検索結果 121 件中 1 件 〜 50 件 "ウィーチャット"
  1. 2020092100005

    中国系アプリ排除差し止め ウィーチャット  ウィーチャットのアプリのアイコン=19日(ロイター=共同)

  2. 2020091806876

    米、ダウンロード禁止へ ウィーチャット  中国の通信アプリ「微信(ウィーチャット)」(共同)

  3. 2020091201246

    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県  3日、三合村の自宅で、パソコンでハチミツに関する情報を収集する張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020091201249

    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県  3日、三合村の自宅で、ハチミツの入った容器の重さを量る張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020091201301

    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県  3日、張嵩現さんが生産したハチミツ。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020091201244

    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県  3日、三合村の自宅で、顧客と通話する張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020091201273

    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県  3日、村の人たちに養蜂の経験を語る張嵩現さん(左から2人目)。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020091201240

    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県  3日、三合村の自宅を出る張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020091201266

    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県  2日、三合村にある丘の上に設置されたミツバチの巣箱を点検に訪れた張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020091201276

    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県  2日、三合村にある丘の上に設置されたミツバチの巣箱を点検する張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020091201253

    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県  2日、三合村の自宅で、ハチミツの入った容器にラベルを貼る張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020091201279

    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県  2日、三合村の自宅で、容器に入ったハチミツをチェックする張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020091201290

    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県  2日、三合村でミツバチの巣を点検する張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020091201259

    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県  2日、三合村にある丘の上に設置されたミツバチの巣箱を点検に訪れた張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020091201272

    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県  2日、三合村にある丘の階段を降りる張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020091201254

    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県  2日、三合村でミツバチの巣を点検する張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020081202643

    中国、アプリで国民統制 アカウント閉鎖の通知  微信(ウィーチャット)のアカウント閉鎖を通知するメッセージ(共同)

  18. 2020080705583

    中国ITと「取引禁止」 ウィーチャット  中国の通信アプリ「微信(ウィーチャット)」(共同)

  19. 2020080605018

    米、中国通信事業を制限へ ウィーチャットのアプリ  通信アプリ「微信(ウィーチャット)」(共同)

  20. 2020063002256

    リアル書店がオンラインサービスを強化黒竜江省ハルビン市  24日、ハルビン市の何所有書店で、小説「呼蘭河伝」を推薦するショートビデオを撮影するスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市の書店では、新型コロナウイルス感染症の発生以降、店頭販売が影響を受けている。一部のリアル書店はオンラインサービスを強化しており、微信(ウィーチャット)グループでのオンラインチャット開催やショートビデオによる推薦図書の紹介、書籍の配達、ライブコマースなどさまざまな方式を採用。新たなサービスの構築に注力することで、書店の売り上げを増やしている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020063002191

    リアル書店がオンラインサービスを強化黒竜江省ハルビン市  24日、ハルビン市の何所有書店で、書籍を推薦するショートビデオの撮影準備を行うスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市の書店では、新型コロナウイルス感染症の発生以降、店頭販売が影響を受けている。一部のリアル書店はオンラインサービスを強化しており、微信(ウィーチャット)グループでのオンラインチャット開催やショートビデオによる推薦図書の紹介、書籍の配達、ライブコマースなどさまざまな方式を採用。新たなサービスの構築に注力することで、書店の売り上げを増やしている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020063002359

    リアル書店がオンラインサービスを強化黒竜江省ハルビン市  24日、ハルビン市の何所有書店。中国黒竜江省ハルビン市の書店では、新型コロナウイルス感染症の発生以降、店頭販売が影響を受けている。一部のリアル書店はオンラインサービスを強化しており、微信(ウィーチャット)グループでのオンラインチャット開催やショートビデオによる推薦図書の紹介、書籍の配達、ライブコマースなどさまざまな方式を採用。新たなサービスの構築に注力することで、書店の売り上げを増やしている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020063002158

    リアル書店がオンラインサービスを強化黒竜江省ハルビン市  24日、ハルビン市の何所有書店で、書籍を推薦するショートビデオを撮影するスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市の書店では、新型コロナウイルス感染症の発生以降、店頭販売が影響を受けている。一部のリアル書店はオンラインサービスを強化しており、微信(ウィーチャット)グループでのオンラインチャット開催やショートビデオによる推薦図書の紹介、書籍の配達、ライブコマースなどさまざまな方式を採用。新たなサービスの構築に注力することで、書店の売り上げを増やしている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020063002130

    リアル書店がオンラインサービスを強化黒竜江省ハルビン市  24日、ハルビン市の何所有書店で、オンラインイベントのキャッチコピーについて話し合うスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市の書店では、新型コロナウイルス感染症の発生以降、店頭販売が影響を受けている。一部のリアル書店はオンラインサービスを強化しており、微信(ウィーチャット)グループでのオンラインチャット開催やショートビデオによる推薦図書の紹介、書籍の配達、ライブコマースなどさまざまな方式を採用。新たなサービスの構築に注力することで、書店の売り上げを増やしている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020063002142

    リアル書店がオンラインサービスを強化黒竜江省ハルビン市  24日、ハルビン市の何所有書店で、書籍を推薦するショートビデオを撮影するため、照明を調整するスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市の書店では、新型コロナウイルス感染症の発生以降、店頭販売が影響を受けている。一部のリアル書店はオンラインサービスを強化しており、微信(ウィーチャット)グループでのオンラインチャット開催やショートビデオによる推薦図書の紹介、書籍の配達、ライブコマースなどさまざまな方式を採用。新たなサービスの構築に注力することで、書店の売り上げを増やしている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020063002146

    リアル書店がオンラインサービスを強化黒竜江省ハルビン市  24日、ハルビン市の何所有書店で、書籍を推薦するショートビデオを撮影するスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市の書店では、新型コロナウイルス感染症の発生以降、店頭販売が影響を受けている。一部のリアル書店はオンラインサービスを強化しており、微信(ウィーチャット)グループでのオンラインチャット開催やショートビデオによる推薦図書の紹介、書籍の配達、ライブコマースなどさまざまな方式を採用。新たなサービスの構築に注力することで、書店の売り上げを増やしている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020063002088

    リアル書店がオンラインサービスを強化黒竜江省ハルビン市  24日、ハルビン市の何所有書店で、書籍を推薦するショートビデオの撮影準備を行うスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市の書店では、新型コロナウイルス感染症の発生以降、店頭販売が影響を受けている。一部のリアル書店はオンラインサービスを強化しており、微信(ウィーチャット)グループでのオンラインチャット開催やショートビデオによる推薦図書の紹介、書籍の配達、ライブコマースなどさまざまな方式を採用。新たなサービスの構築に注力することで、書店の売り上げを増やしている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020063001999

    リアル書店がオンラインサービスを強化黒竜江省ハルビン市  24日、ハルビン市の何所有書店でオンラインイベントのキャッチコピーを入力するスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市の書店では、新型コロナウイルス感染症の発生以降、店頭販売が影響を受けている。一部のリアル書店はオンラインサービスを強化しており、微信(ウィーチャット)グループでのオンラインチャット開催やショートビデオによる推薦図書の紹介、書籍の配達、ライブコマースなどさまざまな方式を採用。新たなサービスの構築に注力することで、書店の売り上げを増やしている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020063002239

    リアル書店がオンラインサービスを強化黒竜江省ハルビン市  24日、ハルビン市の何所有書店で、書籍を推薦するショートビデオの編集作業を行うスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市の書店では、新型コロナウイルス感染症の発生以降、店頭販売が影響を受けている。一部のリアル書店はオンラインサービスを強化しており、微信(ウィーチャット)グループでのオンラインチャット開催やショートビデオによる推薦図書の紹介、書籍の配達、ライブコマースなどさまざまな方式を採用。新たなサービスの構築に注力することで、書店の売り上げを増やしている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020063002244

    リアル書店がオンラインサービスを強化黒竜江省ハルビン市  24日、ハルビン市の何所有書店で、書籍を推薦するショートビデオの編集作業を行うスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市の書店では、新型コロナウイルス感染症の発生以降、店頭販売が影響を受けている。一部のリアル書店はオンラインサービスを強化しており、微信(ウィーチャット)グループでのオンラインチャット開催やショートビデオによる推薦図書の紹介、書籍の配達、ライブコマースなどさまざまな方式を採用。新たなサービスの構築に注力することで、書店の売り上げを増やしている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020063002211

    リアル書店がオンラインサービスを強化黒竜江省ハルビン市  24日、ハルビン市の何所有書店で、書籍を推薦するショートビデオの撮影準備を行うスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市の書店では、新型コロナウイルス感染症の発生以降、店頭販売が影響を受けている。一部のリアル書店はオンラインサービスを強化しており、微信(ウィーチャット)グループでのオンラインチャット開催やショートビデオによる推薦図書の紹介、書籍の配達、ライブコマースなどさまざまな方式を採用。新たなサービスの構築に注力することで、書店の売り上げを増やしている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020070600202

    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省  22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地の中を歩く米爾扎提・吾馬爾さんと妻の早然木・吐爾遜さん。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020070600189

    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省  22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地で、コウシンバラの成長具合をチェックする早然木・吐爾遜(下)さんとパートナーの胡婷婷(こ・ていてい)さん。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020070600218

    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省  22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地で、ライブ配信を行う米爾扎提・吾馬爾さん。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020070600186

    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省  22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地で、農作業に励む人米爾扎提・吾馬爾やスタッフたち。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020070600207

    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省  22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地で、コウシンバラの成長具合をチェックする米爾扎提・吾馬爾さん(左)と妻の早然木・吐爾遜さん(中)、パートナーの胡婷婷(こ・ていてい)さん。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020060209155

    ホームドクターがライブ配信、地域の「オンライン診療」サービス加速上海市  26日、上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターの「打浦スマート医療」オンラインサービスで、当番医に相談する同区住民。中国上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターはこのほど、ネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」のサービスアカウントで「打浦スマート医療」プラットフォームを立ち上げ、インターネット診療サービスを開始し、オンラインとオフラインの両方で地域住民と地域内企業で働く人々の健康を守る「健康管理人」としてスタートを切った。同センターは、ホームドクター(かかりつけ医)のライブ配信ルーム「オンライン問診」を開設、23人のホームドクターが交代で科学普及教育や健康相談に当たっている。(上海=新華社記者/劉頴)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020060209088

    ホームドクターがライブ配信、地域の「オンライン診療」サービス加速上海市  26日、上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターで、ライブ配信を通じて紹介した自作の端午節の「香嚢(匂い袋)」を見せるホームドクターの王傑(おう・けつ)さん。中国上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターはこのほど、ネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」のサービスアカウントで「打浦スマート医療」プラットフォームを立ち上げ、インターネット診療サービスを開始し、オンラインとオフラインの両方で地域住民と地域内企業で働く人々の健康を守る「健康管理人」としてスタートを切った。同センターは、ホームドクター(かかりつけ医)のライブ配信ルーム「オンライン問診」を開設、23人のホームドクターが交代で科学普及教育や健康相談に当たっている。(上海=新華社記者/劉頴)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020060209070

    ホームドクターがライブ配信、地域の「オンライン診療」サービス加速上海市  26日、上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターで自身が担当する「打浦スマート医療」ライブ配信ルームの入り口を表示したスマートフォンの画面を見せるホームドクターの呉舒窈(ご・じょよう)さん。中国上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターはこのほど、ネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」のサービスアカウントで「打浦スマート医療」プラットフォームを立ち上げ、インターネット診療サービスを開始し、オンラインとオフラインの両方で地域住民と地域内企業で働く人々の健康を守る「健康管理人」としてスタートを切った。同センターは、ホームドクター(かかりつけ医)のライブ配信ルーム「オンライン問診」を開設、23人のホームドクターが交代で科学普及教育や健康相談に当たっている。(上海=新華社記者/劉頴)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020060209130

    ホームドクターがライブ配信、地域の「オンライン診療」サービス加速上海市  26日、上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターでライブ配信を通じてマスクの着け方について視聴者と言葉を交わすホームドクターの呉舒窈(ご・じょよう)さん。中国上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターはこのほど、ネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」のサービスアカウントで「打浦スマート医療」プラットフォームを立ち上げ、インターネット診療サービスを開始し、オンラインとオフラインの両方で地域住民と地域内企業で働く人々の健康を守る「健康管理人」としてスタートを切った。同センターは、ホームドクター(かかりつけ医)のライブ配信ルーム「オンライン問診」を開設、23人のホームドクターが交代で科学普及教育や健康相談に当たっている。(上海=新華社記者/劉頴)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020060209121

    ホームドクターがライブ配信、地域の「オンライン診療」サービス加速上海市  26日、上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターでライブ配信を通じて夏の健康知識を紹介するホームドクターの王傑(おう・けつ)さん。中国上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターはこのほど、ネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」のサービスアカウントで「打浦スマート医療」プラットフォームを立ち上げ、インターネット診療サービスを開始し、オンラインとオフラインの両方で地域住民と地域内企業で働く人々の健康を守る「健康管理人」としてスタートを切った。同センターは、ホームドクター(かかりつけ医)のライブ配信ルーム「オンライン問診」を開設、23人のホームドクターが交代で科学普及教育や健康相談に当たっている。(上海=新華社記者/劉頴)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020060209164

    ホームドクターがライブ配信、地域の「オンライン診療」サービス加速上海市  26日、上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターでライブ配信開始時にあいさつするホームドクターの呉舒窈(ご・じょよう)さん。中国上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターはこのほど、ネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」のサービスアカウントで「打浦スマート医療」プラットフォームを立ち上げ、インターネット診療サービスを開始し、オンラインとオフラインの両方で地域住民と地域内企業で働く人々の健康を守る「健康管理人」としてスタートを切った。同センターは、ホームドクター(かかりつけ医)のライブ配信ルーム「オンライン問診」を開設、23人のホームドクターが交代で科学普及教育や健康相談に当たっている。(上海=新華社記者/劉頴)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020060209094

    ホームドクターがライブ配信、地域の「オンライン診療」サービス加速上海市  26日、上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターでライブ配信を通じてマスコットと一緒に「手洗いダンス」をするホームドクターの呉舒窈(ご・じょよう)さん。中国上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターはこのほど、ネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」のサービスアカウントで「打浦スマート医療」プラットフォームを立ち上げ、インターネット診療サービスを開始し、オンラインとオフラインの両方で地域住民と地域内企業で働く人々の健康を守る「健康管理人」としてスタートを切った。同センターは、ホームドクター(かかりつけ医)のライブ配信ルーム「オンライン問診」を開設、23人のホームドクターが交代で科学普及教育や健康相談に当たっている。(上海=新華社記者/劉頴)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020060209080

    ホームドクターがライブ配信、地域の「オンライン診療」サービス加速上海市  26日、上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターでライブ配信を通じて夏に飲む中薬茶の知識を紹介するホームドクターの王傑(おう・けつ)さん。中国上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターはこのほど、ネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」のサービスアカウントで「打浦スマート医療」プラットフォームを立ち上げ、インターネット診療サービスを開始し、オンラインとオフラインの両方で地域住民と地域内企業で働く人々の健康を守る「健康管理人」としてスタートを切った。同センターは、ホームドクター(かかりつけ医)のライブ配信ルーム「オンライン問診」を開設、23人のホームドクターが交代で科学普及教育や健康相談に当たっている。(上海=新華社記者/劉頴)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020051502182

    6千万元の消費クーポン配布で経済を刺激天津市  天津市内のレストランで食事を楽しむ来店客。(4月27日撮影)中国天津市はこのほど、市内全域での消費クーポン約6千万元(1元=約15円)分の配布など、投資拡大と消費の安定を促す経済刺激策を発表した。統計によると、同市東麗区、和平区など複数の地区で美団点評、支付宝(アリペイ)、微信(ウィーチャット)などのアプリを通じた総額6千万元超の消費クーポン配布が予定されており、2100万元分はすでに配布を終えている。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  46. 2020041501147

    黒竜江省交通運輸部門、学校再開に「直通バス」を運行手配  7日、七台河交通部門が提供した学校再開のための「直通バス」に乗る生徒たち。中国黒竜江省ではこのところ、一部学年で授業が再開された。地元の交通輸送産業管理部門とバス運行会社が、臨時バスや通学専用路線バスの運行を計画、生徒の授業再開のために交通サービスを提供している。ハルビン市交通集団などの部門はSNSの微信(ウィーチャット)を通じ、乗客の外出需要情報を集めた。七台河市交通運輸局は授業を再開する学校が提供した学生の住所に基づき、21路線を運行、通学する学生の自宅から学校までを直通でつなぐワンストップ式の移動を実現した。授業再開の初日となった7日、同省交通運輸部門は専用車両210台余りを手配し、延べ6200人の生徒を輸送した。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020041501159

    黒竜江省交通運輸部門、学校再開に「直通バス」を運行手配  7日、七台河市で、学校再開のための「直通バス」を待つ生徒たち。中国黒竜江省ではこのところ、一部学年で授業が再開された。地元の交通輸送産業管理部門とバス運行会社が、臨時バスや通学専用路線バスの運行を計画、生徒の授業再開のために交通サービスを提供している。ハルビン市交通集団などの部門はSNSの微信(ウィーチャット)を通じ、乗客の外出需要情報を集めた。七台河市交通運輸局は授業を再開する学校が提供した学生の住所に基づき、21路線を運行、通学する学生の自宅から学校までを直通でつなぐワンストップ式の移動を実現した。授業再開の初日となった7日、同省交通運輸部門は専用車両210台余りを手配し、延べ6200人の生徒を輸送した。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020040701757

    湖南省地質博物館、一般公開を再開  2日、湖南省地質博物館で、恐竜の模型を見学する来場者。新型コロナウイルスの影響で休館していた中国湖南省地質博物館がこのほど、一般公開を再開した。同博物館では微信(ウィーチャット)公式アカウントを使った入場券の予約や、微信の2次元バーコードをスキャンして身分証情報を入力した上で入場券を受け取る方法に対応しており、来場者を1日800人に制限している。来場者はマスクを着用しなければならない。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020040701768

    湖南省地質博物館、一般公開を再開  2日、湖南省地質博物館で、科学普及のビデオを見る来場者。新型コロナウイルスの影響で休館していた中国湖南省地質博物館がこのほど、一般公開を再開した。同博物館では微信(ウィーチャット)公式アカウントを使った入場券の予約や、微信の2次元バーコードをスキャンして身分証情報を入力した上で入場券を受け取る方法に対応しており、来場者を1日800人に制限している。来場者はマスクを着用しなければならない。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020040701803

    湖南省地質博物館、一般公開を再開  2日、湖南省地質博物館で見学する来場者。新型コロナウイルスの影響で休館していた中国湖南省地質博物館がこのほど、一般公開を再開した。同博物館では微信(ウィーチャット)公式アカウントを使った入場券の予約や、微信の2次元バーコードをスキャンして身分証情報を入力した上で入場券を受け取る方法に対応しており、来場者を1日800人に制限している。来場者はマスクを着用しなければならない。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像