検索結果 175 件中 1 件 〜 50
  1. 2020090305959

    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術  8月31日、天津市薊州区の独楽寺観音閣。(小型無人機から)中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020090104388

    青竜寺に残る元代壁画山西省稷山県  25日、空から見た青竜寺の全景。(小型無人機から)中国山西省運城市稷山(しょくさん)県の中心市街地から南西4キロの馬村にある青竜寺は、国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される古刹で、創建は唐代にさかのぼる。6千平方メートル余りの境内に現存する腰殿と後殿、垛(だ)殿は、いずれも元代に再建されたもので、殿内に壁画196・38平方メートルが残る。腰殿の壁画は、明代に修復された北壁以外が再建当時のものとされ、宗教人物画の「水陸画」に属する。儒教と仏教、道教が共存し、神仙と仏、神が融合している。配色は青と緑を基調としており、唐・宋時代以降の絵画表現技法を継承している。元・明両時代の絵画の傑作とされる。(稷山=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020090104334

    青竜寺に残る元代壁画山西省稷山県  25日、空から見た青竜寺の全景。(小型無人機から)中国山西省運城市稷山(しょくさん)県の中心市街地から南西4キロの馬村にある青竜寺は、国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される古刹で、創建は唐代にさかのぼる。6千平方メートル余りの境内に現存する腰殿と後殿、垛(だ)殿は、いずれも元代に再建されたもので、殿内に壁画196・38平方メートルが残る。腰殿の壁画は、明代に修復された北壁以外が再建当時のものとされ、宗教人物画の「水陸画」に属する。儒教と仏教、道教が共存し、神仙と仏、神が融合している。配色は青と緑を基調としており、唐・宋時代以降の絵画表現技法を継承している。元・明両時代の絵画の傑作とされる。(稷山=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020081403693

    「金色の馬」色達県を訪ねて四川省カンゼ・チベット族自治州  10日、遠くに見える色達県の東嘎寺。県内には29カ所のチベット仏教寺院がある。(小型無人機から)中国四川省カンゼ・チベット族自治州北西部に位置する色達県は、かつてこの地で馬頭形の金が発見されたと伝わることから、「金色の馬」を意味する色逹(セルタル)の名が付いた。青海チベット高原の南東縁にある同県は、成都市から600キロ離れており、面積9339平方キロ、平均標高4127メートル、人口5万3758人で、チベット民族など多民族が共生する牧畜業中心の県となっている。県内では昨年末までに3760世帯、1万5549人が貧困脱却を実現。同県は貧困県リストから除外された。(色達=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020072800738

    「三教」の文化が集まる「景忠山」を訪ねて河北省唐山市  15日、緑の中に立つ景忠山の各施設。(小型無人機から)中国河北省唐山市遷西県に位置する景忠山は緑豊かで仏教、道教と儒教という「三教」それぞれの施設が集まっている。四帥殿、三道茶棚、碧霞元君殿、円通寺、玉皇殿、知止洞など30カ所余りの観光スポットを有し、国家4A級(上から2番目)の観光地に指定されている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020072800677

    「三教」の文化が集まる「景忠山」を訪ねて河北省唐山市  15日、緑の中に立つ景忠山の各施設。(小型無人機から)中国河北省唐山市遷西県に位置する景忠山は緑豊かで仏教、道教と儒教という「三教」それぞれの施設が集まっている。四帥殿、三道茶棚、碧霞元君殿、円通寺、玉皇殿、知止洞など30カ所余りの観光スポットを有し、国家4A級(上から2番目)の観光地に指定されている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020072800657

    「三教」の文化が集まる「景忠山」を訪ねて河北省唐山市  15日、緑の中に立つ景忠山の各施設。(小型無人機から)中国河北省唐山市遷西県に位置する景忠山は緑豊かで仏教、道教と儒教という「三教」それぞれの施設が集まっている。四帥殿、三道茶棚、碧霞元君殿、円通寺、玉皇殿、知止洞など30カ所余りの観光スポットを有し、国家4A級(上から2番目)の観光地に指定されている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020072800660

    「三教」の文化が集まる「景忠山」を訪ねて河北省唐山市  15日、緑の中に立つ景忠山の各施設。(小型無人機から)中国河北省唐山市遷西県に位置する景忠山は緑豊かで仏教、道教と儒教という「三教」それぞれの施設が集まっている。四帥殿、三道茶棚、碧霞元君殿、円通寺、玉皇殿、知止洞など30カ所余りの観光スポットを有し、国家4A級(上から2番目)の観光地に指定されている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020072800756

    「三教」の文化が集まる「景忠山」を訪ねて河北省唐山市  15日、緑の中に立つ景忠山の各施設。(小型無人機から)中国河北省唐山市遷西県に位置する景忠山は緑豊かで仏教、道教と儒教という「三教」それぞれの施設が集まっている。四帥殿、三道茶棚、碧霞元君殿、円通寺、玉皇殿、知止洞など30カ所余りの観光スポットを有し、国家4A級(上から2番目)の観光地に指定されている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020072800761

    「三教」の文化が集まる「景忠山」を訪ねて河北省唐山市  15日、緑の中に立つ景忠山の各施設。(小型無人機から)中国河北省唐山市遷西県に位置する景忠山は緑豊かで仏教、道教と儒教という「三教」それぞれの施設が集まっている。四帥殿、三道茶棚、碧霞元君殿、円通寺、玉皇殿、知止洞など30カ所余りの観光スポットを有し、国家4A級(上から2番目)の観光地に指定されている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020072800736

    「三教」の文化が集まる「景忠山」を訪ねて河北省唐山市  15日、緑の中に立つ景忠山の各施設。(小型無人機から)中国河北省唐山市遷西県に位置する景忠山は緑豊かで仏教、道教と儒教という「三教」それぞれの施設が集まっている。四帥殿、三道茶棚、碧霞元君殿、円通寺、玉皇殿、知止洞など30カ所余りの観光スポットを有し、国家4A級(上から2番目)の観光地に指定されている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020072800728

    「三教」の文化が集まる「景忠山」を訪ねて河北省唐山市  15日、緑の中に立つ景忠山の各施設。(小型無人機から)中国河北省唐山市遷西県に位置する景忠山は緑豊かで仏教、道教と儒教という「三教」それぞれの施設が集まっている。四帥殿、三道茶棚、碧霞元君殿、円通寺、玉皇殿、知止洞など30カ所余りの観光スポットを有し、国家4A級(上から2番目)の観光地に指定されている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020071303934

    ナイトツアーで経済活性化河南省洛陽市  7日、河南省洛陽市にある大型仏教石窟群、竜門石窟の夜間のライトアップの様子。(小型無人機から)中国河南省の洛陽市ではさまざまなナイトツアーが多くの観光客の人気を呼び、地元の経済を活性化している。(洛陽=新華社記者/李安)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020071303903

    ナイトツアーで経済活性化河南省洛陽市  7日、河南省洛陽市にある大型仏教石窟群、竜門石窟の奉先寺を訪れる観光客。(小型無人機から)中国河南省の洛陽市ではさまざまなナイトツアーが多くの観光客の人気を呼び、地元の経済を活性化している。(洛陽=新華社記者/李安)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020071303922

    ナイトツアーで経済活性化河南省洛陽市  7日、河南省洛陽市にある大型仏教石窟群、竜門石窟の夜間のライトアップの様子。(小型無人機から)中国河南省の洛陽市ではさまざまなナイトツアーが多くの観光客の人気を呼び、地元の経済を活性化している。(洛陽=新華社記者/李安)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020090408748

    メコン川が育む美しい都市、ラオス・ビエンチャン  ビエンチャンにつながる中国ラオス高速道路。(7月6日撮影、小型無人機から)ラオスは東南アジア唯一の内陸国で、交通や貿易の不便さから長年経済が立ち遅れていた。閉鎖的な環境の中でラオスの人々は、簡素な生活をし、多くが仏教を信仰している。自然との調和と共存を喜び、自然を過度に搾取することもない。同国中部に位置する首都ビエンチャンはメコン川沿いの沖積平原に位置し、自然環境と豊かな物産に恵まれている。ラオス初の統一多民族国家、ランサン王国が16世紀半ばに同地に都を移して以降、都市は徐々に繁栄するようになった。中国の「一帯一路」構想とラオスの「内陸閉鎖国を陸地でつながる国に変える」戦略との結び付きが進むにつれ、建設中の中国ラオス鉄道や中国ラオス高速道路などのプロジェクトが、ビエンチャンに新たな情景を作りだしている。(ビエンチャン=新華社配信/AlanLiu)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020062204758

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020062204793

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020062204714

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020062204800

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020062204763

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020062204865

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、ラブラン寺の南西にある貢唐宝塔。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020061201907

    シーサンパンナの貴重な仏教建築、景真八角亭雲南省  1日、国家級重点文物保護単位の景真八角亭。(小型無人機から)中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州勐海(もうかい)県の景真八角亭は、国家級重点文物保護単位に指定されている歴史的仏教建築で、県城(県政府所在地)の西に位置する景真山に建てられている。(昆明=新華社記者/王安浩維)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020061201833

    シーサンパンナの貴重な仏教建築、景真八角亭雲南省  1日、国家級重点文物保護単位の景真八角亭。(小型無人機から)中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州勐海(もうかい)県の景真八角亭は、国家級重点文物保護単位に指定されている歴史的仏教建築で、県城(県政府所在地)の西に位置する景真山に建てられている。(昆明=新華社記者/王安浩維)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020061201837

    シーサンパンナの貴重な仏教建築、景真八角亭雲南省  1日、国家級重点文物保護単位の景真八角亭。(小型無人機から)中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州勐海(もうかい)県の景真八角亭は、国家級重点文物保護単位に指定されている歴史的仏教建築で、県城(県政府所在地)の西に位置する景真山に建てられている。(昆明=新華社記者/王安浩維)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020090408746

    メコン川が育む美しい都市、ラオス・ビエンチャン  ビエンチャン郊外を走る中国ラオス鉄道。(5月29日撮影、小型無人機から)ラオスは東南アジア唯一の内陸国で、交通や貿易の不便さから長年経済が立ち遅れていた。閉鎖的な環境の中でラオスの人々は、簡素な生活をし、多くが仏教を信仰している。自然との調和と共存を喜び、自然を過度に搾取することもない。同国中部に位置する首都ビエンチャンはメコン川沿いの沖積平原に位置し、自然環境と豊かな物産に恵まれている。ラオス初の統一多民族国家、ランサン王国が16世紀半ばに同地に都を移して以降、都市は徐々に繁栄するようになった。中国の「一帯一路」構想とラオスの「内陸閉鎖国を陸地でつながる国に変える」戦略との結び付きが進むにつれ、建設中の中国ラオス鉄道や中国ラオス高速道路などのプロジェクトが、ビエンチャンに新たな情景を作りだしている。(ビエンチャン=新華社配信/潘竜柱)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020050804725

    古代シルクロードに佇む須弥山石窟を訪ねて 寧夏回族自治区  4月27日、寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟の大仏楼。内部に彫られた弥勒倚坐像は高さ20・6メートル。開削が最も盛んだった唐代に造られた。(小型無人機から)古代シルクロードの通り道にあたる中国寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟は、南北朝時代の北魏(386~534年)晩期に造営が始まり、北周(557~581年)と唐代(618~907年)に栄え、1500年以上の歴史を有する中国十大石窟の一つ。1982年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。現存する大小162の石窟と1千体余りの仏像が2キロメートルにわたって八つの峰に点在している。同石窟には現在、185・47平方メートルに及ぶ壁画がある。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020050804743

    古代シルクロードに佇む須弥山石窟を訪ねて 寧夏回族自治区  4月27日、寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟の大仏楼。内部に彫られた弥勒倚坐像は高さ20・6メートル。開削が最も盛んだった唐代に造られた。(小型無人機から)古代シルクロードの通り道にあたる中国寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟は、南北朝時代の北魏(386~534年)晩期に造営が始まり、北周(557~581年)と唐代(618~907年)に栄え、1500年以上の歴史を有する中国十大石窟の一つ。1982年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。現存する大小162の石窟と1千体余りの仏像が2キロメートルにわたって八つの峰に点在している。同石窟には現在、185・47平方メートルに及ぶ壁画がある。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020042301744

    仏慧山に春の訪れ山東省済南市  20日、一面に緑が広がる仏慧山の春景色。(小型無人機から)中国山東省済南市にある仏慧山は歴史的にも文化的にも名高く、高くて険しい地形は市の高台となっている。山には黄石崖造像遺跡があり、岩肌に刻まれた唐代の仏像が数多く残されている。春の仏慧山には草木が青々と茂り、自然の生気にあふれた魅力的な風景が広がっている。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020042301745

    仏慧山に春の訪れ山東省済南市  20日、一面に緑が広がる仏慧山の春景色。(小型無人機から)中国山東省済南市にある仏慧山は歴史的にも文化的にも名高く、高くて険しい地形は市の高台となっている。山には黄石崖造像遺跡があり、岩肌に刻まれた唐代の仏像が数多く残されている。春の仏慧山には草木が青々と茂り、自然の生気にあふれた魅力的な風景が広がっている。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020042301789

    仏慧山に春の訪れ山東省済南市  20日、一面に緑が広がる仏慧山の春景色。(小型無人機から)中国山東省済南市にある仏慧山は歴史的にも文化的にも名高く、高くて険しい地形は市の高台となっている。山には黄石崖造像遺跡があり、岩肌に刻まれた唐代の仏像が数多く残されている。春の仏慧山には草木が青々と茂り、自然の生気にあふれた魅力的な風景が広がっている。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020042301803

    仏慧山に春の訪れ山東省済南市  20日、一面に緑が広がる仏慧山の春景色。(小型無人機から)中国山東省済南市にある仏慧山は歴史的にも文化的にも名高く、高くて険しい地形は市の高台となっている。山には黄石崖造像遺跡があり、岩肌に刻まれた唐代の仏像が数多く残されている。春の仏慧山には草木が青々と茂り、自然の生気にあふれた魅力的な風景が広がっている。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020042301742

    仏慧山に春の訪れ山東省済南市  20日、一面に緑が広がる仏慧山の春景色。(小型無人機から)中国山東省済南市にある仏慧山は歴史的にも文化的にも名高く、高くて険しい地形は市の高台となっている。山には黄石崖造像遺跡があり、岩肌に刻まれた唐代の仏像が数多く残されている。春の仏慧山には草木が青々と茂り、自然の生気にあふれた魅力的な風景が広がっている。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020041001996

    春の行楽スポット、青銅峡黄河大峡谷を遊覧寧夏回族自治区  5日、青銅峡黄河大峡谷の観光エリアにある大禹文化園。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区の青銅峡市青銅峡鎮にある青銅峡黄河大峡谷ではこのところ、峡谷の雄大な景観を味わおうと大勢の観光客が訪れている。同峡谷は全長10キロ以上、石灰岩と砂質頁岩(けつがん)でできた黄河峡谷の一部となる景勝地で、寧夏引黄古灌区(古代、黄河の水を引き入れたかんがい区域)や青銅峡水利施設、仏教遺跡の「108塔」、大禹文化園など多くの観光スポットがある。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020041001959

    春の行楽スポット、青銅峡黄河大峡谷を遊覧寧夏回族自治区  5日、青銅峡黄河大峡谷の観光エリアにある大禹文化園。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区の青銅峡市青銅峡鎮にある青銅峡黄河大峡谷ではこのところ、峡谷の雄大な景観を味わおうと大勢の観光客が訪れている。同峡谷は全長10キロ以上、石灰岩と砂質頁岩(けつがん)でできた黄河峡谷の一部となる景勝地で、寧夏引黄古灌区(古代、黄河の水を引き入れたかんがい区域)や青銅峡水利施設、仏教遺跡の「108塔」、大禹文化園など多くの観光スポットがある。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020012000938

    中国西部の伝統行事、千年の歴史ある九曲黄河灯陣甘粛省張掖市  14日、空から見た張掖市甘州区碱灘鎮古城村の九曲黄河灯陣。(小型無人機から)春節(旧正月)が近づき、中国甘粛省張掖市甘州区碱灘(かんたん)鎮の古城村で行われる伝説上の戦陣を模したイルミネーション「九曲黄河灯陣」のレイアウトが一新された。黄河沿岸に起源を持つ九曲黄河灯陣の名は、連なった明かりが蛇行する黄河の流れに似ていることに由来する。張掖市に伝わってからは地元住民により保存、継承され、千年の歴史を持つ文化遺産となる。灯陣は全長2・4キロメートルで、通路の両側に700枚以上の壁が新設された。壁面には儒教や仏教、道教などを含む中国の伝統文化を展示し、人々が長く求める幸せな暮らしへの思いを表現している。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020012000990

    中国西部の伝統行事、千年の歴史ある九曲黄河灯陣甘粛省張掖市  14日、空から見た張掖市甘州区碱灘鎮古城村の九曲黄河灯陣。(小型無人機から)春節(旧正月)が近づき、中国甘粛省張掖市甘州区碱灘(かんたん)鎮の古城村で行われる伝説上の戦陣を模したイルミネーション「九曲黄河灯陣」のレイアウトが一新された。黄河沿岸に起源を持つ九曲黄河灯陣の名は、連なった明かりが蛇行する黄河の流れに似ていることに由来する。張掖市に伝わってからは地元住民により保存、継承され、千年の歴史を持つ文化遺産となる。灯陣は全長2・4キロメートルで、通路の両側に700枚以上の壁が新設された。壁面には儒教や仏教、道教などを含む中国の伝統文化を展示し、人々が長く求める幸せな暮らしへの思いを表現している。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020012000825

    中国西部の伝統行事、千年の歴史ある九曲黄河灯陣甘粛省張掖市  14日、空から見た張掖市甘州区碱灘鎮古城村の九曲黄河灯陣。(小型無人機から)春節(旧正月)が近づき、中国甘粛省張掖市甘州区碱灘(かんたん)鎮の古城村で行われる伝説上の戦陣を模したイルミネーション「九曲黄河灯陣」のレイアウトが一新された。黄河沿岸に起源を持つ九曲黄河灯陣の名は、連なった明かりが蛇行する黄河の流れに似ていることに由来する。張掖市に伝わってからは地元住民により保存、継承され、千年の歴史を持つ文化遺産となる。灯陣は全長2・4キロメートルで、通路の両側に700枚以上の壁が新設された。壁面には儒教や仏教、道教などを含む中国の伝統文化を展示し、人々が長く求める幸せな暮らしへの思いを表現している。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020012000858

    中国西部の伝統行事、千年の歴史ある九曲黄河灯陣甘粛省張掖市  14日、空から見た張掖市甘州区碱灘鎮古城村の九曲黄河灯陣。(小型無人機から)春節(旧正月)が近づき、中国甘粛省張掖市甘州区碱灘(かんたん)鎮の古城村で行われる伝説上の戦陣を模したイルミネーション「九曲黄河灯陣」のレイアウトが一新された。黄河沿岸に起源を持つ九曲黄河灯陣の名は、連なった明かりが蛇行する黄河の流れに似ていることに由来する。張掖市に伝わってからは地元住民により保存、継承され、千年の歴史を持つ文化遺産となる。灯陣は全長2・4キロメートルで、通路の両側に700枚以上の壁が新設された。壁面には儒教や仏教、道教などを含む中国の伝統文化を展示し、人々が長く求める幸せな暮らしへの思いを表現している。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020012000967

    中国西部の伝統行事、千年の歴史ある九曲黄河灯陣甘粛省張掖市  14日、空から見た張掖市甘州区碱灘鎮古城村の九曲黄河灯陣。(小型無人機から)春節(旧正月)が近づき、中国甘粛省張掖市甘州区碱灘(かんたん)鎮の古城村で行われる伝説上の戦陣を模したイルミネーション「九曲黄河灯陣」のレイアウトが一新された。黄河沿岸に起源を持つ九曲黄河灯陣の名は、連なった明かりが蛇行する黄河の流れに似ていることに由来する。張掖市に伝わってからは地元住民により保存、継承され、千年の歴史を持つ文化遺産となる。灯陣は全長2・4キロメートルで、通路の両側に700枚以上の壁が新設された。壁面には儒教や仏教、道教などを含む中国の伝統文化を展示し、人々が長く求める幸せな暮らしへの思いを表現している。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020012000970

    中国西部の伝統行事、千年の歴史ある九曲黄河灯陣甘粛省張掖市  14日、空から見た張掖市甘州区碱灘鎮古城村の九曲黄河灯陣。(小型無人機から)春節(旧正月)が近づき、中国甘粛省張掖市甘州区碱灘(かんたん)鎮の古城村で行われる伝説上の戦陣を模したイルミネーション「九曲黄河灯陣」のレイアウトが一新された。黄河沿岸に起源を持つ九曲黄河灯陣の名は、連なった明かりが蛇行する黄河の流れに似ていることに由来する。張掖市に伝わってからは地元住民により保存、継承され、千年の歴史を持つ文化遺産となる。灯陣は全長2・4キロメートルで、通路の両側に700枚以上の壁が新設された。壁面には儒教や仏教、道教などを含む中国の伝統文化を展示し、人々が長く求める幸せな暮らしへの思いを表現している。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020010901682

    雪晴れの麦積山石窟甘粛省天水市  26日、麦積山石窟の仏像。(小型無人機から)中国甘粛省天水市で降り続いた雪がやみ、市内の麦積山石窟が晴れ渡った空を背景に一層壮大で美しい姿を見せた。麦積山石窟は山の形が積みわらのように見えることから名付けられた。221の石窟・仏龕(ぶつがん)が現存し、同省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟、河南省洛陽市の竜門石窟とともに中国四大石窟に数えられている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020010901675

    雪晴れの麦積山石窟甘粛省天水市  26日、麦積山石窟の仏像。(小型無人機から)中国甘粛省天水市で降り続いた雪がやみ、市内の麦積山石窟が晴れ渡った空を背景に一層壮大で美しい姿を見せた。麦積山石窟は山の形が積みわらのように見えることから名付けられた。221の石窟・仏龕(ぶつがん)が現存し、同省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟、河南省洛陽市の竜門石窟とともに中国四大石窟に数えられている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019120200527

    河南仏教学院を訪ねて初冬の桐柏山を堪能  26日、空から見た河南仏教学院付近の桐柏山。(小型無人機から)中国の河南仏教学院は河南・湖北両省の境界を流れる淮河の源、河南省南陽市桐柏県の桐柏山に位置している。同学院は2005年、国家宗教事務局と河南省政府宗教事務局の認可を得て、社会からの寄付で設立された仏教大学。山々に囲まれ、植生が豊かで、原始的な生態環境がよく保存されたこの地は、古くから仏教とのつながりが深い。学院近くの桐柏山は初雪の後、より一層美しさを増した。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019120200544

    河南仏教学院を訪ねて初冬の桐柏山を堪能  26日、空から見た河南仏教学院付近の桐柏山。(小型無人機から)中国の河南仏教学院は河南・湖北両省の境界を流れる淮河の源、河南省南陽市桐柏県の桐柏山に位置している。同学院は2005年、国家宗教事務局と河南省政府宗教事務局の認可を得て、社会からの寄付で設立された仏教大学。山々に囲まれ、植生が豊かで、原始的な生態環境がよく保存されたこの地は、古くから仏教とのつながりが深い。学院近くの桐柏山は初雪の後、より一層美しさを増した。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019120200612

    河南仏教学院を訪ねて初冬の桐柏山を堪能  26日、空から見た河南仏教学院付近の桐柏山。(小型無人機から)中国の河南仏教学院は河南・湖北両省の境界を流れる淮河の源、河南省南陽市桐柏県の桐柏山に位置している。同学院は2005年、国家宗教事務局と河南省政府宗教事務局の認可を得て、社会からの寄付で設立された仏教大学。山々に囲まれ、植生が豊かで、原始的な生態環境がよく保存されたこの地は、古くから仏教とのつながりが深い。学院近くの桐柏山は初雪の後、より一層美しさを増した。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019120200601

    河南仏教学院を訪ねて初冬の桐柏山を堪能  26日、空から見た河南仏教学院付近の桐柏山。(小型無人機から)中国の河南仏教学院は河南・湖北両省の境界を流れる淮河の源、河南省南陽市桐柏県の桐柏山に位置している。同学院は2005年、国家宗教事務局と河南省政府宗教事務局の認可を得て、社会からの寄付で設立された仏教大学。山々に囲まれ、植生が豊かで、原始的な生態環境がよく保存されたこの地は、古くから仏教とのつながりが深い。学院近くの桐柏山は初雪の後、より一層美しさを増した。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019120200608

    河南仏教学院を訪ねて初冬の桐柏山を堪能  26日、空から見た河南仏教学院付近の桐柏山。(小型無人機から)中国の河南仏教学院は河南・湖北両省の境界を流れる淮河の源、河南省南陽市桐柏県の桐柏山に位置している。同学院は2005年、国家宗教事務局と河南省政府宗教事務局の認可を得て、社会からの寄付で設立された仏教大学。山々に囲まれ、植生が豊かで、原始的な生態環境がよく保存されたこの地は、古くから仏教とのつながりが深い。学院近くの桐柏山は初雪の後、より一層美しさを増した。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019120200533

    河南仏教学院を訪ねて初冬の桐柏山を堪能  26日、空から見た河南仏教学院付近の桐柏山。(小型無人機から)中国の河南仏教学院は河南・湖北両省の境界を流れる淮河の源、河南省南陽市桐柏県の桐柏山に位置している。同学院は2005年、国家宗教事務局と河南省政府宗教事務局の認可を得て、社会からの寄付で設立された仏教大学。山々に囲まれ、植生が豊かで、原始的な生態環境がよく保存されたこの地は、古くから仏教とのつながりが深い。学院近くの桐柏山は初雪の後、より一層美しさを増した。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019120200548

    河南仏教学院を訪ねて初冬の桐柏山を堪能  26日、空から見た河南仏教学院付近の桐柏山。(小型無人機から)中国の河南仏教学院は河南・湖北両省の境界を流れる淮河の源、河南省南陽市桐柏県の桐柏山に位置している。同学院は2005年、国家宗教事務局と河南省政府宗教事務局の認可を得て、社会からの寄付で設立された仏教大学。山々に囲まれ、植生が豊かで、原始的な生態環境がよく保存されたこの地は、古くから仏教とのつながりが深い。学院近くの桐柏山は初雪の後、より一層美しさを増した。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像