検索結果 188 件中 1 件 〜 50
  1. 2019071706534

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  6日、ミャンマー・バガンの平原にそびえる仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019071706547

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  6日、ミャンマー・バガンの平原に林立する仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019071706581

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  5日、ミャンマー・バガンの平原にそびえる仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019071706535

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  5日、ミャンマー・バガンの平原にそびえる仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019071706551

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  5日、ミャンマー・バガンの平原にそびえる仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019071706647

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  5日、ミャンマー・バガンの平原に林立する仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019071706654

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  5日、馬車に乗り、ミャンマー・バガンの風景を楽しむ観光客。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019071706550

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  5日、ミャンマー・バガンの平原に林立する仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019071706537

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  5日、ミャンマー・バガンの平原にそびえる仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019071706656

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  ミャンマーのバガンで修復作業が進むタビニュ寺院。ミャンマー中部で2016年8月24日、マグニチュード(M)6・8の地震が発生し、タビニュ寺院を含む数百の仏塔や仏像が被害を受けた。今年の雨期を前に、中国の文化財保護の専門家らが同寺院の修復作業を行った。(5月2日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社記者/荘北寧)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019071706578

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  ミャンマーのバガンで滑車を使ってタビニュ寺院にセメントモルタルを運ぶ労働者。ミャンマー中部で2016年8月24日、マグニチュード(M)6・8の地震が発生し、タビニュ寺院を含む数百の仏塔や仏像が被害を受けた。今年の雨期を前に、中国の文化財保護の専門家らが同寺院の修復作業を行った。(5月2日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社記者/荘北寧)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019032800604

    「新華社」 観音文化の発祥地·香山普門禅寺を訪ねて河南省  香山普門禅寺の境内に建つ鐘楼。(3月11日撮影)中国河南省平頂山(へいちょうざん)市に位置する香山普門禅寺(こうざんふもんぜんじ)は観音文化の発祥地で、香山寺とも呼ばれている。同寺は平頂山市新城区から北に5キロの場所にあり、敷地面積は約6万平方メートル。香山寺の石碑の碑文によれば、同寺は後漢の光和4年(西暦181年)に建立され、1800年以上の歴史を持つ。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019032800613

    「新華社」 観音文化の発祥地·香山普門禅寺を訪ねて河南省  香山普門禅寺の境内に建つ大慈悲殿。(3月11日撮影)。中国河南省平頂山(へいちょうざん)市に位置する香山普門禅寺(こうざんふもんぜんじ)は観音文化の発祥地で、香山寺とも呼ばれている。同寺は平頂山市新城区から北に5キロの場所にあり、敷地面積は約6万平方メートル。香山寺の石碑の碑文によれば、同寺は後漢の光和4年(西暦181年)に建立され、1800年以上の歴史を持つ。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019032800717

    「新華社」 観音文化の発祥地·香山普門禅寺を訪ねて河南省  香山普門禅寺の境内に建つ大慈悲殿。(3月11日撮影)。中国河南省平頂山(へいちょうざん)市に位置する香山普門禅寺(こうざんふもんぜんじ)は観音文化の発祥地で、香山寺とも呼ばれている。同寺は平頂山市新城区から北に5キロの場所にあり、敷地面積は約6万平方メートル。香山寺の石碑の碑文によれば、同寺は後漢の光和4年(西暦181年)に建立され、1800年以上の歴史を持つ。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2018120506459

    「新華社」 中国で最も海抜の低い寺、東明寺  11月29日、東明寺南山門の扁額。広州市仏教協会会長、広州光孝寺住職の新成大和尚による「東海明珠」の文字が金めっきで記されている。中国福建省漳州市東山(とうざん)県の観光地、東門嶼の北側にある仏澳に位置する東明寺は、明代に建立された。同寺の敷地面積は200ムー(約13・3ヘクタール)で、山門、仏室、宝殿、玉仏壇、蔵経閣、鐘楼など30余りの建築物がある。寺の前殿は「天王殿」で、弥勒菩薩と四天王を祭っている。天王殿の前は海で、中国で最も海抜の低い寺という同寺の大きな特色となっている。海抜はわずか60センチ余り、海との距離も1メートル余りで、海面とほぼ同じ高さだ。東明寺は元々、小さな祠にすぎなかった。住職の道裕法師が1987年、僧侶と共に海を渡り、荒れた山を開拓して東明寺を拡張したことで、建築面積は6千平方メートルを超え、現在の壮大な仏教建築群が形成された。(漳州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2018081600318

    「新華社」 勒通古鎮、歴史と文化の魅力を発信四川省理塘県  13日、ダライ・ラマ七世の生誕地とされる勒通古鎮の仁康古屋。中国四川省カンゼ・チベット族自治州理塘県はここ数年、旧市街の整理を行い、ダライ・ラマ七世(1708~1757年)の生誕地とされる「仁康古屋」や康巴(カンパ)チベット族の文化が色濃く残る「仁康古街」、チベット族の大型住居建築群「千戸藏寨」などを勒通古鎮として整備し、同県の歴史や文化の魅力を集中的にアピールしている。古鎮開発では、既存の自然景観や郷村の特色をできるだけ破壊しないよう保護と開発の双方に重きを置き、観光による貧困扶助や周辺地域への波及効果を発揮させるという計画のもと、「街の中に景観があり景観の中に街がある」という高原地域の街と景観の一体化を実現させた。(理塘=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2018032200812

    「新華社」 ポタラ宮で迎える賑やかな朝  12日、日差しを浴びて金色に輝くポタラ宮。ポタラ宮の足元に広がる歴史ある庭園「宗角禄康公園」は、朝に中国チベット自治区ラサ市内で最も賑わう場所の一つだ。転経器(チベット仏教で用いられる宗教用具)を回しながら真言(マントラ)を唱えるお年寄り、早朝の鍛錬に励む市民や観光客らがここに集まってくる。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2016113000738

    清水寺・資料  京都市東山区の清水寺=2016年11月29日(共同通信社ヘリから)

  19. 2016082800134

    興福寺五重塔  世界遺産・興福寺五重塔の初層内陣に安置された釈迦三尊像=2016年8月25日、奈良市

  20. 2016082800131

    興福寺五重塔  世界遺産・興福寺五重塔の初層内陣に安置された阿弥陀三尊像=2016年8月25日、奈良市

  21. 2016082800129

    興福寺五重塔  世界遺産・興福寺五重塔の初層内陣に安置された薬師三尊像=2016年8月25日、奈良市

  22. 2015040700263

    高野山・壇上伽藍の中門  高野山開創1200年に合わせて再建された壇上伽藍の中門=2015年4月2日、和歌山県高野町

  23. 2014091900285

    東大寺の金剛力士立像  2015年から修理が行われる木造金剛力士立像の吽形像=2014年7月10日、奈良市の東大寺南大門

  24. 2019080211161

    「新華社」 三国志随一の文才、曹植の墓を訪ねて山東省東阿県  魚山曹植墓風景区の「聞梵処」。曹植が仏教音楽を聞いた場所とされる。(2014年6月2日撮影)「三国志」の英雄曹操の三男、曹植(そう・しょく)の墓は、山東省聊城(りょうじょう)市東阿(とうあ)県の県城(県政府所在地)から南東20キロ、黄河北岸の魚山(ぎょさん)にあり、現在は魚山曹植墓風景区となっている。史料によれば、墓の造営は魏の太和七年(233年)3月。その後も修繕が繰り返された。曹植は字(あざな)を子建といい、中国古代の著名な政治家としてだけでなく、後漢の建安文学を代表する文学者としても知られ、その作品は後世に多大な影響を与えた。(済南=新華社配信/魚山曹植墓風景区管理処提供)=2014(平成26)年6月2日、クレジット:魚山曹植墓風景区管理処/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  25. 2014053000229

    資料・東大寺大仏殿  東大寺大仏殿=2014年5月16日、奈良市で共同通信社ヘリから

  26. 2014053000226

    資料・正倉院正倉  約100年ぶりの大修理を終えた国宝・正倉院正倉=2014年5月16日、奈良市で共同通信社ヘリから

  27. 2014013000290

    清水寺・資料2  雪化粧した京都・清水寺=2014年1月19日、京都市東山区で共同通信社ヘリから

  28. 2014013000289

    清水寺・資料1  雪化粧した京都・清水寺=2014年1月19日、京都市東山区で共同通信社ヘリから

  29. 2013111400188

    東大寺・資料1  東大寺=2013年11月13日、奈良市で共同通信社ヘリから

  30. 2013111400187

    東大寺・資料2  東大寺=2013年11月13日、奈良市で共同通信社ヘリから

  31. 2013050100028

    鎌倉大仏資料  鎌倉大仏=2013年4月28日、神奈川県鎌倉市で共同通信社ヘリから

  32. 2013050100026

    鎌倉大仏資料  鎌倉大仏=2013年4月28日、神奈川県鎌倉市で共同通信社ヘリから

  33. 2013050100027

    鎌倉大仏資料  鎌倉大仏=2013年4月28日、神奈川県鎌倉市で共同通信社ヘリから

  34. 2013010400228

    ミャンマー・資料  ミャンマー有数の観光地パガンの仏教遺跡群=2012(平成24)年10月28日(共同)

  35. 2013010400227

    ミャンマー・資料  ミャンマー有数の観光地パガンの仏教遺跡群=2012(平成24)年10月28日(共同)

  36. 2013010400204

    ミャンマー・資料  仏教遺跡で有名な観光地パガンの玄関口となるニャウンウー空港=2012(平成24)年10月28日、ミャンマー・パガン近郊(共同)

  37. 2013010400203

    ミャンマー・資料  仏教遺跡で有名な観光地パガンの玄関口となるニャウンウー空港=2012(平成24)年10月28日、ミャンマー・パガン近郊(共同)

  38. 2013010400201

    ミャンマー・資料  仏教遺跡で有名な観光地パガンの玄関口となるニャウンウー空港=2012(平成24)年10月28日、ミャンマー・パガン近郊(共同)

  39. 2012122900434

    ルポ「東京拘置所」 窓からは空しか見えず  仏教信者などのための「教誨室」。死刑囚が訪れることも多いという=東京・小菅

  40. 2012121300623

    「アジアンスタイル」 伝統マッサージ学校が人気  バンコクの仏教寺院ワット・ポー=13日(共同)

  41. 2012121300621

    「アジアンスタイル」 伝統マッサージ学校が人気  バンコクで古くから伝統医学を教えてきた仏教寺院ワット・ポー=13日(共同)

  42. 2012121200033

    大仏遺跡の壁、崩落危機  破壊された西大仏があったアフガニスタン中部バーミヤン遺跡の「仏龕」=7月(共同)

  43. 2011120900123

    浅草寺  浅草寺、(左から)五重塔、本堂、宝蔵門、東京都台東区浅草、2011年12月7日撮影、共同通信社ヘリから

  44. 2011092100291

    鎌倉大仏 鎌倉の大仏=2011年8月27日、共同通信社ヘリから

  45. 2011070200233

    牛久大仏  2011年5月4日、茨城県牛久市

  46. 2011070200232

    牛久大仏  2011年5月4日、茨城県牛久市

  47. 2011042500441

    「セレ533」 東大寺法華堂、拝観停止へ  須弥壇の解体修理のため、拝観停止となる奈良・東大寺の法華堂=25日午後

  48. 2011042500424

    東大寺法華堂、拝観停止へ  須弥壇の解体修理のため、拝観停止となる奈良・東大寺の法華堂=25日午後

  49. 2010100700331

    西本願寺と東本願寺  西本願寺(手前)と東本願寺(奥、一部工事中)=2010年10月7日撮影、京都市下京区で共同通信社ヘリから

  50. 2010100700329

    東本願寺と西本願寺  東本願寺(手前。一部工事中)。奥は西本願寺=2010年10月7日撮影、京都市下京区で共同通信社ヘリから

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像