検索結果 2 件中 1 件 〜 2 件 "open"
  1. 2019111501332

    「新華社」 仏教芸術の宝庫、響堂山石窟を訪ねて  12日、空から見た北響堂山。(小型無人機から)中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区の響堂山石窟には、南北に15キロ離れた2群の石窟がある。石窟の掘削は北斉時代に始まり、隋、唐、宋、明の各時代にも続けられた。石窟は20世紀初頭に甚大な破壊を被り、多くの彫像や浮き彫りが日本や欧米各国に流出した。現存するのは16窟で、大小の仏像4300体余りと大量の石経が残され、仏教、建築、彫刻、絵画、書道の研究に貴重な資料を提供する芸術の宝庫となっており、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定されている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019042601918

    「新華社」 中国唯一の花崗岩のゴシック大聖堂献堂131周年を迎える  16日に真上から撮影した石室聖心大聖堂。(小型無人機から)中国広東省広州市の石室(せきしつ)聖心大聖堂は、同市中心部の一徳路にあり、広州観光の有名スポットの一つ、広州教区に位置するゴシック建築の建物だ。1863年6月18日、イエスの聖心(SacredHeartofJesus)の祭日に定礎式が行われたことから、イエス聖心堂と呼ばれているが、全ての壁と柱に花崗岩(かこうがん)が使われているため、広州の人々からは「石室」と呼ばれている。同聖堂は雄大で凛々しい「ゴシック」スタイルで知られており、比較的保存状態が良く、1996年に「全国重点文物保護単位」に指定されている。ここでは中国語、英語、韓国語によるミサが毎日行われ、同市で暮らす国内外の信者たちの心の拠り所となっている。(広州=新華社配信/広州市越秀区民族宗教事務局提供)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:広州市越秀区民族宗教事務局/新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像