検索結果 1,205 件中 1 件 〜 50
  1. 2019101101772

    「新華社」 魅惑の都市チェンナイ  8日に撮影したチェンナイの南60キロに位置するマハーバリプラムの海岸寺院。インド南東部の海沿いに広がるチェンナイ(旧マドラス)は、ベンガル湾沿岸地域に位置する大都市の一つ。かつて南インドに栄えた王朝が都を構え、現在はインド第4の都市となっている。また、自動車産業が発達していることから「南アジアのデトロイト」とも呼ばれている。(チェンナイ=新華社記者/張迺傑)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019101101812

    「新華社」 魅惑の都市チェンナイ  8日に撮影したチェンナイの南60キロに位置するマハーバリプラムの海岸寺院。インド南東部の海沿いに広がるチェンナイ(旧マドラス)は、ベンガル湾沿岸地域に位置する大都市の一つ。かつて南インドに栄えた王朝が都を構え、現在はインド第4の都市となっている。また、自動車産業が発達していることから「南アジアのデトロイト」とも呼ばれている。(チェンナイ=新華社記者/張迺傑)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019101102190

    「新華社」 東風本田、累計生産500万台達成  23日、500万台目の車両完成を祝う式典を開いた東風本田汽車の第三工場。中国の東風汽車と日本の本田技研工業(ホンダ)の合弁会社、東風本田汽車はこのほど、湖北省武漢市にある第三工場で同社の500万台目の車両完成を祝う式典を開いた。(武漢=新華社配信/東風本田汽車提供)=2019(令和元)年9月23日、クレジット:東風本田汽車/新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019091205014

    「新華社」 世界コンピューター大会開幕湖南省長沙市  10日、世界コンピューター大会が開幕した湖南省長沙梅渓湖国際文化芸術センター。(小型無人機から)中国湖南省の長沙梅渓湖国際文化芸術センターで10日、湖南省人民政府、工業・情報化部が主催し、電子情報産業発展研究院、湖南省工業・情報化庁、長沙市人民政府が実施する2019世界コンピューター大会が盛大に開幕した。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019091204994

    「新華社」 世界コンピューター大会開幕湖南省長沙市  10日、世界コンピューター大会が開幕した湖南省長沙梅渓湖国際文化芸術センター。(小型無人機から)中国湖南省の長沙梅渓湖国際文化芸術センターで10日、湖南省人民政府、工業・情報化部が主催し、電子情報産業発展研究院、湖南省工業・情報化庁、長沙市人民政府が実施する2019世界コンピューター大会が盛大に開幕した。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019091205010

    「新華社」 世界コンピューター大会開幕湖南省長沙市  10日、世界コンピューター大会が開幕した湖南省長沙梅渓湖国際文化芸術センター。(小型無人機から)中国湖南省の長沙梅渓湖国際文化芸術センターで10日、湖南省人民政府、工業・情報化部が主催し、電子情報産業発展研究院、湖南省工業・情報化庁、長沙市人民政府が実施する2019世界コンピューター大会が盛大に開幕した。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019091205035

    「新華社」 世界コンピューター大会開幕湖南省長沙市  10日、世界コンピューター大会が開幕した湖南省長沙梅渓湖国際文化芸術センター。(小型無人機から)中国湖南省の長沙梅渓湖国際文化芸術センターで10日、湖南省人民政府、工業・情報化部が主催し、電子情報産業発展研究院、湖南省工業・情報化庁、長沙市人民政府が実施する2019世界コンピューター大会が盛大に開幕した。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019091204963

    「新華社」 世界コンピューター大会開幕湖南省長沙市  10日、世界コンピューター大会が開幕した湖南省長沙梅渓湖国際文化芸術センター。(小型無人機から)中国湖南省の長沙梅渓湖国際文化芸術センターで10日、湖南省人民政府、工業・情報化部が主催し、電子情報産業発展研究院、湖南省工業・情報化庁、長沙市人民政府が実施する2019世界コンピューター大会が盛大に開幕した。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019082603702

    「日刊自動車新聞」 曙ブレーキ工業本店(グローバル本社)  キーワード:曙ブレーキ工業、本店、グローバル本社、社屋=2019(令和元)年8月、東京都中央区、クレジット:日刊自動車新聞/共同通信イメージズ

  10. 2019082603703

    「日刊自動車新聞」 曙ブレーキ工業本店(グローバル本社)  キーワード:曙ブレーキ工業、本店、グローバル本社、社屋=2019(令和元)年8月、東京都中央区、クレジット:日刊自動車新聞/共同通信イメージズ

  11. 2019072903101

    国立感染症研究所村山庁舎  国立感染症研究所村山庁舎=東京都武蔵村山市で2019年7月29日午前9時4分、共同通信社ヘリから

  12. 2019072903086

    国立感染症研究所村山庁舎  国立感染症研究所村山庁舎=東京都武蔵村山市で2019年7月29日午前9時3分、共同通信社ヘリから

  13. 2019072903066

    国立感染症研究所村山庁舎 国立感染症研究所村山庁舎=東京都武蔵村山市で2019年7月29日午前9時5分、共同通信社ヘリから

  14. 2019072903023

    国立感染症研究所村山庁舎  国立感染症研究所村山庁舎=東京都武蔵村山市で2019年7月29日午前9時5分、共同通信社ヘリから

  15. 2019072902957

    国立感染症研究所村山庁舎  国立感染症研究所村山庁舎=東京都武蔵村山市で2019年7月29日午前9時5分、共同通信社ヘリから

  16. 2019080211143

    「新華社」 陽江原発、原子炉6基全て稼働  広東省陽江市東平鎮の陽江原発。(資料写真)中国の原発大手、中国広核電力(CGNパワー)は24日夜、傘下の陽江原子力発電所で建設されていた6号機の調整作業が全て完了し、商業運用の条件が整ったことから、同日より供給電力の統計を取り始めたと発表した。同原発では6基の原子炉全てが稼働したことになる。(深圳=新華社配信/中国広核集団提供)=2019(令和元)年7月19日、クレジット:中国広核集団/新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019072603564

    「日刊工業新聞」 NTTドコモの本社  本社外観=2019(令和元)年7月9日、東京都区千代田区の山王パークタワー、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  18. 2019072603541

    「日刊工業新聞」 NTTドコモの本社  本社外観=2019(令和元)年7月9日、東京都区千代田区の山王パークタワー、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  19. 2019072603581

    「日刊工業新聞」 NTTドコモの本社  本社外観=2019(令和元)年7月9日、東京都区千代田区の山王パークタワー、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  20. 2019072603551

    「日刊工業新聞」 NTTドコモの本社  本社外観=2019(令和元)年7月9日、東京都区千代田区の山王パークタワー、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  21. 2019072603536

    「日刊工業新聞」 NTTドコモの本社  本社外観=2019(令和元)年7月9日、東京都区千代田区の山王パークタワー、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  22. 2019072603537

    「日刊工業新聞」 NTTドコモの本社  本社外観=2019(令和元)年7月9日、東京都区千代田区の山王パークタワー、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  23. 2019070901500

    「新華社」 蘭州の重粒子線がん治療システム、運用開始へ  4日、完成した蘭州重離子医院の外来診療棟。中国の研究者が自主開発を進める甘粛省蘭州市の重粒子線がん治療システムは、既に調整・検査段階に入っており、今年末までに試験運用の条件を整え、蘭州重離子(重粒子線)医院で運用を開始する予定だ。(蘭州=新華社記者/梁軍)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019070205179

    「新華社」 チベットの小さな町で30年天体観測を続ける日本の学者  6月28日、羊八井宇宙線天文観測所の外観。チベット自治区のニェンチェンタンラ山の麓にある羊八井(ヤンパチェン)宇宙線天体観測所は、標高が高く平地に位置するため、国際的に重要な天体観測所となっている。中国は1980年代末、日本やイタリア、ドイツなどの研究機関と相次いで協力し、天体観測で顕著な強みを持つ羊八井に国際宇宙線観測所を建設した。日本の学者、大西宗博さんは1989年、初めて羊八井を訪れ、天体観測所の第1期実験建設作業に携わった。55歳になる大西さんは、大阪で生まれた自分がチベット高原で天体観測を行い、しかもそれを30年も続けていることを不思議に思う時があると語っている。(ラサ=新華社配信/翟留名)=2019(令和元)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019070205185

    「新華社」 チベットの小さな町で30年天体観測を続ける日本の学者  6月28日、羊八井宇宙線天文観測所の外観。チベット自治区のニェンチェンタンラ山の麓にある羊八井(ヤンパチェン)宇宙線天体観測所は、標高が高く平地に位置するため、国際的に重要な天体観測所となっている。中国は1980年代末、日本やイタリア、ドイツなどの研究機関と相次いで協力し、天体観測で顕著な強みを持つ羊八井に国際宇宙線観測所を建設した。日本の学者、大西宗博さんは1989年、初めて羊八井を訪れ、天体観測所の第1期実験建設作業に携わった。55歳になる大西さんは、大阪で生まれた自分がチベット高原で天体観測を行い、しかもそれを30年も続けていることを不思議に思う時があると語っている。(ラサ=新華社配信/翟留名)=2019(令和元)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019070304588

    「新華社」 北京大興国際空港、西管制塔が竣工引き渡し  25日にドローンで撮影した北京大興国際空港の西管制塔とターミナルビル。中国北京市で建設中の北京大興国際空港で25日、西管制塔が竣工検収に合格し、引渡された。西管制塔は将来、同空港で離着陸する7割以上の航空機への管制業務を担う。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(令和元)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019070304591

    「新華社」 北京大興国際空港、西管制塔が竣工引き渡し  25日にドローンで撮影した北京大興国際空港の西管制塔とターミナルビル。中国北京市で建設中の北京大興国際空港で25日、西管制塔が竣工検収に合格し、引渡された。西管制塔は将来、同空港で離着陸する7割以上の航空機への管制業務を担う。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(令和元)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019062804681

    「日刊工業新聞」 アプライドのHPCソリューションブース  アプライドは自社店舗に、人工知能(AI)システムや飛行ロボット(ドローン)など最新の情報通信機器を集めた常設ブースを設けた。IoT(モノのインターネット)製品開発のニーズに応える。起業が盛んな福岡で、ベンチャーや大学などの開発者が気軽に機器に触れられる接点を目指す。ブースは「HPC(ハイ・パフォーマンス・コンピューティング)ソリューション」と銘打ち、まずアプライド博多店(福岡市博多区)に開設した(写真)。ディープラーニング(深層学習)、高精細の4K・8K画像編集、CADなどに特化した高性能の自社製パソコンやAIを使ったソフトウエアなどを展示する。多店舗展開も視野に入れる。メーカーや商社の担当者が製品を紹介するセミナーも店舗で開く。関心を持った顧客が実機をブースで体験できるようにし購入につなげる。アプライドは福岡を地盤に、全国にパソコンやパソコン関連部品を販売する店舗「アプライド」を展開している。=2019(令和元)年6月12日、アプライド博多店、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  29. 2019062103563

    「新華社」 エチオピアの軽工業団地を訪ねて中国企業が建設・運営  12日、エチオピアの首都アディスアベバで撮影した華堅軽工業団地。(航空写真)中国の華堅集団が建設と運営を請け負ったエチオピアの華堅軽工業団地事業は敷地面積130ヘクタール余りで、2020年の完成予定。一部の工場は既に稼働している。軽工業団地の完成は、現地で3万人以上の雇用の提供を可能にするとともに、中国の軽工業企業の海外進出をけん引し、アフリカでの産業クラスターの発展を実現する役割も果たす。(アディスアベバ=新華社記者/王騰)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019062103578

    「新華社」 エチオピアの軽工業団地を訪ねて中国企業が建設・運営  12日、エチオピアの首都アディスアベバで撮影した華堅軽工業団地。(航空写真)中国の華堅集団が建設と運営を請け負ったエチオピアの華堅軽工業団地事業は敷地面積130ヘクタール余りで、2020年の完成予定。一部の工場は既に稼働している。軽工業団地の完成は、現地で3万人以上の雇用の提供を可能にするとともに、中国の軽工業企業の海外進出をけん引し、アフリカでの産業クラスターの発展を実現する役割も果たす。(アディスアベバ=新華社記者/王騰)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019062103460

    「日刊工業新聞」 NTTコムウェアのアジャイル開発新拠点  NTTコムウェアは7日、部分的な試行を幾度も繰り返しながらITシステムを生む「アジャイル(俊敏)開発」を円滑に実施できる新拠点を東京都品川区に開設した。10月からアジャイル開発人材の認定制度「コムウェア・トゥー・アジャイル」を始め、2021年にアジャイル人材を現状比5倍の1500人に増やす。新拠点「コムウェア・トゥー・スペース」は延べ床面積約300平方メートル。チームとしての仕事の進め方を重視するアジャイル開発手法「スクラム」を用いたシステム開発を円滑に行えるよう、6―8人で構成する開発チームがプロジェクト完了まで一つの机で仕事ができるスペースを7カ所設けた。=2019(令和元)年6月7日、東京都品川区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  32. 2019062103442

    「日刊工業新聞」 三菱ふそうトラック・バスの川崎工場トラック組み立てライン  三菱ふそうトラック・バスは2019年内にも、主力の川崎工場(川崎市中原区)のエンジン組み立てラインで、人工知能(AI)を活用して多様な仕様に対応しながら1本で組み立てられる新ラインを試験的に設ける。現在、小型と中大型エンジンでそれぞれラインを設けており、一本化した場合の効率性を確かめる。将来は、小型と中大型トラックに分かれている車両組み立てラインにも導入を検討する。三菱ふそうは生産効率化に向け「ラインの多方向レイアウト(多方向ライン)」を進めている。多方向ラインとは、出荷先の国による規制や需要に応じて複雑な加工などが必要な場合、AIを活用することで、仕様ごとの固有の工程を本ラインから枝分かれさせて作業を最適化する生産システム。枝分かれしたラインを本流に戻すことで複数のラインを一本化する。生産の効率化や工場スペースの有効活用などにもつながるとみている。まずエンジン組み立てラインで年内にも試験的に構築する。将来は別々になっている小型と中大型トラックの車両組み立てラインを多方向ラインとすることを想定しており、エンジン組み立てラインの試験を生かす。21年頃の量産化を計画する小型電気トラック生産での活用も想定する。2019(令和元)年6月6日、三菱ふそうトラック・バス川崎工場、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  33. 2019060402913

    「新華社」 中国のトラック配車アプリ最大手、建設銀行と提携  満幇集団の前身の一つである貴陽貨車幇科技有限公司。(資料写真)中国トラック配車アプリ最大手の満幇集団はこのほど、中国建設銀行と戦略的提携を結んだ。双方は荷主とトラック運転手に共通する課題を解決するため、取引プラットフォーム上に金融サービスシステムを構築する。中国の幹線道路の貨物輸送量と回転量は世界一であり、満幇のプラットフォーム上だけでも、認証登録しているトラック運転手は650万人、荷主は160万社に達している。しかし、多くの輸送事業主体は小規模で分散しており、信用情報データが不足し、リスク管理が難しいため、従来の金融サービスではこれらのグループのニーズに応えるのは困難だった。こうした業界の課題を解決するため、満幇は建設銀行と協力。プラットフォーム会員の取り引きや行動に関するデータの分析を通じて、リスク管理モデルを構築し、荷主と運転手に全てのプロセスやシーンを網羅する個別化した金融サービスを提供していく。サービス内容にはETCや給油、ローン、保険、修理などが含まれる。(貴陽=新華社配信/満幇集団提供)=撮影日不明、クレジット:満幇集団/新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  34. 2019042401085

    「新華社」 空から見た南京  19日に撮影した南京市玄武区の史跡「総統府」。(小型無人機から)南京市は中国江蘇省南西部、長江下流に位置する中国東部の中心都市で、全国的に重要な科学研究教育基地であり、また総合的な交通の要衝でもある。第一期の国家歴史文化名城と全国重点風景観光都市に指定されている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(平成31)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019042401086

    「新華社」 空から見た南京  19日に撮影した南京市玄武区の史跡「総統府」。(小型無人機から)南京市は中国江蘇省南西部、長江下流に位置する中国東部の中心都市で、全国的に重要な科学研究教育基地であり、また総合的な交通の要衝でもある。第一期の国家歴史文化名城と全国重点風景観光都市に指定されている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(平成31)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019042401092

    「新華社」 空から見た南京  19日、南京オリンピック・スポーツセンターの競技場。(小型無人機から)南京市は中国江蘇省南西部、長江下流に位置する中国東部の中心都市で、全国的に重要な科学研究教育基地であり、また総合的な交通の要衝でもある。第一期の国家歴史文化名城と全国重点風景観光都市に指定されている。(南京=新華社記者/李博)=2019(平成31)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019032803558

    「DPA」 National Museum opens in Qatar 27 March 2019, Qatar, Doha: A general view shows the exterior of the National Museum of Qatar on it‘s opening day. The building by French architect Jean Nouvel is inspired by the shape of desert roses, found in Qatar‘s arid desert regions. Photo: Sharil Babu/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  38. 2019032803728

    「DPA」 National Museum opens in Qatar 27 March 2019, Qatar, Doha: A general view shows the exterior of the National Museum of Qatar on it‘s opening day. The building by French architect Jean Nouvel is inspired by the shape of desert roses, found in Qatar‘s arid desert regions. Photo: Sharil Babu/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  39. 2019032803468

    「DPA」 National Museum opens in Qatar 27 March 2019, Qatar, Doha: A general view shows the exterior of the National Museum of Qatar on it‘s opening day. The building by French architect Jean Nouvel is inspired by the shape of desert roses, found in Qatar‘s arid desert regions. Photo: Sharil Babu/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  40. 2019032803701

    「DPA」 National Museum opens in Qatar 27 March 2019, Qatar, Doha: A general view shows the exterior of the National Museum of Qatar on it‘s opening day. The building by French architect Jean Nouvel is inspired by the shape of desert roses, found in Qatar‘s arid desert regions. Photo: Sharil Babu/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  41. 2019032803693

    「DPA」 National Museum opens in Qatar 27 March 2019, Qatar, Doha: A general view shows the exterior of the National Museum of Qatar on it‘s opening day. The building by French architect Jean Nouvel is inspired by the shape of desert roses, found in Qatar‘s arid desert regions. Photo: Sharil Babu/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  42. 2019032803743

    「DPA」 National Museum opens in Qatar 27 March 2019, Qatar, Doha: A general view shows the exterior of the National Museum of Qatar on it‘s opening day. The building by French architect Jean Nouvel is inspired by the shape of desert roses, found in Qatar‘s arid desert regions. Photo: Sharil Babu/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  43. 2019032902709

    「日刊工業新聞」 ソニーの本社  ソニーの本社外観=2019(平成31)年3月22日、東京都港区港湾のソニー本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  44. 2019032902718

    「日刊工業新聞」 ソニーの本社  ソニーの本社外観=2019(平成31)年3月22日、東京都港区港湾のソニー本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  45. 2019032902697

    「日刊工業新聞」 ソニーの本社  ソニーの本社外観=2019(平成31)年3月22日、東京都港区港湾のソニー本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  46. 2019032700448

    「新華社」 日立電梯、中国のビジネス環境改善の「加速具合」を実感  広州市にある日立電梯ハイテク産業区。(資料写真)中国市場と30年以上関わって来た日本企業の社員として、日立電梯(中国)有限公司(HitachiElevator(China)Co.,Ltd.)の水本真治総裁(62)は、中国の新たな外商投資法に大きな期待を寄せている。中国の立法機関は15日、「中華人民共和国外商投資法」を採択した。この法律は中国が改革開放当初に制定した「外資三法」に代わり、外国企業の投資分野における基本法となる。水本氏は「近年、推進されてきた『放管服』改革(行政簡素化と権限委譲、規制緩和と管理強化、行政サービスの最適化を目指す改革)によって、中国のビジネス環境は長足の進歩を遂げた。また、ネガティブリストのおかげで外資系企業も参入前内国民待遇を受けられるようになった。中国の外資への管理がますます円滑化・自由化し、安定的かつ透明で、予測可能な投資環境が作られることを期待する」と話す。(広州=新華社配信/日立電梯(中国)有限公司提供)=撮影日不明、クレジット:日立電梯(中国)有限公司/新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019032700487

    「新華社」 武田薬品、1億元以上投じ天津工場を拡張中国市場への革新的医薬品供給を加速  15日、武田薬品工業の天津工場。武田薬品工業は15日、中国天津市西青区にある工場の拡張を発表し、同時に着工式を行った。1億1千万元(1元=約17円)を投資する。同社にとって中国で唯一の生産基地である天津工場は拡張後、重要なグローバル生産拠点の一つとなり、中国市場に高品質な革新的医薬品を提供していく。(天津=新華社配信/武田薬品工業提供)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:武田薬品工業/新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019022106031

    「DPA」 Sunny weather at Kyffhauser 16 February 2019, Saxony-Anhalt, Kyffh舫serland: Emperor Barbarossa is braving below the Kyffh舫ser monument. The Kyffh舫ser Monument in honour of Kaiser Wilhelm I is the third largest national monument in Germany. Every year it is climbed by thousands of visitors. (Recorded with drone) Photo: Matthias Bein/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  49. 2019022105944

    「DPA」 Sunny weather at Kyffhauser 16 February 2019, Saxony-Anhalt, Kyffh舫serland: Emperor Barbarossa is braving below the Kyffh舫ser monument. The Kyffh舫ser Monument in honour of Kaiser Wilhelm I is the third largest national monument in Germany. Every year it is climbed by thousands of visitors. (Recorded with drone) Photo: Matthias Bein/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  50. 2019022106095

    「DPA」 Sunny weather at Kyffhauser 16 February 2019, Saxony-Anhalt, Kyffh舫serland: Emperor Barbarossa is braving below the Kyffh舫ser monument. The Kyffh舫ser Monument in honour of Kaiser Wilhelm I is the third largest national monument in Germany. Every year it is climbed by thousands of visitors. (Recorded with drone) Photo: Matthias Bein/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像