検索結果 687 件中 1 件 〜 50
  1. 2020060101107

    文殊菩薩の中にミニ仏像 文殊菩薩騎獅像  奈良国立博物館がエックス線CTスキャン調査した大智寺の本尊・文殊菩薩騎獅像=1日午後、奈良市

  2. 2020060100050

    東大寺大仏殿が拝観再開 大仏殿を訪れた人たち  拝観が再開された東大寺大仏殿を訪れた人たち=1日午前、奈良市

  3. 2020060402087

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」を制作する陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020060402083

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」を制作する陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020060402008

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で制作された馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」の作品。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020060402135

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、「織物タンカ」の制作に使う糸を伸ばす陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020060402136

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、「織物タンカ」の制作に使う糸の巻き方を牧畜民に指導する陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教のタンカ)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020060402125

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」の制作技術を学ぶ牧畜民。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020060402106

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」を学ぶ牧畜民。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020060402043

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」を学ぶ牧畜民。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教のタンカ)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020060402154

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」の制作技術を生徒に指導する陶格日勒さん(左)。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020060402140

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」の制作技術を学ぶ牧畜民。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教のタンカ)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020060402163

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」を制作する陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020060402040

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」を制作する陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020060402090

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」の制作技術を学ぶ牧畜民。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020060402162

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」の制作技術を牧畜民に指導する陶格日勒さん(中央)。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020060402109

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、馬毛を使って刺しゅうを施す「織物タンカ」の制作技術を牧畜民に指導する陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020060402110

    馬毛で刺繍する「タンカ」で農牧民の増収を後押し内モンゴル自治区  5月29日、内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるモンゴル族タンカの伝習所で、「織物タンカ」の制作に使う糸を巻く陶格日勒さん。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で暮らす陶格日勒(トグリル)さん(77)は、馬毛を使って刺しゅうを施す伝統の「織物タンカ」(チベット仏教の仏画)の伝承者として知られる。祖父と母親から受け継いだ文化が廃れていくことに危機感を抱いた陶格日勒さんは現在、この伝統工芸の継承に力を注いでいる。複雑な工程を経て作られるタンカの刺しゅうは、同自治区アルシャー左旗の貧困扶助プロジェクトの一つに指定されており、これまでにこの技術を習得した400人余りの貧困者が、収入増や生活改善などの直接的な恩恵を受けている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020052500015

    京都の外国人宿泊客9割減 観光客がまばらな清水寺  観光客がまばらな京都・清水寺の仁王門前=23日

  20. 2020052701066

    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市  太山竜泉寺の阿弥陀仏像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020052106171

    休業要請、大部分で終了へ 閑散とする京都・清水寺  閑散とする京都・清水寺=21日午後

  22. 2020051904965

    近畿3府県の解除検討 仁王門  閑散とする京都・清水寺の仁王門前=19日午後

  23. 2020051904808

    唐招提寺で恒例うちわまき うちわまき  奈良・唐招提寺の恒例行事「うちわまき」で、鼓楼からうちわをまく僧侶=19日午後

  24. 2020051904805

    唐招提寺で恒例うちわまき うちわまき  奈良・唐招提寺の恒例行事「うちわまき」で、鼓楼からうちわをまく僧侶。新型コロナウイルス対策で拝観停止中のため、一般の参拝客を入れずに関係者のみで実施した=19日午後

  25. 2020051904803

    唐招提寺で恒例うちわまき うちわまき  奈良・唐招提寺の恒例行事「うちわまき」で、鼓楼からうちわをまく僧侶。新型コロナウイルス対策で拝観停止中のため、一般の参拝客を入れずに関係者のみで実施した=19日午後

  26. 2020051904586

    寺院が心のよりどころ 手を合わせるフォンさん  寺院で仏像に手を合わせるフォンさん。「ここには、悩みを相談できる仲間がいるから安心」=4月24日、東京都港区 「写真ニュース」7枚組みの(2)

  27. 2020052104767

    青海チベット文化博物院で「国際博物館の日」イベント  18日、青海省海西モンゴル族チベット族自治州の吐蕃墓から出土した絹織物。中国青海省西寧市の青海チベット文化博物院で18日、同省が「国際博物館の日」を記念して実施した催しのメイン会場イベントが開かれた。同博物院は文化財5万点(組)を収蔵しており、うち1020点(組)が1~3級の貴重文化財に指定されている。チベット文化の発展過程やシルクロードの変遷を反映する貴重な文化財や史料を集中的に保管している。世界一長いタンカ(チベット仏教の仏画)としてギネス世界記録に認定された「中国チベット族文化芸術彩絵大観」も所蔵している。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020052104772

    青海チベット文化博物院で「国際博物館の日」イベント  18日、青海チベット文化博物院に展示されているトルコ石と真珠をはめ込んだ金のブレスレット。中国青海省西寧市の青海チベット文化博物院で18日、同省が「国際博物館の日」を記念して実施した催しのメイン会場イベントが開かれた。同博物院は文化財5万点(組)を収蔵しており、うち1020点(組)が1~3級の貴重文化財に指定されている。チベット文化の発展過程やシルクロードの変遷を反映する貴重な文化財や史料を集中的に保管している。世界一長いタンカ(チベット仏教の仏画)としてギネス世界記録に認定された「中国チベット族文化芸術彩絵大観」も所蔵している。(西寧=新華社記者/耿輝凰)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020052104749

    青海チベット文化博物院で「国際博物館の日」イベント  18日、青海チベット文化博物院に展示されているトルコ石をはめ込んだ黄金の装身具。中国青海省西寧市の青海チベット文化博物院で18日、同省が「国際博物館の日」を記念して実施した催しのメイン会場イベントが開かれた。同博物院は文化財5万点(組)を収蔵しており、うち1020点(組)が1~3級の貴重文化財に指定されている。チベット文化の発展過程やシルクロードの変遷を反映する貴重な文化財や史料を集中的に保管している。世界一長いタンカ(チベット仏教の仏画)としてギネス世界記録に認定された「中国チベット族文化芸術彩絵大観」も所蔵している。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020052104735

    青海チベット文化博物院で「国際博物館の日」イベント  18日、青海チベット文化博物院に展示されているオウムガイの化石。中国青海省西寧市の青海チベット文化博物院で18日、同省が「国際博物館の日」を記念して実施した催しのメイン会場イベントが開かれた。同博物院は文化財5万点(組)を収蔵しており、うち1020点(組)が1~3級の貴重文化財に指定されている。チベット文化の発展過程やシルクロードの変遷を反映する貴重な文化財や史料を集中的に保管している。世界一長いタンカ(チベット仏教の仏画)としてギネス世界記録に認定された「中国チベット族文化芸術彩絵大観」も所蔵している。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020052104840

    青海チベット文化博物院で「国際博物館の日」イベント  18日、タンカの大作「中国チベット族文化芸術彩絵大観」。全長618メートル、面積1500平方メートルで絵師400人が4年がかりで完成させた。中国青海省西寧市の青海チベット文化博物院で18日、同省が「国際博物館の日」を記念して実施した催しのメイン会場イベントが開かれた。同博物院は文化財5万点(組)を収蔵しており、うち1020点(組)が1~3級の貴重文化財に指定されている。チベット文化の発展過程やシルクロードの変遷を反映する貴重な文化財や史料を集中的に保管している。世界一長いタンカ(チベット仏教の仏画)としてギネス世界記録に認定された「中国チベット族文化芸術彩絵大観」も所蔵している。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020052104799

    青海チベット文化博物院で「国際博物館の日」イベント  18日、青海チベット文化博物院に展示されている「四王金杯」。中国青海省西寧市の青海チベット文化博物院で18日、同省が「国際博物館の日」を記念して実施した催しのメイン会場イベントが開かれた。同博物院は文化財5万点(組)を収蔵しており、うち1020点(組)が1~3級の貴重文化財に指定されている。チベット文化の発展過程やシルクロードの変遷を反映する貴重な文化財や史料を集中的に保管している。世界一長いタンカ(チベット仏教の仏画)としてギネス世界記録に認定された「中国チベット族文化芸術彩絵大観」も所蔵している。(西寧=新華社記者/耿輝凰)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020052104821

    青海チベット文化博物院で「国際博物館の日」イベント  18日、青海チベット文化博物院に展示されている紙幣。中国青海省西寧市の青海チベット文化博物院で18日、同省が「国際博物館の日」を記念して実施した催しのメイン会場イベントが開かれた。同博物院は文化財5万点(組)を収蔵しており、うち1020点(組)が1~3級の貴重文化財に指定されている。チベット文化の発展過程やシルクロードの変遷を反映する貴重な文化財や史料を集中的に保管している。世界一長いタンカ(チベット仏教の仏画)としてギネス世界記録に認定された「中国チベット族文化芸術彩絵大観」も所蔵している。(西寧=新華社記者/耿輝凰)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020052104701

    青海チベット文化博物院で「国際博物館の日」イベント  18日、青海チベット文化博物院に展示されているガラス瓶。中国青海省西寧市の青海チベット文化博物院で18日、同省が「国際博物館の日」を記念して実施した催しのメイン会場イベントが開かれた。同博物院は文化財5万点(組)を収蔵しており、うち1020点(組)が1~3級の貴重文化財に指定されている。チベット文化の発展過程やシルクロードの変遷を反映する貴重な文化財や史料を集中的に保管している。世界一長いタンカ(チベット仏教の仏画)としてギネス世界記録に認定された「中国チベット族文化芸術彩絵大観」も所蔵している。(西寧=新華社記者/耿輝凰)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020051402113

    仁王の体内から経典    修理のため解体中の金剛力士立像「吽形(うんぎょう)像」の体内から見つかった経典に記された大仏師湛慶と定覚の名前  元年国内 15224

  36. 2020051402110

    仁王の体内から経典    修理のため解体中の金剛力士立像「吽形(うんぎょう)像」から見つかった経典を見る狭川宗玄・東大寺管長(中央)=奈良・東大寺  元年国内 15222

  37. 2020051402109

    仁王の体内から経典    修理のため解体中の金剛力士立像「吽形(うんぎょう)像」。胸部分に丸めた経典がとめられていた(矢印)=奈良・東大寺  元年国内 15221

  38. 2020051305830

    僧侶にオンライン悩み相談 相談に応じる青江住職  緑泉寺の本堂でパソコンを通じて相談者に声を掛ける住職の青江覚峰さん。「不安のはけ口のひとつになればいい」と語った=13日、東京都台東区

  39. 2020051305811

    僧侶にオンライン悩み相談 相談に応じる青江住職  緑泉寺の本堂でパソコンを通じて相談者に声を掛ける住職の青江覚峰さん。「ニーズがある限り続けます」とほほ笑んだ=13日、東京都台東区

  40. 2020051801057

    上海博物館、著名書家・趙樸初没後20周年記念展開催  11日、「大雄宝殿」や「無量寿」など仏教を主題とした書道作品の一部。中国上海市の上海博物館は5月21日から、中国の著名な書法家、社会活動家、趙樸初(ちょう・ぼくしょ)(1907~2000年)の没後20年を記念する「無尽意・趙朴初書道芸術展」を開催する。趙氏の遺族は11日、同氏の貴重な遺作「延安礼賛」を同博物館の楊志剛(よう・しごう)館長に手渡した。作品は精巧な銀製の箱に入れられており、その表と裏には楷書で細かい字がびっしりと書かれている。趙氏は生涯を中国と外国の友好交流活動に捧げた。趙氏の呼びかけと指導のもと、中日両国の間で多くの宗教、書道芸術の交流活動が行われた。日本奈良県の名刹、唐招提寺にある鑑真和上の墓所の傍らには、趙氏の記念碑「趙樸初居士之碑」が建てられている。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020050903301

    新型コロナ、緊急事態延長 清水寺の参道  閑散とする京都・清水寺の参道=9日午後3時37分

  42. 2020050903299

    新型コロナ、緊急事態延長 清水寺本堂  閑散とする京都・清水寺の本堂=9日午後3時1分

  43. 2020050804687

    浄土宗の古刹が見守ってきた中日民間交流の絆山西省玄中寺  玄中寺の万仏殿。(資料写真)中国山西省呂梁市交城県にある呂梁山の深山幽谷に、中国の浄土宗の歴史で輝かしい地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、現存する古建築は明清時代のものとされる。全国重点文物保護単位にも指定されている。同寺は曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(発祥の地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020050805001

    浄土宗の古刹が見守ってきた中日民間交流の絆山西省玄中寺  雨中の玄中寺大雄宝殿。(資料写真)中国山西省呂梁市交城県にある呂梁山の深山幽谷に、中国の浄土宗の歴史で輝かしい地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、現存する古建築は明清時代のものとされる。全国重点文物保護単位にも指定されている。同寺は曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(発祥の地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020050804958

    浄土宗の古刹が見守ってきた中日民間交流の絆山西省玄中寺  玄中寺の祖師殿と七仏殿。(資料写真)中国山西省呂梁市交城県にある呂梁山の深山幽谷に、中国の浄土宗の歴史で輝かしい地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、現存する古建築は明清時代のものとされる。全国重点文物保護単位にも指定されている。同寺は曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(発祥の地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020050804989

    浄土宗の古刹が見守ってきた中日民間交流の絆山西省玄中寺  玄中寺の一角。(資料写真)中国山西省呂梁市交城県にある呂梁山の深山幽谷に、中国の浄土宗の歴史で輝かしい地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、現存する古建築は明清時代のものとされる。全国重点文物保護単位にも指定されている。同寺は曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(発祥の地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020050804711

    浄土宗の古刹が見守ってきた中日民間交流の絆山西省玄中寺  ボタンの花に囲まれた玄中寺の大雄宝殿。(資料写真)中国山西省呂梁市交城県にある呂梁山の深山幽谷に、中国の浄土宗の歴史で輝かしい地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、現存する古建築は明清時代のものとされる。全国重点文物保護単位にも指定されている。同寺は曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(発祥の地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020050804910

    浄土宗の古刹が見守ってきた中日民間交流の絆山西省玄中寺  玄中寺の全景。(資料写真)中国山西省呂梁市交城県にある呂梁山の深山幽谷に、中国の浄土宗の歴史で輝かしい地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、現存する古建築は明清時代のものとされる。全国重点文物保護単位にも指定されている。同寺は曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(発祥の地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020050400062

    危機遺産解除へ日本支援 バーミヤン遺跡  アフガニスタンのバーミヤン遺跡。中央にある崖のくぼみが、西大仏が収められていた「仏龕」=2018年10月(共同)

  50. 2020050400059

    危機遺産解除へ日本支援 西大仏の仏龕  アフガニスタンのバーミヤン遺跡で、2001年に破壊された西大仏が収められていた「仏龕」=17年9月(共同)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像