検索結果 702 件中 1 件 〜 50
  1. 2019091600339

    隊列トラックの拠点新設へ  自動運転の実証実験で、新東名高速道路を隊列走行する3台のトラック=2018年1月、浜松市

  2. 2019083100122

    3カ月ぶりに自動運転再開  自動運転を再開した「金沢シーサイドライン」の車両=31日午前、横浜市磯子区

  3. 2019083100108

    3カ月ぶりに自動運転再開  自動運転を再開した「金沢シーサイドライン」の車両=31日午前、横浜市磯子区

  4. 2019082802426

    W杯観戦に自動運転バス  熊谷ラグビー場と自動運転バス=28日午後、埼玉県熊谷市

  5. 2019082802397

    W杯観戦に自動運転バス  自動運転に切り替えるタッチパネルのボタンを指さす運転手=28日午後、埼玉県熊谷市

  6. 2019082800043

    AI品質保証、指針作成へ  愛知県豊橋市で行われたワゴン車(手前)とゴルフカート改造車の自動運転実験=2018年11月

  7. 2019082704598

    大型バスが客乗せ自動運転  実証実験で使用される自動運転の大型バス

  8. 2019082702750

    自動運転、31日に再開  記者会見する「金沢シーサイドライン」運営会社の三上章彦社長=27日午前、横浜市

  9. 2019072503000

    1㌻特集シリーズ「地域の脈動」第10回「過疎地の自動運転」 25年導入目指し実証実験  住民を乗せて走行する自動運転車=茨城県常陸太田市

  10. 2019072502999

    1㌻特集シリーズ「地域の脈動」第10回「過疎地の自動運転」 25年導入目指し実証実験  小型バスを使った自動運転の実証実験=北海道大樹町

  11. 2019072502995

    1㌻特集シリーズ「地域の脈動」第10回「過疎地の自動運転」 25年導入目指し実証実験  住民を乗せ、後部に荷台を付けて走行する自動運転車=茨城県常陸太田市

  12. 2019072502992

    1㌻特集シリーズ「地域の脈動」第10回「過疎地の自動運転」 25年導入目指し実証実験  住民を乗せ走行する自動運転車=茨城県常陸太田市

  13. 2019072502985

    1㌻特集シリーズ「地域の脈動」第10回「過疎地の自動運転」サイド 地域交通、縮小傾向  バスなど移動サービスの自動運転実現に関する政府目標、自動運転のレベル

  14. 2019072502984

    1㌻特集シリーズ「地域の脈動」第10回「過疎地の自動運転」サイド 地域交通、縮小傾向  バスなど移動サービスの自動運転実現に関する政府目標、自動運転のレベル

  15. 2019072000406

    自動運転で国際標準提案へ  日本提案の隊列走行基準のイメージ

  16. 2019072000405

    自動運転で国際標準提案へ  日本提案の隊列走行基準のイメージ

  17. 2019071806160

    ながら運転反則金約3倍に  「自動運転」の違反行為、反則金

  18. 2019071806146

    ながら運転反則金約3倍に  「自動運転」の違反行為、反則金

  19. 2019071205558

    自動運転、EVに提携拡大  12日、記者会見するフォルクスワーゲンのディースCEO(左)とフォードのハケットCEO=米ニューヨーク(ロイター=共同)

  20. 2019070600279

    ソフトバンクの出資認可  米GM系企業が手掛ける自動運転車=2017年11月、サンフランシスコ(ロイター=共同)

  21. 2019062706889

    自動カート、高齢者の足に  セレモニーで自動運転カートを背に握手するヤマハ発動機の日高祥博社長(右)と静岡県磐田市の渡部修市長=27日、同市

  22. 2019062400110

    自動運転6カ月実験  産業技術総合研究所などが福井県永平寺町の公道で行う実証実験で使用する自動運転車両=24日午前

  23. 2019062400109

    自動運転6カ月実験  産業技術総合研究所などが福井県永平寺町の公道で始めた、自動運転車両を使った実証実験=24日午前

  24. 2019061107115

    自動運転、中国勢が存在感  「CESアジア」で百度が公開した自動運転車の内部=11日、中国上海市(共同)

  25. 2019061106318

    自動運転、中国勢が存在感  「CESアジア」で百度が公開した自動運転車=11日、中国上海市(共同)

  26. 2019061106302

    自動運転、中国勢が存在感  デンソーの「未来の運転」が体験できる小型車=11日、中国上海市(共同)

  27. 2019061106301

    自動運転、中国勢が存在感  中国上海市で開幕した「CESアジア」の会場=11日(共同)

  28. 2019061102570

    甲乙「経済サプリ」 自動運転の行方  谷川史郎・東京芸術大客員教授

  29. 2019060603968

    「アジアビジネス」 自動運転車で街づくり  シンガポール

  30. 2019060603965

    「アジアビジネス」 自動運転車で街づくり  シンガポール

  31. 2019060603960

    「12段用」「アジアビジネス」 自動運転車で街づくり  シンガポール

  32. 2019060603956

    「12段用」「アジアビジネス」 自動運転車で街づくり  シンガポール

  33. 2019060603719

    アジアビジネス 自動運転車で街づくり  試験場で障害物を感知して停車する自動運転の電動バス=3月、シンガポール(共同)

  34. 2019060603711

    アジアビジネス 自動運転車で街づくり  シンガポールにある自動運転車の試験場=3月(共同)

  35. 2019060201588

    自動運転装置に不具合か  関東運輸局の担当者(右)から原因究明などを求める文書を受け取る「金沢シーサイドライン」運営会社の三上章彦社長=2日午後、横浜市

  36. 2019051600405

    「新華社」 自動運転バス導入、手のひら認証乗車も可能に天津市  10日、中新天津生態城(中国・シンガポール天津エコシティ)で運行を開始した自動運転バスの車内に設置された自動販売機。中国天津市の中新天津生態城(中国・シンガポール天津エコシティ)でこのほど、自動運転バス3台が導入され、自動運転技術が現実の生活という舞台で披露されることになった。(天津=新華社配信/中新天津生態城管理委員会提供)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:中新天津生態城管理委員会/新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019051600403

    「新華社」 自動運転バス導入、手のひら認証乗車も可能に天津市  10日、中新天津生態城(中国・シンガポール天津エコシティ)で運行を開始した自動運転バスの運転席。中国天津市の中新天津生態城(中国・シンガポール天津エコシティ)でこのほど、自動運転バス3台が導入され、自動運転技術が現実の生活という舞台で披露されることになった。(天津=新華社配信/中新天津生態城管理委員会提供)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:中新天津生態城管理委員会/新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019051600377

    「新華社」 自動運転バス導入、手のひら認証乗車も可能に天津市  10日、中新天津生態城(中国・シンガポール天津エコシティ)で運行を開始した自動運転バスの外観。中国天津市の中新天津生態城(中国・シンガポール天津エコシティ)でこのほど、自動運転バス3台が導入され、自動運転技術が現実の生活という舞台で披露されることになった。(天津=新華社配信/中新天津生態城管理委員会提供)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:中新天津生態城管理委員会/新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019051600375

    「新華社」 自動運転バス導入、手のひら認証乗車も可能に天津市  10日、中新天津生態城(中国・シンガポール天津エコシティ)で運行を開始した自動運転バスの車内。中国天津市の中新天津生態城(中国・シンガポール天津エコシティ)でこのほど、自動運転バス3台が導入され、自動運転技術が現実の生活という舞台で披露されることになった。(天津=新華社配信/中新天津生態城管理委員会提供)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:中新天津生態城管理委員会/新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019042500385

    自動運転車10台の実証実験  自動運転の実証実験で使用される電動のゴルフカートを改造した車両=25日午前、福井県永平寺町

  41. 2019042500371

    自動運転車10台の実証実験  実証実験で自動走行する、電動のゴルフカートを改造した自動運転車=25日午前、福井県永平寺町

  42. 2019042401421

    連載企画「新時代経済展望」5回続きの(3) 自動運転で事故ゼロも  次世代車のイメージ

  43. 2019042401420

    連載企画「新時代経済展望」5回続きの(3) 自動運転で事故ゼロも  次世代車のイメージ

  44. 2019042601730

    「新華社」 5·5トンの自動運転バスがガラス橋を走行湖南省張家界  24日、湖南省の張家界大峡谷に架かるガラス橋を走る重さ5・5トンの自動運転バス。中国湖南省の張家界大峡谷風景区で24日、観光客の安全を確保するため、ガラス橋の耐荷重試験が行われた。張家界大峡谷ガラス橋は開通から2年余り。全長430メートル、谷底からの高さは300メートルで、99枚の透明な強化ガラスが敷かれている。(張家界=新華社配信/呉勇兵)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019042601715

    「新華社」 5·5トンの自動運転バスがガラス橋を走行湖南省張家界  24日、湖南省の張家界大峡谷に架かるガラス橋を走る重さ5・5トンの自動運転バス。(小型無人機から)中国湖南省の張家界大峡谷風景区で24日、観光客の安全を確保するため、ガラス橋の耐荷重試験が行われた。張家界大峡谷ガラス橋は開通から2年余り。全長430メートル、谷底からの高さは300メートルで、99枚の透明な強化ガラスが敷かれている。(張家界=新華社配信/呉勇兵)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019042601754

    「新華社」 5·5トンの自動運転バスがガラス橋を走行湖南省張家界  24日、湖南省の張家界大峡谷に架かるガラス橋を走る重さ5・5トンの自動運転バス。中国湖南省の張家界大峡谷風景区で24日、観光客の安全を確保するため、ガラス橋の耐荷重試験が行われた。張家界大峡谷ガラス橋は開通から2年余り。全長430メートル、谷底からの高さは300メートルで、99枚の透明な強化ガラスが敷かれている。(張家界=新華社配信/呉勇兵)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019051402267

    「新華社」 張家界大峡谷のガラス橋で無人バスを使ったマジックショー開催  24日、張家界大峡谷のガラス橋の上をゆっくりと進む無人運転バスに片手で触れながら空中に浮くマジシャンの談蘇陽さん。中国湖南省張家界市の観光地、張家界大峡谷で24日、無人運転バスを利用した人体浮遊ショーが開催された。マジシャンの談蘇陽(だん・そよう)さんが、片手でバスの車体に触れ、バスと共に進みながら約15分間空中を浮遊した。今回の挑戦を行った無人運転バスは、中国が自主開発した25人乗りのスマート運転バス「阿爾法巴」(Alphaba)。最高時速は40キロ、一度の走行可能距離は150キロメートルで、人間による運転と自動運転の2種類のモードを搭載している。(張家界=新華社配信/宋戈)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  48. 2019051402269

    「新華社」 張家界大峡谷のガラス橋で無人バスを使ったマジックショー開催  24日、張家界大峡谷風景区で開催された無人運転バスを使った人体浮遊ショー。中国湖南省張家界市の観光地、張家界大峡谷で24日、無人運転バスを利用した人体浮遊ショーが開催された。マジシャンの談蘇陽(だん・そよう)さんが、片手でバスの車体に触れ、バスと共に進みながら約15分間空中を浮遊した。今回の挑戦を行った無人運転バスは、中国が自主開発した25人乗りのスマート運転バス「阿爾法巴」(Alphaba)。最高時速は40キロ、一度の走行可能距離は150キロメートルで、人間による運転と自動運転の2種類のモードを搭載している。(張家界=新華社配信/宋戈)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  49. 2019051402284

    「新華社」 張家界大峡谷のガラス橋で無人バスを使ったマジックショー開催  24日、張家界大峡谷風景区で開催された無人運転バスを使った人体浮遊ショー。中国湖南省張家界市の観光地、張家界大峡谷で24日、無人運転バスを利用した人体浮遊ショーが開催された。マジシャンの談蘇陽(だん・そよう)さんが、片手でバスの車体に触れ、バスと共に進みながら約15分間空中を浮遊した。今回の挑戦を行った無人運転バスは、中国が自主開発した25人乗りのスマート運転バス「阿爾法巴」(Alphaba)。最高時速は40キロ、一度の走行可能距離は150キロメートルで、人間による運転と自動運転の2種類のモードを搭載している。(張家界=新華社配信/宋戈)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  50. 2019051402266

    「新華社」 張家界大峡谷のガラス橋で無人バスを使ったマジックショー開催  24日、張家界大峡谷のガラス橋の上をゆっくりと進む無人運転バスに片手で触れながら空中に浮くマジシャンの談蘇陽さん。中国湖南省張家界市の観光地、張家界大峡谷で24日、無人運転バスを利用した人体浮遊ショーが開催された。マジシャンの談蘇陽(だん・そよう)さんが、片手でバスの車体に触れ、バスと共に進みながら約15分間空中を浮遊した。今回の挑戦を行った無人運転バスは、中国が自主開発した25人乗りのスマート運転バス「阿爾法巴」(Alphaba)。最高時速は40キロ、一度の走行可能距離は150キロメートルで、人間による運転と自動運転の2種類のモードを搭載している。(張家界=新華社配信/宋戈)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像