検索結果 5,117 件中 1 件 〜 50
  1. 2019111104490

    「新華社」 貴重な石窟を守る定期的検査で北石窟寺を保護甘粛省  5日、北石窟寺の敷地内にたたずむ塑像。甘粛省慶陽市にある北石窟寺は北魏永平2年(紀元509年)に建てられ、幾度にわたる増築を経て、窟(くつ)・龕(がん、仏像を納めるため、岩壁を掘りくぼめた場所)が密集する石窟群が形成された。大小308個の窟・龕および2千体以上の塑像が現存するこの寺は、中国の仏教石窟芸術において重要な地位を占めている。近年、石窟の風化や落砂などの状況に対応するため、文化財保護スタッフが石窟周辺の環境と山の状況を定期的に検査し、適切なプランを作成して同寺の修復と保護を行っている。(慶陽=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019111104378

    「新華社」 貴重な石窟を守る定期的検査で北石窟寺を保護甘粛省  5日、甘粛省慶陽市の北石窟寺267号窟で、岩石の含水率を測定する敦煌研究院北石窟寺文物保護研究所の職員。甘粛省慶陽市にある北石窟寺は北魏永平2年(紀元509年)に建てられ、幾度にわたる増築を経て、窟(くつ)・龕(がん、仏像を納めるため、岩壁を掘りくぼめた場所)が密集する石窟群が形成された。大小308個の窟・龕および2千体以上の塑像が現存するこの寺は、中国の仏教石窟芸術において重要な地位を占めている。近年、石窟の風化や落砂などの状況に対応するため、文化財保護スタッフが石窟周辺の環境と山の状況を定期的に検査し、適切なプランを作成して同寺の修復と保護を行っている。(慶陽=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019111104277

    「新華社」 貴重な石窟を守る定期的検査で北石窟寺を保護甘粛省  5日、甘粛省慶陽市の北石窟寺267号窟で、岩石の含水率を測定し、その結果を記録する敦煌研究院北石窟寺文物保護研究所の職員。甘粛省慶陽市にある北石窟寺は北魏永平2年(紀元509年)に建てられ、幾度にわたる増築を経て、窟(くつ)・龕(がん、仏像を納めるため、岩壁を掘りくぼめた場所)が密集する石窟群が形成された。大小308個の窟・龕および2千体以上の塑像が現存するこの寺は、中国の仏教石窟芸術において重要な地位を占めている。近年、石窟の風化や落砂などの状況に対応するため、文化財保護スタッフが石窟周辺の環境と山の状況を定期的に検査し、適切なプランを作成して同寺の修復と保護を行っている。(慶陽=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019111104517

    「新華社」 貴重な石窟を守る定期的検査で北石窟寺を保護甘粛省  5日、甘粛省慶陽市の北石窟寺を訪れた観光客。甘粛省慶陽市にある北石窟寺は北魏永平2年(紀元509年)に建てられ、幾度にわたる増築を経て、窟(くつ)・龕(がん、仏像を納めるため、岩壁を掘りくぼめた場所)が密集する石窟群が形成された。大小308個の窟・龕および2千体以上の塑像が現存するこの寺は、中国の仏教石窟芸術において重要な地位を占めている。近年、石窟の風化や落砂などの状況に対応するため、文化財保護スタッフが石窟周辺の環境と山の状況を定期的に検査し、適切なプランを作成して同寺の修復と保護を行っている。(慶陽=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019111104417

    「新華社」 貴重な石窟を守る定期的検査で北石窟寺を保護甘粛省  5日、空から見た北石窟寺の全景。(小型無人機から)甘粛省慶陽市にある北石窟寺は北魏永平2年(紀元509年)に建てられ、幾度にわたる増築を経て、窟(くつ)・龕(がん、仏像を納めるため、岩壁を掘りくぼめた場所)が密集する石窟群が形成された。大小308個の窟・龕および2千体以上の塑像が現存するこの寺は、中国の仏教石窟芸術において重要な地位を占めている。近年、石窟の風化や落砂などの状況に対応するため、文化財保護スタッフが石窟周辺の環境と山の状況を定期的に検査し、適切なプランを作成して同寺の修復と保護を行っている。(慶陽=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019103101055

    東大寺や唐招提寺で点検  奈良市の東大寺大仏殿で消防設備を点検する中央消防署の杉本靖真消防司令(左)ら=31日午後

  7. 2019103101054

    東大寺や唐招提寺で点検  奈良市の東大寺大仏殿を点検する職員ら=31日午後

  8. 2019103100863

    55年内地 10957 首相、仏教遺跡出土品を観賞  サイデマン駐日インドネシア大使(左)の説明で、インドネシアのボロブドール遺跡品を観賞する鈴木善幸首相=1980(昭和55)年12月4日、首相官邸

  9. 2019110500346

    「新華社」 貴重な印刷技術伝える、雪山の麓の印経院四川省カンゼ・チベット族自治州  10月30日、徳格印経院の中庭。中国四川省カンゼ・チベット族自治州徳格県にある徳格印経院(デルゲ・パルカン)は中国に現存する「印版」(版木)が最も多く、規模が最も大きいチベット語印経院(経典や文献を刻版で印刷する工房)。豊富なチベット仏教の経典、医学、歴史、伝記などの文献印刷物および絵画印刷物、壁画などの文化財が保管されており、「チベット文化の大百科事典」「チベット族居住地域のきらめく文化の真珠」「雪山の麓にある宝庫」と呼ばれている。同印経院には現在、印版32万点、47万ページ、約3億字の文献が保管されているほか、手刷り木版印刷の伝統も受け継がれている。(カンゼ=新華社配信/唐文豪)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019110500302

    「新華社」 貴重な印刷技術伝える、雪山の麓の印経院四川省カンゼ・チベット族自治州  10月30日、徳格印経院を見学する観光客。中国四川省カンゼ・チベット族自治州徳格県にある徳格印経院(デルゲ・パルカン)は中国に現存する「印版」(版木)が最も多く、規模が最も大きいチベット語印経院(経典や文献を刻版で印刷する工房)。豊富なチベット仏教の経典、医学、歴史、伝記などの文献印刷物および絵画印刷物、壁画などの文化財が保管されており、「チベット文化の大百科事典」「チベット族居住地域のきらめく文化の真珠」「雪山の麓にある宝庫」と呼ばれている。同印経院には現在、印版32万点、47万ページ、約3億字の文献が保管されているほか、手刷り木版印刷の伝統も受け継がれている。(カンゼ=新華社配信/唐文豪)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019110500327

    「新華社」 貴重な印刷技術伝える、雪山の麓の印経院四川省カンゼ・チベット族自治州  10月30日、徳格印経院の外を歩く地元の人や観光客。中国四川省カンゼ・チベット族自治州徳格県にある徳格印経院(デルゲ・パルカン)は中国に現存する「印版」(版木)が最も多く、規模が最も大きいチベット語印経院(経典や文献を刻版で印刷する工房)。豊富なチベット仏教の経典、医学、歴史、伝記などの文献印刷物および絵画印刷物、壁画などの文化財が保管されており、「チベット文化の大百科事典」「チベット族居住地域のきらめく文化の真珠」「雪山の麓にある宝庫」と呼ばれている。同印経院には現在、印版32万点、47万ページ、約3億字の文献が保管されているほか、手刷り木版印刷の伝統も受け継がれている。(カンゼ=新華社配信/唐文豪)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019110500309

    「新華社」 貴重な印刷技術伝える、雪山の麓の印経院四川省カンゼ・チベット族自治州  10月30日、徳格印経院で印刷物を整理する作業員。中国四川省カンゼ・チベット族自治州徳格県にある徳格印経院(デルゲ・パルカン)は中国に現存する「印版」(版木)が最も多く、規模が最も大きいチベット語印経院(経典や文献を刻版で印刷する工房)。豊富なチベット仏教の経典、医学、歴史、伝記などの文献印刷物および絵画印刷物、壁画などの文化財が保管されており、「チベット文化の大百科事典」「チベット族居住地域のきらめく文化の真珠」「雪山の麓にある宝庫」と呼ばれている。同印経院には現在、印版32万点、47万ページ、約3億字の文献が保管されているほか、手刷り木版印刷の伝統も受け継がれている。(カンゼ=新華社配信/唐文豪)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019110500247

    「新華社」 「ケサル王城」の秘密に迫る四川省カンゼ・チベット族自治州  10月30日、「ケサル王城」に展示されたタンカ(チベット仏教の仏画)。中国四川省カンゼ・チベット族自治州カンゼ県でこのほど、「ケサル王城」がオープンした。ケサル王はチベット族の人々にとって心の英雄であり、叙事詩「ケサル王伝」は青海チベット高原やその周辺に広まっている。労働者が作り上げた民間伝承である同叙事詩は、チベット族の人々の勤勉さと知恵を体現している。「王城」は、叙事詩に描かれた30人の将軍の城にちなんで、30の異なる様式の村落が作られており、中に足を踏み入れると、まるで叙事詩の世界に入ったような感覚になる。「王城」はまた、歴史を伝える文化観光施設としてだけでなく、貧困脱却を支援する産業施設にもなっている。運営開始後、128カ所の貧困村で観光業を発展させることで、貧困村における産業発展の難局を打破し、3千世帯以上の貧困家庭が豊かになるよう支援していく。(カンゼ・チベット族自治州=新華社記者/康錦謙)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019110500257

    「新華社」 貴重な印刷技術伝える、雪山の麓の印経院四川省カンゼ・チベット族自治州  10月30日、徳格印経院に保管されている古楽譜の印版。中国四川省カンゼ・チベット族自治州徳格県にある徳格印経院(デルゲ・パルカン)は中国に現存する「印版」(版木)が最も多く、規模が最も大きいチベット語印経院(経典や文献を刻版で印刷する工房)。豊富なチベット仏教の経典、医学、歴史、伝記などの文献印刷物および絵画印刷物、壁画などの文化財が保管されており、「チベット文化の大百科事典」「チベット族居住地域のきらめく文化の真珠」「雪山の麓にある宝庫」と呼ばれている。同印経院には現在、印版32万点、47万ページ、約3億字の文献が保管されているほか、手刷り木版印刷の伝統も受け継がれている。(カンゼ=新華社配信/唐文豪)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019110500269

    「新華社」 貴重な印刷技術伝える、雪山の麓の印経院四川省カンゼ・チベット族自治州  10月30日、徳格印経院で印刷物を確認する手工芸技術者。中国四川省カンゼ・チベット族自治州徳格県にある徳格印経院(デルゲ・パルカン)は中国に現存する「印版」(版木)が最も多く、規模が最も大きいチベット語印経院(経典や文献を刻版で印刷する工房)。豊富なチベット仏教の経典、医学、歴史、伝記などの文献印刷物および絵画印刷物、壁画などの文化財が保管されており、「チベット文化の大百科事典」「チベット族居住地域のきらめく文化の真珠」「雪山の麓にある宝庫」と呼ばれている。同印経院には現在、印版32万点、47万ページ、約3億字の文献が保管されているほか、手刷り木版印刷の伝統も受け継がれている。(カンゼ=新華社配信/唐文豪)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019110500279

    「新華社」 貴重な印刷技術伝える、雪山の麓の印経院四川省カンゼ・チベット族自治州  10月30日、徳格印経院で経文を印刷する手工芸技術者。中国四川省カンゼ・チベット族自治州徳格県にある徳格印経院(デルゲ・パルカン)は中国に現存する「印版」(版木)が最も多く、規模が最も大きいチベット語印経院(経典や文献を刻版で印刷する工房)。豊富なチベット仏教の経典、医学、歴史、伝記などの文献印刷物および絵画印刷物、壁画などの文化財が保管されており、「チベット文化の大百科事典」「チベット族居住地域のきらめく文化の真珠」「雪山の麓にある宝庫」と呼ばれている。同印経院には現在、印版32万点、47万ページ、約3億字の文献が保管されているほか、手刷り木版印刷の伝統も受け継がれている。(カンゼ=新華社配信/唐文豪)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019110500364

    「新華社」 貴重な印刷技術伝える、雪山の麓の印経院四川省カンゼ・チベット族自治州  10月30日、徳格印経院で印版を彫刻する作業員。中国四川省カンゼ・チベット族自治州徳格県にある徳格印経院(デルゲ・パルカン)は中国に現存する「印版」(版木)が最も多く、規模が最も大きいチベット語印経院(経典や文献を刻版で印刷する工房)。豊富なチベット仏教の経典、医学、歴史、伝記などの文献印刷物および絵画印刷物、壁画などの文化財が保管されており、「チベット文化の大百科事典」「チベット族居住地域のきらめく文化の真珠」「雪山の麓にある宝庫」と呼ばれている。同印経院には現在、印版32万点、47万ページ、約3億字の文献が保管されているほか、手刷り木版印刷の伝統も受け継がれている。(カンゼ=新華社配信/唐文豪)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019110500350

    「新華社」 貴重な印刷技術伝える、雪山の麓の印経院四川省カンゼ・チベット族自治州  10月30日、徳格印経院で経文を印刷する手工芸技術者。中国四川省カンゼ・チベット族自治州徳格県にある徳格印経院(デルゲ・パルカン)は中国に現存する「印版」(版木)が最も多く、規模が最も大きいチベット語印経院(経典や文献を刻版で印刷する工房)。豊富なチベット仏教の経典、医学、歴史、伝記などの文献印刷物および絵画印刷物、壁画などの文化財が保管されており、「チベット文化の大百科事典」「チベット族居住地域のきらめく文化の真珠」「雪山の麓にある宝庫」と呼ばれている。同印経院には現在、印版32万点、47万ページ、約3億字の文献が保管されているほか、手刷り木版印刷の伝統も受け継がれている。(カンゼ=新華社配信/唐文豪)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019110500380

    「新華社」 貴重な印刷技術伝える、雪山の麓の印経院四川省カンゼ・チベット族自治州  10月30日、徳格印経院で印刷作業を行う作業員。中国四川省カンゼ・チベット族自治州徳格県にある徳格印経院(デルゲ・パルカン)は中国に現存する「印版」(版木)が最も多く、規模が最も大きいチベット語印経院(経典や文献を刻版で印刷する工房)。豊富なチベット仏教の経典、医学、歴史、伝記などの文献印刷物および絵画印刷物、壁画などの文化財が保管されており、「チベット文化の大百科事典」「チベット族居住地域のきらめく文化の真珠」「雪山の麓にある宝庫」と呼ばれている。同印経院には現在、印版32万点、47万ページ、約3億字の文献が保管されているほか、手刷り木版印刷の伝統も受け継がれている。(カンゼ=新華社配信/唐文豪)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019110500384

    「新華社」 貴重な印刷技術伝える、雪山の麓の印経院四川省カンゼ・チベット族自治州  10月30日、徳格印経院の経典の印版などを保管している蔵経室。中国四川省カンゼ・チベット族自治州徳格県にある徳格印経院(デルゲ・パルカン)は中国に現存する「印版」(版木)が最も多く、規模が最も大きいチベット語印経院(経典や文献を刻版で印刷する工房)。豊富なチベット仏教の経典、医学、歴史、伝記などの文献印刷物および絵画印刷物、壁画などの文化財が保管されており、「チベット文化の大百科事典」「チベット族居住地域のきらめく文化の真珠」「雪山の麓にある宝庫」と呼ばれている。同印経院には現在、印版32万点、47万ページ、約3億字の文献が保管されているほか、手刷り木版印刷の伝統も受け継がれている。(カンゼ=新華社配信/唐文豪)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019110500386

    「新華社」 貴重な印刷技術伝える、雪山の麓の印経院四川省カンゼ・チベット族自治州  10月30日、徳格印経院で梁に描かれた絵画を補修する手工芸技術者。中国四川省カンゼ・チベット族自治州徳格県にある徳格印経院(デルゲ・パルカン)は中国に現存する「印版」(版木)が最も多く、規模が最も大きいチベット語印経院(経典や文献を刻版で印刷する工房)。豊富なチベット仏教の経典、医学、歴史、伝記などの文献印刷物および絵画印刷物、壁画などの文化財が保管されており、「チベット文化の大百科事典」「チベット族居住地域のきらめく文化の真珠」「雪山の麓にある宝庫」と呼ばれている。同印経院には現在、印版32万点、47万ページ、約3億字の文献が保管されているほか、手刷り木版印刷の伝統も受け継がれている。(カンゼ=新華社配信/唐文豪)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019110501039

    「新華社」 珠海で中韓日仏教友好交流会議人類運命共同体構築を後押し  30日、開幕式であいさつする中国仏教協会の演覚副会長。中国広東省珠海市で30日、第22回中韓日仏教友好交流会議が開催された。300人余りの出席者が「仏教と人類運命共同体構築」をテーマに交流と討論を行い、共通認識を高め、善縁を結んだ。(珠海=新華社配信/徐上傑)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019110500238

    「新華社」 朝焼けと黄昏が似合う街エキゾチックなビエンチャン  10月29日、メコン川のほとりにあるバーから望むきらびやかな夜景。メコン川沿いに広がるラオスの首都ビエンチャンで暮らす市民は、心身の健康を重んじ、仏教を信仰し、鍛錬に励むことを好むという。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019110500424

    「新華社」 朝焼けと黄昏が似合う街エキゾチックなビエンチャン  10月29日の黄昏時、メコン川の川べりで散歩やジョギングを楽しむビエンチャン市民たち。メコン川沿いに広がるラオスの首都ビエンチャンで暮らす市民は、心身の健康を重んじ、仏教を信仰し、鍛錬に励むことを好むという。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019110500304

    「新華社」 朝焼けと黄昏が似合う街エキゾチックなビエンチャン  10月29日、夜のとばりが降りたビエンチャンを流れるメコン川のほとりにあるバーで、きらめく街の風景を楽しむ人たち。メコン川沿いに広がるラオスの首都ビエンチャンで暮らす市民は、心身の健康を重んじ、仏教を信仰し、鍛錬に励むことを好むという。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019110500477

    「新華社」 朝焼けと黄昏が似合う街エキゾチックなビエンチャン  10月26日早朝、ラオス仏教の最高の寺院で、ラオスの象徴とも言える「タート・ルアン」の前を通り過ぎてゆく僧侶たち。メコン川沿いに広がるラオスの首都ビエンチャンで暮らす市民は、心身の健康を重んじ、仏教を信仰し、鍛錬に励むことを好むという。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019110500467

    「新華社」 朝焼けと黄昏が似合う街エキゾチックなビエンチャン  10月26日早朝、ラオス仏教の最高の寺院で、ラオスの象徴とも言える「タート・ルアン」の前を通り過ぎてゆく僧侶たち。メコン川沿いに広がるラオスの首都ビエンチャンで暮らす市民は、心身の健康を重んじ、仏教を信仰し、鍛錬に励むことを好むという。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019110500300

    「新華社」 朝焼けと黄昏が似合う街エキゾチックなビエンチャン  10月26日早朝、ラオス仏教の最高の寺院で、ラオスの象徴とも言える「タート・ルアン」の前を通り過ぎてゆく僧侶たち。メコン川沿いに広がるラオスの首都ビエンチャンで暮らす市民は、心身の健康を重んじ、仏教を信仰し、鍛錬に励むことを好むという。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019103000170

    「新華社」 日本の饅頭始祖の末裔、杭州で先祖を祭る  25日、林浄因の記念碑の前に日本の饅頭を供える川島氏。日本に初めて饅頭の製法を伝えた僧・林浄因(りん・じょういん)の末裔で、中国にルーツをもつ日本塩瀬総本家の川島英子会長一行が25日、中国浙江省杭州市西湖の畔の孤山で先祖の霊を祭り、日本の飲食文化に貢献した先人を偲んだ。この美食にまつわる物語は、670年前に始まった。北宋の詩人・林逋(りん・ほ)の7代目の末裔にあたる林浄因が1349年に日本に渡り、同地の僧侶たちの食事を改善しようと、奈良で小豆の餡を入れた饅頭を制作、「日本第一番所」を創設したことが、日本の饅頭の始まりだとされている。(杭州=新華社配信)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019103000292

    「新華社」 古代ガンダーラの仏像、福建省で展示会  25日、福建省南平市建陽区で開かれた展示会に出展された古代ガンダーラの観音菩薩像(2~4世紀)。中国福建省南平市建陽区の「曜変之路」建盞(けんさん)展示館でこのほど、シンガポールの華僑美術収集家が所蔵する古代インド・ガンダーラ仏像の展覧会が開催された。ガンダーラは、現在のパキスタン北部からアフガニスタン東部にかけて存在した古代インドの王国で、紀元前6世紀~同5世紀には十六大国の一つに数えられた。地理的に東アジアと中央アジア、西アジアさらには地中海世界を結ぶ懸け橋としての役割を果たしてきたため、さまざまな文化や芸術、信仰が生まれた。1~5世紀にはヘレニズムと融合した仏教美術「ガンダーラ美術」を生み出した。ギリシャ彫刻は紀元前4世紀、アレキサンダー大王(紀元前356年~紀元前323年)の東方遠征時にガンダーラに持ち込まれた。その後3~4世紀に中国に伝来し、長い時間を経て中国文化と融合していった。(福州=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019103000280

    「新華社」 古代ガンダーラの仏像、福建省で展示会  25日、福建省南平市建陽区で開かれた展示会に出展された古代ガンダーラの釈迦牟尼(しゃかむに)座像(2~4世紀)。中国福建省南平市建陽区の「曜変之路」建盞(けんさん)展示館でこのほど、シンガポールの華僑美術収集家が所蔵する古代インド・ガンダーラ仏像の展覧会が開催された。ガンダーラは、現在のパキスタン北部からアフガニスタン東部にかけて存在した古代インドの王国で、紀元前6世紀~同5世紀には十六大国の一つに数えられた。地理的に東アジアと中央アジア、西アジアさらには地中海世界を結ぶ懸け橋としての役割を果たしてきたため、さまざまな文化や芸術、信仰が生まれた。1~5世紀にはヘレニズムと融合した仏教美術「ガンダーラ美術」を生み出した。ギリシャ彫刻は紀元前4世紀、アレキサンダー大王(紀元前356年~紀元前323年)の東方遠征時にガンダーラに持ち込まれた。その後3~4世紀に中国に伝来し、長い時間を経て中国文化と融合していった。(福州=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019103000312

    「新華社」 古代ガンダーラの仏像、福建省で展示会  25日、福建省南平市建陽区で開かれた展示会に出展された古代ガンダーラの菩薩半跏像(2~4世紀)。中国福建省南平市建陽区の「曜変之路」建盞(けんさん)展示館でこのほど、シンガポールの華僑美術収集家が所蔵する古代インド・ガンダーラ仏像の展覧会が開催された。ガンダーラは、現在のパキスタン北部からアフガニスタン東部にかけて存在した古代インドの王国で、紀元前6世紀~同5世紀には十六大国の一つに数えられた。地理的に東アジアと中央アジア、西アジアさらには地中海世界を結ぶ懸け橋としての役割を果たしてきたため、さまざまな文化や芸術、信仰が生まれた。1~5世紀にはヘレニズムと融合した仏教美術「ガンダーラ美術」を生み出した。ギリシャ彫刻は紀元前4世紀、アレキサンダー大王(紀元前356年~紀元前323年)の東方遠征時にガンダーラに持ち込まれた。その後3~4世紀に中国に伝来し、長い時間を経て中国文化と融合していった。(福州=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019103000315

    「新華社」 古代ガンダーラの仏像、福建省で展示会  25日、福建省南平市建陽区で開かれた展示会に出展された古代ガンダーラのギリシャ神像(2~4世紀)。中国福建省南平市建陽区の「曜変之路」建盞(けんさん)展示館でこのほど、シンガポールの華僑美術収集家が所蔵する古代インド・ガンダーラ仏像の展覧会が開催された。ガンダーラは、現在のパキスタン北部からアフガニスタン東部にかけて存在した古代インドの王国で、紀元前6世紀~同5世紀には十六大国の一つに数えられた。地理的に東アジアと中央アジア、西アジアさらには地中海世界を結ぶ懸け橋としての役割を果たしてきたため、さまざまな文化や芸術、信仰が生まれた。1~5世紀にはヘレニズムと融合した仏教美術「ガンダーラ美術」を生み出した。ギリシャ彫刻は紀元前4世紀、アレキサンダー大王(紀元前356年~紀元前323年)の東方遠征時にガンダーラに持ち込まれた。その後3~4世紀に中国に伝来し、長い時間を経て中国文化と融合していった。(福州=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019103000266

    「新華社」 古代ガンダーラの仏像、福建省で展示会  25日、福建省南平市建陽区で開かれた展示会に出展された古代ガンダーラの弥勒菩薩像(2~4世紀)。中国福建省南平市建陽区の「曜変之路」建盞(けんさん)展示館でこのほど、シンガポールの華僑美術収集家が所蔵する古代インド・ガンダーラ仏像の展覧会が開催された。ガンダーラは、現在のパキスタン北部からアフガニスタン東部にかけて存在した古代インドの王国で、紀元前6世紀~同5世紀には十六大国の一つに数えられた。地理的に東アジアと中央アジア、西アジアさらには地中海世界を結ぶ懸け橋としての役割を果たしてきたため、さまざまな文化や芸術、信仰が生まれた。1~5世紀にはヘレニズムと融合した仏教美術「ガンダーラ美術」を生み出した。ギリシャ彫刻は紀元前4世紀、アレキサンダー大王(紀元前356年~紀元前323年)の東方遠征時にガンダーラに持ち込まれた。その後3~4世紀に中国に伝来し、長い時間を経て中国文化と融合していった。(福州=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019103000321

    「新華社」 古代ガンダーラの仏像、福建省で展示会  25日、福建省南平市建陽区で開かれた展示会に出展された古代ガンダーラの菩薩説法像(2~4世紀)。中国福建省南平市建陽区の「曜変之路」建盞(けんさん)展示館でこのほど、シンガポールの華僑美術収集家が所蔵する古代インド・ガンダーラ仏像の展覧会が開催された。ガンダーラは、現在のパキスタン北部からアフガニスタン東部にかけて存在した古代インドの王国で、紀元前6世紀~同5世紀には十六大国の一つに数えられた。地理的に東アジアと中央アジア、西アジアさらには地中海世界を結ぶ懸け橋としての役割を果たしてきたため、さまざまな文化や芸術、信仰が生まれた。1~5世紀にはヘレニズムと融合した仏教美術「ガンダーラ美術」を生み出した。ギリシャ彫刻は紀元前4世紀、アレキサンダー大王(紀元前356年~紀元前323年)の東方遠征時にガンダーラに持ち込まれた。その後3~4世紀に中国に伝来し、長い時間を経て中国文化と融合していった。(福州=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019103000181

    「新華社」 日本の饅頭始祖の末裔、杭州で先祖を祭る  25日、市民や観光客に日本の饅頭にまつわる物語を語る川島氏。日本に初めて饅頭の製法を伝えた僧・林浄因(りん・じょういん)の末裔で、中国にルーツをもつ日本塩瀬総本家の川島英子会長一行が25日、中国浙江省杭州市西湖の畔の孤山で先祖の霊を祭り、日本の飲食文化に貢献した先人を偲んだ。この美食にまつわる物語は、670年前に始まった。北宋の詩人・林逋(りん・ほ)の7代目の末裔にあたる林浄因が1349年に日本に渡り、同地の僧侶たちの食事を改善しようと、奈良で小豆の餡を入れた饅頭を制作、「日本第一番所」を創設したことが、日本の饅頭の始まりだとされている。(杭州=新華社配信)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019103000254

    「新華社」 古代ガンダーラの仏像、福建省で展示会  25日、福建省南平市建陽区で開かれた展示会に出展された古代ガンダーラの釈迦摩尼(しゃかむに)像(2~4世紀)。中国福建省南平市建陽区の「曜変之路」建盞(けんさん)展示館でこのほど、シンガポールの華僑美術収集家が所蔵する古代インド・ガンダーラ仏像の展覧会が開催された。ガンダーラは、現在のパキスタン北部からアフガニスタン東部にかけて存在した古代インドの王国で、紀元前6世紀~同5世紀には十六大国の一つに数えられた。地理的に東アジアと中央アジア、西アジアさらには地中海世界を結ぶ懸け橋としての役割を果たしてきたため、さまざまな文化や芸術、信仰が生まれた。1~5世紀にはヘレニズムと融合した仏教美術「ガンダーラ美術」を生み出した。ギリシャ彫刻は紀元前4世紀、アレキサンダー大王(紀元前356年~紀元前323年)の東方遠征時にガンダーラに持ち込まれた。その後3~4世紀に中国に伝来し、長い時間を経て中国文化と融合していった。(福州=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019103000296

    「新華社」 古代ガンダーラの仏像、福建省で展示会  25日、福建省南平市建陽区で開かれた展示会に出展された古代ガンダーラの釈迦摩尼(しゃかむに)の頭像(2~4世紀)。中国福建省南平市建陽区の「曜変之路」建盞(けんさん)展示館でこのほど、シンガポールの華僑美術収集家が所蔵する古代インド・ガンダーラ仏像の展覧会が開催された。ガンダーラは、現在のパキスタン北部からアフガニスタン東部にかけて存在した古代インドの王国で、紀元前6世紀~同5世紀には十六大国の一つに数えられた。地理的に東アジアと中央アジア、西アジアさらには地中海世界を結ぶ懸け橋としての役割を果たしてきたため、さまざまな文化や芸術、信仰が生まれた。1~5世紀にはヘレニズムと融合した仏教美術「ガンダーラ美術」を生み出した。ギリシャ彫刻は紀元前4世紀、アレキサンダー大王(紀元前356年~紀元前323年)の東方遠征時にガンダーラに持ち込まれた。その後3~4世紀に中国に伝来し、長い時間を経て中国文化と融合していった。(福州=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019103000302

    「新華社」 古代ガンダーラの仏像、福建省で展示会  25日、福建省南平市建陽区で開かれた展示会に出展された古代ガンダーラの弥勒菩薩像(2~4世紀)。中国福建省南平市建陽区の「曜変之路」建盞(けんさん)展示館でこのほど、シンガポールの華僑美術収集家が所蔵する古代インド・ガンダーラ仏像の展覧会が開催された。ガンダーラは、現在のパキスタン北部からアフガニスタン東部にかけて存在した古代インドの王国で、紀元前6世紀~同5世紀には十六大国の一つに数えられた。地理的に東アジアと中央アジア、西アジアさらには地中海世界を結ぶ懸け橋としての役割を果たしてきたため、さまざまな文化や芸術、信仰が生まれた。1~5世紀にはヘレニズムと融合した仏教美術「ガンダーラ美術」を生み出した。ギリシャ彫刻は紀元前4世紀、アレキサンダー大王(紀元前356年~紀元前323年)の東方遠征時にガンダーラに持ち込まれた。その後3~4世紀に中国に伝来し、長い時間を経て中国文化と融合していった。(福州=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019103000278

    「新華社」 古代ガンダーラの仏像、福建省で展示会  25日、福建省南平市建陽区で開かれた展示会に出展された古代ガンダーラの釈迦摩尼(しゃかむに)の頭像(2~4世紀)。中国福建省南平市建陽区の「曜変之路」建盞(けんさん)展示館でこのほど、シンガポールの華僑美術収集家が所蔵する古代インド・ガンダーラ仏像の展覧会が開催された。ガンダーラは、現在のパキスタン北部からアフガニスタン東部にかけて存在した古代インドの王国で、紀元前6世紀~同5世紀には十六大国の一つに数えられた。地理的に東アジアと中央アジア、西アジアさらには地中海世界を結ぶ懸け橋としての役割を果たしてきたため、さまざまな文化や芸術、信仰が生まれた。1~5世紀にはヘレニズムと融合した仏教美術「ガンダーラ美術」を生み出した。ギリシャ彫刻は紀元前4世紀、アレキサンダー大王(紀元前356年~紀元前323年)の東方遠征時にガンダーラに持ち込まれた。その後3~4世紀に中国に伝来し、長い時間を経て中国文化と融合していった。(福州=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019102413748

    平安京の西寺五重塔か  東寺の五重塔=京都市南区

  42. 2019102400039

    「北陸カレント」 気軽に泊まって禅体験  永平寺の参拝者向けにオープンした宿泊施設「柏樹関」=福井県永平寺町

  43. 2019102104278

    「新華社」 セラ寺で建立600年の記念式典チベット・ラサ市  20日、セラ寺で開かれた建立600年記念の式典。中国チベット自治区ラサ市で20日、チベット仏教ゲルク派の寺院「セラ(色拉)寺」の建立600年を祝う記念式典が開催された。同市の北部郊外セラ・ウツェ山の麓に立つ同寺の建立は1419年。正式名称を「セラ大乗寺」といい、ゲルク派の六大寺院の一つとされる。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019102104279

    「新華社」 セラ寺で建立600年の記念式典チベット・ラサ市  20日、セラ寺で開かれた建立600年記念の式典。中国チベット自治区ラサ市で20日、チベット仏教ゲルク派の寺院「セラ(色拉)寺」の建立600年を祝う記念式典が開催された。同市の北部郊外セラ・ウツェ山の麓に立つ同寺の建立は1419年。正式名称を「セラ大乗寺」といい、ゲルク派の六大寺院の一つとされる。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019102104183

    「新華社」 セラ寺で建立600年の記念式典チベット・ラサ市  20日、セラ寺の建立600年記念式典に参加する人々。中国チベット自治区ラサ市で20日、チベット仏教ゲルク派の寺院「セラ(色拉)寺」の建立600年を祝う記念式典が開催された。同市の北部郊外セラ・ウツェ山の麓に立つ同寺の建立は1419年。正式名称を「セラ大乗寺」といい、ゲルク派の六大寺院の一つとされる。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019102104067

    「新華社」 セラ寺で建立600年の記念式典チベット・ラサ市  20日、セラ寺の建立600年記念式典で撮影する来場者。中国チベット自治区ラサ市で20日、チベット仏教ゲルク派の寺院「セラ(色拉)寺」の建立600年を祝う記念式典が開催された。同市の北部郊外セラ・ウツェ山の麓に立つ同寺の建立は1419年。正式名称を「セラ大乗寺」といい、ゲルク派の六大寺院の一つとされる。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019102104193

    「新華社」 セラ寺で建立600年の記念式典チベット・ラサ市  20日、セラ寺で開かれた建立600年記念の式典。中国チベット自治区ラサ市で20日、チベット仏教ゲルク派の寺院「セラ(色拉)寺」の建立600年を祝う記念式典が開催された。同市の北部郊外セラ・ウツェ山の麓に立つ同寺の建立は1419年。正式名称を「セラ大乗寺」といい、ゲルク派の六大寺院の一つとされる。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019101804870

    鳳凰堂に1046年の木材  平等院塔頭の浄土院で保管されている、1046年伐採と分かった鳳凰堂の屋根に用いられた木材(上)=18日午後、京都府宇治市

  49. 2019101802618

    元年国内 4833 高野山でマンダラ諸尊展  「マンダラの諸尊と信仰展」で展示される国宝の「紺紙金銀字一切経」(左)と重文の「木造大日如来坐像」 

  50. 2019102304824

    「新華社」 秋の気配深まる「天空の城」四川省理塘県  チベット仏教寺院のチャムチェン・チョェコルリン(長青春科爾)寺。(10月18日撮影)青海チベット高原の東部にある中国四川省カンゼ・チベット族自治州理塘(りとう)県は、標高約4千メートルで「天空の城」と呼ばれている。同県はここ数年、独特な歴史的・文化的資源を活かして、文化・観光業の発展に力を入れている。県の中心に位置する勒通(ろくつう)古鎮のチベット族大型住居建築群・千戸蔵寨風景区は既におおむねの形が整い、ますます大勢の観光客を引きつけている。(カンゼ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像