検索結果 366 件中 1 件 〜 50
  1. 2020112200685

    もんじゅ・資料  日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉もんじゅ=2020年10月20日、福井県敦賀市(共同通信社ヘリから)

  2. 2020082401111

    建築科学テーマの展示館がオープン湖北省武漢市  19日、中国建築科技館の外観。(小型無人機から)中国で初めてとなる建築科学をテーマにした展示館「中国建築科技館」が19日、湖北省武漢市でオープンした。建築面積は1万9千平方メートル、中国台湾の著名建築家、李祖原(り・そげん)氏による設計で、中国建築第三工程局が投資・建設した。中国の各時期における建築文化を総合的に知ることができる。見学は前日までに予約が必要。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020081205330

    田湾原発5号機、グリッド接続成功江蘇省連雲港市  9日、江蘇省連雲港市で撮影した中国核工業集団の田湾原子力発電所5号機。(小型無人機から)中国核工業集団(CNNC)の田湾原子力発電所5号機が8日、グリッド接続に初めて成功した。各技術指標は設計要件を満たしており、5号機が本格的なグリッド接続の調整段階に入り、後続機が商業運転に入るための基礎が築かれたことを示した。5号機のグリッド接続成功により、同発電所の発電ユニットは5基となった。(連雲港=新華社配信/王春)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020081205429

    田湾原発5号機、グリッド接続成功江蘇省連雲港市  9日、江蘇省連雲港市で撮影した中国核工業集団の田湾原子力発電所。(小型無人機から)中国核工業集団(CNNC)の田湾原子力発電所5号機が8日、グリッド接続に初めて成功した。各技術指標は設計要件を満たしており、5号機が本格的なグリッド接続の調整段階に入り、後続機が商業運転に入るための基礎が築かれたことを示した。5号機のグリッド接続成功により、同発電所の発電ユニットは5基となった。(連雲港=新華社配信/王春)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020062204206

    「世界一」成果へ手応え 理化学研究所  神戸市の理化学研究所計算科学研究センター=22日午後(共同通信社ヘリから)

  6. 2020062204204

    「世界一」成果へ手応え 神戸市の理化学研究所  神戸市の理化学研究所計算科学研究センター=22日午後(共同通信社ヘリから)

  7. 2020060209285

    太陽光発電で貧困脱出サポート山西省  山西省吉県屯里鎮にある集中型太陽光発電所。(5月11日撮影、小型無人機から)中国黄河の上・中流域に広がる黄土高原の東部に位置する山西省は、太陽光発電建設の自然条件に恵まれている。2014年には、国務院扶貧開発領導小組弁公室(貧困対策開発指導グループ事務室)と国家能源(エネルギー)局により、太陽光発電による貧困対策の第1期実証省の一つに選出された。すでに完成して系統連系を果たした貧困対策向け太陽光発電規模は295万400キロワットに達し、うち281万3100キロワットは財政補助リストに収められている。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020042709478

    日本の経験を取り入れた中国の農村振興の道  14日、福建省南平市建陽区麻沙鎮水南村に設置された、ブドウ遺伝資源センターのスマート温度制御機能付きガラス温室。(小型無人機から)中国が打ち出した郷村振興戦略を背景に、富閩(ふびん)基金会は福建省の農家が日本などの国や地域から経験を学ぶための資金援助を開始した。昨年日本で学んだ農家は、2018年に同省の「夢をかなえる村」郷村実験計画の第1弾のモデルケースに認定された南平市水南村、西郊村、大渚村の3カ村の出身者だった。(南平=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020041403628

    綏芬河市の新型コロナ臨時医療施設、間もなく供用開始黒竜江省  10日、綏芬河市の臨時医療施設「方艙医院」。(小型無人機から)中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)市で既存施設を利用して6日から改修工事が進められている新型コロナウイルス感染者用の臨時医療施設「方艙医院」は、室内の改修と内装がほぼ完了した。工事請負側によると、現在は残りの工事を急ピッチで進めるとともに、医療機器の搬入を準備している。(ハルビン=新華社記者/斉泓鑫)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020020609696

    武漢の雷神山医院、間もなく完成  4日、武漢市の雷神山医院建設現場で、急ピッチで作業する中国建築第三工程局の作業員。(小型無人機から)中国湖北省武漢市で進められている雷神山医院の建設が4日、ラストスパートに入った。5日には引渡し条件を満たす見込み。4日午後0時時点で、病室隔離エリアのプレハブ建築のクレーンによる組み立てはすでに96・5%まで進んでおり、医療技術棟の鉄骨構造と屋根パネルの設置は基本的に完了している。汚水処理場設備と配管設置、ごみ焼却場の構造物施工も終わり、路面舗装は50%完了している。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019103004029

    「最新技術活用積み重ね」 視察する中村知事  小型無人機ドローンの説明を受ける愛媛県の中村時広知事(中央)=30日午後、愛媛県大洲市

  12. 2019101604796

    都市部・農村部の全路線でEVバスを導入浙江省長興県  10日、空から見た長興県の画渓バスターミナル。(小型無人機から)中国浙江省長興県の都市部・農村部をカバーする公共バスの始発駅、画渓バスターミナルに設置された充電スタンド22基のすべてが10日、検収・通電を終え、正式に稼働を始めた。今回新たに設置された充電スタンドはいずれも直流急速充電方式を採用。35台の電動バス(EV)に同時に充電でき、1台あたりの充電時間はわずか30分だという。同県のEVバスの導入は、10月初旬までにすべて完了しており、各バス停に新たに設置された充電スタンドの調整・検収作業が最終段階に入っている。(長興=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019101604832

    都市部・農村部の全路線でEVバスを導入浙江省長興県  10日、空から見た長興県の画渓バスターミナル。(小型無人機から)中国浙江省長興県の都市部・農村部をカバーする公共バスの始発駅、画渓バスターミナルに設置された充電スタンド22基のすべてが10日、検収・通電を終え、正式に稼働を始めた。今回新たに設置された充電スタンドはいずれも直流急速充電方式を採用。35台の電動バス(EV)に同時に充電でき、1台あたりの充電時間はわずか30分だという。同県のEVバスの導入は、10月初旬までにすべて完了しており、各バス停に新たに設置された充電スタンドの調整・検収作業が最終段階に入っている。(長興=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019072903101

    国立感染症研究所村山庁舎 空撮資料  国立感染症研究所村山庁舎=東京都武蔵村山市で2019年7月29日午前9時4分、共同通信社ヘリから

  15. 2019072903086

    国立感染症研究所村山庁舎 空撮資料  国立感染症研究所村山庁舎=東京都武蔵村山市で2019年7月29日午前9時3分、共同通信社ヘリから

  16. 2019072903066

    国立感染症研究所村山庁舎 空撮資料 国立感染症研究所村山庁舎=東京都武蔵村山市で2019年7月29日午前9時5分、共同通信社ヘリから

  17. 2019072903023

    国立感染症研究所村山庁舎 空撮資料  国立感染症研究所村山庁舎=東京都武蔵村山市で2019年7月29日午前9時5分、共同通信社ヘリから

  18. 2019072902957

    国立感染症研究所村山庁舎 空撮資料  国立感染症研究所村山庁舎=東京都武蔵村山市で2019年7月29日午前9時5分、共同通信社ヘリから

  19. 2019071100301

    江門ニュートリノ実験施設の掘削工事始まる広東省  広東省開平市の実験施設建設現場。(6月23日撮影、小型無人機から)中国が主導する大型国際科学協力プロジェクト、江門地下ニュートリノ実験(JUNO)は広東省開平市で施設建設工事を進めており、このほど、地下実験室建設のための掘削作業に入った。施設全体の完成は2021年を見込む。(広州=新華社記者/劉大偉)=2019(令和元)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019051600680

    東海第2原発資料 東海第2原発  日本原子力発電の東海第2原発==2019年5月15日、茨城県東海村(共同通信社ヘリから)

  21. 2019010700650

    世界一高い送電鉄塔の架線作業が完了浙江省舟山  3日、架線作業を終えた西堠門横断鉄塔。両側の鉄塔はそれぞれ高さ380メートルとなっている。(小型無人機から)中国浙江省舟山(しゅうざん)市で建設が進む舟山500キロボルト送変電プロジェクトでこのほど、海上を横断する高さ380メートルの西堠門(せいこうもん)横断鉄塔の架線作業が終わり、海上送電線の検証・欠陥除去作業に入った。これにより同プロジェクトは最終段階に入り、舟山への電力エネルギーの大動脈が間もなく稼働する見通しとなった。浙江省送変電工程有限公司によると、同プロジェクトは舟山本島と大陸の電力網を接続。金塘島と冊子島の二つの島をまたぐ西堠門横断鉄塔は、中国が独自に設計した高さ380メートルの海上送電鉄塔2基が新たに建設され、送電鉄塔の高さや総重量など多くの世界記録を塗り替えた。(舟山=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019010700664

    世界一高い送電鉄塔の架線作業が完了浙江省舟山  3日、架線作業を終えた西堠門横断鉄塔。両側の鉄塔はそれぞれ高さ380メートルとなっている。(小型無人機から)中国浙江省舟山(しゅうざん)市で建設が進む舟山500キロボルト送変電プロジェクトでこのほど、海上を横断する高さ380メートルの西堠門(せいこうもん)横断鉄塔の架線作業が終わり、海上送電線の検証・欠陥除去作業に入った。これにより同プロジェクトは最終段階に入り、舟山への電力エネルギーの大動脈が間もなく稼働する見通しとなった。浙江省送変電工程有限公司によると、同プロジェクトは舟山本島と大陸の電力網を接続。金塘島と冊子島の二つの島をまたぐ西堠門横断鉄塔は、中国が独自に設計した高さ380メートルの海上送電鉄塔2基が新たに建設され、送電鉄塔の高さや総重量など多くの世界記録を塗り替えた。(舟山=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2018122025449

    内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地、グリッド接続発電開始  クブチ砂漠の奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクト。(13日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区・クブチ砂漠奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクトがこのほど、全容量グリッド接続発電に成功した。同プロジェクトは、内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地において、年間80万トンの二酸化炭素排出を削減するという。同自治区オルドス市政府が明らかにした。(オルドス=新華社記者/彭源)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2018122025453

    内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地、グリッド接続発電開始  クブチ砂漠の奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクト。(13日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区・クブチ砂漠奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクトがこのほど、全容量グリッド接続発電に成功した。同プロジェクトは、内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地において、年間80万トンの二酸化炭素排出を削減するという。同自治区オルドス市政府が明らかにした。(オルドス=新華社記者/彭源)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2018122025413

    内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地、グリッド接続発電開始  クブチ砂漠の奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクト。(13日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区・クブチ砂漠奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクトがこのほど、全容量グリッド接続発電に成功した。同プロジェクトは、内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地において、年間80万トンの二酸化炭素排出を削減するという。同自治区オルドス市政府が明らかにした。(オルドス=新華社記者/彭源)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2018122025412

    内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地、グリッド接続発電開始  クブチ砂漠の奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクト。(13日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区・クブチ砂漠奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクトがこのほど、全容量グリッド接続発電に成功した。同プロジェクトは、内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地において、年間80万トンの二酸化炭素排出を削減するという。同自治区オルドス市政府が明らかにした。(オルドス=新華社記者/彭源)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2018122025422

    内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地、グリッド接続発電開始  クブチ砂漠の奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクト。(13日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区・クブチ砂漠奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクトがこのほど、全容量グリッド接続発電に成功した。同プロジェクトは、内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地において、年間80万トンの二酸化炭素排出を削減するという。同自治区オルドス市政府が明らかにした。(オルドス=新華社記者/彭源)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2018120100156

    ドローンの配送実験開始 ドローン配送の検証実験  岡山県和気町で始まった小型無人機ドローンを使った荷物配送の検証実験=1日午前

  29. 2018111429047

    民営経済が小さな町を活性化江蘇省蘇州市呉江区  空から見た蘇州市呉江区の同里古鎮(古い町)。(10月31日撮影、小型無人機から)中国江蘇省蘇州市呉江(ごこう)区には、膨大な生産量を誇る世界的繊維製品取引センターの盛沢(せいたく)鎮、中国の30%以上の生糸を生産する震沢(しんたく)鎮、美しい湖沼・河川に囲まれる江南水郷の同里(どうり)鎮、太湖のほとりにある国学(中国の古典を基礎とする伝統的文化・学術体系)と音楽の町七都(しちと)鎮など特色ある鎮が多数ある。発達した民営経済と特色ある多数の鎮は、同区の鮮明な特色を形作っている。統計によると、現在同区にある民営企業は6万社を超えており、登録資本総額は3100億元(1元=約16円)を突破し、江蘇省の全県(県級市、区)でトップになっている。(南京=新華社記者/李博)=2018(平成30)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2018111428998

    民営経済が小さな町を活性化江蘇省蘇州市呉江区  空から見た蘇州市呉江区の同里古鎮(古い町)。(10月31日撮影、小型無人機から)中国江蘇省蘇州市呉江(ごこう)区には、膨大な生産量を誇る世界的繊維製品取引センターの盛沢(せいたく)鎮、中国の30%以上の生糸を生産する震沢(しんたく)鎮、美しい湖沼・河川に囲まれる江南水郷の同里(どうり)鎮、太湖のほとりにある国学(中国の古典を基礎とする伝統的文化・学術体系)と音楽の町七都(しちと)鎮など特色ある鎮が多数ある。発達した民営経済と特色ある多数の鎮は、同区の鮮明な特色を形作っている。統計によると、現在同区にある民営企業は6万社を超えており、登録資本総額は3100億元(1元=約16円)を突破し、江蘇省の全県(県級市、区)でトップになっている。(南京=新華社記者/李博)=2018(平成30)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2018111428994

    民営経済が小さな町を活性化江蘇省蘇州市呉江区  蘇州市呉江区で建設中の太湖新城。(10月30日撮影、小型無人機から)中国江蘇省蘇州市呉江(ごこう)区には、膨大な生産量を誇る世界的繊維製品取引センターの盛沢(せいたく)鎮、中国の30%以上の生糸を生産する震沢(しんたく)鎮、美しい湖沼・河川に囲まれる江南水郷の同里(どうり)鎮、太湖のほとりにある国学(中国の古典を基礎とする伝統的文化・学術体系)と音楽の町七都(しちと)鎮など特色ある鎮が多数ある。発達した民営経済と特色ある多数の鎮は、同区の鮮明な特色を形作っている。統計によると、現在同区にある民営企業は6万社を超えており、登録資本総額は3100億元(1元=約16円)を突破し、江蘇省の全県(県級市、区)でトップになっている。(南京=新華社記者/李博)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2018100600363

    世界一高い送電鉄塔、頂上部の据え付け完了  1日、上空から見た頂上部の据え付け工事が完了した高さ380メートルの金塘島送電鉄塔とその頂上部で作業する作業員。(小型無人機から)中国浙江省舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトで、高さ380メートルの金塘島送電鉄塔の最終段の吊り上げ・据え付け作業が1日、完了した。これは、同プロジェクト西堠門(せいこうもん)大横断の高さ380メートルの金塘島鉄塔と冊子島鉄塔の組み立てが完了し、頂上部の据え付けがつつがなく終了したことを示している。浙江省送変電工程公司によると、同省の舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトは、舟山本島と内陸の送電網を結び、そのうちの西堠門大横断で金塘と冊子2島に中国が自主設計・建造した380メートルの海洋横断送電高塔2基を建設し、投資総額は46億2千万元(1元=約17円)に達し、送電鉄塔の高さ、総重量、基礎整備、頂上部の大きさなどにおいて世界記録を樹立した。プロジェクト完了後の送電容量は200万キロワットに達し、舟山国家石油備蓄基地や浙江石油化工有限公司の4千万トン(年間)石油精製一体化プロジェクトなど一連の重点プロジェクトにエネルギーを提供するとしている。(舟山=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2018100600328

    世界一高い送電鉄塔、頂上部の据え付け完了  1日、上空から見た頂上部の据え付け工事が完了した高さ380メートルの金塘島送電鉄塔とその頂上部で作業する作業員。(小型無人機から)中国浙江省舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトで、高さ380メートルの金塘島送電鉄塔の最終段の吊り上げ・据え付け作業が1日、完了した。これは、同プロジェクト西堠門(せいこうもん)大横断の高さ380メートルの金塘島鉄塔と冊子島鉄塔の組み立てが完了し、頂上部の据え付けがつつがなく終了したことを示している。浙江省送変電工程公司によると、同省の舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトは、舟山本島と内陸の送電網を結び、そのうちの西堠門大横断で金塘と冊子2島に中国が自主設計・建造した380メートルの海洋横断送電高塔2基を建設し、投資総額は46億2千万元(1元=約17円)に達し、送電鉄塔の高さ、総重量、基礎整備、頂上部の大きさなどにおいて世界記録を樹立した。プロジェクト完了後の送電容量は200万キロワットに達し、舟山国家石油備蓄基地や浙江石油化工有限公司の4千万トン(年間)石油精製一体化プロジェクトなど一連の重点プロジェクトにエネルギーを提供するとしている。(舟山=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2018100600378

    世界一高い送電鉄塔、頂上部の据え付け完了  1日、上空から見た頂上部の据え付け工事が完了した高さ380メートルの金塘島送電鉄塔とその頂上部で作業する作業員。(小型無人機から)中国浙江省舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトで、高さ380メートルの金塘島送電鉄塔の最終段の吊り上げ・据え付け作業が1日、完了した。これは、同プロジェクト西堠門(せいこうもん)大横断の高さ380メートルの金塘島鉄塔と冊子島鉄塔の組み立てが完了し、頂上部の据え付けがつつがなく終了したことを示している。浙江省送変電工程公司によると、同省の舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトは、舟山本島と内陸の送電網を結び、そのうちの西堠門大横断で金塘と冊子2島に中国が自主設計・建造した380メートルの海洋横断送電高塔2基を建設し、投資総額は46億2千万元(1元=約17円)に達し、送電鉄塔の高さ、総重量、基礎整備、頂上部の大きさなどにおいて世界記録を樹立した。プロジェクト完了後の送電容量は200万キロワットに達し、舟山国家石油備蓄基地や浙江石油化工有限公司の4千万トン(年間)石油精製一体化プロジェクトなど一連の重点プロジェクトにエネルギーを提供するとしている。(舟山=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2018100600342

    世界一高い送電鉄塔、頂上部の据え付け完了  1日、上空から見た頂上部の据え付け工事が完了した高さ380メートルの金塘島送電鉄塔とその頂上部で作業する作業員。(小型無人機から)中国浙江省舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトで、高さ380メートルの金塘島送電鉄塔の最終段の吊り上げ・据え付け作業が1日、完了した。これは、同プロジェクト西堠門(せいこうもん)大横断の高さ380メートルの金塘島鉄塔と冊子島鉄塔の組み立てが完了し、頂上部の据え付けがつつがなく終了したことを示している。浙江省送変電工程公司によると、同省の舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトは、舟山本島と内陸の送電網を結び、そのうちの西堠門大横断で金塘と冊子2島に中国が自主設計・建造した380メートルの海洋横断送電高塔2基を建設し、投資総額は46億2千万元(1元=約17円)に達し、送電鉄塔の高さ、総重量、基礎整備、頂上部の大きさなどにおいて世界記録を樹立した。プロジェクト完了後の送電容量は200万キロワットに達し、舟山国家石油備蓄基地や浙江石油化工有限公司の4千万トン(年間)石油精製一体化プロジェクトなど一連の重点プロジェクトにエネルギーを提供するとしている。(舟山=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2018100600365

    世界一高い送電鉄塔、頂上部の据え付け完了  1日、上空から見た頂上部の据え付け工事が完了した高さ380メートルの金塘島送電鉄塔とその頂上部で作業する作業員。(小型無人機から)中国浙江省舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトで、高さ380メートルの金塘島送電鉄塔の最終段の吊り上げ・据え付け作業が1日、完了した。これは、同プロジェクト西堠門(せいこうもん)大横断の高さ380メートルの金塘島鉄塔と冊子島鉄塔の組み立てが完了し、頂上部の据え付けがつつがなく終了したことを示している。浙江省送変電工程公司によると、同省の舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトは、舟山本島と内陸の送電網を結び、そのうちの西堠門大横断で金塘と冊子2島に中国が自主設計・建造した380メートルの海洋横断送電高塔2基を建設し、投資総額は46億2千万元(1元=約17円)に達し、送電鉄塔の高さ、総重量、基礎整備、頂上部の大きさなどにおいて世界記録を樹立した。プロジェクト完了後の送電容量は200万キロワットに達し、舟山国家石油備蓄基地や浙江石油化工有限公司の4千万トン(年間)石油精製一体化プロジェクトなど一連の重点プロジェクトにエネルギーを提供するとしている。(舟山=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2018100120376

    鉱山跡地に太陽光発電所浙江省湖州市  26日、湖州市埭渓鎮東紅村の太陽光発電所。(小型無人機から)中国浙江省湖州市埭渓(たいけい)鎮の東紅村にある2500ムー(約166ヘクタール)以上の広さを持つ太陽光発電所は、鉱山の跡地に建てられた「農光互補」による太陽光発電所。同市はここ数年、鉱山跡地の整備プロジェクトの実施に力を入れている。生態系回復のための整備で多くの鉱山跡地が太陽光発電所や生態(エコ)パーク、産業パークなどに生まれ変わり、生態と経済の二重の効果、利益を生みだしている。「農光互補」とは、農地の隙間や栽培ハウスの上などに太陽光パネルを設置し、農家が農業で要する電力を使用、余剰電力を国が買い上げる新しい農業発展モデル。(湖州=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2018100120131

    鉱山跡地に太陽光発電所浙江省湖州市  26日、湖州市埭渓鎮東紅村の太陽光発電所。(小型無人機から)中国浙江省湖州市埭渓(たいけい)鎮の東紅村にある2500ムー(約166ヘクタール)以上の広さを持つ太陽光発電所は、鉱山の跡地に建てられた「農光互補」による太陽光発電所。同市はここ数年、鉱山跡地の整備プロジェクトの実施に力を入れている。生態系回復のための整備で多くの鉱山跡地が太陽光発電所や生態(エコ)パーク、産業パークなどに生まれ変わり、生態と経済の二重の効果、利益を生みだしている。「農光互補」とは、農地の隙間や栽培ハウスの上などに太陽光パネルを設置し、農家が農業で要する電力を使用、余剰電力を国が買い上げる新しい農業発展モデル。(湖州=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2018100120552

    鉱山跡地に太陽光発電所浙江省湖州市  26日、湖州市埭渓鎮東紅村の太陽光発電所。(小型無人機から)中国浙江省湖州市埭渓(たいけい)鎮の東紅村にある2500ムー(約166ヘクタール)以上の広さを持つ太陽光発電所は、鉱山の跡地に建てられた「農光互補」による太陽光発電所。同市はここ数年、鉱山跡地の整備プロジェクトの実施に力を入れている。生態系回復のための整備で多くの鉱山跡地が太陽光発電所や生態(エコ)パーク、産業パークなどに生まれ変わり、生態と経済の二重の効果、利益を生みだしている。「農光互補」とは、農地の隙間や栽培ハウスの上などに太陽光パネルを設置し、農家が農業で要する電力を使用、余剰電力を国が買い上げる新しい農業発展モデル。(湖州=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2018061100814

    【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔  上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が2000年に撮影した青島体育センター。(青島=新華社配信)下:2018年5月13日にドローンで撮影した青島体育センター。(青島=新華社記者/李紫恒)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2018061100793

    【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔  上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島港とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年5月7日にドローンで撮影した青島港とその周辺。(青島=新華社記者/郭緒雷)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2018061100816

    【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔  上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島・麦島とその周辺。(青島=新華社配信)下:5月4日にドローンで撮影した青島・麦島とその周辺。(青島=新華社記者/李紫恒)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2018061100778

    【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔  上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島桟橋とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年5月4日にドローンで撮影した青島桟橋とその周辺。(青島=新華社記者/李紫恒)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2018061100892

    【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔  上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島・団島とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年5月4日にドローンで撮影した青島・団島とその周辺。(青島=新華社記者/李紫恒)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2018061100805

    【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔  上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が2000年に撮影した青島・北海造船所(現在のオリンピックセーリングセンター)とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年4月16日にドローンで撮影した青島オリンピックセーリングセンターとその周辺。(青島=新華社記者/郭緒雷)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2018061100777

    【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔  上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島の五四広場とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年4月16日にドローンで撮影した青島の五四広場とその周辺。(青島=新華社記者/郭緒雷)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2018041000596

    大分にドローン開発拠点 施設を見学する広瀬知事ら  小型無人機ドローンを開発する「先端技術イノベーションラボ」を見学する大分県の広瀬勝貞知事(中央)ら=10日午後、大分市

  48. 2018041000590

    大分にドローン開発拠点 磁気シールドルーム  小型無人機ドローンを開発する「先端技術イノベーションラボ」に設けられた磁気シールドルーム=10日午後、大分市

  49. 2018040500558

    東海第2再稼働に資金支援 東海第2原発  日本原子力発電の東海第2原発=茨城県東海村

  50. 2018032000215

    筑波研究学園都市    筑波研究学園都市。手前は環境庁・国立公害研究所、左上は通産省・公害資源研究所=1980(昭和55)年3月30日、茨城県つくば市で共同通信社ヘリから(55年内地2947) 資料A 185

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像