検索結果 355 件中 1 件 〜 50 件 "open"
  1. 2019120200716

    「新華社」 中国の研究者ら、6億1千万年前の胚化石の謎を解明  28日、研究で明らかになった胚化石「籠脊球」の標本と部分拡大図の組み合わせ写真。中国科学院南京地質古生物研究所の研究者は、英国やスウェーデン、スイスの学者と協力し、貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州甕安(おうあん)県の生物相から見つかった化石が、6億1千万年前の胚化石であることを明らかにした。これまでに見つかった動物関連の胚化石としては最古の部類に属し、動物の起源の謎を解明する上で、新しい重要な手がかりを提供する。研究成果は27日、国際的科学誌「CurrentBiology」に掲載された。(南京=新華社配信)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019112505528

    元年国内 5716(1) 特集「あなたは信じる? 常温核融合」 手の平に乗る反応装置  鉛ブロックで囲まれた「試験管核融合」の実験装置(日本原子力研究所提供) 

  3. 2019112900781

    「日刊工業新聞」 かいわのMC向けステンレス製バイス  かいわ(山梨県上野原市)は、マシニングセンター(MC)向けステンレス製バイス「5方向締めセンターリングバイス」の新型を市場投入した。XY軸双方の左右4方向から加工対象物(ワーク)を保持。特殊な口金の採用でワークの浮き上がりを1マイクロメートル(マイクロは100万分の1)以内に抑えられる。価格はオープンだが、100万円台とみられる。初年度に30台の販売を見込む。新製品は内部構造などに工夫を加えることで、重さを従来品の約半分となる5キログラムに軽量化した。最大で縦50ミリ×横60ミリメートルサイズのワークに対する5軸MCを用いた超精密加工に向く。口金は加工目的に合わせた交換式。長方形や丸形状のワークでも確実に保持できる。バイスを取り換えることなく、重切削から仕上げ加工まで一貫して行える。Y軸、X軸ともに、それぞれ別々のネジ締め操作でワークをセンター位置に固定する。「内部に軸受機構を採用していない独自構造のため、長期間使用してもガタつきが出にくい」(山添社長)という。加工ヘッドなどが衝突した場合でも衝撃を和らげるように、オプションとなるバイスのクランプ治具に弾性を持たせた。バイスは複数のパーツの組み上げ式。外形サイズは縦120ミリ×横110ミリメートル、高さは90ミリメートル。=2019(令和元)年11月1日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  4. 2019101102105

    試作装置提供、可能性信じ  吉野彰さんの研究を支えた電池製造装置メーカー皆藤製作所の皆藤昌雄会長(右)と公輔社長=11日、滋賀県草津市

  5. 2019092708707

    「新華社」 科学者が約5億年前のサソリやクモの祖先を発見  Mollisoniaplenovenatrixの復元図。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所はこのほど、同研究所の研究者がカナダのロイヤルオンタリオ博物館と協力し、約5億年前の古生物を新たに発見したと明らかにした。「Mollisoniaplenovenatrix」と名付けられた新種は、現在知られている最古の鋏角(きょうかく)類の節足動物とされる。今回の発見で、鋏角類の起源は、定説よりもさらに約3千万年さかのぼることが判明した。関連する研究成果は12日、英科学誌「ネイチャー」に掲載された。(南京=新華社配信/カナダ・ロイヤルオンタリオ博物館提供)=撮影日不明、クレジット:カナダ・ロイヤルオンタリオ博物館/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  6. 2019092708642

    「新華社」 科学者が約5億年前のサソリやクモの祖先を発見  Mollisoniaplenovenatrixの化石写真。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所はこのほど、同研究所の研究者がカナダのロイヤルオンタリオ博物館と協力し、約5億年前の古生物を新たに発見したと明らかにした。「Mollisoniaplenovenatrix」と名付けられた新種は、現在知られている最古の鋏角(きょうかく)類の節足動物とされる。今回の発見で、鋏角類の起源は、定説よりもさらに約3千万年さかのぼることが判明した。関連する研究成果は12日、英科学誌「ネイチャー」に掲載された。(南京=新華社配信/カナダ・ロイヤルオンタリオ博物館提供)=撮影日不明、クレジット:カナダ・ロイヤルオンタリオ博物館/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  7. 2019092708712

    「新華社」 科学者が約5億年前のサソリやクモの祖先を発見  Mollisoniaplenovenatrixの構造図。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所はこのほど、同研究所の研究者がカナダのロイヤルオンタリオ博物館と協力し、約5億年前の古生物を新たに発見したと明らかにした。「Mollisoniaplenovenatrix」と名付けられた新種は、現在知られている最古の鋏角(きょうかく)類の節足動物とされる。今回の発見で、鋏角類の起源は、定説よりもさらに約3千万年さかのぼることが判明した。関連する研究成果は12日、英科学誌「ネイチャー」に掲載された。(南京=新華社配信/カナダ・ロイヤルオンタリオ博物館提供)=撮影日不明、クレジット:カナダ・ロイヤルオンタリオ博物館/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  8. 2019092708743

    「新華社」 科学者が約5億年前のサソリやクモの祖先を発見  Mollisoniaplenovenatrixの化石写真。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所はこのほど、同研究所の研究者がカナダのロイヤルオンタリオ博物館と協力し、約5億年前の古生物を新たに発見したと明らかにした。「Mollisoniaplenovenatrix」と名付けられた新種は、現在知られている最古の鋏角(きょうかく)類の節足動物とされる。今回の発見で、鋏角類の起源は、定説よりもさらに約3千万年さかのぼることが判明した。関連する研究成果は12日、英科学誌「ネイチャー」に掲載された。(南京=新華社配信/カナダ・ロイヤルオンタリオ博物館提供)=撮影日不明、クレジット:カナダ・ロイヤルオンタリオ博物館/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  9. 2019091205061

    「新華社」 中米の科学者、最古の蠕虫様動物の化石を発見  夷陵虫の化石と夷陵虫が死ぬ前に残した痕跡。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所によると、同研究所の初期生命研究チームと米国バージニア工科大学の古生物学者の協力により、中国・三峡地区で約5億5千万年前に生息していた蠕虫様動物の化石が見つかった。この化石はこれまでに確認された中で最も古く、自発的に動き、体節が分かれ、左右対称な生物のもので、現在のゴカイやムカデといった環形動物や節足動物に似ている。研究者は発見した地名からこの生物を「夷陵(いりょう)虫」と名付けた。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所提供)=撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所/新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019091205103

    「新華社」 中米の科学者、最古の蠕虫様動物の化石を発見  夷陵虫とその痕跡が残された化石の復元図。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所によると、同研究所の初期生命研究チームと米国バージニア工科大学の古生物学者の協力により、中国・三峡地区で約5億5千万年前に生息していた蠕虫様動物の化石が見つかった。この化石はこれまでに確認された中で最も古く、自発的に動き、体節が分かれ、左右対称な生物のもので、現在のゴカイやムカデといった環形動物や節足動物に似ている。研究者は発見した地名からこの生物を「夷陵(いりょう)虫」と名付けた。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所提供)=撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所/新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019091205117

    「新華社」 中国内外の専門家、天文学的スケールの量子干渉に成功  実験の概略図。(資料写真)中国科学技術大学は3日、中国内外の専門家が世界で初めて、量子ドット単一光子と太陽光の間の二光子干渉、量子もつれ、非局在性の実験観察に成功したことを明らかにした。今回の研究では独立光子間の量子干渉実験を1億5千万キロ離れた二つの独立した光源にまで拡大し、初めて天文学的スケールで量子統計学原理の普遍性を検証し、熱光場の量子化を裏付ける実験証拠を提供した。(合肥=新華社配信/研究者提供)=撮影日不明、クレジット:研究者提供/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  12. 2019091205070

    「新華社」 中国の科学者、光の二重性を制御できる量子の重ね合わせを実現  光の波動性と粒子性を制御できる量子重ね合わせ実験で、一対のもつれ光子対(青い球体)が実験主体の光子(赤い球体)の波動性と粒子性を遠隔制御する。光の波動性と粒子性の制御可能な量子重ね合わせ特性は、下の背景の干渉パターンによって表される。中国の南京大学は3日、同大学物理学院の馬小松(ば・しょうしょう)教授率いる研究チームが、単一光子の波動性と粒子性の非局所的で制御可能な重ね合わせを初めて実証したと発表した。研究成果は2日、国際的科学誌「NaturePhotonics」に掲載された。(南京=新華社配信/南京大学提供)=撮影日不明、クレジット:南京大学/新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019091205067

    「新華社」 前漢の諸侯墓から最も古い中国医薬の加工調整薬材発見江西省南昌市  海昏侯・劉賀墓から見つかった冬虫夏草類のサンプルに対し、マイクロスコープや質量分析法、核磁気共鳴法、3D再構成法などの現代技術を用いて分析を行う研究スタッフ。(資料写真)中国江西省南昌市にある前漢時代(紀元前206年~8年)の諸侯墓、海昏(かいこん)侯劉賀(りゅう・が)墓の主椁室(棺をおさめた部屋)から2015年末、ふた付きの木製漆器の箱の半分程度まで入った冬虫夏草類のサンプルが見つかった。中国工程院院士(工学アカデミー会員)で中国中医科学院院長の黄璐琦(こう・ろき)院長は8月30日、新華社の取材に応じ、所属する研究チームが3年間研究を行った結果、このサンプルがゴマノハグサ科(Scrophulariaceae)アカヤジオウ属(Rehmannia)植物の根で作られた中国医薬の加工調整に使われる「炮製薬材」で、表面にデンプンやサッカロースなどの成分が含まれていることがわかったと説明。これまでに中国で見つかった中で最も古い中国医薬の加工調整薬材の実物であるとの見解を示した。(南昌=新華社配信/中国中医科学院提供)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:中国中医科学院/新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019080700069

    米韓に「警告」と金正恩氏  「新型戦術誘導弾」の発射を視察した北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(右)。7日付の労働新聞が報じた(コリアメディア提供・共同)

  15. 2019080211166

    「新華社」 絶滅寸前の植物「漾濞槭」の全DNA解析に成功中科院昆明植物研究所  「漾濞槭」のDNAの基本的特徴と野生個体群分布の現状、基本的な生物学的性質の特徴(上)および昆明植物園への移植・保護に成功した「漾濞槭」の成熟した株(下)。(資料写真)中国科学院昆明植物研究所はこのほど、同研究所の科学研究チームが極小個体群の野生植物「漾濞槭(ようびせき、Aceryangbiense)」の全DNA解析に成功したことを明らかにした。論文は英科学誌「ギガサイエンス(GigaScience)」に掲載された。これは世界で初めてのカエデ科(Aceraceae)カエデ属(Acer)植物の全DNA解析事例であり、この極小個体群野生植物についての保護と研究をさらに進める上での重要な基礎を築いた。(昆明=新華社配信/中国科学院昆明植物研究所提供)=2019(令和元)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019080211172

    「新華社」 中国の学者、超強靭新型繊維材料を開発  (a)バイオニック・マクロ繊維材料の作製フローチャート(b、c)溶液紡糸によって得られた湿態マクロ・ナノ複合繊維の単繊維(d)多重螺旋を形成することで得られた螺旋構造湿態マクロ・ナノ複合繊維。中国科学技術大学(安徽省合肥市)の兪書宏(ゆ・しょこう)教授のチームが新型ナノ複合繊維材料の研究開発に成功した。開発された材料の引張強度と破断伸び率、靭性(じんせい)の三大性能指標は、いずれも天然繊維や従来の人工セルロース繊維を上回っており、従来の繊維を超える多くの種類の紡績や医療材料を多く生み出すことが望まれる。研究成果はこのほど、中国の科学誌「ナショナル・サイエンス・レビュー(NSR)」に掲載された。(合肥=新華社配信/兪書宏研究チーム提供)=撮影日不明、クレジット:兪書宏研究チーム/新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019072600279

    「新華社」 中国の研究者、スズメバチの嗅覚の記憶が非常に長いことを解明  スズメバチ。(資料写真)中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園の研究者らは、スズメバチが非常に長い嗅覚の記憶を持つことを解明した。30日前に嗅いだにおいの刺激を記憶できるという。研究成果はこのほど、学術誌「JournalofExperimentalBiology」に掲載された。(昆明=新華社配信/中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園提供)=撮影日不明、クレジット:中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園/新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019080211143

    「新華社」 陽江原発、原子炉6基全て稼働  広東省陽江市東平鎮の陽江原発。(資料写真)中国の原発大手、中国広核電力(CGNパワー)は24日夜、傘下の陽江原子力発電所で建設されていた6号機の調整作業が全て完了し、商業運用の条件が整ったことから、同日より供給電力の統計を取り始めたと発表した。同原発では6基の原子炉全てが稼働したことになる。(深圳=新華社配信/中国広核集団提供)=2019(令和元)年7月19日、クレジット:中国広核集団/新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019072600237

    「新華社」 中国と海外の研究者、琥珀の中から古鳥類の新種を発見  古鳥類の足を含んだ琥珀。長さ約3・5センチ、重さ5・5グラム。(資料写真)中国と海外の科学者は11日、ミャンマーで産出した琥珀(こはく)の中から古鳥類の新種を発見したと北京で発表した。古鳥類の行動や進化を理解する上で、重要な意義を持つという。(北京=新華社配信/中国地質大学の邢立達副教授提供)=撮影日不明、クレジット:中国地質大学の邢立達副教授/新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019072600226

    「新華社」 中国と海外の研究者、琥珀の中から古鳥類の新種を発見  琥珀から見つかった新種の古鳥類の復元図。(資料写真)中国と海外の科学者は11日、ミャンマーで産出した琥珀(こはく)の中から古鳥類の新種を発見したと北京で発表した。古鳥類の行動や進化を理解する上で、重要な意義を持つという。(北京=新華社配信/中国地質大学の邢立達副教授提供)=撮影日不明、クレジット:中国地質大学の邢立達副教授/新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019072600229

    「新華社」 中国と海外の研究者、琥珀の中から古鳥類の新種を発見  琥珀に含まれた古鳥類の足の拡大図。(資料写真)中国と海外の科学者は11日、ミャンマーで産出した琥珀(こはく)の中から古鳥類の新種を発見したと北京で発表した。古鳥類の行動や進化を理解する上で、重要な意義を持つという。(北京=新華社配信/中国地質大学の邢立達副教授提供)=撮影日不明、クレジット:中国地質大学の邢立達副教授/新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019072600233

    「新華社」 中国と海外の研究者、琥珀の中から古鳥類の新種を発見  琥珀に含まれた古鳥類の羽毛の拡大図。(資料写真)中国と海外の科学者は11日、ミャンマーで産出した琥珀(こはく)の中から古鳥類の新種を発見したと北京で発表した。古鳥類の行動や進化を理解する上で、重要な意義を持つという。(北京=新華社配信/中国地質大学の邢立達副教授提供)=撮影日不明、クレジット:中国地質大学の邢立達副教授/新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019072600217

    「新華社」 中南大学湘雅医院の研究チーム、新たな難聴原因遺伝子を発見  17日、難聴を患う児童の人工内耳手術を行う馮永教授のチーム。中国湖南省長沙市の中南大学は16日、同大学湘雅医院耳鼻咽喉頭頸外科の馮永(ふう・えい)教授の研究チームが、世界的に権威のある遺伝医学の学術誌「ジェネティクス・イン・メディシン」(インパクトファクター9・937)のオンライン版で論文を発表したことを明らかにした。論文は難聴の原因遺伝子分野における新発見を紹介しており、ABCC1と呼ばれる新たな難聴原因遺伝子の存在と、内耳のタンパク排出機能障害が難聴を引き起こすことを初めて突き止めたとしている。(長沙=新華社配信/中南大学提供)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:中南大学/新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019072600278

    「新華社」 中南大学湘雅医院の研究チーム、新たな難聴原因遺伝子を発見  17日、難聴を患う児童を診察する馮永教授。中国湖南省長沙市の中南大学は16日、同大学湘雅医院耳鼻咽喉頭頸外科の馮永(ふう・えい)教授の研究チームが、世界的に権威のある遺伝医学の学術誌「ジェネティクス・イン・メディシン」(インパクトファクター9・937)のオンライン版で論文を発表したことを明らかにした。論文は難聴の原因遺伝子分野における新発見を紹介しており、ABCC1と呼ばれる新たな難聴原因遺伝子の存在と、内耳のタンパク排出機能障害が難聴を引き起こすことを初めて突き止めたとしている。(長沙=新華社配信/中南大学提供)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:中南大学/新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019071006113

    「新華社」 中国人学者チーム、全光量子中継の原理検証実験に成功  実験装置図。(資料写真)中国科学技術大学はこのほど、同大の潘建偉(はん・けんい)教授と同じ研究チームの陳宇翺(ちん・うこう)教授、徐飛虎(じょ・ひこ)教授らが全光による量子中継器の原理検証実験を成功させ、長距離光ファイバー量子ネットワークの構築に新ルートを切り開いたと発表した。(合肥=新華社配信/中国科学技術大学提供)=撮影日不明、クレジット:中国科学技術大学/新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019072600157

    「新華社」 江門ニュートリノ実験施設の掘削工事始まる広東省  江門地下ニュートリノ実験施設の完成予想図。中国が主導する大型国際科学協力プロジェクト、江門地下ニュートリノ実験(JUNO)は広東省開平市で施設建設工事を進めており、このほど、地下実験室建設のための掘削作業に入った。施設全体の完成は2021年を見込む。(広州=新華社配信/中国科学院高エネルギー物理研究所提供)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:中国科学院高エネルギー物理研究所/新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019071005951

    「新華社」 天津市、医薬品臨床研究技術イノベーションセンターを設立  天津市医薬品臨床研究技術イノベーションセンター設立式に続いて行われた提携調印式。(6月29日撮影)中国天津市でこのほど、医薬品臨床研究技術イノベーションセンターが設立された。同センターは今後、臨床研究の課題に焦点を定め、革新的技術プラットフォームの構築や業界で優位性を持つ資源の統合を通じて、新薬の発売ペースを加速させていく。(天津=新華社配信/凱莱英医薬集団提供)=2019(令和元)年6月29日、クレジット:凱莱英医薬集団/新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019071005958

    「新華社」 天津市、医薬品臨床研究技術イノベーションセンターを設立  天津市医薬品臨床研究技術イノベーションセンターの設立式。(6月29日撮影)中国天津市でこのほど、医薬品臨床研究技術イノベーションセンターが設立された。同センターは今後、臨床研究の課題に焦点を定め、革新的技術プラットフォームの構築や業界で優位性を持つ資源の統合を通じて、新薬の発売ペースを加速させていく。(天津=新華社配信/凱莱英医薬集団提供)=2019(令和元)年6月29日、クレジット:凱莱英医薬集団/新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019071005913

    「新華社」 中国、「デジタルツイン」を変電所のスマートグリッド構築に応用  22日、国網天津浜海供電公司が構築した110キロボルト遊楽港スマート変電所のホログラフィックモデル。中国東部沿海地域に位置する天津市浜海新区の「中国・シンガポール天津エコシティ」(中新天津生態城)にある110キロボルト遊楽港スマート変電所はこのほど、ホログラフィックモデルの構築を完了し、「デジタルツイン」技術応用への第一歩を踏み出した。今年末には天津初の「デジタルツイン」変電所が完成し、稼働を開始する見通し。(天津=新華社配信/国網天津浜海供電公司提供)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:国網天津浜海供電公司/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  30. 2019071006004

    「新華社」 中国、「デジタルツイン」を変電所のスマートグリッド構築に応用  22日、国網天津浜海供電公司が構築した110キロボルト遊楽港スマート変電所のホログラフィックモデル。中国東部沿海地域に位置する天津市浜海新区の「中国・シンガポール天津エコシティ」(中新天津生態城)にある110キロボルト遊楽港スマート変電所はこのほど、ホログラフィックモデルの構築を完了し、「デジタルツイン」技術応用への第一歩を踏み出した。今年末には天津初の「デジタルツイン」変電所が完成し、稼働を開始する見通し。(天津=新華社配信/国網天津浜海供電公司提供)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:国網天津浜海供電公司/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  31. 2019062625877

    「新華社」 中国の科学者、細胞老化に影響与える重要なタンパク質を発見  核小体タンパク質(PES1)がテロメラーゼの活性やテロメアの伸長を促し、細胞の老化に影響を与える原理を示した図。(資料写真)中国科学院蘇州生物医学工程技術研究所はこのほど、同研究所の研究員が中国人民解放軍軍事科学院などと協力し、細胞の分裂や複製過程で重要な役割を果たす核小体タンパク質(PES1)を発見したことを明らかにした。このタンパク質は染色体の末端構造であるテロメアの修復を促し、生命体の老化と密接な関係がある。この研究成果は、人体の老化や、がんなどの病気がどのように進行するかを解明する重要な意味を持つ。(蘇州=新華社配信/中国科学院蘇州生物医学工程技術研究所提供)=撮影日不明、クレジット:中国科学院蘇州生物医学工程技術研究所/新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019061403731

    「新華社」 中国の科学者、腫瘍マーカーの新検出方法を開発  信号を低減するポリドーパミン粒子(A、B)と蛍光発色する銀ナノクラスター(C、D)。(資料写真)中国科学院の蘇州生物医学工程技術研究所は、複数の悪性腫瘍を同時に発見できる腫瘍マーカーの検出方法を開発したことを明らかにした。新たな方法は、2種類の腫瘍マーカーを簡易的、安定的、高感度で同時に検出することができ、がんの早期発見と診断に重要な意義を持つ。(蘇州=新華社配信/中国科学院蘇州医工所提供)=撮影日不明、クレジット:中国科学院蘇州医工所/新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019061300664

    「新華社」 シンポジウム「開放と革新中国都市の質の高い発展」、北京で開催  11日、シンポジウム「開放と革新中国都市の質の高い発展」で基調講演を行う趙啓正氏。中国北京市で11日、シンポジウム「開放と革新中国都市の質の高い発展」が開かれた。国務院新聞(報道)弁公室の趙啓正(ちょう・けいせい)元主任、中国人民政治協商会議(政協)常務委員で経済委員会副主任の楊偉民(よう・いみん)氏、国家発展改革委員会発展戦略企画司の周南(しゅう・なん)副司長ら多数の来賓が出席し、講演を行った。雲河都市研究院院長で東京経済大学教授の周牧之(しゅう・ぼくし)氏は、同研究院が作成した報告「中国中心都市・都市圏発展指数2018」を発表した。(北京=新華社記者/邱虹)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019061300666

    「新華社」 シンポジウム「開放と革新中国都市の質の高い発展」、北京で開催  11日、シンポジウム「開放と革新中国都市の質の高い発展」で基調講演を行う楊偉民氏。中国北京市で11日、シンポジウム「開放と革新中国都市の質の高い発展」が開かれた。国務院新聞(報道)弁公室の趙啓正(ちょう・けいせい)元主任、中国人民政治協商会議(政協)常務委員で経済委員会副主任の楊偉民(よう・いみん)氏、国家発展改革委員会発展戦略企画司の周南(しゅう・なん)副司長ら多数の来賓が出席し、講演を行った。雲河都市研究院院長で東京経済大学教授の周牧之(しゅう・ぼくし)氏は、同研究院が作成した報告「中国中心都市・都市圏発展指数2018」を発表した。(北京=新華社記者/邱虹)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019061300640

    「新華社」 シンポジウム「開放と革新中国都市の質の高い発展」、北京で開催  11日、シンポジウム「開放と革新中国都市の質の高い発展」でテーマ報告を行う周南氏。中国北京市で11日、シンポジウム「開放と革新中国都市の質の高い発展」が開かれた。国務院新聞(報道)弁公室の趙啓正(ちょう・けいせい)元主任、中国人民政治協商会議(政協)常務委員で経済委員会副主任の楊偉民(よう・いみん)氏、国家発展改革委員会発展戦略企画司の周南(しゅう・なん)副司長ら多数の来賓が出席し、講演を行った。雲河都市研究院院長で東京経済大学教授の周牧之(しゅう・ぼくし)氏は、同研究院が作成した報告「中国中心都市・都市圏発展指数2018」を発表した。(北京=新華社記者/邱虹)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019061300668

    「新華社」 シンポジウム「開放と革新中国都市の質の高い発展」、北京で開催  11日、シンポジウム「開放と革新中国都市の質の高い発展」で報告を発表する周牧之氏。中国北京市で11日、シンポジウム「開放と革新中国都市の質の高い発展」が開かれた。国務院新聞(報道)弁公室の趙啓正(ちょう・けいせい)元主任、中国人民政治協商会議(政協)常務委員で経済委員会副主任の楊偉民(よう・いみん)氏、国家発展改革委員会発展戦略企画司の周南(しゅう・なん)副司長ら多数の来賓が出席し、講演を行った。雲河都市研究院院長で東京経済大学教授の周牧之(しゅう・ぼくし)氏は、同研究院が作成した報告「中国中心都市・都市圏発展指数2018」を発表した。(北京=新華社記者/邱虹)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019061403725

    「新華社」 次世代制御核融合研究装置の据え付け開始四川省成都市  「中国還流器2号M」本体コイルシステムを製造する東方電機のスタッフ。(資料写真)中国四川省成都市でこのほど、トカマク型の次世代制御核融合研究装置「中国還流器2号M」(HL-2M)の据え付けが始まった。中国核工業集団傘下の核工業西南物理研究院が建造する同装置は、核融合炉のコア技術を研究するための重要なプラットフォームとなる。核融合反応によるエネルギー発生の原理は、太陽が発光、発熱する仕組みと似ているため、クリーンエネルギーの探求を目的とする制御核融合研究装置が「人工太陽」とも呼ばれる。(成都=新華社配信/東方電機提供)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:東方電機/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  38. 2019061403718

    「新華社」 次世代制御核融合研究装置の据え付け開始四川省成都市  「中国還流器2号M」本体コイルシステムを製造する東方電機のスタッフ。(資料写真)中国四川省成都市でこのほど、トカマク型の次世代制御核融合研究装置「中国還流器2号M」(HL-2M)の据え付けが始まった。中国核工業集団傘下の核工業西南物理研究院が建造する同装置は、核融合炉のコア技術を研究するための重要なプラットフォームとなる。核融合反応によるエネルギー発生の原理は、太陽が発光、発熱する仕組みと似ているため、クリーンエネルギーの探求を目的とする制御核融合研究装置が「人工太陽」とも呼ばれる。(成都=新華社配信/東方電機提供)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:東方電機/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  39. 2019061403756

    「新華社」 次世代制御核融合研究装置の据え付け開始四川省成都市  「中国還流器2号M」本体コイルシステムを製造する東方電機のスタッフ。(資料写真)中国四川省成都市でこのほど、トカマク型の次世代制御核融合研究装置「中国還流器2号M」(HL-2M)の据え付けが始まった。中国核工業集団傘下の核工業西南物理研究院が建造する同装置は、核融合炉のコア技術を研究するための重要なプラットフォームとなる。核融合反応によるエネルギー発生の原理は、太陽が発光、発熱する仕組みと似ているため、クリーンエネルギーの探求を目的とする制御核融合研究装置が「人工太陽」とも呼ばれる。(成都=新華社配信/東方電機提供)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:東方電機/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  40. 2019061403757

    「新華社」 次世代制御核融合研究装置の据え付け開始四川省成都市  「中国還流器2号M」本体コイルシステムを製造する東方電機のスタッフ。(資料写真)中国四川省成都市でこのほど、トカマク型の次世代制御核融合研究装置「中国還流器2号M」(HL-2M)の据え付けが始まった。中国核工業集団傘下の核工業西南物理研究院が建造する同装置は、核融合炉のコア技術を研究するための重要なプラットフォームとなる。核融合反応によるエネルギー発生の原理は、太陽が発光、発熱する仕組みと似ているため、クリーンエネルギーの探求を目的とする制御核融合研究装置が「人工太陽」とも呼ばれる。(成都=新華社配信/東方電機提供)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:東方電機/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  41. 2019060501505

    「新華社」 中国の科学者、3800年前の古代小麦の全ゲノム解読に成功  小麦の現在地元品種と古代小麦サンプルの全ゲノム配列の系統発生図とクラスター分析図。(資料写真)中国の科学者がこのほど、約3800年前の小麦の全ゲノム解析に初めて成功した。これにより古代小麦の研究は大きな進展を遂げた。ゲノム解析は古代コムギと中国南西地域に現存する普通小麦の品種に密接な関係があることを証明し、普通小麦の青海チベット高原周辺部から長江流域に至る拡散ルートも明らかにした。(長春=新華社配信/吉林大学生命科学学院・吉林大学辺疆考古研究センター崔銀秋教授提供)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:吉林大学生命科学学院・吉林大学辺疆考古研究センター崔銀秋教授/新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019060501495

    「新華社」 中国の科学者、3800年前の古代小麦の全ゲノム解読に成功  小麦が中国に伝わった後の拡散ルート。(資料写真)中国の科学者がこのほど、約3800年前の小麦の全ゲノム解析に初めて成功した。これにより古代小麦の研究は大きな進展を遂げた。ゲノム解析は古代コムギと中国南西地域に現存する普通小麦の品種に密接な関係があることを証明し、普通小麦の青海チベット高原周辺部から長江流域に至る拡散ルートも明らかにした。(長春=新華社配信/吉林大学生命科学学院・吉林大学辺疆考古研究センター崔銀秋教授提供)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:吉林大学生命科学学院・吉林大学辺疆考古研究センター崔銀秋教授/新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019060501496

    「新華社」 中国の科学者、3800年前の古代小麦の全ゲノム解読に成功  デジタルマイクロスコープで撮影した約3800年前の小麦の種子。(資料写真)中国の科学者がこのほど、約3800年前の小麦の全ゲノム解析に初めて成功した。これにより古代小麦の研究は大きな進展を遂げた。ゲノム解析は古代コムギと中国南西地域に現存する普通小麦の品種に密接な関係があることを証明し、普通小麦の青海チベット高原周辺部から長江流域に至る拡散ルートも明らかにした。(長春=新華社配信/吉林大学生命科学学院・吉林大学辺疆考古研究センター崔銀秋教授提供)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:吉林大学生命科学学院・吉林大学辺疆考古研究センター崔銀秋教授/新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019060501498

    「新華社」 中国の科学者、ヒトヘルペスウイルスのゲノムパッケージングを解析  単純ヘルペスウイルス1型のDNAトラクトタンパク質の原子分解能3次元構造。(資料写真)中国科学技術大学の研究者はクライオ電子顕微鏡法によりヒトヘルペスウイルスのゲノムパッケージングのメカニズムとウイルスのDNAゲノム構造を初めて解析した。研究成果は5月30日、科学誌「Nature」オンライン版に掲載された。研究は同大学微尺度物質科学国家研究センター、生命科学学院の劉雲濤(りゅう・うんとう)博士や畢国強(ひつ・こくきょう)教授が共同で実施。ヘルペスウイルスの完全な非対称構造を明らかにし、真核生物ウイルスのDNAトラクト原子モデルを初めて取得した他、トラクト内でのDNAのねじれ状態を初めて確認した。(合肥=新華社配信/中国科学技術大学提供)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:中国科学技術大学/新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019060402954

    「新華社」 金正恩氏、機械工場を視察  将子江(チャンジャガン)工作機械工場を視察する金正恩氏。朝鮮中央通信の1日の報道によると、同国の最高指導者金正恩(キム・ジョンウン)氏はこのほど、北部慈江道(ジャガンド)の数カ所の機械工場を視察した際、自力更生の旗幟(きし)を高く掲げ、自主経済を全力で発展させ、科学技術のイノベーションを重視するよう強調し、朝鮮労働党第7期中央委員会第4回全体会議が掲げた自力更生による経済発展路線に関する政策を確実に徹底して実施することを求めた。(平壌=新華社配信/朝鮮中央通信提供)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:朝鮮中央通信/新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019060403045

    「新華社」 中国の科学者、「超保温材料」の開発に成功  実験によりケブラー繊維の引っ張りに対する強度が証明された。(資料写真、2019年5月撮影)中国江蘇省蘇州市にある中国科学院蘇州ナノテク・ナノバイオニクス研究所はこのほど、同研究所の研究員が新たな「超保温材料」を開発したと発表した。一般的な保温材料に比べ、超低温や超高温の下で長時間、断熱保温効果を発揮することができるという。この新材料は極細繊維やダウンに代わる次世代の保温機能繊維として期待されている。(南京=新華社配信/中国科学院蘇州ナノテク・ナノバイオニクス研究所提供)=2019(令和元)年5月、クレジット:中国科学院蘇州ナノテク・ナノバイオニクス研究所/新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019060402955

    「新華社」 中国の科学者、「超保温材料」の開発に成功  新ケブラー・エアロゲル繊維は編むことが可能。(資料写真、2019年5月撮影)中国江蘇省蘇州市にある中国科学院蘇州ナノテク・ナノバイオニクス研究所はこのほど、同研究所の研究員が新たな「超保温材料」を開発したと発表した。一般的な保温材料に比べ、超低温や超高温の下で長時間、断熱保温効果を発揮することができるという。この新材料は極細繊維やダウンに代わる次世代の保温機能繊維として期待されている。(南京=新華社配信/中国科学院蘇州ナノテク・ナノバイオニクス研究所提供)=2019(令和元)年5月、クレジット:中国科学院蘇州ナノテク・ナノバイオニクス研究所/新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019060402919

    「新華社」 中国の科学者、「超保温材料」の開発に成功  新ケブラー・エアロゲル繊維はまた曲げたり結び目を作ったりすることも可能。(資料写真、2019年5月撮影)中国江蘇省蘇州市にある中国科学院蘇州ナノテク・ナノバイオニクス研究所はこのほど、同研究所の研究員が新たな「超保温材料」を開発したと発表した。一般的な保温材料に比べ、超低温や超高温の下で長時間、断熱保温効果を発揮することができるという。この新材料は極細繊維やダウンに代わる次世代の保温機能繊維として期待されている。(南京=新華社配信/中国科学院蘇州ナノテク・ナノバイオニクス研究所提供)=2019(令和元)年5月、クレジット:中国科学院蘇州ナノテク・ナノバイオニクス研究所/新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019060402946

    「新華社」 中国の科学者、「超保温材料」の開発に成功  中国の学者が開発した「超保温材料」。(資料写真、2019年5月撮影)中国江蘇省蘇州市にある中国科学院蘇州ナノテク・ナノバイオニクス研究所はこのほど、同研究所の研究員が新たな「超保温材料」を開発したと発表した。一般的な保温材料に比べ、超低温や超高温の下で長時間、断熱保温効果を発揮することができるという。この新材料は極細繊維やダウンに代わる次世代の保温機能繊維として期待されている。(南京=新華社配信/中国科学院蘇州ナノテク・ナノバイオニクス研究所提供)=2019(令和元)年5月、クレジット:中国科学院蘇州ナノテク・ナノバイオニクス研究所/新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019060403036

    「新華社」 中国の科学者、クモの巣のような超弾性硬質炭素エアロゲルの開発に成功  硬質炭素エアロゲルの製造イメージ図。(資料写真)中国科学技術大学の兪書宏(ゆ・しょこう)教授率いるプロジェクトチームはこのほど、自然界のクモの巣が高い強度と弾性を兼ね備えていることにヒントを得て、テンプレート法によるナノファイバーの網目構造を巧みに構築し、この構造を持つ硬質炭素エアロゲルを作り出すことに成功した。このエアロゲルには超弾性や耐疲労性、安定性などの特徴がある。(合肥=新華社配信/中国科学技術大学提供)=撮影日不明、クレジット:中国科学技術大学/新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像