検索結果 14 件中 1 件 〜 14 件 "open"
  1. 2018121811192

    福州海峡文化芸術センター、市民開放日のイベント開催  16日、空から見た福州海峡文化芸術センター。(小型無人機から)中国福建省の福州市にある福州海峡文化芸術センターは16日、市民開放日のイベントを開催した。数百人の市民がオペラハウスやコンサートホール、多目的劇場などを見学した。また現場ではパイプオルガンの演奏も行われ、来場者は芸術的な雰囲気を堪能した。(福州=新華社記者/姜克紅)=2018(平成30)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2019013112460

    転居による貧困脱却が進む江蘇省淮安市  11日、淮安市盱眙県の天泉小鎮にある移住民集合住居エリアの一角。(小型無人機から)中国江蘇省淮安(わいあん)市盱眙(くい)県はこの数年、貧困脱却・農村振興の堅塁攻略に取り組み、移住・転居による貧困救済、新居提供、近距離での就業、医療保障などを進め、辺ぴな山地やインフラが不整備な場所に住み、生産手段が乏しく産業の支えを持たない農民を、国家4A級(上から2番目)観光地の鉄山寺国家森林公園に近い天泉小鎮に転居させている。同鎮には生活する場所だけでなく、教育、医療、フィットネス施設が完備しており、転居した農民は景勝地の資源を生かして「農家楽」(民宿をはじめとするアグリツーリズム)を立ち上げ、観光産業に従事している。これにより、住居環境が改善されると同時に生活水準も絶えず高まっている。現在の天泉小鎮は移住者7200人余りが住んでおり、人々にとって安心して暮らせる新型の農村地域コミュニティーが形成されている。(淮安=新華社配信/周海軍)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2018110516724

    新疆マラルベシ県、住民移転による貧困脱却を推進  10月27日、新疆ウイグル自治区マラルベシ県マラルベシ鎮幸福園社区にある野菜のガラス温室。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区マラルベシ(巴楚)県では、的確な貧困者支援を実施する中で、僻地やインフラ未整備、土地不足、収穫量が少ないなど、問題がある地域に住む村民を統一的に県城(県政府所在地)の近くに移転させ、貧困世帯に住宅、医療、教育の保障を提供している。また、サテライト工場を誘致し、貧困者への技能訓練を拡大するなど、貧困者の都市部での就労や自主起業をリードし、人々が着実に貧困脱却できるよう保障している。同県では2017年4月から、10の郷・鎮の貧困世帯を数回に分けてマラルベシ鎮幸福園社区(地域コミュニティー)に移転させた。これまでに765世帯が入居している。(マラルベシ=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2018110516991

    新疆マラルベシ県、住民移転による貧困脱却を推進  10月27日、空から見た新疆ウイグル自治区マラルベシ県マラルベシ鎮の幸福園社区。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区マラルベシ(巴楚)県では、的確な貧困者支援を実施する中で、僻地やインフラ未整備、土地不足、収穫量が少ないなど、問題がある地域に住む村民を統一的に県城(県政府所在地)の近くに移転させ、貧困世帯に住宅、医療、教育の保障を提供している。また、サテライト工場を誘致し、貧困者への技能訓練を拡大するなど、貧困者の都市部での就労や自主起業をリードし、人々が着実に貧困脱却できるよう保障している。同県では2017年4月から、10の郷・鎮の貧困世帯を数回に分けてマラルベシ鎮幸福園社区(地域コミュニティー)に移転させた。これまでに765世帯が入居している。(マラルベシ=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2018040100373

    普賢岳災害を最新映像で ドローン映像を見る来館者  改装オープンした「雲仙岳災害記念館」で、小型無人機ドローンによる溶岩ドーム一帯の空撮映像を見る来館者ら=1日午後、長崎県島原市

  6. 2018052400356

    大地にしるされた改革の足跡中国改革開放40年  2017年11月29日、深圳塩田港。(ドローン撮影)40年にわたる中国改革開放の歩みを物語る重要なサイン、小崗、深圳、海南、浦東、雄安などにしるされた一つ一つの「ランドマーク」は、中華民族近代以来の最も輝かしい40年の流れをつなぎ、世界が「中国の奇跡」を理解する格好の窓口となっている。それらは中国の昨日、今日、明日をつないでいる。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2017(平成29)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2017041300641

    長崎水辺の森公園 長崎県  長崎観光の新しい顔としてオープンした長崎水辺の森公園(手前)=2004(平成16)年3月27日午後(本社ヘリから)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮) 「西日本新聞」「九州の空撮」

  8. 2017041300636

    長崎水辺の森公園 長崎県  長崎観光の新しい顔としてオープンした長崎水辺の森公園=2004(平成16)年3月27日午後(本社ヘリから)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮) 「西日本新聞」「九州の空撮」

  9. 2017041300635

    長崎水辺の森公園 長崎県  長崎観光の新しい顔としてオープンした長崎水辺の森公園(手前)=2004(平成16)年3月27日午後(本社ヘリから)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮) 「西日本新聞」「九州の空撮」

  10. 2017041300634

    長崎水辺の森公園 長崎県  長崎観光の新しい顔としてオープンした長崎水辺の森公園(手前)=2004(平成16)年3月27日午後(本社ヘリから)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮) 「西日本新聞」「九州の空撮」

  11. 2019040403074

    無錫国際花見ウィーク、桜が取り持つ中日友好  中日桜友誼林がある無錫の景勝地黿頭渚(げんとうしょ)。(資料写真)中国江蘇省無錫市で26日から4月1日にかけ2019無錫国際花見ウィーク・中日桜友誼林造林32周年記念イベントが開催される。同市政府が25日発表した。中日両国の桜をベースとした無錫国際花見ウィークは現在、花見や植樹、中日文化交流を一体化した大型民間交流イベントへと発展した。これまでに延べ1万6千人の日本人が同市を訪れ、桜の植樹活動や友誼林の整備、各種友好イベントに参加している。(無錫=新華社配信/無錫市政府提供)=2017(平成29)年3月31日、クレジット:無錫市政府/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2004121800107

    新潟のスキー場に人出 かぐら・みつまたスキー場 雪の感触を確かめるスキーヤーやスノーボーダーらがシュプールを描く。新潟県中越地震の被災地に近い湯沢町のかぐら・みつまたスキー場には今シーズン最高の3700人が訪れた。関係者は「例年より雪が少ないので全面オープンはしてませんが、地震の影響はありません。新潟のスキー場は元気ですのでぜひ来て下さい」とアピールしている=18日午後、共同通信社ヘリから 【】 

  13. 2001012300131

    KSD資金提供問題 ものつくり大学の航空写真  KSDの資金提供問題で永田町が揺れる中、建設が進む「ものつくり大学」=22日、埼玉県行田市で共同通信社ヘリから  「表層深層」 

  14. 1998102400031

    苗場スキー場がオープン 人工雪のゲレンデ  人工雪でゲレンデを作り、国内のトップを切ってオープンした苗場スキー場=24日午前10時50分、新潟県湯沢町で共同通信社ヘリから  

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像