検索結果 740 件中 1 件 〜 50 件 "Hall"
  1. 2020032700393

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は会見する井上純一郎 東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  2. 2020032700389

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は会見する井上純一郎 東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  3. 2020032700404

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は会見する山梨裕二 東京大学医科学研究所所長。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  4. 2020032700405

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は会見する山梨裕二 東京大学医科学研究所所長。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  5. 2020032700403

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は会見にマスク着用で出席した井上純一郎 東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  6. 2020032700396

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は会見する井上純一郎 東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  7. 2020032700394

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は会見する井上純一郎 東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  8. 2020032302665

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルスの治療薬候補を特定したと会見する井上東大医科学研究所教授  東京大学医科学研究所の井上純一郎教授らは18日会見を開き、新型コロナウイルスの治療薬候補として現在急性膵炎(すいえん)の治療に使われる「ナファモスタット」を特定したと発表した。ナファモスタットは国内で30年以上使われている薬剤で、早期の臨床治験実施が期待できる。臨床研究は国立国際医療研究センターなどと連携し、4月初旬までに開始する見込み。新型コロナがヒトに感染する際、ウイルス表面のたんぱく質とヒトの細胞表面のたんぱく質が結合してウイルス外膜とヒト細胞の膜が融合する。これにより新型コロナの遺伝情報であるリボ核酸(RNA)がヒト細胞の中に入り、ウイルスが増殖する。ナファモスタットはウイルス外膜とヒトの細胞膜の融合を阻害し、ウイルスの侵入を阻止していた。すでに抗エイズウイルス薬「カレトラ(ロピナビルとリトナビルの配合剤)」などが新型コロナに治療効果があるとされている。カレトラの場合、細胞内でウイルスが増殖するのに必要なたんぱく質を阻害する働きのある薬剤だ。井上教授は「感染にはさまざまな段階がある。作用点が異なる薬剤を組み合わせて使うことで、より高い治療効果も期待できる」と話した。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東大・安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  9. 2020032700397

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は説明のためマスクを外す井上純一郎 東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  10. 2020032700395

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は会見する井上純一郎 東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  11. 2020032700407

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  会見の様子。(右から)宮園浩平東京大学理事・副学長(研究担当)、五神真東京大学総長、山梨裕二東京大学医科学研究所所長、井上純一郎東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  12. 2020032700406

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  会見の様子。(右から)五神真東京大学総長、山梨裕二東京大学医科学研究所所長、井上純一郎東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  13. 2020032700400

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  マスク着用で会見場に現れた(右から)五神真東京大学総長、山梨裕二東京大学医科学研究所所長、井上純一郎東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  14. 2020021700123

    消費の弱さ、増税影響以上  ソニーフィナンシャルホールディングスの菅野雅明チーフエコノミスト

  15. 2019122400475

    元年国内 8136 常温核融合は本物  常温核融合の実験装置を手に記者会見する米ブリガムヤング大のスチーブン・ジョーンズ博士=1989(平成元)年6月15日夜、東京・霞が関の東海大校友会館

  16. 2019121120871

    吉野さんにノーベル賞授与  ノーベル賞の授賞式を終え、化学賞のメダルを手に笑顔の吉野彰・旭化成名誉フェロー=10日、ストックホルムのコンサートホール(代表撮影・共同)

  17. 2019121120869

    吉野さんにノーベル賞授与  ノーベル賞の授賞式を終え、化学賞のメダルと賞状を手にする吉野彰・旭化成名誉フェローと妻久美子さん=10日、ストックホルムのコンサートホール(共同)

  18. 2019121105857

    吉野さんにノーベル賞授与  ノーベル化学賞のメダルを手にする吉野彰・旭化成名誉フェローと家族ら=10日、ストックホルムのコンサートホール(共同)

  19. 2019121105856

    吉野さんにノーベル賞授与  ノーベル化学賞のメダルを手にする吉野彰・旭化成名誉フェローと家族ら=10日、ストックホルムのコンサートホール(代表撮影・共同)

  20. 2019121105293

    吉野さんにノーベル賞授与  ノーベル化学賞のメダルを手に笑顔の吉野彰・旭化成名誉フェローと妻久美子さん=10日、ストックホルムのコンサートホール(代表撮影・共同)

  21. 2019121105291

    吉野さんにノーベル賞授与  ノーベル化学賞のメダルと賞状を手にする吉野彰・旭化成名誉フェローと妻久美子さん=10日、ストックホルムのコンサートホール(共同)

  22. 2019121105277

    吉野さんにノーベル賞授与  ノーベル化学賞のメダルを手に笑顔の吉野彰・旭化成名誉フェロー=10日、ストックホルムのコンサートホール(代表撮影・共同)

  23. 2019121105274

    吉野さんにノーベル賞授与  ノーベル化学賞のメダルを手にする吉野彰・旭化成名誉フェロー=10日、ストックホルムのコンサートホール(共同)

  24. 2019121101444

    吉野さんにノーベル賞授与  ノーベル化学賞のメダルと賞状を授与された吉野彰・旭化成名誉フェロー=10日、ストックホルムのコンサートホール(共同)

  25. 2019121101226

    吉野さんにノーベル賞授与  ノーベル化学賞のメダルと賞状を受け取った吉野彰・旭化成名誉フェロー=10日、ストックホルムのコンサートホール(共同)

  26. 2019121100978

    吉野さんにノーベル賞授与  ストックホルムのコンサートホールで開かれたノーベル賞授賞式=10日(代表撮影・共同)

  27. 2019121100947

    吉野さんにノーベル賞授与  ノーベル賞授賞式に臨む吉野彰・旭化成名誉フェロー(前列中央)=10日、ストックホルムのコンサートホール(代表撮影・共同)

  28. 2019121100909

    吉野さんにノーベル賞授与  ノーベル賞授賞式会場に入場する吉野彰・旭化成名誉フェロー(中央)=10日、ストックホルムのコンサートホール(代表撮影・共同)

  29. 2019121100764

    吉野さんにノーベル賞授与  ノーベル賞授賞式会場に着席した吉野彰・旭化成名誉フェロー(前列中央)=10日、ストックホルムのコンサートホール(共同)

  30. 2019121100698

    吉野さんにノーベル賞授与  ノーベル賞授賞式会場に入場する吉野彰・旭化成名誉フェロー=10日、ストックホルムのコンサートホール(共同)

  31. 2019121100624

    吉野さんにノーベル賞授与  ノーベル賞授賞式会場に入場する吉野彰・旭化成名誉フェロー=10日午後、ストックホルムのコンサートホール(共同)

  32. 2019121100128

    吉野さんにノーベル賞授与  笑顔でノーベル賞授賞式の会場に向かう吉野彰・旭化成名誉フェローと妻久美子さん=10日、ストックホルム(代表撮影・共同)

  33. 2019121100082

    吉野さんにノーベル賞授与  笑顔でノーベル賞授賞式の会場に向かう吉野彰・旭化成名誉フェロー(中央)=10日、ストックホルム(代表撮影・共同)

  34. 2019121100068

    吉野さんにノーベル賞授与  笑顔でノーベル賞授賞式の会場に向かう吉野彰・旭化成名誉フェロー=10日、ストックホルム(代表撮影・共同)

  35. 2019121006413

    吉野さんにノーベル賞授与  ノーベル賞授賞式の会場へ出発を前に、えんび服に着替えて笑顔を見せる吉野彰・旭化成名誉フェロー=10日、ストックホルム(代表撮影・共同)

  36. 2019121006410

    吉野さんにノーベル賞授与  ノーベル賞授賞式の会場へ出発を前に、えんび服に着替えた吉野彰・旭化成名誉フェロー=10日、ストックホルム(代表撮影・共同)

  37. 2019121006390

    吉野さんにノーベル賞授与  ノーベル賞授賞式の会場へ出発を前に、えんび服に着替えて笑顔を見せる吉野彰・旭化成名誉フェロー=10日、ストックホルム(代表撮影・共同)

  38. 2019120405688

    大型国際グラフィックス企画「世界が見える」(52)「ノーベル賞の歩み」 923人と27団体に栄誉  ストックホルムのコンサートホールで開かれたノーベル賞授賞式=2018年12月(共同)

  39. 2019112600226

    文化庁、移転実験を公開  文化庁の京都移転に向けた模擬実験で行われたテレビ会議の様子=26日午後、参院議員会館

  40. 2019112600215

    文化庁、移転実験を公開  報道陣に公開された文化庁の京都移転に向けた模擬実験で、テレビ会議をする山谷えり子・自民党文化立国調査会長=26日午後、参院議員会館

  41. 2019102301877

    元年国内 4977 配備決定は別の時期で可能  記者会見で北大西洋条約機構の戦術核近代化問題について話すリン・ハンセン米国軍備管理軍縮局次官=1989(平成元)年4月20日、京都市の国立京都国際会館

  42. 2019102100392

    元年国内 4926 核実験めぐり活発な討議  「核兵器、化学兵器およびその他の兵器の不拡散」をテーマに始まった全体会議=1989(平成元)年4月19日、京都国際会館

  43. 2019102104084

    「新華社」 アフリカ豚コレラウイルス粒子の3次元構造が判明  18日、中国科学院生物物理研究所が行った記者会見の会場。中国の科学者がこのほど、中国国内のアフリカ豚コレラウイルスの流行株の分離に成功し、同ウイルス粒子の3次元構造を初めて分析。アフリカ豚コレラの新型ワクチンを開発するための基礎を築いた。研究結果は18日、国際的学術誌「サイエンス」の電子版に掲載された。中国科学院生物物理研究所の饒子和(じょう・しわ)氏、王祥喜(おう・しょうき)氏のチームとハルビン獣医研究所の歩志高(ほ・しこう)氏のチームはこの1年間、上海科技大学など国内多くの科学研究機関と共に、アフリカ豚コレラウイルス粒子に関する基礎研究や臨床試験、有効率の高いワクチンなどの研究を実施してきた。(北京=新華社記者/金立旺)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019093000828

    元年国内 4351 イ病で研究班が中間報告  イタイイタイ病およびカドミウム中毒に関する総合的研究会=1989(平成元)年4月8日、東京・神宮前の食品衛生センターホール

  45. 2019071001292

    甲乙A「学芸=見聞録」☆科学☆ 存在を実証、歴史的意義  撮影に成功したブラックホールの画像を映し出し、記者会見する本間希樹・国立天文台教授=東京都千代田区

  46. 2019070405359

    「新華社」 日本、中米民衆が理解しているアジアの国で上位に学術調査結果  6月30日、「中米両国公衆の世界観と国家の印象に関する研究報告」の発表会会場で討論を交わす専門家や学者ら。中国湖北省武漢市にある華中科技大学国家伝播戦略研究院はシンクタンクと共同で6月30日、同市で「中米両国公衆の世界観と国家の印象に関する研究報告」を発表した。中米両国民衆の双方の国に対するイメージのほか、現在の国際情勢や世界的に注目される問題に関する認識などを調査した。報告では、中米両国の人々が、最も理解しているアジアの国として日本を上位に挙げていた。同研究院の院長である張昆(ちょう・こん)教授によると、今回の調査はオンラインアンケート形式で、中米両国の成人の公民を対象に2018年10月~11月にかけて実施された。調査設計は同研究院が行い、両国での具体的な調査は専門の独立した調査機関に委託し、オンライン調査の標準化プロセスに従って実施した。報告によると、中国の調査対象者が最も興味があり、理解していると考えている隣国のトップ3は日本、ロシア、韓国だった。また米国の調査対象者は最も理解していると考えるアジアの国として、日本と中国を挙げていた。(武漢=新華社配信)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019070405352

    「新華社」 日本、中米民衆が理解しているアジアの国で上位に学術調査結果  6月30日、「中米両国公衆の世界観と国家の印象に関する研究報告」の発表会会場。中国湖北省武漢市にある華中科技大学国家伝播戦略研究院はシンクタンクと共同で6月30日、同市で「中米両国公衆の世界観と国家の印象に関する研究報告」を発表した。中米両国民衆の双方の国に対するイメージのほか、現在の国際情勢や世界的に注目される問題に関する認識などを調査した。報告では、中米両国の人々が、最も理解しているアジアの国として日本を上位に挙げていた。同研究院の院長である張昆(ちょう・こん)教授によると、今回の調査はオンラインアンケート形式で、中米両国の成人の公民を対象に2018年10月~11月にかけて実施された。調査設計は同研究院が行い、両国での具体的な調査は専門の独立した調査機関に委託し、オンライン調査の標準化プロセスに従って実施した。報告によると、中国の調査対象者が最も興味があり、理解していると考えている隣国のトップ3は日本、ロシア、韓国だった。また米国の調査対象者は最も理解していると考えるアジアの国として、日本と中国を挙げていた。(武漢=新華社配信)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019052200245

    「新華社」 中国の科学者、初めて3次元量子ホール効果を実験で検証  テルル化ジルコニウムで観測された3次元量子ホール効果。(資料写真)中国科学技術大学はこのほど、同校の喬振華(きょう・しんか)教授の研究チームと南方科技大学の張立源(ちょう・りつげん)副教授の研究チームなどが協力し、5年余りの努力の末、試料にしたミリメートル級のテルル化ジルコニウムで、3次元量子ホール効果観測に初めて成功したことを明らかにした。研究成果は英科学誌「ネイチャー」に発表された。(合肥=新華社配信/中国科学技術大学提供)=撮影日不明、クレジット:中国科学技術大学/新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019051603851

    「新華社」 中国のビッグデータ技術の革新力が向上  12日に撮影した「2019第1回天府ビッグデータ・デジタル経済発展フォーラム」の会場。「2018年世界ビッグデータ発展分析報告」は12日、中国四川省成都市で開かれた「2019第1回天府ビッグデータ・デジタル経済発展フォーラム」で発表された。同報告は、天府ビッグデータ国際戦略・技術研究院、中国科学院仮想経済・データ科学研究センター、中国科学院ビッグデータ発掘・知識管理重点実験室、成都市ビッグデータ協会が共同でまとめたもの。(成都=新華社配信/肖凱)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019050903642

    「新華社」 「登峰戦略-平成日本研究」学術書シリーズ発表会、北京で開催  7日、北京で行われた「登峰戦略-平成日本研究」学術書シリーズ発表会及び日本「改元」学術シンポジウムの会場。「登峰戦略-平成日本研究」学術書シリーズ発表会及び日本「改元」学術シンポジウムが7日、中国北京で中国社会科学院日本研究所と社会科学文献出版社、中国社会科学院中日社会文化研究センターの共催で開催された。主催者側の責任者や学術書の著者、専門家・学者、メディア関係者らが出席した。(北京=新華社記者/李菲)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像