検索結果 25 件中 1 件 〜 25 件 "Architecture"
  1. 2018082715182

    「新華社」 空海大師記念堂を訪ねて福建省霞浦県赤岸村  23日、空海大師記念堂の敷地内にある石像。中国福建省寧徳市霞浦(かほ)県赤岸(せきがん)村には、日本の高僧、弘法大師空海が同村に上陸したことを記念して建てられた空海大師記念堂がある。中日両国が出資して1994年5月21日に建てられた記念堂は、唐代を模した建築物と日本庭園からなり、記念堂の前には参道と山門があり、他にも記念碑や石塔、石灯籠などがある。(寧徳=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2018082715265

    「新華社」 空海大師記念堂を訪ねて福建省霞浦県赤岸村  23日、空海大師記念堂の外観。中国福建省寧徳市霞浦(かほ)県赤岸(せきがん)村には、日本の高僧、弘法大師空海が同村に上陸したことを記念して建てられた空海大師記念堂がある。中日両国が出資して1994年5月21日に建てられた記念堂は、唐代を模した建築物と日本庭園からなり、記念堂の前には参道と山門があり、他にも記念碑や石塔、石灯籠などがある。(寧徳=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2018082715478

    「新華社」 空海大師記念堂を訪ねて福建省霞浦県赤岸村  23日、空海大師記念堂の外観。中国福建省寧徳市霞浦(かほ)県赤岸(せきがん)村には、日本の高僧、弘法大師空海が同村に上陸したことを記念して建てられた空海大師記念堂がある。中日両国が出資して1994年5月21日に建てられた記念堂は、唐代を模した建築物と日本庭園からなり、記念堂の前には参道と山門があり、他にも記念碑や石塔、石灯籠などがある。(寧徳=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2018082715587

    「新華社」 空海大師記念堂を訪ねて福建省霞浦県赤岸村  23日、空海大師記念堂の前にある石の香炉。中国福建省寧徳市霞浦(かほ)県赤岸(せきがん)村には、日本の高僧、弘法大師空海が同村に上陸したことを記念して建てられた空海大師記念堂がある。中日両国が出資して1994年5月21日に建てられた記念堂は、唐代を模した建築物と日本庭園からなり、記念堂の前には参道と山門があり、他にも記念碑や石塔、石灯籠などがある。(寧徳=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2018082715625

    「新華社」 空海大師記念堂を訪ねて福建省霞浦県赤岸村  23日、唐代の貞元20年(西暦804年)に空海が漂着した福建省寧徳市霞浦県赤岸村。中国福建省寧徳市霞浦(かほ)県赤岸(せきがん)村には、日本の高僧、弘法大師空海が同村に上陸したことを記念して建てられた空海大師記念堂がある。中日両国が出資して1994年5月21日に建てられた記念堂は、唐代を模した建築物と日本庭園からなり、記念堂の前には参道と山門があり、他にも記念碑や石塔、石灯籠などがある。(寧徳=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2018082715235

    「新華社」 空海大師記念堂を訪ねて福建省霞浦県赤岸村  23日、空海大師記念堂の外観。中国福建省寧徳市霞浦(かほ)県赤岸(せきがん)村には、日本の高僧、弘法大師空海が同村に上陸したことを記念して建てられた空海大師記念堂がある。中日両国が出資して1994年5月21日に建てられた記念堂は、唐代を模した建築物と日本庭園からなり、記念堂の前には参道と山門があり、他にも記念碑や石塔、石灯籠などがある。(寧徳=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2018082715332

    「新華社」 空海大師記念堂を訪ねて福建省霞浦県赤岸村  23日、空海大師記念堂の前にある石灯籠。中国福建省寧徳市霞浦(かほ)県赤岸(せきがん)村には、日本の高僧、弘法大師空海が同村に上陸したことを記念して建てられた空海大師記念堂がある。中日両国が出資して1994年5月21日に建てられた記念堂は、唐代を模した建築物と日本庭園からなり、記念堂の前には参道と山門があり、他にも記念碑や石塔、石灯籠などがある。(寧徳=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2018082715276

    「新華社」 空海大師記念堂を訪ねて福建省霞浦県赤岸村  23日、空海大師記念堂の外観。中国福建省寧徳市霞浦(かほ)県赤岸(せきがん)村には、日本の高僧、弘法大師空海が同村に上陸したことを記念して建てられた空海大師記念堂がある。中日両国が出資して1994年5月21日に建てられた記念堂は、唐代を模した建築物と日本庭園からなり、記念堂の前には参道と山門があり、他にも記念碑や石塔、石灯籠などがある。(寧徳=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2018082715078

    「新華社」 空海大師記念堂を訪ねて福建省霞浦県赤岸村  23日、空海大師記念堂の庭園に立てられた線香。中国福建省寧徳市霞浦(かほ)県赤岸(せきがん)村には、日本の高僧、弘法大師空海が同村に上陸したことを記念して建てられた空海大師記念堂がある。中日両国が出資して1994年5月21日に建てられた記念堂は、唐代を模した建築物と日本庭園からなり、記念堂の前には参道と山門があり、他にも記念碑や石塔、石灯籠などがある。(寧徳=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2018082715239

    「新華社」 空海大師記念堂を訪ねて福建省霞浦県赤岸村  23日、空海記念堂の内部にある高さ3メートル余りの空海大師の木彫像。中国福建省寧徳市霞浦(かほ)県赤岸(せきがん)村には、日本の高僧、弘法大師空海が同村に上陸したことを記念して建てられた空海大師記念堂がある。中日両国が出資して1994年5月21日に建てられた記念堂は、唐代を模した建築物と日本庭園からなり、記念堂の前には参道と山門があり、他にも記念碑や石塔、石灯籠などがある。(寧徳=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2018082715288

    「新華社」 空海大師記念堂を訪ねて福建省霞浦県赤岸村  23日、空海大師記念堂のそばにある遍照閣。中国福建省寧徳市霞浦(かほ)県赤岸(せきがん)村には、日本の高僧、弘法大師空海が同村に上陸したことを記念して建てられた空海大師記念堂がある。中日両国が出資して1994年5月21日に建てられた記念堂は、唐代を模した建築物と日本庭園からなり、記念堂の前には参道と山門があり、他にも記念碑や石塔、石灯籠などがある。(寧徳=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2018082715619

    「新華社」 空海大師記念堂を訪ねて福建省霞浦県赤岸村  23日、空海が祭られた遍照閣の内部。中国福建省寧徳市霞浦(かほ)県赤岸(せきがん)村には、日本の高僧、弘法大師空海が同村に上陸したことを記念して建てられた空海大師記念堂がある。中日両国が出資して1994年5月21日に建てられた記念堂は、唐代を模した建築物と日本庭園からなり、記念堂の前には参道と山門があり、他にも記念碑や石塔、石灯籠などがある。(寧徳=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2011022100508

    「極東」 ウラジオの邦人足跡冊子に  日本関連の歴史建築物の所在地を示す地図の前に立つ、藤本和貴夫学長(左)とゾーヤ・モルグン教授=21日、ロシア・ウラジオストクのアルセニエフ博物館(共同)

  14. 2002092600180

     1ページ特集「追想―メモリアル」古代建築物を復元した建築界の最長老、藤島亥治郎さん【】  藤島亥治郎さん  東京都内で行われた白寿講演会での藤島亥治郎さん=98年5月16日

  15. 2018060600809

    「新華社」 560点の古い写真に見る中国の古建築物の美  展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した成都市から広漢市までの途中に建てられた四つの牌坊(中国の伝統的建築様式の門の一つである)。これらはすべて清代に建てられた節孝坊(忠孝貞節の女性を顕彰するために建てられた牌坊)。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

  16. 2018060600914

    「新華社」 560点の古い写真に見る中国の古建築物の美  展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した湔江書院。かつては広漢で有名な書院(私塾)だった。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

  17. 2018060600874

    「新華社」 560点の古い写真に見る中国の古建築物の美  展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した広漢市内にあった牌坊(中国の伝統的建築様式の門の一つ)。梁思成が撮影した時には牌坊の戒石銘はすでに「天下為公」(天下もって公と為す)に変わっていた。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

  18. 2018060600913

    「新華社」 560点の古い写真に見る中国の古建築物の美  展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した広漢市の西城門。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

  19. 2018060600888

    「新華社」 560点の古い写真に見る中国の古建築物の美  展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した懸山建築の山門(寺院の正門)。「龍居古刹」の4文字が見える。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

  20. 2018060600890

    「新華社」 560点の古い写真に見る中国の古建築物の美  展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した金輪場の町並み。定期的に立つ市は「檐廊」と呼ばれる広い軒下で行われた。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

  21. 2018060600897

    「新華社」 560点の古い写真に見る中国の古建築物の美  展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した広漢市南門城壁の上に建てられた奎星閣。「漢州八景」(漢州は現在の四川省徳陽市一帯)に挙げられる「奎楼文筆」は奎星閣を指す。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

  22. 2018060600867

    「新華社」 560点の古い写真に見る中国の古建築物の美  展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した広漢市東門の上に築かれた砲楼(櫓)。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

  23. 2018060600873

    「新華社」 560点の古い写真に見る中国の古建築物の美  展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した城隍廟(都市神である城隍神を祭る廟)にある鐘鼓楼。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

  24. 2018060600882

    「新華社」 560点の古い写真に見る中国の古建築物の美  展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した広漢市高駢鎮にある広東会館の劇台(舞台)。まさに彫刻の殿堂だ。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

  25. 2018060600878

    「新華社」 560点の古い写真に見る中国の古建築物の美  展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した「宗祠」(一族の祖先を祭る祠)へ向かう男児。木造の門には威風堂々としている門神(住宅の入口に立ち、門番の役目を果たす神)が庭園を守り、壁には壁画が残っている。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像