検索結果 39 件中 1 件 〜 39 件 "黒竜江省"
  1. 2020033003783

    「新華社」 ハルビン税関、検疫を強化  25日、ハルビン太平国際空港で検疫のため航空機に乗り込む税関職員。中国黒竜江省ハルビン税関は新型コロナウイルスの国外からの流入・拡散を防止するため、税関総署と同省の要請に従い、口岸(通関地)での検疫を強化している。(ハルビン=新華社配信/騫壮)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020033003714

    「新華社」 ハルビン税関、検疫を強化  25日、ハルビン太平国際空港で搭乗客に対し疫学調査をする税関職員。中国黒竜江省ハルビン税関は新型コロナウイルスの国外からの流入・拡散を防止するため、税関総署と同省の要請に従い、口岸(通関地)での検疫を強化している。(ハルビン=新華社配信/騫壮)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020033003841

    「新華社」 ハルビン税関、検疫を強化  25日、ハルビン太平国際空港で搭乗客の体温を確認する税関職員。中国黒竜江省ハルビン税関は新型コロナウイルスの国外からの流入・拡散を防止するため、税関総署と同省の要請に従い、口岸(通関地)での検疫を強化している。(ハルビン=新華社配信/騫壮)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020031702579

    「新華社」 黒竜江省、各地の入国審査で水際対策強化ウイルス流入警戒  10日、ハルビン太平国際空港の出入国審査官。防護服を着て長時間働くため眼鏡や保護ゴーグルが熱気で曇っている。中国黒竜江省の各空港では、出入国管理警察が新型コロナウイルスの感染拡大国・地域から入国する旅客に対し重点検査を実施しており、ウイルスの流入を防いでいる。(ハルビン=新華社配信/陳尚楠)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020031702390

    「新華社」 中欧班列運行本数が3割増年初来、綏芬河鉄道口岸  2日、雪が上がった後の綏芬河鉄道口岸。中国黒竜江省最大の対ロシア鉄道口岸(通関地)である綏芬河(すいふんが)鉄道口岸は新型コロナウイルスによる肺炎の影響を克服、2020年初めから10日までに「中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)」運行本数が前年同期比で3割強増えた。(ハルビン=新華社配信/曲芸偉)=2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  6. 2020020300641

    「新華社」 新型肺炎で医療用防護服の製造急ピッチ黒竜江省ハルビン  1日、ハルビン市天使衛生材料工場の裁断作業場で、医療用防護服の布地を整える従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けて、春節(旧正月)で操業を停止していた中国黒竜江省ハルビン市のハルビン天使衛生材料工場が、1月26日から操業を再開した。生産量は現時点で1日あたり200着。同工場で製造された医療用防護服400着の第1陣がこのほど検収に合格し、今後、省・市の関連部門により割り当てられ、投入・使用される。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020020300575

    「新華社」 新型肺炎で医療用防護服の製造急ピッチ黒竜江省ハルビン  1日、ハルビン市天使衛生材料工場の縫製作業場で、医療用防護服を縫う従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けて、春節(旧正月)で操業を停止していた中国黒竜江省ハルビン市のハルビン天使衛生材料工場が、1月26日から操業を再開した。生産量は現時点で1日あたり200着。同工場で製造された医療用防護服400着の第1陣がこのほど検収に合格し、今後、省・市の関連部門により割り当てられ、投入・使用される。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020020300580

    「新華社」 新型肺炎で医療用防護服の製造急ピッチ黒竜江省ハルビン  1日、ハルビン市天使衛生材料工場の作業場で、医療用防護服を梱包をする従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けて、春節(旧正月)で操業を停止していた中国黒竜江省ハルビン市のハルビン天使衛生材料工場が、1月26日から操業を再開した。生産量は現時点で1日あたり200着。同工場で製造された医療用防護服400着の第1陣がこのほど検収に合格し、今後、省・市の関連部門により割り当てられ、投入・使用される。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020020300598

    「新華社」 新型肺炎で医療用防護服の製造急ピッチ黒竜江省ハルビン  1日、ハルビン市天使衛生材料工場の縫製作業場で、医療用防護服を縫う従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けて、春節(旧正月)で操業を停止していた中国黒竜江省ハルビン市のハルビン天使衛生材料工場が、1月26日から操業を再開した。生産量は現時点で1日あたり200着。同工場で製造された医療用防護服400着の第1陣がこのほど検収に合格し、今後、省・市の関連部門により割り当てられ、投入・使用される。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020020300604

    「新華社」 新型肺炎で医療用防護服の製造急ピッチ黒竜江省ハルビン  1日、ハルビン市天使衛生材料工場の作業場で、医療用防護服を折りたたむ従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けて、春節(旧正月)で操業を停止していた中国黒竜江省ハルビン市のハルビン天使衛生材料工場が、1月26日から操業を再開した。生産量は現時点で1日あたり200着。同工場で製造された医療用防護服400着の第1陣がこのほど検収に合格し、今後、省・市の関連部門により割り当てられ、投入・使用される。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020020300611

    「新華社」 新型肺炎で医療用防護服の製造急ピッチ黒竜江省ハルビン  1日、ハルビン市天使衛生材料工場の縫製作業場で、医療用防護服を縫う従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けて、春節(旧正月)で操業を停止していた中国黒竜江省ハルビン市のハルビン天使衛生材料工場が、1月26日から操業を再開した。生産量は現時点で1日あたり200着。同工場で製造された医療用防護服400着の第1陣がこのほど検収に合格し、今後、省・市の関連部門により割り当てられ、投入・使用される。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020020300615

    「新華社」 新型肺炎で医療用防護服の製造急ピッチ黒竜江省ハルビン  1日、ハルビン市天使衛生材料工場の作業場で、医療用防護服を折りたたむ従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けて、春節(旧正月)で操業を停止していた中国黒竜江省ハルビン市のハルビン天使衛生材料工場が、1月26日から操業を再開した。生産量は現時点で1日あたり200着。同工場で製造された医療用防護服400着の第1陣がこのほど検収に合格し、今後、省・市の関連部門により割り当てられ、投入・使用される。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020020300667

    「新華社」 新型肺炎で医療用防護服の製造急ピッチ黒竜江省ハルビン  1日、ハルビン市天使衛生材料工場の縫製作業場で、医療用防護服を縫う従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けて、春節(旧正月)で操業を停止していた中国黒竜江省ハルビン市のハルビン天使衛生材料工場が、1月26日から操業を再開した。生産量は現時点で1日あたり200着。同工場で製造された医療用防護服400着の第1陣がこのほど検収に合格し、今後、省・市の関連部門により割り当てられ、投入・使用される。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020020300617

    「新華社」 新型肺炎で医療用防護服の製造急ピッチ黒竜江省ハルビン  1日、ハルビン市天使衛生材料工場の超音波縫製システムを導入した作業場で作業する従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けて、春節(旧正月)で操業を停止していた中国黒竜江省ハルビン市のハルビン天使衛生材料工場が、1月26日から操業を再開した。生産量は現時点で1日あたり200着。同工場で製造された医療用防護服400着の第1陣がこのほど検収に合格し、今後、省・市の関連部門により割り当てられ、投入・使用される。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020020300672

    「新華社」 黒竜江省政府の海外調達マスク、続々到着感染防止に一助  1月29日、ハルビン空港に到着した黒竜江省商務庁が海外で買い付けたマスク。中国黒竜江省商務庁が海外から調達した新型コロナウイルスによる肺炎対策物資の医療用マスク13万6千枚が1月31日夜、韓国・釜山からハルビン太平国際空港に到着した。同庁は感染の急激な拡大を受け、必要な感染対策物資のリストを速やかに公表。貿易会社や外資企業、越境電子商取引(EC)企業および各種海外ルートを動員し世界の市場で供給源を確保した。同省へは現在、タイからの24万枚を皮切りに、韓国のソウルや釜山から38万枚など、医療用マスクが次々と空輸されている。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020020300650

    「新華社」 黒竜江省政府の海外調達マスク、続々到着感染防止に一助  1月29日、ハルビン空港に到着した黒竜江省商務庁が海外で買い付けたマスク。中国黒竜江省商務庁が海外から調達した新型コロナウイルスによる肺炎対策物資の医療用マスク13万6千枚が1月31日夜、韓国・釜山からハルビン太平国際空港に到着した。同庁は感染の急激な拡大を受け、必要な感染対策物資のリストを速やかに公表。貿易会社や外資企業、越境電子商取引(EC)企業および各種海外ルートを動員し世界の市場で供給源を確保した。同省へは現在、タイからの24万枚を皮切りに、韓国のソウルや釜山から38万枚など、医療用マスクが次々と空輸されている。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019120200769

    「新華社」 ハルビン空港、今年のロシア向け郵便貨物便100便超す  26日、ロシア向け郵便物を貨物専用機に積み込むハルビン空港のスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市で26日午後、ロシア向けの貨物や郵便を載せたB747-400型貨物専用機が、ハルビン空港からロシアのエカテリンブルグへ向け飛び立った。11日に行われた中国最大規模のネット通販セール「双11(ダブルイレブン)」では、中国とロシア間の電子商取引(EC)貿易ニーズが大幅に増加した。ロシア向け郵便物の急増を受けたハルビン郵政国際互換局(交換局)は、ハルビン-エカテリンブルグ間の貨物便を増便した。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019080100376

    「新華社」 AIビッグデータ、野生動物保護を後押し黒竜江省  28日、野生動物AIビッグデータ・リアルタイム監視プラットフォームの画面。表示されているのはシミュレーション用のデータ。中国黒竜江省ハルビン市の国家林業・草原局ネコ科動物研究センターとハルビン工業大学、同大学傘下の哈工大大数据(ビッグデータ)集団はこのほど、東北虎(アムールトラ)と東北ヒョウおよびその獲物動物の画像データの初期スクリーニングや種別分類、個体識別などの情報処理の効率化を目指し、共同で「野生動物AIビッグデータ・リアルタイム監視プラットフォーム」を開発した。科学技術により絶滅が危惧されるネコ科大型動物の追跡と保護を行う。(ハルビン=新華社配信/謝剣飛)=2019(令和元)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019080100378

    「新華社」 AIビッグデータ、野生動物保護を後押し黒竜江省  28日、野生動物AIビッグデータ・リアルタイム監視プラットフォームの画面。表示されているのはシミュレーション用のデータ。中国黒竜江省ハルビン市の国家林業・草原局ネコ科動物研究センターとハルビン工業大学、同大学傘下の哈工大大数据(ビッグデータ)集団はこのほど、東北虎(アムールトラ)と東北ヒョウおよびその獲物動物の画像データの初期スクリーニングや種別分類、個体識別などの情報処理の効率化を目指し、共同で「野生動物AIビッグデータ・リアルタイム監視プラットフォーム」を開発した。科学技術により絶滅が危惧されるネコ科大型動物の追跡と保護を行う。(ハルビン=新華社配信/謝剣飛)=2019(令和元)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019080100379

    「新華社」 AIビッグデータ、野生動物保護を後押し黒竜江省  28日、野生動物AIビッグデータ・リアルタイム監視プラットフォームの画面。表示されているのはシミュレーション用のデータ。中国黒竜江省ハルビン市の国家林業・草原局ネコ科動物研究センターとハルビン工業大学、同大学傘下の哈工大大数据(ビッグデータ)集団はこのほど、東北虎(アムールトラ)と東北ヒョウおよびその獲物動物の画像データの初期スクリーニングや種別分類、個体識別などの情報処理の効率化を目指し、共同で「野生動物AIビッグデータ・リアルタイム監視プラットフォーム」を開発した。科学技術により絶滅が危惧されるネコ科大型動物の追跡と保護を行う。(ハルビン=新華社配信/謝剣飛)=2019(令和元)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019080100387

    「新華社」 AIビッグデータ、野生動物保護を後押し黒竜江省  28日、野生動物AIビッグデータ・リアルタイム監視プラットフォームの画面。表示されているのはシミュレーション用のデータ。中国黒竜江省ハルビン市の国家林業・草原局ネコ科動物研究センターとハルビン工業大学、同大学傘下の哈工大大数据(ビッグデータ)集団はこのほど、東北虎(アムールトラ)と東北ヒョウおよびその獲物動物の画像データの初期スクリーニングや種別分類、個体識別などの情報処理の効率化を目指し、共同で「野生動物AIビッグデータ・リアルタイム監視プラットフォーム」を開発した。科学技術により絶滅が危惧されるネコ科大型動物の追跡と保護を行う。(ハルビン=新華社配信/謝剣飛)​=2019(令和元)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019062103511

    「新華社」 中国・ロシア科学技術イノベーションの日イベントが開催  17日、中ロ科学技術イノベーションの日イベントで、提携に向けて商談する中ロ両国の企業と科学技術者。中国黒竜江省ハルビン市で行われた第6回中国・ロシア博覧会の一環としてこのほど、2019中国・ロシア科学技術イノベーションの日イベントが開催された。同イベントは「中ロの科学技術における協力で新たなエネルギーを結集し、互恵・ウィンウィンに向けた協力の新たな局面を切り開く」をテーマとして、中ロ両国で300人を超える専門家、科学技術関連の代表者などが参加した。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019062601564

    「新華社」 「一帯一路」で物流の開拓進むロシア向け越境ECに好機  17日、中国郵政のEC国際郵便物を仕分けする作業員。中国黒竜江省ハルビン市平房区にある中国北方越境EC(電子商取引)物流センターは対ロシアの航空・陸上輸送の2キロ以下の国際小包を取り扱っている。中国郵政集団公司黒竜江省配達事業部国際業務分公司の戴勇(たい・ゆう)総経理は、現時点で物流センターが取り扱った対ロシア国際郵便物は5600万個を超え、うち中国からロシアへ発送するEC小包は中国全体の30%を占めていると明らかにした。同市商務局の孫永斌(そん・えいひん)局長によると、ハルビン市はハルビン総合保税区、中国北方越境EC物流センターなど越境EC産業パーク4カ所を完成、越境EC企業120社が入居しており、プラットフォーム取引、物流配送、起業支援、ビッグデータなど越境EC企業集積地を形成している。(ハルビン=新華社記者/董宝森)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019062103493

    「新華社」 中国・ロシア科学技術イノベーションの日イベントが開催  17日、中ロ両国がハイテク分野で実務協力を展開する重大な戦略的協力事業「中ロ長距離ワイドボディ旅客機」の完成予想模型。中国黒竜江省ハルビン市で行われた第6回中国・ロシア博覧会の一環としてこのほど、2019中国・ロシア科学技術イノベーションの日イベントが開催された。同イベントは「中ロの科学技術における協力で新たなエネルギーを結集し、互恵・ウィンウィンに向けた協力の新たな局面を切り開く」をテーマとして、中ロ両国で300人を超える専門家、科学技術関連の代表者などが参加した。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019092501091

    「新華社」 【新中国成立70周年】さまざまな職業から70年の発展を振り返る  上:1949年10月8日、秋の収穫作業をする黒竜江省チチハル市訥河(とつが)県の農家。(チチハル=新華社記者/王純徳)下:2019年5月31日、山東省済寧市嘉祥県仲山鎮で自動運転収穫機を遠隔操作して作業を進める雷沃重工の作業員。今では収穫機に自動運転システムが搭載され、高精度の位置設定や自動経路計画、自動走行が可能になった。(済寧=新華社記者/郭緒雷)中国国家統計局のデータによると、1952年の中国の国内総生産(GDP)はわずか679億元だったが、2018年には90兆元の大台を突破した。(組み合わせ写真、北京=新華社配信)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019051402999

    「新華社」 中国、2019年農作業完全無人化実験始動  8日、作業中の無人耕運機。中国黒竜江省北大荒農墾集団建三江分公司の紅衛農場にある水田で8日、無人運転の耕運機や田植え機、噴霧機などを「総動員」した春の耕作実験が行われた。同実験には複数の科学研究機関と企業から成るスマート化農業機械チームが参加。北斗ナビゲーションシステム(BDS)を利用し、センサーとコントローラーを導入することで、さまざまな農業機械の無人運転を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019051402860

    「新華社」 中国、2019年農作業完全無人化実験始動  8日、作業中の無人運転田植え機。中国黒竜江省北大荒農墾集団建三江分公司の紅衛農場にある水田で8日、無人運転の耕運機や田植え機、噴霧機などを「総動員」した春の耕作実験が行われた。同実験には複数の科学研究機関と企業から成るスマート化農業機械チームが参加。北斗ナビゲーションシステム(BDS)を利用し、センサーとコントローラーを導入することで、さまざまな農業機械の無人運転を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019051402905

    「新華社」 中国、2019年農作業完全無人化実験始動  8日、作業中の無人耕運機。中国黒竜江省北大荒農墾集団建三江分公司の紅衛農場にある水田で8日、無人運転の耕運機や田植え機、噴霧機などを「総動員」した春の耕作実験が行われた。同実験には複数の科学研究機関と企業から成るスマート化農業機械チームが参加。北斗ナビゲーションシステム(BDS)を利用し、センサーとコントローラーを導入することで、さまざまな農業機械の無人運転を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019051402877

    「新華社」 中国、2019年農作業完全無人化実験始動  8日、作業中の無人耕運機と植物保護機。中国黒竜江省北大荒農墾集団建三江分公司の紅衛農場にある水田で8日、無人運転の耕運機や田植え機、噴霧機などを「総動員」した春の耕作実験が行われた。同実験には複数の科学研究機関と企業から成るスマート化農業機械チームが参加。北斗ナビゲーションシステム(BDS)を利用し、センサーとコントローラーを導入することで、さまざまな農業機械の無人運転を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019051402883

    「新華社」 中国、2019年農作業完全無人化実験始動  8日、作業中の無人運転田植え機。運転が不要なため、苗補給要員1人で済む。中国黒竜江省北大荒農墾集団建三江分公司の紅衛農場にある水田で8日、無人運転の耕運機や田植え機、噴霧機などを「総動員」した春の耕作実験が行われた。同実験には複数の科学研究機関と企業から成るスマート化農業機械チームが参加。北斗ナビゲーションシステム(BDS)を利用し、センサーとコントローラーを導入することで、さまざまな農業機械の無人運転を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019051402976

    「新華社」 中国、2019年農作業完全無人化実験始動  8日、作業中の無人運転田植え機。運転が不要なため、苗補給要員1人で済む。中国黒竜江省北大荒農墾集団建三江分公司の紅衛農場にある水田で8日、無人運転の耕運機や田植え機、噴霧機などを「総動員」した春の耕作実験が行われた。同実験には複数の科学研究機関と企業から成るスマート化農業機械チームが参加。北斗ナビゲーションシステム(BDS)を利用し、センサーとコントローラーを導入することで、さまざまな農業機械の無人運転を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019051402915

    「新華社」 中国、2019年農作業完全無人化実験始動  8日、作業中の無人耕運機。中国黒竜江省北大荒農墾集団建三江分公司の紅衛農場にある水田で8日、無人運転の耕運機や田植え機、噴霧機などを「総動員」した春の耕作実験が行われた。同実験には複数の科学研究機関と企業から成るスマート化農業機械チームが参加。北斗ナビゲーションシステム(BDS)を利用し、センサーとコントローラーを導入することで、さまざまな農業機械の無人運転を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019051402900

    「新華社」 中国、2019年農作業完全無人化実験始動  8日、作業中の無人運転田植え機。中国黒竜江省北大荒農墾集団建三江分公司の紅衛農場にある水田で8日、無人運転の耕運機や田植え機、噴霧機などを「総動員」した春の耕作実験が行われた。同実験には複数の科学研究機関と企業から成るスマート化農業機械チームが参加。北斗ナビゲーションシステム(BDS)を利用し、センサーとコントローラーを導入することで、さまざまな農業機械の無人運転を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019051402889

    「新華社」 中国、2019年農作業完全無人化実験始動  8日、作業中の無人運転農業機械。(小型無人機から)中国黒竜江省北大荒農墾集団建三江分公司の紅衛農場にある水田で8日、無人運転の耕運機や田植え機、噴霧機などを「総動員」した春の耕作実験が行われた。同実験には複数の科学研究機関と企業から成るスマート化農業機械チームが参加。北斗ナビゲーションシステム(BDS)を利用し、センサーとコントローラーを導入することで、さまざまな農業機械の無人運転を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019030714729

    「新華社」 世界初のスマートレール電車氷点下での試験運転実施  氷点下で行われている世界初のスマートレール路面電車の試験運転。(資料写真)中国黒竜江省ハルビン市は春節(旧正月)期間中、最低気温が氷点下20度を下回る。この厳しい寒さの中、世界初のスマートレール路面電車の試験運転が行われていた。2018年5月に中国初のスマートレール路面電車モデル路線が誕生してから、この電車は公道で数カ月の試験運転を実施。厳しい寒さの中でのスマートレール電車の信頼性を検証するため、中車株洲電力機車研究所は今回、車両を最適化し、主に氷雪路面での制動や車体の安定性、カーブ走行性能、追従精度、低温環境での蓄電池の最大航続能力、運転時の最高速度、平均速度、電気部品設備の低温下での使用性能などのテストを行った。初日のテストでは、スマートレール路面電車の運転状況は全体的に良好で、適応性が高いという結果が出た。今回のテスト結果は、スマートレール電車の北部寒冷地域での実用化に科学的根拠を提供する。(長沙=新華社配信/中車株洲電力機車研究所提供)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:中車株洲電力機車研究所/新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019030714735

    「新華社」 世界初のスマートレール電車氷点下での試験運転実施  氷点下で行われている世界初のスマートレール路面電車の試験運転。(資料写真)中国黒竜江省ハルビン市は春節(旧正月)期間中、最低気温が氷点下20度を下回る。この厳しい寒さの中、世界初のスマートレール路面電車の試験運転が行われていた。2018年5月に中国初のスマートレール路面電車モデル路線が誕生してから、この電車は公道で数カ月の試験運転を実施。厳しい寒さの中でのスマートレール電車の信頼性を検証するため、中車株洲電力機車研究所は今回、車両を最適化し、主に氷雪路面での制動や車体の安定性、カーブ走行性能、追従精度、低温環境での蓄電池の最大航続能力、運転時の最高速度、平均速度、電気部品設備の低温下での使用性能などのテストを行った。初日のテストでは、スマートレール路面電車の運転状況は全体的に良好で、適応性が高いという結果が出た。今回のテスト結果は、スマートレール電車の北部寒冷地域での実用化に科学的根拠を提供する。(長沙=新華社配信/中車株洲電力機車研究所提供)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:中車株洲電力機車研究所/新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019030714705

    「新華社」 世界初のスマートレール電車氷点下での試験運転実施  氷点下で行われている世界初のスマートレール路面電車の試験運転。(資料写真)中国黒竜江省ハルビン市は春節(旧正月)期間中、最低気温が氷点下20度を下回る。この厳しい寒さの中、世界初のスマートレール路面電車の試験運転が行われていた。2018年5月に中国初のスマートレール路面電車モデル路線が誕生してから、この電車は公道で数カ月の試験運転を実施。厳しい寒さの中でのスマートレール電車の信頼性を検証するため、中車株洲電力機車研究所は今回、車両を最適化し、主に氷雪路面での制動や車体の安定性、カーブ走行性能、追従精度、低温環境での蓄電池の最大航続能力、運転時の最高速度、平均速度、電気部品設備の低温下での使用性能などのテストを行った。初日のテストでは、スマートレール路面電車の運転状況は全体的に良好で、適応性が高いという結果が出た。今回のテスト結果は、スマートレール電車の北部寒冷地域での実用化に科学的根拠を提供する。(長沙=新華社配信/中車株洲電力機車研究所提供)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:中車株洲電力機車研究所/新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019030714734

    「新華社」 世界初のスマートレール電車氷点下での試験運転実施  氷点下で行われている世界初のスマートレール路面電車の試験運転。(資料写真)中国黒竜江省ハルビン市は春節(旧正月)期間中、最低気温が氷点下20度を下回る。この厳しい寒さの中、世界初のスマートレール路面電車の試験運転が行われていた。2018年5月に中国初のスマートレール路面電車モデル路線が誕生してから、この電車は公道で数カ月の試験運転を実施。厳しい寒さの中でのスマートレール電車の信頼性を検証するため、中車株洲電力機車研究所は今回、車両を最適化し、主に氷雪路面での制動や車体の安定性、カーブ走行性能、追従精度、低温環境での蓄電池の最大航続能力、運転時の最高速度、平均速度、電気部品設備の低温下での使用性能などのテストを行った。初日のテストでは、スマートレール路面電車の運転状況は全体的に良好で、適応性が高いという結果が出た。今回のテスト結果は、スマートレール電車の北部寒冷地域での実用化に科学的根拠を提供する。(長沙=新華社配信/中車株洲電力機車研究所提供)=2019(平成31)年1月19日、クレジット:中車株洲電力機車研究所/新華社/共同通信イメージズ

  39. 2018122521141

    「新華社」 2019年「春運」期間の鉄道切符、販売開始  23日、「春運」期間の鉄道切符の販売が開始し、スマートフォンで切符を購入する中国黒竜江省ハルビン市の市民、李暁穎(り・ぎょうえい)さん。中国2019年の「春運」(春節の帰省・Uターンラッシュ)期間の鉄道切符のインターネットまたは電話による予約購入が、23日開始した。2019年は2月5日が春節(旧正月)に当たり、春運は前後40日間の1月21日~3月1日に設定されている。(ハルビン=新華社記者/曹霽陽)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像