検索結果 21 件中 1 件 〜 21 件 "open"
  1. 2020060908048

    BYDの新交通システム「雲巴」、重慶市でお目見え  3日、走行テストを行う「雲巴」の車両。(小型無人機から)中国重慶市の璧山区でこのほど、ゴムタイヤ式の小型軽量軌道交通(LRT)車両を用いた「雲巴(スカイシャトル)」の最初のモデル路線が公開された。「雲巴」は中国の新エネルギー車(NEV)大手の比亜迪(BYD)が開発した新しい立体スマート交通システム。モーター駆動で旋回半径が小さく、登坂能力も高い。低騒音で安全性が高く、建設のコストと期間を抑えられるなどの長所を持つ。乗客によりスマートで快適かつ便利な移動体験を提供できる。同路線の建設が始まったのは昨年8月。15・4キロの区間に15の駅が設けられる。全線開通は今年9月を見込んでいる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020060908074

    BYDの新交通システム「雲巴」、重慶市でお目見え  3日、走行テストを行う「雲巴」の車両。(小型無人機から)中国重慶市の璧山区でこのほど、ゴムタイヤ式の小型軽量軌道交通(LRT)車両を用いた「雲巴(スカイシャトル)」の最初のモデル路線が公開された。「雲巴」は中国の新エネルギー車(NEV)大手の比亜迪(BYD)が開発した新しい立体スマート交通システム。モーター駆動で旋回半径が小さく、登坂能力も高い。低騒音で安全性が高く、建設のコストと期間を抑えられるなどの長所を持つ。乗客によりスマートで快適かつ便利な移動体験を提供できる。同路線の建設が始まったのは昨年8月。15・4キロの区間に15の駅が設けられる。全線開通は今年9月を見込んでいる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020060908352

    BYDの新交通システム「雲巴」、重慶市でお目見え  3日、走行テストを行う「雲巴」の車両。(小型無人機から)中国重慶市の璧山区でこのほど、ゴムタイヤ式の小型軽量軌道交通(LRT)車両を用いた「雲巴(スカイシャトル)」の最初のモデル路線が公開された。「雲巴」は中国の新エネルギー車(NEV)大手の比亜迪(BYD)が開発した新しい立体スマート交通システム。モーター駆動で旋回半径が小さく、登坂能力も高い。低騒音で安全性が高く、建設のコストと期間を抑えられるなどの長所を持つ。乗客によりスマートで快適かつ便利な移動体験を提供できる。同路線の建設が始まったのは昨年8月。15・4キロの区間に15の駅が設けられる。全線開通は今年9月を見込んでいる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020060908062

    BYDの新交通システム「雲巴」、重慶市でお目見え  3日、走行テストを行う「雲巴」の車両。(小型無人機から)中国重慶市の璧山区でこのほど、ゴムタイヤ式の小型軽量軌道交通(LRT)車両を用いた「雲巴(スカイシャトル)」の最初のモデル路線が公開された。「雲巴」は中国の新エネルギー車(NEV)大手の比亜迪(BYD)が開発した新しい立体スマート交通システム。モーター駆動で旋回半径が小さく、登坂能力も高い。低騒音で安全性が高く、建設のコストと期間を抑えられるなどの長所を持つ。乗客によりスマートで快適かつ便利な移動体験を提供できる。同路線の建設が始まったのは昨年8月。15・4キロの区間に15の駅が設けられる。全線開通は今年9月を見込んでいる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020060907856

    BYDの新交通システム「雲巴」、重慶市でお目見え  3日、走行テストを行う「雲巴」の車両。(小型無人機から)中国重慶市の璧山区でこのほど、ゴムタイヤ式の小型軽量軌道交通(LRT)車両を用いた「雲巴(スカイシャトル)」の最初のモデル路線が公開された。「雲巴」は中国の新エネルギー車(NEV)大手の比亜迪(BYD)が開発した新しい立体スマート交通システム。モーター駆動で旋回半径が小さく、登坂能力も高い。低騒音で安全性が高く、建設のコストと期間を抑えられるなどの長所を持つ。乗客によりスマートで快適かつ便利な移動体験を提供できる。同路線の建設が始まったのは昨年8月。15・4キロの区間に15の駅が設けられる。全線開通は今年9月を見込んでいる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020060908323

    BYDの新交通システム「雲巴」、重慶市でお目見え  3日、走行テストを行う「雲巴」の車両。(小型無人機から)中国重慶市の璧山区でこのほど、ゴムタイヤ式の小型軽量軌道交通(LRT)車両を用いた「雲巴(スカイシャトル)」の最初のモデル路線が公開された。「雲巴」は中国の新エネルギー車(NEV)大手の比亜迪(BYD)が開発した新しい立体スマート交通システム。モーター駆動で旋回半径が小さく、登坂能力も高い。低騒音で安全性が高く、建設のコストと期間を抑えられるなどの長所を持つ。乗客によりスマートで快適かつ便利な移動体験を提供できる。同路線の建設が始まったのは昨年8月。15・4キロの区間に15の駅が設けられる。全線開通は今年9月を見込んでいる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020061102877

    五台山風景名勝区、寺院の一般開放を再開山西省  空から見た五台山の寺院群。(小型無人機から、資料写真)中国山西省北部に位置する五台山風景名勝区の管理委員会によると、新型コロナウイルスの影響により一時非公開となっていた風景区内の寺院は3日に一般開放を再開した。時間は毎日午前8時から午後6時まで。(太原=新華社配信/劉永平)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020041501243

    工事再開から1カ月、着々進む上海天文館の建設  10日、上空から見た上海天文館の建物。(小型無人機から)中国上海市浦東新区臨港新城に位置する上海天文館では10日、展示施設部分のモデル施工が進んでいた。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、天文館の建設工事は3月11日に正式に再開された。来年の一般開放を目指し、施工会社は感染防止対策と施工再開を並行させ、期日通りに優れた品質で完成させるために最大限の努力を払っている。上海天文館は完成すると世界最大の建築面積を持つプラネタリウムになる。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020041501248

    工事再開から1カ月、着々進む上海天文館の建設  10日、上空から見た上海天文館の建物。(小型無人機から)中国上海市浦東新区臨港新城に位置する上海天文館では10日、展示施設部分のモデル施工が進んでいた。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、天文館の建設工事は3月11日に正式に再開された。来年の一般開放を目指し、施工会社は感染防止対策と施工再開を並行させ、期日通りに優れた品質で完成させるために最大限の努力を払っている。上海天文館は完成すると世界最大の建築面積を持つプラネタリウムになる。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020041501176

    工事再開から1カ月、着々進む上海天文館の建設  10日、上空から見た上海天文館の建物。(小型無人機から)中国上海市浦東新区臨港新城に位置する上海天文館では10日、展示施設部分のモデル施工が進んでいた。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、天文館の建設工事は3月11日に正式に再開された。来年の一般開放を目指し、施工会社は感染防止対策と施工再開を並行させ、期日通りに優れた品質で完成させるために最大限の努力を払っている。上海天文館は完成すると世界最大の建築面積を持つプラネタリウムになる。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020041501170

    工事再開から1カ月、着々進む上海天文館の建設  10日、上空から見た上海天文館の建設現場。天文館の主要部分、青少年観測基地、大衆天文台、魔力太陽塔などの付属建築物はすでに完成している。(小型無人機から)中国上海市浦東新区臨港新城に位置する上海天文館では10日、展示施設部分のモデル施工が進んでいた。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、天文館の建設工事は3月11日に正式に再開された。来年の一般開放を目指し、施工会社は感染防止対策と施工再開を並行させ、期日通りに優れた品質で完成させるために最大限の努力を払っている。上海天文館は完成すると世界最大の建築面積を持つプラネタリウムになる。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020042003231

    貧困脱却の成果を固め、新たな道を切り開く福建省  9日、福建省寧徳市寿寧県下党村の貧困扶助茶園。(小型無人機から)中国福建省寧徳市寿寧県下党郷では、10カ村の専業合作社(共同組合)が1月に合作社の連合組織「寿寧県滴水縁農業専業合作社連合社」を設立した。同連合社は構成員に農産物の買い付けや必要な生産手段、農産物の販売、関連技術情報などに関するサービスを提供し、貧困脱却の成果をさらに強固にしている。(寿寧=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020042003241

    貧困脱却の成果を固め、新たな道を切り開く福建省  9日、福建省寧徳市寿寧県下党村の貧困扶助茶園。(小型無人機から)中国福建省寧徳市寿寧県下党郷では、10カ村の専業合作社(共同組合)が1月に合作社の連合組織「寿寧県滴水縁農業専業合作社連合社」を設立した。同連合社は構成員に農産物の買い付けや必要な生産手段、農産物の販売、関連技術情報などに関するサービスを提供し、貧困脱却の成果をさらに強固にしている。(寿寧=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020041501204

    物流ルート円滑化で貿易企業の再開を後押し江西省向塘鉄道口岸  6日、向塘鉄道口岸で、列車への積み込みを待つ自動車。(小型無人機から)貿易企業が業務を再開し、貿易貨物の輸送需要が高まるのに伴い、中国江西省南昌県の向塘鉄道口岸(通関地)はこのところ、多忙な状態が続いている。新型コロナウイルス感染症の流行期間中に、同県は鉄道、物流会社、交通部門などと積極的に調整を図り、貿易企業が業務を再開するためのサービスを提供し、物流ルートを円滑にして、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」やシーアンドレール輸送の正常な運行を確保している。統計によると、2020年1~3月のシーアンドレール輸送による向塘鉄道口岸発着コンテナは5934個となっており、県内貿易企業の生産能力が80%以上回復している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020030900802

    西安城壁風景区が順次開放陝西省  4日、西安を代表する観光スポットの一つ、西安城壁。(小型無人機から)新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響を受けて閉鎖されていた中国陝西省西安市の西安城壁風景区がこのほど、再び開放された。同風景区は「接触防止のためのネット予約」システムを採り入れ、人の流れを適切にコントロールすることで、観光客の安全と秩序ある参観・見学の実現を目指す。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020030900975

    西安城壁風景区が順次開放陝西省  4日、西安を代表する観光スポットの一つ、西安城壁。(小型無人機から)新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響を受けて閉鎖されていた中国陝西省西安市の西安城壁風景区がこのほど、再び開放された。同風景区は「接触防止のためのネット予約」システムを採り入れ、人の流れを適切にコントロールすることで、観光客の安全と秩序ある参観・見学の実現を目指す。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020030900776

    西安城壁風景区が順次開放陝西省  4日、西安を代表する観光スポットの一つ、西安城壁。(小型無人機から)新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響を受けて閉鎖されていた中国陝西省西安市の西安城壁風景区がこのほど、再び開放された。同風景区は「接触防止のためのネット予約」システムを採り入れ、人の流れを適切にコントロールすることで、観光客の安全と秩序ある参観・見学の実現を目指す。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020060409875

    海南自由貿易港、全体計画発表新時代の対外開放の拠点へ  海南省の海口秀英港に入港するロールオンロールオフ船(RORO船)「モーニング・ローラ」。同船は海南自由貿易区政策の実施後に同港に入港した最初の自動車運搬船となった。(2月16日撮影、小型無人機から)中国共産党中央と国務院は1日、「海南自由貿易港建設の全体計画」を公布した。中国の特色ある自由貿易港の建設は重要な一歩を踏み出した。(海口=新華社記者/楊冠宇)=2020(令和2)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020021700663

    ロボットが生産再開企業に弁当を無料配送湖南省長沙市  14日、長沙経済技術開発区の東方智造港で、生産を再開した企業に昼食を配送するロボット「超影」。(小型無人機から)中国湖南省長沙市経済技術開発区の東方智造港(イノベーション産業パーク)で、無人運転技術開発を手掛ける行深智能科技が、生産を再開した同港内の企業向けに昼食や夕食の無料配達サービスの提供を開始した。デリバリー事業に投入予定だった2台の配送ロボット「超影」を改造して使用している。サービスを必要とする企業が微信(WeChat)のミニプログラムを通じて注文すると、行深智能科技のスタッフが食堂から弁当を受け取り、消毒済みの無人配送車に載せてスマートフォンで目的地を設定。無人配送車が自動で配達する。衛生と安全を確保するため、1社への配達が終わるごとにスタッフが配送ロボットを消毒している。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020021302804

    感染対策を万全にして物流業務を再開湖南省長沙市  11日、金霞経済開発区にある長沙新港バラ貨物ふ頭に接岸した貨物船。(小型無人機から)中国湖南省長沙市開福区に位置する金霞経済開発区は、物流を基幹産業とする工業パークで、同市の医薬品の物流産業がそこに集まっている。同開発区は新型コロナウイルスによる肺炎に対する企業の感染予防・抑制活動が適切に行われていることを保証すると同時に、企業に営業再開に向けた指導とサービスを提供している。同開発区で特別監督管理サービスを受けた企業とプロジェクトは11日時点で402となり、営業を開始または再開した企業は209社に上った。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020012322840

    蘇州市が続ける対外開放の拡大に世界が注目  上空から見た蘇州市市街地。(小型無人機から、2019年10月29日撮影)中国江蘇省蘇州市の中国(江蘇)自由貿易試験区蘇州片区(エリア)はこのほど、金融分野のオープンイノベーションに関する16の具体的措置を推進することを明らかにした。本部機能を持つ「本部型」金融機関や一定以上の規模を持つ「規模型」準金融機関に関する政策により力を入れ、フィンテックやクロスボーダー・ファイナンス、ベンチャーキャピタルのエコシステムなどに関する政策的支援とイノベーションを強化していくという。(蘇州=新華社配信/王亭川)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像