検索結果 4 件中 1 件 〜 4 件 "open"
  1. 2020062204865

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、ラブラン寺の南西にある貢唐宝塔。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2019080211161

    三国志随一の文才、曹植の墓を訪ねて山東省東阿県  魚山曹植墓風景区の「聞梵処」。曹植が仏教音楽を聞いた場所とされる。(2014年6月2日撮影)「三国志」の英雄曹操の三男、曹植(そう・しょく)の墓は、山東省聊城(りょうじょう)市東阿(とうあ)県の県城(県政府所在地)から南東20キロ、黄河北岸の魚山(ぎょさん)にあり、現在は魚山曹植墓風景区となっている。史料によれば、墓の造営は魏の太和七年(233年)3月。その後も修繕が繰り返された。曹植は字(あざな)を子建といい、中国古代の著名な政治家としてだけでなく、後漢の建安文学を代表する文学者としても知られ、その作品は後世に多大な影響を与えた。(済南=新華社配信/魚山曹植墓風景区管理処提供)=2014(平成26)年6月2日、クレジット:魚山曹植墓風景区管理処/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  3. 2002010300041

    目指せシャンゼリゼ 仙台市の定禅寺通り 仙台市が、パリのシャンゼリゼをイメージしたオープンカフェを計画している「定禅寺通り」=仙台市青葉区 【】 

  4. 1997091100049

    京都駅ビルが全面オープン  全面オープンしたJR京都駅ビル。右上は東本願寺、左上は西本願寺=11日午前9時45分、共同通信社ヘリから  

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像