検索結果 5,046 件中 1 件 〜 50
  1. 2019101804870

    鳳凰堂に1046年の木材  平等院塔頭の浄土院で保管されている、1046年伐採と分かった鳳凰堂の屋根に用いられた木材(上)=18日午後、京都府宇治市

  2. 2019101605089

    「新華社」 中日の芸術家、アモイで黄檗文化書画展を開催  10日、日本の黄檗宗の荒木将旭宗務総長(右)に書道作品を贈る陳秀卿氏(中央)。中国福建省アモイ市のアモイ国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)で10日、「中日黄檗(おうばく)文化の光内藤香林画僧・陳秀卿(ちん・しゅうけい)居士書画展」が開幕した。同省福清市の黄檗山萬福寺やアモイ市の虎渓岩寺、日本の黄檗宗および中日両国の黄檗文化促進会など、多くの寺院や文化機関が共同で開催した。内藤香林禅師は日本の黄檗宗西円寺の住職で、中日の仏教友好交流に積極的に取り組み、絵画を通じて黄檗文化を広め、中国仏教協会から「中国仏教協会文化功労賞」を授与されている。陳秀卿氏はアモイ市書道家協会の元主席で、現在は福建省書道家協会の副主席を務めている。(アモイ=新華社配信/陳芝寛)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019101604953

    「新華社」 中日の芸術家、アモイで黄檗文化書画展を開催  10日、会場で来賓に煎茶道のお点前を披露する日本の黄檗皎上月流の茶人(中央奥)。中国福建省アモイ市のアモイ国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)で10日、「中日黄檗(おうばく)文化の光内藤香林画僧・陳秀卿(ちん・しゅうけい)居士書画展」が開幕した。同省福清市の黄檗山萬福寺やアモイ市の虎渓岩寺、日本の黄檗宗および中日両国の黄檗文化促進会など、多くの寺院や文化機関が共同で開催した。内藤香林禅師は日本の黄檗宗西円寺の住職で、中日の仏教友好交流に積極的に取り組み、絵画を通じて黄檗文化を広め、中国仏教協会から「中国仏教協会文化功労賞」を授与されている。陳秀卿氏はアモイ市書道家協会の元主席で、現在は福建省書道家協会の副主席を務めている。(アモイ=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019101003226

    「新華社」 古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて  7日、西夏博物館の新館に展示された「吉祥遍至口和本続」。チベット仏教経典の西夏語訳版で、これまでに見つかった最古の木活字版の実物とされる。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019101003250

    「新華社」 古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて  4日、西夏博物館の新館に展示された西夏の建築部材「緑釉摩羯」(仏教に登場する想像上の海棲動物)。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019101003193

    「新華社」 古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて  4日、西夏博物館の新館に展示された西夏文字の刻本「千仏名経」(仏教教典の名)の一部。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019100304726

    ダライ・ラマのみが決定  3日、インド・ダラムサラで始まった亡命チベット人の会議で演説するチベット亡命政府のセンゲ首相(共同)

  8. 2019100304520

    親鸞の直筆文見つかる  長崎県大村市の正法寺で見つかった、浄土真宗の宗祖親鸞が仏典から書き写した文書=3日午後、長崎県諫早市

  9. 2019100102635

    亡命チベット人が特別会議  インド北部ダラムサラで法話を行うダライ・ラマ14世=2月(共同)

  10. 2019101101872

    「新華社」 伝統と現代が融合した「光のショー」浙江省開化県  1日、水上に浮かび上がったホログラムの仏像。中国浙江省衢州(くしゅう)市開化県の景勝地、根宮仏国文化観光区では国慶節連休(10月1~7日)中、ホログラム技術と中国伝統文化の根彫りが融合した光のショー「根宮夜宴」が行われ、多くの観光客を魅了した。(衢州=新華社配信/衢州市政府提供)=2019(令和元)年10月1日、クレジット:衢州市政府/新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019101101891

    「新華社」 伝統と現代が融合した「光のショー」浙江省開化県  1日、水上に浮かび上がったホログラムの仏像。中国浙江省衢州(くしゅう)市開化県の景勝地、根宮仏国文化観光区では国慶節連休(10月1~7日)中、ホログラム技術と中国伝統文化の根彫りが融合した光のショー「根宮夜宴」が行われ、多くの観光客を魅了した。(衢州=新華社配信/衢州市政府提供)=2019(令和元)年10月1日、クレジット:衢州市政府/新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019093001003

    ニュース双曲線「世界宗教者平和会議世界大会」 宗教者以外を強く意識  第10回世界宗教者平和会議世界大会で、日本委員会の平和の取り組みを出席者に説明する清水寺の大西英玄氏=8月、ドイツ・リンダウ(共同)

  13. 2019091905314

    こころのページ用企画「ちょっと心の洗濯を」(18) 僧侶と寺の在り方を討議  お寺の在り方をグループで討議する「未来の住職塾NEXT」の受講生ら=東京都港区の神谷町光明寺        

  14. 2019092500744

    「新華社」 山東国際文化産業博覧交易会が開幕異国情緒あふれる  19日、ネパールの展示エリアに掲げられた手作りのタンカ(チベット仏教の仏画)。中国山東省済南市で19日、第8回山東国際文化産業博覧交易会が開幕した。海外からは日本やドイツ、英国、ロシアなど51カ国の365社が出展し、会場は異国情緒にあふれている。総展示面積は10万3千平方メートル、5千余りの展示ブースを備え、出展メーカーは2701社に及ぶ。総合展示エリアや「一帯一路」展示エリアなど九つの展示エリアが設置されている。(済南=新華社記者/魏聖曜)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019092500708

    「新華社」 山東国際文化産業博覧交易会が開幕異国情緒あふれる  19日、ネパールの展示エリアに掲げられた手作りのタンカ(チベット仏教の仏画)。中国山東省済南市で19日、第8回山東国際文化産業博覧交易会が開幕した。海外からは日本やドイツ、英国、ロシアなど51カ国の365社が出展し、会場は異国情緒にあふれている。総展示面積は10万3千平方メートル、5千余りの展示ブースを備え、出展メーカーは2701社に及ぶ。総合展示エリアや「一帯一路」展示エリアなど九つの展示エリアが設置されている。(済南=新華社記者/魏聖曜)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019091700984

    人物 19537 ダライ・ラマ14世が広島を訪問  原爆供養塔前で犠牲者の霊を弔うダライ・ラマ14世(中央)=1980(昭和55)年11月4日、広島市の平和記念公園(55年内地10023)

  17. 2019091700951

    人物 19541 ダライ・ラマ14世が会見  チベット帰国問題などについて記者会見するダライ・ラマ14世=1980(昭和55)年11月2日、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ(55年内地9957)

  18. 2019091700939

    人物 19467 ダライ・ラマ14世、宗教政治研総会に  自民党宗教政治研究会の設立3周年記念総会で、鈴木善幸首相(手前右)とあいさつを交わす来日中のダライ・ラマ14世(左)=1980(昭和55)年11月1日、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ(55年内地9926)

  19. 2019091700875

    55年内地 9891 ダライ・ラマ14世が来日  世界連邦日本仏教徒協議会などの招きで来日したダライ・ラマ14世=1980(昭和55)年10月31日、成田空港

  20. 2019092504599

    「新華社」 バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群  17日、カンボジア・シェムリアップにあるアンコール遺跡群のバイヨン寺院。アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかにほほ笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(シェムリアップ=新華社配信/李玉輝)=2019(令和元)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019092504588

    「新華社」 バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群  16日、バイヨン寺院の壁に彫られたレリーフ。アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかにほほ笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(シェムリアップ=新華社記者/毛鵬飛)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019092504645

    「新華社」 バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群  16日、バイヨン寺院の壁に彫られたレリーフ。アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかにほほ笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(シェムリアップ==新華社記者/毛鵬飛)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019092504672

    「新華社」 バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群  16日、カンボジア・シェムリアップにあるアンコール遺跡群のバイヨン寺院。アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかにほほ笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(シェムリアップ=新華社記者/毛鵬飛)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019092504671

    「新華社」 バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群  16日、カンボジア・シェムリアップにあるアンコール遺跡群のバイヨン寺院。アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかにほほ笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(シェムリアップ=新華社記者/毛鵬飛)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019092504586

    「新華社」 バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群  16日、カンボジア・シェムリアップにあるアンコール遺跡群のバイヨン寺院。アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかにほほ笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(シェムリアップ=新華社配信/李玉輝)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019092504580

    「新華社」 バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群  16日、バイヨン寺院の壁に彫られたレリーフ。アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかにほほ笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(シェムリアップ=新華社記者/毛鵬飛)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019092504663

    「新華社」 バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群  16日、バイヨン寺院の壁に彫られたレリーフ。アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかにほほ笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(シェムリアップ=新華社記者/毛鵬飛)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019092504674

    「新華社」 バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群  16日、カンボジア・シェムリアップにあるアンコール遺跡群のバイヨン寺院。アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかにほほ笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(シェムリアップ=新華社配信/李玉輝)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019091200030

    「12段用」「北陸カレント」 元演歌歌手香田さん僧侶に  福井県福井市、美浜町、京都府、滋賀県

  30. 2019091200029

    「12段用」「北陸カレント」 元演歌歌手香田さん僧侶に  福井県福井市、美浜町、京都府、滋賀県

  31. 2019091200028

    「北陸カレント」 元演歌歌手香田さん僧侶に  福井県福井市、美浜町、京都府、滋賀県

  32. 2019091200027

    「北陸カレント」 元演歌歌手香田さん僧侶に  福井県福井市、美浜町、京都府、滋賀県

  33. 2019091200012

    「北陸カレント」 元演歌歌手香田さん僧侶に  福井県美浜町の徳賞寺で、書をしたためた御朱印帳を手にする元演歌歌手の鷲崎孝二さん

  34. 2019091200008

    「北陸カレント」 元演歌歌手香田さん僧侶に  福井県美浜町の徳賞寺で、自作の絵画と並ぶ元演歌歌手の鷲崎孝二さん

  35. 2019090502421

    タイの仏像「王者の証し」  ラオスの首都ビエンチャンで、エメラルド仏陀が安置されていたという寺の前に立つ考古学博物館のプービヤン・ポーティサン局長=7月22日(共同)

  36. 2019090501670

    「12段用」「アジアンスタイル」 タイの仏像「王者の証し」  タイ・チェンライ、バンコク、ラオス・ビエンチャン、ルアンプラバン

  37. 2019090501672

    「12段用」「アジアンスタイル」 タイの仏像「王者の証し」  タイ・チェンライ、バンコク、ラオス・ビエンチャン、ルアンプラバン

  38. 2019090501668

    「アジアンスタイル」 タイの仏像「王者の証し」  タイ・チェンライ、バンコク、ラオス・ビエンチャン、ルアンプラバン

  39. 2019090501666

    「アジアンスタイル」 タイの仏像「王者の証し」  タイ・チェンライ、バンコク、ラオス・ビエンチャン、ルアンプラバン

  40. 2019090501310

    「アジアの1枚」 力を合わせて〝読む〟お経  ブータンの首都ティンプーの朝。民族衣装を着て登校してきた子どもたちが、チベット仏教の仏具「マニ車」を力を合わせて回し始めました。回転させた回数分だけお経を読んだことになるそうで、3人で何十回も回転させてから校舎へ入っていきました。「世界で一番幸せな国」なんて言われるブータンですが、この〝読む〟お経のおかげでしょうか。(撮影・蔦林史峰、共同)

  41. 2019082600809

    元年国内 556 「時の人」  東大寺・仁王像の初の解体修理に挑む小野寺久幸(おのでら・ひさゆき)さん

  42. 2019082500411

    「大型サイド」訪日客増加 過剰な混雑、各地でもめ事  釈迦涅槃像をバックに記念撮影する外国人=3月、福岡県篠栗町の南蔵院

  43. 2019091700774

    「新華社」 300年前に日本で刊行の漢籍が中国に「逆輸入」福建省福清市  福清市黄檗文化促進会が今回購入した古籍の本文。(8月24日撮影)中国福建省の福清市黄檗(おうばく)文化促進会は8月24日、同市出身の著名在日華僑の劉莉生(りゅう・りせい)氏の協力を得て、日本の古書店から「老子鬳斎口義(けんさいくぎ)」「列子鬳斎口義」「荘子鬳斎口義」という貴重な漢文古籍3部を購入した。これらの古籍は中国で書かれたが、日本に伝わり広く刊行されたため、両国で幾つかの版本が残されている。今回の購入で日本の版本の一つが中国に「逆輸入」されたことになる。「列子鬳斎口義」と「荘子鬳斎口義」は日本の万治2年(1659年)、「老子鬳斎口義」は宝永6年(1709年)の出版。著者は中国儒学の一派、南宋理学最後の学者といわれる林希逸(りん・きいつ、1193~1271年)。林希逸は現在の福清市魚渓鎮で生まれ、字(あざな)を粛翁(しゅくおう)、号を鬳斎または竹溪(ちくけい)という。ほかにも「竹溪稿」「竹溪詩選」「竹溪鬳斎続集」などの著作がある。劉氏はこれらの著作について、黄檗宗の僧侶、隠元禅師の一行が1654年に渡日した際に持ち込んだものが、その後、日本で大量に印刷・出版されて広まったのだろうと語る。福清市黄檗文化促進会の林文清(りん・ぶんせい)会長は、林希逸と黄檗宗との関係を説明してくれた。林希逸の子孫で禅僧の即非如一(そくひにょいつ)は、俗姓を林といい、同市内の黄檗山万福寺で隠元の主な弟子の1人だったという。隠元渡日から3年後に隠元の招きで日本に渡り、15年にわたる布教の中で、隠元が日本で黄檗宗を開くのを助け、隠元入滅後はその後を継いだ。即非如一は詩や書に長けており、師匠の隠元や兄弟子の木庵(もくあん)と共に「黄檗の三筆」と称され、江戸時代の日本の文化に大きな影響を与えた。(福州=新華社配信/劉莉生)=2019(令和元)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019091700421

    「新華社」 300年前に日本で刊行の漢籍が中国に「逆輸入」福建省福清市  福清市黄檗文化促進会が今回購入した「列子鬳斎口義」。(8月24日撮影)中国福建省の福清市黄檗(おうばく)文化促進会は8月24日、同市出身の著名在日華僑の劉莉生(りゅう・りせい)氏の協力を得て、日本の古書店から「老子鬳斎口義(けんさいくぎ)」「列子鬳斎口義」「荘子鬳斎口義」という貴重な漢文古籍3部を購入した。これらの古籍は中国で書かれたが、日本に伝わり広く刊行されたため、両国で幾つかの版本が残されている。今回の購入で日本の版本の一つが中国に「逆輸入」されたことになる。「列子鬳斎口義」と「荘子鬳斎口義」は日本の万治2年(1659年)、「老子鬳斎口義」は宝永6年(1709年)の出版。著者は中国儒学の一派、南宋理学最後の学者といわれる林希逸(りん・きいつ、1193~1271年)。林希逸は現在の福清市魚渓鎮で生まれ、字(あざな)を粛翁(しゅくおう)、号を鬳斎または竹溪(ちくけい)という。ほかにも「竹溪稿」「竹溪詩選」「竹溪鬳斎続集」などの著作がある。劉氏はこれらの著作について、黄檗宗の僧侶、隠元禅師の一行が1654年に渡日した際に持ち込んだものが、その後、日本で大量に印刷・出版されて広まったのだろうと語る。福清市黄檗文化促進会の林文清(りん・ぶんせい)会長は、林希逸と黄檗宗との関係を説明してくれた。林希逸の子孫で禅僧の即非如一(そくひにょいつ)は、俗姓を林といい、同市内の黄檗山万福寺で隠元の主な弟子の1人だったという。隠元渡日から3年後に隠元の招きで日本に渡り、15年にわたる布教の中で、隠元が日本で黄檗宗を開くのを助け、隠元入滅後はその後を継いだ。即非如一は詩や書に長けており、師匠の隠元や兄弟子の木庵(もくあん)と共に「黄檗の三筆」と称され、江戸時代の日本の文化に大きな影響を与えた。(福州=新華社配信/劉莉生)=2019(令和元)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019091700771

    「新華社」 300年前に日本で刊行の漢籍が中国に「逆輸入」福建省福清市  福清市黄檗文化促進会が今回購入した「荘子鬳斎口義」。(8月24日撮影)中国福建省の福清市黄檗(おうばく)文化促進会は8月24日、同市出身の著名在日華僑の劉莉生(りゅう・りせい)氏の協力を得て、日本の古書店から「老子鬳斎口義(けんさいくぎ)」「列子鬳斎口義」「荘子鬳斎口義」という貴重な漢文古籍3部を購入した。これらの古籍は中国で書かれたが、日本に伝わり広く刊行されたため、両国で幾つかの版本が残されている。今回の購入で日本の版本の一つが中国に「逆輸入」されたことになる。「列子鬳斎口義」と「荘子鬳斎口義」は日本の万治2年(1659年)、「老子鬳斎口義」は宝永6年(1709年)の出版。著者は中国儒学の一派、南宋理学最後の学者といわれる林希逸(りん・きいつ、1193~1271年)。林希逸は現在の福清市魚渓鎮で生まれ、字(あざな)を粛翁(しゅくおう)、号を鬳斎または竹溪(ちくけい)という。ほかにも「竹溪稿」「竹溪詩選」「竹溪鬳斎続集」などの著作がある。劉氏はこれらの著作について、黄檗宗の僧侶、隠元禅師の一行が1654年に渡日した際に持ち込んだものが、その後、日本で大量に印刷・出版されて広まったのだろうと語る。福清市黄檗文化促進会の林文清(りん・ぶんせい)会長は、林希逸と黄檗宗との関係を説明してくれた。林希逸の子孫で禅僧の即非如一(そくひにょいつ)は、俗姓を林といい、同市内の黄檗山万福寺で隠元の主な弟子の1人だったという。隠元渡日から3年後に隠元の招きで日本に渡り、15年にわたる布教の中で、隠元が日本で黄檗宗を開くのを助け、隠元入滅後はその後を継いだ。即非如一は詩や書に長けており、師匠の隠元や兄弟子の木庵(もくあん)と共に「黄檗の三筆」と称され、江戸時代の日本の文化に大きな影響を与えた。(福州=新華社配信/劉莉生)=2019(令和元)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019091700776

    「新華社」 300年前に日本で刊行の漢籍が中国に「逆輸入」福建省福清市  福清市黄檗文化促進会が今回購入した「列子鬳斎口義」を手にする劉莉生氏(右)と林文清会長。(8月24日撮影)中国福建省の福清市黄檗(おうばく)文化促進会は8月24日、同市出身の著名在日華僑の劉莉生(りゅう・りせい)氏の協力を得て、日本の古書店から「老子鬳斎口義(けんさいくぎ)」「列子鬳斎口義」「荘子鬳斎口義」という貴重な漢文古籍3部を購入した。これらの古籍は中国で書かれたが、日本に伝わり広く刊行されたため、両国で幾つかの版本が残されている。今回の購入で日本の版本の一つが中国に「逆輸入」されたことになる。「列子鬳斎口義」と「荘子鬳斎口義」は日本の万治2年(1659年)、「老子鬳斎口義」は宝永6年(1709年)の出版。著者は中国儒学の一派、南宋理学最後の学者といわれる林希逸(りん・きいつ、1193~1271年)。林希逸は現在の福清市魚渓鎮で生まれ、字(あざな)を粛翁(しゅくおう)、号を鬳斎または竹溪(ちくけい)という。ほかにも「竹溪稿」「竹溪詩選」「竹溪鬳斎続集」などの著作がある。劉氏はこれらの著作について、黄檗宗の僧侶、隠元禅師の一行が1654年に渡日した際に持ち込んだものが、その後、日本で大量に印刷・出版されて広まったのだろうと語る。福清市黄檗文化促進会の林文清(りん・ぶんせい)会長は、林希逸と黄檗宗との関係を説明してくれた。林希逸の子孫で禅僧の即非如一(そくひにょいつ)は、俗姓を林といい、同市内の黄檗山万福寺で隠元の主な弟子の1人だったという。隠元渡日から3年後に隠元の招きで日本に渡り、15年にわたる布教の中で、隠元が日本で黄檗宗を開くのを助け、隠元入滅後はその後を継いだ。即非如一は詩や書に長けており、師匠の隠元や兄弟子の木庵(もくあん)と共に「黄檗の三筆」と称され、江戸時代の日本の文化に大きな影響を与えた。(福州=新華社配信/孫秀蓮)=2019(令和元)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019091700623

    「新華社」 300年前に日本で刊行の漢籍が中国に「逆輸入」福建省福清市  福清市黄檗文化促進会が今回購入した「荘子鬳斎口義」に残る「和田表図書記」の蔵書印。(8月24日)中国福建省の福清市黄檗(おうばく)文化促進会は8月24日、同市出身の著名在日華僑の劉莉生(りゅう・りせい)氏の協力を得て、日本の古書店から「老子鬳斎口義(けんさいくぎ)」「列子鬳斎口義」「荘子鬳斎口義」という貴重な漢文古籍3部を購入した。これらの古籍は中国で書かれたが、日本に伝わり広く刊行されたため、両国で幾つかの版本が残されている。今回の購入で日本の版本の一つが中国に「逆輸入」されたことになる。「列子鬳斎口義」と「荘子鬳斎口義」は日本の万治2年(1659年)、「老子鬳斎口義」は宝永6年(1709年)の出版。著者は中国儒学の一派、南宋理学最後の学者といわれる林希逸(りん・きいつ、1193~1271年)。林希逸は現在の福清市魚渓鎮で生まれ、字(あざな)を粛翁(しゅくおう)、号を鬳斎または竹溪(ちくけい)という。ほかにも「竹溪稿」「竹溪詩選」「竹溪鬳斎続集」などの著作がある。劉氏はこれらの著作について、黄檗宗の僧侶、隠元禅師の一行が1654年に渡日した際に持ち込んだものが、その後、日本で大量に印刷・出版されて広まったのだろうと語る。福清市黄檗文化促進会の林文清(りん・ぶんせい)会長は、林希逸と黄檗宗との関係を説明してくれた。林希逸の子孫で禅僧の即非如一(そくひにょいつ)は、俗姓を林といい、同市内の黄檗山万福寺で隠元の主な弟子の1人だったという。隠元渡日から3年後に隠元の招きで日本に渡り、15年にわたる布教の中で、隠元が日本で黄檗宗を開くのを助け、隠元入滅後はその後を継いだ。即非如一は詩や書に長けており、師匠の隠元や兄弟子の木庵(もくあん)と共に「黄檗の三筆」と称され、江戸時代の日本の文化に大きな影響を与えた。(福州=新華社配信/劉莉生)=2019(令和元)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019091700709

    「新華社」 300年前に日本で刊行の漢籍が中国に「逆輸入」福建省福清市  「列子鬳斎口義」に残る「大島氏図書」の蔵書印。(8月24日撮影)中国福建省の福清市黄檗(おうばく)文化促進会は8月24日、同市出身の著名在日華僑の劉莉生(りゅう・りせい)氏の協力を得て、日本の古書店から「老子鬳斎口義(けんさいくぎ)」「列子鬳斎口義」「荘子鬳斎口義」という貴重な漢文古籍3部を購入した。これらの古籍は中国で書かれたが、日本に伝わり広く刊行されたため、両国で幾つかの版本が残されている。今回の購入で日本の版本の一つが中国に「逆輸入」されたことになる。「列子鬳斎口義」と「荘子鬳斎口義」は日本の万治2年(1659年)、「老子鬳斎口義」は宝永6年(1709年)の出版。著者は中国儒学の一派、南宋理学最後の学者といわれる林希逸(りん・きいつ、1193~1271年)。林希逸は現在の福清市魚渓鎮で生まれ、字(あざな)を粛翁(しゅくおう)、号を鬳斎または竹溪(ちくけい)という。ほかにも「竹溪稿」「竹溪詩選」「竹溪鬳斎続集」などの著作がある。劉氏はこれらの著作について、黄檗宗の僧侶、隠元禅師の一行が1654年に渡日した際に持ち込んだものが、その後、日本で大量に印刷・出版されて広まったのだろうと語る。福清市黄檗文化促進会の林文清(りん・ぶんせい)会長は、林希逸と黄檗宗との関係を説明してくれた。林希逸の子孫で禅僧の即非如一(そくひにょいつ)は、俗姓を林といい、同市内の黄檗山万福寺で隠元の主な弟子の1人だったという。隠元渡日から3年後に隠元の招きで日本に渡り、15年にわたる布教の中で、隠元が日本で黄檗宗を開くのを助け、隠元入滅後はその後を継いだ。即非如一は詩や書に長けており、師匠の隠元や兄弟子の木庵(もくあん)と共に「黄檗の三筆」と称され、江戸時代の日本の文化に大きな影響を与えた。(福州=新華社配信/劉莉生)=2019(令和元)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019091700620

    「新華社」 300年前に日本で刊行の漢籍が中国に「逆輸入」福建省福清市  福清市黄檗文化促進会が今回購入した「老子鬳斎口義」。(8月24日撮影)中国福建省の福清市黄檗(おうばく)文化促進会は8月24日、同市出身の著名在日華僑の劉莉生(りゅう・りせい)氏の協力を得て、日本の古書店から「老子鬳斎口義(けんさいくぎ)」「列子鬳斎口義」「荘子鬳斎口義」という貴重な漢文古籍3部を購入した。これらの古籍は中国で書かれたが、日本に伝わり広く刊行されたため、両国で幾つかの版本が残されている。今回の購入で日本の版本の一つが中国に「逆輸入」されたことになる。「列子鬳斎口義」と「荘子鬳斎口義」は日本の万治2年(1659年)、「老子鬳斎口義」は宝永6年(1709年)の出版。著者は中国儒学の一派、南宋理学最後の学者といわれる林希逸(りん・きいつ、1193~1271年)。林希逸は現在の福清市魚渓鎮で生まれ、字(あざな)を粛翁(しゅくおう)、号を鬳斎または竹溪(ちくけい)という。ほかにも「竹溪稿」「竹溪詩選」「竹溪鬳斎続集」などの著作がある。劉氏はこれらの著作について、黄檗宗の僧侶、隠元禅師の一行が1654年に渡日した際に持ち込んだものが、その後、日本で大量に印刷・出版されて広まったのだろうと語る。福清市黄檗文化促進会の林文清(りん・ぶんせい)会長は、林希逸と黄檗宗と関係を説明してくれた。林希逸の子孫で禅僧の即非如一(そくひにょいつ)は、俗姓を林といい、同市内の黄檗山万福寺で隠元の主な弟子の1人だったという。隠元渡日から3年後に隠元の招きで日本に渡り、15年にわたる布教の中で、隠元が日本で黄檗宗を開くのを助け、隠元入滅後はその後を継いだ。即非如一は詩や書に長けており、師匠の隠元や兄弟子の木庵(もくあん)と共に「黄檗の三筆」と称され、江戸時代の日本の文化に大きな影響を与えた。(福州=新華社配信/劉莉生)=2019(令和元)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019082400249

    「新華社」 日本の若手議員、福州開元寺を訪問福建省  21日、福州開元寺で関係者の出迎えを受ける日本の若手議員ら。日本の公明党幹事長代理兼国際委員長、遠山清彦衆議院議員を団長とする若手議員団は21日、中国福建省福州市の古刹、開元寺を訪れた。一行は境内の薬師殿や鉄仏殿、空海大師記念堂、空海大師立像、および中日両国の政界の要人が植樹した「中日友好の木」などを見学した。福州開元寺は南北朝時代の梁の太清3年(549年)に創建され、1500年近い歴史を持つ。同寺と日本仏教界との交流は唐代に始まり、今日に至るまで高僧の往来が続いている。空海や円珍、慶政など各時代の日本の高僧7人もかつて仏法を求め同寺で修行を積んだ。近年では日本の仏教団体が絶え間なく参拝に訪れている。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像