検索結果 25,699 件中 1 件 〜 50
  1. 2019111700512

    「被爆者の思い伝えたい」  ローマ法王への手紙を書く高校生平和大使の松田小春さん(手前)と北畑希実さん=17日午後、広島市

  2. 2019111700511

    「被爆者の思い伝えたい」  ローマ法王への手紙を書く(左から)松田小春さん、北畑希実さん、牟田悠一郎さん=17日午後、広島市

  3. 2019111700283

    法王に長崎の特産品献上へ  ローマ法王フランシスコに献上する長崎の名産品など=17日、長崎市

  4. 2019111600541

    奈良、東大寺で書家が揮毫  奈良・東大寺に奉納された岡西佑奈さんの作品=16日午後

  5. 2019111600539

    奈良、東大寺で書家が揮毫  奈良・東大寺で揮毫する岡西佑奈さん=16日午後

  6. 2019111600538

    奈良、東大寺で書家が揮毫  奈良・東大寺で揮毫した書家の岡西佑奈さん=16日午後

  7. 2019111803435

    「新華社」 王岐山氏、孔子生誕2570周年記念国際シンポに出席  16日、孔子生誕2570周年記念国際シンポジウム兼国際儒学連合会第6回会員大会の開幕式に先立ち、記念撮影に応じる王岐山氏と来賓。中国の王岐山(おう・きざん)国家副主席は16日、北京の人民大会堂で孔子生誕2570周年記念国際シンポジウム兼国際儒学連合会第6回会員大会の開幕式に出席し、あいさつした。(北京=新華社記者/鞠鵬)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019111505612

    法王、ミサに袴田さん招待  ローマ法王フランシスコ(ロイター=共同)、袴田巌さん

  9. 2019111503348

    危険物検査、新宿でも実験  東京メトロ霞ケ関駅で行われた乗客の危険物所持を調べる検査の実証実験=3月

  10. 2019111502765

    オウムへの規制強化を要請  「オウム真理教対策関係市区町連絡会」会長の近藤弥生・東京都足立区長(右)から要請書を受け取る森法相=15日午後、法務省

  11. 2019111401108

    視標「大嘗祭」(オピニオン欄用) 政教分離原則抵触せず  高森明勅・国学院大講師

  12. 2019111401098

    「アジアの1枚」 華やかな衣装で大人へ一歩  トルコ南東部シャンルウルファで、「割礼」の儀式のための衣装を着てポーズをとる男の子。国民の大半がイスラム教徒のトルコでは、男性が子どものうちに割礼を受けるのが今も一般的だそうです。この場所は、預言者アブラハムが生まれたとされる洞窟。「聖なる地」で華やかな衣装を身にまとい、大人への第一歩を刻んでいるようでした。(撮影・吉田昌樹、共同)

  13. 2019111303334

    「ニュースなぜなに」「国語に関する世論調査」 「絆」は漢字、10人中9人  2011年の「今年の漢字」だった「絆」=2011年12月、京都・清水寺(きよみずでら)

  14. 2019111302436

    イスラエル占領地産明記を  ヨルダン川西岸のユダヤ人入植地付近で、ブドウを収穫する人々=2012年8月(ロイター=共同)

  15. 2019111803670

    「新華社」 タンカ職人が指先の技の伝承甘粛省甘南チベット族自治州  13日、甘粛省甘南チベット族自治州合作市にあるタンカ制作会社で、タンカを描く絵師の普措多傑さん。中国甘粛省甘南(かんなん)チベット族自治州の合作市に住む万瑪南さん(27)は、幼い頃から父親にタンカ(チベット仏教の仏画)の描画技術を学んできた。彼は昨年、タンカの制作・加工専門会社を設立、30人以上の若いタンカ職人を育成し、伝統的な技術の伝承に取り組んできた。タンカはチベット族の「文化の名刺」と呼ばれている。タンカ職人は天然の鉱物で作った顔料を用い、金箔などの金属素材を加えて、布の上に絵を描く。緻密な構図を持ち、よどみのない滑らかな線で描かれるタンカは、中国の民族絵画芸術の逸品として、国家級無形文化遺産リストに登録されている。(甘南=新華社記者/耿馨寧)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019111803523

    「新華社」 タンカ職人が指先の技の伝承甘粛省甘南チベット族自治州  13日、甘粛省甘南チベット族自治州合作市にあるタンカ制作会社で、タンカを描く絵師の貢保南さん。中国甘粛省甘南(かんなん)チベット族自治州の合作市に住む万瑪南さん(27)は、幼い頃から父親にタンカ(チベット仏教の仏画)の描画技術を学んできた。彼は昨年、タンカの制作・加工専門会社を設立、30人以上の若いタンカ職人を育成し、伝統的な技術の伝承に取り組んできた。タンカはチベット族の「文化の名刺」と呼ばれている。タンカ職人は天然の鉱物で作った顔料を用い、金箔などの金属素材を加えて、布の上に絵を描く。緻密な構図を持ち、よどみのない滑らかな線で描かれるタンカは、中国の民族絵画芸術の逸品として、国家級無形文化遺産リストに登録されている。(甘南=新華社記者/耿馨寧)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019111803605

    「新華社」 タンカ職人が指先の技の伝承甘粛省甘南チベット族自治州  13日、甘粛省甘南チベット族自治州合作市にあるタンカ制作会社所蔵のタンカ(一部)。中国甘粛省甘南(かんなん)チベット族自治州の合作市に住む万瑪南さん(27)は、幼い頃から父親にタンカ(チベット仏教の仏画)の描画技術を学んできた。彼は昨年、タンカの制作・加工専門会社を設立、30人以上の若いタンカ職人を育成し、伝統的な技術の伝承に取り組んできた。タンカはチベット族の「文化の名刺」と呼ばれている。タンカ職人は天然の鉱物で作った顔料を用い、金箔などの金属素材を加えて、布の上に絵を描く。緻密な構図を持ち、よどみのない滑らかな線で描かれるタンカは、中国の民族絵画芸術の逸品として、国家級無形文化遺産リストに登録されている。(甘南=新華社記者/耿馨寧)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019111803336

    「新華社」 タンカ職人が指先の技の伝承甘粛省甘南チベット族自治州  13日、甘粛省甘南チベット族自治州合作市にあるタンカ制作会社で、タンカを描く絵師の貢保南さん。中国甘粛省甘南(かんなん)チベット族自治州の合作市に住む万瑪南さん(27)は、幼い頃から父親にタンカ(チベット仏教の仏画)の描画技術を学んできた。彼は昨年、タンカの制作・加工専門会社を設立、30人以上の若いタンカ職人を育成し、伝統的な技術の伝承に取り組んできた。タンカはチベット族の「文化の名刺」と呼ばれている。タンカ職人は天然の鉱物で作った顔料を用い、金箔などの金属素材を加えて、布の上に絵を描く。緻密な構図を持ち、よどみのない滑らかな線で描かれるタンカは、中国の民族絵画芸術の逸品として、国家級無形文化遺産リストに登録されている。(甘南=新華社記者/耿馨寧)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019111803358

    「新華社」 タンカ職人が指先の技の伝承甘粛省甘南チベット族自治州  13日、甘粛省甘南チベット族自治州合作市にあるタンカ制作会社所蔵のタンカ(一部)。中国甘粛省甘南(かんなん)チベット族自治州の合作市に住む万瑪南さん(27)は、幼い頃から父親にタンカ(チベット仏教の仏画)の描画技術を学んできた。彼は昨年、タンカの制作・加工専門会社を設立、30人以上の若いタンカ職人を育成し、伝統的な技術の伝承に取り組んできた。タンカはチベット族の「文化の名刺」と呼ばれている。タンカ職人は天然の鉱物で作った顔料を用い、金箔などの金属素材を加えて、布の上に絵を描く。緻密な構図を持ち、よどみのない滑らかな線で描かれるタンカは、中国の民族絵画芸術の逸品として、国家級無形文化遺産リストに登録されている。(甘南=新華社記者/耿馨寧)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019111803371

    「新華社」 タンカ職人が指先の技の伝承甘粛省甘南チベット族自治州  13日、甘粛省甘南チベット族自治州合作市にあるタンカ制作会社所蔵のタンカ(一部)。中国甘粛省甘南(かんなん)チベット族自治州の合作市に住む万瑪南さん(27)は、幼い頃から父親にタンカ(チベット仏教の仏画)の描画技術を学んできた。彼は昨年、タンカの制作・加工専門会社を設立、30人以上の若いタンカ職人を育成し、伝統的な技術の伝承に取り組んできた。タンカはチベット族の「文化の名刺」と呼ばれている。タンカ職人は天然の鉱物で作った顔料を用い、金箔などの金属素材を加えて、布の上に絵を描く。緻密な構図を持ち、よどみのない滑らかな線で描かれるタンカは、中国の民族絵画芸術の逸品として、国家級無形文化遺産リストに登録されている。(甘南=新華社記者/耿馨寧)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019111803392

    「新華社」 タンカ職人が指先の技の伝承甘粛省甘南チベット族自治州  13日、甘粛省甘南チベット族自治州合作市にあるタンカ制作会社で、タンカを描く絵師の万瑪南さん。中国甘粛省甘南(かんなん)チベット族自治州の合作市に住む万瑪南さん(27)は、幼い頃から父親にタンカ(チベット仏教の仏画)の描画技術を学んできた。彼は昨年、タンカの制作・加工専門会社を設立、30人以上の若いタンカ職人を育成し、伝統的な技術の伝承に取り組んできた。タンカはチベット族の「文化の名刺」と呼ばれている。タンカ職人は天然の鉱物で作った顔料を用い、金箔などの金属素材を加えて、布の上に絵を描く。緻密な構図を持ち、よどみのない滑らかな線で描かれるタンカは、中国の民族絵画芸術の逸品として、国家級無形文化遺産リストに登録されている。(甘南=新華社記者/耿馨寧)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019111803347

    「新華社」 タンカ職人が指先の技の伝承甘粛省甘南チベット族自治州  13日、甘粛省甘南チベット族自治州合作市にあるタンカ制作会社の工房に並ぶタンカを描くための顔料。中国甘粛省甘南(かんなん)チベット族自治州の合作市に住む万瑪南さん(27)は、幼い頃から父親にタンカ(チベット仏教の仏画)の描画技術を学んできた。彼は昨年、タンカの制作・加工専門会社を設立、30人以上の若いタンカ職人を育成し、伝統的な技術の伝承に取り組んできた。タンカはチベット族の「文化の名刺」と呼ばれている。タンカ職人は天然の鉱物で作った顔料を用い、金箔などの金属素材を加えて、布の上に絵を描く。緻密な構図を持ち、よどみのない滑らかな線で描かれるタンカは、中国の民族絵画芸術の逸品として、国家級無形文化遺産リストに登録されている。(甘南=新華社記者/耿馨寧)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019111803534

    「新華社」 タンカ職人が指先の技の伝承甘粛省甘南チベット族自治州  13日、甘粛省甘南チベット族自治州合作市にあるタンカ制作会社所蔵のタンカ(一部)。中国甘粛省甘南(かんなん)チベット族自治州の合作市に住む万瑪南さん(27)は、幼い頃から父親にタンカ(チベット仏教の仏画)の描画技術を学んできた。彼は昨年、タンカの制作・加工専門会社を設立、30人以上の若いタンカ職人を育成し、伝統的な技術の伝承に取り組んできた。タンカはチベット族の「文化の名刺」と呼ばれている。タンカ職人は天然の鉱物で作った顔料を用い、金箔などの金属素材を加えて、布の上に絵を描く。緻密な構図を持ち、よどみのない滑らかな線で描かれるタンカは、中国の民族絵画芸術の逸品として、国家級無形文化遺産リストに登録されている。(甘南=新華社記者/耿馨寧)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019111803510

    「新華社」 タンカ職人が指先の技の伝承甘粛省甘南チベット族自治州  13日、甘粛省甘南チベット族自治州合作市にあるタンカ制作会社所蔵のタンカ(一部)。中国甘粛省甘南(かんなん)チベット族自治州の合作市に住む万瑪南さん(27)は、幼い頃から父親にタンカ(チベット仏教の仏画)の描画技術を学んできた。彼は昨年、タンカの制作・加工専門会社を設立、30人以上の若いタンカ職人を育成し、伝統的な技術の伝承に取り組んできた。タンカはチベット族の「文化の名刺」と呼ばれている。タンカ職人は天然の鉱物で作った顔料を用い、金箔などの金属素材を加えて、布の上に絵を描く。緻密な構図を持ち、よどみのない滑らかな線で描かれるタンカは、中国の民族絵画芸術の逸品として、国家級無形文化遺産リストに登録されている。(甘南=新華社記者/耿馨寧)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019111803490

    「新華社」 タンカ職人が指先の技の伝承甘粛省甘南チベット族自治州  13日、甘粛省甘南チベット族自治州合作市にあるタンカ制作会社の工房でタンカを描く絵師の普措多傑さん(右)と崔豪正さん。中国甘粛省甘南(かんなん)チベット族自治州の合作市に住む万瑪南さん(27)は、幼い頃から父親にタンカ(チベット仏教の仏画)の描画技術を学んできた。彼は昨年、タンカの制作・加工専門会社を設立、30人以上の若いタンカ職人を育成し、伝統的な技術の伝承に取り組んできた。タンカはチベット族の「文化の名刺」と呼ばれている。タンカ職人は天然の鉱物で作った顔料を用い、金箔などの金属素材を加えて、布の上に絵を描く。緻密な構図を持ち、よどみのない滑らかな線で描かれるタンカは、中国の民族絵画芸術の逸品として、国家級無形文化遺産リストに登録されている。(甘南=新華社記者/耿馨寧)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019111202153

    「海外フォト」 カラフル  インド北部で宗教儀式に参加したシーク教徒の男の子。色鮮やかです。(ロイター=共同)

  27. 2019111200021

    ローマ法王ってどんな人?  企画展で展示されている、ローマ法王フランシスコが長崎市のガルシア修道士に宛てた手紙の複製=5日、福岡市のカトリック大名町教会

  28. 2019111200013

    ローマ法王ってどんな人?  福岡市のカトリック大名町教会で開かれている、ローマ法王フランシスコの人柄や経歴を紹介する企画展=5日

  29. 2019111501339

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の建築群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019111501317

    「新華社」 仏教芸術の宝庫、響堂山石窟を訪ねて  12日、北響堂山石窟の仏像。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区の響堂山石窟には、南北に15キロ離れた2群の石窟がある。石窟の掘削は北斉時代に始まり、隋、唐、宋、明の各時代にも続けられた。石窟は20世紀初頭に甚大な破壊を被り、多くの彫像や浮き彫りが日本や欧米各国に流出した。現存するのは16窟で、大小の仏像4300体余りと大量の石経が残され、仏教、建築、彫刻、絵画、書道の研究に貴重な資料を提供する芸術の宝庫となっており、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定されている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019111501345

    「新華社」 仏教芸術の宝庫、響堂山石窟を訪ねて  12日、北響堂山石窟の仏像。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区の響堂山石窟には、南北に15キロ離れた2群の石窟がある。石窟の掘削は北斉時代に始まり、隋、唐、宋、明の各時代にも続けられた。石窟は20世紀初頭に甚大な破壊を被り、多くの彫像や浮き彫りが日本や欧米各国に流出した。現存するのは16窟で、大小の仏像4300体余りと大量の石経が残され、仏教、建築、彫刻、絵画、書道の研究に貴重な資料を提供する芸術の宝庫となっており、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定されている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019111501281

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の一角。中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019111501283

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の建築群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019111501287

    「新華社」 「河朔第一古刹」常楽寺を訪ねて河北省  12日、常楽寺の仏像。常楽寺は中国河北省邯鄲市峰峰(ほうほう)鉱区鼓山の麓に位置し、はるかに北響堂石窟を望む。北斉(550〜577年)に創建され、石窟寺と名付けられた。北斉の天統年間(565〜569年)に智力寺、宋代の嘉祐年間(1056〜1063年)に常楽寺と改称され、その名が今も受け継がれている。常楽寺は、現在の河北省を中心とする河朔(かさく)地区を代表する「河朔第一古刹(こさつ)」と呼ばれていたが、1940年代に破壊された。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019111501417

    「新華社」 仏教芸術の宝庫、響堂山石窟を訪ねて  12日、北響堂山石窟内を見学する観光客。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区の響堂山石窟には、南北に15キロ離れた2群の石窟がある。石窟の掘削は北斉時代に始まり、隋、唐、宋、明の各時代にも続けられた。石窟は20世紀初頭に甚大な破壊を被り、多くの彫像や浮き彫りが日本や欧米各国に流出した。現存するのは16窟で、大小の仏像4300体余りと大量の石経が残され、仏教、建築、彫刻、絵画、書道の研究に貴重な資料を提供する芸術の宝庫となっており、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定されている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019111501294

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の建築群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019111501296

    「新華社」 仏教芸術の宝庫、響堂山石窟を訪ねて  12日、北響堂山石窟内を見学する観光客。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区の響堂山石窟には、南北に15キロ離れた2群の石窟がある。石窟の掘削は北斉時代に始まり、隋、唐、宋、明の各時代にも続けられた。石窟は20世紀初頭に甚大な破壊を被り、多くの彫像や浮き彫りが日本や欧米各国に流出した。現存するのは16窟で、大小の仏像4300体余りと大量の石経が残され、仏教、建築、彫刻、絵画、書道の研究に貴重な資料を提供する芸術の宝庫となっており、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定されている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019111501299

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の建築群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019111501314

    「新華社」 仏教芸術の宝庫、響堂山石窟を訪ねて  12日、北響堂山石窟の仏像。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区の響堂山石窟には、南北に15キロ離れた2群の石窟がある。石窟の掘削は北斉時代に始まり、隋、唐、宋、明の各時代にも続けられた。石窟は20世紀初頭に甚大な破壊を被り、多くの彫像や浮き彫りが日本や欧米各国に流出した。現存するのは16窟で、大小の仏像4300体余りと大量の石経が残され、仏教、建築、彫刻、絵画、書道の研究に貴重な資料を提供する芸術の宝庫となっており、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定されている。(邯鄲=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019111501318

    「新華社」 仏教芸術の宝庫、響堂山石窟を訪ねて  12日、北響堂山石窟の仏像。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区の響堂山石窟には、南北に15キロ離れた2群の石窟がある。石窟の掘削は北斉時代に始まり、隋、唐、宋、明の各時代にも続けられた。石窟は20世紀初頭に甚大な破壊を被り、多くの彫像や浮き彫りが日本や欧米各国に流出した。現存するのは16窟で、大小の仏像4300体余りと大量の石経が残され、仏教、建築、彫刻、絵画、書道の研究に貴重な資料を提供する芸術の宝庫となっており、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定されている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019111501332

    「新華社」 仏教芸術の宝庫、響堂山石窟を訪ねて  12日、空から見た北響堂山。(小型無人機から)中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区の響堂山石窟には、南北に15キロ離れた2群の石窟がある。石窟の掘削は北斉時代に始まり、隋、唐、宋、明の各時代にも続けられた。石窟は20世紀初頭に甚大な破壊を被り、多くの彫像や浮き彫りが日本や欧米各国に流出した。現存するのは16窟で、大小の仏像4300体余りと大量の石経が残され、仏教、建築、彫刻、絵画、書道の研究に貴重な資料を提供する芸術の宝庫となっており、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定されている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019111501340

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の建築群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019111501284

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の建築群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019111501401

    「新華社」 仏教芸術の宝庫、響堂山石窟を訪ねて  12日、河北省邯鄲市峰峰鉱区の響堂山石窟博物館内に展示された仏像。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区の響堂山石窟には、南北に15キロ離れた2群の石窟がある。石窟の掘削は北斉時代に始まり、隋、唐、宋、明の各時代にも続けられた。石窟は20世紀初頭に甚大な破壊を被り、多くの彫像や浮き彫りが日本や欧米各国に流出した。現存するのは16窟で、大小の仏像4300体余りと大量の石経が残され、仏教、建築、彫刻、絵画、書道の研究に貴重な資料を提供する芸術の宝庫となっており、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定されている。(邯鄲=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019111501388

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の一角。中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019111501368

    「新華社」 仏教芸術の宝庫、響堂山石窟を訪ねて  12日、北響堂山石窟の仏像。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区の響堂山石窟には、南北に15キロ離れた2群の石窟がある。石窟の掘削は北斉時代に始まり、隋、唐、宋、明の各時代にも続けられた。石窟は20世紀初頭に甚大な破壊を被り、多くの彫像や浮き彫りが日本や欧米各国に流出した。現存するのは16窟で、大小の仏像4300体余りと大量の石経が残され、仏教、建築、彫刻、絵画、書道の研究に貴重な資料を提供する芸術の宝庫となっており、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定されている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019111501325

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の一角。中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019111501321

    「新華社」 仏教芸術の宝庫、響堂山石窟を訪ねて  12日、北響堂山石窟内を見学する観光客。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区の響堂山石窟には、南北に15キロ離れた2群の石窟がある。石窟の掘削は北斉時代に始まり、隋、唐、宋、明の各時代にも続けられた。石窟は20世紀初頭に甚大な破壊を被り、多くの彫像や浮き彫りが日本や欧米各国に流出した。現存するのは16窟で、大小の仏像4300体余りと大量の石経が残され、仏教、建築、彫刻、絵画、書道の研究に貴重な資料を提供する芸術の宝庫となっており、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定されている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019111501344

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の建築群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019111501328

    「新華社」 仏教芸術の宝庫、響堂山石窟を訪ねて  12日、北響堂山石窟の仏像。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区の響堂山石窟には、南北に15キロ離れた2群の石窟がある。石窟の掘削は北斉時代に始まり、隋、唐、宋、明の各時代にも続けられた。石窟は20世紀初頭に甚大な破壊を被り、多くの彫像や浮き彫りが日本や欧米各国に流出した。現存するのは16窟で、大小の仏像4300体余りと大量の石経が残され、仏教、建築、彫刻、絵画、書道の研究に貴重な資料を提供する芸術の宝庫となっており、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定されている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像