検索結果 618 件中 1 件 〜 50
  1. 2019111501339

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の建築群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019111501283

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の建築群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019111501294

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の建築群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019111501299

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の建築群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019111501340

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の建築群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019111501284

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の建築群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019111803330

    「新華社」 ラオス最大の祭典タートルアン祭り、塔を回り祈りを捧げる  11日夜、金色に輝くタートルアン寺院の周りを回りながら祈りを捧げる人たち。ラオス最大の伝統的宗教行事、タートルアン祭りは、同国の首都ビエンチャンにあるタートルアン寺院で年に1度、太陰暦12月(新暦11月)に行われる。タートルアンは同国でもっとも格式が高いとされる仏塔で、黄金に輝きながら、空高くそびえたっている。今年のタートルアン祭りは5日から1週間にわたって開催され、最終日の11日にはラオスの人びとが僧侶とともに塔の周りを回りながら祈りを捧げていた。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019111803443

    「新華社」 ラオス最大の祭典タートルアン祭り、塔を回り祈りを捧げる  11日夜、ライトアップされ、金色に輝くタートルアン寺院。ラオス最大の伝統的宗教行事、タートルアン祭りは、同国の首都ビエンチャンにあるタートルアン寺院で年に1度、太陰暦12月(新暦11月)に行われる。タートルアンは同国でもっとも格式が高いとされる仏塔で、黄金に輝きながら、空高くそびえたっている。今年のタートルアン祭りは5日から1週間にわたって開催され、最終日の11日にはラオスの人びとが僧侶とともに塔の周りを回りながら祈りを捧げていた。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019102304824

    「新華社」 秋の気配深まる「天空の城」四川省理塘県  チベット仏教寺院のチャムチェン・チョェコルリン(長青春科爾)寺。(10月18日撮影)青海チベット高原の東部にある中国四川省カンゼ・チベット族自治州理塘(りとう)県は、標高約4千メートルで「天空の城」と呼ばれている。同県はここ数年、独特な歴史的・文化的資源を活かして、文化・観光業の発展に力を入れている。県の中心に位置する勒通(ろくつう)古鎮のチベット族大型住居建築群・千戸蔵寨風景区は既におおむねの形が整い、ますます大勢の観光客を引きつけている。(カンゼ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019102304731

    「新華社」 秋の気配深まる「天空の城」四川省理塘県  ダライ・ラマ七世(1708~1757年)の生誕地とされる「仁康古屋」。(10月18日撮影)青海チベット高原の東部にある中国四川省カンゼ・チベット族自治州理塘(りとう)県は、標高約4千メートルで「天空の城」と呼ばれている。同県はここ数年、独特な歴史的・文化的資源を活かして、文化・観光業の発展に力を入れている。県の中心に位置する勒通(ろくつう)古鎮のチベット族大型住居建築群・千戸蔵寨風景区は既におおむねの形が整い、ますます大勢の観光客を引きつけている。(カンゼ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019071706534

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  6日、ミャンマー・バガンの平原にそびえる仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019071706547

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  6日、ミャンマー・バガンの平原に林立する仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019071706581

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  5日、ミャンマー・バガンの平原にそびえる仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019071706535

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  5日、ミャンマー・バガンの平原にそびえる仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019071706551

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  5日、ミャンマー・バガンの平原にそびえる仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019071706647

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  5日、ミャンマー・バガンの平原に林立する仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019071706550

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  5日、ミャンマー・バガンの平原に林立する仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019071706537

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  5日、ミャンマー・バガンの平原にそびえる仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019071706654

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  5日、馬車に乗り、ミャンマー・バガンの風景を楽しむ観光客。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019051701494

    元乃隅稲成神社・資料  元乃隅稲成神社=山口県長門市

  21. 2019071706656

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  ミャンマーのバガンで修復作業が進むタビニュ寺院。ミャンマー中部で2016年8月24日、マグニチュード(M)6・8の地震が発生し、タビニュ寺院を含む数百の仏塔や仏像が被害を受けた。今年の雨期を前に、中国の文化財保護の専門家らが同寺院の修復作業を行った。(5月2日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社記者/荘北寧)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019071706578

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  ミャンマーのバガンで滑車を使ってタビニュ寺院にセメントモルタルを運ぶ労働者。ミャンマー中部で2016年8月24日、マグニチュード(M)6・8の地震が発生し、タビニュ寺院を含む数百の仏塔や仏像が被害を受けた。今年の雨期を前に、中国の文化財保護の専門家らが同寺院の修復作業を行った。(5月2日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社記者/荘北寧)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019042601925

    「新華社」 中国唯一の花崗岩のゴシック大聖堂献堂131周年を迎える  16日に撮影した石室聖心大聖堂の外観。中国広東省広州市の石室(せきしつ)聖心大聖堂は、同市中心部の一徳路にあり、広州観光の有名スポットの一つ、広州教区に位置するゴシック建築の建物だ。1863年6月18日、イエスの聖心(SacredHeartofJesus)の祭日に定礎式が行われたことから、イエス聖心堂と呼ばれているが、全ての壁と柱に花崗岩(かこうがん)が使われているため、広州の人々からは「石室」と呼ばれている。同聖堂は雄大で凛々しい「ゴシック」スタイルで知られており、比較的保存状態が良く、1996年に「全国重点文物保護単位」に指定されている。ここでは中国語、英語、韓国語によるミサが毎日行われ、同市で暮らす国内外の信者たちの心の拠り所となっている。(広州=新華社配信/広州市越秀区民族宗教事務局提供)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:広州市越秀区民族宗教事務局/新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019042601956

    「新華社」 中国唯一の花崗岩のゴシック大聖堂献堂131周年を迎える  16日に撮影した石室聖心大聖堂の外観。中国広東省広州市の石室(せきしつ)聖心大聖堂は、同市中心部の一徳路にあり、広州観光の有名スポットの一つ、広州教区に位置するゴシック建築の建物だ。1863年6月18日、イエスの聖心(SacredHeartofJesus)の祭日に定礎式が行われたことから、イエス聖心堂と呼ばれているが、全ての壁と柱に花崗岩(かこうがん)が使われているため、広州の人々からは「石室」と呼ばれている。同聖堂は雄大で凛々しい「ゴシック」スタイルで知られており、比較的保存状態が良く、1996年に「全国重点文物保護単位」に指定されている。ここでは中国語、英語、韓国語によるミサが毎日行われ、同市で暮らす国内外の信者たちの心の拠り所となっている。(広州=新華社配信/広州市越秀区民族宗教事務局提供)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:広州市越秀区民族宗教事務局/新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019042601928

    「新華社」 中国唯一の花崗岩のゴシック大聖堂献堂131周年を迎える  16日、夜のとばりに包まれた石室聖心大聖堂。中国広東省広州市の石室(せきしつ)聖心大聖堂は、同市中心部の一徳路にあり、広州観光の有名スポットの一つ、広州教区に位置するゴシック建築の建物だ。1863年6月18日、イエスの聖心(SacredHeartofJesus)の祭日に定礎式が行われたことから、イエス聖心堂と呼ばれているが、全ての壁と柱に花崗岩(かこうがん)が使われているため、広州の人々からは「石室」と呼ばれている。同聖堂は雄大で凛々しい「ゴシック」スタイルで知られており、比較的保存状態が良く、1996年に「全国重点文物保護単位」に指定されている。ここでは中国語、英語、韓国語によるミサが毎日行われ、同市で暮らす国内外の信者たちの心の拠り所となっている。(広州=新華社配信/広州市越秀区民族宗教事務局提供)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:広州市越秀区民族宗教事務局/新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019040500316

    松陰神社・資料  松陰神社。松下村塾の生徒を祭神とする=2019年3月12日、東京都世田谷区

  27. 2019032800604

    「新華社」 観音文化の発祥地·香山普門禅寺を訪ねて河南省  香山普門禅寺の境内に建つ鐘楼。(3月11日撮影)中国河南省平頂山(へいちょうざん)市に位置する香山普門禅寺(こうざんふもんぜんじ)は観音文化の発祥地で、香山寺とも呼ばれている。同寺は平頂山市新城区から北に5キロの場所にあり、敷地面積は約6万平方メートル。香山寺の石碑の碑文によれば、同寺は後漢の光和4年(西暦181年)に建立され、1800年以上の歴史を持つ。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019032800613

    「新華社」 観音文化の発祥地·香山普門禅寺を訪ねて河南省  香山普門禅寺の境内に建つ大慈悲殿。(3月11日撮影)。中国河南省平頂山(へいちょうざん)市に位置する香山普門禅寺(こうざんふもんぜんじ)は観音文化の発祥地で、香山寺とも呼ばれている。同寺は平頂山市新城区から北に5キロの場所にあり、敷地面積は約6万平方メートル。香山寺の石碑の碑文によれば、同寺は後漢の光和4年(西暦181年)に建立され、1800年以上の歴史を持つ。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019032800717

    「新華社」 観音文化の発祥地·香山普門禅寺を訪ねて河南省  香山普門禅寺の境内に建つ大慈悲殿。(3月11日撮影)。中国河南省平頂山(へいちょうざん)市に位置する香山普門禅寺(こうざんふもんぜんじ)は観音文化の発祥地で、香山寺とも呼ばれている。同寺は平頂山市新城区から北に5キロの場所にあり、敷地面積は約6万平方メートル。香山寺の石碑の碑文によれば、同寺は後漢の光和4年(西暦181年)に建立され、1800年以上の歴史を持つ。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019030107020

    多摩川浅間神社(東京都)・資料  多摩川浅間神社、東京都大田区田園調布=2019年2月16日

  31. 2019030106929

    日枝神社(東京都)・資料  日枝神社=2019年2月22日、東京都千代田区永田町

  32. 2019030106915

    京浜伏見稲荷神社・資料  京浜伏見稲荷神社=2019年2月10日、神奈川県川崎市中原区

  33. 2018120506459

    「新華社」 中国で最も海抜の低い寺、東明寺  11月29日、東明寺南山門の扁額。広州市仏教協会会長、広州光孝寺住職の新成大和尚による「東海明珠」の文字が金めっきで記されている。中国福建省漳州市東山(とうざん)県の観光地、東門嶼の北側にある仏澳に位置する東明寺は、明代に建立された。同寺の敷地面積は200ムー(約13・3ヘクタール)で、山門、仏室、宝殿、玉仏壇、蔵経閣、鐘楼など30余りの建築物がある。寺の前殿は「天王殿」で、弥勒菩薩と四天王を祭っている。天王殿の前は海で、中国で最も海抜の低い寺という同寺の大きな特色となっている。海抜はわずか60センチ余り、海との距離も1メートル余りで、海面とほぼ同じ高さだ。東明寺は元々、小さな祠にすぎなかった。住職の道裕法師が1987年、僧侶と共に海を渡り、荒れた山を開拓して東明寺を拡張したことで、建築面積は6千平方メートルを超え、現在の壮大な仏教建築群が形成された。(漳州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2018112704600

    昭和の風景・資料  太鼓谷稲成神社の千本鳥居=1968(昭和43)年3月、島根県津和野町

  35. 2018081600318

    「新華社」 勒通古鎮、歴史と文化の魅力を発信四川省理塘県  13日、ダライ・ラマ七世の生誕地とされる勒通古鎮の仁康古屋。中国四川省カンゼ・チベット族自治州理塘県はここ数年、旧市街の整理を行い、ダライ・ラマ七世(1708~1757年)の生誕地とされる「仁康古屋」や康巴(カンパ)チベット族の文化が色濃く残る「仁康古街」、チベット族の大型住居建築群「千戸藏寨」などを勒通古鎮として整備し、同県の歴史や文化の魅力を集中的にアピールしている。古鎮開発では、既存の自然景観や郷村の特色をできるだけ破壊しないよう保護と開発の双方に重きを置き、観光による貧困扶助や周辺地域への波及効果を発揮させるという計画のもと、「街の中に景観があり景観の中に街がある」という高原地域の街と景観の一体化を実現させた。(理塘=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2018052500392

    元乃隅稲成神社・資料  元乃隅稲成神社=2018年5月24日、山口県長門市(共同通信社ヘリから)

  37. 2018052500388

    元乃隅稲成神社・資料  元乃隅稲成神社=2018年5月24日、山口県長門市(共同通信社ヘリから)

  38. 2018061300673

    「山陽新聞」 黒住教武道館  厳かな雰囲気が漂う黒住教武道館。柔道着姿の子どもたちの気合が館内に響く。釣り手で相手の襟をつかみ攻めていく瞳は皆、真剣そのものだ。宗忠神社(岡山市北区上中野)の一角に立つ黒住教武道館。300畳ほどの広さを持つ建物は、瓦ぶきの大きな屋根が印象的で厳かな雰囲気を漂わす。=2018(平成30)年5月11日、岡山市北区上中野、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  39. 2018032200812

    「新華社」 ポタラ宮で迎える賑やかな朝  12日、日差しを浴びて金色に輝くポタラ宮。ポタラ宮の足元に広がる歴史ある庭園「宗角禄康公園」は、朝に中国チベット自治区ラサ市内で最も賑わう場所の一つだ。転経器(チベット仏教で用いられる宗教用具)を回しながら真言(マントラ)を唱えるお年寄り、早朝の鍛錬に励む市民や観光客らがここに集まってくる。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2018071200796

    「長崎新聞」 牢屋の窄殉教記念聖堂 キーワード:久賀島、五島崩れ、発電所の施設、記念聖堂、建立、浜脇教会、4つの巡回教会、キリスト教、潜伏キリシタン遺産=2017(平成29)年12月20日、長崎県五島市、クレジット:長崎新聞社/共同通信イメージズ

  41. 2018070402100

    「長崎新聞」 久賀島の旧五輪教会堂  キーワード:旧五輪教会堂、内部、建築物、重要文化財、大工棟梁、久賀島、平山亀吉、和洋折衷、五島列島、ツバキ、油、亀河原、重要文化的景観、外海、移住者、潜伏キリシタン、隠れキリシタン、キリスト教、港、民家、久賀島、集落、五輪地区、42人、殉教、牢屋の窄事件、現場、信仰之碑、牢死者、石碑、潜伏キリシタン遺産=2017(平成29)年12月20日、長崎県五島市久賀島、クレジット:長崎新聞社/共同通信イメージズ

  42. 2018070402105

    「長崎新聞」 久賀島の旧五輪教会堂  キーワード:旧五輪教会堂、内部、建築物、重要文化財、大工棟梁、久賀島、平山亀吉、和洋折衷、五島列島、ツバキ、油、亀河原、重要文化的景観、外海、移住者、潜伏キリシタン、隠れキリシタン、キリスト教、港、民家、久賀島、集落、五輪地区、42人、殉教、牢屋の窄事件、現場、信仰之碑、牢死者、石碑、潜伏キリシタン遺産=2017(平成29)年12月20日、長崎県五島市久賀島、クレジット:長崎新聞社/共同通信イメージズ

  43. 2018070402095

    「長崎新聞」 久賀島の牢屋の窄  キーワード:潜伏キリシタン遺産、隠れキリシタン、キリスト教、五島崩れ、信徒発見、久賀島、牢屋の窄、収容=2017(平成29)年12月20日、長崎県五島市、クレジット:長崎新聞社/共同通信イメージズ

  44. 2017090400300

    厳島神社・資料  厳島神社厳島神社の東回廊(左)、大鳥居(奥)、客神社祓殿(右)=2017年7月20日、広島県廿日市市

  45. 2017090400297

    厳島神社・資料  厳島神社の東回廊(左)、大鳥居(奥)、客神社祓殿(右)=2017年7月20日、広島県廿日市市

  46. 2017090400275

    厳島神社・資料  厳島神社の高舞台=2017年7月20日、広島県廿日市市

  47. 2017090400261

    厳島神社・資料  厳島神社=2017年7月19日、広島県廿日市市

  48. 2017090400260

    厳島神社・資料  宮厳島神社=2017年7月19日、広島県廿日市市

  49. 2017090400208

    厳島神社・資料  早朝の厳島神社大鳥居=2017年7月20日、広島県廿日市市

  50. 2017090400203

    厳島神社・資料  ライトアップされた厳島神社の大鳥居=2017年7月19日、広島県廿日市市

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像