検索結果 2 件中 1 件 〜 2 件 "空撮した"
  1. 2018051800683

    「数々の成果」が花開く「一帯一路」海外事業巡礼記  2月1日、マレーシアのマラッカ(ムラカ)州の上空より空撮したマラッカ・ゲートウェイの埋め立て工事の様子。今年は「一帯一路(シルクロード経済ベルトと21世紀海上シルクロード)」国際協力サミットフォーラム開催から1周年を迎える。2017年5月、同フォーラムが北京で成功裏に開催されたことは、「一帯一路」構想の共同構築が理念から行動、計画から実施へと新たな段階に入ったことを示している。「一帯一路」構想が打ち出されてから5年にわたり、中国企業は海外へ次々と進出して国際市場を開拓し、多くのインフラプロジェクトを主宰・実施してきた。ケニアのモンバサ港とナイロビを結ぶ鉄道、ギリシャのピレウス港、中国・パキスタン経済回廊の2大道路といったプロジェクトは、全て秩序よく進められたか、すでに運営が始まっている。今では、「一帯一路」沿線に現れた「数々の成果」のうち、すでに着工している鉄道、道路、港湾、大橋および工業園区(パーク)などのインフラ整備プロジェクトでは、中国の知恵により大地が潤され、あでやかな花が咲き、活力に満ちあふれ、沿線諸国のインフラ環境の改善や同地の経済社会の発展促進に、積極的な役割を果たした。(マレーシア・マラッカ=新華社記者/劉彤)=2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2009042200210

    関東大震災  横須賀海軍航空隊が空撮した東海道線国府津駅付近の鉄道被害。手前が南、上方が北。中央左に転覆列車、右上の駅構内に倒壊した建物が見える。上の線路は東海道線、下が熱海線。後に国府津から御殿場経由沼津間は御殿場線となり、熱海線は東海道線となった=1923(大正12)年9月9日~12日の間(震災被害 鉄道 空撮 交通)※原プリントは防衛研究所の「横須賀海軍航空隊震災写真帖第二輯」にあり 資料 15000-165

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像