検索結果 185 件中 1 件 〜 50 件 "open"
  1. 2019091100055

    「超大型ロケット砲」試射  11日付の北朝鮮の労働新聞が掲載した、「超大型ロケット砲」の試射と、視察する金正恩朝鮮労働党委員長の写真(コリアメディア提供・共同)

  2. 2019091205086

    「新華社」 中国の科学者、クエーサーのエネルギーの秘密を解明  クエーサーの降着円盤におけるインフローのメカニズムを表した図。中国科学技術大学はこのほど、同大学と中国極地研究センターの研究チームが、宇宙で最も明るい天体であるクエーサーの降着円盤にエネルギーを供給する流れ(インフロー)を初めて確認し、クエーサーの構造解析における空白の一部を埋めたことを明らかにした。研究結果は英科学誌「ネイチャー」に掲載された。(合肥=新華社配信/研究チーム提供)=撮影日不明、クレジット:研究チーム/新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019082500048

    「超大型ロケット砲」試射  25日付の労働新聞が掲載した「ロケット砲」の試射の写真(コリアメディア提供・共同)

  4. 2019082500047

    「超大型ロケット砲」試射  「ロケット砲」の試射を現地指導する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長を1面に掲載した25日付の労働新聞(コリアメディア提供・共同)

  5. 2019090500983

    「新華社」 金正恩氏、新型ロケット砲の試射を指導  24日、新開発した超大型ロケット砲の試射を指導する金正恩氏(中央)。朝鮮中央通信は25日、同国の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)氏が24日、新たに開発された超大型ロケット砲の試射を指導したと報じた。試射は成功したという。(平壌=新華社配信/朝鮮中央通信提供)=2019(令和元)年8月24日、クレジット:朝鮮中央通信/新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019090500991

    「新華社」 金正恩氏、新型ロケット砲の試射を指導  24日、朝鮮(北朝鮮)が試射した新開発の超大型ロケット砲。朝鮮中央通信は25日、同国の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)氏が24日、新たに開発された超大型ロケット砲の試射を指導したと報じた。試射は成功したという。(平壌=新華社配信/朝鮮中央通信提供)=2019(令和元)年8月24日、クレジット:朝鮮中央通信/新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019090500988

    「新華社」 金正恩氏、新型ロケット砲の試射を指導  24日、朝鮮(北朝鮮)が試射した新開発の超大型ロケット砲。朝鮮中央通信は25日、同国の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)氏が24日、新たに開発された超大型ロケット砲の試射を指導したと報じた。試射は成功したという。(平壌=新華社配信/朝鮮中央通信提供)=2019(令和元)年8月24日、クレジット:朝鮮中央通信/新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019080300076

    正恩氏「望んでいた兵器」  多連装ロケット砲の試射を視察する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(中央)。3日付の労働新聞が一部にモザイク処理を施した写真を掲載した(コリアメディア提供・共同)

  9. 2019080300075

    正恩氏「望んでいた兵器」  多連装ロケット砲の試射を視察する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(中央)。3日付の労働新聞が掲載した(コリアメディア提供・共同)

  10. 2019080211171

    「新華社」 「北理工1号」衛星打ち上げ成功「帆球」技術を検証  軌道上で「帆球」技術を利用してソーラーパネルを広げる「北理工1号」のイメージ図。(資料写真)中国の北京理工大学が開発を主導した衛星「北理工1号」が25日、民間ロケット企業の北京星際栄耀空間科技が製造した運搬ロケット「双曲線1号遥1」(SQX-1Y1)に搭載され、酒泉衛星発射センターからの打ち上げに成功した。同大学によると、この科学技術検証用マイクロ衛星は、宇宙で一連の科学研究検証任務を実施する。(北京=新華社配信/北京理工大学提供)=撮影日不明、クレジット:北京理工大学/新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019080211186

    「新華社」 「北理工1号」衛星打ち上げ成功「帆球」技術を検証  打ち上げ前の「北理工1号」。(資料写真)中国の北京理工大学が開発を主導した衛星「北理工1号」が25日、民間ロケット企業の北京星際栄耀空間科技が製造した運搬ロケット「双曲線1号遥1」(SQX-1Y1)に搭載され、酒泉衛星発射センターからの打ち上げに成功した。同大学によると、この科学技術検証用マイクロ衛星は、宇宙で一連の科学研究検証任務を実施する。(北京=新華社配信/北京理工大学提供)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:北京理工大学/新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019080211156

    「新華社」 「北理工1号」衛星打ち上げ成功「帆球」技術を検証  打ち上げ前の「北理工1号」。(資料写真)中国の北京理工大学が開発を主導した衛星「北理工1号」が25日、民間ロケット企業の北京星際栄耀空間科技が製造した運搬ロケット「双曲線1号遥1」(SQX-1Y1)に搭載され、酒泉衛星発射センターからの打ち上げに成功した。同大学によると、この科学技術検証用マイクロ衛星は、宇宙で一連の科学研究検証任務を実施する。(北京=新華社配信/北京理工大学提供)=2019(令和元)年7月14日、クレジット:北京理工大学/新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019060402907

    「新華社」 中国開発の係留気球、高度7003メートルに到達  23日、順調に上昇する係留気球「極目1号」。中国の係留気球「極目1号」が23日未明、チベット自治区の湖ナムツォ(納木錯)で上空7003メートルの高さにまで上昇し、同型、同容量の気球の高度世界記録を達成した。「極目1号」は中国科学院空天(航空宇宙)情報研究院が新技術を用い開発し、このほど始められた第2回青海チベット高原総合科学調査研究に正式に投入され、今回の記録を達成した。同研究院が23日明らかにした。(北京=新華社配信/中国科学院空天情報研究院提供)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:中国科学院空天情報研究院/新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019060402929

    「新華社」 中国開発の係留気球、高度7003メートルに到達  23日、順調に上昇する係留気球「極目1号」。中国の係留気球「極目1号」が23日未明、チベット自治区の湖ナムツォ(納木錯)で上空7003メートルの高さにまで上昇し、同型、同容量の気球の高度世界記録を達成した。「極目1号」は中国科学院空天(航空宇宙)情報研究院が新技術を用い開発し、このほど始められた第2回青海チベット高原総合科学調査研究に正式に投入され、今回の記録を達成した。同研究院が23日明らかにした。(北京=新華社配信/中国科学院空天情報研究院提供)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:中国科学院空天情報研究院/新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019060403008

    「新華社」 中国開発の係留気球、高度7003メートルに到達  23日、ナムツォのほとりで撮影した係留気球「極目1号」。中国の係留気球「極目1号」が23日未明、チベット自治区の湖ナムツォ(納木錯)で上空7003メートルの高さにまで上昇し、同型、同容量の気球の高度世界記録を達成した。「極目1号」は中国科学院空天(航空宇宙)情報研究院が新技術を用い開発し、このほど始められた第2回青海チベット高原総合科学調査研究に正式に投入され、今回の記録を達成した。同研究院が23日明らかにした。(北京=新華社配信/中国科学院空天情報研究院提供)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:中国科学院空天情報研究院/新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019060403010

    「新華社」 中国開発の係留気球、高度7003メートルに到達  23日、順調に上昇する係留気球「極目1号」。中国の係留気球「極目1号」が23日未明、チベット自治区の湖ナムツォ(納木錯)で上空7003メートルの高さにまで上昇し、同型、同容量の気球の高度世界記録を達成した。「極目1号」は中国科学院空天(航空宇宙)情報研究院が新技術を用い開発し、このほど始められた第2回青海チベット高原総合科学調査研究に正式に投入され、今回の記録を達成した。同研究院が23日明らかにした。(北京=新華社配信/中国科学院空天情報研究院提供)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:中国科学院空天情報研究院/新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019042202032

    「新華社」 火星生活体験施設「火星1号基地」がオープン甘粛省金昌市  17日、「火星1号基地」の模擬居住区域で行われたオープニングセレモニー。中国甘粛省金昌市金川(きんせん)区寧遠堡(ねいえんほ)鎮で17日、実際の宇宙空間に基づいて建設された「火星1号基地」がオープンした。100人余りの来場者が、着陸機見学や地形観察、ウォーキングといったレジャー活動を通じて、火星での生活を一足先に「体験」した。(金昌=新華社記者/范培珅)=2019(平成31)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019042202147

    「新華社」 火星生活体験施設「火星1号基地」がオープン甘粛省金昌市  17日、「火星1号基地」の模擬居住区域で、科学技術に関心を持つ生徒に「宇宙服」について説明するスタッフ。中国甘粛省金昌市金川(きんせん)区寧遠堡(ねいえんほ)鎮で17日、実際の宇宙空間に基づいて建設された「火星1号基地」がオープンした。100人余りの来場者が、着陸機見学や地形観察、ウォーキングといったレジャー活動を通じて、火星での生活を一足先に「体験」した。(金昌=新華社記者/范培珅)=2019(平成31)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019041809428

    「新華社」 中国の科学者ら、66億光年先から届いた「マグネター」の光を発見  遠く離れた宇宙にあるマグネターのイメージ図。(資料写真)中国科学技術大学の薛永泉(せつ・えいせん)教授らはこのほど、約7時間続く特殊なX線放射信号を発見し、この信号が約66億光年先から届いたことを解明した。研究成果は11日、英科学誌「ネイチャー」のオンライン版に掲載された。薛氏は、この信号がこれまで理論的推測の中でしか存在しなかった新しいX線放射信号だと説明。マグネターが連星中性子星の合体から直接誕生した可能性があることを世界で初めて実証したと述べた。(合肥=新華社配信/薛永泉氏提供)=撮影日不明、クレジット:薛永泉氏/新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019042202029

    「新華社」 火星生活体験施設「火星1号基地」がオープン甘粛省金昌市  17日、「火星1号基地」の模擬居住区域で、科学技術に関心を持つ生徒に貯蔵室の機能を説明するスタッフ。中国甘粛省金昌市金川(きんせん)区寧遠堡(ねいえんほ)鎮で17日、実際の宇宙空間に基づいて建設された「火星1号基地」がオープンした。100人余りの来場者が、着陸機見学や地形観察、ウォーキングといったレジャー活動を通じて、火星での生活を一足先に「体験」した。(金昌=新華社記者/范培珅)=2019(平成31)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019042202035

    「新華社」 火星生活体験施設「火星1号基地」がオープン甘粛省金昌市  17日、「火星1号基地」の中央制御室から出てきたスタッフ。中国甘粛省金昌市金川(きんせん)区寧遠堡(ねいえんほ)鎮で17日、実際の宇宙空間に基づいて建設された「火星1号基地」がオープンした。100人余りの来場者が、着陸機見学や地形観察、ウォーキングといったレジャー活動を通じて、火星での生活を一足先に「体験」した。(金昌=新華社記者/范培珅)=2019(平成31)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019042202062

    「新華社」 火星生活体験施設「火星1号基地」がオープン甘粛省金昌市  17日、上空から見た「火星1号基地」の模擬居住区域。(小型無人機から)中国甘粛省金昌市金川(きんせん)区寧遠堡(ねいえんほ)鎮で17日、実際の宇宙空間に基づいて建設された「火星1号基地」がオープンした。100人余りの来場者が、着陸機見学や地形観察、ウォーキングといったレジャー活動を通じて、火星での生活を一足先に「体験」した。(金昌=新華社記者/范培珅)=2019(平成31)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019022701282

    「新華社」 探査機「はやぶさ2」、小惑星「リュウグウ」に着陸  探査機「はやぶさ2」の小惑星「リュウグウ」着陸についての想像図。日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した探査機「はやぶさ2」は22日午前7時48分(北京時間同6時48分)、小惑星「リュウグウ」の表面への着陸に成功し、小惑星の表面から岩石標本を採取して、直後に離陸した。(東京=新華社配信/日本の宇宙航空研究開発機構提供)=2019(平成31)年2月22日、クレジット:JAXA/新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019022701309

    「新華社」 探査機「はやぶさ2」、小惑星「リュウグウ」に着陸  探査機「はやぶさ2」が着陸に先立って、撮影した小惑星「リュウグウ」。日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した探査機「はやぶさ2」は22日午前7時48分(北京時間同6時48分)、小惑星「リュウグウ」の表面への着陸に成功し、小惑星の表面から岩石標本を採取して、直後に離陸した。(東京=新華社配信/日本の宇宙航空研究開発機構提供)=2019(平成31)年2月22日、クレジット:JAXA/新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019021900957

    「新華社」 嫦娥4号の着陸地点、「天河基地」と命名  クレーター「河鼓」の画像。中国国家航天局と中国科学院、国際天文学連合(IAU)は15日、記者会見を開き、先月初めに世界初となる月の裏側への着陸に成功した中国の月探査機「嫦娥4号」の着陸地点を「天河基地」と命名したと発表した。また着陸地点の周囲に三角形を作るように並ぶ三つのクレーターを「織女」「河鼓」「天津」、着陸したフォン・カルマン・クレーターの中央峰を「泰山」と命名した。記者会見によると、月探査プロジェクト「嫦娥2号」と「嫦娥4号」の高解像度月面映像データを利用して申請した「嫦娥4号」の着陸地点を含む五つの地点に対する名称は4日、IAUに承認された。これにより、中国の月探査プロジェクトはその科学的データが月面の地理実体の命名において活用され、新たな重要な成果を収めた。(北京=新華社配信/中国国家航天局提供)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:中国国家航天局/新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019021900955

    「新華社」 嫦娥4号の着陸地点、「天河基地」と命名  クレーター「織女」の画像。中国国家航天局と中国科学院、国際天文学連合(IAU)は15日、記者会見を開き、先月初めに世界初となる月の裏側への着陸に成功した中国の月探査機「嫦娥4号」の着陸地点を「天河基地」と命名したと発表した。また着陸地点の周囲に三角形を作るように並ぶ三つのクレーターを「織女」「河鼓」「天津」、着陸したフォン・カルマン・クレーターの中央峰を「泰山」と命名した。記者会見によると、月探査プロジェクト「嫦娥2号」と「嫦娥4号」の高解像度月面映像データを利用して申請した「嫦娥4号」の着陸地点を含む五つの地点に対する名称は4日、IAUに承認された。これにより、中国の月探査プロジェクトはその科学的データが月面の地理実体の命名において活用され、新たな重要な成果を収めた。(北京=新華社配信/中国国家航天局提供)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:中国国家航天局/新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019021900931

    「新華社」 嫦娥4号の着陸地点、「天河基地」と命名  クレーター「天津」の画像。中国国家航天局と中国科学院、国際天文学連合(IAU)は15日、記者会見を開き、先月初めに世界初となる月の裏側への着陸に成功した中国の月探査機「嫦娥4号」の着陸地点を「天河基地」と命名したと発表した。また着陸地点の周囲に三角形を作るように並ぶ三つのクレーターを「織女」「河鼓」「天津」、着陸したフォン・カルマン・クレーターの中央峰を「泰山」と命名した。記者会見によると、月探査プロジェクト「嫦娥2号」と「嫦娥4号」の高解像度月面映像データを利用して申請した「嫦娥4号」の着陸地点を含む五つの地点に対する名称は4日、IAUに承認された。これにより、中国の月探査プロジェクトはその科学的データが月面の地理実体の命名において活用され、新たな重要な成果を収めた。(北京=新華社配信/中国国家航天局提供)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:中国国家航天局/新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019021900956

    「新華社」 嫦娥4号の着陸地点、「天河基地」と命名  フォン・カルマン・クレーターの中央峰「泰山」の画像。中国国家航天局と中国科学院、国際天文学連合(IAU)は15日、記者会見を開き、先月初めに世界初となる月の裏側への着陸に成功した中国の月探査機「嫦娥4号」の着陸地点を「天河基地」と命名したと発表した。また着陸地点の周囲に三角形を作るように並ぶ三つのクレーターを「織女」「河鼓」「天津」、着陸したフォン・カルマン・クレーターの中央峰を「泰山」と命名した。記者会見によると、月探査プロジェクト「嫦娥2号」と「嫦娥4号」の高解像度月面映像データを利用して申請した「嫦娥4号」の着陸地点を含む五つの地点に対する名称は4日、IAUに承認された。これにより、中国の月探査プロジェクトはその科学的データが月面の地理実体の命名において活用され、新たな重要な成果を収めた。(北京=新華社配信/中国国家航天局提供)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:中国国家航天局/新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019021900982

    「新華社」 嫦娥4号の着陸地点、「天河基地」と命名  「嫦娥4号」の着陸地点と周辺の命名された地点の位置を示す画像。中国国家航天局と中国科学院、国際天文学連合(IAU)は15日、記者会見を開き、先月初めに世界初となる月の裏側への着陸に成功した中国の月探査機「嫦娥4号」の着陸地点を「天河基地」と命名したと発表した。また着陸地点の周囲に三角形を作るように並ぶ三つのクレーターを「織女」「河鼓」「天津」、着陸したフォン・カルマン・クレーターの中央峰を「泰山」と命名した。記者会見によると、月探査プロジェクト「嫦娥2号」と「嫦娥4号」の高解像度月面映像データを利用して申請した「嫦娥4号」の着陸地点を含む五つの地点に対する名称は4日、IAUに承認された。これにより、中国の月探査プロジェクトはその科学的データが月面の地理実体の命名において活用され、新たな重要な成果を収めた。(北京=新華社配信/中国国家航天局提供)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:中国国家航天局/新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019011519604

    「新華社」 「嫦娥4号」の月探査任務、無事成功  11日、探査車「玉兎2号」の360度カメラが撮影した「嫦娥4号」着陸機。月探査機「嫦娥4号」着陸機と探査車「玉兎2号」(月面車)は11日午後も安定して活動し、中継衛星「鵲橋(じゃっきょう)」の協力の下、相互撮影に成功した。地上に送信された画像は明瞭で、搭載した国際科学協力用の設備が正常に稼働しており、観測したデータが順調に地上に伝送され、科学実験プロジェクトが順調に進み、当初の目標を達成した。この結果、「嫦娥4号」の任務が無事成功し、中国の月探査プロジェクトは5回連続で成功を収めた。(北京=新華社配信/中国国家航天局提供)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:中国国家航天局提供/新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019011519630

    「新華社」 「嫦娥4号」着陸機、月で順調に活動360度映像も撮影  11日、「嫦娥4号」着陸機に搭載された地形カメラが撮影した月面の様子。(パノラマ展開全方位画像)中国国家航天(宇宙)局は、月探査機「嫦娥4号」着陸機、探査車「玉兎2号」(月面車)、中継衛星「鵲橋(じゃっきょう)」が11日午前8時現在、それぞれ安定状態を保ち、予定通り活動していることを明らかにした。着陸機に搭載された地形カメラが360度全方位撮影に成功。研究員は「鵲橋」が送信してきた撮影データを基に全方位映像を作成し、その映像を使って着陸点付近の月面の地形の基本的な分析を行った。「玉兎2号」は10日午前0時、月の昼が終わった時から活動を再開している。(北京=新華社配信/中国国家航天局提供)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:中国国家航天局提供/新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019011519614

    「新華社」 「嫦娥4号」の月探査任務、無事成功  11日、「嫦娥4号」着陸機の地形カメラが撮影した探査車「玉兎2号」。月探査機「嫦娥4号」着陸機と探査車「玉兎2号」(月面車)は11日午後も安定して活動し、中継衛星「鵲橋(じゃっきょう)」の協力の下、相互撮影に成功した。地上に送信された画像は明瞭で、搭載した国際科学協力用の設備が正常に稼働しており、観測したデータが順調に地上に伝送され、科学実験プロジェクトが順調に進み、当初の目標を達成した。この結果、「嫦娥4号」の任務が無事成功し、中国の月探査プロジェクトは5回連続で成功を収めた。(北京=新華社配信/中国国家航天局提供)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:中国国家航天局提供/新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019011519651

    「新華社」 「嫦娥4号」着陸機、月で順調に活動360度映像も撮影  11日、「嫦娥4号」着陸機に搭載された地形カメラが撮影した月面の様子。(全方位画像)中国国家航天(宇宙)局は、月探査機「嫦娥4号」着陸機、探査車「玉兎2号」(月面車)、中継衛星「鵲橋(じゃっきょう)」が11日午前8時現在、それぞれ安定状態を保ち、予定通り活動していることを明らかにした。着陸機に搭載された地形カメラが360度全方位撮影に成功。研究員は「鵲橋」が送信してきた撮影データを基に全方位映像を作成し、その映像を使って着陸点付近の月面の地形の基本的な分析を行った。「玉兎2号」は10日午前0時、月の昼が終わった時から活動を再開している。(北京=新華社配信/中国国家航天局提供)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:中国国家航天局提供/新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019013113009

    「新華社」 探査車「玉兎2号」を分離月面に第一歩  「嫦娥4号」着陸機のモニターカメラCで撮影された、探査車「玉兎2号」が月面を走行する画像。月面裏側への軟着陸に成功した中国の月探査機「嫦娥4号」は3日夜、着陸機と探査車「玉兎2号」(月面車)の切り離しに成功した。切り離された玉兎2号は月面裏側に順調に降りた。着陸機のモニターカメラは玉兎2号が月面裏側に残した最初の痕跡を撮影し、その画像が中継衛星「鵲橋(じゃっきょう)」を通じて地上に送信された。(北京=新華社配信/中国国家航天局提供)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:中国国家航天局/新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019011019455

    「新華社」 中国の月探査機「嫦娥4号」、世界で初めて月裏側の画像を送信  3日、月探査機「嫦娥4号」の監視カメラCが撮影した着陸地点南側の月裏側の画像。探査機は今後画像の方向に向かい、月面を探査する。中国の月探査機「嫦娥4号」が3日午前10時26分(日本時間同11時26分)、予定通り月の裏側に着陸した。軌道上を飛行する中継衛星「鵲橋(じゃっきょう)」を通し、世界で初めて近距離から撮影した月の裏側の画像を送信し、神秘のベールを取り除くことに成功した。人類の探査機が月の裏側に軟着陸し、地球との通信を行ったのは今回が初めてで、人類による月探査の新たな1ページを切り開いた。中国国家航天(宇宙)局が明らかにした。(北京=新華社配信/中国国家航天局提供)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:中国国家航天局提供/新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019013112845

    「新華社」 探査車「玉兎2号」を分離月面に第一歩  「嫦娥4号」の探査車の車輪。月面裏側への軟着陸に成功した中国の月探査機「嫦娥4号」は3日夜、着陸機と探査車「玉兎2号」(月面車)の切り離しに成功した。切り離された玉兎2号は月面裏側に順調に降りた。着陸機のモニターカメラは玉兎2号が月面裏側に残した最初の痕跡を撮影し、その画像が中継衛星「鵲橋(じゃっきょう)」を通じて地上に送信された。(北京=新華社配信/中国国家航天局提供)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:中国国家航天局/新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019012301077

    「新華社」 「偉大な変革-慶祝改革開放40周年大型展」、来場者数240万人突破  1日、「偉大な変革-慶祝改革開放40周年大型展」で展示された船外宇宙服を見学する来場者。中国北京の国家博物館で開催されている「偉大な変革-慶祝改革開放40周年大型展」の来場者数が1日時点で、累計240万人を突破した。(北京=新華社記者/陳曄華)=2019(平成31)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2018112213679

    「新華社」 「偉大な変革-慶祝改革開放40周年大型展」に海外から来賓  19日、中国が独自に設計・製作した宇宙服を見学する海外からの来賓。北京の中国国家博物館で開催されている「偉大な変革-慶祝改革開放40周年大型展」が19日、海外からの来賓向けに公開された。多くの国の在中国大使館・総領事館、ビジネス団体、報道機関、在中国の国際機関から関係者や専門家らが同展を訪れた。(北京=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2018112009351

    「新華社」 「偉大な変革-慶祝改革開放40周年大型展」が盛況  18日、宇宙服を見学する来場者。(スローシャッターで撮影)北京の中国国家博物館で13日、「偉大な変革-慶祝改革開放40周年大型展」が盛大に開幕した。開幕以来、多くの人々が見学に訪れており、18日までの累計来場者数は19万人を超えた。(北京=新華社記者/才揚)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2018111215367

    「新華社」 中国空軍機、国際航空航天博覧会で雄姿を披露  8日、中国国際航空航天博覧会で展示された攻撃Ⅱ型無人機。中国広東省珠海市で6日に開幕した第12回中国国際航空航天博覧会(国際航空宇宙ショー)では、中国空軍の新型機や現役の主力装備が面目も新たに登場し、改革開放40年の空軍の成果を一挙に公開している。(珠海=新華社記者/鄧華)=2018(平成30)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2018111215246

    「新華社」 中国空軍機、国際航空航天博覧会で雄姿を披露  6日、中国国際航空航天博覧会で展示された戦闘爆撃機「殲轟7A(JH7A)」。中国広東省珠海市で6日に開幕した第12回中国国際航空航天博覧会(国際航空宇宙ショー)では、中国空軍の新型機や現役の主力装備が面目も新たに登場し、改革開放40年の空軍の成果を一挙に公開している。(珠海=新華社記者/鄧華)=2018(平成30)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2018111215124

    「新華社」 中国空軍機、国際航空航天博覧会で雄姿を披露  8日、中国国際航空航天博覧会で展示された攻撃ヘリ「直10K(Z10K)」。中国広東省珠海市で6日に開幕した第12回中国国際航空航天博覧会(国際航空宇宙ショー)では、中国空軍の新型機や現役の主力装備が面目も新たに登場し、改革開放40年の空軍の成果を一挙に公開している。(珠海=新華社記者/鄧華)=2018(平成30)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2018111215222

    「新華社」 中国空軍機、国際航空航天博覧会で雄姿を披露  6日、中国国際航空航天博覧会で展示された早期警戒管制機「空警500(KJ500)」。中国広東省珠海市で6日に開幕した第12回中国国際航空航天博覧会(国際航空宇宙ショー)では、中国空軍の新型機や現役の主力装備が面目も新たに登場し、改革開放40年の空軍の成果を一挙に公開している。(珠海=新華社記者/鄧華)=2018(平成30)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2018111215240

    「新華社」 中国空軍機、国際航空航天博覧会で雄姿を披露  6日、中国国際航空航天博覧会で展示された(左から)大型爆撃機「轟6K(H6K)」、大型輸送機「運20(Y20)」、中型輸送機「運9(Y9)」。中国広東省珠海市で6日に開幕した第12回中国国際航空航天博覧会(国際航空宇宙ショー)では、中国空軍の新型機や現役の主力装備が面目も新たに登場し、改革開放40年の空軍の成果を一挙に公開している。(珠海=新華社記者/鄧華)=2018(平成30)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2018111215160

    「新華社」 中国空軍機、国際航空航天博覧会で雄姿を披露  5日に撮影された大型爆撃機「轟6K(H6K)」。中国広東省珠海市で6日に開幕した第12回中国国際航空航天博覧会(国際航空宇宙ショー)では、中国空軍の新型機や現役の主力装備が面目も新たに登場し、改革開放40年の空軍の成果を一挙に公開している。(珠海=新華社記者/鄧華)=2018(平成30)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2018111215250

    「新華社」 中国空軍機、国際航空航天博覧会で雄姿を披露  5日に撮影された大型輸送機「運20(Y20)」。中国広東省珠海市で6日に開幕した第12回中国国際航空航天博覧会(国際航空宇宙ショー)では、中国空軍の新型機や現役の主力装備が面目も新たに登場し、改革開放40年の空軍の成果を一挙に公開している。(珠海=新華社記者/鄧華)=2018(平成30)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2018111215137

    「新華社」 中国空軍機、国際航空航天博覧会で雄姿を披露  5日に撮影された戦闘機「殲10B(J10B)」。中国広東省珠海市で6日に開幕した第12回中国国際航空航天博覧会(国際航空宇宙ショー)では、中国空軍の新型機や現役の主力装備が面目も新たに登場し、改革開放40年の空軍の成果を一挙に公開している。(珠海=新華社記者/鄧華)=2018(平成30)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2018080900534

    「新華社」 夏休み、西安の科学普及研究基地で宇宙を体験しよう  7日、西安の宇宙科学普及研究基地「九号宇宙」で、バーチャル・リアリティ(VR)とバイブレーション・バーチャルキャビンを体験する観光客。このほど一般公開された中国陝西省西安市にある宇宙科学普及研究基地「九号宇宙」には、夏休み中の子どもたちが大勢訪れている。同基地では本格的な衛星監視制御装置や宇宙教育プログラムを導入することで、バーチャル見学やインタラクティブ体験を体感し、宇宙科学に関する知識を得ることができる。また、体験者に多様な教育普及活動の場を提供している。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2018080900506

    「新華社」 夏休み、西安の科学普及研究基地で宇宙を体験しよう  7日、西安の宇宙科学普及研究基地「九号宇宙」で、モデルロケットの打ち上げを眺める観光客。このほど一般公開された中国陝西省西安市にある宇宙科学普及研究基地「九号宇宙」には、夏休み中の子どもたちが大勢訪れている。同基地では本格的な衛星監視制御装置や宇宙教育プログラムを導入することで、バーチャル見学やインタラクティブ体験を体感し、宇宙科学に関する知識を得ることができる。また、体験者に多様な教育普及活動の場を提供している。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2018080900547

    「新華社」 夏休み、西安の科学普及研究基地で宇宙を体験しよう  7日、西安の宇宙科学普及研究基地「九号宇宙」で、さまざまなタイプの宇宙服を見学する観光客。このほど一般公開された中国陝西省西安市にある宇宙科学普及研究基地「九号宇宙」には、夏休み中の子どもたちが大勢訪れている。同基地では本格的な衛星監視制御装置や宇宙教育プログラムを導入することで、バーチャル見学やインタラクティブ体験を体感し、宇宙科学に関する知識を得ることができる。また、体験者に多様な教育普及活動の場を提供している。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像