検索結果 1,414 件中 1 件 〜 50 件 "Hall"
  1. 2020022102646

    静岡で京アニ元社員の個展  京都アニメーションの元社員、大村勇貴さんの個展会場=21日午前、静岡県菊川市

  2. 2020020301416

    梓みちよさんが死去  1963年12月、「こんにちは赤ちゃん」で日本レコード大賞を受賞した梓みちよさん=東京・日比谷公会堂

  3. 2020020300462

    元年国内 9629 被爆写真を体系的に後世へ  ファイルに整理された約2000枚の被爆写真。長崎平和推進協会の写真部が被爆当時や戦中、戦後の写真2000枚を収集、分析した=長崎市の国際文化会館 

  4. 2020012500669

    スパコン「富岳」を知って  講演会の会場に展示された「富岳」の模型を見る参加者=25日午後、金沢市

  5. 2019122001012

    「新華社」 ウインタースポーツ展で氷雪文化に触れる天津  12日、会場に展示されている2006年イタリア・トリノ冬季五輪の聖火トーチ。中国天津市体育博物館でこのほど、「氷雪の思い、天津で夢を-新中国天津ウインタースポーツおよび冬季五輪文化収蔵展」が開幕した。新中国成立初期や天津のウインタースポーツの貴重な収蔵品のほか、冬季五輪の聖火トーチ、マスコット、チケット、エンブレム、ポスターなどが展示され、天津のウインタースポーツの長い歴史と、中国のウインタースポーツの飛躍的な発展を示している。(天津=新華社配信/劉惟真)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019122000985

    「新華社」 ウインタースポーツ展で氷雪文化に触れる天津  12日、会場の展示品を見る来場者。中国天津市体育博物館でこのほど、「氷雪の思い、天津で夢を-新中国天津ウインタースポーツおよび冬季五輪文化収蔵展」が開幕した。新中国成立初期や天津のウインタースポーツの貴重な収蔵品のほか、冬季五輪の聖火トーチ、マスコット、チケット、エンブレム、ポスターなどが展示され、天津のウインタースポーツの長い歴史と、中国のウインタースポーツの飛躍的な発展を示している。(天津=新華社配信/劉惟真)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019122000968

    「新華社」 ウインタースポーツ展で氷雪文化に触れる天津  12日、会場に展示されているソチ冬季五輪の聖火ランナーのユニフォーム。中国天津市体育博物館でこのほど、「氷雪の思い、天津で夢を-新中国天津ウインタースポーツおよび冬季五輪文化収蔵展」が開幕した。新中国成立初期や天津のウインタースポーツの貴重な収蔵品のほか、冬季五輪の聖火トーチ、マスコット、チケット、エンブレム、ポスターなどが展示され、天津のウインタースポーツの長い歴史と、中国のウインタースポーツの飛躍的な発展を示している。(天津=新華社配信/劉惟真)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019120900376

    元年国内 7054 対南ア姿勢、決然とせず  南アフリカの黒人解放組織、アフリカ民族会議東京事務所の1周年記念パーティーで、司会のオスマン・サンコン氏(右)と握手する同事務所のジェリー・マツィーラ代表=1989(平成元)年5月27日夜、東京・中野の大学生協会館

  9. 2019121200833

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展覧会に展示された「騎馬俑」。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019121200863

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展に展示された「鳥獣紋穿帯壺」。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019121200771

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展覧会に展示された秦始皇帝陵の兵馬俑の頭部。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019121200835

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展に展示された石の鎧(よろい)。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019121200785

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展に展示された青銅製の虎の形をした割符(わりふ)、杜虎符(とこふ)。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019121200814

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展に展示された「双鹿紋瓦当」。瓦当(がとう)とは中国の古代建築の一種独特な装飾物を指す。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019121200825

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展の会場に並ぶ展示品。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019121200836

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展に展示された秦始皇帝陵の兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019121200829

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展に展示された中国春秋時代末期の呉王夫差矛(ごおうふさやり)。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019121200830

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展に展示された「双獾紋瓦当」。瓦当(がとう)とは中国の古代建築の一種独特な装飾物を指す。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019121200840

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展に展示された正座した人の姿をした陶俑「跽坐俑」。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019121200864

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展に展示された車馬図壁画。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019121200788

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展に展示された秦始皇帝陵の兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019121200790

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展に展示された「虎紋瓦当」。瓦当(がとう)とは中国の古代建築の一種独特な装飾物を指す。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019121201037

    「新華社」 貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省  5日、「平天下-秦の統一」展に展示された雑技をする芸人の姿をした陶俑「百戯俑」。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019120402831

    石炭重視の日本に化石賞  COP25の会場で開かれた「化石賞」の発表イベント=3日、マドリード(共同)

  25. 2019112300552

    京都に宮廷文化シアターを  第7回「日本学賞」の贈呈式でスピーチする所功・京都産業大名誉教授=23日午後、東京都千代田区の学士会館

  26. 2019111401917

    「石山切」などを出品  古典籍展観大入札会に出品される奈良絵本の「天神の縁起」=14日午後、東京都千代田区の東京古書会館

  27. 2019111401913

    「石山切」などを出品  古典籍展観大入札会に出品される「石山切」=14日午後、東京都千代田区の東京古書会館

  28. 2019111401910

    「石山切」などを出品  古典籍展観大入札会に出品される「大聖武」=14日午後、東京都千代田区の東京古書会館

  29. 2019111401906

    「石山切」などを出品  古典籍展観大入札会に出品される「石山切」=14日午後、東京都千代田区の東京古書会館

  30. 2019111303284

    文芸企画「文学流星群」(34)「三浦哲郎・その2」 先生は躍起にならない  「三浦哲郎さんを祝う会」で、師・井伏鱒二さん(左)の前に直立不動で立つ三浦さん。会では小沼丹さんが「立派な仕事を次々に重ね、得難い作家になられた」と述べ、92歳の井伏さんが「三浦君、おめでとう」と乾杯の音頭を取った=1990年4月20日、東京・丸の内の東京会館

  31. 2019110900122

    和歌山ねんりんピック開幕  「ねんりんピック紀の国わかやま2019」の開会式の会場に向かう選手ら=9日午前、和歌山市

  32. 2019110103453

    トリイホールが来春閉館へ  「トリイホール」で閉館を発表する鳥居弘昌代表。左は桂米団治さん=1日午後、大阪市

  33. 2019111104722

    「新華社」 100年以上の歴史を誇る北疆博物院を訪ねて天津市  1日、北疆博物院南館の展示ホールに並ぶ所蔵品の一部。天津自然博物館の前身で、天津外国語大学の敷地内にある北疆(ほくきょう)博物院は、国内で唯一、建築、所蔵品、文献などが完全な状態で保存された100年の歴史を持つ博物館。フランスの博物学者エミール・リサンにより1914年に創設された。所蔵品は動物、植物、古生物、古人類、岩石・鉱物の標本などさまざまな分野にまたがり、総数は20万点を超える。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019102905712

    甲乙A「シニア=ワイド」(ア) 「50年後を念頭に作る」  東京・京橋のLIXILギャラリーの展覧会に出品された宮本茂紀さん修復の椅子。華族会館(旧鹿鳴館)で使われていたといい、背や脚に蒔絵(まきえ)が施されている

  35. 2019110500930

    「新華社」 第14回中国(北京)国際大学生アニメフェス、授賞式開催北京市  28日、授賞式でアニメのテーマ曲を歌う歌手。中国北京市の中国伝媒大学で28日、第14回中国(北京)国際大学生アニメーションフェスティバルの授賞式が開かれた。会場では、注目を集めた「白楊賞・最優秀短編アニメ賞」など、国内外の作品を対象とする「白楊賞」12部門と国内作品が対象の「金花弁賞」3部門の受賞作品が発表された。(北京=新華社記者/肖瀟)=2019(令和元)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019110500938

    「新華社」 第14回中国(北京)国際大学生アニメフェス、授賞式開催北京市  28日、授賞式でアニメをテーマにした相声(漫才)を披露するゲスト出演者。中国北京市の中国伝媒大学で28日、第14回中国(北京)国際大学生アニメーションフェスティバルの授賞式が開かれた。会場では、注目を集めた「白楊賞・最優秀短編アニメ賞」など、国内外の作品を対象とする「白楊賞」12部門と国内作品が対象の「金花弁賞」3部門の受賞作品が発表された。(北京=新華社記者/肖瀟)=2019(令和元)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019110500937

    「新華社」 第14回中国(北京)国際大学生アニメフェス、授賞式開催北京市  28日、授賞式でダンスを披露するダンサー。中国北京市の中国伝媒大学で28日、第14回中国(北京)国際大学生アニメーションフェスティバルの授賞式が開かれた。会場では、注目を集めた「白楊賞・最優秀短編アニメ賞」など、国内外の作品を対象とする「白楊賞」12部門と国内作品が対象の「金花弁賞」3部門の受賞作品が発表された。(北京=新華社記者/肖瀟)=2019(令和元)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019103000361

    「新華社」 江蘇省贛楡で第11回徐福故里海洋文化節  26日、徐福節の開幕式会場に飾られた徐福が日本に渡ったとされる船の模型。中国江蘇省連雲港市贛楡(かんゆ)区で25~27日、「第11回徐福(じょ・ふく)故里海洋文化節(徐福節)」が開催された。秦の始皇帝の命を受けた徐福が不老不死の霊薬を求めて日本に渡ったという伝説は中国で「徐福東渡」と呼ばれ、中華文明を拡散し、さらには日本や韓国の文明発展を後押しした中日韓の友好・交流の先駆けとされている。徐福の故郷とされる贛楡区では、1990年から徐福節を開催し、徐福文化の研究と伝承を強く推進している。今回の徐福節では、徐福にまつわる文化クリエイティブ・デザインコンテストと文化クリエイティブ製品展が初めて開催された。徐福東渡を描いた扇子や木製のしおりなどの作品約千点が集まり、徐福文化の魅力を存分にアピールした。(連雲港=新華社記者/陸華東)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019102800786

    「新華社」 陝西歴史博物館、2020年カレンダー発表「彩陶」360点余り収録  22日、陝西歴史博物館で行われた「2020陝博日暦・彩陶中華」の発表会場でダンスを披露する舞踏家たち。中国陝西省西安市で22日、陝西歴史博物館作成のカレンダー「2020陝博日暦・彩陶中華」が発表された。全国20の省・自治区・直轄市の博物館など50機関が所蔵する先史時代の彩色土器「彩陶」360点余りを収録している。5千年前に中国の大地で彩陶を媒介とした異なる地域間の文化交流と相互作用があったことを示すとともに、彩陶が初期中華文化の形成過程で果たした重要な役割や、後世の物質文化に及ぼした深い影響を明らかにしている。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019100302325

    文芸企画「文学流星群」(28)「須賀敦子・その2」 童心と個人主義の原石  講談社エッセイ賞の贈呈式であいさつする須賀敦子さん。夫ペッピーノさんの臨終の様子を取材すると「人間は自分が死んでいくことに、本当に一生懸命で、私が、そばにいても関係ないように死んでいくの」と語っていた=1991年10月21日、東京・丸の内の東京会館

  41. 2019092100591

    斎田の活用や継承を議論  あいさつする所功京都産業大名誉教授=21日午後、東京都渋谷区の明治神宮会館

  42. 2019092100192

    「京まふ」会場に募金箱  会場に設けられた京都アニメーションへの募金箱=21日午前、京都市

  43. 2019092100182

    「京まふ」会場に募金箱  会場に設けられた京都アニメーションへの応援コーナーで、メッセージを書き込むファン=21日午前、京都市

  44. 2019091600304

    「12段用」 五輪の会場、住所はどこ?  東京都臨海部の人工島「中央防波堤」と海の森水上競技場

  45. 2019091600303

    「12段用」 五輪の会場、住所はどこ?  東京都臨海部の人工島「中央防波堤」と海の森水上競技場

  46. 2019091600302

    五輪の会場、住所はどこ?  東京都臨海部の人工島「中央防波堤」と海の森水上競技場

  47. 2019091600301

    五輪の会場、住所はどこ?  東京都臨海部の人工島「中央防波堤」と海の森水上競技場

  48. 2019090900627

    「新華社」 中国内外の貴重な隕石約30点、天津で公開  5日、展示された隕石を撮影する来場者。中国の天津自然博物館で4日、企画展「天外からの来客-隕石特別展」が始まった。会場には月隕石や火星隕石、チェリャビンスク隕石(ロシア)、吉林隕石(吉林省)、曼桂隕石(雲南省)、シホテアリニ隕石(ロシア)、海頭古城石隕石(仮名、新疆ウイグル自治区)といった貴重な隕石が展示されている。海頭古城石隕石は今年3月に新疆の砂漠地帯で発見され、正式名称を現在申請中だ。学芸員の張雲霞(ちょう・うんか)氏によると、今回の展覧会では各隕石の由来や形成と落下の過程、隕石の分類・識別などの分野に関する展示も行い、実物、パネル、ビデオ、再現模型、体験型展示、科学講座など、多彩な方法で隕石に関する知識の普及を推進し、一般の人々の関心事や隕石にまつわるさまざまな誤解に対し、科学的なアプローチを行うことを目指すという。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019082100435

    東京五輪・パラ企画「トピックス東京2020」第4回 暑さ対策、あの手この手  ビーチバレーのテスト大会会場でミストシャワーに当たる来場者=7月、東京都品川区

  50. 2019080203544

    「写真ニュース」6枚組みの(4) 津波被災地に響く歓声  日本代表のテストマッチを前に、試合会場近くの津波伝承施設「いのちをつなぐ未来館」を訪れた人たち。親子連れが熱心に展示に見入っていた

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像