検索結果 50 件中 1 件 〜 50 件 "Architecture"
  1. 2019102304572

    「新華社」 悠久の歴史誇る「中国のタンカの里」青海省同仁県を訪ねて  11日、タンカの描き方を学ぶ若い女性。中国青海省黄南チベット族自治州同仁県は、「中国のタンカ(チベット仏教の仏画)芸術の里」と称され、同県を流れる隆務河のほとりには、チベット式の建築様式をもつ「タンカ画院」やチベット仏教芸術の中心地、レゴン(熱貢)地区の文化に携わる企業133社が立ち並ぶ。現地政府は長年にわたって無形文化産業と貧困層支援を結びつけ、「企業+貧困支援工場+貧困世帯」の支援モデルを通じて、貧困者の増収を後押ししてきた。タンカや堆繍(立体的に見える絹の刺繍の技法)、泥人形などは、2009年に「レゴン芸術」としてユネスコの無形文化遺産リストに登録された。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019102304550

    「新華社」 悠久の歴史誇る「中国のタンカの里」青海省同仁県を訪ねて  11日、タンカの描き方を学ぶ若い女性。中国青海省黄南チベット族自治州同仁県は、「中国のタンカ(チベット仏教の仏画)芸術の里」と称され、同県を流れる隆務河のほとりには、チベット式の建築様式をもつ「タンカ画院」やチベット仏教芸術の中心地、レゴン(熱貢)地区の文化に携わる企業133社が立ち並ぶ。現地政府は長年にわたって無形文化産業と貧困層支援を結びつけ、「企業+貧困支援工場+貧困世帯」の支援モデルを通じて、貧困者の増収を後押ししてきた。タンカや堆繍(立体的に見える絹の刺繍の技法)、泥人形などは、2009年に「レゴン芸術」としてユネスコの無形文化遺産リストに登録された。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019102304569

    「新華社」 悠久の歴史誇る「中国のタンカの里」青海省同仁県を訪ねて  11日、タンカの描き方を学ぶ若い女性。中国青海省黄南チベット族自治州同仁県は、「中国のタンカ(チベット仏教の仏画)芸術の里」と称され、同県を流れる隆務河のほとりには、チベット式の建築様式をもつ「タンカ画院」やチベット仏教芸術の中心地、レゴン(熱貢)地区の文化に携わる企業133社が立ち並ぶ。現地政府は長年にわたって無形文化産業と貧困層支援を結びつけ、「企業+貧困支援工場+貧困世帯」の支援モデルを通じて、貧困者の増収を後押ししてきた。タンカや堆繍(立体的に見える絹の刺繍の技法)、泥人形などは、2009年に「レゴン芸術」としてユネスコの無形文化遺産リストに登録された。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019102304581

    「新華社」 悠久の歴史誇る「中国のタンカの里」青海省同仁県を訪ねて  11日、泥塑仏像を丁寧に磨き上げる地元の人。中国青海省黄南チベット族自治州同仁県は、「中国のタンカ(チベット仏教の仏画)芸術の里」と称され、同県を流れる隆務河のほとりには、チベット式の建築様式をもつ「タンカ画院」やチベット仏教芸術の中心地、レゴン(熱貢)地区の文化に携わる企業133社が立ち並ぶ。現地政府は長年にわたって無形文化産業と貧困層支援を結びつけ、「企業+貧困支援工場+貧困世帯」の支援モデルを通じて、貧困者の増収を後押ししてきた。タンカや堆繍(立体的に見える絹の刺繍の技法)、泥人形などは、2009年に「レゴン芸術」としてユネスコの無形文化遺産リストに登録された。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019102304591

    「新華社」 悠久の歴史誇る「中国のタンカの里」青海省同仁県を訪ねて  11日、無形文化遺産の伝習所で泥人形の作り方を学ぶ地元の若者。中国青海省黄南チベット族自治州同仁県は、「中国のタンカ(チベット仏教の仏画)芸術の里」と称され、同県を流れる隆務河のほとりには、チベット式の建築様式をもつ「タンカ画院」やチベット仏教芸術の中心地、レゴン(熱貢)地区の文化に携わる企業133社が立ち並ぶ。現地政府は長年にわたって無形文化産業と貧困層支援を結びつけ、「企業+貧困支援工場+貧困世帯」の支援モデルを通じて、貧困者の増収を後押ししてきた。タンカや堆繍(立体的に見える絹の刺繍の技法)、泥人形などは、2009年に「レゴン芸術」としてユネスコの無形文化遺産リストに登録された。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019102304703

    「新華社」 悠久の歴史誇る「中国のタンカの里」青海省同仁県を訪ねて  11日、無形文化遺産の伝習所で泥人形の作り方を学ぶ地元の若者たち。中国青海省黄南チベット族自治州同仁県は、「中国のタンカ(チベット仏教の仏画)芸術の里」と称され、同県を流れる隆務河のほとりには、チベット式の建築様式をもつ「タンカ画院」やチベット仏教芸術の中心地、レゴン(熱貢)地区の文化に携わる企業133社が立ち並ぶ。現地政府は長年にわたって無形文化産業と貧困層支援を結びつけ、「企業+貧困支援工場+貧困世帯」の支援モデルを通じて、貧困者の増収を後押ししてきた。タンカや堆繍(立体的に見える絹の刺繍の技法)、泥人形などは、2009年に「レゴン芸術」としてユネスコの無形文化遺産リストに登録された。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019102104249

    「新華社」 悠久の歴史誇る「中国のタンカの里」青海省同仁県を訪ねて  11日、タンカが壁一面に飾られた同仁県の「熱貢竜樹画苑」の展示ホール。中国青海省黄南チベット族自治州同仁県は、「中国のタンカ(チベット仏教の仏画)芸術の里」と称され、同県を流れる隆務河のほとりには、チベット式の建築様式をもつ「タンカ画院」やチベット仏教芸術の中心地、レゴン(熱貢)地区の文化に携わる企業133社が立ち並ぶ。現地政府は長年にわたって無形文化産業と貧困層支援を結びつけ、「企業+貧困支援工場+貧困世帯」の支援モデルを通じて、貧困者の増収を後押ししてきた。タンカや堆繍(立体的に見える絹の刺繍の技法)、泥人形などが、2009年に「レゴン芸術」としてユネスコの無形文化遺産リストに登録された。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019102104290

    「新華社」 悠久の歴史誇る「中国のタンカの里」青海省同仁県を訪ねて  11日、「レゴンタンカ」に描かれた仏像。中国青海省黄南チベット族自治州同仁県は、「中国のタンカ(チベット仏教の仏画)芸術の里」と称され、同県を流れる隆務河のほとりには、チベット式の建築様式をもつ「タンカ画院」やチベット仏教芸術の中心地、レゴン(熱貢)地区の文化に携わる企業133社が立ち並ぶ。現地政府は長年にわたって無形文化産業と貧困層支援を結びつけ、「企業+貧困支援工場+貧困世帯」の支援モデルを通じて、貧困者の増収を後押ししてきた。タンカや堆繍(立体的に見える絹の刺繍の技法)、泥人形などは、2009年に「レゴン芸術」としてユネスコの無形文化遺産リストに登録された。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019102304629

    「新華社」 悠久の歴史誇る「中国のタンカの里」青海省同仁県を訪ねて  11日、尕蔵熱貢文化有限公司の貧困支援工場で働く地元の農牧民たち。中国青海省黄南チベット族自治州同仁県は、「中国のタンカ(チベット仏教の仏画)芸術の里」と称され、同県を流れる隆務河のほとりには、チベット式の建築様式をもつ「タンカ画院」やチベット仏教芸術の中心地、レゴン(熱貢)地区の文化に携わる企業133社が立ち並ぶ。現地政府は長年にわたって無形文化産業と貧困層支援を結びつけ、「企業+貧困支援工場+貧困世帯」の支援モデルを通じて、貧困者の増収を後押ししてきた。タンカや堆繍(立体的に見える絹の刺繍の技法)、泥人形などは、2009年に「レゴン芸術」としてユネスコの無形文化遺産リストに登録された。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019102104221

    「新華社」 悠久の歴史誇る「中国のタンカの里」青海省同仁県を訪ねて  11日、「レゴンタンカ」に描かれた仏像。中国青海省黄南チベット族自治州同仁県は、「中国のタンカ(チベット仏教の仏画)芸術の里」と称され、同県を流れる隆務河のほとりには、チベット式の建築様式をもつ「タンカ画院」やチベット仏教芸術の中心地、レゴン(熱貢)地区の文化に携わる企業133社が立ち並ぶ。現地政府は長年にわたって無形文化産業と貧困層支援を結びつけ、「企業+貧困支援工場+貧困世帯」の支援モデルを通じて、貧困者の増収を後押ししてきた。タンカや堆繍(立体的に見える絹の刺繍の技法)、泥人形などが、2009年に「レゴン芸術」としてユネスコの無形文化遺産リストに登録された。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019092504599

    「新華社」 バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群  17日、カンボジア・シェムリアップにあるアンコール遺跡群のバイヨン寺院。アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかにほほ笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(シェムリアップ=新華社配信/李玉輝)=2019(令和元)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019092504588

    「新華社」 バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群  16日、バイヨン寺院の壁に彫られたレリーフ。アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかにほほ笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(シェムリアップ=新華社記者/毛鵬飛)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019092504645

    「新華社」 バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群  16日、バイヨン寺院の壁に彫られたレリーフ。アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかにほほ笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(シェムリアップ==新華社記者/毛鵬飛)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019092504672

    「新華社」 バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群  16日、カンボジア・シェムリアップにあるアンコール遺跡群のバイヨン寺院。アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかにほほ笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(シェムリアップ=新華社記者/毛鵬飛)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019092504671

    「新華社」 バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群  16日、カンボジア・シェムリアップにあるアンコール遺跡群のバイヨン寺院。アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかにほほ笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(シェムリアップ=新華社記者/毛鵬飛)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019092504586

    「新華社」 バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群  16日、カンボジア・シェムリアップにあるアンコール遺跡群のバイヨン寺院。アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかにほほ笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(シェムリアップ=新華社配信/李玉輝)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019092504580

    「新華社」 バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群  16日、バイヨン寺院の壁に彫られたレリーフ。アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかにほほ笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(シェムリアップ=新華社記者/毛鵬飛)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019092504663

    「新華社」 バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群  16日、バイヨン寺院の壁に彫られたレリーフ。アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかにほほ笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(シェムリアップ=新華社記者/毛鵬飛)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019092504674

    「新華社」 バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群  16日、カンボジア・シェムリアップにあるアンコール遺跡群のバイヨン寺院。アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかにほほ笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(シェムリアップ=新華社配信/李玉輝)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019092504598

    「新華社」 バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群  カンボジアのシェムリアップにあるアンコール遺跡群のバイヨン寺院。(8月13日撮影)アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかにほほ笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(シェムリアップ=新華社記者/毛鵬飛)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019071706534

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  6日、ミャンマー・バガンの平原にそびえる仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019071706547

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  6日、ミャンマー・バガンの平原に林立する仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019071706541

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  6日、ミャンマー・バガンの風景を楽しむ観光客。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019071706577

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  6日に撮影したミャンマー・バガンの風景。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019071706648

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  6日、ミャンマー・バガンの平原で写真を撮る観光客。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019071706581

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  5日、ミャンマー・バガンの平原にそびえる仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019071706535

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  5日、ミャンマー・バガンの平原にそびえる仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019071706551

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  5日、ミャンマー・バガンの平原にそびえる仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019071706647

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  5日、ミャンマー・バガンの平原に林立する仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019071706654

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  5日、馬車に乗り、ミャンマー・バガンの風景を楽しむ観光客。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019071706550

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  5日、ミャンマー・バガンの平原に林立する仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019071706537

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  5日、ミャンマー・バガンの平原にそびえる仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019071706594

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  5日に撮影したミャンマー「バガン遺跡」の一角。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019071706656

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  ミャンマーのバガンで修復作業が進むタビニュ寺院。ミャンマー中部で2016年8月24日、マグニチュード(M)6・8の地震が発生し、タビニュ寺院を含む数百の仏塔や仏像が被害を受けた。今年の雨期を前に、中国の文化財保護の専門家らが同寺院の修復作業を行った。(5月2日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社記者/荘北寧)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019071706658

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  ミャンマーのバガンでタビニュ寺院内部の亀裂と変形の状態を確認する中国の専門家。ミャンマー中部で2016年8月24日、マグニチュード(M)6・8の地震が発生し、タビニュ寺院を含む数百の仏塔や仏像が被害を受けた。今年の雨期を前に、中国の文化財保護の専門家らが同寺院の修復作業を行った。(5月2日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社記者/荘北寧)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019071706554

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  ミャンマーのバガンでタビニュ寺院内部の亀裂と変形の状態を確認する中国の専門家。ミャンマー中部で2016年8月24日、マグニチュード(M)6・8の地震が発生し、タビニュ寺院を含む数百の仏塔や仏像が被害を受けた。今年の雨期を前に、中国の文化財保護の専門家らが同寺院の修復作業を行った。(5月2日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社記者/荘北寧)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019071706578

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  ミャンマーのバガンで滑車を使ってタビニュ寺院にセメントモルタルを運ぶ労働者。ミャンマー中部で2016年8月24日、マグニチュード(M)6・8の地震が発生し、タビニュ寺院を含む数百の仏塔や仏像が被害を受けた。今年の雨期を前に、中国の文化財保護の専門家らが同寺院の修復作業を行った。(5月2日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社記者/荘北寧)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019071706579

    「新華社」 ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録  ミャンマーのバガンで撮影した仏塔内部の亀裂を示すマーク。ミャンマー中部で2016年8月24日、マグニチュード(M)6・8の地震が発生し、タビニュ寺院を含む数百の仏塔や仏像が被害を受けた。今年の雨期を前に、中国の文化財保護の専門家らが同寺院の修復作業を行った。(5月2日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社記者/荘北寧)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2018120506557

    「新華社」 中国で最も海抜の低い寺、東明寺  11月29日、空から見た東門嶼の北側、仏澳の全景。(小型無人機から)中国福建省漳州市東山(とうざん)県の観光地、東門嶼の北側にある仏澳に位置する東明寺は、明代に建立された。同寺の敷地面積は200ムー(約13・3ヘクタール)で、山門、仏室、宝殿、玉仏壇、蔵経閣、鐘楼など30余りの建築物がある。寺の前殿は「天王殿」で、弥勒菩薩と四天王を祭っている。天王殿の前は海で、中国で最も海抜の低い寺という同寺の大きな特色となっている。海抜はわずか60センチ余り、海との距離も1メートル余りで、海面とほぼ同じ高さだ。東明寺は元々、小さな祠にすぎなかった。住職の道裕法師が1987年、僧侶と共に海を渡り、荒れた山を開拓して東明寺を拡張したことで、建築面積は6千平方メートルを超え、現在の壮大な仏教建築群が形成された。(漳州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2018120506459

    「新華社」 中国で最も海抜の低い寺、東明寺  11月29日、東明寺南山門の扁額。広州市仏教協会会長、広州光孝寺住職の新成大和尚による「東海明珠」の文字が金めっきで記されている。中国福建省漳州市東山(とうざん)県の観光地、東門嶼の北側にある仏澳に位置する東明寺は、明代に建立された。同寺の敷地面積は200ムー(約13・3ヘクタール)で、山門、仏室、宝殿、玉仏壇、蔵経閣、鐘楼など30余りの建築物がある。寺の前殿は「天王殿」で、弥勒菩薩と四天王を祭っている。天王殿の前は海で、中国で最も海抜の低い寺という同寺の大きな特色となっている。海抜はわずか60センチ余り、海との距離も1メートル余りで、海面とほぼ同じ高さだ。東明寺は元々、小さな祠にすぎなかった。住職の道裕法師が1987年、僧侶と共に海を渡り、荒れた山を開拓して東明寺を拡張したことで、建築面積は6千平方メートルを超え、現在の壮大な仏教建築群が形成された。(漳州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2018120506391

    「新華社」 中国で最も海抜の低い寺、東明寺  11月29日、東明寺の主殿「万仏宝殿」。主殿内部の壁のすべての瑠璃レンガに仏像が彫られており、その数は計1万体に上る。中国福建省漳州市東山(とうざん)県の観光地、東門嶼の北側にある仏澳に位置する東明寺は、明代に建立された。同寺の敷地面積は200ムー(約13・3ヘクタール)で、山門、仏室、宝殿、玉仏壇、蔵経閣、鐘楼など30余りの建築物がある。寺の前殿は「天王殿」で、弥勒菩薩と四天王を祭っている。天王殿の前は海で、中国で最も海抜の低い寺という同寺の大きな特色となっている。海抜はわずか60センチ余り、海との距離も1メートル余りで、海面とほぼ同じ高さだ。東明寺は元々、小さな祠にすぎなかった。住職の道裕法師が1987年、僧侶と共に海を渡り、荒れた山を開拓して東明寺を拡張したことで、建築面積は6千平方メートルを超え、現在の壮大な仏教建築群が形成された。(漳州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2018120506574

    「新華社」 中国で最も海抜の低い寺、東明寺  11月29日、船上から観た東明寺。中国福建省漳州市東山(とうざん)県の観光地、東門嶼の北側にある仏澳に位置する東明寺は、明代に建立された。同寺の敷地面積は200ムー(約13・3ヘクタール)で、山門、仏室、宝殿、玉仏壇、蔵経閣、鐘楼など30余りの建築物がある。寺の前殿は「天王殿」で、弥勒菩薩と四天王を祭っている。天王殿の前は海で、中国で最も海抜の低い寺という同寺の大きな特色となっている。海抜はわずか60センチ余り、海との距離も1メートル余りで、海面とほぼ同じ高さだ。東明寺は元々、小さな祠にすぎなかった。住職の道裕法師が1987年、僧侶と共に海を渡り、荒れた山を開拓して東明寺を拡張したことで、建築面積は6千平方メートルを超え、現在の壮大な仏教建築群が形成された。(漳州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2018120506581

    「新華社」 中国で最も海抜の低い寺、東明寺  11月29日、青石の柱、釉薬瓦、彩色の陶器で飾られた東明寺の大棟(おおむね)。中国福建省漳州市東山(とうざん)県の観光地、東門嶼の北側にある仏澳に位置する東明寺は、明代に建立された。同寺の敷地面積は200ムー(約13・3ヘクタール)で、山門、仏室、宝殿、玉仏壇、蔵経閣、鐘楼など30余りの建築物がある。寺の前殿は「天王殿」で、弥勒菩薩と四天王を祭っている。天王殿の前は海で、中国で最も海抜の低い寺という同寺の大きな特色となっている。海抜はわずか60センチ余り、海との距離も1メートル余りで、海面とほぼ同じ高さだ。東明寺は元々、小さな祠にすぎなかった。住職の道裕法師が1987年、僧侶と共に海を渡り、荒れた山を開拓して東明寺を拡張したことで、建築面積は6千平方メートルを超え、現在の壮大な仏教建築群が形成された。(漳州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2018120506290

    「新華社」 中国で最も海抜の低い寺、東明寺  万仏宝殿の後方にある蔵経閣。大量の仏教書籍が所蔵されている。蔵経閣内に祭られている一体の玉仏は中国で唯一の青年時の釈迦牟尼仏の彫像。福建省漳州市東山(とうざん)県の観光地、東門嶼の北側にある仏澳に位置する東明寺は、明代に建立された。同寺の敷地面積は200ムー(約13・3ヘクタール)で、山門、仏室、宝殿、玉仏壇、蔵経閣、鐘楼など30余りの建築物がある。寺の前殿は「天王殿」で、弥勒菩薩と四天王を祭っている。天王殿の前は海で、中国で最も海抜の低い寺という同寺の大きな特色となっている。海抜はわずか60センチ余り、海との距離も1メートル余りで、海面とほぼ同じ高さだ。東明寺は元々、小さな祠にすぎなかった。住職の道裕法師が1987年、僧侶と共に海を渡り、荒れた山を開拓して東明寺を拡張したことで、建築面積は6千平方メートルを超え、現在の壮大な仏教建築群が形成された。(漳州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2018120506241

    「新華社」 中国で最も海抜の低い寺、東明寺  11月29日、東明寺の前殿「天王殿」。弥勒菩薩と四天王を祭っている。中国福建省漳州市東山(とうざん)県の観光地、東門嶼の北側にある仏澳に位置する東明寺は、明代に建立された。同寺の敷地面積は200ムー(約13・3ヘクタール)で、山門、仏室、宝殿、玉仏壇、蔵経閣、鐘楼など30余りの建築物がある。寺の前殿は「天王殿」で、弥勒菩薩と四天王を祭っている。天王殿の前は海で、中国で最も海抜の低い寺という同寺の大きな特色となっている。海抜はわずか60センチ余り、海との距離も1メートル余りで、海面とほぼ同じ高さだ。東明寺は元々、小さな祠にすぎなかった。住職の道裕法師が1987年、僧侶と共に海を渡り、荒れた山を開拓して東明寺を拡張したことで、建築面積は6千平方メートルを超え、現在の壮大な仏教建築群が形成された。(漳州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2018082715631

    「新華社」 空海大師記念堂を訪ねて福建省霞浦県赤岸村  23日、元中国人民政治協商会議副主席で元中国仏教協会会長の趙樸初(ちょうぼくしょ)氏の書による「空海入唐之地-赤岸」記念碑。中国福建省寧徳市霞浦(かほ)県赤岸(せきがん)村には、日本の高僧、弘法大師空海が同村に上陸したことを記念して建てられた空海大師記念堂がある。中日両国が出資して1994年5月21日に建てられた記念堂は、唐代を模した建築物と日本庭園からなり、記念堂の前には参道と山門があり、他にも記念碑や石塔、石灯籠などがある。(寧徳=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2002050500039

    【】  表向き恭順も反攻うかがう  ロシア・カルムイキア共和国の首都エリスタの市内。チベット仏教にちなんだ建築物がソ連崩壊後、市内に次々と建設された(共同)

  48. 2019102304573

    「新華社」 ネパールの中華寺、古建築修築が両国交流の新たな懸け橋に  ネパール中華寺の大雄宝殿。(1999年1月23日)中国からヒマラヤ山脈を隔てたネパールに宋代の建築様式で建てられた寺院がある。ルンビニの中華寺だ。2015年にネパールで起きたマグニチュード(M)8・1の地震の際にも倒壊せず、多くの市民の緊急避難所となった。元代の1271年、ネパール人のアニカは職人を携え北京を訪れ妙応寺の白塔を建立した。それから700年後の1997年、当時49歳だった中国の古建築修復師、黄大樹(おう・だいじゅ)氏は、40人余りの職人とともにルンビニを訪れ、2年を費やし中華寺を建立した。中国が歴史上初めて海外で建立した仏教寺院でもある。(ルンビニ=新華社配信/黄大樹)=1999(平成11)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019102304596

    「新華社」 ネパールの中華寺、古建築修築が両国交流の新たな懸け橋に  ネパール・ルンビニで建設中の中華寺の門前風景。(1997年12月22日撮影)中国からヒマラヤ山脈を隔てたネパールに宋代の建築様式で建てられた寺院がある。ルンビニの中華寺だ。2015年にネパールで起きたマグニチュード(M)8・1の地震の際にも倒壊せず、多くの市民の緊急避難所となった。元代の1271年、ネパール人のアニカは職人を携え北京を訪れ妙応寺の白塔を建立した。それから700年後の1997年、当時49歳だった中国の古建築修復師、黄大樹(おう・だいじゅ)氏は、40人余りの職人とともにルンビニを訪れ、2年を費やし中華寺を建立した。中国が歴史上初めて海外で建立した仏教寺院でもある。(ルンビニ=新華社配信/黄大樹)=1997(平成9)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019102304684

    「新華社」 ネパールの中華寺、古建築修築が両国交流の新たな懸け橋に  ネパール・ルンビニで建設中の中華寺。(1997年12月5日撮影)中国からヒマラヤ山脈を隔てたネパールに宋代の建築様式で建てられた寺院がある。ルンビニの中華寺だ。2015年にネパールで起きたマグニチュード(M)8・1の地震の際にも倒壊せず、多くの市民の緊急避難所となった。元代の1271年、ネパール人のアニカは職人を携え北京を訪れ妙応寺の白塔を建立した。それから700年後の1997年、当時49歳だった中国の古建築修復師、黄大樹(おう・だいじゅ)氏は、40人余りの職人とともにルンビニを訪れ、2年を費やし中華寺を建立した。中国が歴史上初めて海外で建立した仏教寺院でもある。(ルンビニ=新華社配信/黄大樹)=1997(平成9)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像