検索結果 950 件中 1 件 〜 50 件 "open"
  1. 2020022200236

    人形産地に博物館オープン  岩槻人形博物館に展示されている犬形の調度品「犬筥」=22日午前、さいたま市

  2. 2020022200223

    人形産地に博物館オープン  岩槻人形博物館で展示されたひな人形を見る来場者=22日午前、さいたま市

  3. 2020020301188

    金沢21世紀美術館が再開  改修工事を終え、リニューアルオープンする金沢21世紀美術館=3日、金沢市

  4. 2020020300476

    「新華社」 第71回さっぽろ雪まつり、開幕  1月31日、札幌市で開幕した第71回さっぽろ雪まつりで、雪や氷をテーマとしたアトラクションを体験する観光客。第71回さっぽろ雪まつりが先月31日、北海道札幌市東区の札幌コミュニティドーム「つどーむ」で開幕した。例年、大通会場、すすきの会場、つどーむ会場の3会場で行われており、雪をテーマとした親子参加型のアトラクションを中心とするつどーむ会場が一足早くオープンした。雪像や氷像の展示を中心とする大通会場とすすきの会場は2月4日にオープンする。3会場ともに会期は2月11日まで。(札幌=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020020300631

    「新華社」 第71回さっぽろ雪まつり、開幕  1月31日、札幌市で開幕した第71回さっぽろ雪まつりで、会場に設置された雪像を撮影する観光客。第71回さっぽろ雪まつりが先月31日、北海道札幌市東区の札幌コミュニティドーム「つどーむ」で開幕した。例年、大通会場、すすきの会場、つどーむ会場の3会場で行われており、雪をテーマとした親子参加型のアトラクションを中心とするつどーむ会場が一足早くオープンした。雪像や氷像の展示を中心とする大通会場とすすきの会場は2月4日にオープンする。3会場ともに会期は2月11日まで。(札幌=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020020300589

    「新華社」 第71回さっぽろ雪まつり、開幕  1月31日、札幌市で開幕した第71回さっぽろ雪まつりで、雪や氷をテーマとしたアトラクションを体験する子ども。第71回さっぽろ雪まつりが先月31日、北海道札幌市東区の札幌コミュニティドーム「つどーむ」で開幕した。例年、大通会場、すすきの会場、つどーむ会場の3会場で行われており、雪をテーマとした親子参加型のアトラクションを中心とするつどーむ会場が一足早くオープンした。雪像や氷像の展示を中心とする大通会場とすすきの会場は2月4日にオープンする。3会場ともに会期は2月11日まで。(札幌=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020020300602

    「新華社」 第71回さっぽろ雪まつり、開幕  1月31日、札幌市で開幕した第71回さっぽろ雪まつりに展示された市民が制作した雪像。第71回さっぽろ雪まつりが先月31日、北海道札幌市東区の札幌コミュニティドーム「つどーむ」で開幕した。例年、大通会場、すすきの会場、つどーむ会場の3会場で行われており、雪をテーマとした親子参加型のアトラクションを中心とするつどーむ会場が一足早くオープンした。雪像や氷像の展示を中心とする大通会場とすすきの会場は2月4日にオープンする。3会場ともに会期は2月11日まで。(札幌=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020020300634

    「新華社」 第71回さっぽろ雪まつり、開幕  1月31日、札幌市で開幕した第71回さっぽろ雪まつりで、雪や氷をテーマとしたアトラクションを体験する観光客。第71回さっぽろ雪まつりが先月31日、北海道札幌市東区の札幌コミュニティドーム「つどーむ」で開幕した。例年、大通会場、すすきの会場、つどーむ会場の3会場で行われており、雪をテーマとした親子参加型のアトラクションを中心とするつどーむ会場が一足早くオープンした。雪像や氷像の展示を中心とする大通会場とすすきの会場は2月4日にオープンする。3会場ともに会期は2月11日まで。(札幌=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020020300661

    「新華社」 第71回さっぽろ雪まつり、開幕  1月31日、札幌市で開幕した第71回さっぽろ雪まつりで、「氷のすべり台」を体験する観光客。第71回さっぽろ雪まつりが先月31日、北海道札幌市東区の札幌コミュニティドーム「つどーむ」で開幕した。例年、大通会場、すすきの会場、つどーむ会場の3会場で行われており、雪をテーマとした親子参加型のアトラクションを中心とするつどーむ会場が一足早くオープンした。雪像や氷像の展示を中心とする大通会場とすすきの会場は2月4日にオープンする。3会場ともに会期は2月11日まで。(札幌=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020020300658

    「新華社」 第71回さっぽろ雪まつり、開幕  1月31日、札幌市で開幕した第71回さっぽろ雪まつりで、雪や氷をテーマとしたアトラクションを体験する外国人観光客(右)。第71回さっぽろ雪まつりが先月31日、北海道札幌市東区の札幌コミュニティドーム「つどーむ」で開幕した。例年、大通会場、すすきの会場、つどーむ会場の3会場で行われており、雪をテーマとした親子参加型のアトラクションを中心とするつどーむ会場が一足早くオープンした。雪像や氷像の展示を中心とする大通会場とすすきの会場は2月4日にオープンする。3会場ともに会期は2月11日まで。(札幌=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020020300636

    「新華社」 第71回さっぽろ雪まつり、開幕  1月31日、札幌市で開幕した第71回さっぽろ雪まつりで、雪や氷をテーマとしたアトラクションを体験する子ども。第71回さっぽろ雪まつりが先月31日、北海道札幌市東区の札幌コミュニティドーム「つどーむ」で開幕した。例年、大通会場、すすきの会場、つどーむ会場の3会場で行われており、雪をテーマとした親子参加型のアトラクションを中心とするつどーむ会場が一足早くオープンした。雪像や氷像の展示を中心とする大通会場とすすきの会場は2月4日にオープンする。3会場ともに会期は2月11日まで。(札幌=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020020300553

    「新華社」 第71回さっぽろ雪まつり、開幕  1月31日、札幌市で開幕した第71回さっぽろ雪まつりの雪像コンクール会場で出品する雪像を制作する地元市民。第71回さっぽろ雪まつりが先月31日、北海道札幌市東区の札幌コミュニティドーム「つどーむ」で開幕した。例年、大通会場、すすきの会場、つどーむ会場の3会場で行われており、雪をテーマとした親子参加型のアトラクションを中心とするつどーむ会場が一足早くオープンした。雪像や氷像の展示を中心とする大通会場とすすきの会場は2月4日にオープンする。3会場ともに会期は2月11日まで。(札幌=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020020300588

    「新華社」 第71回さっぽろ雪まつり、開幕  1月31日、札幌市で開催されている第71回さっぽろ雪まつりで、クマの着ぐるみを着て雪や氷をテーマとしたアトラクションを体験する観光客。第71回さっぽろ雪まつりが先月31日、北海道札幌市東区の札幌コミュニティドーム「つどーむ」で開幕した。例年、大通会場、すすきの会場、つどーむ会場の3会場で行われており、雪をテーマとした親子参加型のアトラクションを中心とするつどーむ会場が一足早くオープンした。雪像や氷像の展示を中心とする大通会場とすすきの会場は2月4日にオープンする。3会場ともに会期は2月11日まで。(札幌=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020013100101

    「新華社」 90年代生まれの切り絵作家、日本のブランド旗艦店で春を表現  20日、インスタレーション作品を展示したアーティストの陳粉丸さん。カジュアル衣料や雑貨のブランドを展開する日本企業「アダストリア」傘下のライフスタイルブランド「ニコアンド(nikoand...)」が昨年末、上海で同ブランド世界最大の旗艦店となる中国大陸1号店をオープン、開店以来、変わらず高い人気を保っている。中国のねずみ年を祝うため、ニコアンドは1990年代生まれの切り絵アーティスト陳粉丸(ちん・ふんがん)さんに作品の制作を依頼、「春暖花開」をテーマとしたインスタレーションは人々に、花が咲き乱れたような美しい光景を届けた。(上海=新華社記者/有之炘)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  15. 2020013100107

    「新華社」 90年代生まれの切り絵作家、日本のブランド旗艦店で春を表現  20日、店内に展示されたインスタレーション作品「花開」。カジュアル衣料や雑貨のブランドを展開する日本企業「アダストリア」傘下のライフスタイルブランド「ニコアンド(nikoand...)」が昨年末、上海で同ブランド世界最大の旗艦店となる中国大陸1号店をオープン、開店以来、変わらず高い人気を保っている。中国のねずみ年を祝うため、ニコアンドは1990年代生まれの切り絵アーティスト陳粉丸(ちん・ふんがん)さんに作品の制作を依頼、「春暖花開」をテーマとしたインスタレーションは人々に、花が咲き乱れたような美しい光景を届けた。(上海=新華社記者/孫青)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020013100116

    「新華社」 90年代生まれの切り絵作家、日本のブランド旗艦店で春を表現  20日、店内に展示されたインスタレーション作品「花開」。カジュアル衣料や雑貨のブランドを展開する日本企業「アダストリア」傘下のライフスタイルブランド「ニコアンド(nikoand...)」が昨年末、上海で同ブランド世界最大の旗艦店となる中国大陸1号店をオープン、開店以来、変わらず高い人気を保っている。中国のねずみ年を祝うため、ニコアンドは1990年代生まれの切り絵アーティスト陳粉丸(ちん・ふんがん)さんに作品の制作を依頼、「春暖花開」をテーマとしたインスタレーションは人々に、花が咲き乱れたような美しい光景を届けた。(上海=新華社記者/孫青)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2020013100085

    「新華社」 90年代生まれの切り絵作家、日本のブランド旗艦店で春を表現  20日、店内に展示されたインスタレーション作品「花開」。カジュアル衣料や雑貨のブランドを展開する日本企業「アダストリア」傘下のライフスタイルブランド「ニコアンド(nikoand...)」が昨年末、上海で同ブランド世界最大の旗艦店となる中国大陸1号店をオープン、開店以来、変わらず高い人気を保っている。中国のねずみ年を祝うため、ニコアンドは1990年代生まれの切り絵アーティスト陳粉丸(ちん・ふんがん)さんに作品の制作を依頼、「春暖花開」をテーマとしたインスタレーションは人々に、花が咲き乱れたような美しい光景を届けた。(上海=新華社記者/有之炘)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  18. 2020013100128

    「新華社」 90年代生まれの切り絵作家、日本のブランド旗艦店で春を表現  20日、店内に展示された陳粉丸さんの作品「小花生(ピーナッツくん)」。カジュアル衣料や雑貨のブランドを展開する日本企業「アダストリア」傘下のライフスタイルブランド「ニコアンド(nikoand...)」が昨年末、上海で同ブランド世界最大の旗艦店となる中国大陸1号店をオープン、開店以来、変わらず高い人気を保っている。中国のねずみ年を祝うため、ニコアンドは1990年代生まれの切り絵アーティスト陳粉丸(ちん・ふんがん)さんに作品の制作を依頼、「春暖花開」をテーマとしたインスタレーションは人々に、花が咲き乱れたような美しい光景を届けた。(上海=新華社記者/有之炘)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  19. 2020012001169

    「新華社」 湖南省に無形文化遺産「灘頭年画」をテーマにしたKFC店舗が登場  15日、自分で作った年画を手に笑顔の子ども。中国湖南省邵陽市の灘頭鎮に伝わる無形文化遺産の「灘頭年画」。春節(旧正月)の際に家の門や壁に飾る版画である「年画」を百年以上にわたり制作してきた老舗工房「高蠟梅作坊」が現在、ケンタッキーフライドチキン(KFC)と提携し、話題となっている。春節を控え、同省に灘頭年画をテーマとしたKFC店舗がオープンした。工房の責任者で灘頭年画4代目伝承者の鍾星琳(しょう・せいりん)さんが招かれ、子どもたちに年画の作り方を教えた。(邵陽=新華社配信/張弛)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2020012001172

    「新華社」 湖南省に無形文化遺産「灘頭年画」をテーマにしたKFC店舗が登場  15日、KFC初の灘頭年画をテーマとした店舗で古い民間芸術の魅力に触れる子どもたち。中国湖南省邵陽市の灘頭鎮に伝わる無形文化遺産の「灘頭年画」。春節(旧正月)の際に家の門や壁に飾る版画である「年画」を百年以上にわたり制作してきた老舗工房「高蠟梅作坊」が現在、ケンタッキーフライドチキン(KFC)と提携し、話題となっている。春節を控え、同省に灘頭年画をテーマとしたKFC店舗がオープンした。工房の責任者で灘頭年画4代目伝承者の鍾星琳(しょう・せいりん)さんが招かれ、子どもたちに年画の作り方を教えた。(邵陽=新華社配信/張弛)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2020012001186

    「新華社」 湖南省に無形文化遺産「灘頭年画」をテーマにしたKFC店舗が登場  15日、KFC初の灘頭年画をテーマとした店舗の前で、自分で作った年画を手に記念撮影する子どもら。中国湖南省邵陽市の灘頭鎮に伝わる無形文化遺産の「灘頭年画」。春節(旧正月)の際に家の門や壁に飾る版画である「年画」を百年以上にわたり制作してきた老舗工房「高蠟梅作坊」が現在、ケンタッキーフライドチキン(KFC)と提携し、話題となっている。春節を控え、同省に灘頭年画をテーマとしたKFC店舗がオープンした。工房の責任者で灘頭年画4代目伝承者の鍾星琳(しょう・せいりん)さんが招かれ、子どもたちに年画の作り方を教えた。(邵陽=新華社配信/張弛)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2020012000863

    「新華社」 湖南省に無形文化遺産「灘頭年画」をテーマにしたKFC店舗が登場  15日、KFC初の灘頭年画をテーマとした店舗で古い民間芸術の魅力に触れる子どもたち。中国湖南省邵陽市の灘頭鎮に伝わる無形文化遺産の「灘頭年画」。春節(旧正月)の際に家の門や壁に飾る版画である「年画」を百年以上にわたり制作してきた老舗工房「高蠟梅作坊」が現在、ケンタッキーフライドチキン(KFC)と提携し、話題となっている。春節を控え、同省に灘頭年画をテーマとしたKFC店舗がオープンした。工房の責任者で灘頭年画4代目伝承者の鍾星琳(しょう・せいりん)さんが招かれ、子どもたちに年画の作り方を教えた。(邵陽=新華社配信/張弛)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2020012001184

    「新華社」 湖南省に無形文化遺産「灘頭年画」をテーマにしたKFC店舗が登場  15日、KFC初の灘頭年画をテーマとした店舗で、古い民間芸術の魅力に触れる子どもたち。中国湖南省邵陽市の灘頭鎮に伝わる無形文化遺産の「灘頭年画」。春節(旧正月)の際に家の門や壁に飾る版画である「年画」を百年以上にわたり制作してきた老舗工房「高蠟梅作坊」が現在、ケンタッキーフライドチキン(KFC)と提携し、話題となっている。春節を控え、同省に灘頭年画をテーマとしたKFC店舗がオープンした。工房の責任者で灘頭年画4代目伝承者の鍾星琳(しょう・せいりん)さんが招かれ、子どもたちに年画の作り方を教えた。(邵陽=新華社配信/張弛)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2020012001195

    「新華社」 湖南省に無形文化遺産「灘頭年画」をテーマにしたKFC店舗が登場  15日、KFC初の灘頭年画をテーマとした店舗のカウンター。中国湖南省邵陽市の灘頭鎮に伝わる無形文化遺産の「灘頭年画」。春節(旧正月)の際に家の門や壁に飾る版画である「年画」を百年以上にわたり制作してきた老舗工房「高蠟梅作坊」が現在、ケンタッキーフライドチキン(KFC)と提携し、話題となっている。春節を控え、同省に灘頭年画をテーマとしたKFC店舗がオープンした。工房の責任者で灘頭年画4代目伝承者の鍾星琳(しょう・せいりん)さんが招かれ、子どもたちに年画の作り方を教えた。(邵陽=新華社配信/張弛)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2020012001168

    「新華社」 湖南省に無形文化遺産「灘頭年画」をテーマにしたKFC店舗が登場  15日、子どもたちのために準備された年画を刷る道具。中国湖南省邵陽市の灘頭鎮に伝わる無形文化遺産の「灘頭年画」。春節(旧正月)の際に家の門や壁に飾る版画である「年画」を百年以上にわたり制作してきた老舗工房「高蠟梅作坊」が現在、ケンタッキーフライドチキン(KFC)と提携し、話題となっている。春節を控え、同省に灘頭年画をテーマとしたKFC店舗がオープンした。工房の責任者で灘頭年画4代目伝承者の鍾星琳(しょう・せいりん)さんが招かれ、子どもたちに年画の作り方を教えた。(邵陽=新華社配信/張弛)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2020012001141

    「新華社」 湖南省に無形文化遺産「灘頭年画」をテーマにしたKFC店舗が登場  15日、店内で子どもたちに年画の刷り方を教える灘頭年画の4代目伝承者、鍾星琳さん。中国湖南省邵陽市の灘頭鎮に伝わる無形文化遺産の「灘頭年画」。春節(旧正月)の際に家の門や壁に飾る版画である「年画」を百年以上にわたり制作してきた老舗工房「高蠟梅作坊」が現在、ケンタッキーフライドチキン(KFC)と提携し、話題となっている。春節を控え、同省に灘頭年画をテーマとしたKFC店舗がオープンした。工房の責任者で灘頭年画4代目伝承者の鍾星琳(しょう・せいりん)さんが招かれ、子どもたちに年画の作り方を教えた。(邵陽=新華社配信/張弛)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2020012001142

    「新華社」 湖南省に無形文化遺産「灘頭年画」をテーマにしたKFC店舗が登場  15日、KFC初の灘頭年画をテーマとした店舗に飾られた年画。中国湖南省邵陽市の灘頭鎮に伝わる無形文化遺産の「灘頭年画」。春節(旧正月)の際に家の門や壁に飾る版画である「年画」を百年以上にわたり制作してきた老舗工房「高蠟梅作坊」が現在、ケンタッキーフライドチキン(KFC)と提携し、話題となっている。春節を控え、同省に灘頭年画をテーマとしたKFC店舗がオープンした。工房の責任者で灘頭年画4代目伝承者の鍾星琳(しょう・せいりん)さんが招かれ、子どもたちに年画の作り方を教えた。(邵陽=新華社配信/張弛)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2020012001129

    「新華社」 古びた工業地区が文化的ランドマークに変身安徽省合肥市  14日、文化クリエイティブパーク「合柴1972」で美術作品を鑑賞する観光客。中国安徽省の複数の古い工業地区は近年、都市文化建設に力を入れており、これまで市街地に隠れていた工業遺産や廃棄資源を活用し、文化芸術パークに蘇らせている。同省合肥市にある文化クリエイティブパーク「合柴1972」は、もとは建国初期のれんが工場で、同市初のれんがはここで生産された。その後1972年に合肥ディーゼルエンジン工場が建てられたが、2018年5月に工場が移転すると、荒地になってしまった。同市政府は企業と共同でこの工業遺跡の保護型開発を進め、都市発展の特色に合わせて、家電博物館や現代美術館、クリエイティブ市などを作り上げた。「合柴1972」は19年10月2日のオープン以降、同市の文化的ランドマークの一つとなっている。(合肥=新華社記者/汪海月)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2020010901596

    「新華社」 日本在住28年の中国画家、私設美術館が銀座にオープン  8日、王伝峰美術館で作品を鑑賞する来場者。日本在住の中国画家、王伝峰(おう・でんぽう)氏の名を冠した私設美術館が8日、東京・銀座でオープンした。五階建てビルの全フロアが展示スペースとなっており、外観と内装は著名建築家の隈研吾氏がデザインした。同日館内で取材に応じた王氏は「美術館を通じて中国の芸術を広め、中国と世界の文化交流に貢献したい」と語った。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2020010901592

    「新華社」 日本在住28年の中国画家、私設美術館が銀座にオープン  8日、東京・銀座にオープンした王伝峰美術館。日本在住の中国画家、王伝峰(おう・でんぽう)氏の名を冠した私設美術館が8日、東京・銀座でオープンした。五階建てビルの全フロアが展示スペースとなっており、外観と内装は著名建築家の隈研吾氏がデザインした。同日館内で取材に応じた王氏は「美術館を通じて中国の芸術を広め、中国と世界の文化交流に貢献したい」と語った。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2020010901603

    「新華社」 日本在住28年の中国画家、私設美術館が銀座にオープン  8日、美術館の一角。壁に掛けられているのは王伝峰氏の作品。日本在住の中国画家、王伝峰(おう・でんぽう)氏の名を冠した私設美術館が8日、東京・銀座でオープンした。五階建てビルの全フロアが展示スペースとなっており、外観と内装は著名建築家の隈研吾氏がデザインした。同日館内で取材に応じた王氏は「美術館を通じて中国の芸術を広め、中国と世界の文化交流に貢献したい」と語った。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2020010901620

    「新華社」 日本在住28年の中国画家、私設美術館が銀座にオープン  8日、美術館の前で撮影に応じる王伝峰氏(左)と隈研吾氏。日本在住の中国画家、王伝峰(おう・でんぽう)氏の名を冠した私設美術館が8日、東京・銀座でオープンした。五階建てビルの全フロアが展示スペースとなっており、外観と内装は著名建築家の隈研吾氏がデザインした。同日館内で取材に応じた王氏は「美術館を通じて中国の芸術を広め、中国と世界の文化交流に貢献したい」と語った。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2020010901622

    「新華社」 日本在住28年の中国画家、私設美術館が銀座にオープン  8日、美術館の一角。壁に掛けられているのは王伝峰氏の作品。日本在住の中国画家、王伝峰(おう・でんぽう)氏の名を冠した私設美術館が8日、東京・銀座でオープンした。五階建てビルの全フロアが展示スペースとなっており、外観と内装は著名建築家の隈研吾氏がデザインした。同日館内で取材に応じた王氏は「美術館を通じて中国の芸術を広め、中国と世界の文化交流に貢献したい」と語った。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2020010901594

    「新華社」 日本在住28年の中国画家、私設美術館が銀座にオープン  8日、王伝峰美術館で作品を鑑賞する来場者。日本在住の中国画家、王伝峰(おう・でんぽう)氏の名を冠した私設美術館が8日、東京・銀座でオープンした。五階建てビルの全フロアが展示スペースとなっており、外観と内装は著名建築家の隈研吾氏がデザインした。同日館内で取材に応じた王氏は「美術館を通じて中国の芸術を広め、中国と世界の文化交流に貢献したい」と語った。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2020010901615

    「新華社」 日本在住28年の中国画家、私設美術館が銀座にオープン  8日、美術館で談笑する王伝峰氏(右)と隈研吾氏。日本在住の中国画家、王伝峰(おう・でんぽう)氏の名を冠した私設美術館が8日、東京・銀座でオープンした。五階建てビルの全フロアが展示スペースとなっており、外観と内装は著名建築家の隈研吾氏がデザインした。同日館内で取材に応じた王氏は「美術館を通じて中国の芸術を広め、中国と世界の文化交流に貢献したい」と語った。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2020010602318

    「新華社」 光と影のミュージアムチームラボ・ボーダーレス上海  「チームラボ・ボーダーレス上海」のイメージ図。中国上海市の黄浦浜江にある大型ミュージアム「チームラボ・ボーダーレス上海」では、広さ6600平方メートルの複雑な立体空間に世界初公開作品を含む約50点のアート作品が展示されている。同ミュージアムは日本のアート集団チームラボによる世界で2番目の「ボーダーレス」ミュージアムとして昨年11月にオープン。会場内の作品の相互作用により、作品間の境界を越え、互いに融合した独特のビジュアルを生み出している。アート展は1年以上開かれ、3カ月ごとに季節に合わせて変化することになっており、今後は新しい作品も展示する。(上海=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2020010901846

    「新華社」 芸術の殿堂、リニューアルオープン杭州市の韓美林芸術館  韓美林氏が寄贈した彫刻作品「和平守望」。(資料写真)中国浙江省杭州市で22日、韓美林芸術館の第3期開館セレモニーならびに作品寄贈式が行われ、中国の著名芸術家、韓美林(かん・びりん)氏が同市政府に芸術品500点を新たに寄贈した。建築面積が1500平方メートル拡大され、より魅力を増した芸術の殿堂に生まれ変わった同館は、市民や観光客により広い芸術空間と豊かな文化的資源を提供していく。(杭州=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2020012322500

    「新華社」 上海芸海劇院がファンケルの社名を冠しリニューアルオープンミュージカル専用劇場目指す  5日、1038席まで増設されたファンケル・アーツ・センターの客席。日本企業ファンケルの社名を冠した劇場、上海芸海劇院がこのほど、リニューアルを終え一般に公開された。同社が冠スポンサーとなって以降、芸海劇院は正式名称をファンケル・アーツ・センターに改め、ミュージカル専用劇場としてのあり方を探っている。芸海劇院は2001年に建設され、上海国際芸術祭や世界各国の演劇作品を上演するイベント「静安現代戯劇谷(モダンドラマバレー)」など一連の重要な文化イベントの指定会場や、前衛演劇やコメディの常設公演会場として利用されてきた。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2020012322494

    「新華社」 上海芸海劇院がファンケルの社名を冠しリニューアルオープンミュージカル専用劇場目指す  5日、ライトアップされたファンケル・アーツ・センター。日本企業ファンケルの社名を冠した劇場、上海芸海劇院がこのほど、リニューアルを終え一般に公開された。同社が冠スポンサーとなって以降、芸海劇院は正式名称をファンケル・アーツ・センターに改め、ミュージカル専用劇場としてのあり方を探っている。芸海劇院は2001年に建設され、上海国際芸術祭や世界各国の演劇作品を上演するイベント「静安現代戯劇谷(モダンドラマバレー)」など一連の重要な文化イベントの指定会場や、前衛演劇やコメディの常設公演会場として利用されてきた。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2020012322229

    「新華社」 上海芸海劇院がファンケルの社名を冠しリニューアルオープンミュージカル専用劇場目指す  ファンケル・アーツ・センターの楽屋。(5日撮影)日本企業ファンケルの社名を冠した劇場、上海芸海劇院がこのほど、リニューアルを終え一般に公開された。同社が冠スポンサーとなって以降、芸海劇院は正式名称をファンケル・アーツ・センターに改め、ミュージカル専用劇場としてのあり方を探っている。芸海劇院は2001年に建設され、上海国際芸術祭や世界各国の演劇作品を上演するイベント「静安現代戯劇谷(モダンドラマバレー)」など一連の重要な文化イベントの指定会場や、前衛演劇やコメディの常設公演会場として利用されてきた。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2020012322434

    「新華社」 上海芸海劇院がファンケルの社名を冠しリニューアルオープンミュージカル専用劇場目指す  ファンケル・アーツ・センターの外観。(2019年12月27日撮影)日本企業ファンケルの社名を冠した劇場、上海芸海劇院がこのほど、リニューアルを終え一般に公開された。同社が冠スポンサーとなって以降、芸海劇院は正式名称をファンケル・アーツ・センターに改め、ミュージカル専用劇場としてのあり方を探っている。芸海劇院は2001年に建設され、上海国際芸術祭や世界各国の演劇作品を上演するイベント「静安現代戯劇谷(モダンドラマバレー)」など一連の重要な文化イベントの指定会場や、前衛演劇やコメディの常設公演会場として利用されてきた。(上海=新華社配信)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2020010602510

    「新華社」 光と影のミュージアムチームラボ・ボーダーレス上海  「チームラボ・ボーダーレス上海」で撮影する来場者。(2019年12月25日撮影)中国上海市の黄浦浜江にある大型ミュージアム「チームラボ・ボーダーレス上海」では、広さ6600平方メートルの複雑な立体空間に世界初公開作品を含む約50点のアート作品が展示されている。同ミュージアムは日本のアート集団チームラボによる世界で2番目の「ボーダーレス」ミュージアムとして昨年11月にオープン。会場内の作品の相互作用により、作品間の境界を越え、互いに融合した独特のビジュアルを生み出している。アート展は1年以上開かれ、3カ月ごとに季節に合わせて変化することになっており、今後は新しい作品も展示する。(上海=新華社配信/王翔)=2019(令和元)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2020010602616

    「新華社」 光と影のミュージアムチームラボ・ボーダーレス上海  「チームラボ・ボーダーレス上海」で撮影する来場者。(2019年12月22日撮影)中国上海市の黄浦浜江にある大型ミュージアム「チームラボ・ボーダーレス上海」では、広さ6600平方メートルの複雑な立体空間に世界初公開作品を含む約50点のアート作品が展示されている。同ミュージアムは日本のアート集団チームラボによる世界で2番目の「ボーダーレス」ミュージアムとして昨年11月にオープン。会場内の作品の相互作用により、作品間の境界を越え、互いに融合した独特のビジュアルを生み出している。アート展は1年以上開かれ、3カ月ごとに季節に合わせて変化することになっており、今後は新しい作品も展示する。(上海=新華社配信/王翔)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2020010602570

    「新華社」 光と影のミュージアムチームラボ・ボーダーレス上海  「チームラボ・ボーダーレス上海」で撮影する来場者。(2019年12月22日撮影)中国上海市の黄浦浜江にある大型ミュージアム「チームラボ・ボーダーレス上海」では、広さ6600平方メートルの複雑な立体空間に世界初公開作品を含む約50点のアート作品が展示されている。同ミュージアムは日本のアート集団チームラボによる世界で2番目の「ボーダーレス」ミュージアムとして昨年11月にオープン。会場内の作品の相互作用により、作品間の境界を越え、互いに融合した独特のビジュアルを生み出している。アート展は1年以上開かれ、3カ月ごとに季節に合わせて変化することになっており、今後は新しい作品も展示する。(上海=新華社配信/王翔)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2020010602487

    「新華社」 光と影のミュージアムチームラボ・ボーダーレス上海  「チームラボ・ボーダーレス上海」で撮影する来場者。(2019年12月22日撮影)中国上海市の黄浦浜江にある大型ミュージアム「チームラボ・ボーダーレス上海」では、広さ6600平方メートルの複雑な立体空間に世界初公開作品を含む約50点のアート作品が展示されている。同ミュージアムは日本のアート集団チームラボによる世界で2番目の「ボーダーレス」ミュージアムとして昨年11月にオープン。会場内の作品の相互作用により、作品間の境界を越え、互いに融合した独特のビジュアルを生み出している。アート展は1年以上開かれ、3カ月ごとに季節に合わせて変化することになっており、今後は新しい作品も展示する。(上海=新華社配信/王翔)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2020010602368

    「新華社」 光と影のミュージアムチームラボ・ボーダーレス上海  「チームラボ・ボーダーレス上海」で撮影する来場者。(2019年12月22日撮影)中国上海市の黄浦浜江にある大型ミュージアム「チームラボ・ボーダーレス上海」では、広さ6600平方メートルの複雑な立体空間に世界初公開作品を含む約50点のアート作品が展示されている。同ミュージアムは日本のアート集団チームラボによる世界で2番目の「ボーダーレス」ミュージアムとして昨年11月にオープン。会場内の作品の相互作用により、作品間の境界を越え、互いに融合した独特のビジュアルを生み出している。アート展は1年以上開かれ、3カ月ごとに季節に合わせて変化することになっており、今後は新しい作品も展示する。(上海=新華社配信/王翔)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2020010602588

    「新華社」 光と影のミュージアムチームラボ・ボーダーレス上海  「チームラボ・ボーダーレス上海」で撮影する来場者。(2019年12月22日撮影)中国上海市の黄浦浜江にある大型ミュージアム「チームラボ・ボーダーレス上海」では、広さ6600平方メートルの複雑な立体空間に世界初公開作品を含む約50点のアート作品が展示されている。同ミュージアムは日本のアート集団チームラボによる世界で2番目の「ボーダーレス」ミュージアムとして昨年11月にオープン。会場内の作品の相互作用により、作品間の境界を越え、互いに融合した独特のビジュアルを生み出している。アート展は1年以上開かれ、3カ月ごとに季節に合わせて変化することになっており、今後は新しい作品も展示する。(上海=新華社配信/王翔)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2020010602599

    「新華社」 光と影のミュージアムチームラボ・ボーダーレス上海  「チームラボ・ボーダーレス上海」で撮影する来場者。(2019年12月22日撮影)中国上海市の黄浦浜江にある大型ミュージアム「チームラボ・ボーダーレス上海」では、広さ6600平方メートルの複雑な立体空間に世界初公開作品を含む約50点のアート作品が展示されている。同ミュージアムは日本のアート集団チームラボによる世界で2番目の「ボーダーレス」ミュージアムとして昨年11月にオープン。会場内の作品の相互作用により、作品間の境界を越え、互いに融合した独特のビジュアルを生み出している。アート展は1年以上開かれ、3カ月ごとに季節に合わせて変化することになっており、今後は新しい作品も展示する。(上海=新華社配信/王翔)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2020010901777

    「新華社」 芸術の殿堂、リニューアルオープン杭州市の韓美林芸術館  22日、寄贈作品「奔馬」を披露する韓美林氏(左)と杭州市の繆承潮(ぼく・しょうちょう)副市長。中国浙江省杭州市で22日、韓美林芸術館の第3期開館セレモニーならびに作品寄贈式が行われ、中国の著名芸術家、韓美林(かん・びりん)氏が同市政府に芸術品500点を新たに寄贈した。建築面積が1500平方メートル拡大され、より魅力を増した芸術の殿堂に生まれ変わった同館は、市民や観光客により広い芸術空間と豊かな文化的資源を提供していく。(杭州=新華社配信)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019121900259

    「新華社」 「年越し文化」に触れる機会を学生に天津大学で年画の特別展  15日、展示された仏山年画「天姫送子」と「状元及第」。中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院が主催し、楊柳青(ようりゅうせい)年画芸術伝承基地などが協力する「絵画で年越し2020・年画と年越し文化特別展」が15日から2020年春まで、同大学の北洋園キャンパスで行われた。特別展では発表会、実演イベント、相互交流などさまざまな形で年画や年越し文化をキャンパスに届け、伝統的な文化や暮らしを感じる機会を若者たちに提供する。年画とは、中国の民間芸術の一種で、春節に家の門や壁に飾られる版画である。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像