検索結果 21,356 件中 1 件 〜 50
  1. 2020060509433

    モスクで初めての金曜礼拝 回廊で祈る礼拝者  5日、ジャカルタのアグンスンダクラパ・モスクの建物内に入れず、回廊で祈る礼拝者(共同)

  2. 2020060210604

    不満噴出、コロナ拍車 聖書手に話すトランプ氏  ホワイトハウス近くの教会で、聖書を手に話すトランプ米大統領=1日(ロイター=共同) 「表層深層」米黒人暴行死1週間

  3. 2020060210220

    接近で感染リスク2倍も モスク  1日、モスクワのモスクで礼拝の際に社会的距離を確保し、マスクを着用するイスラム教徒(タス=共同)

  4. 2020060204276

    デモ強制排除し記念撮影 記念撮影するトランプ氏  1日、米首都ワシントンの教会前で聖書を掲げて記念撮影するトランプ大統領(ロイター=共同)

  5. 2020060101107

    文殊菩薩の中にミニ仏像 文殊菩薩騎獅像  奈良国立博物館がエックス線CTスキャン調査した大智寺の本尊・文殊菩薩騎獅像=1日午後、奈良市

  6. 2020060100427

    鯨塚や台場跡に海辺の名残 寄木神社のこま犬  寄木神社のこま犬。頭の上が皿のようになっている=東京都品川区 「東京日和」

  7. 2020060100425

    鯨塚や台場跡に海辺の名残 寄木神社  南品川猟師町の鎮守だった寄木神社=東京都品川区 「東京日和」

  8. 2020060100050

    東大寺大仏殿が拝観再開 大仏殿を訪れた人たち  拝観が再開された東大寺大仏殿を訪れた人たち=1日午前、奈良市

  9. 2020052903188

    世界は「社会主義」化する 中野剛志氏  評論家の中野剛志氏 大型評論「新型コロナと文明」(オピニオン欄用)

  10. 2020052903187

    世界は「社会主義」化する 中野剛志氏  評論家の中野剛志氏 大型評論「新型コロナと文明」(オピニオン欄用)

  11. 2020060402087

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」を制作する陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020060402083

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」を制作する陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020060402008

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で制作された馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」の作品。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020060402135

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、「織物タンカ」の制作に使う糸を伸ばす陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020060402136

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、「織物タンカ」の制作に使う糸の巻き方を牧畜民に指導する陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教のタンカ)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020060402125

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」の制作技術を学ぶ牧畜民。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020060402106

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」を学ぶ牧畜民。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020060402043

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」を学ぶ牧畜民。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教のタンカ)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020060402040

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」を制作する陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020060402154

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」の制作技術を生徒に指導する陶格日勒さん(左)。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020060402140

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」の制作技術を学ぶ牧畜民。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教のタンカ)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020060402163

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」を制作する陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020060402162

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」の制作技術を牧畜民に指導する陶格日勒さん(中央)。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020060402109

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」の制作技術を牧畜民に指導する陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020060402110

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、「織物タンカ」の制作に使う糸を巻く陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020060402090

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」の制作技術を学ぶ牧畜民。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020052801785

    根津神社の鳥居・資料 根津神社の鳥居  根津神社の鳥居=2020年5月28日、東京都文京区

  28. 2020052801729

    断食明けの小遣いは新札で コロナ禍のインドネシア  世界最多のイスラム教徒を抱えるインドネシアの首都ジャカルタの路上で、断食月明けにお年玉のように子どもにあげるお小遣い用の新札が売られていました。「10万ルピア(約730円)の新札が10万5千ルピアだよ」と売り子のインドラさん。行き交う車に声を掛けますが、なかなか止まってくれません。「やっぱり新型コロナウイルスのせいだね」と困り果てていました。(撮影・岡田健太郎、共同) 「アジアの1枚」

  29. 2020052801625

    ロシアのオウム幹部初公判 ロシア西部のオウム信者  ロシア西部ウラジーミル州のオウム真理教施設で教祖の写真を前に修行する男性=2000年2月(タス=共同)

  30. 2020052801017

    犠牲者思い、追悼の祈り 追悼ミサの会場  追悼ミサのためカリタス学園の講堂に設けられた祭壇=27日、川崎市多摩区(代表撮影)

  31. 2020052701685

    豊臣秀吉の坐像を発見 見つかった坐像  大宮神社で見つかった豊臣秀吉の坐像=大阪市 「ニュースアラカルト」(文化)「豊臣秀吉の坐像を発見」

  32. 2020052602841

    首都圏クラブも再始動 取材に応じる東  オンラインで取材に応じるFC東京の東=26日

  33. 2020052602824

    新興国、デフォルト相次ぐ レバノン  ベイルートのモスクで金曜礼拝に臨むイスラム教徒=22日(ロイター=共同)

  34. 2020052500858

    かつては江戸の玄関口 芝浜囃子の碑  御穂鹿島神社に立つ「芝浜囃子の碑」=東京都港区 「東京日和」

  35. 2020052500015

    京都の外国人宿泊客9割減 観光客がまばらな清水寺  観光客がまばらな京都・清水寺の仁王門前=23日

  36. 2020052701066

    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市  太山竜泉寺の阿弥陀仏像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020052201622

    湾岸諸国で感染急拡大 モスクで祈る人々  サウジアラビア・メッカのモスク(イスラム教礼拝所)で祈る人々=19日(ロイター=共同)

  38. 2020052200538

    塚本三郎氏が死去 塚本三郎氏  死去した塚本三郎氏

  39. 2020052106323

    宣言継続、悲鳴と諦め 閑散とする浅草寺内  閑散とする東京・浅草寺。東京都は緊急事態宣言継続となった=21日午後

  40. 2020052106321

    宣言継続、悲鳴と諦め 閑散とする浅草寺  閑散とする東京・浅草寺。東京都は緊急事態宣言継続となった=21日午後

  41. 2020052106171

    休業要請、大部分で終了へ 閑散とする京都・清水寺  閑散とする京都・清水寺=21日午後

  42. 2020052104388

    等身大の秀吉坐像発見 等身大の豊臣秀吉坐像  大宮神社で見つかった等身大の豊臣秀吉坐像=大阪市

  43. 2020052104387

    等身大の秀吉坐像発見 豊臣秀吉坐像  大宮神社で見つかった等身大の豊臣秀吉坐像=大阪市

  44. 2020052001946

    佐藤猛さん  英仏の「百年戦争」を執筆した秋田大准教授の佐藤猛(さとう・たけし)さん 「時の人」

  45. 2020051904965

    近畿3府県の解除検討 仁王門  閑散とする京都・清水寺の仁王門前=19日午後

  46. 2020051904855

    国のため、熱狂は葛藤へ 上原良司の遺書「所感」  特攻戦死した上原良司が出撃前夜に記した遺書「所感」のコピー。「明日は自由主義者が一人この世から去って行きます」と書かれている ミニ特集「特攻隊員の遺書」

  47. 2020051904808

    唐招提寺で恒例うちわまき うちわまき  奈良・唐招提寺の恒例行事「うちわまき」で、鼓楼からうちわをまく僧侶=19日午後

  48. 2020051904805

    唐招提寺で恒例うちわまき うちわまき  奈良・唐招提寺の恒例行事「うちわまき」で、鼓楼からうちわをまく僧侶。新型コロナウイルス対策で拝観停止中のため、一般の参拝客を入れずに関係者のみで実施した=19日午後

  49. 2020051904803

    唐招提寺で恒例うちわまき うちわまき  奈良・唐招提寺の恒例行事「うちわまき」で、鼓楼からうちわをまく僧侶。新型コロナウイルス対策で拝観停止中のため、一般の参拝客を入れずに関係者のみで実施した=19日午後

  50. 2020051904590

    寺院が心のよりどころ 閑散とする教会  閑散とする「カトリック川口教会」。普段なら200人以上が集まる日曜ミサは自粛中だ。この日はフィリピン出身の女性が1人訪れ、静かに事態の収束を祈っていた=10日、埼玉県川口市 「写真ニュース」7枚組みの(5)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像