検索結果 5 件中 1 件 〜 5 件 "Architecture"
  1. 2019071900149

    「日刊工業新聞」 宇都宮電機製作所の電車向けヒューズ  ヒューズメーカーの宇都宮電機製作所(東京都品川区)が、事業領域を広げている。船舶用ヒューズが祖業だが、近年は鉄道向けを拡大。このほど大手電鉄会社の電車に搭載される、非常走行用電源装置向けで採用が決まった。200本を超える大口受注であり、同社は「さらに搭載車両を増やしていきたい」(西村公彦取締役)と展望している。宇都宮電機製作所は防衛省の認定メーカーで、同社製ヒューズは潜水艦や艦船に使われている。最近はエレベーターやマンションなど建築物にも展開。特に伸びているのが鉄道だ。停電時に走行を可能にする非常走行用電源装置は、今後も搭載車両増加が見込まれる。西村取締役は「ヒューズは表に出ないが、当社は縁の下の力持ちとして頑張りたい」と意気込んでいる。=2019(令和元)年6月21日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  2. 2019011120664

    「新華社」 杭州と黄山を結ぶ高速鉄道が開通「東洋のスイス」にも新駅  8日、杭黄高速鉄道三陽駅の下に広がる「徽派」の古村落。中国浙江省杭州市と安徽省黄山市を結ぶ杭黄高速鉄道が昨年12月25日に開通した。これに伴い、浙江省杭州市との境に位置する安徽省歙(きゅう)県三陽鎮に三陽駅が開業し、中国で唯一、郷鎮にある高速鉄道高架駅となった。三陽駅はプラットホームが高架橋の上に設けられているため視界が広く、列車を降りた乗客の目には、遠方の山々や安徽省周辺の伝統的な建築様式「徽派」の古村落が飛び込んでくるので、乗客はまるで展望台にいるような気分になる。(合肥=新華社記者/劉方強)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019011120756

    「新華社」 杭州と黄山を結ぶ高速鉄道が開通「東洋のスイス」にも新駅  8日、高架橋の上に設けられた杭黄高速鉄道三陽駅。中国浙江省杭州市と安徽省黄山市を結ぶ杭黄高速鉄道が昨年12月25日に開通した。これに伴い、浙江省杭州市との境に位置する安徽省歙(きゅう)県三陽鎮に三陽駅が開業し、中国で唯一、郷鎮にある高速鉄道高架駅となった。三陽駅はプラットホームが高架橋の上に設けられているため視界が広く、列車を降りた乗客の目には、遠方の山々や安徽省周辺の伝統的な建築様式「徽派」の古村落が飛び込んでくるので、乗客はまるで展望台にいるような気分になる。(合肥=新華社記者/劉方強)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019011120668

    「新華社」 杭州と黄山を結ぶ高速鉄道が開通「東洋のスイス」にも新駅  8日、ゆっくりと駅に進入する杭州から黄山に向かう列車。中国浙江省杭州市と安徽省黄山市を結ぶ杭黄高速鉄道が昨年12月25日に開通した。これに伴い、浙江省杭州市との境に位置する安徽省歙(きゅう)県三陽鎮に三陽駅が開業し、中国で唯一、郷鎮にある高速鉄道高架駅となった。三陽駅はプラットホームが高架橋の上に設けられているため視界が広く、列車を降りた乗客の目には、遠方の山々や安徽省周辺の伝統的な建築様式「徽派」の古村落が飛び込んでくるので、乗客はまるで展望台にいるような気分になる。(合肥=新華社記者/劉方強)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2006092700142

    【】  国慶節へ向けた準備着々 北京の天安門広場では来月1日の国慶節へ向けた準備がほぼ完了し、多くの人たちが見学に訪れている。7月にチベット自治区ラサまで開通した青蔵鉄道を記念して、人民大会堂の前にはチベットの象徴的な建築物、ポタラ宮の大型模型が出現した=27日(共同)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像