検索結果 10 件中 1 件 〜 10 件 "open"
  1. 2019100905459

    五輪向け自動運転車を披露  トヨタ自動車が2020年東京五輪・パラリンピックに提供する自動運転のEV「e―Palette」

  2. 2019092605117

    「新華社」 中国武漢市、自動運転の商用ライセンス交付  22日、武漢市交通運輸局が交付した自動運転車の商用ライセンス。中国の国家スマートコネクテッドカー(武漢)試験モデル区が22日、湖北省武漢市にオープンし、百度(バイドゥ)、海梁科技(ハイリャンテクノロジー)、深蘭科技(ディープブルーテクノロジー)などの企業が、同市交通運輸局の交付する自動運転車の商用ライセンスを取得した。これにより、武漢市は自動運転の商業化分野で重要な一歩を踏み出したことになる。今後は、自動運転車が人を乗せて路上走行試験を行えるようになるだけでなく、商業化を模索することが可能となる。(武漢=新華社記者/王自宸)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019092605120

    「新華社」 中国武漢市、自動運転の商用ライセンス交付  22日、武漢市交通運輸局が交付した自動運転車の商用ライセンスを掲げて見せる百度、海梁科技、深蘭科技など企業の代表者。中国の国家スマートコネクテッドカー(武漢)試験モデル区が22日、湖北省武漢市にオープンし、百度(バイドゥ)、海梁科技(ハイリャンテクノロジー)、深蘭科技(ディープブルーテクノロジー)などの企業が、同市交通運輸局の交付する自動運転車の商用ライセンスを取得した。これにより、武漢市は自動運転の商業化分野で重要な一歩を踏み出したことになる。今後は、自動運転車が人を乗せて路上走行試験を行えるようになるだけでなく、商業化を模索することが可能となる。(武漢=新華社記者/王自宸)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019051600405

    「新華社」 自動運転バス導入、手のひら認証乗車も可能に天津市  10日、中新天津生態城(中国・シンガポール天津エコシティ)で運行を開始した自動運転バスの車内に設置された自動販売機。中国天津市の中新天津生態城(中国・シンガポール天津エコシティ)でこのほど、自動運転バス3台が導入され、自動運転技術が現実の生活という舞台で披露されることになった。(天津=新華社配信/中新天津生態城管理委員会提供)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:中新天津生態城管理委員会/新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019051600403

    「新華社」 自動運転バス導入、手のひら認証乗車も可能に天津市  10日、中新天津生態城(中国・シンガポール天津エコシティ)で運行を開始した自動運転バスの運転席。中国天津市の中新天津生態城(中国・シンガポール天津エコシティ)でこのほど、自動運転バス3台が導入され、自動運転技術が現実の生活という舞台で披露されることになった。(天津=新華社配信/中新天津生態城管理委員会提供)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:中新天津生態城管理委員会/新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019051600377

    「新華社」 自動運転バス導入、手のひら認証乗車も可能に天津市  10日、中新天津生態城(中国・シンガポール天津エコシティ)で運行を開始した自動運転バスの外観。中国天津市の中新天津生態城(中国・シンガポール天津エコシティ)でこのほど、自動運転バス3台が導入され、自動運転技術が現実の生活という舞台で披露されることになった。(天津=新華社配信/中新天津生態城管理委員会提供)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:中新天津生態城管理委員会/新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019051600375

    「新華社」 自動運転バス導入、手のひら認証乗車も可能に天津市  10日、中新天津生態城(中国・シンガポール天津エコシティ)で運行を開始した自動運転バスの車内。中国天津市の中新天津生態城(中国・シンガポール天津エコシティ)でこのほど、自動運転バス3台が導入され、自動運転技術が現実の生活という舞台で披露されることになった。(天津=新華社配信/中新天津生態城管理委員会提供)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:中新天津生態城管理委員会/新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019042601951

    「新華社」 ファーウェイ、自動運転向けの次世代ネットワークの枠組みを発表  17日、技術方案について紹介する華為SoftCOMAIソリューション部門の韓雨発総裁。次世代通信規格「5G」へと進む中、自動運転は発展が期待される分野となっている。中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は17日、広東省深圳市で自動運転向けの次世代ネットワークの枠組みを発表した。同社SoftCOMAIソリューション部門の韓雨発(かん・うはつ)総裁は、今後10年以内に世界中の通信事業者のネットワークがレベル5(完全自動運転)の段階に入るとの見解を示した。(深圳=新華社配信/華為技術提供)=2019(平成31)年4月17日、クレジット:華為技術/新華社/共同通信イメージズ

  9. 2018111214791

    「新華社」 世界インターネット最先端の成果を発表浙江省烏鎮  7日、自動運転開放プラットフォームApolloを紹介する百度(バイドゥ)の張亜勤(ちょう・あきん)総裁。第5回世界インターネット大会の主要プログラムである、世界インターネット最先端科学技術の成果発表会が7日、中国浙江省桐郷(とうきょう)市烏鎮(うちん)で開催された。同イベントでは微信(ウィーチャット)のミニプログラム、華為(ファーウェイ)のAscend310チップ、360の「安全大脳」、第5世代移動通信システム(5G)など、15の代表的な成果が披露された。(桐郷=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2018082715306

    「新華社」 「スマートタウン」を公開第1回中国国際スマート産業博覧会  23日、スマートタウンで信号を識別した後、通過する自動運転車両。第1回中国国際スマート産業博覧会が23日、重慶国際博覧センターで開幕し、会場の南エリアにある敷地面積3万平方メートルの「スマートタウン」も同日、一般公開された。スマートタウンは、5~10年後の人々のスマート生活をシミュレーションしている。「テクノロジー生活、スマートシティ」をテーマに企画と展示を行い、テクノロジー、文化、娯楽などの要素を集結し、「衣食住と移動」においてスマートテクノロジーがもたらす生活体験を示す。スマートタウンは博覧会閉幕後も1年間展示を続け、より多くの見学者に未来の生活体験を提供するという。(重慶=新華社記者/唐奕)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像