検索結果 3 件中 1 件 〜 3 件 "ブロック"
  1. 2019091700884

    「日刊工業新聞」 NEDOと東北大学が開発したクローラー型移動ロボット  新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と東北大学の研究グループは26日、全方向に連続移動できるクローラー型ロボットを開発したと発表した。放射状に配置した履帯(クローラー)が駆動し、任意の方向へ連続的に移動できる。高い耐荷重性や走破性を持つ。電動車いすや移動型ナビゲーションロボットなど移動体の駆動機構としての利用が期待される。従来は、3個以上組み合わせて全方向移動を可能にする車輪「オムニホイール」などが開発されていたが、車輪では段差の乗り越え性能に限界があるほか、設置面積が小さく柔らかい面の上では円滑に移動できないという課題があった。今回はクローラーにすることで、電動車いすや移動型ロボットなどが柔らかいじゅうたんや点字ブロックの段差、踏切内の線路の溝などの上を走れるようにした。同ロボットは全方向移動に必要な二つのモーターとネジ歯車など最小限の動力伝達装置からなる単純構成で、保守性に優れる。=2019(令和元)年8月26日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  2. 2018092120354

    「新華社」 2018杭州·雲栖大会が開幕  19日、雲栖大会の展示ホールで、囲碁ロボット「天壌」の対局を見学する参加者。「中国のデジタル化を主導する」をテーマにした2018杭州·雲栖(うんせい)大会が19日、浙江省杭州市雲栖小鎮で開幕した。今大会はメインフォーラム、先端サミット、サブフォーラム、生態科学技術展、雲栖蝦米音楽祭、雲栖スマート運動会などのイベントを開催予定。先端サミットとサブフォーラムのテーマはフィンテック、IoI(InternetofIntelligences)、ブロックチェーン、機械知能などの先端イノベーション分野を網羅している。同大会の前身は「阿里雲(アリクラウド)開発者大会」で、2015年から「杭州·雲栖大会」と名称を変えた。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2006060500184

    【】  がれきの上もスイスイ コンクリートブロックのがれきの上を走行する救助用ロボット「ハイビスカス」=5日午後、千葉県習志野市の千葉工業大芝園キャンパス

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像