検索結果 692 件中 1 件 〜 50
  1. 2019112902974

    ダライ・ラマ、後継急がず  29日、インド・ダラムサラで開かれた高僧会議に出席したダライ・ラマ14世(共同)

  2. 2019112902967

    ダライ・ラマ、後継急がず  29日、インド・ダラムサラで開かれた高僧会議に出席したダライ・ラマ14世(中央)(共同)

  3. 2019112902642

    住職「真摯で素直な人」  中曽根康弘氏が通った禅寺「全生庵」で、同氏について語る住職の平井正修さん=29日午後、東京・谷中

  4. 2019112900926

    55年内地 11300 大西貫主が“誕生日会見”  105歳の誕生日を前に、恒例になった“誕生日会見”をする清水寺の大西良寛貫主=1980(昭和55)年12月16日、京都・清水寺成就院

  5. 2019112801392

    高野山へ特大ゴボウ奉納  「雑事のぼり」で特大ゴボウを入れた背負子を担ぎ、金剛峯寺に向かう人たち=28日、和歌山県橋本市

  6. 2019112800535

    体揺らし念仏、親鸞しのぶ  僧侶らが上半身を揺らしながら念仏を唱える東本願寺の「坂東曲」=28日午前、京都市

  7. 2019112800531

    体揺らし念仏、親鸞しのぶ  京都市の東本願寺で行われた「坂東曲」で、上半身を揺らしながら念仏を唱える僧侶ら=28日午前

  8. 2019120604229

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、竜興寺の穴蔵から出土した仏像に施された飛天の装飾。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019120604210

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、竜興寺の穴蔵から出土した仏像に施された飛天の装飾。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019120604327

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019120604329

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019120604378

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、竜興寺の穴蔵から出土した仏像に施された装飾品。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019120604346

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019120604337

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019120604266

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019120604317

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019120604318

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019120604287

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019120604294

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019120604270

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019120604256

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019120604302

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019120604253

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019120604245

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019120604258

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019120604383

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019120604355

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、竜興寺の穴蔵から出土した仏像に施された装飾品。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019120604333

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019120604370

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019120604373

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019120604375

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019120604316

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019120604379

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019120604385

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019120604360

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019120604362

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019120604365

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019120604367

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019120604368

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、竜興寺の穴蔵から出土した仏像に施された飛天の装飾。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019120604372

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019120604263

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019120604273

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019120604275

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、竜興寺の穴蔵から出土した仏像に施された天女の装飾。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から出土したから400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019120604319

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019120604326

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、竜興寺の穴蔵から出土した仏像に施された飛天の装飾。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019120604285

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、竜興寺の穴蔵から出土した仏像に施された飛天の装飾。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019120604331

    「新華社」 端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省  11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019120200527

    「新華社」 河南仏教学院を訪ねて初冬の桐柏山を堪能  26日、空から見た河南仏教学院付近の桐柏山。(小型無人機から)中国の河南仏教学院は河南・湖北両省の境界を流れる淮河の源、河南省南陽市桐柏県の桐柏山に位置している。同学院は2005年、国家宗教事務局と河南省政府宗教事務局の認可を得て、社会からの寄付で設立された仏教大学。山々に囲まれ、植生が豊かで、原始的な生態環境がよく保存されたこの地は、古くから仏教とのつながりが深い。学院近くの桐柏山は初雪の後、より一層美しさを増した。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019120200551

    「新華社」 河南仏教学院を訪ねて初冬の桐柏山を堪能  26日、河南仏教学院付近の桐柏山。中国の河南仏教学院は河南・湖北両省の境界を流れる淮河の源、河南省南陽市桐柏県の桐柏山に位置している。同学院は2005年、国家宗教事務局と河南省政府宗教事務局の認可を得て、社会からの寄付で設立された仏教大学。山々に囲まれ、植生が豊かで、原始的な生態環境がよく保存されたこの地は、古くから仏教とのつながりが深い。学院近くの桐柏山は初雪の後、より一層美しさを増した。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019120200544

    「新華社」 河南仏教学院を訪ねて初冬の桐柏山を堪能  26日、空から見た河南仏教学院付近の桐柏山。(小型無人機から)中国の河南仏教学院は河南・湖北両省の境界を流れる淮河の源、河南省南陽市桐柏県の桐柏山に位置している。同学院は2005年、国家宗教事務局と河南省政府宗教事務局の認可を得て、社会からの寄付で設立された仏教大学。山々に囲まれ、植生が豊かで、原始的な生態環境がよく保存されたこの地は、古くから仏教とのつながりが深い。学院近くの桐柏山は初雪の後、より一層美しさを増した。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像