検索結果 24,077 件中 1 件 〜 50
  1. 2020112400005

    南米芸術家が恩返しの壁画 壁画を制作した3人  壁画を制作した南米出身のアーティスト(左から)オリアナ・マリンさん、テレサ・クリアさん、クララ・カンポスさん=11日、甲府市 「NEWSパーク」

  2. 2020112400002

    南米芸術家が恩返しの壁画 壁画を制作した女性3人  壁画を制作した南米出身のアーティスト(左から)オリアナ・マリンさん、テレサ・クリアさん、クララ・カンポスさん=11日、甲府市 「NEWSパーク」

  3. 2020112604183

    林風眠記念館の一般公開始まる広東省梅州市  22日、林風眠記念館で林風眠の略歴を読む来館者。中国広東省梅州市梅江区で22日、著名な現代画家で美術教育家でもあった林風眠(りん・ふうみん)のゆかりの品を展示する「林風眠記念館」が一般公開された。同館は延べ床面積1900平方メートル。客家(北方から南方に移住した漢民族の末裔)の住宅の特色と長江以南地域の風情を併せ持つ建築方式で建てられている。林風眠は同市内の出身で、本名は林鳳鳴(りん・ほうめい)。(梅州=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020112604174

    林風眠記念館の一般公開始まる広東省梅州市  22日、林風眠記念館で林風眠像を撮影する来館者。中国広東省梅州市梅江区で22日、著名な現代画家で美術教育家でもあった林風眠(りん・ふうみん)のゆかりの品を展示する「林風眠記念館」が一般公開された。同館は延べ床面積1900平方メートル。客家(北方から南方に移住した漢民族の末裔)の住宅の特色と長江以南地域の風情を併せ持つ建築方式で建てられている。林風眠は同市内の出身で、本名は林鳳鳴(りん・ほうめい)。(梅州=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020112604200

    林風眠記念館の一般公開始まる広東省梅州市  22日、林風眠記念館で展示作品を鑑賞する来館者。中国広東省梅州市梅江区で22日、著名な現代画家で美術教育家でもあった林風眠(りん・ふうみん)のゆかりの品を展示する「林風眠記念館」が一般公開された。同館は延べ床面積1900平方メートル。客家(北方から南方に移住した漢民族の末裔)の住宅の特色と長江以南地域の風情を併せ持つ建築方式で建てられている。林風眠は同市内の出身で、本名は林鳳鳴(りん・ほうめい)。(梅州=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020112604295

    林風眠記念館の一般公開始まる広東省梅州市  22日、一般公開された林風眠記念館。(小型無人機から)中国広東省梅州市梅江区で22日、著名な現代画家で美術教育家でもあった林風眠(りん・ふうみん)のゆかりの品を展示する「林風眠記念館」が一般公開された。同館は延べ床面積1900平方メートル。客家(北方から南方に移住した漢民族の末裔)の住宅の特色と長江以南地域の風情を併せ持つ建築方式で建てられている。林風眠は同市内の出身で、本名は林鳳鳴(りん・ほうめい)。(梅州=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020112604297

    林風眠記念館の一般公開始まる広東省梅州市  22日、林風眠記念館で絵画作品の解説を読む来館者。中国広東省梅州市梅江区で22日、著名な現代画家で美術教育家でもあった林風眠(りん・ふうみん)のゆかりの品を展示する「林風眠記念館」が一般公開された。同館は延べ床面積1900平方メートル。客家(北方から南方に移住した漢民族の末裔)の住宅の特色と長江以南地域の風情を併せ持つ建築方式で建てられている。林風眠は同市内の出身で、本名は林鳳鳴(りん・ほうめい)。(梅州=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020112604320

    林風眠記念館の一般公開始まる広東省梅州市  22日、一般公開された林風眠記念館。(小型無人機から)中国広東省梅州市梅江区で22日、著名な現代画家で美術教育家でもあった林風眠(りん・ふうみん)のゆかりの品を展示する「林風眠記念館」が一般公開された。同館は延べ床面積1900平方メートル。客家(北方から南方に移住した漢民族の末裔)の住宅の特色と長江以南地域の風情を併せ持つ建築方式で建てられている。林風眠は同市内の出身で、本名は林鳳鳴(りん・ほうめい)。(梅州=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020112103478

    伝説の大女優、謎多き沈黙 展示された振り袖  原節子が映画「新しき土」の宣伝でドイツ訪問時に着た振り袖。特別展で初展示された=10月、神奈川県鎌倉市

  10. 2020112600982

    上海大学博物館で三星堆の特別展  21日、上海大学の教員と学生に国家1級文物の「銅眼形器」を紹介する上海大学博物館の李明斌(り・めいひん)館長。中国の上海大学博物館で21日、特別展「三星堆-人と神の世界」が開幕した。同館と四川広漢三星堆博物館が共同で主催し、成都金沙遺跡博物館が協力している。中国国内の大学に併設された博物館で三星堆をテーマとした展覧会が開かれるのは今回が初めて。16点(組)の展示品と写真や文章など豊富な資料は、三星堆文明の青銅文化や玉文化、自然崇拝を伝えるとともに、古蜀文明のもう一つの発展の最高点である金沙遺跡との内在的なつながりを示している。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020112001407

    NYで邦人女性作品展 作品を説明する佐藤さん  17日、米ニューヨーク市の文化施設で、展示会「歴史のうねりの中で」の作品を説明する佐藤恭子さん(共同)

  12. 2020112511803

    雑技と舞踊の融合、雑技劇「シルクの旅」が上演江蘇省  20日、雑技劇「シルクの旅」の一場面。中国江蘇省塩城市の射陽県雑技団が創作した雑技劇「シルクの旅」がこのほど、第14回丹頂鶴文化芸術節(祭)で上演された。同劇は雑技の技と舞踊などの形式とを結びつけ、唐代の中国商人がシルクロードで体験した不思議な旅の様子を表現し、民族文化や多彩な文明の交流・融合を際立たせている。(塩城=新華社記者/楊磊)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020112604150

    工筆画で豊かな暮らしへの道切り開く河北省寧晋県  20日、邢台市寧晋県の工筆画芸術学校で、工筆画を描く学生。中国の伝統絵画「工筆画」の里として知られる河北省邢台(けいだい)市寧晋県はここ数年、工筆画の産業化に力を入れており、学校やアトリエの設立などを通じて、より多くの村民が「農民画家」になれるよう後押ししている。県内で工筆画産業に従事する人は7千人余り。工筆画を主な産業とする村は30カ所余りで、「工筆画の庭」と名付けられたアトリエの数は200カ所余りに上る。県全体で1年間に創作される作品は10万点を超え、中国各地で販売されるだけでなく、シンガポールや日本、韓国などにも輸出されており、年間売り上げは2億1千万元(1元=約16円)に達している。(邢台=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020112511929

    雑技と舞踊の融合、雑技劇「シルクの旅」が上演江蘇省  20日、雑技劇「シルクの旅」の一場面。中国江蘇省塩城市の射陽県雑技団が創作した雑技劇「シルクの旅」がこのほど、第14回丹頂鶴文化芸術節(祭)で上演された。同劇は雑技の技と舞踊などの形式とを結びつけ、唐代の中国商人がシルクロードで体験した不思議な旅の様子を表現し、民族文化や多彩な文明の交流・融合を際立たせている。(塩城=新華社記者/楊磊)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020112511806

    雑技と舞踊の融合、雑技劇「シルクの旅」が上演江蘇省  20日、雑技劇「シルクの旅」の一場面。中国江蘇省塩城市の射陽県雑技団が創作した雑技劇「シルクの旅」がこのほど、第14回丹頂鶴文化芸術節(祭)で上演された。同劇は雑技の技と舞踊などの形式とを結びつけ、唐代の中国商人がシルクロードで体験した不思議な旅の様子を表現し、民族文化や多彩な文明の交流・融合を際立たせている。(塩城=新華社記者/楊磊)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020112511866

    雑技と舞踊の融合、雑技劇「シルクの旅」が上演江蘇省  20日、雑技劇「シルクの旅」の一場面。中国江蘇省塩城市の射陽県雑技団が創作した雑技劇「シルクの旅」がこのほど、第14回丹頂鶴文化芸術節(祭)で上演された。同劇は雑技の技と舞踊などの形式とを結びつけ、唐代の中国商人がシルクロードで体験した不思議な旅の様子を表現し、民族文化や多彩な文明の交流・融合を際立たせている。(塩城=新華社記者/楊磊)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020112604145

    工筆画で豊かな暮らしへの道切り開く河北省寧晋県  20日、邢台市寧晋県の工筆画芸術学校で、工筆画を描く学生。中国の伝統絵画「工筆画」の里として知られる河北省邢台(けいだい)市寧晋県はここ数年、工筆画の産業化に力を入れており、学校やアトリエの設立などを通じて、より多くの村民が「農民画家」になれるよう後押ししている。県内で工筆画産業に従事する人は7千人余り。工筆画を主な産業とする村は30カ所余りで、「工筆画の庭」と名付けられたアトリエの数は200カ所余りに上る。県全体で1年間に創作される作品は10万点を超え、中国各地で販売されるだけでなく、シンガポールや日本、韓国などにも輸出されており、年間売り上げは2億1千万元(1元=約16円)に達している。(邢台=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020112511908

    雑技と舞踊の融合、雑技劇「シルクの旅」が上演江蘇省  20日、雑技劇「シルクの旅」の一場面。中国江蘇省塩城市の射陽県雑技団が創作した雑技劇「シルクの旅」がこのほど、第14回丹頂鶴文化芸術節(祭)で上演された。同劇は雑技の技と舞踊などの形式とを結びつけ、唐代の中国商人がシルクロードで体験した不思議な旅の様子を表現し、民族文化や多彩な文明の交流・融合を際立たせている。(塩城=新華社記者/楊磊)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020112604236

    工筆画で豊かな暮らしへの道切り開く河北省寧晋県  20日、邢台市寧晋県の工筆画芸術学校で、工筆画を描く教員。中国の伝統絵画「工筆画」の里として知られる河北省邢台(けいだい)市寧晋県はここ数年、工筆画の産業化に力を入れており、学校やアトリエの設立などを通じて、より多くの村民が「農民画家」になれるよう後押ししている。県内で工筆画産業に従事する人は7千人余り。工筆画を主な産業とする村は30カ所余りで、「工筆画の庭」と名付けられたアトリエの数は200カ所余りに上る。県全体で1年間に創作される作品は10万点を超え、中国各地で販売されるだけでなく、シンガポールや日本、韓国などにも輸出されており、年間売り上げは2億1千万元(1元=約16円)に達している。(邢台=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020112604111

    工筆画で豊かな暮らしへの道切り開く河北省寧晋県  20日、邢台市寧晋県の工筆画芸術学校で、工筆画を描く学生。中国の伝統絵画「工筆画」の里として知られる河北省邢台(けいだい)市寧晋県はここ数年、工筆画の産業化に力を入れており、学校やアトリエの設立などを通じて、より多くの村民が「農民画家」になれるよう後押ししている。県内で工筆画産業に従事する人は7千人余り。工筆画を主な産業とする村は30カ所余りで、「工筆画の庭」と名付けられたアトリエの数は200カ所余りに上る。県全体で1年間に創作される作品は10万点を超え、中国各地で販売されるだけでなく、シンガポールや日本、韓国などにも輸出されており、年間売り上げは2億1千万元(1元=約16円)に達している。(邢台=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020112601037

    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省  19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟の第13号窟。中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020112601000

    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省  19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟の第13号窟。中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020112601283

    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省  19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟の第13号窟。中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020112600886

    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省  19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟。(小型無人機から)中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020112601427

    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省  19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟の第13号窟。(小型無人機から)中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020112601010

    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省  19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟。(小型無人機から)中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020112601222

    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省  19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟の第13号窟。中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020112601269

    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省  19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟の第13号窟。(小型無人機から)中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020112601432

    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省  19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟の第13号窟。(小型無人機から)中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020112601596

    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省  19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟の第13号窟。中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020111801875

    「深海生物ふんどし」評判 中内さんら  染め職人の中内洋介さん(右)と画家の勇ひとみさん=高知県室戸市

  32. 2020111902496

    瀋陽故宮で明清代の皇帝専用の礼服を初公開遼寧省  瀋陽故宮の敬典閣で展示されている袞衣。(資料写真)中国遼寧省にある瀋陽故宮の敬典閣「館蔵珍宝展」の展示ホールで、8月30日から明・清二代の王朝で皇帝専用の礼服として用いられた「袞衣(こんえ)」が初公開されている。袞衣ははるか昔から使用されてきた歴史を持ち、古代中国の伝統衣装の一つとして、数千年にわたり形を変えながら受け継がれ、明清代に皇帝専用の礼服とされた。公開は11月末まで。(瀋陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020111902533

    瀋陽故宮で明清代の皇帝専用の礼服を初公開遼寧省  瀋陽故宮の敬典閣で展示されている袞衣。(資料写真)中国遼寧省にある瀋陽故宮の敬典閣「館蔵珍宝展」の展示ホールで、8月30日から明・清二代の王朝で皇帝専用の礼服として用いられた「袞衣(こんえ)」が初公開されている。袞衣ははるか昔から使用されてきた歴史を持ち、古代中国の伝統衣装の一つとして、数千年にわたり形を変えながら受け継がれ、明清代に皇帝専用の礼服とされた。公開は11月末まで。(瀋陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020111707810

    片岡真実 (かたおか・まみ)  森美術館館長

  35. 2020111707765

    新名称「あいち2022」  大林剛郎氏と片岡真実氏  記者会見で握手する、「国際芸術祭『あいち2022』」の組織委会長を務める大林組会長の大林剛郎氏(左)と芸術監督に就任した森美術館館長の片岡真実氏=17日午後、名古屋市

  36. 2020111707762

    新名称「あいち2022」  大林会長と片岡監督  記者会見する「国際芸術祭『あいち2022』」の組織委会長を務める大林剛郎氏(左)と芸術監督の片岡真実氏=17日午後、名古屋市

  37. 2020111707697

    新名称「あいち2022」 記者会見の片岡真実氏ら  記者会見する「国際芸術祭『あいち2022』」の芸術監督に就任した片岡真実氏(手前)と組織委会長を務める大林剛郎氏=17日午後、名古屋市

  38. 2020111707695

    新名称「あいち2022」 記者会見する片岡真実氏  記者会見する「国際芸術祭『あいち2022』」の芸術監督に就任した森美術館館長の片岡真実氏=17日午後、名古屋市

  39. 2020111707692

    新名称「あいち2022」 質問に答える片岡真実氏  記者会見で質問に答える「国際芸術祭『あいち2022』」の芸術監督に就任した森美術館館長の片岡真実氏=17日午後、名古屋市

  40. 2020111706497

    今田陽次さん  「反核詩画家」の作品を歌う広島の声楽家・今田陽次(いまだ・ようじ)さん 「時の人」

  41. 2020111704631

    新生心斎橋パルコを公開 撮影スペース  「心斎橋パルコ」の内覧会で公開された、映画「千と千尋の神隠し」に登場するキャラクターとの撮影スペース=17日午前、大阪市

  42. 2020111806487

    普陀山観音文化園がオープン浙江省舟山市  普陀山観音文化園のメイン建築「観音聖壇」の外観。(資料写真)中国浙江省舟山市に建設されていた「普陀山観音文化園」が15日、正式にオープンした。同園は舟山群島の朱家尖島にある白山の山麓に位置し、海を挟んで普陀山と向き合っている。観音文化を主題としており、教義の普及や文化の伝達、聖地観光などの内容を結び付け、文化体験、芸術展示、文化交流、観光サービスなどの機能を一体化したテーマパークとなっている。(舟山=新華社配信)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020111902584

    群馬県、蘇州市相城区との文化交流促進地方文化芸術センターに入居  16日、2020第1回長江デルタ伝統演劇・大衆演芸文化芸術週間の開幕式で行われた群馬県伝統の特色ある「湯もみ」のパフォーマンス。中国江蘇省蘇州市相城経済技術開発区で16日夜、「2020第1回長江デルタアートウイークおよび中日地域文化交流祭」が開幕した。群馬県は期間中に「中日地方文化芸術センター」への入居契約を結び、同区と文化分野での協力・交流を深めていく姿勢を示した。(蘇州=新華社記者/劉巍巍)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020112008750

    海峡両岸の茶産業博覧会、800社余りが出展福建省武夷山市  16日、台湾地区の企業ブースに展示されたセラミック・アートの作品。中国福建省武夷山市で、第14回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業博覧会が開かれている。16日から3日間の日程で、台湾地区の企業89社を含む海峡両岸の企業800社余りが出展。茶の入れ方コンテストや海岸両岸の茶文化を学ぶワークショップ、高齢者介護・健康産業フォーラムなど各種イベントも楽しめる。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020111902564

    群馬県、蘇州市相城区との文化交流促進地方文化芸術センターに入居  16日、2020第1回長江デルタ伝統演劇・大衆演芸文化芸術週間の開幕式で行われた、群馬県が特注しただるまの点睛(てんせい)式。中国江蘇省蘇州市相城経済技術開発区で16日夜、「2020第1回長江デルタアートウイークおよび中日地域文化交流祭」が開幕した。群馬県は期間中に「中日地方文化芸術センター」への入居契約を結び、同区と文化分野での協力・交流を深めていく姿勢を示した。(蘇州=新華社記者/劉巍巍)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020111902559

    群馬県、蘇州市相城区との文化交流促進地方文化芸術センターに入居  16日、2020第1回長江デルタ伝統演劇・大衆演芸文化芸術週間の開幕式で行われた「中日地方文化芸術センター」の入居契約式。中国江蘇省蘇州市相城経済技術開発区で16日夜、「2020第1回長江デルタアートウイークおよび中日地域文化交流祭」が開幕した。群馬県は期間中に「中日地方文化芸術センター」への入居契約を結び、同区と文化分野での協力・交流を深めていく姿勢を示した。(蘇州=新華社記者/劉巍巍)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020112008744

    海峡両岸の茶産業博覧会、800社余りが出展福建省武夷山市  16日、台湾地区の企業ブースに展示されたセラミック・アート作品を撮影する来場者。中国福建省武夷山市で、第14回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業博覧会が開かれている。16日から3日間の日程で、台湾地区の企業89社を含む海峡両岸の企業800社余りが出展。茶の入れ方コンテストや海岸両岸の茶文化を学ぶワークショップ、高齢者介護・健康産業フォーラムなど各種イベントも楽しめる。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020112008811

    邯鄲市博物館で文化財の魅力に触れる河北省  16日、邯鄲市博物館で展示された中華民国期の磁器人形「青花褐彩和合二仙磁塑」。中国河北省の邯鄲(かんたん)市博物館で現在、磁州窯や古代仏教彫刻など幾つかのテーマ展が開催されている。多くの市民や児童生徒が訪れ、文化財の魅力に触れている。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020111704991

    砂漠にたたずむアート作品甘粛省武威市  15日、砂漠の美術館に展示されているアート作品「飛鳥」。中国甘粛省武威市民勤県はここ数年、砂漠でアート作品を制作する国際イベントを開催し、砂漠に美術品が点在する独特な風景を作り出している。(民勤=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020111806579

    中国近代絵画の巨匠、白石・悲鴻・大千のテーマ展重慶市  15日、テーマ展で作品を鑑賞する来場者。中国重慶市江北区にある徐悲鴻美術館でこのほど、テーマ展「往来千載間(千年を越えて)-白石・悲鴻・大千の世界」が始まった。中国書画の大家、斉白石(せい・はくせき)、徐悲鴻(じょ・ひこう)、張大千(ちょう・だいせん)の名画や文献、書簡など40点(セット)余りが展示されている。(重慶=新華社記者/王全超)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像