会場は2月4日にオープンする。3会場ともに会期は2月11日まで。(札幌=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2020012703821

    朝鮮職業総同盟芸術宣伝隊の祝賀公演  2019年12月28日、北朝鮮・平壌の中央労働者会館で行われた金正恩朝鮮労働党委員長の朝鮮人民軍最高司令官就任8周年朝鮮職業総同盟芸術宣伝隊の祝賀公演(朝鮮通信=共同)

  18. 2020012703809

    朝鮮職業総同盟芸術宣伝隊の祝賀公演  2019年12月28日、北朝鮮・平壌の中央労働者会館で行われた金正恩朝鮮労働党委員長の朝鮮人民軍最高司令官就任8周年朝鮮職業総同盟芸術宣伝隊の祝賀公演(朝鮮通信=共同)

  19. 2020013100544

    「新華社」 ネズミがテーマの中国第13回干支画および中国画優秀作品展、天津で開幕  21日、展示された中国画作品。中国天津市の河西区文化センター美術館で19日、中国第13回干支画および中国画優秀作品展が開幕した。同展は「霊鼠兆豊年」(尊いネズミ、豊年を兆す)がテーマ。ネズミを題材にした書画作品を全国から募集し、応募のあった数百点の中から選ばれた127点を展示している。会場には巧みな構想でさまざまな姿を描き、十二支のネズミのイメージと象徴的意義を存分に表現した魅力的な作品がそろった。天津市書画芸術研究会が主催し、河西区文化館と天津市書画芸術研究会芸術館が協賛する同展は、2月10日まで開催される。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2020013100548

    「新華社」 ネズミがテーマの中国第13回干支画および中国画優秀作品展、天津で開幕  21日、展示作品を鑑賞する来場者。中国天津市の河西区文化センター美術館で19日、中国第13回干支画および中国画優秀作品展が開幕した。同展は「霊鼠兆豊年」(尊いネズミ、豊年を兆す)がテーマ。ネズミを題材にした書画作品を全国から募集し、応募のあった数百点の中から選ばれた127点を展示している。会場には巧みな構想でさまざまな姿を描き、十二支のネズミのイメージと象徴的意義を存分に表現した魅力的な作品がそろった。天津市書画芸術研究会が主催し、河西区文化館と天津市書画芸術研究会芸術館が協賛する同展は、2月10日まで開催される。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2020013100551

    「新華社」 2皇帝ゆかりの逸品を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」を楽しむ遼寧省  21日、「皇帝の旧正月ー清朝宮廷の年賀行事文物特別展」の会場の一角。中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日から、「皇帝の旧正月-清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開かれている。同展はホンタイジ(愛新覚羅皇太極、1592年~1643年)と乾隆帝(けんりゅうてい、1711年~1799年)の2皇帝の時代に焦点を当て、文化財60点余りを展示する。また、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清代歴代皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。会期は3月末まで。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2020013100562

    「新華社」 ネズミがテーマの中国第13回干支画および中国画優秀作品展、天津で開幕  21日、展示された中国画作品。中国天津市の河西区文化センター美術館で19日、中国第13回干支画および中国画優秀作品展が開幕した。同展は「霊鼠兆豊年」(尊いネズミ、豊年を兆す)がテーマ。ネズミを題材にした書画作品を全国から募集し、応募のあった数百点の中から選ばれた127点を展示している。会場には巧みな構想でさまざまな姿を描き、十二支のネズミのイメージと象徴的意義を存分に表現した魅力的な作品がそろった。天津市書画芸術研究会が主催し、河西区文化館と天津市書画芸術研究会芸術館が協賛する同展は、2月10日まで開催される。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2020013100552

    「新華社」 ネズミがテーマの中国第13回干支画および中国画優秀作品展、天津で開幕  21日、展示された中国画作品。中国天津市の河西区文化センター美術館で19日、中国第13回干支画および中国画優秀作品展が開幕した。同展は「霊鼠兆豊年」(尊いネズミ、豊年を兆す)がテーマ。ネズミを題材にした書画作品を全国から募集し、応募のあった数百点の中から選ばれた127点を展示している。会場には巧みな構想でさまざまな姿を描き、十二支のネズミのイメージと象徴的意義を存分に表現した魅力的な作品がそろった。天津市書画芸術研究会が主催し、河西区文化館と天津市書画芸術研究会芸術館が協賛する同展は、2月10日まで開催される。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2020013100539

    「新華社」 ネズミがテーマの中国第13回干支画および中国画優秀作品展、天津で開幕  21日、展示された中国画作品。中国天津市の河西区文化センター美術館で19日、中国第13回干支画および中国画優秀作品展が開幕した。同展は「霊鼠兆豊年」(尊いネズミ、豊年を兆す)がテーマ。ネズミを題材にした書画作品を全国から募集し、応募のあった数百点の中から選ばれた127点を展示している。会場には巧みな構想でさまざまな姿を描き、十二支のネズミのイメージと象徴的意義を存分に表現した魅力的な作品がそろった。天津市書画芸術研究会が主催し、河西区文化館と天津市書画芸術研究会芸術館が協賛する同展は、2月10日まで開催される。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2020013100559

    「新華社」 ネズミがテーマの中国第13回干支画および中国画優秀作品展、天津で開幕  21日、展示作品を鑑賞する来場者。中国天津市の河西区文化センター美術館で19日、中国第13回干支画および中国画優秀作品展が開幕した。同展は「霊鼠兆豊年」(尊いネズミ、豊年を兆す)がテーマ。ネズミを題材にした書画作品を全国から募集し、応募のあった数百点の中から選ばれた127点を展示している。会場には巧みな構想でさまざまな姿を描き、十二支のネズミのイメージと象徴的意義を存分に表現した魅力的な作品がそろった。天津市書画芸術研究会が主催し、河西区文化館と天津市書画芸術研究会芸術館が協賛する同展は、2月10日まで開催される。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2020012000874

    「新華社」 「ちいさな世界の物語中国練り粉人形展」東京で開幕  17日、日中友好会館美術館で作品を見つめる来場者。東京の日中友好会館美術館で18日、「ちいさな世界の物語中国練り粉人形展」が正式に開幕した。同展は日中友好会館と上海工芸美術博物館の共催で、中国では「麺塑(ミエンスー)」と呼ばれる伝統工芸品「練り粉(ねりこ)人形」82セットが展示された。17日に行われたプレス内覧会の会場では、主催者の招待を受け来日した中国の練り粉人形作家が技を披露していた。同展は2月8日まで開催される。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2020012001199

    「新華社」 「ちいさな世界の物語中国練り粉人形展」東京で開幕  17日、日中友好会館美術館で展示された中国・清代の長編小説「紅楼夢」の登場人物をかたどった作品「紅楼読西廂」。東京の日中友好会館美術館で18日、「ちいさな世界の物語中国練り粉人形展」が正式に開幕した。同展は日中友好会館と上海工芸美術博物館の共催で、中国では「麺塑(ミエンスー)」と呼ばれる伝統工芸品「練り粉(ねりこ)人形」82セットが展示された。17日に行われたプレス内覧会の会場では、主催者の招待を受け来日した中国の練り粉人形作家が技を披露していた。同展は2月8日まで開催される。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2020012001148

    「新華社」 「ちいさな世界の物語中国練り粉人形展」東京で開幕  17日、日中友好会館美術館で展示された練り粉人形作品「ガンダム」を見つめる来場者。東京の日中友好会館美術館で18日、「ちいさな世界の物語中国練り粉人形展」が正式に開幕した。同展は日中友好会館と上海工芸美術博物館の共催で、中国では「麺塑(ミエンスー)」と呼ばれる伝統工芸品「練り粉(ねりこ)人形」82セットが展示された。17日に行われたプレス内覧会の会場では、主催者の招待を受け来日した中国の練り粉人形作家が技を披露していた。同展は2月8日まで開催される。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2020012000787

    「新華社」 「ちいさな世界の物語中国練り粉人形展」東京で開幕  17日、日中友好会館美術館で「練り粉人形」を作っている中国の人練り粉人形作家。東京の日中友好会館美術館で18日、「ちいさな世界の物語中国練り粉人形展」が正式に開幕した。同展は日中友好会館と上海工芸美術博物館の共催で、中国では「麺塑(ミエンスー)」と呼ばれる伝統工芸品「練り粉(ねりこ)人形」82セットが展示された。17日に行われたプレス内覧会の会場では、主催者の招待を受け来日した中国の練り粉人形作家が技を披露していた。同展は2月8日まで開催される。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2020012000977

    「新華社」 「ちいさな世界の物語中国練り粉人形展」東京で開幕  17日、日中友好会館美術館で作品を撮影する来場者。東京の日中友好会館美術館で18日、「ちいさな世界の物語中国練り粉人形展」が正式に開幕した。同展は日中友好会館と上海工芸美術博物館の共催で、中国では「麺塑(ミエンスー)」と呼ばれる伝統工芸品「練り粉(ねりこ)人形」82セットが展示された。17日に行われたプレス内覧会の会場では、主催者の招待を受け来日した中国の練り粉人形作家が技を披露していた。同展は2月8日まで開催される。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2020012100622

    「新華社」 灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、ランタンで再現された300メートルにわたる古い町並み。(小型無人機から)中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2020012100641

    「新華社」 灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、会場を彩る色鮮やかなランタン。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2020012100651

    「新華社」 灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、自貢市で生産された伝統的なランタンで作られた長い回廊。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2020012100699

    「新華社」 灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、会場を彩る獅子のランタン。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2020012100714

    「新華社」 灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、フェスティバルの会場に訪れた人たち。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2020012100723

    「新華社」 灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、ランタンの前で足を止め、じっくりと見入る観光客。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2020012100657

    「新華社」 灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、会場の入口に展示されたランタン。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2020012100730

    「新華社」 灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、「一帯一路」をテーマにした会場の一角。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2020012100719

    「新華社」 灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、会場の入口に展示されたランタン。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2020012100679

    「新華社」 灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、没入型の作品「上元灯火」。ランタンで作られた300メートルにわたる古い町並みが、唐代上元(年号)の町の様子を再現している。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2020012001101

    「新華社」 「ちいさな世界の物語中国練り粉人形展」東京で開幕  17日、日中友好会館美術館で作品を撮影する来場者。東京の日中友好会館美術館で18日、「ちいさな世界の物語中国練り粉人形展」が正式に開幕した。同展は日中友好会館と上海工芸美術博物館の共催で、中国では「麺塑(ミエンスー)」と呼ばれる伝統工芸品「練り粉(ねりこ)人形」82セットが展示された。17日に行われたプレス内覧会の会場では、主催者の招待を受け来日した中国の練り粉人形作家が技を披露していた。同展は2月8日まで開催される。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2020012001198

    「新華社」 「ちいさな世界の物語中国練り粉人形展」東京で開幕  17日、日中友好会館美術館で中国の人練り粉人形作家(左から2人目)の熟練した手つきを見つめる来場者。東京の日中友好会館美術館で18日、「ちいさな世界の物語中国練り粉人形展」が正式に開幕した。同展は日中友好会館と上海工芸美術博物館の共催で、中国では「麺塑(ミエンスー)」と呼ばれる伝統工芸品「練り粉(ねりこ)人形」82セットが展示された。17日に行われたプレス内覧会の会場では、主催者の招待を受け来日した中国の練り粉人形作家が技を披露していた。同展は2月8日まで開催される。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2020012000878

    「新華社」 「ちいさな世界の物語中国練り粉人形展」東京で開幕  17日、日中友好会館美術館で作品を見つめる来場者。東京の日中友好会館美術館で18日、「ちいさな世界の物語中国練り粉人形展」が正式に開幕した。同展は日中友好会館と上海工芸美術博物館の共催で、中国では「麺塑(ミエンスー)」と呼ばれる伝統工芸品「練り粉(ねりこ)人形」82セットが展示された。17日に行われたプレス内覧会の会場では、主催者の招待を受け来日した中国の練り粉人形作家が技を披露していた。同展は2月8日まで開催される。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2020012000934

    「新華社」 「ちいさな世界の物語中国練り粉人形展」東京で開幕  17日、日中友好会館美術館で展示された着物姿の女の子と東京タワーの練り粉人形。東京の日中友好会館美術館で18日、「ちいさな世界の物語中国練り粉人形展」が正式に開幕した。同展は日中友好会館と上海工芸美術博物館の共催で、中国では「麺塑(ミエンスー)」と呼ばれる伝統工芸品「練り粉(ねりこ)人形」82セットが展示された。17日に行われたプレス内覧会の会場では、主催者の招待を受け来日した中国の練り粉人形作家が技を披露していた。同展は2月8日まで開催される。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2020012100655

    「新華社」 灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、会場に展示されたランタンの数々。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2020012100668

    「新華社」 灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、会場を彩る竹を編んで作られた伝統的なランタン。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2020012100721

    「新華社」 灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、「一帯一路」をテーマにした会場の一角。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2020012100678

    「新華社」 灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、自貢市で生産された伝統的なランタン。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2020012100718

    「新華社」 灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、会場を彩るランタン。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2020012000794

    「新華社」 伝統工芸ホリンゴル切り紙内モンゴル自治区フフホト市  16日、展示会場で切り紙の技を披露する中国切り紙の国家級代表的伝承者、段建珺(だん・けんくん)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル文化館で16日、霊鼠献瑞・2020年内モンゴル切り紙名家招待展およびホリンゴル切り紙特別展が開催された。国家級無形文化遺産であるホリンゴル切り紙の技術は昨年、中国の第1期国家伝統工芸振興リストに登録された。ホリンゴル切り紙は千年以上の歴史を持ち、中国北部の切り紙の中で最も代表的な文化遺産の一つとなっている。(フフホト=新華社配信/王雪氷)=2020(令和2)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像