検索結果 39 件中 1 件 〜 39 件 "open"
  1. 2020021700663

    「新華社」 ロボットが生産再開企業に弁当を無料配送湖南省長沙市  14日、長沙経済技術開発区の東方智造港で、生産を再開した企業に昼食を配送するロボット「超影」。(小型無人機から)中国湖南省長沙市経済技術開発区の東方智造港(イノベーション産業パーク)で、無人運転技術開発を手掛ける行深智能科技が、生産を再開した同港内の企業向けに昼食や夕食の無料配達サービスの提供を開始した。デリバリー事業に投入予定だった2台の配送ロボット「超影」を改造して使用している。サービスを必要とする企業が微信(WeChat)のミニプログラムを通じて注文すると、行深智能科技のスタッフが食堂から弁当を受け取り、消毒済みの無人配送車に載せてスマートフォンで目的地を設定。無人配送車が自動で配達する。衛生と安全を確保するため、1社への配達が終わるごとにスタッフが配送ロボットを消毒している。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020021302804

    「新華社」 感染対策を万全にして物流業務を再開湖南省長沙市  11日、金霞経済開発区にある長沙新港バラ貨物ふ頭に接岸した貨物船。(小型無人機から)中国湖南省長沙市開福区に位置する金霞経済開発区は、物流を基幹産業とする工業パークで、同市の医薬品の物流産業がそこに集まっている。同開発区は新型コロナウイルスによる肺炎に対する企業の感染予防・抑制活動が適切に行われていることを保証すると同時に、企業に営業再開に向けた指導とサービスを提供している。同開発区で特別監督管理サービスを受けた企業とプロジェクトは11日時点で402となり、営業を開始または再開した企業は209社に上った。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020012322840

    「新華社」 蘇州市が続ける対外開放の拡大に世界が注目  上空から見た蘇州市市街地。(小型無人機から、2019年10月29日撮影)中国江蘇省蘇州市の中国(江蘇)自由貿易試験区蘇州片区(エリア)はこのほど、金融分野のオープンイノベーションに関する16の具体的措置を推進することを明らかにした。本部機能を持つ「本部型」金融機関や一定以上の規模を持つ「規模型」準金融機関に関する政策により力を入れ、フィンテックやクロスボーダー・ファイナンス、ベンチャーキャピタルのエコシステムなどに関する政策的支援とイノベーションを強化していくという。(蘇州=新華社配信/王亭川)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019080800938

    「新華社」 新たな開放の歩み上海自由貿易試験区臨港新エリアが発足  上海市臨港地区の南港埠頭で船積みを待つ自動車。(6月27日、小型無人機から)中国国務院はこのほど「中国(上海)自由貿易試験区臨港新エリア全体プラン」を発表した。臨港新エリアが正式に発足した。(上海=新華社記者/方喆)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019062103563

    「新華社」 エチオピアの軽工業団地を訪ねて中国企業が建設・運営  12日、エチオピアの首都アディスアベバで撮影した華堅軽工業団地。(航空写真)中国の華堅集団が建設と運営を請け負ったエチオピアの華堅軽工業団地事業は敷地面積130ヘクタール余りで、2020年の完成予定。一部の工場は既に稼働している。軽工業団地の完成は、現地で3万人以上の雇用の提供を可能にするとともに、中国の軽工業企業の海外進出をけん引し、アフリカでの産業クラスターの発展を実現する役割も果たす。(アディスアベバ=新華社記者/王騰)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019062103578

    「新華社」 エチオピアの軽工業団地を訪ねて中国企業が建設・運営  12日、エチオピアの首都アディスアベバで撮影した華堅軽工業団地。(航空写真)中国の華堅集団が建設と運営を請け負ったエチオピアの華堅軽工業団地事業は敷地面積130ヘクタール余りで、2020年の完成予定。一部の工場は既に稼働している。軽工業団地の完成は、現地で3万人以上の雇用の提供を可能にするとともに、中国の軽工業企業の海外進出をけん引し、アフリカでの産業クラスターの発展を実現する役割も果たす。(アディスアベバ=新華社記者/王騰)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019060402910

    「新華社」 中国のトラック配車アプリ最大手、建設銀行と提携  空から見た満幇集団の拠点。(資料写真)中国トラック配車アプリ最大手の満幇集団はこのほど、中国建設銀行と戦略的提携を結んだ。双方は荷主とトラック運転手に共通する課題を解決するため、取引プラットフォーム上に金融サービスシステムを構築する。中国の幹線道路の貨物輸送量と回転量は世界一であり、満幇のプラットフォーム上だけでも、認証登録しているトラック運転手は650万人、荷主は160万社に達している。しかし、多くの輸送事業主体は小規模で分散しており、信用情報データが不足し、リスク管理が難しいため、従来の金融サービスではこれらのグループのニーズに応えるのは困難だった。こうした業界の課題を解決するため、満幇は建設銀行と協力。プラットフォーム会員の取り引きや行動に関するデータの分析を通じて、リスク管理モデルを構築し、荷主と運転手に全てのプロセスやシーンを網羅する個別化した金融サービスを提供していく。サービス内容にはETCや給油、ローン、保険、修理などが含まれる。(貴陽=新華社配信/満幇集団提供)=撮影日不明、クレジット:満幇集団/新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  8. 2019042202062

    「新華社」 火星生活体験施設「火星1号基地」がオープン甘粛省金昌市  17日、上空から見た「火星1号基地」の模擬居住区域。(小型無人機から)中国甘粛省金昌市金川(きんせん)区寧遠堡(ねいえんほ)鎮で17日、実際の宇宙空間に基づいて建設された「火星1号基地」がオープンした。100人余りの来場者が、着陸機見学や地形観察、ウォーキングといったレジャー活動を通じて、火星での生活を一足先に「体験」した。(金昌=新華社記者/范培珅)=2019(平成31)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019021217450

    「新華社」 2019年春節期間中の国内観光客、延べ4億1500万人  9日、山東省臨沂(りんぎ)市の沂蒙山(ぎもうざん)銀座天蒙景勝地にある吊り橋で、絶景を楽しむ観光客。(小型無人機から)。10日、中国文化・観光部によると、各地の観光部門や通信事業者、オンライン旅行サービス業者が報告・提供したデータをまとめ、中国観光研究院(文化・観光部データセンター)が試算した結果、2019年の春節(旧正月)期間中に全国を訪れた国内観光客数は前年比7・6%増の延べ4億1500万人で、国内観光収入は8・2%増の5139億元(1元=約16円)だった。(臨沂=新華社配信/武紀全)=2019(平成31)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019011121601

    「DPA」 Preparation wood auction 10 January 2019, Brandenburg, Chorin: Tree trunks lie on the valuable timber storage area of the Forst Brandenburg state enterprise . On 16 January 2018, the Forst Brandenburg State Office invites you to submit wood. Since this year there are only hardwood logs left on the square. For hardwood, it‘s the 29th submission. In the Landeswaldoberförsterei Chorin, valuable timber and sawn timber from the state, municipal and private forests is offered and sold to customers in Germany and abroad by written bid, with the highest bidder. We offer a total of 550 solid cubic metres of wood. The Forst Brandenburg state enterprise harvests around one million cubic metres of raw wood annually in the state forest. The valuable wood offered for tender represents only a fraction of the wood harvested annually in Brandenburg. 、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  11. 2019011121544

    「DPA」 Preparation wood auction 10 January 2019, Brandenburg, Chorin: Tree trunks lie on the valuable timber storage area of the Forst Brandenburg state enterprise. On 16 January 2018, the Forst Brandenburg State Office invites you to submit wood. Since this year there are only hardwood logs left on the square. For hardwood, it‘s the 29th submission. In the Landeswaldoberförsterei Chorin, valuable timber and sawn timber from the state, municipal and private forests is offered and sold to customers in Germany and abroad by written bid, with the highest bidder. We offer a total of 550 solid cubic metres of wood. The Forst Brandenburg state enterprise harvests around one million cubic metres of raw wood annually in the state forest. The valuable wood offered for tender represents only a fraction of the wood harvested annually in Brandenburg. 、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  12. 2019011121471

    「DPA」 Preparation wood auction 10 January 2019, Brandenburg, Chorin: Employees of the Forst Brandenburg state enterprise tax tree trunks on the valuable timber storage site near the Chorin monastery. On 16 January 2018, the Forst Brandenburg State Office invites you to submit wood. Since this year there are only hardwood logs left on the square. For hardwood, it‘s the 29th submission. In the Landeswaldoberförsterei Chorin, valuable timber and sawn timber from the state, municipal and private forests is offered and sold to customers in Germany and abroad by written bid, with the highest bidder. We offer a total of 550 solid cubic metres of wood. The Forst Brandenburg state enterprise harvests around one million cubic metres of raw wood annually in the state forest. The valuable wood offered for tender represents only a fraction of the wood harvested annually in Brandenburg. 、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  13. 2019022805930

    「新華社」 BYDの挑戦自動車の電気化からスマート化まで  深圳にあるBYD本部でテスト中の同社開発の跨座式モノレール「雲軌」。(2018年11月30日撮影、小型無人機から)中国の大手電気自動車メーカー比亜迪(BYD)は2018年、新エネルギー車(NEV)を24万台以上売り上げ、NEVの年間販売台数で4年連続世界1位を達成した。同社の製品は昨年末時点で50以上の国や地域で販売されている。同社はここ20年で、十数人の小さな会社から中核技術を握るNEVのリーディングカンパニーへと発展してきた。現在は「スマート」と「オープン」がBYDの新たなキーワードになりつつある。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2018(平成30)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2018100919359

    「新華社」 国慶節連休前半の国内観光客、延べ5億200万人中国文化·観光部  4日、安徽省黄山市黟(い)県宏村鎮の景勝地を訪れた観光客。(小型無人機から)中国文化・観光部によると、各地の観光部門や通信事業者、オンライン旅行サービス業者が報告・提供したデータをまとめ、中国観光研究院(文化・観光部データセンター)が試算した結果、国慶節大型連休前半(10月1~4日)に全国を訪れた国内観光客数は前年比8・80%増の延べ5億200万人で、国内観光収入は8・12%増の4169億元だった。(銅陵=新華社配信/陳晨)=2018(平成30)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2018100918633

    「新華社」 国慶節連休前半の国内観光客、延べ5億200万人中国文化·観光部  4日、貴州省赤水丹霞観光区の滝を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国文化・観光部によると、各地の観光部門や通信事業者、オンライン旅行サービス業者が報告・提供したデータをまとめ、中国観光研究院(文化・観光部データセンター)が試算した結果、国慶節大型連休前半(10月1~4日)に全国を訪れた国内観光客数は前年比8・80%増の延べ5億200万人で、国内観光収入は8・12%増の4169億元だった。(遵義=新華社配信/王長育)=2018(平成30)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2018100600363

    「新華社」 世界一高い送電鉄塔、頂上部の据え付け完了  1日、上空から見た頂上部の据え付け工事が完了した高さ380メートルの金塘島送電鉄塔とその頂上部で作業する作業員。(小型無人機から)中国浙江省舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトで、高さ380メートルの金塘島送電鉄塔の最終段の吊り上げ・据え付け作業が1日、完了した。これは、同プロジェクト西堠門(せいこうもん)大横断の高さ380メートルの金塘島鉄塔と冊子島鉄塔の組み立てが完了し、頂上部の据え付けがつつがなく終了したことを示している。浙江省送変電工程公司によると、同省の舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトは、舟山本島と内陸の送電網を結び、そのうちの西堠門大横断で金塘と冊子2島に中国が自主設計・建造した380メートルの海洋横断送電高塔2基を建設し、投資総額は46億2千万元(1元=約17円)に達し、送電鉄塔の高さ、総重量、基礎整備、頂上部の大きさなどにおいて世界記録を樹立した。プロジェクト完了後の送電容量は200万キロワットに達し、舟山国家石油備蓄基地や浙江石油化工有限公司の4千万トン(年間)石油精製一体化プロジェクトなど一連の重点プロジェクトにエネルギーを提供するとしている。(舟山=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2018100600328

    「新華社」 世界一高い送電鉄塔、頂上部の据え付け完了  1日、上空から見た頂上部の据え付け工事が完了した高さ380メートルの金塘島送電鉄塔とその頂上部で作業する作業員。(小型無人機から)中国浙江省舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトで、高さ380メートルの金塘島送電鉄塔の最終段の吊り上げ・据え付け作業が1日、完了した。これは、同プロジェクト西堠門(せいこうもん)大横断の高さ380メートルの金塘島鉄塔と冊子島鉄塔の組み立てが完了し、頂上部の据え付けがつつがなく終了したことを示している。浙江省送変電工程公司によると、同省の舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトは、舟山本島と内陸の送電網を結び、そのうちの西堠門大横断で金塘と冊子2島に中国が自主設計・建造した380メートルの海洋横断送電高塔2基を建設し、投資総額は46億2千万元(1元=約17円)に達し、送電鉄塔の高さ、総重量、基礎整備、頂上部の大きさなどにおいて世界記録を樹立した。プロジェクト完了後の送電容量は200万キロワットに達し、舟山国家石油備蓄基地や浙江石油化工有限公司の4千万トン(年間)石油精製一体化プロジェクトなど一連の重点プロジェクトにエネルギーを提供するとしている。(舟山=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2018100600378

    「新華社」 世界一高い送電鉄塔、頂上部の据え付け完了  1日、上空から見た頂上部の据え付け工事が完了した高さ380メートルの金塘島送電鉄塔とその頂上部で作業する作業員。(小型無人機から)中国浙江省舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトで、高さ380メートルの金塘島送電鉄塔の最終段の吊り上げ・据え付け作業が1日、完了した。これは、同プロジェクト西堠門(せいこうもん)大横断の高さ380メートルの金塘島鉄塔と冊子島鉄塔の組み立てが完了し、頂上部の据え付けがつつがなく終了したことを示している。浙江省送変電工程公司によると、同省の舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトは、舟山本島と内陸の送電網を結び、そのうちの西堠門大横断で金塘と冊子2島に中国が自主設計・建造した380メートルの海洋横断送電高塔2基を建設し、投資総額は46億2千万元(1元=約17円)に達し、送電鉄塔の高さ、総重量、基礎整備、頂上部の大きさなどにおいて世界記録を樹立した。プロジェクト完了後の送電容量は200万キロワットに達し、舟山国家石油備蓄基地や浙江石油化工有限公司の4千万トン(年間)石油精製一体化プロジェクトなど一連の重点プロジェクトにエネルギーを提供するとしている。(舟山=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2018100600342

    「新華社」 世界一高い送電鉄塔、頂上部の据え付け完了  1日、上空から見た頂上部の据え付け工事が完了した高さ380メートルの金塘島送電鉄塔とその頂上部で作業する作業員。(小型無人機から)中国浙江省舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトで、高さ380メートルの金塘島送電鉄塔の最終段の吊り上げ・据え付け作業が1日、完了した。これは、同プロジェクト西堠門(せいこうもん)大横断の高さ380メートルの金塘島鉄塔と冊子島鉄塔の組み立てが完了し、頂上部の据え付けがつつがなく終了したことを示している。浙江省送変電工程公司によると、同省の舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトは、舟山本島と内陸の送電網を結び、そのうちの西堠門大横断で金塘と冊子2島に中国が自主設計・建造した380メートルの海洋横断送電高塔2基を建設し、投資総額は46億2千万元(1元=約17円)に達し、送電鉄塔の高さ、総重量、基礎整備、頂上部の大きさなどにおいて世界記録を樹立した。プロジェクト完了後の送電容量は200万キロワットに達し、舟山国家石油備蓄基地や浙江石油化工有限公司の4千万トン(年間)石油精製一体化プロジェクトなど一連の重点プロジェクトにエネルギーを提供するとしている。(舟山=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2018100600365

    「新華社」 世界一高い送電鉄塔、頂上部の据え付け完了  1日、上空から見た頂上部の据え付け工事が完了した高さ380メートルの金塘島送電鉄塔とその頂上部で作業する作業員。(小型無人機から)中国浙江省舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトで、高さ380メートルの金塘島送電鉄塔の最終段の吊り上げ・据え付け作業が1日、完了した。これは、同プロジェクト西堠門(せいこうもん)大横断の高さ380メートルの金塘島鉄塔と冊子島鉄塔の組み立てが完了し、頂上部の据え付けがつつがなく終了したことを示している。浙江省送変電工程公司によると、同省の舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトは、舟山本島と内陸の送電網を結び、そのうちの西堠門大横断で金塘と冊子2島に中国が自主設計・建造した380メートルの海洋横断送電高塔2基を建設し、投資総額は46億2千万元(1元=約17円)に達し、送電鉄塔の高さ、総重量、基礎整備、頂上部の大きさなどにおいて世界記録を樹立した。プロジェクト完了後の送電容量は200万キロワットに達し、舟山国家石油備蓄基地や浙江石油化工有限公司の4千万トン(年間)石油精製一体化プロジェクトなど一連の重点プロジェクトにエネルギーを提供するとしている。(舟山=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019073006711

    「新華社」 環境に配慮した発展の道を歩む重慶市  長江三峡の一つ、巫峡(ふきょう)にある景勝地「神女渓(しんにょけい)」の景色。(小型無人機から、2018年6月26日撮影)中国南西部に位置する重慶市は、中西部地区唯一の直轄市として、長江上流地域の経済、金融、科学技術イノベーション、航空輸送、貿易物流の中心地、西部大開発における重要な戦略的支点となっており、また「一帯一路」と長江経済ベルトの重要な連結点、内陸地域の対外開放を加速させる基盤でもある。同市はここ数年、長江上流の生態防壁建設をめぐり、緑化改善、特色ある環境景観作り、三峡ダムエリアの生態系回復などの重要な環境プロジェクトの実施を加速させ、全力で自然環境を保護し、地域の生態系回復や汚染防止の堅塁攻略戦にしっかりと取り組んできた。市全体の環境が引き続き改善され、環境安全が有効に保障され、「生態優先、環境に配慮した発展」という理念が重慶発展のテーマとなっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2018060500269

    「新華社」 【SCO青島サミット】プレスセンターを見てみよう  3日、ドローンで撮影した青島市嶗山区東海路に位置するSCO青島サミットプレスセンター。プレスセンターには新築の施設はないが、独自の特色を備えた海爾(ハイアール)グローバルイノベーションモデル研究センターを会場として選んだ。同研究センターの建物は、ファッショナブルかつロマンチックで青島の特色を備えている。中国山東省青島市で行われる上海協力機構(SCO)加盟国首脳理事会第18回会議(SCO青島サミット)のプレスセンターが6日から正式に開放され、登録した国内外の記者にサービスを提供する。紹介によると、プレスセンターは総面積が約3万5千平方メートル、証明書受領センター、インフォメーションカウンター、公共作業エリア、プレスリリースホール、会議取材、通信保障など29の作業チームを設け、メディア応対、取材、通信、交通、医療、セキュリティーなど全面的な保障を提供する。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2018052400362

    「新華社」 空から望む貴安新区貴州省  22日、貴安新区のハイエンド設備製造業産業パーク。(小型無人機で撮影)中国で8番目の国家級新区、貴州省貴陽市の貴安新区は「西部地域の重要な成長拠点」「内陸開放型経済の新領域」「生態文明モデル区」という三大戦略を支える位置づけにある。新華社ではこのほど、小型無人機で同地区の発展と変化を記録した。(貴陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2018052400331

    「新華社」 空から望む貴安新区貴州省  22日、貴安新区にある、電子機器メーカー富士康(貴州)の第4世代グリーン産業パーク。(小型無人機で撮影)中国で8番目の国家級新区、貴州省貴陽市の貴安新区は「西部地域の重要な成長拠点」「内陸開放型経済の新領域」「生態文明モデル区」という三大戦略を支える位置づけにある。新華社ではこのほど、小型無人機で同地区の発展と変化を記録した。(貴陽=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2018061100814

    「新華社」 【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔  上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が2000年に撮影した青島体育センター。(青島=新華社配信)下:2018年5月13日にドローンで撮影した青島体育センター。(青島=新華社記者/李紫恒)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2018061100793

    「新華社」 【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔  上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島港とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年5月7日にドローンで撮影した青島港とその周辺。(青島=新華社記者/郭緒雷)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2018061100816

    「新華社」 【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔  上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島・麦島とその周辺。(青島=新華社配信)下:5月4日にドローンで撮影した青島・麦島とその周辺。(青島=新華社記者/李紫恒)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2018061100778

    「新華社」 【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔  上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島桟橋とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年5月4日にドローンで撮影した青島桟橋とその周辺。(青島=新華社記者/李紫恒)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2018061100892

    「新華社」 【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔  上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島・団島とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年5月4日にドローンで撮影した青島・団島とその周辺。(青島=新華社記者/李紫恒)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2018061100805

    「新華社」 【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔  上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が2000年に撮影した青島・北海造船所(現在のオリンピックセーリングセンター)とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年4月16日にドローンで撮影した青島オリンピックセーリングセンターとその周辺。(青島=新華社記者/郭緒雷)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2018061100777

    「新華社」 【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔  上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島の五四広場とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年4月16日にドローンで撮影した青島の五四広場とその周辺。(青島=新華社記者/郭緒雷)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2018040400758

    「新華社」 春潮が岸を打ち、無数の船が行く-海南特区改革開放30年の記録  2017年6月15日、海南省文昌衛星発射センター。(ドローンで撮影)中国海南省では4月、木綿花が開花し、ブーゲンビリアが一斉に咲き誇る。南中国海の海辺を無数の船舶が航行し、改革開放の波のうねりはとどまることを知らない。中国最大の経済特区である海南経済特区は30年前、情勢に合わせ誕生した。30年の間、海南省は試行を重ね、改革開放のため歴史に残る数多くの探索の痕跡を刻んだ。広い大海原を帆船は流されることなくまっすぐ進み、春潮が湧く。新たな歴史のスタート地点に立ち「而立」の海南特区は再出発し、困難や障害を乗り越えて突き進み、全力を尽くし誰よりも先に成功をおさめる。(海口=新華社記者/楊冠宇)=2017(平成29)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2010080900649

    「セレ573」 家族承諾で脳死臓器提供へ  国立循環器病研究センター=9日午後、大阪府吹田市で共同通信社ヘリから

  34. 2010080900549

    家族承諾で脳死臓器提供へ  国立循環器病研究センター=9日午後、大阪府吹田市で共同通信社ヘリから

  35. 2006111800019

    【】  日産工場跡に商業施設 日産自動車の村山工場跡地にオープンした複合商業施設「ダイヤモンドシティ・ミュー」=18日午前、東京都武蔵村山市で共同通信社ヘリから

  36. 2006030800165

    【】  ミナミにヤマダ電機が進出 大阪・ミナミに開店する家電量販店のヤマダ電機(手前)。後方は電器店が集まる日本橋の一部=大阪市浪速区で共同通信社ヘリから

  37. 2019052200242

    「新華社」 天然ゴム農業の生産額、20年は90億元に雲南省  空から見た雲南農墾集団のゴム林。(資料写真)中国雲南省はゴムの栽培面積と生産量が中国トップで、国内最大のゴムの生産拠点となっている。同省工業・情報化庁はこのほど、「雲南省のゴム産業発展支持に関する実施案」を発表。2020年までに同省の天然ゴム農業の生産額を90億元(1元=約16円)とし、産業構造の最適化やゴム製品工業の発展、現代的マーケティングシステムの整備、国際市場における発言力の向上を進めるとしている。(昆明=新華社配信/雲南農墾集団提供)=2005(平成17)年9月12日、クレジット:雲南農墾集団/新華社/共同通信イメージズ

  38. 2005090300103

    【】  シャトル打ち上げ遅れか 超大型ハリケーン「カトリーナ」の暴風雨で屋根に穴が開いた、ニューオーリンズ近郊の米航空宇宙局(NASA)外部燃料タンク製造施設(NASA提供・共同)

  39. 1999022800089

     「表層深層」  空白埋まり新たな歴史  報道陣の待ち構えるなか、提供された心臓を運ぶ車が到着した大阪大病院=2月28日午後6時50分、大阪府吹田市山田丘で共同通信社ヘリから

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像