検索結果 6 件中 1 件 〜 6 件 "ジンジャー"
  1. 2019052400636

    中国の科学者、被子植物の水媒受精メカニズムを初めて確認  無数の花粉管が花柱に入り、最終的に胚珠に到達して受精する様子。(2013年11月15日撮影)中国の科学者はショウガ科の「距薬姜」(Cautleyagracilis)を通じて、被子植物の水媒による受精メカニズムを初めて発見した。研究成果はこのほど、英科学誌「NewPhytologist」に掲載された。論文の筆頭著者で、中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園植物進化生態研究チーム博士課程生の范永立(はん・えいりつ)氏によると、距薬姜の開花時期は6~8月で、分布地域である横断山脈一帯で最も降雨が集中する季節に当たる。晴天下ではこの植物の花粉は顆粒状だが、花粉を媒介する送粉者のいる個体群は少数で、多くの個体群には送粉者がおらず、主に不完全な自家受粉によって少量の種子を作り出す。雨天では送粉者が不足するが、雨水が花粉を湿らせることで花粉の発芽や花粉管の伸長を引き起こし、花粉管の一部がそばの柱頭まで伸び、精子が花粉管を通って胚珠に到達する。このようにして雨水の媒介による受精が行われていたことが、今回明らかになった。(昆明=新華社配信/范永立氏提供)=2013(平成25)年11月15日、クレジット:范永立氏/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2019052400573

    中国の科学者、被子植物の水媒受精メカニズムを初めて確認  乾燥している時の距薬姜の花の内部。写真から、花の柱頭やおしべの葯(やく)の位置、顆粒状の花粉が確認できる。(2012年10月29日撮影)中国の科学者はショウガ科の「距薬姜」(Cautleyagracilis)を通じて、被子植物の水媒による受精メカニズムを初めて発見した。研究成果はこのほど、英科学誌「NewPhytologist」に掲載された。論文の筆頭著者で、中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園植物進化生態研究チーム博士課程生の范永立(はん・えいりつ)氏によると、距薬姜の開花時期は6~8月で、分布地域である横断山脈一帯で最も降雨が集中する季節に当たる。晴天下ではこの植物の花粉は顆粒状だが、花粉を媒介する送粉者のいる個体群は少数で、多くの個体群には送粉者がおらず、主に不完全な自家受粉によって少量の種子を作り出す。雨天では送粉者が不足するが、雨水が花粉を湿らせることで花粉の発芽や花粉管の伸長を引き起こし、花粉管の一部がそばの柱頭まで伸び、精子が花粉管を通って胚珠に到達する。このようにして雨水の媒介による受精が行われていたことが、今回明らかになった。(昆明=新華社配信/范永立氏提供)=2012(平成24)年10月29日、クレジット:范永立氏/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2019052400572

    中国の科学者、被子植物の水媒受精メカニズムを初めて確認  雨に濡れた後の距薬姜の花の内部。花粉がおしべの葯で発芽した後の糸状の構造が確認できる。(2012年10月29日撮影)中国の科学者はショウガ科の「距薬姜」(Cautleyagracilis)を通じて、被子植物の水媒による受精メカニズムを初めて発見した。研究成果はこのほど、英科学誌「NewPhytologist」に掲載された。論文の筆頭著者で、中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園植物進化生態研究チーム博士課程生の范永立(はん・えいりつ)氏によると、距薬姜の開花時期は6~8月で、分布地域である横断山脈一帯で最も降雨が集中する季節に当たる。晴天下ではこの植物の花粉は顆粒状だが、花粉を媒介する送粉者のいる個体群は少数で、多くの個体群には送粉者がおらず、主に不完全な自家受粉によって少量の種子を作り出す。雨天では送粉者が不足するが、雨水が花粉を湿らせることで花粉の発芽や花粉管の伸長を引き起こし、花粉管の一部がそばの柱頭まで伸び、精子が花粉管を通って胚珠に到達する。このようにして雨水の媒介による受精が行われていたことが、今回明らかになった。(昆明=新華社配信/范永立氏提供)=2012(平成24)年10月29日、クレジット:范永立氏/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2019052400630

    中国の科学者、被子植物の水媒受精メカニズムを初めて確認  ショウガ科の「距薬姜」の花序。(2010年7月14日撮影)中国の科学者はショウガ科の「距薬姜」(Cautleyagracilis)を通じて、被子植物の水媒による受精メカニズムを初めて発見した。研究成果はこのほど、英科学誌「NewPhytologist」に掲載された。論文の筆頭著者で、中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園植物進化生態研究チーム博士課程生の范永立(はん・えいりつ)氏によると、距薬姜の開花時期は6~8月で、分布地域である横断山脈一帯で最も降雨が集中する季節に当たる。晴天下ではこの植物の花粉は顆粒状だが、花粉を媒介する送粉者のいる個体群は少数で、多くの個体群には送粉者がおらず、主に不完全な自家受粉によって少量の種子を作り出す。雨天では送粉者が不足するが、雨水が花粉を湿らせることで花粉の発芽や花粉管の伸長を引き起こし、花粉管の一部がそばの柱頭まで伸び、精子が花粉管を通って胚珠に到達する。このようにして雨水の媒介による受精が行われていたことが、今回明らかになった。(昆明=新華社配信/范永立氏提供)=2010(平成22)年7月14日、クレジット:范永立氏/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2009070500072

    NATOモデルに核協議を シュレジンジャー氏  インタビューに答えるジェームズ・シュレジンジャー元米国防長官(共同)

  6. 1994022700015

    タイ香辛料にがん抑制効果 ナンキョウとコブミカン  がん抑制効果があることが見つかったショウガの一種「ナンキョウ」(上)とかんきつ類の「コブミカン」の葉(下)(植物、医学) 平6国内 2373

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像