検索結果 36 件中 1 件 〜 36 件 "隔離病棟"
  1. 2020062303172

    Isolation field hospital built for coronavirus patients in Egypt 20 June 2020, Egypt, El Rahmaniya: Two men set up isolation wards inside a field hospital at the town of El Rahmaniya in the northern Egyptian Beheira Governorate, which was built through donations by locals to isolate and treat coronavirus patients. Operated by local volunteer nurses and doctors, the hospital was built after acquiring permission from authorities, however, it does not receive patients over 50 years of age or critical cases. Photo: Fadel Dawood/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  2. 2020062303287

    Isolation field hospital built for coronavirus patients in Egypt 20 June 2020, Egypt, El Rahmaniya: A man sets up an isolation ward inside a field hospital at the town of El Rahmaniya in the northern Egyptian Beheira Governorate, which was built through donations by locals to isolate and treat coronavirus patients. Operated by local volunteer nurses and doctors, the hospital was built after acquiring permission from authorities, however, it does not receive patients over 50 years of age or critical cases. Photo: Fadel Dawood/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  3. 2020062303193

    Isolation field hospital built for coronavirus patients in Egypt 20 June 2020, Egypt, El Rahmaniya: A man moves a tray past isolation wards inside a field hospital at the town of El Rahmaniya in the northern Egyptian Beheira Governorate, which was built through donations by locals to isolate and treat coronavirus patients. Operated by local volunteer nurses and doctors, the hospital was built after acquiring permission from authorities, however, it does not receive patients over 50 years of age or critical cases. Photo: Fadel Dawood/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  4. 2020062303185

    Isolation field hospital built for coronavirus patients in Egypt 20 June 2020, Egypt, El Rahmaniya: A tray with medical appliances is seen inside an isolation ward of a field hospital at the town of El Rahmaniya in the northern Egyptian Beheira Governorate, which was built through donations by locals to isolate and treat coronavirus patients. Operated by local volunteer nurses and doctors, the hospital was built after acquiring permission from authorities, however, it does not receive patients over 50 years of age or critical cases. Photo: Fadel Dawood/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  5. 2020062303290

    Isolation field hospital built for coronavirus patients in Egypt 20 June 2020, Egypt, El Rahmaniya: A man sorts a prayer rug, a copy of the holy Quran and other personal healthcare products inside an isolation ward of a field hospital at the town of El Rahmaniya in the northern Egyptian Beheira Governorate, which was built through donations by locals to isolate and treat coronavirus patients. Operated by local volunteer nurses and doctors, the hospital was built after acquiring permission from authorities, however, it does not receive patients over 50 years of age or critical cases. Photo: Fadel Dawood/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  6. 2020061206498

    Isolation stretcher for rescue helicopter “Christoph Niedersachsen 10 June 2020, Lower Saxony, Langenhagen: Hans-Peter Reiffen (l) and Florian Reifferscheid, both emergency physicians of the DRF Luftrettung, demonstrate the handling of a new isolation stretcher. The new stretcher makes it possible to transport patients as in an isolation ward. The patient lies under a transparent cover, can be connected to an intensive care ventilator via airtight accesses and can be monitored and treated simultaneously. Photo: Hauke-Christian Dittrich/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  7. 2020061206246

    Isolation stretcher for rescue helicopter “Christoph Niedersachsen 10 June 2020, Lower Saxony, Langenhagen: Boris Pistorius (SPD), Minister of the Interior of Lower Saxony, is facing a new isolation stretcher to be used in the rescue helicopter “Christoph Niedersachsen“. The new stretcher makes it possible to transport patients as if they were in an isolation ward. The patient lies under a transparent cover, can be connected to an intensive care ventilator via airtight accesses and can be monitored and treated at the same time. Photo: Hauke-Christian Dittrich/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  8. 2020061206234

    Isolation stretcher for rescue helicopter “Christoph Niedersachsen 10 June 2020, Lower Saxony, Langenhagen: The inscription “EpiShuttle“ is written on a new isolation stretcher, which will be used in future in the rescue helicopter “Christoph Niedersachsen“ of the DRF Luftrettung for the transfer of corona patients. The new stretcher makes it possible to transport patients as in an isolation ward. The patient lies under a transparent cover, can be connected to an intensive care ventilator via airtight accesses and can be monitored and treated simultaneously. Photo: Hauke-Christian Dittrich/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  9. 2020063005421

    Isolation stretcher for rescue helicopter “Christoph Niedersachsen 10 June 2020, Lower Saxony, Langenhagen: Hans-Peter Reiffen (r) and Florian Reifferscheid, both emergency physicians of the DRF Luftrettung, demonstrate the handling of a new isolation stretcher. The new stretcher makes it possible to transport patients as in an isolation ward. The patient lies under a transparent cover, can be connected to an intensive care ventilator via airtight accesses and can be monitored and treated simultaneously. Photo: Hauke-Christian Dittrich/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  10. 2020061205553

    Isolation stretcher for rescue helicopter “Christoph Niedersachsen 10 June 2020, Lower Saxony, Langenhagen: An emergency doctor standing next to an isolation stretcher wears the logo of the DRF Luftrettung on the sleeve of his jacket. The novel stretcher makes it possible to transport patients as in an isolation ward. The patient lies under a transparent cover, can be connected to an intensive care ventilator via airtight accesses and can be monitored and treated simultaneously. Photo: Hauke-Christian Dittrich/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  11. 2020061205739

    Isolation stretcher for rescue helicopter “Christoph Niedersachsen 10 June 2020, Lower Saxony, Langenhagen: Peter Althoff (l), pilot of the rescue helicopter “Christoph Niedersachsen“, and Katja Nickel, emergency physician of the DRF Luftrettung, demonstrate the handling of a new isolation stretcher. The new stretcher makes it possible to transport patients as in an isolation ward. The patient lies under a transparent cover, can be connected to an intensive care ventilator via airtight accesses and can be monitored and treated simultaneously. Photo: Hauke-Christian Dittrich/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  12. 2020061206430

    Isolation stretcher for rescue helicopter “Christoph Niedersachsen 10 June 2020, Lower Saxony, Langenhagen: Roman Wallraf (l-r), emergency paramedic, Katja Nickel, emergency physician of the DRF Luftrettung, and Peter Althoff, pilot of the rescue helicopter “Christoph Niedersachsen“, demonstrate the handling of a new isolation stretcher. The new stretcher makes it possible to transport patients as in an isolation ward. The patient lies under a transparent cover, can be connected to an intensive care ventilator via airtight accesses and can be monitored and treated simultaneously. Photo: Hauke-Christian Dittrich/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  13. 2020061205727

    Isolation stretcher for rescue helicopter “Christoph Niedersachsen 10 June 2020, Lower Saxony, Langenhagen: Hans-Peter Reiffen (r) and Florian Reifferscheid, both emergency physicians of the DRF Luftrettung, demonstrate the handling of a new isolation stretcher. The new stretcher makes it possible to transport patients as in an isolation ward. The patient lies under a transparent cover, can be connected to an intensive care ventilator via airtight accesses and can be monitored and treated simultaneously. Photo: Hauke-Christian Dittrich/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  14. 2020061205919

    Isolation stretcher for rescue helicopter “Christoph Niedersachsen 10 June 2020, Lower Saxony, Langenhagen: Boris Pistorius (SPD), Minister of the Interior of Lower Saxony, arrives with a mouth-nose cover to present a new isolation stretcher to be used in the rescue helicopter “Christoph Niedersachsen“. The new stretcher makes it possible to transport patients as in an isolation ward. The patient lies under a transparent cover, can be connected to an intensive care ventilator via airtight accesses and can be monitored and treated simultaneously. Photo: Hauke-Christian Dittrich/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  15. 2020061206017

    Isolation stretcher for rescue helicopter “Christoph Niedersachsen 10 June 2020, Lower Saxony, Langenhagen: An air filter and an opening are mounted on the insulation stretcher “EpiShuttle“, which will be used in future in the rescue helicopter “Christoph Niedersachsen“ of the DRF Luftrettung for the transfer of corona patients. The new stretcher makes it possible to transport patients as in an isolation ward. The patient lies under a transparent cover, can be connected to an intensive care ventilator via airtight accesses and can be monitored and treated simultaneously. Photo: Hauke-Christian Dittrich/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  16. 2020021406862

    新型肺炎、感染拡大  キーワード:新型コロナウイルス、新型肺炎、感染拡大、中国、武漢、医療関係者、A medical staff works in the negative-pressure isolation ward in Jinyintan Hospital, designated for critical COVID-19 patients, in Wuhan in central China‘s Hubei province Thursday, Feb. 13, 2020. The city reported 13,436 new cases of COVID-19 Feb. 12, a big jump after the city combed communities for patients and expanded the capacity to take them in. (Newscom TagID: featurechinapix120378.jpg) [Photo via Newscom]、クレジット:Feature China/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  17. 2020021406866

    新型肺炎、感染拡大  キーワード:新型コロナウイルス、新型肺炎、感染拡大、中国、武漢、医療関係者、Two medical staff work in the negative-pressure isolation ward in Jinyintan Hospital, designated for critical COVID-19 patients, in Wuhan in central China‘s Hubei province Thursday, Feb. 13, 2020. The city reported 13,436 new cases of COVID-19 Feb. 12, a big jump after the city combed communities for patients and expanded the capacity to take them in. (Newscom TagID: featurechinapix120381.jpg) [Photo via Newscom]、クレジット:Feature China/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  18. 2020021406864

    新型肺炎、感染拡大  キーワード:新型コロナウイルス、新型肺炎、感染拡大、中国、武漢、医療関係者、A doctor puts on the isolation outfit before entering the negative-pressure isolation ward in Jinyintan Hospital, designated for critical COVID-19 patients, in Wuhan in central China‘s Hubei province Thursday, Feb. 13, 2020. The city reported 13,436 new cases of COVID-19 Feb. 12, a big jump after the city combed communities for patients and expanded the capacity to take them in. (Newscom TagID: featurechinapix120359.jpg) [Photo via Newscom]、クレジット:Feature China/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  19. 2020021406867

    新型肺炎、感染拡大  キーワード:新型コロナウイルス、新型肺炎、感染拡大、中国、武漢、医療関係者、Two medical staff work in the negative-pressure isolation ward in Jinyintan Hospital, designated for critical COVID-19 patients, in Wuhan in central China‘s Hubei province Thursday, Feb. 13, 2020. The city reported 13,436 new cases of COVID-19 Feb. 12, a big jump after the city combed communities for patients and expanded the capacity to take them in. (Newscom TagID: featurechinapix120388.jpg) [Photo via Newscom]、クレジット:Feature China/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  20. 2020021409865

    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市  11日、消毒ロボットの改造、調整を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020021409951

    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市  11日、消毒ロボットの改造、調整を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020021409909

    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市  11日、第2世代消毒ロボットの調整を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020021409892

    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市  11日、消毒ロボットの改造、調整を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020021409915

    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市  11日、初代消毒ロボットの改造と改善を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020021409916

    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市  11日、消毒ロボットの改造、調整を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020021409853

    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市  11日、消毒ロボットの改造、調整を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020021409855

    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市  11日、第2世代消毒ロボットの調整を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020021409934

    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市  11日、第2世代消毒ロボットのテスト調整を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020021409898

    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市  11日、第2世代消毒ロボットの調整を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020021001215

    AIが参戦医療ロボット「小白」が武漢の救援に  7日、武漢市第三病院の重症者病棟で、隔離病室の外から「小白」を通じて室内の様子を確認する医師。中国上海市から湖北省武漢市へ派遣された第3陣の医療チームは7日、上海交通大学医学部呉韜(ご・とう)副学部長率いる研究チームが寄贈した、人工知能(AI)搭載の医療用ロボット「AirFace」2台を受け取った。ロボットは同研究チームが自主開発し、中国国内で特許を取得しており、顔認証や自然言語処理、遠隔操作などの機能を備えている。研究者や医療従事者の間で「小白(シャオバイ)」の愛称で親しまれ、現在、医療チームの派遣先である武漢市第三病院の重症者病棟に「勤務」している。隔離病棟に配属された小白は専門家の「分身」になることが可能。専門家がスマートフォンやタブレット、パソコンからAirFaceのシステムにログインすると、遠隔操作でロボットの前後左右の移動や、頭部にあるカメラレンズの方向を上下に調節したり旋回させることができる。これにより、医療従事者は最大限の視野で、隔離病室にいる患者の観察と診療が可能となり、患者と医療従事者間の交差感染の防止にもつながっている。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020021001218

    AIが参戦医療ロボット「小白」が武漢の救援に  7日、武漢市第三病院の重症者病棟で、「小白」を通じて医療従事者とやりとりする立ち会い診察の専門家。中国上海市から湖北省武漢市へ派遣された第3陣の医療チームは7日、上海交通大学医学部呉韜(ご・とう)副学部長率いる研究チームが寄贈した、人工知能(AI)搭載の医療用ロボット「AirFace」2台を受け取った。ロボットは同研究チームが自主開発し、中国国内で特許を取得しており、顔認証や自然言語処理、遠隔操作などの機能を備えている。研究者や医療従事者の間で「小白(シャオバイ)」の愛称で親しまれ、現在、医療チームの派遣先である武漢市第三病院の重症者病棟に「勤務」している。隔離病棟に配属された小白は専門家の「分身」になることが可能。専門家がスマートフォンやタブレット、パソコンからAirFaceのシステムにログインすると、遠隔操作でロボットの前後左右の移動や、頭部にあるカメラレンズの方向を上下に調節したり旋回させることができる。これにより、医療従事者は最大限の視野で、隔離病室にいる患者の観察と診療が可能となり、患者と医療従事者間の交差感染の防止にもつながっている。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020021001168

    AIが参戦医療ロボット「小白」が武漢の救援に  7日、武漢市第三病院の重症者病棟に登場した「小白」。中国上海市から湖北省武漢市へ派遣された第3陣の医療チームは7日、上海交通大学医学部呉韜(ご・とう)副学部長率いる研究チームが寄贈した、人工知能(AI)搭載の医療用ロボット「AirFace」2台を受け取った。ロボットは同研究チームが自主開発し、中国国内で特許を取得しており、顔認証や自然言語処理、遠隔操作などの機能を備えている。研究者や医療従事者の間で「小白(シャオバイ)」の愛称で親しまれ、現在、医療チームの派遣先である武漢市第三病院の重症者病棟に「勤務」している。隔離病棟に配属された小白は専門家の「分身」になることが可能。専門家がスマートフォンやタブレット、パソコンからAirFaceのシステムにログインすると、遠隔操作でロボットの前後左右の移動や、頭部にあるカメラレンズの方向を上下に調節したり旋回させることができる。これにより、医療従事者は最大限の視野で、隔離病室にいる患者の観察と診療が可能となり、患者と医療従事者間の交差感染の防止にもつながっている。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020021001133

    AIが参戦医療ロボット「小白」が武漢の救援に  7日、武漢市第三病院の重症者病棟で、「小白」を通じて隔離区域外の様子を確認する隔離病室内の医療従事者。中国上海市から湖北省武漢市へ派遣された第3陣の医療チームは7日、上海交通大学医学部呉韜(ご・とう)副学部長率いる研究チームが寄贈した、人工知能(AI)搭載の医療用ロボット「AirFace」2台を受け取った。ロボットは同研究チームが自主開発し、中国国内で特許を取得しており、顔認証や自然言語処理、遠隔操作などの機能を備えている。研究者や医療従事者の間で「小白(シャオバイ)」の愛称で親しまれ、現在、医療チームの派遣先である武漢市第三病院の重症者病棟に「勤務」している。隔離病棟に配属された小白は専門家の「分身」になることが可能。専門家がスマートフォンやタブレット、パソコンからAirFaceのシステムにログインすると、遠隔操作でロボットの前後左右の移動や、頭部にあるカメラレンズの方向を上下に調節したり旋回させることができる。これにより、医療従事者は最大限の視野で、隔離病室にいる患者の観察と診療が可能となり、患者と医療従事者間の交差感染の防止にもつながっている。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020021001231

    AIが参戦医療ロボット「小白」が武漢の救援に  7日、武漢市第三病院の重症者病棟で、「小白」と記念撮影する担当の医療従事者。中国上海市から湖北省武漢市へ派遣された第3陣の医療チームは7日、上海交通大学医学部呉韜(ご・とう)副学部長率いる研究チームが寄贈した、人工知能(AI)搭載の医療用ロボット「AirFace」2台を受け取った。ロボットは同研究チームが自主開発し、中国国内で特許を取得しており、顔認証や自然言語処理、遠隔操作などの機能を備えている。研究者や医療従事者の間で「小白(シャオバイ)」の愛称で親しまれ、現在、医療チームの派遣先である武漢市第三病院の重症者病棟に「勤務」している。隔離病棟に配属された小白は専門家の「分身」になることが可能。専門家がスマートフォンやタブレット、パソコンからAirFaceのシステムにログインすると、遠隔操作でロボットの前後左右の移動や、頭部にあるカメラレンズの方向を上下に調節したり旋回させることができる。これにより、医療従事者は最大限の視野で、隔離病室にいる患者の観察と診療が可能となり、患者と医療従事者間の交差感染の防止にもつながっている。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020021001136

    AIが参戦医療ロボット「小白」が武漢の救援に  7日、武漢市第三病院の重症者病棟で、「小白」を通して担当の医療従事者とやりとりする患者。中国上海市から湖北省武漢市へ派遣された第3陣の医療チームは7日、上海交通大学医学部呉韜(ご・とう)副学部長率いる研究チームが寄贈した、人工知能(AI)搭載の医療用ロボット「AirFace」2台を受け取った。ロボットは同研究チームが自主開発し、中国国内で特許を取得しており、顔認証や自然言語処理、遠隔操作などの機能を備えている。研究者や医療従事者の間で「小白(シャオバイ)」の愛称で親しまれ、現在、医療チームの派遣先である武漢市第三病院の重症者病棟に「勤務」している。隔離病棟に配属された小白は専門家の「分身」になることが可能。専門家がスマートフォンやタブレット、パソコンからAirFaceのシステムにログインすると、遠隔操作でロボットの前後左右の移動や、頭部にあるカメラレンズの方向を上下に調節したり旋回させることができる。これにより、医療従事者は最大限の視野で、隔離病室にいる患者の観察と診療が可能となり、患者と医療従事者間の交差感染の防止にもつながっている。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020021001229

    AIが参戦医療ロボット「小白」が武漢の救援に  7日、武漢市第三病院の重症者病棟で、隔離病室の外から「小白」を通じて室内の様子を確認する医師。中国上海市から湖北省武漢市へ派遣された第3陣の医療チームは7日、上海交通大学医学部呉韜(ご・とう)副学部長率いる研究チームが寄贈した、人工知能(AI)搭載の医療用ロボット「AirFace」2台を受け取った。ロボットは同研究チームが自主開発し、中国国内で特許を取得しており、顔認証や自然言語処理、遠隔操作などの機能を備えている。研究者や医療従事者の間で「小白(シャオバイ)」の愛称で親しまれ、現在、医療チームの派遣先である武漢市第三病院の重症者病棟に「勤務」している。隔離病棟に配属された小白は専門家の「分身」になることが可能。専門家がスマートフォンやタブレット、パソコンからAirFaceのシステムにログインすると、遠隔操作でロボットの前後左右の移動や、頭部にあるカメラレンズの方向を上下に調節したり旋回させることができる。これにより、医療従事者は最大限の視野で、隔離病室にいる患者の観察と診療が可能となり、患者と医療従事者間の交差感染の防止にもつながっている。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像