検索結果 137 件中 1 件 〜 50
  1. 2020012000938

    「新華社」 中国西部の伝統行事、千年の歴史ある九曲黄河灯陣甘粛省張掖市  14日、空から見た張掖市甘州区碱灘鎮古城村の九曲黄河灯陣。(小型無人機から)春節(旧正月)が近づき、中国甘粛省張掖市甘州区碱灘(かんたん)鎮の古城村で行われる伝説上の戦陣を模したイルミネーション「九曲黄河灯陣」のレイアウトが一新された。黄河沿岸に起源を持つ九曲黄河灯陣の名は、連なった明かりが蛇行する黄河の流れに似ていることに由来する。張掖市に伝わってからは地元住民により保存、継承され、千年の歴史を持つ文化遺産となる。灯陣は全長2・4キロメートルで、通路の両側に700枚以上の壁が新設された。壁面には儒教や仏教、道教などを含む中国の伝統文化を展示し、人々が長く求める幸せな暮らしへの思いを表現している。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020012000990

    「新華社」 中国西部の伝統行事、千年の歴史ある九曲黄河灯陣甘粛省張掖市  14日、空から見た張掖市甘州区碱灘鎮古城村の九曲黄河灯陣。(小型無人機から)春節(旧正月)が近づき、中国甘粛省張掖市甘州区碱灘(かんたん)鎮の古城村で行われる伝説上の戦陣を模したイルミネーション「九曲黄河灯陣」のレイアウトが一新された。黄河沿岸に起源を持つ九曲黄河灯陣の名は、連なった明かりが蛇行する黄河の流れに似ていることに由来する。張掖市に伝わってからは地元住民により保存、継承され、千年の歴史を持つ文化遺産となる。灯陣は全長2・4キロメートルで、通路の両側に700枚以上の壁が新設された。壁面には儒教や仏教、道教などを含む中国の伝統文化を展示し、人々が長く求める幸せな暮らしへの思いを表現している。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020012000825

    「新華社」 中国西部の伝統行事、千年の歴史ある九曲黄河灯陣甘粛省張掖市  14日、空から見た張掖市甘州区碱灘鎮古城村の九曲黄河灯陣。(小型無人機から)春節(旧正月)が近づき、中国甘粛省張掖市甘州区碱灘(かんたん)鎮の古城村で行われる伝説上の戦陣を模したイルミネーション「九曲黄河灯陣」のレイアウトが一新された。黄河沿岸に起源を持つ九曲黄河灯陣の名は、連なった明かりが蛇行する黄河の流れに似ていることに由来する。張掖市に伝わってからは地元住民により保存、継承され、千年の歴史を持つ文化遺産となる。灯陣は全長2・4キロメートルで、通路の両側に700枚以上の壁が新設された。壁面には儒教や仏教、道教などを含む中国の伝統文化を展示し、人々が長く求める幸せな暮らしへの思いを表現している。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020012000858

    「新華社」 中国西部の伝統行事、千年の歴史ある九曲黄河灯陣甘粛省張掖市  14日、空から見た張掖市甘州区碱灘鎮古城村の九曲黄河灯陣。(小型無人機から)春節(旧正月)が近づき、中国甘粛省張掖市甘州区碱灘(かんたん)鎮の古城村で行われる伝説上の戦陣を模したイルミネーション「九曲黄河灯陣」のレイアウトが一新された。黄河沿岸に起源を持つ九曲黄河灯陣の名は、連なった明かりが蛇行する黄河の流れに似ていることに由来する。張掖市に伝わってからは地元住民により保存、継承され、千年の歴史を持つ文化遺産となる。灯陣は全長2・4キロメートルで、通路の両側に700枚以上の壁が新設された。壁面には儒教や仏教、道教などを含む中国の伝統文化を展示し、人々が長く求める幸せな暮らしへの思いを表現している。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020012000967

    「新華社」 中国西部の伝統行事、千年の歴史ある九曲黄河灯陣甘粛省張掖市  14日、空から見た張掖市甘州区碱灘鎮古城村の九曲黄河灯陣。(小型無人機から)春節(旧正月)が近づき、中国甘粛省張掖市甘州区碱灘(かんたん)鎮の古城村で行われる伝説上の戦陣を模したイルミネーション「九曲黄河灯陣」のレイアウトが一新された。黄河沿岸に起源を持つ九曲黄河灯陣の名は、連なった明かりが蛇行する黄河の流れに似ていることに由来する。張掖市に伝わってからは地元住民により保存、継承され、千年の歴史を持つ文化遺産となる。灯陣は全長2・4キロメートルで、通路の両側に700枚以上の壁が新設された。壁面には儒教や仏教、道教などを含む中国の伝統文化を展示し、人々が長く求める幸せな暮らしへの思いを表現している。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020012000970

    「新華社」 中国西部の伝統行事、千年の歴史ある九曲黄河灯陣甘粛省張掖市  14日、空から見た張掖市甘州区碱灘鎮古城村の九曲黄河灯陣。(小型無人機から)春節(旧正月)が近づき、中国甘粛省張掖市甘州区碱灘(かんたん)鎮の古城村で行われる伝説上の戦陣を模したイルミネーション「九曲黄河灯陣」のレイアウトが一新された。黄河沿岸に起源を持つ九曲黄河灯陣の名は、連なった明かりが蛇行する黄河の流れに似ていることに由来する。張掖市に伝わってからは地元住民により保存、継承され、千年の歴史を持つ文化遺産となる。灯陣は全長2・4キロメートルで、通路の両側に700枚以上の壁が新設された。壁面には儒教や仏教、道教などを含む中国の伝統文化を展示し、人々が長く求める幸せな暮らしへの思いを表現している。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020010901682

    「新華社」 雪晴れの麦積山石窟甘粛省天水市  26日、麦積山石窟の仏像。(小型無人機から)中国甘粛省天水市で降り続いた雪がやみ、市内の麦積山石窟が晴れ渡った空を背景に一層壮大で美しい姿を見せた。麦積山石窟は山の形が積みわらのように見えることから名付けられた。221の石窟・仏龕(ぶつがん)が現存し、同省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟、河南省洛陽市の竜門石窟とともに中国四大石窟に数えられている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020010901675

    「新華社」 雪晴れの麦積山石窟甘粛省天水市  26日、麦積山石窟の仏像。(小型無人機から)中国甘粛省天水市で降り続いた雪がやみ、市内の麦積山石窟が晴れ渡った空を背景に一層壮大で美しい姿を見せた。麦積山石窟は山の形が積みわらのように見えることから名付けられた。221の石窟・仏龕(ぶつがん)が現存し、同省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟、河南省洛陽市の竜門石窟とともに中国四大石窟に数えられている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019120200527

    「新華社」 河南仏教学院を訪ねて初冬の桐柏山を堪能  26日、空から見た河南仏教学院付近の桐柏山。(小型無人機から)中国の河南仏教学院は河南・湖北両省の境界を流れる淮河の源、河南省南陽市桐柏県の桐柏山に位置している。同学院は2005年、国家宗教事務局と河南省政府宗教事務局の認可を得て、社会からの寄付で設立された仏教大学。山々に囲まれ、植生が豊かで、原始的な生態環境がよく保存されたこの地は、古くから仏教とのつながりが深い。学院近くの桐柏山は初雪の後、より一層美しさを増した。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019120200544

    「新華社」 河南仏教学院を訪ねて初冬の桐柏山を堪能  26日、空から見た河南仏教学院付近の桐柏山。(小型無人機から)中国の河南仏教学院は河南・湖北両省の境界を流れる淮河の源、河南省南陽市桐柏県の桐柏山に位置している。同学院は2005年、国家宗教事務局と河南省政府宗教事務局の認可を得て、社会からの寄付で設立された仏教大学。山々に囲まれ、植生が豊かで、原始的な生態環境がよく保存されたこの地は、古くから仏教とのつながりが深い。学院近くの桐柏山は初雪の後、より一層美しさを増した。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019120200612

    「新華社」 河南仏教学院を訪ねて初冬の桐柏山を堪能  26日、空から見た河南仏教学院付近の桐柏山。(小型無人機から)中国の河南仏教学院は河南・湖北両省の境界を流れる淮河の源、河南省南陽市桐柏県の桐柏山に位置している。同学院は2005年、国家宗教事務局と河南省政府宗教事務局の認可を得て、社会からの寄付で設立された仏教大学。山々に囲まれ、植生が豊かで、原始的な生態環境がよく保存されたこの地は、古くから仏教とのつながりが深い。学院近くの桐柏山は初雪の後、より一層美しさを増した。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019120200601

    「新華社」 河南仏教学院を訪ねて初冬の桐柏山を堪能  26日、空から見た河南仏教学院付近の桐柏山。(小型無人機から)中国の河南仏教学院は河南・湖北両省の境界を流れる淮河の源、河南省南陽市桐柏県の桐柏山に位置している。同学院は2005年、国家宗教事務局と河南省政府宗教事務局の認可を得て、社会からの寄付で設立された仏教大学。山々に囲まれ、植生が豊かで、原始的な生態環境がよく保存されたこの地は、古くから仏教とのつながりが深い。学院近くの桐柏山は初雪の後、より一層美しさを増した。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019120200608

    「新華社」 河南仏教学院を訪ねて初冬の桐柏山を堪能  26日、空から見た河南仏教学院付近の桐柏山。(小型無人機から)中国の河南仏教学院は河南・湖北両省の境界を流れる淮河の源、河南省南陽市桐柏県の桐柏山に位置している。同学院は2005年、国家宗教事務局と河南省政府宗教事務局の認可を得て、社会からの寄付で設立された仏教大学。山々に囲まれ、植生が豊かで、原始的な生態環境がよく保存されたこの地は、古くから仏教とのつながりが深い。学院近くの桐柏山は初雪の後、より一層美しさを増した。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019120200533

    「新華社」 河南仏教学院を訪ねて初冬の桐柏山を堪能  26日、空から見た河南仏教学院付近の桐柏山。(小型無人機から)中国の河南仏教学院は河南・湖北両省の境界を流れる淮河の源、河南省南陽市桐柏県の桐柏山に位置している。同学院は2005年、国家宗教事務局と河南省政府宗教事務局の認可を得て、社会からの寄付で設立された仏教大学。山々に囲まれ、植生が豊かで、原始的な生態環境がよく保存されたこの地は、古くから仏教とのつながりが深い。学院近くの桐柏山は初雪の後、より一層美しさを増した。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019120200548

    「新華社」 河南仏教学院を訪ねて初冬の桐柏山を堪能  26日、空から見た河南仏教学院付近の桐柏山。(小型無人機から)中国の河南仏教学院は河南・湖北両省の境界を流れる淮河の源、河南省南陽市桐柏県の桐柏山に位置している。同学院は2005年、国家宗教事務局と河南省政府宗教事務局の認可を得て、社会からの寄付で設立された仏教大学。山々に囲まれ、植生が豊かで、原始的な生態環境がよく保存されたこの地は、古くから仏教とのつながりが深い。学院近くの桐柏山は初雪の後、より一層美しさを増した。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019120200558

    「新華社」 河南仏教学院を訪ねて初冬の桐柏山を堪能  26日、空から見た河南仏教学院付近の桐柏山。(小型無人機から)中国の河南仏教学院は河南・湖北両省の境界を流れる淮河の源、河南省南陽市桐柏県の桐柏山に位置している。同学院は2005年、国家宗教事務局と河南省政府宗教事務局の認可を得て、社会からの寄付で設立された仏教大学。山々に囲まれ、植生が豊かで、原始的な生態環境がよく保存されたこの地は、古くから仏教とのつながりが深い。学院近くの桐柏山は初雪の後、より一層美しさを増した。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019111501339

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の建築群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019111501283

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の建築群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019111501294

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の建築群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019111501299

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の建築群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019111501332

    「新華社」 仏教芸術の宝庫、響堂山石窟を訪ねて  12日、空から見た北響堂山。(小型無人機から)中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区の響堂山石窟には、南北に15キロ離れた2群の石窟がある。石窟の掘削は北斉時代に始まり、隋、唐、宋、明の各時代にも続けられた。石窟は20世紀初頭に甚大な破壊を被り、多くの彫像や浮き彫りが日本や欧米各国に流出した。現存するのは16窟で、大小の仏像4300体余りと大量の石経が残され、仏教、建築、彫刻、絵画、書道の研究に貴重な資料を提供する芸術の宝庫となっており、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定されている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019111501340

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の建築群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019111501284

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の建築群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019111501344

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の建築群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019111400923

    「新華社」 色づいた樹齢1400年の大イチョウ陝西省西安市  11日、陝西省西安市羅漢洞村の古観音禅寺にそびえ立つイチョウの大木。(小型無人機から)中国陝西省西安市長安区羅漢洞村の終南山(しゅうなんざん)古観音禅寺ではこのところ、イチョウの大木が黄金色に染まり、落ち葉がまるで黄金のじゅうたんを敷き詰めたように地面に広がっており、美しい風景を見ようと連日大勢の観光客が訪れている。古観音禅寺は唐の貞観2(西暦628)年に創建された、終南山千年古刹(こさつ)の一つ。境内にそびえ立つこのイチョウの大木は樹齢1400年余りで、国の古樹名木保護リストに登録されている。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019111400908

    「新華社」 色づいた樹齢1400年の大イチョウ陝西省西安市  11日、陝西省西安市羅漢洞村の古観音禅寺にそびえ立つイチョウの大木。(小型無人機から)中国陝西省西安市長安区羅漢洞村の終南山(しゅうなんざん)古観音禅寺ではこのところ、イチョウの大木が黄金色に染まり、落ち葉がまるで黄金のじゅうたんを敷き詰めたように地面に広がっており、美しい風景を見ようと連日大勢の観光客が訪れている。古観音禅寺は唐の貞観2(西暦628)年に創建された、終南山千年古刹(こさつ)の一つ。境内にそびえ立つこのイチョウの大木は樹齢1400年余りで、国の古樹名木保護リストに登録されている。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019111400919

    「新華社」 色づいた樹齢1400年の大イチョウ陝西省西安市  11日、陝西省西安市羅漢洞村の古観音禅寺にそびえ立つイチョウの大木。(小型無人機から)中国陝西省西安市長安区羅漢洞村の終南山(しゅうなんざん)古観音禅寺ではこのところ、イチョウの大木が黄金色に染まり、落ち葉がまるで黄金のじゅうたんを敷き詰めたように地面に広がっており、美しい風景を見ようと連日大勢の観光客が訪れている。古観音禅寺は唐の貞観2(西暦628)年に創建された、終南山千年古刹(こさつ)の一つ。境内にそびえ立つこのイチョウの大木は樹齢1400年余りで、国の古樹名木保護リストに登録されている。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019111400780

    「新華社」 色づいた樹齢1400年の大イチョウ陝西省西安市  11日、イチョウの大木の根本に安置された仏像。(小型無人機から)中国陝西省西安市長安区羅漢洞村の終南山(しゅうなんざん)古観音禅寺ではこのところ、イチョウの大木が黄金色に染まり、落ち葉がまるで黄金のじゅうたんを敷き詰めたように地面に広がっており、美しい風景を見ようと連日大勢の観光客が訪れている。古観音禅寺は唐の貞観2(西暦628)年に創建された、終南山千年古刹(こさつ)の一つ。境内にそびえ立つこのイチョウの大木は樹齢1400年余りで、国の古樹名木保護リストに登録されている。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019111400852

    「新華社」 色づいた樹齢1400年の大イチョウ陝西省西安市  11日、陝西省西安市羅漢洞村の古観音禅寺にそびえ立つイチョウの大木。(小型無人機から)中国陝西省西安市長安区羅漢洞村の終南山(しゅうなんざん)古観音禅寺ではこのところ、イチョウの大木が黄金色に染まり、落ち葉がまるで黄金のじゅうたんを敷き詰めたように地面に広がっており、美しい風景を見ようと連日大勢の観光客が訪れている。古観音禅寺は唐の貞観2(西暦628)年に創建された、終南山千年古刹(こさつ)の一つ。境内にそびえ立つこのイチョウの大木は樹齢1400年余りで、国の古樹名木保護リストに登録されている。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019111104417

    「新華社」 貴重な石窟を守る定期的検査で北石窟寺を保護甘粛省  5日、空から見た北石窟寺の全景。(小型無人機から)甘粛省慶陽市にある北石窟寺は北魏永平2年(紀元509年)に建てられ、幾度にわたる増築を経て、窟(くつ)・龕(がん、仏像を納めるため、岩壁を掘りくぼめた場所)が密集する石窟群が形成された。大小308個の窟・龕および2千体以上の塑像が現存するこの寺は、中国の仏教石窟芸術において重要な地位を占めている。近年、石窟の風化や落砂などの状況に対応するため、文化財保護スタッフが石窟周辺の環境と山の状況を定期的に検査し、適切なプランを作成して同寺の修復と保護を行っている。(慶陽=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019042500443

    55年内地 9351 大仏殿落慶法要  台風一過の秋晴れの下、“昭和の大修理”が成り、落慶法要が行われる東大寺大仏殿=1980(昭和55)年10月15日午前8時40分、奈良市で共同通信社ヘリから

  32. 2019111803537

    「新華社」 1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省  河南省洛陽市の竜門石窟風景区にある奉先寺を見学する観光客。(3月26日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019032800747

    「新華社」 タイの古都アユタヤを訪ねて  17日に撮影したアユタヤの仏教寺院、ワット・プラ・シーサンペット。アユタヤはタイ中部の古都で、華人には「大城府」と呼ばれている。ラーマーティボーディー1世(ウートーン王)は、スコータイ王朝が衰退していた1347年、同地に新都を建設した。アユタヤ王朝は1350~1767年の417年間続き、33人の君主が治めた。首都アユタヤは文化や芸術、国際貿易が目覚ましい発展を遂げたが、ビルマ軍の侵攻で完全に破壊され、現在は宮殿の遺跡、貴重な仏像、精巧な彫刻などの一部が往時をしのばせる。(アユタヤ=新華社記者/張可任)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019032800609

    「新華社」 タイの古都アユタヤを訪ねて  16日に撮影したアユタヤの仏教寺院、ワット・チャイワタナラーム。アユタヤはタイ中部の古都で、華人には「大城府」と呼ばれている。ラーマーティボーディー1世(ウートーン王)は、スコータイ王朝が衰退していた1347年、同地に新都を建設した。アユタヤ王朝は1350~1767年の417年間続き、33人の君主が治めた。首都アユタヤは文化や芸術、国際貿易が目覚ましい発展を遂げたが、ビルマ軍の侵攻で完全に破壊され、現在は宮殿の遺跡、貴重な仏像、精巧な彫刻などの一部が往時をしのばせる。(アユタヤ=新華社記者/張可任)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019032800621

    「新華社」 タイの古都アユタヤを訪ねて  16日、アユタヤの仏教寺院、ワット・チャイワッタナーラームでタイの伝統衣装を着て記念撮影する観光客。アユタヤはタイ中部の古都で、華人には「大城府」と呼ばれている。ラーマーティボーディー1世(ウートーン王)は、スコータイ王朝が衰退していた1347年、同地に新都を建設した。アユタヤ王朝は1350~1767年の417年間続き、33人の君主が治めた。首都アユタヤは文化や芸術、国際貿易が目覚ましい発展を遂げたが、ビルマ軍の侵攻で完全に破壊され、現在は宮殿の遺跡、貴重な仏像、精巧な彫刻などの一部が往時をしのばせる。(アユタヤ=新華社記者/張可任)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019022107413

    「新華社」 「世界のチベット学学府」ラプラン寺でモンラム祭  17日、甘粛省甘南チベット族自治州夏河県のラプラン寺で行われたモンラム祭。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河県にあるラプラン寺で17日、新年が天候に恵まれることを祈願する年に1度のモンラム祭(正月法要)が行われた。僧侶や民衆、国内外の観光客5万人余りが集まり拝観や観光を楽しんだ。1709年に建てられたラプラン寺は、チベット仏教のゲルク派六大僧院の一つで、チベット仏教の教学体系の中でも多くの学科が揃い、レベルも高いことから「世界のチベット学学府」と呼ばれている。(夏河=新華社記者/陳斌)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019032800602

    「新華社」 タイの古都アユタヤを訪ねて  2月9日、アユタヤの仏教寺院、ワット・ヤイ・チャイ・モンコンを見学する観光客。アユタヤはタイ中部の古都で、華人には「大城府」と呼ばれている。ラーマーティボーディー1世(ウートーン王)は、スコータイ王朝が衰退していた1347年、同地に新都を建設した。アユタヤ王朝は1350~1767年の417年間続き、33人の君主が治めた。首都アユタヤは文化や芸術、国際貿易が目覚ましい発展を遂げたが、ビルマ軍の侵攻で完全に破壊され、現在は宮殿の遺跡、貴重な仏像、精巧な彫刻などの一部が往時をしのばせる。(アユタヤ=新華社記者/張可任)=2019(平成31)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019111803519

    「新華社」 1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省  洛陽市の郊外にある竜門石窟の雪景色。(1月9日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2018120506557

    「新華社」 中国で最も海抜の低い寺、東明寺  11月29日、空から見た東門嶼の北側、仏澳の全景。(小型無人機から)中国福建省漳州市東山(とうざん)県の観光地、東門嶼の北側にある仏澳に位置する東明寺は、明代に建立された。同寺の敷地面積は200ムー(約13・3ヘクタール)で、山門、仏室、宝殿、玉仏壇、蔵経閣、鐘楼など30余りの建築物がある。寺の前殿は「天王殿」で、弥勒菩薩と四天王を祭っている。天王殿の前は海で、中国で最も海抜の低い寺という同寺の大きな特色となっている。海抜はわずか60センチ余り、海との距離も1メートル余りで、海面とほぼ同じ高さだ。東明寺は元々、小さな祠にすぎなかった。住職の道裕法師が1987年、僧侶と共に海を渡り、荒れた山を開拓して東明寺を拡張したことで、建築面積は6千平方メートルを超え、現在の壮大な仏教建築群が形成された。(漳州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2018101606901

    「新華社」 「石窟の元祖」天梯山石窟甘粛省武威市  14日、天梯山石窟の全景。(小型無人機から)中国甘粛省武威市中心部の南にある天梯山石窟(てんていさんせっくつ)は東晋十六国時代(317年~420年)の北涼に造営が開始され、約1600年の歴史を持つ。同石窟は中国で最も早い時期に開削された石窟の一つで、中国仏教史において重要な位置を占めており、「石窟の元祖」と称される。(武威=新華社記者/範培珅)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2018101606684

    「新華社」 「石窟の元祖」天梯山石窟甘粛省武威市  14日、天梯山石窟の大仏窟。(小型無人機から)中国甘粛省武威市中心部の南にある天梯山石窟(てんていさんせっくつ)は東晋十六国時代(317年~420年)の北涼に造営が開始され、約1600年の歴史を持つ。同石窟は中国で最も早い時期に開削された石窟の一つで、中国仏教史において重要な位置を占めており、「石窟の元祖」と称される。(武威=新華社記者/範培珅)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2018081600283

    「新華社」 勒通古鎮、歴史と文化の魅力を発信四川省理塘県  13日、空から見た勒通古鎮の千戸藏寨。(小型無人機から)中国四川省カンゼ・チベット族自治州理塘県はここ数年、旧市街の整理を行い、ダライ・ラマ七世(1708~1757年)の生誕地とされる「仁康古屋」や康巴(カンパ)チベット族の文化が色濃く残る「仁康古街」、チベット族の大型住居建築群「千戸藏寨」などを勒通古鎮として整備し、同県の歴史や文化の魅力を集中的にアピールしている。古鎮開発では、既存の自然景観や郷村の特色をできるだけ破壊しないよう保護と開発の双方に重きを置き、観光による貧困扶助や周辺地域への波及効果を発揮させるという計画のもと、「街の中に景観があり景観の中に街がある」という高原地域の街と景観の一体化を実現させた。(理塘=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2018041000007

    鋸山  千葉県・房総半島の鋸山の大仏=2018年4月8日

  44. 2018020601003

    「新華社」 降雪後の九華山  3日、空から撮影した降雪後の九華山の美しい雪景色。【新華社合肥】中国安徽省青陽県に位置する九華山は中国仏教の名山の一つにあたり、国家地質公園としても有名で、毎年多くの観光客がここを訪れている。(新華社記者/郭晨)=2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2018020601004

    「新華社」 降雪後の九華山  3日、空から撮影した降雪後の九華山の美しい雪景色。【新華社合肥】中国安徽省青陽県に位置する九華山は中国仏教の名山の一つにあたり、国家地質公園としても有名で、毎年多くの観光客がここを訪れている。(新華社記者/郭晨)=2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2018020601005

    「新華社」 降雪後の九華山  3日、空から撮影した降雪後の九華山の美しい雪景色。【新華社合肥】中国安徽省青陽県に位置する九華山は中国仏教の名山の一つにあたり、国家地質公園としても有名で、毎年多くの観光客がここを訪れている。(新華社記者/郭晨)=2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2018020601010

    「新華社」 降雪後の九華山  3日、空から撮影した降雪後の九華山の美しい雪景色。 【新華社合肥】中国安徽省青陽県に位置する九華山は中国仏教の名山の一つにあたり、国家地質公園としても有名で、毎年多くの観光客がここを訪れている。(新華社記者/郭晨) =2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2018012500092

    日本海側、大雪警戒  雪化粧した京都・清水寺=25日午前8時54分(共同通信社ヘリから)

  49. 2017051900165

    55年内地 102 東大寺大仏殿  「昭和大修理」が始まって6年、最後の工事を待つ東大寺大仏殿=出稿1980(昭和55)年1月5日、奈良市で共同通信社ヘリから

  50. 2019111803602

    「新華社」 1500年余りの歴史を刻む世界遺産「龍門石窟」をゆく河南省  河南省洛陽市の竜門石窟にある奉先寺にたたずむ仏像。(2017年4月18日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像