検索結果 19 件中 1 件 〜 19 件 "open"
  1. 2018070300827

    「新華社」 SCO青島サミットメイン会場が一般開放  7月1日、一般公開された青島オリンピックセーリングセンター内の青島国際会議センター。(小型無人機から)上海協力機構(SCO)加盟国元首理事会第18回会議(青島サミット)のメイン会場として使用された青島オリンピックセーリングセンター内の青島国際会議センターが7月1日、短期間の内部サービス機能に関する計画的整備を行った後、正式に一般開放された。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2018080200403

    「新華社」 SCOサミットがもたらした青島の変化  サミット閉幕後にサービス機能の整備を行い、一般開放されたSCO青島サミットのメイン会場、青島国際会議センター。(小型無人機から7月1日撮影)中国山東省青島市では、上海協力機構(SCO)加盟国元首理事会第18回会議(青島サミット)が行われて以降、「サミット効果」が拡大しつつある。サミット開催地として、その存在を世界にアピールした青島の知名度と名声は日増しに高まっている。都市の景観は飛躍的に向上し、世界中から多くの観光客が訪れている。対外開放による新たな躍進は、同市の経済発展に新たな原動力を注ぎ込んだ。都市の文明度や住みやすさがさらに向上しており、「サミット精神」がこの都市の文明を潤しつつある。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2018080200408

    「新華社」 SCOサミットがもたらした青島の変化  青島オリンピックセーリングセンターの国旗広場を訪れた観光客。(小型無人機から7月1日に撮影)中国山東省青島市では、上海協力機構(SCO)加盟国元首理事会第18回会議(青島サミット)が行われて以降、「サミット効果」が拡大しつつある。サミット開催地として、その存在を世界にアピールした青島の知名度と名声は日増しに高まっている。都市の景観は飛躍的に向上し、世界中から多くの観光客が訪れている。対外開放による新たな躍進は、同市の経済発展に新たな原動力を注ぎ込んだ。都市の文明度や住みやすさがさらに向上しており、「サミット精神」がこの都市の文明を潤しつつある。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2018070300863

    「新華社」 SCO青島サミットメイン会場が一般開放  7月1日、一般公開された青島オリンピックセーリングセンター内の青島国際会議センター。(小型無人機から)上海協力機構(SCO)加盟国元首理事会第18回会議(青島サミット)のメイン会場として使用された青島オリンピックセーリングセンター内の青島国際会議センターが7月1日、短期間の内部サービス機能に関する計画的整備を行った後、正式に一般開放された。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2018070300846

    「新華社」 SCO青島サミットメイン会場が一般開放  7月1日、青島オリンピックセーリングセンター国旗広場を観光する観光客。(小型無人機から)上海協力機構(SCO)加盟国元首理事会第18回会議(青島サミット)のメイン会場として使用された青島オリンピックセーリングセンター内の青島国際会議センターが7月1日、短期間の内部サービス機能に関する計画的整備を行った後、正式に一般開放された。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2018060500269

    「新華社」 【SCO青島サミット】プレスセンターを見てみよう  3日、ドローンで撮影した青島市嶗山区東海路に位置するSCO青島サミットプレスセンター。プレスセンターには新築の施設はないが、独自の特色を備えた海爾(ハイアール)グローバルイノベーションモデル研究センターを会場として選んだ。同研究センターの建物は、ファッショナブルかつロマンチックで青島の特色を備えている。中国山東省青島市で行われる上海協力機構(SCO)加盟国首脳理事会第18回会議(SCO青島サミット)のプレスセンターが6日から正式に開放され、登録した国内外の記者にサービスを提供する。紹介によると、プレスセンターは総面積が約3万5千平方メートル、証明書受領センター、インフォメーションカウンター、公共作業エリア、プレスリリースホール、会議取材、通信保障など29の作業チームを設け、メディア応対、取材、通信、交通、医療、セキュリティーなど全面的な保障を提供する。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2018061100814

    「新華社」 【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔  上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が2000年に撮影した青島体育センター。(青島=新華社配信)下:2018年5月13日にドローンで撮影した青島体育センター。(青島=新華社記者/李紫恒)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2018061100793

    「新華社」 【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔  上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島港とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年5月7日にドローンで撮影した青島港とその周辺。(青島=新華社記者/郭緒雷)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2018052800147

    「新華社」 【SCO青島サミット】幸せを感じる都市青島  4日、青島市浮山湾の美しい夜景。(ドローン撮影)山東省青島市は山東半島南東部の沿岸地域に位置し、中国初の沿岸開放都市の一つで、中国を代表する歴史文化都市であり、「ビールの街」や「帆船の都」などの美名を持つ。紺碧の海、青い空、緑の木々、赤い屋根瓦からひしめく高層ビルまで、そして、カモメが群れをなし、帆船が漂う昼間から、色とりどりのネオンがキラキラと輝く夜景まで、更には、観光客が行き交う観光スポットから、静かで優雅なひと時を過ごせる本屋まで。自然環境に恵まれ、人文的雰囲気を醸し出す青島は、まさに青い空と緑の木々に彩られ、美しい海やおいしい空気を楽しめる幸せを感じられる街作りを目指している。6月上旬には、上海協力機構(SCO)加盟国首脳理事会第18回会議がこの地で開催される。幸せを感じる都市、青島は今まさに発展の真っ只中にある新しい姿で、遠方からの来客を熱烈に迎え入れ、青島サミットの開催を心静かに待っている。(青島=新華社記者/張鋮)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2018061100816

    「新華社」 【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔  上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島・麦島とその周辺。(青島=新華社配信)下:5月4日にドローンで撮影した青島・麦島とその周辺。(青島=新華社記者/李紫恒)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2018061100778

    「新華社」 【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔  上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島桟橋とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年5月4日にドローンで撮影した青島桟橋とその周辺。(青島=新華社記者/李紫恒)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2018052100425

    「新華社」 開放的な青島「上海協力機構の声」に期待  4日、青島の観光名所、美しい「青島桟橋」。(ドローン撮影)青島は赤い屋根瓦、緑の木々、紺碧の海、青い空に彩られ、開放と協力を象徴する青島桟橋が、海に向かって手を伸ばすようにかかっている。上海協力機構(SCO)加盟国首脳理事会第18回会議がまもなく開催されるに伴い、青島には世界のまなざしが集まり、40年に及ぶ「開放のすばらしい日々」がはっきりと示されるだろう。青島は中国初の14カ所の沿岸開放都市の一つであり、開放政策をよりどころに「中国製造」の「青島モデル」の打ち出しから、全方位的な開放構造の構築まで、さらにはよりハイレベルな「国際化+」行動の実施まで、この北方の重要な港湾都市は、中国の絶え間ない開放拡大および輝かしい成果獲得の縮図となった。1カ月ほど前には、開放的な春の「潮流」がボアオで沸き起こっており、初夏の6月には「上海協力機構の声」が青島に鳴り響くことになるだろう。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2018061100892

    「新華社」 【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔  上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島・団島とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年5月4日にドローンで撮影した青島・団島とその周辺。(青島=新華社記者/李紫恒)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2018052800196

    「新華社」 【SCO青島サミット】幸せを感じる都市青島  4日、空から眺めた桟橋と青島湾。(ドローン撮影)山東省青島市は山東半島南東部の沿岸地域に位置し、中国初の沿岸開放都市の一つで、中国を代表する歴史文化都市であり、「ビールの街」や「帆船の都」などの美名を持つ。紺碧の海、青い空、緑の木々、赤い屋根瓦からひしめく高層ビルまで、そして、カモメが群れをなし、帆船が漂う昼間から、色とりどりのネオンがキラキラと輝く夜景まで、更には、観光客が行き交う観光スポットから、静かで優雅なひと時を過ごせる本屋まで。自然環境に恵まれ、人文的雰囲気を醸し出す青島は、まさに青い空と緑の木々に彩られ、美しい海やおいしい空気を楽しめる幸せを感じられる街作りを目指している。6月上旬には、上海協力機構(SCO)加盟国首脳理事会第18回会議がこの地で開催される。幸せを感じる都市、青島は今まさに発展の真っ只中にある新しい姿で、遠方からの来客を熱烈に迎え入れ、青島サミットの開催を心静かに待っている。(青島=新華社記者/張鋮)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2018061100805

    「新華社」 【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔  上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が2000年に撮影した青島・北海造船所(現在のオリンピックセーリングセンター)とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年4月16日にドローンで撮影した青島オリンピックセーリングセンターとその周辺。(青島=新華社記者/郭緒雷)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2018061100777

    「新華社」 【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔  上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島の五四広場とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年4月16日にドローンで撮影した青島の五四広場とその周辺。(青島=新華社記者/郭緒雷)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2004010400024

    【】  首相に「癒やし」提供 新公邸としてよみがえらせるため、大規模リフォームが進む旧首相官邸(手前右)。左は現首相官邸=3日、東京・永田町で共同通信社ヘリから

  18. 2002042200065

    【】  新官邸オープン  開館した新首相官邸。左側は旧官邸=22日午前、東京・永田町で共同通信社ヘリから

  19. 1999051800129

      那覇の駐機場不足に説明を  主要国首脳会議(サミット)に関連して、駐機スペースが狭いと懸念される那覇空港。手前が現在のターミナルビルで、奥が今月26日にオープンする新ターミナル=15日、共同通信社ヘリから

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像