検索結果 45 件中 1 件 〜 45
  1. 2019101502907

    「大型サイド」表現の不自由展閉幕 根強い批判、不交付も焦点  「あいちトリエンナーレ2019」が閉幕となり、来場者を見送る実行委会長の大村秀章愛知県知事(中央右)と芸術監督の津田大介氏(同左)ら=14日、名古屋市

  2. 2019101502905

    「大型サイド」表現の不自由展閉幕 根強い批判、不交付も焦点  「あいちトリエンナーレ2019」が閉幕となり、来場者を見送る(右手前から)実行委会長の大村秀章愛知県知事、芸術監督の津田大介氏=14日、名古屋市

  3. 2019101502901

    「大型サイド」表現の不自由展閉幕 根強い批判、不交付も焦点  「あいちトリエンナーレ2019」の閉幕後、作品の前で取材に応じる芸術監督の津田大介氏=14日、名古屋市

  4. 2019101400468

    希望者行列「自分の目で」  「あいちトリエンナーレ2019」の閉幕後、取材に応じる芸術監督の津田大介氏=14日夜、名古屋市

  5. 2019101400467

    希望者行列「自分の目で」  「あいちトリエンナーレ2019」の閉幕後、取材に応じる芸術監督の津田大介氏=14日夜、名古屋市

  6. 2019101400458

    希望者行列「自分の目で」  「表現の不自由展・その後」の最終日となり、実行委と出展作家が開いたイベントで写真に納まる「平和の少女像」制作者の彫刻家キム・ソギョンさん(左端)ら=14日、名古屋市

  7. 2019101400456

    希望者行列「自分の目で」  「表現の不自由展・その後」の最終日となり、実行委と出展作家が開いたイベントで発言する「平和の少女像」制作者の彫刻家キム・ソギョンさん=14日、名古屋市

  8. 2019101400429

    表現の不自由展が終了  「表現の不自由展・その後」の展示終了後、報道関係者に公開された「平和の少女像」=14日夜、名古屋市

  9. 2019101400408

    表現の不自由展が終了  展示終了後、報道関係者に公開された「表現の不自由展・その後」の作品。右奥は「平和の少女像」=14日夜、名古屋市

  10. 2019101400406

    表現の不自由展が終了  「表現の不自由展・その後」の展示終了後、報道関係者に公開された「平和の少女像」=14日夜、名古屋市

  11. 2019101400381

    表現の不自由展が終了  「あいちトリエンナーレ2019」が閉幕となり、来場者を見送る愛知県の大村秀章知事(右から2人目)、芸術監督の津田大介氏(同3人目)ら=14日夜、名古屋市

  12. 2019101400378

    表現の不自由展が終了  「あいちトリエンナーレ2019」が閉幕となり、来場者を見送る(右から)愛知県の大村秀章知事、芸術監督の津田大介氏=14日夜、名古屋市

  13. 2019101400377

    表現の不自由展が終了  「あいちトリエンナーレ2019」が閉幕となり、来場者を見送る愛知県の大村秀章知事(中央右)と芸術監督の津田大介氏(同左)ら=14日夜、名古屋市

  14. 2019101400300

    表現の不自由展が終了  「表現の不自由展・その後」の入場者を選ぶ最後の抽選の当選番号発表に集まった大勢の鑑賞希望者=14日午後、名古屋市

  15. 2019101400299

    表現の不自由展が終了  「表現の不自由展・その後」の入場者を選ぶ最後の抽選の当選番号発表に集まった大勢の鑑賞希望者=14日午後、名古屋市

  16. 2019101400298

    表現の不自由展が終了  「表現の不自由展・その後」の入場者を選ぶ最後の抽選の当選番号発表に集まった大勢の鑑賞希望者=14日午後、名古屋市

  17. 2019101300827

    不自由展、鑑賞希望が最多  「表現の不自由展・その後」のツアーの抽選で、当選番号発表に集まった大勢の鑑賞希望者=13日午後、名古屋市

  18. 2019101300826

    不自由展、鑑賞希望が最多  「表現の不自由展・その後」のツアーの抽選で、当選番号発表に集まった大勢の鑑賞希望者=13日午後、名古屋市

  19. 2019101300823

    不自由展、鑑賞希望が最多  「表現の不自由展・その後」のツアーの抽選で、当選番号発表に集まった大勢の鑑賞希望者=13日午後、名古屋市

  20. 2019101604800

    「新華社」 世界唯一の女性文字「女書」の作品展湖南省長沙市  12日、湖南省長沙市の銅官窯古鎮で女書作品展を見学する来場者。中国湖南省長沙市の銅官窯古鎮で12日、世界で唯一の女性だけが用いる文字「女書」をテーマにした文化観光ウィークが始まり、女書作品約300点が並ぶ展覧会も開かれた。女書は同省江永県で1980年代に発見され、国内外を驚かせた。女書の習俗は2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。女書は非常に独特で、江永県の方言の発音に合わせて作られており、女性の間でのみ伝わった。全て右から左、上から下へ書き、文字は全て右が高く左が低い特徴を持ち、菱形になっている。筆画は非常に簡単で、点、縦、払い、反りの四つのみでできている。国の関係部門と地元政府による重視と宣伝、大学の学者と民間の研究者による研究がここ数年進むにつれ、女書は徐々に広く知られるようになった。米ニューヨークの国連本部とスイス・ジュネーブの国連欧州本部でも展示され、女書の伝承者が招待を受け、解説や広める活動をするなど、古い文字が新たな輝きを放ち始めている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019101604866

    「新華社」 高原雪山画派の作品展が開幕チベット自治区ラサ市  12日、作品を鑑賞する来場者。中国チベット自治区ラサ市で12日、高原雪山画派の作品展が開幕し、約40人の画家が丹念に制作した100点余りの絵画が展示された。多角的で広い視野を持ち、深みのある多様な手法で創作された絵画は、高原雪山の文化や自然の風貌を表現している。(ラサ=新華社配信/孫非)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019101102147

    不自由展ツアー7回に  展示が再開された「表現の不自由展・その後」の作品=11日午後、名古屋市(代表撮影)

  23. 2019101102140

    不自由展ツアー7回に  「表現の不自由展・その後」の展示室を訪れた「あいちトリエンナーレ2019」芸術監督の津田大介氏=11日午後、名古屋市(代表撮影)

  24. 2019101102128

    広瀬武夫、戦死前の手紙  司馬遼太郎記念館が公開した広瀬武夫が死の直前に幼なじみに宛てた手紙。「小学校時代ヲ回顧」の文字が見える=11日、大阪府東大阪市

  25. 2019101100240

    延暦寺の大書院で内覧会  特別公開される比叡山延暦寺の「大書院」。「ゲゲゲの鬼太郎と比叡山の七不思議展」の日本画なども展示される=11日午前、大津市

  26. 2019101100239

    延暦寺の大書院で内覧会  特別公開される比叡山延暦寺の「大書院」。「ゲゲゲの鬼太郎と比叡山の七不思議展」の日本画なども展示される=11日午前、大津市

  27. 2019101100246

    上皇ご夫妻、鳥類図譜鑑賞  特別展「ジョン・グールドの鳥類図譜―19世紀 描かれた世界の鳥とその時代」を鑑賞される上皇ご夫妻=11日午前、東京都豊島区の東京芸術劇場

  28. 2019101100245

    上皇ご夫妻、鳥類図譜鑑賞  特別展「ジョン・グールドの鳥類図譜―19世紀 描かれた世界の鳥とその時代」を鑑賞される上皇ご夫妻。右から2人目は長女で、鳥類学者の黒田清子さん=11日午前、東京都豊島区の東京芸術劇場

  29. 2019101100241

    上皇ご夫妻、鳥類図譜鑑賞  特別展「ジョン・グールドの鳥類図譜―19世紀 描かれた世界の鳥とその時代」を鑑賞される上皇ご夫妻。右手前は長女で、鳥類学者の黒田清子さん=11日午前、東京都豊島区の東京芸術劇場

  30. 2019101100101

    オノ・ヨーコさん新作も  10日、増改築工事を終えて報道関係者に公開されたニューヨーク近代美術館でお披露目されたオノ・ヨーコさんの新作「ピース・イズ・パワー」(共同)

  31. 2019101100067

    「NEWSパーク」 ハグで日韓友好、思い届け  日韓両国の友好を願って描いた絵を街頭で展示する画家の山内若菜さん=9月、神奈川県藤沢市

  32. 2019101604797

    「新華社」 盛唐文化をテーマにした舞台劇「大唐追夢」西安で上演  11日、西安市にある唐代の様子を再現したテーマパーク「大唐芙蓉園」で上演された舞台劇「大唐追夢」の一場面。中国陝西省西安市にある唐代の様子を再現したテーマパーク「大唐芙蓉園」でこのほど、盛唐文化をテーマにした舞台劇「大唐追夢」が上演された。昇降式のウォータースクリーンやレーザー投射などのテクノロジーを駆使した舞台が、「開元の治」と呼ばれる唐の全盛期やシルクロードといった盛唐時代の歴史的な情景を芸術的手法で再現した。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019101604940

    「新華社」 盛唐文化をテーマにした舞台劇「大唐追夢」西安で上演  11日、西安市にある唐代の様子を再現したテーマパーク「大唐芙蓉園」で上演された舞台劇「大唐追夢」の一場面。中国陝西省西安市にある唐代の様子を再現したテーマパーク「大唐芙蓉園」でこのほど、盛唐文化をテーマにした舞台劇「大唐追夢」が上演された。昇降式のウォータースクリーンやレーザー投射などのテクノロジーを駆使した舞台が、「開元の治」と呼ばれる唐の全盛期やシルクロードといった盛唐時代の歴史的な情景を芸術的手法で再現した。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019101604795

    「新華社」 盛唐文化をテーマにした舞台劇「大唐追夢」西安で上演  11日、西安市にある唐代の様子を再現したテーマパーク「大唐芙蓉園」で上演された舞台劇「大唐追夢」の一場面。中国陝西省西安市にある唐代の様子を再現したテーマパーク「大唐芙蓉園」でこのほど、盛唐文化をテーマにした舞台劇「大唐追夢」が上演された。昇降式のウォータースクリーンやレーザー投射などのテクノロジーを駆使した舞台が、「開元の治」と呼ばれる唐の全盛期やシルクロードといった盛唐時代の歴史的な情景を芸術的手法で再現した。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019101012073

    英、来年2月に20㍀新紙幣  英国を代表する画家、ターナーとその作品を採用した20㍀新紙幣の裏面=10日、英マーゲート(ロイター=共同)

  36. 2019101010933

    「大型サイド」芸術祭補助金問題 文化行政への信頼揺らぐ  「表現の不自由展・その後」の展示作品「平和の少女像」=8月1日、名古屋市

  37. 2019101002144

    「北陸カレント」 古民家泊まって職人体験  陶芸家が内装を手がけた新しい棟=富山県南砺市

  38. 2019101604875

    「新華社」 マグナム・フォト写真展に見る昔日の中国湖南省長沙市  10日、文和友美術館で出展作品を撮影する来場者。中国湖南省長沙市の文和友美術館で開催中の「中国の記憶-マグナム・フォト写真家原作展」で10日、ブレッソンやマルク・リブー、久保田博二ら7人の写真家が1949年から1990年に中国で撮影した作品が展示された。同展は9月28日に開幕し、12月8日まで続く。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019101604909

    「新華社」 山西博物院でアンデス文明の秘密を探る  10日、山西博物院で2色仕上げの陶像を撮影する観光客。中国山西省太原市の山西博物院でこのほど、「コンドルの子-アンデス文明特別展」が開幕した。ペルーの有名博物館11館の代表的な所蔵品157点(組)が展示され、積み重ねられてきた考古学的発見の成果が多くの観光客を引き付けている。(太原=新華社記者/曹陽)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019101604794

    「新華社」 マグナム・フォト写真展に見る昔日の中国湖南省長沙市  10日、文和友美術館で出展作品を鑑賞する来場者。中国湖南省長沙市の文和友美術館で開催中の「中国の記憶-マグナム・フォト写真家原作展」で10日、ブレッソンやマルク・リブー、久保田博二ら7人の写真家が1949年から1990年に中国で撮影した作品が展示された。同展は9月28日に開幕し、12月8日まで続く。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019101604883

    「新華社」 マグナム・フォト写真展に見る昔日の中国湖南省長沙市  10日、文和友美術館に展示中の作品。中国湖南省長沙市の文和友美術館で開催中の「中国の記憶-マグナム・フォト写真家原作展」で10日、ブレッソンやマルク・リブー、久保田博二ら7人の写真家が1949年から1990年に中国で撮影した作品が展示された。同展は9月28日に開幕し、12月8日まで続く。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019101604903

    「新華社」 マグナム・フォト写真展に見る昔日の中国湖南省長沙市  10日、文和友美術館で出展作品を鑑賞する来場者。中国湖南省長沙市の文和友美術館で開催中の「中国の記憶-マグナム・フォト写真家原作展」で10日、ブレッソンやマルク・リブー、久保田博二ら7人の写真家が1949年から1990年に中国で撮影した作品が展示された。同展は9月28日に開幕し、12月8日まで続く。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019101604870

    「新華社」 マグナム・フォト写真展に見る昔日の中国湖南省長沙市  10日、文和友美術館に展示中の作品。中国湖南省長沙市の文和友美術館で開催中の「中国の記憶-マグナム・フォト写真家原作展」で10日、ブレッソンやマルク・リブー、久保田博二ら7人の写真家が1949年から1990年に中国で撮影した作品が展示された。同展は9月28日に開幕し、12月8日まで続く。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019101604823

    「新華社」 中日の芸術家、アモイで黄檗文化書画展を開催  10日、アモイ国際会展中心で開かれた「中日黄檗文化の光内藤香林画僧・陳秀卿居士書画展」開幕式の様子。中国福建省アモイ市のアモイ国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)で10日、「中日黄檗(おうばく)文化の光内藤香林画僧・陳秀卿(ちん・しゅうけい)居士書画展」が開幕した。同省福清市の黄檗山萬福寺やアモイ市の虎渓岩寺、日本の黄檗宗および中日両国の黄檗文化促進会など、多くの寺院や文化機関が共同で開催した。内藤香林禅師は日本の黄檗宗西円寺の住職で、中日の仏教友好交流に積極的に取り組み、絵画を通じて黄檗文化を広め、中国仏教協会から「中国仏教協会文化功労賞」を授与されている。陳秀卿氏はアモイ市書道家協会の元主席で、現在は福建省書道家協会の副主席を務めている。(アモイ=新華社配信/陳芝寛)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019100907256

    「作品見て解釈して」  トークイベント後、取材に応じる「平和の少女像」制作者の彫刻家キム・ウンソンさん(右)、キム・ソギョンさん夫妻=9日午後、名古屋市

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像