検索結果 357 件中 1 件 〜 50
  1. 2019101604796

    「新華社」 都市部・農村部の全路線でEVバスを導入浙江省長興県  10日、空から見た長興県の画渓バスターミナル。(小型無人機から)中国浙江省長興県の都市部・農村部をカバーする公共バスの始発駅、画渓バスターミナルに設置された充電スタンド22基のすべてが10日、検収・通電を終え、正式に稼働を始めた。今回新たに設置された充電スタンドはいずれも直流急速充電方式を採用。35台の電動バス(EV)に同時に充電でき、1台あたりの充電時間はわずか30分だという。同県のEVバスの導入は、10月初旬までにすべて完了しており、各バス停に新たに設置された充電スタンドの調整・検収作業が最終段階に入っている。(長興=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019101604832

    「新華社」 都市部・農村部の全路線でEVバスを導入浙江省長興県  10日、空から見た長興県の画渓バスターミナル。(小型無人機から)中国浙江省長興県の都市部・農村部をカバーする公共バスの始発駅、画渓バスターミナルに設置された充電スタンド22基のすべてが10日、検収・通電を終え、正式に稼働を始めた。今回新たに設置された充電スタンドはいずれも直流急速充電方式を採用。35台の電動バス(EV)に同時に充電でき、1台あたりの充電時間はわずか30分だという。同県のEVバスの導入は、10月初旬までにすべて完了しており、各バス停に新たに設置された充電スタンドの調整・検収作業が最終段階に入っている。(長興=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019072903101

    国立感染症研究所村山庁舎  国立感染症研究所村山庁舎=東京都武蔵村山市で2019年7月29日午前9時4分、共同通信社ヘリから

  4. 2019072903086

    国立感染症研究所村山庁舎  国立感染症研究所村山庁舎=東京都武蔵村山市で2019年7月29日午前9時3分、共同通信社ヘリから

  5. 2019072903066

    国立感染症研究所村山庁舎 国立感染症研究所村山庁舎=東京都武蔵村山市で2019年7月29日午前9時5分、共同通信社ヘリから

  6. 2019072903023

    国立感染症研究所村山庁舎  国立感染症研究所村山庁舎=東京都武蔵村山市で2019年7月29日午前9時5分、共同通信社ヘリから

  7. 2019072902957

    国立感染症研究所村山庁舎  国立感染症研究所村山庁舎=東京都武蔵村山市で2019年7月29日午前9時5分、共同通信社ヘリから

  8. 2019071100301

    「新華社」 江門ニュートリノ実験施設の掘削工事始まる広東省  広東省開平市の実験施設建設現場。(6月23日撮影、小型無人機から)中国が主導する大型国際科学協力プロジェクト、江門地下ニュートリノ実験(JUNO)は広東省開平市で施設建設工事を進めており、このほど、地下実験室建設のための掘削作業に入った。施設全体の完成は2021年を見込む。(広州=新華社記者/劉大偉)=2019(令和元)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019051600680

    東海第2原発資料  日本原子力発電の東海第2原発==2019年5月15日、茨城県東海村(共同通信社ヘリから)

  10. 2019010700650

    「新華社」 世界一高い送電鉄塔の架線作業が完了浙江省舟山  3日、架線作業を終えた西堠門横断鉄塔。両側の鉄塔はそれぞれ高さ380メートルとなっている。(小型無人機から)中国浙江省舟山(しゅうざん)市で建設が進む舟山500キロボルト送変電プロジェクトでこのほど、海上を横断する高さ380メートルの西堠門(せいこうもん)横断鉄塔の架線作業が終わり、海上送電線の検証・欠陥除去作業に入った。これにより同プロジェクトは最終段階に入り、舟山への電力エネルギーの大動脈が間もなく稼働する見通しとなった。浙江省送変電工程有限公司によると、同プロジェクトは舟山本島と大陸の電力網を接続。金塘島と冊子島の二つの島をまたぐ西堠門横断鉄塔は、中国が独自に設計した高さ380メートルの海上送電鉄塔2基が新たに建設され、送電鉄塔の高さや総重量など多くの世界記録を塗り替えた。(舟山=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019010700664

    「新華社」 世界一高い送電鉄塔の架線作業が完了浙江省舟山  3日、架線作業を終えた西堠門横断鉄塔。両側の鉄塔はそれぞれ高さ380メートルとなっている。(小型無人機から)中国浙江省舟山(しゅうざん)市で建設が進む舟山500キロボルト送変電プロジェクトでこのほど、海上を横断する高さ380メートルの西堠門(せいこうもん)横断鉄塔の架線作業が終わり、海上送電線の検証・欠陥除去作業に入った。これにより同プロジェクトは最終段階に入り、舟山への電力エネルギーの大動脈が間もなく稼働する見通しとなった。浙江省送変電工程有限公司によると、同プロジェクトは舟山本島と大陸の電力網を接続。金塘島と冊子島の二つの島をまたぐ西堠門横断鉄塔は、中国が独自に設計した高さ380メートルの海上送電鉄塔2基が新たに建設され、送電鉄塔の高さや総重量など多くの世界記録を塗り替えた。(舟山=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2018122025449

    「新華社」 内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地、グリッド接続発電開始  クブチ砂漠の奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクト。(13日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区・クブチ砂漠奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクトがこのほど、全容量グリッド接続発電に成功した。同プロジェクトは、内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地において、年間80万トンの二酸化炭素排出を削減するという。同自治区オルドス市政府が明らかにした。(オルドス=新華社記者/彭源)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2018122025453

    「新華社」 内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地、グリッド接続発電開始  クブチ砂漠の奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクト。(13日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区・クブチ砂漠奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクトがこのほど、全容量グリッド接続発電に成功した。同プロジェクトは、内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地において、年間80万トンの二酸化炭素排出を削減するという。同自治区オルドス市政府が明らかにした。(オルドス=新華社記者/彭源)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2018122025413

    「新華社」 内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地、グリッド接続発電開始  クブチ砂漠の奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクト。(13日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区・クブチ砂漠奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクトがこのほど、全容量グリッド接続発電に成功した。同プロジェクトは、内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地において、年間80万トンの二酸化炭素排出を削減するという。同自治区オルドス市政府が明らかにした。(オルドス=新華社記者/彭源)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2018122025412

    「新華社」 内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地、グリッド接続発電開始  クブチ砂漠の奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクト。(13日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区・クブチ砂漠奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクトがこのほど、全容量グリッド接続発電に成功した。同プロジェクトは、内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地において、年間80万トンの二酸化炭素排出を削減するという。同自治区オルドス市政府が明らかにした。(オルドス=新華社記者/彭源)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2018122025422

    「新華社」 内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地、グリッド接続発電開始  クブチ砂漠の奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクト。(13日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区・クブチ砂漠奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクトがこのほど、全容量グリッド接続発電に成功した。同プロジェクトは、内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地において、年間80万トンの二酸化炭素排出を削減するという。同自治区オルドス市政府が明らかにした。(オルドス=新華社記者/彭源)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2018120100156

    ドローンの配送実験開始  岡山県和気町で始まった小型無人機ドローンを使った荷物配送の検証実験=1日午前

  18. 2018111429047

    「新華社」 民営経済が小さな町を活性化江蘇省蘇州市呉江区  空から見た蘇州市呉江区の同里古鎮(古い町)。(10月31日撮影、小型無人機から)中国江蘇省蘇州市呉江(ごこう)区には、膨大な生産量を誇る世界的繊維製品取引センターの盛沢(せいたく)鎮、中国の30%以上の生糸を生産する震沢(しんたく)鎮、美しい湖沼・河川に囲まれる江南水郷の同里(どうり)鎮、太湖のほとりにある国学(中国の古典を基礎とする伝統的文化・学術体系)と音楽の町七都(しちと)鎮など特色ある鎮が多数ある。発達した民営経済と特色ある多数の鎮は、同区の鮮明な特色を形作っている。統計によると、現在同区にある民営企業は6万社を超えており、登録資本総額は3100億元(1元=約16円)を突破し、江蘇省の全県(県級市、区)でトップになっている。(南京=新華社記者/李博)=2018(平成30)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2018111428998

    「新華社」 民営経済が小さな町を活性化江蘇省蘇州市呉江区  空から見た蘇州市呉江区の同里古鎮(古い町)。(10月31日撮影、小型無人機から)中国江蘇省蘇州市呉江(ごこう)区には、膨大な生産量を誇る世界的繊維製品取引センターの盛沢(せいたく)鎮、中国の30%以上の生糸を生産する震沢(しんたく)鎮、美しい湖沼・河川に囲まれる江南水郷の同里(どうり)鎮、太湖のほとりにある国学(中国の古典を基礎とする伝統的文化・学術体系)と音楽の町七都(しちと)鎮など特色ある鎮が多数ある。発達した民営経済と特色ある多数の鎮は、同区の鮮明な特色を形作っている。統計によると、現在同区にある民営企業は6万社を超えており、登録資本総額は3100億元(1元=約16円)を突破し、江蘇省の全県(県級市、区)でトップになっている。(南京=新華社記者/李博)=2018(平成30)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2018111428994

    「新華社」 民営経済が小さな町を活性化江蘇省蘇州市呉江区  蘇州市呉江区で建設中の太湖新城。(10月30日撮影、小型無人機から)中国江蘇省蘇州市呉江(ごこう)区には、膨大な生産量を誇る世界的繊維製品取引センターの盛沢(せいたく)鎮、中国の30%以上の生糸を生産する震沢(しんたく)鎮、美しい湖沼・河川に囲まれる江南水郷の同里(どうり)鎮、太湖のほとりにある国学(中国の古典を基礎とする伝統的文化・学術体系)と音楽の町七都(しちと)鎮など特色ある鎮が多数ある。発達した民営経済と特色ある多数の鎮は、同区の鮮明な特色を形作っている。統計によると、現在同区にある民営企業は6万社を超えており、登録資本総額は3100億元(1元=約16円)を突破し、江蘇省の全県(県級市、区)でトップになっている。(南京=新華社記者/李博)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2018100600363

    「新華社」 世界一高い送電鉄塔、頂上部の据え付け完了  1日、上空から見た頂上部の据え付け工事が完了した高さ380メートルの金塘島送電鉄塔とその頂上部で作業する作業員。(小型無人機から)中国浙江省舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトで、高さ380メートルの金塘島送電鉄塔の最終段の吊り上げ・据え付け作業が1日、完了した。これは、同プロジェクト西堠門(せいこうもん)大横断の高さ380メートルの金塘島鉄塔と冊子島鉄塔の組み立てが完了し、頂上部の据え付けがつつがなく終了したことを示している。浙江省送変電工程公司によると、同省の舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトは、舟山本島と内陸の送電網を結び、そのうちの西堠門大横断で金塘と冊子2島に中国が自主設計・建造した380メートルの海洋横断送電高塔2基を建設し、投資総額は46億2千万元(1元=約17円)に達し、送電鉄塔の高さ、総重量、基礎整備、頂上部の大きさなどにおいて世界記録を樹立した。プロジェクト完了後の送電容量は200万キロワットに達し、舟山国家石油備蓄基地や浙江石油化工有限公司の4千万トン(年間)石油精製一体化プロジェクトなど一連の重点プロジェクトにエネルギーを提供するとしている。(舟山=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2018100600328

    「新華社」 世界一高い送電鉄塔、頂上部の据え付け完了  1日、上空から見た頂上部の据え付け工事が完了した高さ380メートルの金塘島送電鉄塔とその頂上部で作業する作業員。(小型無人機から)中国浙江省舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトで、高さ380メートルの金塘島送電鉄塔の最終段の吊り上げ・据え付け作業が1日、完了した。これは、同プロジェクト西堠門(せいこうもん)大横断の高さ380メートルの金塘島鉄塔と冊子島鉄塔の組み立てが完了し、頂上部の据え付けがつつがなく終了したことを示している。浙江省送変電工程公司によると、同省の舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトは、舟山本島と内陸の送電網を結び、そのうちの西堠門大横断で金塘と冊子2島に中国が自主設計・建造した380メートルの海洋横断送電高塔2基を建設し、投資総額は46億2千万元(1元=約17円)に達し、送電鉄塔の高さ、総重量、基礎整備、頂上部の大きさなどにおいて世界記録を樹立した。プロジェクト完了後の送電容量は200万キロワットに達し、舟山国家石油備蓄基地や浙江石油化工有限公司の4千万トン(年間)石油精製一体化プロジェクトなど一連の重点プロジェクトにエネルギーを提供するとしている。(舟山=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2018100600378

    「新華社」 世界一高い送電鉄塔、頂上部の据え付け完了  1日、上空から見た頂上部の据え付け工事が完了した高さ380メートルの金塘島送電鉄塔とその頂上部で作業する作業員。(小型無人機から)中国浙江省舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトで、高さ380メートルの金塘島送電鉄塔の最終段の吊り上げ・据え付け作業が1日、完了した。これは、同プロジェクト西堠門(せいこうもん)大横断の高さ380メートルの金塘島鉄塔と冊子島鉄塔の組み立てが完了し、頂上部の据え付けがつつがなく終了したことを示している。浙江省送変電工程公司によると、同省の舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトは、舟山本島と内陸の送電網を結び、そのうちの西堠門大横断で金塘と冊子2島に中国が自主設計・建造した380メートルの海洋横断送電高塔2基を建設し、投資総額は46億2千万元(1元=約17円)に達し、送電鉄塔の高さ、総重量、基礎整備、頂上部の大きさなどにおいて世界記録を樹立した。プロジェクト完了後の送電容量は200万キロワットに達し、舟山国家石油備蓄基地や浙江石油化工有限公司の4千万トン(年間)石油精製一体化プロジェクトなど一連の重点プロジェクトにエネルギーを提供するとしている。(舟山=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2018100600342

    「新華社」 世界一高い送電鉄塔、頂上部の据え付け完了  1日、上空から見た頂上部の据え付け工事が完了した高さ380メートルの金塘島送電鉄塔とその頂上部で作業する作業員。(小型無人機から)中国浙江省舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトで、高さ380メートルの金塘島送電鉄塔の最終段の吊り上げ・据え付け作業が1日、完了した。これは、同プロジェクト西堠門(せいこうもん)大横断の高さ380メートルの金塘島鉄塔と冊子島鉄塔の組み立てが完了し、頂上部の据え付けがつつがなく終了したことを示している。浙江省送変電工程公司によると、同省の舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトは、舟山本島と内陸の送電網を結び、そのうちの西堠門大横断で金塘と冊子2島に中国が自主設計・建造した380メートルの海洋横断送電高塔2基を建設し、投資総額は46億2千万元(1元=約17円)に達し、送電鉄塔の高さ、総重量、基礎整備、頂上部の大きさなどにおいて世界記録を樹立した。プロジェクト完了後の送電容量は200万キロワットに達し、舟山国家石油備蓄基地や浙江石油化工有限公司の4千万トン(年間)石油精製一体化プロジェクトなど一連の重点プロジェクトにエネルギーを提供するとしている。(舟山=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2018100600365

    「新華社」 世界一高い送電鉄塔、頂上部の据え付け完了  1日、上空から見た頂上部の据え付け工事が完了した高さ380メートルの金塘島送電鉄塔とその頂上部で作業する作業員。(小型無人機から)中国浙江省舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトで、高さ380メートルの金塘島送電鉄塔の最終段の吊り上げ・据え付け作業が1日、完了した。これは、同プロジェクト西堠門(せいこうもん)大横断の高さ380メートルの金塘島鉄塔と冊子島鉄塔の組み立てが完了し、頂上部の据え付けがつつがなく終了したことを示している。浙江省送変電工程公司によると、同省の舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトは、舟山本島と内陸の送電網を結び、そのうちの西堠門大横断で金塘と冊子2島に中国が自主設計・建造した380メートルの海洋横断送電高塔2基を建設し、投資総額は46億2千万元(1元=約17円)に達し、送電鉄塔の高さ、総重量、基礎整備、頂上部の大きさなどにおいて世界記録を樹立した。プロジェクト完了後の送電容量は200万キロワットに達し、舟山国家石油備蓄基地や浙江石油化工有限公司の4千万トン(年間)石油精製一体化プロジェクトなど一連の重点プロジェクトにエネルギーを提供するとしている。(舟山=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2018100120376

    「新華社」 鉱山跡地に太陽光発電所浙江省湖州市  26日、湖州市埭渓鎮東紅村の太陽光発電所。(小型無人機から)中国浙江省湖州市埭渓(たいけい)鎮の東紅村にある2500ムー(約166ヘクタール)以上の広さを持つ太陽光発電所は、鉱山の跡地に建てられた「農光互補」による太陽光発電所。同市はここ数年、鉱山跡地の整備プロジェクトの実施に力を入れている。生態系回復のための整備で多くの鉱山跡地が太陽光発電所や生態(エコ)パーク、産業パークなどに生まれ変わり、生態と経済の二重の効果、利益を生みだしている。「農光互補」とは、農地の隙間や栽培ハウスの上などに太陽光パネルを設置し、農家が農業で要する電力を使用、余剰電力を国が買い上げる新しい農業発展モデル。(湖州=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2018100120131

    「新華社」 鉱山跡地に太陽光発電所浙江省湖州市  26日、湖州市埭渓鎮東紅村の太陽光発電所。(小型無人機から)中国浙江省湖州市埭渓(たいけい)鎮の東紅村にある2500ムー(約166ヘクタール)以上の広さを持つ太陽光発電所は、鉱山の跡地に建てられた「農光互補」による太陽光発電所。同市はここ数年、鉱山跡地の整備プロジェクトの実施に力を入れている。生態系回復のための整備で多くの鉱山跡地が太陽光発電所や生態(エコ)パーク、産業パークなどに生まれ変わり、生態と経済の二重の効果、利益を生みだしている。「農光互補」とは、農地の隙間や栽培ハウスの上などに太陽光パネルを設置し、農家が農業で要する電力を使用、余剰電力を国が買い上げる新しい農業発展モデル。(湖州=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2018100120552

    「新華社」 鉱山跡地に太陽光発電所浙江省湖州市  26日、湖州市埭渓鎮東紅村の太陽光発電所。(小型無人機から)中国浙江省湖州市埭渓(たいけい)鎮の東紅村にある2500ムー(約166ヘクタール)以上の広さを持つ太陽光発電所は、鉱山の跡地に建てられた「農光互補」による太陽光発電所。同市はここ数年、鉱山跡地の整備プロジェクトの実施に力を入れている。生態系回復のための整備で多くの鉱山跡地が太陽光発電所や生態(エコ)パーク、産業パークなどに生まれ変わり、生態と経済の二重の効果、利益を生みだしている。「農光互補」とは、農地の隙間や栽培ハウスの上などに太陽光パネルを設置し、農家が農業で要する電力を使用、余剰電力を国が買い上げる新しい農業発展モデル。(湖州=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2018061100814

    「新華社」 【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔  上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が2000年に撮影した青島体育センター。(青島=新華社配信)下:2018年5月13日にドローンで撮影した青島体育センター。(青島=新華社記者/李紫恒)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2018061100793

    「新華社」 【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔  上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島港とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年5月7日にドローンで撮影した青島港とその周辺。(青島=新華社記者/郭緒雷)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2018061100816

    「新華社」 【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔  上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島・麦島とその周辺。(青島=新華社配信)下:5月4日にドローンで撮影した青島・麦島とその周辺。(青島=新華社記者/李紫恒)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2018061100778

    「新華社」 【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔  上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島桟橋とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年5月4日にドローンで撮影した青島桟橋とその周辺。(青島=新華社記者/李紫恒)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2018061100892

    「新華社」 【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔  上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島・団島とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年5月4日にドローンで撮影した青島・団島とその周辺。(青島=新華社記者/李紫恒)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2018061100805

    「新華社」 【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔  上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が2000年に撮影した青島・北海造船所(現在のオリンピックセーリングセンター)とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年4月16日にドローンで撮影した青島オリンピックセーリングセンターとその周辺。(青島=新華社記者/郭緒雷)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2018061100777

    「新華社」 【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔  上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島の五四広場とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年4月16日にドローンで撮影した青島の五四広場とその周辺。(青島=新華社記者/郭緒雷)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2018041000596

    大分にドローン開発拠点  小型無人機ドローンを開発する「先端技術イノベーションラボ」を見学する大分県の広瀬勝貞知事(中央)ら=10日午後、大分市

  37. 2018041000590

    大分にドローン開発拠点  小型無人機ドローンを開発する「先端技術イノベーションラボ」に設けられた磁気シールドルーム=10日午後、大分市

  38. 2018040500558

    東海第2再稼働に資金支援  日本原子力発電の東海第2原発=茨城県東海村

  39. 2018032000215

    資料A 185 筑波研究学園都市  筑波研究学園都市。手前は環境庁・国立公害研究所、左上は通産省・公害資源研究所=1980(昭和55)年3月30日、茨城県つくば市で共同通信社ヘリから(55年内地2947)

  40. 2017112400893

    東海第2、安全対策費倍増  日本原子力発電の東海第2原発=茨城県東海村

  41. 2017092600013

    燃料取り出し3年遅れ  東京電力福島第1原発。右手前から1、2、3、4号機=4日(共同通信社ヘリから)

  42. 2017062100177

    事故施設立ち入り検査へ  日本原子力研究開発機構「大洗研究開発センター」=7日、茨城県大洗町

  43. 2018040400758

    「新華社」 春潮が岸を打ち、無数の船が行く-海南特区改革開放30年の記録  2017年6月15日、海南省文昌衛星発射センター。(ドローンで撮影)中国海南省では4月、木綿花が開花し、ブーゲンビリアが一斉に咲き誇る。南中国海の海辺を無数の船舶が航行し、改革開放の波のうねりはとどまることを知らない。中国最大の経済特区である海南経済特区は30年前、情勢に合わせ誕生した。30年の間、海南省は試行を重ね、改革開放のため歴史に残る数多くの探索の痕跡を刻んだ。広い大海原を帆船は流されることなくまっすぐ進み、春潮が湧く。新たな歴史のスタート地点に立ち「而立」の海南特区は再出発し、困難や障害を乗り越えて突き進み、全力を尽くし誰よりも先に成功をおさめる。(海口=新華社記者/楊冠宇)=2017(平成29)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2017060801262

    体外排出、効果は未知数  被ばくした作業員の治療が行われている放射線医学総合研究所=8日、千葉市稲毛区(共同通信社ヘリから)

  45. 2017060800088

    体内へ総量36万ベクレルか  日本原子力研究開発機構「大洗研究開発センター」の燃料研究棟(右上)=7日、茨城県大洗町(共同通信社ヘリから)

  46. 2017060700857

    作業員、内部被ばく  作業員が内部被ばくする事故があった日本原子力研究開発機構「大洗研究開発センター」の燃料研究棟=7日午後、茨城県大洗町(共同通信社ヘリから)

  47. 2017060700265

    作業員の肺から2万2千ベクレル  日本原子力研究開発機構の「大洗研究開発センター」=6日、茨城県大洗町

  48. 2017060601062

    5人に放射性物質付着  日本原子力研究開発機構の「大洗研究開発センター」=6日夕、茨城県大洗町(共同通信社ヘリから)

  49. 2017042200476

    核燃工場廃止に8千億円  日本原子力研究開発機構の東海再処理施設=1997年、茨城県東海村

  50. 2017030400272

    東海村原子力関連施設資料  核燃料サイクル工学研究所(左手前)。右奥は停止中の東海第2原発=2017年3月4日、茨城県東海村(共同通信社ヘリから)空撮

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像