検索結果 29,953 件中 1 件 〜 50
  1. 2020021405604

    寺島実郎  日本総合研究所会長、2020年2月10日、東京都千代田区九段の寺島文庫で撮影

  2. 2020021201113

    歌人2人に若山牧水賞  第24回若山牧水賞を受賞した松村由利子さん=12日午後、宮崎市

  3. 2020021200903

    夢の電池、23年までに開発  リチウムイオン電池(左)と開発段階の全固体電池

  4. 2020021200902

    夢の電池、23年までに開発  開発段階の全固体電池

  5. 2020021200862

    「関西ウオッチ」 夢の電池、23年までに開発  全固体電池の開発を進める吉野彰氏(右)、石黒恭生さん、鰐渕瑞絵さん=大阪府池田市

  6. 2020021200861

    「関西ウオッチ」 夢の電池、23年までに開発  全固体電池の開発を進める吉野彰氏(右)と石黒恭生さん=大阪府池田市

  7. 2020021405269

    「新華社」 中国内外の研究者、琥珀の中から約1億年前の古鳥類を発見  エナンティオルニスの復元図。中国内外の科学者は10日、北京市で会見し、以前ミャンマーで入手した白亜紀の琥珀(こはく)の中から、約1億年前の古鳥類、エナンティオルニス類の翼を新たに発見したことを明らかにした。白亜紀の古生物の多様性と進化を研究する上で重要な意義を持つ。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020021104065

    「南の大地から」 基地に咲くアンテナの花  「PANSY(パンジー)」のアンテナの前でポーズをとる第60次南極観測隊員の南原優一さん(左)と第61次隊員の浜野素行さん=1月、昭和基地(共同)

  9. 2020021405208

    「新華社」 李克強氏、中国医学科学院病原生物学研究所を視察  9日、実験室で抗ウイルス薬のスクリーニング状況などを詳しく尋ねる李克強氏(右から5人目)。李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理・中央新型コロナウイルス肺炎対策工作指導グループ長は9日、北京にある中国医学科学院病原生物学研究所を視察し、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制の科学的進展について尋ね、最前線で奮闘する科学研究者をねぎらった。(北京=新華社記者/王曄)=2020(令和2)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020021405318

    「新華社」 李克強氏、中国医学科学院病原生物学研究所を視察  9日、実験室で抗ウイルス薬のスクリーニング状況などを詳しく尋ねる李克強氏(中央)。李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理・中央新型コロナウイルス肺炎対策工作指導グループ長は9日、北京にある中国医学科学院病原生物学研究所を視察し、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制の科学的進展について尋ね、最前線で奮闘する科学研究者をねぎらった。(北京=新華社記者/王曄)=2020(令和2)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020020801255

    地域文化の未来考える  文化継承を巡る課題について意見を交わす御厨貴東大名誉教授(左)ら=8日、広島市

  12. 2020020800966

    便乗改憲論、学者が批判  慶応大の横大道聡教授

  13. 2020020800964

    便乗改憲論、学者が批判  上智大の江藤祥平准教授

  14. 2020020800680

    北朝鮮、軍創建記念日  7日、北朝鮮で実施された新型コロナウイルスの感染対策作業(朝鮮中央通信=共同)

  15. 2020020705652

    だるさや熱、長期化の傾向  講演する国立国際医療研究センターの大曲貴夫国際感染症センター長=7日午後、東京都港区

  16. 2020020705020

    アイヌ研究倫理指針を批判  記者会見する清水裕二さん(右)と丸山博室蘭工業大名誉教授(中央)ら=7日午後、札幌市

  17. 2020020602051

    「南の大地から」 泥を調べりゃ昔が分かる?  ぬるめ池の前でポーズをとる国立極地研究所の石輪健樹特任研究員=1月、南極大陸(共同)

  18. 2020020602047

    「南の大地から」 泥を調べりゃ昔が分かる?  ぬるめ池の周辺で関連する観測の記録を取る国立極地研究所の石輪健樹特任研究員=1月、南極大陸(共同)

  19. 2020020404057

    「南の大地から」 さらば、昭和基地!  南極観測船「しらせ」に向かう最終ヘリに手を振る第61次越冬隊員=4日、昭和基地(南極観測隊同行記者撮影)

  20. 2020020403902

    「混沌の核時代」 教皇訪日、核軍縮に追い風  長崎大核兵器廃絶研究センターがローマ教皇フランシスコの被爆地訪問の意義や影響をまとめた報告書を発表し、記者会見する長崎大多文化社会学部の四條知恵客員研究員=4日午後、長崎市

  21. 2020020401140

    核ごみ研究坑道を埋め戻し  瑞浪超深地層研究所で行われた、地下坑道埋め戻し作業の着手式=4日午前、岐阜県瑞浪市

  22. 2020020401134

    核ごみ研究坑道を埋め戻し  瑞浪超深地層研究所の地下坑道を埋め戻すため、砂を投入するショベルカー=4日午前、岐阜県瑞浪市

  23. 2020020609696

    「新華社」 武漢の雷神山医院、間もなく完成  4日、武漢市の雷神山医院建設現場で、急ピッチで作業する中国建築第三工程局の作業員。(小型無人機から)中国湖北省武漢市で進められている雷神山医院の建設が4日、ラストスパートに入った。5日には引渡し条件を満たす見込み。4日午後0時時点で、病室隔離エリアのプレハブ建築のクレーンによる組み立てはすでに96・5%まで進んでおり、医療技術棟の鉄骨構造と屋根パネルの設置は基本的に完了している。汚水処理場設備と配管設置、ごみ焼却場の構造物施工も終わり、路面舗装は50%完了している。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2020020300383

    元年国内 9596 「時の人」  農水事務次官になった田中宏尚(たなか・ひろひさ)さん 

  25. 2020020300279

    元年国内 9455 「時の人」  海上保安庁長官となった塩田澄夫(しおだ・すみお)さん 

  26. 2020020300278

    元年国内 9455 「時の人」  海上保安庁長官となった塩田澄夫(しおだ・すみお)さん 

  27. 2020020300211

    名古屋大が新スパコン導入  「富岳」と同型のCPUを手にする名古屋大情報基盤センター長の森健策教授=3日午前、名古屋市

  28. 2020020200607

    鹿児島で北前船フォーラム  鹿児島市で開かれた「第29回北前船寄港地フォーラム」で基調講演する歴史学者の磯田道史氏=2日午後

  29. 2020020200424

    緊急識者インタビュー企画「どうなる新型肺炎」2回続きの(下) 病気の全体像把握に全力を  森田公一・長崎大熱帯医学研究所長

  30. 2020020200277

    つげ義春さんに特別栄誉賞  つげ義春さん

  31. 2020013103402

    「35歳の自分に投資を」  九州大で講演する吉野彰旭化成名誉フェロー=31日午後、福岡市

  32. 2020013103071

    元年国内 9347 プラズマ7分37秒連続発生  プラズマを世界で初めて7分以上連続発生させることに成功した、核融合実験装置TRIAM—1M=九州大学応用力学研究所 

  33. 2020013102626

    視標「英EU離脱」(オピニオン欄用) 仏独関係の修復が急務  田中素香・東北大名誉教授

  34. 2020013100012

    北朝鮮、冬休みの宿題廃止  課外活動で、発電の原理を学ぶ小学生=24日、平壌の科学技術殿堂(共同)

  35. 2020020301035

    「山陽新聞」 京都大iPS細胞研究所の浜崎洋子教授  定例幹事会で講演する浜崎氏。岡山経済同友会(岡山市北区厚生町)は31日、定例幹事会兼地域振興委員会特別例会を同市内で開き、京都大iPS細胞研究所(京都市)の浜崎洋子教授=岡山市出身=が「なぜ免疫は老化するのか?」と題して講演した。=2020(令和2)年1月31日、岡山市内、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  36. 2020013000240

    吉野氏、藤沢名誉市民に  神奈川県藤沢市から名誉市民の称号を贈られ、講演する旭化成名誉フェローの吉野彰氏=30日午前

  37. 2020013000110

    吉野氏、藤沢名誉市民に  神奈川県藤沢市の名誉市民顕彰式であいさつする旭化成名誉フェローの吉野彰氏=30日午前

  38. 2020020300457

    「新華社」 ハルビン太平国際空港、遠距離非接触型温度計を導入黒竜江省  30日、赤外線放射温度計のモニターを監視するスタッフ。中国黒竜江省のハルビン太平国際空港は28日、作業効率向上のため、遠距離から多数の人を対象とした非接触型体温スクリーニング検査ができる赤外線放射温度計5組の使用を開始した。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2020020300426

    「新華社」 けがを押して感染予防・抑制業務に当たる女性医師黒竜江省ハルビン市  1月30日、体温スクリーニング検査を行う女性医師の郭嘉欣(かく・かきん)さん。中国黒竜江省のハルビン太平国際空港をここ数日利用した旅客は、車椅子に乗り、赤外線放射温度計を用いて遠距離から非接触で体温スクリーニング検査を行う女性を見かけたかもしれない。彼女は郭嘉欣(かく・かきん)さんという、同空港消防護衛部救急センターの医師だ。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2020012904791

    環境革新技術の研究所設立  「ゼロエミッション国際共同研究センター」のセンター長に就任し、設立記念イベントであいさつする吉野彰氏=29日夜、東京都千代田区

  41. 2020012904327

    「南の大地から」 しらせ、昭和基地とお別れ  遠ざかる南極観測船「しらせ」に向かって横断幕を掲げる第61次越冬隊員ら=29日、昭和基地(南極観測隊同行記者撮影)

  42. 2020012904326

    「南の大地から」 しらせ、昭和基地とお別れ  遠ざかる南極観測船「しらせ」に手を振る第61次越冬隊員ら=29日、昭和基地(南極観測隊同行記者撮影)

  43. 2020012904325

    「南の大地から」 しらせ、昭和基地とお別れ  遠ざかる南極観測船「しらせ」に手を振る第61次越冬隊員ら=29日、昭和基地(南極観測隊同行記者撮影)

  44. 2020012904319

    「博士学生の採用増加を」  文科省で記者会見する大隅良典・東京工業大栄誉教授=29日午後

  45. 2020012903594

    視標②「新型肺炎」(オピニオン欄用) 対処未熟、人災に  柯隆・静岡県立大特任教授

  46. 2020012903537

    甲乙「科学する人」「カーボンナノチューブの遠藤守信さん」4回続きの(4) 「暮らしの質高める」  電子顕微鏡を操作する信州大特別特任教授の遠藤守信さん

  47. 2020012903364

    甲乙「科学する人」「カーボンナノチューブの遠藤守信さん」4回続きの(1) 〝炭素の筒〟を大量生産  炭素原子が網目状に並んだカーボンナノチューブの模型を持つ遠藤守信・信州大特別特任教授

  48. 2020012810740

    中村哲さんに市民栄誉賞  中村哲さん

  49. 2020012807700

    京大原子力研究施設で煙  所内の施設で煙が充満する騒ぎがあった京都大複合原子力科学研究所=28日、大阪府熊取町

  50. 2020020300742

    「新華社」 英政府、ファーウェイの5G参入を限定容認  28日、ロンドンにあるファーウェイの5Gイノベーション・体験センターで、4Gと5Gの通信速度を比較表示するスクリーン。中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の張建崗(VictorZhang)副総裁は28日ロンドンで、英政府はすでに5Gの円滑な導入を確保するため、ファーウェイが英国の顧客と引き続き協力することを容認する旨を確認したと表明。「会社として安心した」と述べた。(ロンドン=新華社記者/韓岩)=2020(令和2)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像