検索結果 4 件中 1 件 〜 4 件 "ウィーチャット"
  1. 2019111104460

    【輸入博】米EVスタートアップ創業者、中国市場進出の抱負を語る  7日、「NeuronEV」が第2回輸入博会場で開いた新車発表会。米電気自動車(EV)スタートアップ「NeuronEV」は7日、中国上海市で開催された第2回中国国際輸入博覧会で新モデル2車種を発表した。一つは、バン型トラックと軽トラック、乗用ピックアップトラックの機能を併せ持つ乗用車市場に向けの多機能EV。もう一つは、バン型トラックとセミまたはフルトレーラーの機能を持つ商用車市場向けのスマートトラック。2車種ともユーザーの使用目的に合わせて形状や積載容量、用途を臨機応変に変えられる。会場で同社の共同創業者ScottZheng氏を取材すると、同氏はスマートフォン7台を手にしていた。質問を外れてその事を尋ねると「4台は古いもので臨時に持ってきた。3台は中国で新たに購入した。複数の微信(ウィーチャット、中国のSNS)のアカウントを登録したが、ブースでの問い合わせが多すぎて携帯への問い合わせに応じきれない。同僚を呼び出して助けてもらっている」と答えた。Zheng氏は、ユーザーからの質問に即座に答えることも究極のユーザー体験の一つだと語る。それこそが有望な顧客を開拓する絶好の機会なのだという。(上海=新華社記者/王琳琳)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2019111104080

    【輸入博】米EVスタートアップ創業者、中国市場進出の抱負を語る  7日、第2回輸入博の展示ブースのバックヤードで話し合う北京昌盛投資の韓凱然総経理(右)と「NeuronEV」共同創業者のScottZheng氏。テーブルの上にはZheng氏が会場で使うスマートフォン7台が並ぶ。米電気自動車(EV)スタートアップ「NeuronEV」は7日、中国上海市で開催された第2回中国国際輸入博覧会で新モデル2車種を発表した。一つは、バン型トラックと軽トラック、乗用ピックアップトラックの機能を併せ持つ乗用車市場に向けの多機能EV。もう一つは、バン型トラックとセミまたはフルトレーラーの機能を持つ商用車市場向けのスマートトラック。2車種ともユーザーの使用目的に合わせて形状や積載容量、用途を臨機応変に変えられる。会場で同社の共同創業者ScottZheng氏を取材すると、同氏はスマートフォン7台を手にしていた。質問を外れてその事を尋ねると「4台は古いもので臨時に持ってきた。3台は中国で新たに購入した。複数の微信(ウィーチャット、中国のSNS)のアカウントを登録したが、ブースでの問い合わせが多すぎて携帯への問い合わせに応じきれない。同僚を呼び出して助けてもらっている」と答えた。Zheng氏は、ユーザーからの質問に即座に答えることも究極のユーザー体験の一つだと語る。それこそが有望な顧客を開拓する絶好の機会なのだという。(上海=新華社記者/王琳琳)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2019111104496

    【輸入博】米EVスタートアップ創業者、中国市場進出の抱負を語る  7日、第2回輸入博の展示ブースのバックヤードで話し合う北京昌盛投資の韓凱然総経理(右)と「NeuronEV」共同創業者のScottZheng氏。机上にはZheng氏。テーブルの上にはZheng氏が会場で使う7台のスマートフォン7台が並ぶ。米電気自動車(EV)スタートアップ「NeuronEV」は7日、中国上海市で開催された第2回中国国際輸入博覧会で新モデル2車種を発表した。一つは、バン型トラックと軽トラック、乗用ピックアップトラックの機能を併せ持つ乗用車市場に向けの多機能EV。もう一つは、バン型トラックとセミまたはフルトレーラーの機能を持つ商用車市場向けのスマートトラック。2車種ともユーザーの使用目的に合わせて形状や積載容量、用途を臨機応変に変えられる。会場で同社の共同創業者ScottZheng氏を取材すると、同氏はスマートフォン7台を手にしていた。質問を外れてその事を尋ねると「4台は古いもので臨時に持ってきた。3台は中国で新たに購入した。複数の微信(ウィーチャット、中国のSNS)のアカウントを登録したが、ブースでの問い合わせが多すぎて携帯への問い合わせに応じきれない。同僚を呼び出して助けてもらっている」と答えた。Zheng氏は、ユーザーからの質問に即座に答えることも究極のユーザー体験の一つだと語る。それこそが有望な顧客を開拓する絶好の機会なのだという。(上海=新華社記者/王琳琳)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2019111104103

    【輸入博】米EVスタートアップ創業者、中国市場進出の抱負を語る  7日、第2回輸入博で発表された「NeuronEV」の新型モデル。米電気自動車(EV)スタートアップ「NeuronEV」は7日、中国上海市で開催された第2回中国国際輸入博覧会で新モデル2車種を発表した。一つは、バン型トラックと軽トラック、乗用ピックアップトラックの機能を併せ持つ乗用車市場に向けの多機能EV。もう一つは、バン型トラックとセミまたはフルトレーラーの機能を持つ商用車市場向けのスマートトラック。2車種ともユーザーの使用目的に合わせて形状や積載容量、用途を臨機応変に変えられる。会場で同社の共同創業者ScottZheng氏を取材すると、同氏はスマートフォン7台を手にしていた。質問を外れてその事を尋ねると「4台は古いもので臨時に持ってきた。3台は中国で新たに購入した。複数の微信(ウィーチャット、中国のSNS)のアカウントを登録したが、ブースでの問い合わせが多すぎて携帯への問い合わせに応じきれない。同僚を呼び出して助けてもらっている」と答えた。Zheng氏は、ユーザーからの質問に即座に答えることも究極のユーザー体験の一つだと語る。それこそが有望な顧客を開拓する絶好の機会なのだという。(上海=新華社記者/王琳琳)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像