検索結果 869 件中 1 件 〜 50 件 "open"
  1. 2019120402383

    「山陽新聞」 「古墳カレー」が4年ぶりに復活  古代ロマン薫る古墳カレー。4年ぶりに復活した。 イベント限定で提供され、歴史ファンから熱烈に支持された「雑貨と喫茶 ネイロ堂。」(岡山市北区番町)の「古墳カレー」が4年ぶりに復活した。古墳カレーの盛り皿を制作する陶芸家の個展開催に合わせて販売している。12月2日まで。古墳カレーは、大ぶりの皿に前方後円墳の墳丘の形にライスを盛り付け、周りにチキンとキノコ入りのカレールーを注いでいる。ルーの堀に囲まれた姿は巨大古墳の風格が漂う。ライスの墳丘は、県内3位の大きさを誇る両宮山古墳を模したという。=2019(令和元)年11月22日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  2. 2019111600036

    京都市京セラ美術館で内覧  リニューアルオープンする京都市京セラ美術館の中央ホール

  3. 2019111600027

    京都市京セラ美術館で内覧  リニューアルオープンする京都市京セラ美術館

  4. 2019111600017

    京都市京セラ美術館で内覧  リニューアルオープンする京都市京セラ美術館

  5. 2019110500754

    「新華社」 芸術学校を設立したタンカ絵師四川省松潘県  作品を背にしたトリジンラプテンさん。(資料写真)タンカ(仏画)絵師のトリジンラプテンさんが6年の長きにわたり心血を注ぎ、中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州松潘県山巴郷麻依村に建設した象蔵芸術学校が今年7月、ついに開校した。チベット自治区や青海省、甘粛省、四川省などから集まった30人余りの生徒が、ここでタンカ芸術を受け継いでいく。(成都=新華社配信/トリジンラプテン氏提供)=撮影日不明、クレジット:トリジンラプテン氏/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  6. 2019110500761

    「新華社」 漫画家ちばてつや氏南京にイノベーション研究所を設立  9日、テーマ交流会で中国人学生と交流する日本文星芸術大学学長のちばてつや教授(右から2人目)と同大教授で日本の「ちばてつやMANGAイノベーション研究所」所長の田中誠一氏(左から2人目)。漫画家のちばてつや氏(80)が9日、中国江蘇省南京市にある中国伝媒大学南広学院を訪れ、同学院に設立された「ちばてつやMANGAイノベーション研究所」の除幕を行った。(南京=新華社配信/中国伝媒大学南広学院提供)=2019(令和元)年10月9日、クレジット:中国伝媒大学南広学院/新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019101008854

    「新華社」 ルービックキューブのような図書館を訪ねてドイツ  8日、シュツットガルトの夜に輝く市立図書館。ドイツのシュツットガルト市立図書館は2011年に完成、オープンした。ルービックキューブのような外観で、内部は吹き抜けという造り。白を基調とした空間に本棚が整然と設置され、芸術品のような美しさを醸し出している。この独特のデザインが多くの観光客を集めている。(シュツットガルト=新華社記者/張鋮)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019101008884

    「新華社」 ルービックキューブのような図書館を訪ねてドイツ  8日、シュツットガルトの夜に輝く市立図書館。ドイツのシュツットガルト市立図書館は2011年に完成、オープンした。ルービックキューブのような外観で、内部は吹き抜けという造り。白を基調とした空間に本棚が整然と設置され、芸術品のような美しさを醸し出している。この独特のデザインが多くの観光客を集めている。(シュツットガルト=新華社記者/張鋮)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019110500716

    「新華社」 芸術学校を設立したタンカ絵師四川省松潘県  8日、絵を描くトリジンラプテンさん。(資料写真)タンカ(仏画)絵師のトリジンラプテンさんが6年の長きにわたり心血を注ぎ、中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州松潘県山巴郷麻依村に建設した象蔵芸術学校が今年7月、ついに開校した。チベット自治区や青海省、甘粛省、四川省などから集まった30人余りの生徒が、ここでタンカ芸術を受け継いでいく。(成都=新華社配信/トリジンラプテン氏提供)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:トリジンラプテン氏/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  10. 2019101008829

    「新華社」 ルービックキューブのような図書館を訪ねてドイツ  8日、ドイツ・シュツットガルト市立図書館の内部。ドイツのシュツットガルト市立図書館は2011年に完成、オープンした。ルービックキューブのような外観で、内部は吹き抜けという造り。白を基調とした空間に本棚が整然と設置され、芸術品のような美しさを醸し出している。この独特のデザインが多くの観光客を集めている。(シュツットガルト=新華社記者/張鋮)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019101008839

    「新華社」 ルービックキューブのような図書館を訪ねてドイツ  8日、シュツットガルト市立図書館で本を読む若者。ドイツのシュツットガルト市立図書館は2011年に完成、オープンした。ルービックキューブのような外観で、内部は吹き抜けという造り。白を基調とした空間に本棚が整然と設置され、芸術品のような美しさを醸し出している。この独特のデザインが多くの観光客を集めている。(シュツットガルト=新華社記者/張鋮)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019101008865

    「新華社」 ルービックキューブのような図書館を訪ねてドイツ  8日、シュツットガルトの夜に輝く市立図書館。ドイツのシュツットガルト市立図書館は2011年に完成、オープンした。ルービックキューブのような外観で、内部は吹き抜けという造り。白を基調とした空間に本棚が整然と設置され、芸術品のような美しさを醸し出している。この独特のデザインが多くの観光客を集めている。(シュツットガルト=新華社記者/張鋮)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019101008842

    「新華社」 ルービックキューブのような図書館を訪ねてドイツ  8日、ドイツ・シュツットガルト市立図書館の内部。ドイツのシュツットガルト市立図書館は2011年に完成、オープンした。ルービックキューブのような外観で、内部は吹き抜けという造り。白を基調とした空間に本棚が整然と設置され、芸術品のような美しさを醸し出している。この独特のデザインが多くの観光客を集めている。(シュツットガルト=新華社記者/張鋮)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019101008830

    「新華社」 ルービックキューブのような図書館を訪ねてドイツ  8日、シュツットガルトの夜に輝く市立図書館。ドイツのシュツットガルト市立図書館は2011年に完成、オープンした。ルービックキューブのような外観で、内部は吹き抜けという造り。白を基調とした空間に本棚が整然と設置され、芸術品のような美しさを醸し出している。この独特のデザインが多くの観光客を集めている。(シュツットガルト=新華社記者/張鋮)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019101008835

    「新華社」 ルービックキューブのような図書館を訪ねてドイツ  8日、ドイツ・シュツットガルト市立図書館の内部。ドイツのシュツットガルト市立図書館は2011年に完成、オープンした。ルービックキューブのような外観で、内部は吹き抜けという造り。白を基調とした空間に本棚が整然と設置され、芸術品のような美しさを醸し出している。この独特のデザインが多くの観光客を集めている。(シュツットガルト=新華社記者/張鋮)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019101008857

    「新華社」 ルービックキューブのような図書館を訪ねてドイツ  8日、シュツットガルトの夜に輝く市立図書館。ドイツのシュツットガルト市立図書館は2011年に完成、オープンした。ルービックキューブのような外観で、内部は吹き抜けという造り。白を基調とした空間に本棚が整然と設置され、芸術品のような美しさを醸し出している。この独特のデザインが多くの観光客を集めている。(シュツットガルト=新華社記者/張鋮)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019101101908

    「新華社」 アニメ・ゲームに「国潮」ブーム次元を超える伝統文化  4日、ソニーの展示ブースでゲームを体験する来場者。中国広東省広州市で5日間にわたり開催された中国国際漫画祭アニメ・ゲーム展(CICF×AGF)が6日、閉幕した。中国ではここ数年、「西遊記ヒーロー・イズ・バック」や「哪吒之魔童降世」(英題:NeZha)などの国産アニメ映画が多く上映されており、伝統文化とアニメ、ゲームの融合が進み、「国潮」と呼ばれる新たな国風ブームが巻き起こっている。(広州=新華社配信/中国国際漫画祭アニメ・ゲーム展組織委員会提供)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:中国国際漫画祭アニメ・ゲーム展組織委員会/新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019100403153

    「新華社」 成都博物館で「重華宮を訪ねて」特別展乾隆帝ゆかりの品公開  2日、出展された金胎双面珊瑚雲竜福寿桃式盒(内側は金色の素地、蓋と底部はサンゴに一面の雲竜福寿紋様をあしらった桃の形の容器)。中国の故宮博物院と成都博物館が共催する「重華宮を訪ねて」特別展が1日、四川省成都市の成都博物館で開幕した。これまで未公開だった清の乾隆帝(在位1736~1796年)の「潜邸」(即位前の住まい)である重華宮が、その華麗な姿を人々の前に現した。重華宮は若き日の乾隆帝が暮らし、学び、育った場所であり、一人の少年が君主へと成長する過程を見届けてきた。乾隆帝をテーマとする展覧会は、これまでにも国内外で何度となく開かれてきたが、皇子時代の乾隆帝の生活を伝える企画は今回が初となる。同展の会期は11月30日まで(入場無料)。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:成都博物館/新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019100403194

    「新華社」 成都博物館で「重華宮を訪ねて」特別展乾隆帝ゆかりの品公開  2日、出展された皇后の朝冠。中国の故宮博物院と成都博物館が共催する「重華宮を訪ねて」特別展が1日、四川省成都市の成都博物館で開幕した。これまで未公開だった清の乾隆帝(在位1736~1796年)の「潜邸」(即位前の住まい)である重華宮が、その華麗な姿を人々の前に現した。重華宮は若き日の乾隆帝が暮らし、学び、育った場所であり、一人の少年が君主へと成長する過程を見届けてきた。乾隆帝をテーマとする展覧会は、これまでにも国内外で何度となく開かれてきたが、皇子時代の乾隆帝の生活を伝える企画は今回が初となる。同展の会期は11月30日まで(入場無料)。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:成都博物館/新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019110500772

    「新華社」 中ロ画家による油絵展、芸術文化交流を促進  2日、油絵芸術作品交流展を見学する大勢の来場者。中国広西チワン族自治区南寧市の青秀山書院で、「美と美の共演・未来に向かって-中ロ国交樹立70周年記念油絵芸術作品交流展」が開催されている。中ロ両国独特の要素が散りばめられた趣あふれる展示作品は、人物画、都市や農村の風景画、植物を描いた静物画など多彩だ。今年は中ロ国交樹立70周年に当たる。交流展には両国の油絵作品100点近くが集められ、中国の画家11人、ロシアの画家35人の作品が展示されている。同展には9月末の開幕以来、多くの市民や観光客が観賞に訪れている。(南寧=新華社配信/青秀山書院提供)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:青秀山書院/新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019110500728

    「新華社」 中ロ画家による油絵展、芸術文化交流を促進  2日、油絵芸術作品交流展の展示エリア。中国広西チワン族自治区南寧市の青秀山書院で、「美と美の共演・未来に向かって-中ロ国交樹立70周年記念油絵芸術作品交流展」が開催されている。中ロ両国独特の要素が散りばめられた趣あふれる展示作品は、人物画、都市や農村の風景画、植物を描いた静物画など多彩だ。今年は中ロ国交樹立70周年に当たる。交流展には両国の油絵作品100点近くが集められ、中国の画家11人、ロシアの画家35人の作品が展示されている。同展には9月末の開幕以来、多くの市民や観光客が観賞に訪れている。(南寧=新華社配信/青秀山書院提供)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:青秀山書院/新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019100403173

    「新華社」 成都博物館で「重華宮を訪ねて」特別展乾隆帝ゆかりの品公開  2日、出展された乾隆帝が書いた「四十二章経」。中国の故宮博物院と成都博物館が共催する「重華宮を訪ねて」特別展が1日、四川省成都市の成都博物館で開幕した。これまで未公開だった清の乾隆帝(在位1736~1796年)の「潜邸」(即位前の住まい)である重華宮が、その華麗な姿を人々の前に現した。重華宮は若き日の乾隆帝が暮らし、学び、育った場所であり、一人の少年が君主へと成長する過程を見届けてきた。乾隆帝をテーマとする展覧会は、これまでにも国内外で何度となく開かれてきたが、皇子時代の乾隆帝の生活を伝える企画は今回が初となる。同展の会期は11月30日まで(入場無料)。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:成都博物館/新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019100403174

    「新華社」 成都博物館で「重華宮を訪ねて」特別展乾隆帝ゆかりの品公開  2日、重華宮崇敬殿の楽善堂。中国の故宮博物院と成都博物館が共催する「重華宮を訪ねて」特別展が1日、四川省成都市の成都博物館で開幕した。これまで未公開だった清の乾隆帝(在位1736~1796年)の「潜邸」(即位前の住まい)である重華宮が、その華麗な姿を人々の前に現した。重華宮は若き日の乾隆帝が暮らし、学び、育った場所であり、一人の少年が君主へと成長する過程を見届けてきた。乾隆帝をテーマとする展覧会は、これまでにも国内外で何度となく開かれてきたが、皇子時代の乾隆帝の生活を伝える企画は今回が初となる。同展の会期は11月30日まで(入場無料)。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:成都博物館/新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019100403190

    「新華社」 成都博物館で「重華宮を訪ねて」特別展乾隆帝ゆかりの品公開  2日、出展された皇帝の朝冠。中国の故宮博物院と成都博物館が共催する「重華宮を訪ねて」特別展が1日、四川省成都市の成都博物館で開幕した。これまで未公開だった清の乾隆帝(在位1736~1796年)の「潜邸」(即位前の住まい)である重華宮が、その華麗な姿を人々の前に現した。重華宮は若き日の乾隆帝が暮らし、学び、育った場所であり、一人の少年が君主へと成長する過程を見届けてきた。乾隆帝をテーマとする展覧会は、これまでにも国内外で何度となく開かれてきたが、皇子時代の乾隆帝の生活を伝える企画は今回が初となる。同展の会期は11月30日まで(入場無料)。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:成都博物館/新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019100403191

    「新華社」 成都博物館で「重華宮を訪ねて」特別展乾隆帝ゆかりの品公開  2日、出展された碧玉交竜紐「重華宮宝」(碧玉で竜をかたどった玉璽)。中国の故宮博物院と成都博物館が共催する「重華宮を訪ねて」特別展が1日、四川省成都市の成都博物館で開幕した。これまで未公開だった清の乾隆帝(在位1736~1796年)の「潜邸」(即位前の住まい)である重華宮が、その華麗な姿を人々の前に現した。重華宮は若き日の乾隆帝が暮らし、学び、育った場所であり、一人の少年が君主へと成長する過程を見届けてきた。乾隆帝をテーマとする展覧会は、これまでにも国内外で何度となく開かれてきたが、皇子時代の乾隆帝の生活を伝える企画は今回が初となる。同展の会期は11月30日まで(入場無料)。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:成都博物館/新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019100403172

    「新華社」 成都博物館で「重華宮を訪ねて」特別展乾隆帝ゆかりの品公開  2日、出展された皇帝と皇后の肖像画および朝冠。中国の故宮博物院と成都博物館が共催する「重華宮を訪ねて」特別展が1日、四川省成都市の成都博物館で開幕した。これまで未公開だった清の乾隆帝(在位1736~1796年)の「潜邸」(即位前の住まい)である重華宮が、その華麗な姿を人々の前に現した。重華宮は若き日の乾隆帝が暮らし、学び、育った場所であり、一人の少年が君主へと成長する過程を見届けてきた。乾隆帝をテーマとする展覧会は、これまでにも国内外で何度となく開かれてきたが、皇子時代の乾隆帝の生活を伝える企画は今回が初となる。同展の会期は11月30日まで(入場無料)。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:成都博物館/新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019100403182

    「新華社」 成都博物館で「重華宮を訪ねて」特別展乾隆帝ゆかりの品公開  2日、出展された乾隆款が入った画琺瑯菊花紋壺(琺瑯製の菊花紋の壺)。中国の故宮博物院と成都博物館が共催する「重華宮を訪ねて」特別展が1日、四川省成都市の成都博物館で開幕した。これまで未公開だった清の乾隆帝(在位1736~1796年)の「潜邸」(即位前の住まい)である重華宮が、その華麗な姿を人々の前に現した。重華宮は若き日の乾隆帝が暮らし、学び、育った場所であり、一人の少年が君主へと成長する過程を見届けてきた。乾隆帝をテーマとする展覧会は、これまでにも国内外で何度となく開かれてきたが、皇子時代の乾隆帝の生活を伝える企画は今回が初となる。同展の会期は11月30日まで(入場無料)。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:成都博物館/新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019100403160

    「新華社」 成都博物館で「重華宮を訪ねて」特別展乾隆帝ゆかりの品公開  2日、重華宮の外観。中国の故宮博物院と成都博物館が共催する「重華宮を訪ねて」特別展が1日、四川省成都市の成都博物館で開幕した。これまで未公開だった清の乾隆帝(在位1736~1796年)の「潜邸」(即位前の住まい)である重華宮が、その華麗な姿を人々の前に現した。重華宮は若き日の乾隆帝が暮らし、学び、育った場所であり、一人の少年が君主へと成長する過程を見届けてきた。乾隆帝をテーマとする展覧会は、これまでにも国内外で何度となく開かれてきたが、皇子時代の乾隆帝の生活を伝える企画は今回が初となる。同展の会期は11月30日まで(入場無料)。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:成都博物館/新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019100403176

    「新華社」 上海交響楽団、設立140周年祝典音楽会を開催  上海交響楽団音楽庁の外観。日本の建築家、磯崎新氏が設計し、音響設計家の豊田泰久氏が建築内部の音響設計を担当した。(資料写真)中国上海市の上海交響楽団音楽庁で27日、上海交響楽団設立140周年祝賀コンサートが開催された。中華人民共和国成立70周年を迎えるに当たり、同楽団は新中国の異なる年代に作られた楽曲を披露した。(上海=新華社配信/上海交響楽団提供)=撮影日不明、クレジット:上海交響楽団/新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019100403193

    「新華社」 成都博物館で「重華宮を訪ねて」特別展乾隆帝ゆかりの品公開  9月30日に撮影した復元された重華宮崇敬殿の楽善堂。中国の故宮博物院と成都博物館が共催する「重華宮を訪ねて」特別展が1日、四川省成都市の成都博物館で開幕した。これまで未公開だった清の乾隆帝(在位1736~1796年)の「潜邸」(即位前の住まい)である重華宮が、その華麗な姿を人々の前に現した。重華宮は若き日の乾隆帝が暮らし、学び、育った場所であり、一人の少年が君主へと成長する過程を見届けてきた。乾隆帝をテーマとする展覧会は、これまでにも国内外で何度となく開かれてきたが、皇子時代の乾隆帝の生活を伝える企画は今回が初となる。同展の会期は11月30日まで(入場無料)。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:成都博物館/新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019100403152

    「新華社」 成都博物館で「重華宮を訪ねて」特別展乾隆帝ゆかりの品公開  9月30日に撮影した復元された皇子時代の乾隆帝と富察氏が新婚生活を送った住まい「芝蘭堂」の一部。中国の故宮博物院と成都博物館が共催する「重華宮を訪ねて」特別展が1日、四川省成都市の成都博物館で開幕した。これまで未公開だった清の乾隆帝(在位1736~1796年)の「潜邸」(即位前の住まい)である重華宮が、その華麗な姿を人々の前に現した。重華宮は若き日の乾隆帝が暮らし、学び、育った場所であり、一人の少年が君主へと成長する過程を見届けてきた。乾隆帝をテーマとする展覧会は、これまでにも国内外で何度となく開かれてきたが、皇子時代の乾隆帝の生活を伝える企画は今回が初となる。同展の会期は11月30日まで(入場無料)。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:成都博物館/新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019120201126

    「新華社」 中ロ画家による油絵展、芸術文化交流を促進  9月29日、油絵芸術作品交流展で展示された作品の一部。中国広西チワン族自治区南寧市の青秀山書院で、「美と美の共演・未来に向かって-中ロ国交樹立70周年記念油絵芸術作品交流展」が開催されている。中ロ両国独特の要素が散りばめられた趣あふれる展示作品は、人物画、都市や農村の風景画、植物を描いた静物画など多彩だ。今年は中ロ国交樹立70周年に当たる。交流展には両国の油絵作品100点近くが集められ、中国の画家11人、ロシアの画家35人の作品が展示されている。同展には9月末の開幕以来、多くの市民や観光客が観賞に訪れている。(南寧=新華社配信/広西チワン族自治区博物館提供)=2019(令和元)年9月29日、クレジット:広西チワン族自治区博物館/新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019120201120

    「新華社」 中ロ画家による油絵展、芸術文化交流を促進  9月29日、足を止めて多彩な油絵作品に見入る来場者。中国広西チワン族自治区南寧市の青秀山書院で、「美と美の共演・未来に向かって-中ロ国交樹立70周年記念油絵芸術作品交流展」が開催されている。中ロ両国独特の要素が散りばめられた趣あふれる展示作品は、人物画、都市や農村の風景画、植物を描いた静物画など多彩だ。今年は中ロ国交樹立70周年に当たる。交流展には両国の油絵作品100点近くが集められ、中国の画家11人、ロシアの画家35人の作品が展示されている。同展には9月末の開幕以来、多くの市民や観光客が観賞に訪れている。(南寧=新華社配信/広西チワン族自治区博物館提供)=2019(令和元)年9月29日、クレジット:広西チワン族自治区博物館/新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019100102067

    「新華社」 300年の歴史誇る古戯楼がオープン上海市  28日、瑜音閣古戯楼のオープンセレモニーで京劇を上演する役者。上海市宝山区の竜現代芸術館で28日、約300年の歴史を持つ古舞台、瑜音閣(ゆおんかく)古戯楼の移築が完了し、正式にオープンした。京劇や昆曲、評弾(中国の講談)などを定期的に上演するほか、学校向けの見学展示やサマーキャンプ、小劇場なども実施し、青少年が伝統演劇文化に親しむ接点としていく。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019100102070

    「新華社」 300年の歴史誇る古戯楼がオープン上海市  28日、瑜音閣古戯楼で京劇「覇王別姫」(抜粋)を上演する上海市泗塘中学の学生。上海市宝山区の竜現代芸術館で28日、約300年の歴史を持つ古舞台、瑜音閣(ゆおんかく)古戯楼の移築が完了し、正式にオープンした。京劇や昆曲、評弾(中国の講談)などを定期的に上演するほか、学校向けの見学展示やサマーキャンプ、小劇場なども実施し、青少年が伝統演劇文化に親しむ接点としていく。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019100102077

    「新華社」 300年の歴史誇る古戯楼がオープン上海市  28日、瑜音閣古戯楼のオープンセレモニーで京劇を上演する役者。上海市宝山区の竜現代芸術館で28日、約300年の歴史を持つ古舞台、瑜音閣(ゆおんかく)古戯楼の移築が完了し、正式にオープンした。京劇や昆曲、評弾(中国の講談)などを定期的に上演するほか、学校向けの見学展示やサマーキャンプ、小劇場なども実施し、青少年が伝統演劇文化に親しむ接点としていく。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019100101984

    「新華社」 300年の歴史誇る古戯楼がオープン上海市  28日、瑜音閣古戯楼で京劇「覇王別姫」(抜粋)を上演する上海市泗塘中学の学生。上海市宝山区の竜現代芸術館で28日、約300年の歴史を持つ古舞台、瑜音閣(ゆおんかく)古戯楼の移築が完了し、正式にオープンした。京劇や昆曲、評弾(中国の講談)などを定期的に上演するほか、学校向けの見学展示やサマーキャンプ、小劇場なども実施し、青少年が伝統演劇文化に親しむ接点としていく。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019100102059

    「新華社」 300年の歴史誇る古戯楼がオープン上海市  28日、瑜音閣古戯楼のオープンセレモニーに登場した著名京劇役者の王珮瑜(おう・はいゆ)氏。上海市宝山区の竜現代芸術館で28日、約300年の歴史を持つ古舞台、瑜音閣(ゆおんかく)古戯楼の移築が完了し、正式にオープンした。京劇や昆曲、評弾(中国の講談)などを定期的に上演するほか、学校向けの見学展示やサマーキャンプ、小劇場なども実施し、青少年が伝統演劇文化に親しむ接点としていく。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019100102029

    「新華社」 300年の歴史誇る古戯楼がオープン上海市  28日、瑜音閣古戯楼の夜景。上海市宝山区の竜現代芸術館で28日、約300年の歴史を持つ古舞台、瑜音閣(ゆおんかく)古戯楼の移築が完了し、正式にオープンした。京劇や昆曲、評弾(中国の講談)などを定期的に上演するほか、学校向けの見学展示やサマーキャンプ、小劇場なども実施し、青少年が伝統演劇文化に親しむ接点としていく。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019100102042

    「新華社」 300年の歴史誇る古戯楼がオープン上海市  28日、瑜音閣古戯楼で京劇「三家店」(抜粋)を上演する上海市宝山区鹿鳴学校の学生。上海市宝山区の竜現代芸術館で28日、約300年の歴史を持つ古舞台、瑜音閣(ゆおんかく)古戯楼の移築が完了し、正式にオープンした。京劇や昆曲、評弾(中国の講談)などを定期的に上演するほか、学校向けの見学展示やサマーキャンプ、小劇場なども実施し、青少年が伝統演劇文化に親しむ接点としていく。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019100403189

    「新華社」 国際陶磁器産業博覧会開催、日本企業も出展湖南省醴陵市  9月28日、国際陶磁器産業博覧会で展示された日本製陶磁器。中国の磁器の主要産地の一つである湖南省醴陵(れいりょう)市(株洲市が管轄する県級市)で9月28日から10月3日まで、国際陶磁器産業博覧会が開催されており、数十カ国からの素晴らしい陶磁器芸術品が展示されている。(醴陵=新華社配信/湖南省貿易促進会提供)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:湖南省貿易促進会/新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019100403155

    「新華社」 国際陶磁器産業博覧会開催、日本企業も出展湖南省醴陵市  9月28日、英国ダヌーン社の展示ブース。中国の磁器の主要産地の一つである湖南省醴陵(れいりょう)市(株洲市の管轄下にある県級市)で9月28日から10月3日まで、国際陶磁器産業博覧会が開催されており、数十カ国からの素晴らしい陶磁器芸術品が展示されている。(醴陵=新華社配信/湖南省貿易促進会提供)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:湖南省貿易促進会/新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019100102089

    「新華社」 300年の歴史誇る古戯楼がオープン上海市  28日、瑜音閣古戯楼のオープンセレモニーで京劇を上演する役者。上海市宝山区の竜現代芸術館で28日、約300年の歴史を持つ古舞台、瑜音閣(ゆおんかく)古戯楼の移築が完了し、正式にオープンした。京劇や昆曲、評弾(中国の講談)などを定期的に上演するほか、学校向けの見学展示やサマーキャンプ、小劇場なども実施し、青少年が伝統演劇文化に親しむ接点としていく。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019100102064

    「新華社」 300年の歴史誇る古戯楼がオープン上海市  28日、瑜音閣古戯楼で京劇「三家店」(抜粋)を上演する上海市宝山区鹿鳴学校の学生。上海市宝山区の竜現代芸術館で28日、約300年の歴史を持つ古舞台、瑜音閣(ゆおんかく)古戯楼の移築が完了し、正式にオープンした。京劇や昆曲、評弾(中国の講談)などを定期的に上演するほか、学校向けの見学展示やサマーキャンプ、小劇場なども実施し、青少年が伝統演劇文化に親しむ接点としていく。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019100102033

    「新華社」 300年の歴史誇る古戯楼がオープン上海市  28日、瑜音閣古戯楼のオープンセレモニー。上海市宝山区の竜現代芸術館で28日、約300年の歴史を持つ古舞台、瑜音閣(ゆおんかく)古戯楼の移築が完了し、正式にオープンした。京劇や昆曲、評弾(中国の講談)などを定期的に上演するほか、学校向けの見学展示やサマーキャンプ、小劇場なども実施し、青少年が伝統演劇文化に親しむ接点としていく。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019100102080

    「新華社」 300年の歴史誇る古戯楼がオープン上海市  28日、瑜音閣古戯楼で京劇「覇王別姫」(抜粋)を上演する上海市泗塘中学の学生。上海市宝山区の竜現代芸術館で28日、約300年の歴史を持つ古舞台、瑜音閣(ゆおんかく)古戯楼の移築が完了し、正式にオープンした。京劇や昆曲、評弾(中国の講談)などを定期的に上演するほか、学校向けの見学展示やサマーキャンプ、小劇場なども実施し、青少年が伝統演劇文化に親しむ接点としていく。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019100403177

    「新華社」 国際陶磁器産業博覧会開催、日本企業も出展湖南省醴陵市  9月28日、国際陶磁器産業博覧会で展示された日本製陶磁器。中国の磁器の主要産地の一つである湖南省醴陵(れいりょう)市(株洲市の管轄下にある県級市)で9月28日から10月3日まで、国際陶磁器産業博覧会が開催されており、数十カ国からの素晴らしい陶磁器芸術品が展示されている。(醴陵=新華社配信/湖南省貿易促進会提供)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:湖南省貿易促進会/新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019100403179

    「新華社」 国際陶磁器産業博覧会開催、日本企業も出展湖南省醴陵市  9月28日、日本の有田焼の香蘭社の展示ブース。中国の磁器の主要産地の一つである湖南省醴陵(れいりょう)市(株洲市の管轄下にある県級市)で9月28日から10月3日まで、国際陶磁器産業博覧会が開催されており、数十カ国からの素晴らしい陶磁器芸術品が展示されている。(醴陵=新華社配信/湖南省貿易促進会提供)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:湖南省貿易促進会/新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019100403184

    「新華社」 国際陶磁器産業博覧会開催、日本企業も出展湖南省醴陵市  9月28日、日本の弘道の展示ブース。中国の磁器の主要産地の一つである湖南省醴陵(れいりょう)市(株洲市の管轄下にある県級市)で9月28日から10月3日まで、国際陶磁器産業博覧会が開催されており、数十カ国からの素晴らしい陶磁器芸術品が展示されている。(醴陵=新華社配信/湖南省貿易促進会提供)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:湖南省貿易促進会/新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019101101921

    「新華社」 国境の町、黒竜江省黒河市でロシア芸術家の作品展  27日、中国・ロシア油絵芸術文化産業発展フォーラム会場。中国・ロシア油絵芸術文化産業発展フォーラムおよびロシア著名芸術家作品展が27日、黒竜江省黒河市で開幕した。ロシア芸術アカデミー会員、ロシア人民芸術家、ロシア功労芸術家の油絵や彫刻など220点余りが公開された。ロシア情緒漂う各作品を鑑賞しようと、中ロ両国の多くの人々が訪れた。(ハルビン=新華社配信/中国共産党黒河市委員会宣伝部提供)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:中国共産党黒河市委員会宣伝部/新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像